「植木常緑」 の検索結果 2,335件

常緑果樹苗 選べる6品種!オリーブの苗木 5号ポット

Fleur Town 吉本花城園

1,522

常緑果樹苗 選べる6品種!オリーブの苗木 5号ポット

【商品内容】 ・5号ポット苗(ポット直径約15cm)  高さ:約50cm ※お届け時、実は付いておりません。 ※植物の為、樹形葉色等は画像と多少 異なります。 【送 料】 送料650円です。 ※北海道、沖縄へは別途送料500円が必要です。 (※他商品と同梱包できます。) 【お届けについて】 配達希望日や時間帯のご指定が、ある場合は、ご注文時、必ず備考欄にご記入くださいませ。 ※配送の都合によりご希望の時間帯に お届けできない場合もございます。 【お休みについて】 ※通常、土日祝祭日はお休みをいただいております。 メールでのお返事やすぐの出荷が対応できない場合がございます。 (※事前の注文分の出荷は、土日祝祭日も 行なっております。) 【その他】 ・生き物ですので、在庫がございましても、出荷時、商品状態が悪い場合に、ご注文のキャンセルをお願いする場合がございます。ご了承くださいませ。 ・クレジットカードの承認エラーとなったご注文は、ご連絡の上、キャンセルさせていただきますので、ご了承くださいませ。 FleurTown吉本花城園 品種名 特性 マンザニロ スペン語で「小さなリンゴ」と呼ばれる通り、実の形がリンゴに似ています。葉は薄めのグリーンで葉裏が灰緑色です。ピクルスやオイルに利用されます。 ルッカ 1本でも実がよく成る。直立型の樹形で、オリーブオイル用の品種 です。耐寒性や耐病性に優れています。 ミッション 1本でも実が成る品種です。直立型の樹形で銀色の葉が美しい 品種。ピクルス(漬物)やオイルにも利用できます。 シプレッシーノ 原産地はイタリアのシチリア島です。樹高は低めの品種で、葉は やや大き目ですが樹高はあまり高くなりません。自家結実性は低い。 アーベキーナ(アルベキナ) スペイン原産の品種で、葉が密に茂ります...

ショップオブザイヤー
【数量限定】オリーブ 樹高1.5m前後 庭木・シンボルツリー【あす楽対応_九州】

ガーデンタウン

10,584

【数量限定】オリーブ 樹高1.5m前後 庭木・シンボルツリー【あす楽対応_九州】

オリーブ モクセイ科 オリーブ属 常緑高木 商品説明 現在、沢山の品種がありこの品種は“ミッション”になります。オリーブは古くから果実収穫のために栽培されていました。果実から油をとった『オリーブ油』はとても有名ですね!品種によってマル形や長いタマゴ形などがあり、緑色から熟すと黒紫色になります。葉はヤリの穂先のように細長い形をしており裏側は銀緑色をしています。花は黄白色で芳香があります。最近では庭木としても人気があり、今や日本でも上位に入る人気の常緑樹といえます。 花・実期 紅葉時期 【花期】−−−−−−【実期】10月〜11月【紅葉】−−−−−− 適地・管理 オリーブは太陽が大好きです。一年を通して日光に当てて育てましょう。日当たりが悪いと生育も悪くなります。もともと乾燥に強い樹種ですので、乾燥気味の土壌を好みます。地植えにした場合は真夏の日照りが続くとき以外は水をやる必要はありません。鉢植えの場合は土の表面が乾いてから与えて下さい。寒さには強いのですが、東北・北海道での庭植えは不向きです。冬季は室内の日当たりの良い場所の方が良いです。オリーブの木は自家受粉がしにくいので、一本だと実が成りづらい様です。はなるべく2本以上を近くに植える事をお勧めします。 用途 シンボルツリー・庭木・花木

