「植木の肥料」 の検索結果 2,064件

更紗どうだんつつじ高さ40cm

とろばと

1,080

更紗どうだんつつじ高さ40cm

高さ40cm POT径12cm ツツジ科ツツジ属 落葉広葉樹 低木 ≪ネット梱包出荷≫ 12cmPOT以上は、5POT入ります。 15cmPOTまでは同梱可能です。 5月〜7月にに2cmくらいの壺状の花を、10個ほど咲かせます。 紅色の縦縞がありこの縞を更紗模様に見立てて名がつけられました。 【植栽適地】 北海道〜九州 【日当たり】 日陰だと枝が密生せずに粗くなり、秋の紅葉時期も葉は美しく色づきません。 日当たりの良い場所から半日陰の場所で育てるようにします。 夏の高温時の直射日光や西日にはできれば当たらない場所のほうがよい 冬期は落葉し、耐寒性もあるので特に防寒を行う必要はありません。 【土壌・土質】 保湿性のある有機質に富んだ土壌を好み、乾燥を嫌います。 【用途】 シンボルツリー・並木・生け垣・コンテナ 【植えつけ】 厳冬期を避けた12〜3月ごろが適期です。 細かい根が広く張るので植え穴は大きめにして堆肥や腐葉土を混ぜ込んで 深植えにならないよう地際の部分が少々高い位置になるように植え付けます。 【肥料】 肥料はチッソ分が多いと葉ばかり茂りすぎるので、その点を気をつけて 油かすと骨粉を4:6くらいに混ぜたもの株元に施します。 時期は2月と9月の年2回です。9月に与える肥料は少なめにします。 目安として2月の与える肥料の半分程度の量です。 【剪定方法】 樹形を気にしなければ放任でも比較的花付きのよい樹木です。 自然に近い樹形を楽しみたい場合は、 花後すぐに不要枝を取り除く程度にします。 サラサドウダンは刈り込みには適さない。 自然樹形で育てるのが一般的です。 花後に余計な枝を枝の付け根から切り落とす程度にとどめます。 【病害虫】 まれにウドンコ病やハダニが発生します。 定期的に薬剤を散布して予防します。

せんりょう高さ30cm

とろばと

1,080

せんりょう高さ30cm

高さ30cm15cmPOT センリョウ科センリョウ属 常緑広葉樹 低木 ≪ネット梱包出荷≫ 15cmPOT以上は、5POT入ります。 15cmPOTまでは同梱可能です。 日本(主に関東より南〜沖縄)、朝鮮半島、中国、インドなど広い範囲に分布する 常緑性の低木で、常緑樹林下のような一年を通して直射日光の当たらない、 半日陰の場所に自生していることが多いです。 光沢のある緑の葉と、晩秋から真っ赤な実が鮮やかに色づきます。 正月に欠かせない縁起物です。 【植栽適地】 東北南部〜沖縄 【日当たり】 木漏れ日を好みます。西日は避けてください。 一年を通して半日陰の場所が適しています。 暗い日陰でも生長はしますが、実付きは極端に悪くなります。 寒さに弱く寒風や霜に当たると枝枯れを起こすので注意 【土壌・土質】 水はけの良い適湿で肥沃な土壌を好みます。 乾燥地は嫌います。 【用途】 シンボルツリー・添景木・コンテナ 【植えつけ】 植え付けの適期は暖かくなる5月もしくは暑さが和らぐ9月〜10月中旬 地植えの場合は植える場所に腐葉土や堆肥を多めに混ぜ込んでおきます 【肥料】 肥料は年に1回、2月頃に化成肥料や油かすと骨粉を等量混ぜたものを株の周りに少量施します。 あまり多く与えると、枝葉ばかり伸びて茂って実付きも悪くなります。 【剪定方法】 地際からたくさんの枝を出す「株立ち」になりますが、ほとんど枝分かれせずまっすぐ伸びていくので、 放任しておいても姿形が乱れることは少なく剪定の必要はさほどありません。 花は枝先に咲くので、枝先を切りつめるような剪定は避けてください。 枝が茂りすぎると風通しが悪くなり根元が蒸れて葉っぱを落とすことがあるので、 枝数が多く茂りすぎた場合は切り詰めて枝数を減らします。 作業の適期は12月〜1月で...