■良品庭木■アベリアレディサマードリーム6号ポット

ペットエコ&ザガーデン楽天市場店

2,980

■良品庭木■アベリアレディサマードリーム6号ポット

香りのよい花、美しい斑入りの葉で人気!日陰に強く、丈夫なおすすめの木。コンパクトなので足元にも! 送料区分:A2(送料表はこちら)[20111116][20121012] ■ 形状・サイズ他 18cmポット 鉢上高さ約20〜40cm ワイド30〜40cm ■ 備考 樹形等に個体差があります。 優良品を厳選してお届けしますので、 あらかじめご了承ください。 ※お届け時期により葉の少ない時期もございます。 ■ お届け予定 *お届けはご注文をお受けしてから3日後以降となります。*離島など一部お届けできない地域があります。 斑入りの葉が美しいアベリア。初夏から秋にかけて香りのよい花を咲かせます。コンパクトで生長がゆっくりのかわいい植物。暑さ、寒さに強い丈夫な木です。日陰にも比較的強いので、木陰にいかがですか?足元を明るく、涼やかな印象に変えるおすすめの低木です。生垣にもどうぞ! レディーサマードリームはまとまり良く分枝性に優れた新品種です。葉が大きく秋〜冬は葉が紅葉します。耐寒性は-20度程度。 育て方 スイカズラ科の半常緑低木 花時期は6月〜10月 日当たりのよいところで育ててください。比較的日陰に強い植物です。寒さ、暑さに強く丈夫な性質。水は土の表面が乾いたらたっぷりと与えてください。2月から3月と9月に緩効性肥料を与えましょう。剪定は11月以降。新しく伸びた枝に花芽がつくので早めに行いましょう。実り楽しい果樹 コニファー・庭木 季節の花木 オリーブ グランドカバー 輝くように鮮やかな葉色が特に美しい品種!コンパクトにまとまる樹形!白の大輪の花を咲かせ、秋には赤く染まる紅葉が見られます!

タイワンツバキ(台湾椿)【ゴードニア】 樹高0.8〜1.0m前後 【常緑高木】【あす楽対応_九州】

ガーデンタウン

4,320

タイワンツバキ(台湾椿)【ゴードニア】 樹高0.8〜1.0m前後 【常緑高木】【あす楽対応_九州】

タイワンツバキ(ゴードニア) ツバキ科 ツバキ属 常緑高木 商品説明 葉は光沢があり、花は冬から早春にかけて咲きます。冬の花の少ない季節に咲く花として、古来から品種改良されてきました。ツバキの種子は油を大量に含んでおり、ツバキ油が採取されます。主に、灯明・薬・化粧品などに使用されています。タイワンツバキは中国や台湾原産の品種です。ゴードニアという名前でも流通しています。冬に美しい花が咲きます。 花・実期 紅葉時期 【花期】2月〜4月【実期】−−−−−−【紅葉】−−−−−− 適地・管理 植え付けが最適なのは8月〜11月と2月〜入梅まで。植え付け用土は水はけの良い、肥沃な土壌に植え込みます。日当たりと風通しの良い場所を好みますが、少々日陰でも良く育ちます。■剪定■放任して育てたほうが花がよく咲きます。強い剪定はあまりおすすめできません。■消毒■初夏のもち病はダコニールを用いて駆除し、チャドクガは捕殺するか殺虫剤で駆除します。病害虫が発生したらそのつど消毒を定期的に散布して下さい。 用途 庭木・花木・シンボルツリー

2016年新苗・果樹苗常緑低木 柑橘系 ジャバラ4.5号(直径13.5cm)ポット

産直でお花をお届け「イングの森」

2,480

2016年新苗・果樹苗常緑低木 柑橘系 ジャバラ4.5号(直径13.5cm)ポット

和歌山県の北山村の原産で門外不出の品種として 殆ど世間に出回らなかった幻の果実です。 名前の由来は「邪気を払う」から名づけられており 縁起の良い果樹です。2008年に果汁に花粉症の症状改善に効果があると発表されています。 ユズよりも果汁が豊富で種が少なく 独特の良い風味があります。 ビタミンも豊富で健康果実です。 比較的耐寒性もあり育てやすい柑橘です。 自家結実性があるので1本で実が成ります。 ※自家結実性はありますが異品種を混植すると実つきが良くなります。 ■常緑低木 ■開花期:5〜6月 ■収穫期:7〜10月 ■最終樹高:4m■お届け時の状態:4.5号(直径13.5cm)ポット ■接木1年生以上大苗 ■お届け時の高さ:約90cm ※結実開始までの年数は約4〜6年です。 ■栽培説明書付き 【大きく育ったのが手間なしでいいのに、 どうして切ってしまうの?】 ・実は単に配送上の便宜のためでなく 2年生でも3年生でも切った方が後の管理を考えると良いのです。 今は常識化?してしまったのであまり表に出ていませんが 植え付け時の定説として定植後1m程度に切り戻した方が良いとされています。 その理由は元々、大きな鉢植えで年数を経て根も充実しているものなら別ですが、 休眠期の素掘り苗を定植する場合は根部の充実度と地上部の充実度の バランスがおかしいので植え付け以降に 地上部の欲する水分・肥料分の吸収が根部から十分に行き渡らないのです。 そこで切り戻すことでより充実した苗木として定着し、 2年目3年目に丈夫で立派になってくれるのです。 植え付け時はちょっとさみしいかもしれませんが 何年も育てるものですから2年後3年後のために、 あえて切り戻した苗木をお届けするわけです。 ・もちろん、切り口には薬剤を塗布して菌などが 侵入しないように処理をしています。...