いろはもみじ 株立高さ80cm

とろばと

4,320

いろはもみじ 株立高さ80cm

高さ80cm POT径21cm カエデ科カエデ属 落葉広葉樹 高木 ≪ネット1本梱包出荷≫ 高さ1.2m以上または、18cm以上のPOTは、 1POTでのお届けになります。 同梱できません。。 古来より日本人に愛されつづける庭木の代表です。 日本全国にカエデの名所があります。 カエデは、新緑・夏の緑陰・紅葉・落葉後の梢の繊細さまで、 一年中を通して楽しめます。 イロハモミジ/イロハカエデともいい、日本のカエデを代表する木。 葉が5裂けまたは7裂していて、指でイロハニホヘトと数えるときの手に 似ていることから、命名されたと言われる。 【植栽適地】 北海道南部〜沖縄 【日当たり】 日向〜半日陰を好みます。 【土壌・土質】 水はけの良く適湿で肥沃な土壌を好みます。 【用途】 シンボルツリー・コンテナ 【植えつけ】 落葉後の10〜12月が適期です。 【肥料】 2月に寒肥としての即効性の粒状肥料を株の周囲に施します。 イロハモミジを大きくしたくない場合には与える必要がありません。 【剪定方法】 カエデは自然樹形が美しいため、庭植えの場合は本来剪定の必要はありません。 剪定を行う場合には、落葉直後が適期です。 細い枝を残して太めの枝を剪定すると、自然樹形のやわらかさが出ます。 夏の時期は徒長枝がよく出るので、内部に日がはいるように整枝を行うとよい。 【病害虫】 ウドンコ病・アブラムシ等の害虫が発生します。 またテッポウムシ(カミキリ虫の幼虫)が発生すると、 幹の芯が食い荒らされて枯れてしまうので、根元に草や物を置かないようにします。

送料無料
失敗しない!丈夫で接ぎ木でしかも7号(直径21cm)でしっかり育ったブルーベリー12種から選べます*送料無料・大きいので他品同梱不可・お届け先地域によっては別途送料が発生する場合があります

産直でお花をお届け「イングの森」

5,900

失敗しない!丈夫で接ぎ木でしかも7号(直径21cm)でしっかり育ったブルーベリー12種から選べます*送料無料・大きいので他品同梱不可・お届け先地域によっては別途送料が発生する場合があります

ブルーベリーの果実は日持ちしないので新鮮な物を味わうには自家栽培がオススメ。でも、折角育てても途中で失敗したらそれこそ大ショック!なので、初心者の方でも失敗が無いように接ぎ木で7号鉢にしたててしっかり育てた大きな苗の状態でお届けします。接ぎ木後、一度休眠を経て、しっかりと定着、育ったものなので安心ですね。肥料とか土程度でしたら何とかOKですが、大きさの関係で他の一般苗などとの同梱出荷ができません。あらかじめご了承願います。 サザンハイブッシュ系統 ・サミット:中〜晩生の大粒品種 ・マグノリア:早生で中粒だが豊産品種 ノーザンハイブッシュ系統 ・チャンドラー:晩生の超大粒品種。生育も早くて既存のブルーベリーの中では最も大粒と言われています。デックシー:晩生の大粒品種。生育も早く酸味も美味で好評 ・ウェイマース:中生で独特の食感が人気。中〜大粒。 ・ネルソン:晩生だが大粒で豊産品種 ・スパータン:早生で超大実。トップレベルの甘さを誇ります ・サンライズ:早生で中粒。果実は結構、日持ちします。 ・サマータイム:中生で中粒。香りに気品があると言われています。 ・エチョータ:中〜晩生。中粒から大粒の酸味系 ・デューク:早生で中〜大粒ながらも日持ちのする品種・コビル:晩生だがかなりの大粒。味覚もグッド■落葉低木■お届け時の状態:接ぎ木7号(直径21cm)ポット■収穫:7〜8月■栽培説明書付▼ブルーベリーは酸性の用土を好みますのでブルーベリー専用やクレマチス、薔薇、つつじ用などの用土を使用してください。また1品種でも結実はしますが異品種を一緒に育てると結実も多くなります。

・家庭樹・花梅 ピンク梅2年生以上大苗6号(直径18cm)ポット苗

産直でお花をお届け「イングの森」

1,380

・家庭樹・花梅 ピンク梅2年生以上大苗6号(直径18cm)ポット苗

春を告げる景趣樹です。 ほのかに香る香りと美しい花が 早春の寒さを癒してくれます。 日本の気候に合った育てやすい植物で 年数を重ねるごとに趣が増してきます。 桜と違い剪定は頻繁に行います。 ■落葉高木 ■開花期:2〜3月 ■最終樹高:5m ■お届け時の状態:6号(直径18cm)ポット苗 ■2年生接木苗 お届け時の高さ:約90cm ※落葉樹につき秋〜冬の期間は葉を落とした状態でのお届けになります。 ■栽培説明書付き 【大きく育ったのが手間なしでいいのに、 どうして切ってしまうの?】 ・実は単に配送上の便宜のためでなく 2年生でも3年生でも切った方が後の管理を考えると良いのです。 今は常識化?してしまったのであまり表に出ていませんが 植え付け時の定説として定植後1m程度に切り戻した方が良いとされています。 その理由は元々、大きな鉢植えで年数を経て根も充実しているものなら別ですが、 休眠期の素掘り苗を定植する場合は根部の充実度と地上部の充実度の バランスがおかしいので植え付け以降に 地上部の欲する水分・肥料分の吸収が根部から十分に行き渡らないのです。 そこで切り戻すことでより充実した苗木として定着し、 2年目3年目に丈夫で立派になってくれるのです。 植え付け時はちょっとさみしいかもしれませんが 何年も育てるものですから2年後3年後のために、 あえて切り戻した苗木をお届けするわけです。 ・もちろん、切り口には薬剤を塗布して菌などが 侵入しないように処理をしています。 ■ 栽培にオススメの鉢は こちら ■ 安心の専用土は こちら ■ オススメ肥料は こちら 【ガーデニング】【庭木・植木】【シンボルツリー】【ベランダガーデン】