常緑ヤマボウシ“ヒマラヤ”(単木)樹高1.0m前後 人気の常緑樹です!

ガーデンタウン

1,166

常緑ヤマボウシ“ヒマラヤ”(単木)樹高1.0m前後 人気の常緑樹です!

常緑ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 九州〜東北 植栽適期 3月〜5月・10月〜11月 開花時期 5月〜6月 施肥時期 2月・8月〜9月 果実熟期 9月〜10月 最終樹高 7m 紅葉時期 10月〜12月 用 途 シンボルツリー・花木 樹木の特徴 常緑性のヤマボウシ"ヒマラヤ" 花はもちろん、果実も楽しめます。1本でもお庭の主役になる! 初夏に白〜クリーム色の花を咲かせる代表的な花木です。 病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。 ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。 また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。 常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴です。 花付きも良く、秋の真っ赤な果実も見所です! 1年を通して鑑賞できるので、近年人気が急上昇中の樹木で、大変おすすめです! 花と果実で観賞価値も高く、当店でも大変人気がある樹木です。 是非お試しください☆ 植え付け 日当たりと水はけがよく、西日を避けられる肥沃地を好みます。 耐寒性があり、半日日陰でもよく育ちます。また、寒い時期には葉が紫色に変化します。 落葉性のものは2〜3月、常緑性は3〜6月、及び10月頃が適期です。 植え穴には堆肥や腐葉土を多くすき込み、水はけがよいようやや高めに植えつけます。 成木の移植は秋に根回しして、翌年の秋〜冬に行います。 剪定・管理...

赤南天(アカナンテン)樹高1.5m前後 株立ち!!【あす楽対応_九州】

ガーデンタウン

5,616

赤南天(アカナンテン)樹高1.5m前後 株立ち!!【あす楽対応_九州】

アカナンテン(赤南天) メギ科ナンテン属 常緑低木 商品説明 和風庭園には欠かせない樹木ですが、洋風ガーデンにも良く合います!ナンテンには、「白南天」と「赤南天」があり、煎剤としても利用されたりしています。咳止め薬や風邪薬で有名な木です☆樹形は根本から多くの幹が株立ち状に育ちます。梅雨期に円錐状の花穂を出し、秋には直径5mmほどの球形の赤い実を多数付けます。白南天は白色の果実を付けます。ナンテンの木は、難を転ずることから縁起の良い木として玄関脇などに植えられてきました。 花・実期 紅葉時期 【花期】6月【実期】11月〜2月【紅葉】10月〜12月 適地・管理 日陰でも育ちますが、本来は日当たりを好み、極端な乾燥を嫌います。開花期が梅雨と重なり、花が長雨に当たると実つきが悪くなるので、雨を避けるために軒下などに植えられる事が多いです。実つきを良くするには、近くに2株以上を植えることや、窒素肥料をやり過ぎないことも大切です。また、日陰よりも日なたに植えた方が実つきや紅葉が良くなります。 用途 庭木に最適です!魔よけの縁起樹として植栽して下さい。

ヤマモモ☆樹高1.5m前後 庭木に最適です!【あす楽対応_九州】

ガーデンタウン

5,400

ヤマモモ☆樹高1.5m前後 庭木に最適です!【あす楽対応_九州】

ヤマモモ 常緑高木 ヤマモモ科 ヤマモモ属 商品説明 ヤマモモは常緑樹なので一年中、緑が楽しめます。庭木、シンボルツリーなどにいかがですか。※品種・実がなるかは分かりませんのでご了承下さい。 花・実期 紅葉時期 【花期】3月〜4月【実期】6月〜7月【紅葉】−−−−−− 適地・管理 排水のよい土壌と日当たりを好み大きくなると自然に樹形が球型に整います。大きくなってからの移植は嫌いますのでよく考えてから植える場所を決めて下さい。 用途 庭木、シンボルツリーなどに最適ヤマモモ常緑高木 ヤマモモ科 ヤマモモ属栽培適地関東以南植栽時期苗木:年中可。成木:11〜3月花色赤花肥料堆肥or化成肥料最終樹高10m用途生垣樹木or庭木or果樹ヤマモモはこんな植物観葉植物としてよく利用される。可愛らしい葉が特徴の常緑樹。ヤマモモは一年中葉がついている常緑樹です。乾燥した土地、栄養の乏しい土壌でも生育でき、比較的強健な植物です。山に自生し、実を付けることから「ヤマモモ」と呼ばれています。葉の付きもよく、青々とした葉が年中ついています。成木では滑らかな全緑ですが、若木では不規則なギザギザ葉が出ることもあります。3〜4月にかけて数珠状で桃〜赤色の花を咲かせます。花はあまり目立ちません。花後の6月にヤマモモ最大の見所となる赤い実を実らせます。ヤマモモは雄雌異株です。実のなる木は雌の木で、梅雨時期に黒紅色の美しい果実を付けます。この果実は食用も可能で、平安時代から食用として親しまれていました。大きくなると自然に樹形が球型に整います。病害虫にも強いので街路樹などにも利用されています。 ※品種は商品名に記載している通りです。品種名が無いものは品種名が分かりません。また、確実に実がなるかは分かりません。ご了承の程よろしくお願い致します。ご理解...

イヌガシ株 樹高2.0m前後 雑木 常緑樹

ガーデンタウン

34,560

イヌガシ株 樹高2.0m前後 雑木 常緑樹

イヌガシ クスノキ科 シロダモ属 常緑小高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● 消毒 ● ● ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 関東南部以西 植栽適期 7〜8月・12〜1月 開花時期 3〜4月 施肥時期 1〜2月 果実熟期 10〜11月 最終樹高 10m 花 色 暗紅色 用 途 生垣・庭木・シンボルツリー 樹木の特徴 ☆南国を思わせる赤い花☆ 乾燥・大気汚染・病害虫に強い! イヌガシは漢字で書くと「犬樫」。樫に似ているがそれにあらずの意味です。別名マニラニッケイとも呼ばれています。 葉は対生しています。枝先に集まってつきます。若葉の時には垂れており、色は深緑で薄革質です。 葉身は長さ5〜12cmの倒卵状長楕円形をしています。葉裏は蝋質で粉白色です。 葉の形は海岸近くに多いシロダモによく似ていますが、イヌガシのほうが小型です。芳香もありません。 花被片は紅色で4個、仮雄しべが4個、花糸は紅色、雄しべは1個で淡黄色です。 葉腋の下に密集して並んで咲く花はあまり目立たず、雌花のほうが雄花より小さく、まばらに付きます。 果実は液果で、長さ約1cmの長楕円形。光沢のある黒紫色に熟します。 名前には樫が付きますが、果実の形はどんぐりとは異なりオリーブのような形をしています。 乾燥・大気汚染・病害虫に強く、強い剪定にも耐えますが、寒さにやや弱い樹木です。

斑入り常緑ヤマボウシ 樹高2.0m前後

ガーデンタウン

25,920

斑入り常緑ヤマボウシ 樹高2.0m前後

————————————— 【チャリティ詳細】 寄付先: 熊本県上益城郡甲佐町役場 住民生活課 寄付金額計算式:ご注文1件につき合計金額の1% (例)ご注文合計金額10000円の場合100円 対象期間:2016年4月25日〜2016年7月31日 寄付予定日:2016年8月初旬 —————————————常緑ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 九州〜東北 植栽適期 3月〜5月・10月〜11月 開花時期 5月〜6月 施肥時期 2月・8月〜9月 果実熟期 9月〜11月 最終樹高 5m〜10m 紅葉時期 10月〜12月 用 途 シンボルツリー・花木 樹木の特徴 希少な品種!斑入りの常緑ヤマボウシ 花はもちろん、 秋に熟す果実も楽しめます。1本でも庭の主役になる! 5〜7月に遠目に見ても変わる程の白く大きな花を咲かせる代表的な花木です。 病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。 ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。 また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。 常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴です。 非常に花付きが良く、秋にも真っ赤な実が沢山つきます。実もなり紅葉もしますので 1年を通して鑑賞できるので近年、人気が急上昇中の樹木です。おすすめです! 花芽がつきやすく全体に咲き誇ります。食べられる赤い実も付き鑑賞価値も高いです。 植え付け...

斑入り常緑ヤマボウシ 樹高1.8m前後

ガーデンタウン

21,600

斑入り常緑ヤマボウシ 樹高1.8m前後

————————————— 【チャリティ詳細】 寄付先: 熊本県上益城郡甲佐町役場 住民生活課 寄付金額計算式:ご注文1件につき合計金額の1% (例)ご注文合計金額10000円の場合100円 対象期間:2016年4月25日〜2016年7月31日 寄付予定日:2016年8月初旬 —————————————常緑ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 九州〜東北 植栽適期 3月〜5月・10月〜11月 開花時期 5月〜6月 施肥時期 2月・8月〜9月 果実熟期 9月〜11月 最終樹高 5m〜10m 紅葉時期 10月〜12月 用 途 シンボルツリー・花木 樹木の特徴 希少な品種!斑入りの常緑ヤマボウシ 花はもちろん、 秋に熟す果実も楽しめます。1本でも庭の主役になる! 5〜7月に遠目に見ても変わる程の白く大きな花を咲かせる代表的な花木です。 病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。 ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。 また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。 常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴です。 非常に花付きが良く、秋にも真っ赤な実が沢山つきます。実もなり紅葉もしますので 1年を通して鑑賞できるので近年、人気が急上昇中の樹木です。おすすめです! 花芽がつきやすく全体に咲き誇ります。食べられる赤い実も付き鑑賞価値も高いです。 植え付け...

斑入り常緑ヤマボウシ 樹高1.5m前後

ガーデンタウン

12,960

斑入り常緑ヤマボウシ 樹高1.5m前後

————————————— 【チャリティ詳細】 寄付先: 熊本県上益城郡甲佐町役場 住民生活課 寄付金額計算式:ご注文1件につき合計金額の1% (例)ご注文合計金額10000円の場合100円 対象期間:2016年4月25日〜2016年7月31日 寄付予定日:2016年8月初旬 —————————————常緑ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 九州〜東北 植栽適期 3月〜5月・10月〜11月 開花時期 5月〜6月 施肥時期 2月・8月〜9月 果実熟期 9月〜11月 最終樹高 5m〜10m 紅葉時期 10月〜12月 用 途 シンボルツリー・花木 樹木の特徴 希少な品種!斑入りの常緑ヤマボウシ 花はもちろん、 秋に熟す果実も楽しめます。1本でも庭の主役になる! 5〜7月に遠目に見ても変わる程の白く大きな花を咲かせる代表的な花木です。 病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。 ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。 また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。 常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴です。 非常に花付きが良く、秋にも真っ赤な実が沢山つきます。実もなり紅葉もしますので 1年を通して鑑賞できるので近年、人気が急上昇中の樹木です。おすすめです! こちらは葉に斑が入る園芸品種です。 植え付け 日当たりと水はけがよく...

【生垣用セット】アベリア “ベーシック”5号ポット苗 生垣用 10本セット 生垣 目隠し グランドカバー 低木 庭木 常緑樹

花ひろばオンライン

7,452

【生垣用セット】アベリア “ベーシック”5号ポット苗 生垣用 10本セット 生垣 目隠し グランドカバー 低木 庭木 常緑樹

☆こちらのセット内容☆ アベリア “ベーシック”5号ポット苗を10本です。ポットも含め高さ約0.1m。ボーダーや低い生垣にご利用ください。冬は葉がかなり少なくなり、赤紫に葉が紅葉しています。プラスチックポットははずして植えてください。 これらは単品でも販売中です。商品ページへ→→ ●商品には植え付け方法を書いた紙を同封しています。剪定や肥料など育て方のコツはページ下をご覧ください 【販売時期について】 この規格の苗木は毎年10月ごろから販売開始します。春ごろまでは補充、再入荷を繰り返します。5月中旬ごろからは売切れ次第終了です。 【送料について】 ●こちらの商品は誠に恐れ入りますが、他の商品との同梱は不可になります。 >>送料についてはこちら >>ご注文からお届けまでの流れはこちら アベリアの育て方 アベリアの育て方 植え付け時期 基本的に植え付けは10月〜入梅までに行います。寒冷地では真冬の植え付けは避けます。 植え付け用土 暑さ、寒さに強く、ほこりや風、大気汚染にも強く、乾燥にも強く、土質は選びません。日当たりを好みますが、日陰にも強い木です。 水管理 雨が当たる環境で地植え(露地栽培)の場合、よほど乾く場所でなければ水やりは必要ありません。鉢植えでは土が乾いたらたっぷりと与えます。 剪定方法 刈り込んで樹形を仕立てたり、生垣に用いたりと用途は多様です。剪定は真冬の休眠期に刈り込んで樹形を整えます。枝が込みすぎると日当たり不足で花つきが落ち始めますので、そういう時は込みすぎた枝を間引いてください。また、時折徒長枝(ぐいーんと勢いの良い枝)が伸びて樹形を乱す場合は、取り除いてください。 肥料 結構肥料無しでも育ちますが、2月ごろに寒肥として油かすと腐葉土や堆肥(花ひろば堆肥“極み”)を株周りに穴を掘り与えます。 病害虫について...

サツキ/紅盃(ベニサカズキ)樹高20cm前後 ポット苗【花期5〜6月】【あす楽対応_九州】

ガーデンタウン

1,058

サツキ/紅盃(ベニサカズキ)樹高20cm前後 ポット苗【花期5〜6月】【あす楽対応_九州】

初夏を鮮やかに彩るサツキ「八重咲き赤花/紅盃サツキ」 サツキ(サツキツツジ)ツツジ科 ツツジ属 常緑or半落葉低木栽培適地日本全国植栽時期2〜4月or9〜10月花色赤・白・紫・ピンク・絞り咲き等肥料油かすor堆肥or化成肥料最終樹高3m用途生垣orグランドカバーor盆栽or花木サツキツツジはこんな植物ツツジの花が終わった初夏に色鮮やかに咲く。和・洋を問わず人気の樹木サツキの正式名称は「サツキツツジ」で、ツツジが咲き終わった後の5月(皐月)頃に花を咲かせる事からそのままこの名で呼ばれています。ツツジとの違いは新芽が伸びだす時期や開花期で区別できます。サツキはツツジに比べて花や葉が小さく葉には光沢があります。日本の気候によくあうので古くから私たちの身近な所に植えられています。サツキは様々な品種が存在し、花の色、大きさ、形など多種多様です。種類によっては四季咲きの品種も存在し、5月と10月の年2回開花します。萌芽力が強く、剪定にも耐えるので、生垣やグランドカバーにおすすめ!耐暑性、耐寒性も兼ね備えているので初心者さんにも育てやすいです。

常緑ヤマボウシ“ヒマラヤ”(株立ち)樹高2.0m前後 人気の常緑樹です!【あす楽対応_九州】

ガーデンタウン

16,200

常緑ヤマボウシ“ヒマラヤ”(株立ち)樹高2.0m前後 人気の常緑樹です!【あす楽対応_九州】

常緑ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 九州〜東北 植栽適期 3月〜5月・10月〜11月 開花時期 5月〜6月 施肥時期 2月・8月〜9月 果実熟期 9月〜10月 最終樹高 7m 紅葉時期 10月〜12月 用 途 シンボルツリー・花木 樹木の特徴 常緑性のヤマボウシ"ヒマラヤ" 花はもちろん、果実も楽しめます。1本でもお庭の主役になる! 初夏に白〜クリーム色の花を咲かせる代表的な花木です。 病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。 ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。 また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。 常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴です。 花付きも良く、秋の真っ赤な果実も見所です! 1年を通して鑑賞できるので、近年人気が急上昇中の樹木で、大変おすすめです! 花と果実で観賞価値も高く、当店でも大変人気がある樹木です。 是非お試しください☆ 植え付け 日当たりと水はけがよく、西日を避けられる肥沃地を好みます。 耐寒性があり、半日日陰でもよく育ちます。また、寒い時期には葉が紫色に変化します。 落葉性のものは2〜3月、常緑性は3〜6月、及び10月頃が適期です。 植え穴には堆肥や腐葉土を多くすき込み、水はけがよいようやや高めに植えつけます。 成木の移植は秋に根回しして、翌年の秋〜冬に行います。 剪定・管理...

せんりょう高さ30cm

とろばと

1,080

せんりょう高さ30cm

高さ30cm15cmPOT センリョウ科センリョウ属 常緑広葉樹 低木 ≪ネット梱包出荷≫ 15cmPOT以上は、5POT入ります。 15cmPOTまでは同梱可能です。 日本(主に関東より南〜沖縄)、朝鮮半島、中国、インドなど広い範囲に分布する 常緑性の低木で、常緑樹林下のような一年を通して直射日光の当たらない、 半日陰の場所に自生していることが多いです。 光沢のある緑の葉と、晩秋から真っ赤な実が鮮やかに色づきます。 正月に欠かせない縁起物です。 【植栽適地】 東北南部〜沖縄 【日当たり】 木漏れ日を好みます。西日は避けてください。 一年を通して半日陰の場所が適しています。 暗い日陰でも生長はしますが、実付きは極端に悪くなります。 寒さに弱く寒風や霜に当たると枝枯れを起こすので注意 【土壌・土質】 水はけの良い適湿で肥沃な土壌を好みます。 乾燥地は嫌います。 【用途】 シンボルツリー・添景木・コンテナ 【植えつけ】 植え付けの適期は暖かくなる5月もしくは暑さが和らぐ9月〜10月中旬 地植えの場合は植える場所に腐葉土や堆肥を多めに混ぜ込んでおきます 【肥料】 肥料は年に1回、2月頃に化成肥料や油かすと骨粉を等量混ぜたものを株の周りに少量施します。 あまり多く与えると、枝葉ばかり伸びて茂って実付きも悪くなります。 【剪定方法】 地際からたくさんの枝を出す「株立ち」になりますが、ほとんど枝分かれせずまっすぐ伸びていくので、 放任しておいても姿形が乱れることは少なく剪定の必要はさほどありません。 花は枝先に咲くので、枝先を切りつめるような剪定は避けてください。 枝が茂りすぎると風通しが悪くなり根元が蒸れて葉っぱを落とすことがあるので、 枝数が多く茂りすぎた場合は切り詰めて枝数を減らします。 作業の適期は12月〜1月で...

常緑ヤマボウシ“ヒマラヤ”(株立ち)樹高1.5m前後【常緑樹】【あす楽対応_九州】

ガーデンタウン

7,560

常緑ヤマボウシ“ヒマラヤ”(株立ち)樹高1.5m前後【常緑樹】【あす楽対応_九州】

常緑ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 九州〜東北 植栽適期 3月〜5月・10月〜11月 開花時期 5月〜6月 施肥時期 2月・8月〜9月 果実熟期 9月〜10月 最終樹高 7m 紅葉時期 10月〜12月 用 途 シンボルツリー・花木 樹木の特徴 常緑性のヤマボウシ"ヒマラヤ" 花はもちろん、果実も楽しめます。1本でもお庭の主役になる! 初夏に白〜クリーム色の花を咲かせる代表的な花木です。 病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。 ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。 また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。 常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴です。 花付きも良く、秋の真っ赤な果実も見所です! 1年を通して鑑賞できるので、近年人気が急上昇中の樹木で、大変おすすめです! 花と果実で観賞価値も高く、当店でも大変人気がある樹木です。 是非お試しください☆ 植え付け 日当たりと水はけがよく、西日を避けられる肥沃地を好みます。 耐寒性があり、半日日陰でもよく育ちます。また、寒い時期には葉が紫色に変化します。 落葉性のものは2〜3月、常緑性は3〜6月、及び10月頃が適期です。 植え穴には堆肥や腐葉土を多くすき込み、水はけがよいようやや高めに植えつけます。 成木の移植は秋に根回しして、翌年の秋〜冬に行います。 剪定・管理...

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「植木常緑」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