ドウダンツツジ 白花【RCP】

アヤハディオ ネットショッピング

1,008

ドウダンツツジ 白花【RCP】

つりがねをつるした様な形の花を無数に開花させる人気の花木です。作り易く、日本の風土にもよく合い、全国的に栽培されています。植え場所:日当たりから半日陰で管理してください。 日光と水が好きで水はけの良いところを好みます。 水はけが悪い場所を避けてください。水やり:庭植えの場合は一度根付けば特に必要ありませんが、乾燥状態を見て与えます。 夏の水切れは翌年の花付きを悪くする原因になるので注意してください。 乾燥しやすい場所では株元に乾燥防止対策(ワラをひく等)をすると良いでしょう。 鉢植えの場合は鉢土の表面が乾けば、鉢底かえら水が流れるほどたっぷり与えます。肥料:2〜3月と9月に油カス等を与えます。 剪定:花後に枝を深めに切り込み、下から新芽を吹かせます。 【品種】ツツジ科 落葉低木花期:4月〜5月花色:白色【サイズ】高さ(鉢底からの):約60cmポット(直径)サイズ:13.5cm※画像はイメージです。枝ぶりは個体差があります。※お届けまで1週間程かかります。※園芸植物と一般商品の同梱はできません。メーカー:(株)アヤハディオ【花木 ツツジ どうだんつつじ】 【g-hanaki】

・果樹苗 ・落葉高木リンゴ ( りんご ) もりのかがやき 2年生以上大苗6号(直径18cm)ポット

産直でお花をお届け「イングの森」

2,480

・果樹苗 ・落葉高木リンゴ ( りんご ) もりのかがやき 2年生以上大苗6号(直径18cm)ポット

最近品種登録された新品種。 光を浴びてきらきらと輝く黄色い大果は 外観が良く、また甘味多く香りがあり多汁で 食味が大変優れています。 ※自家不結実性で異品種の混植が必要です。 ■落葉高木 ■開花期:4月 ■収穫期:8〜11月 ■最終樹高:5m■お届け時の状態:6号(直径18cm)ポット ■2年生以上接木苗 ■お届け時の高さ:約90cm ※落葉樹につき秋〜冬の期間は葉を落とした状態でのお届けになります。 ※結実開始までの年数は約3〜4年です。 ■栽培説明書付き 【大きく育ったのが手間なしでいいのに、 どうして切ってしまうの?】 ・実は単に配送上の便宜のためでなく 2年生でも3年生でも切った方が後の管理を考えると良いのです。 今は常識化?してしまったのであまり表に出ていませんが 植え付け時の定説として定植後1m程度に切り戻した方が良いとされています。 その理由は元々、大きな鉢植えで年数を経て根も充実しているものなら別ですが、 休眠期の素掘り苗を定植する場合は根部の充実度と地上部の充実度の バランスがおかしいので植え付け以降に 地上部の欲する水分・肥料分の吸収が根部から十分に行き渡らないのです。 そこで切り戻すことでより充実した苗木として定着し、 2年目3年目に丈夫で立派になってくれるのです。 植え付け時はちょっとさみしいかもしれませんが 何年も育てるものですから2年後3年後のために、 あえて切り戻した苗木をお届けするわけです。 ・もちろん、切り口には薬剤を塗布して菌などが 侵入しないように処理をしています。 ■ 栽培にオススメの鉢は こちら ■ 安心の専用土は こちら ■ オススメ肥料は こちら 【ガーデニング】【庭木・植木】【シンボルツリー】【ベランダガーデン】

2016年新苗・果樹苗常緑低木 柑橘系 大実ゆず(本ゆず) 4.5号(直径13・5cm)ポット

産直でお花をお届け「イングの森」

1,980

2016年新苗・果樹苗常緑低木 柑橘系 大実ゆず(本ゆず) 4.5号(直径13・5cm)ポット

本柚は高い香りが特徴のユズで 7月下旬頃の青い実から10月頃の熟した黄色い実まで 長く収穫が楽しめます。 比較的寒さに強く育てやすい植物です。 ※自家結実性があるので1本で実が成ります。 ■常緑高木 ■開花期:5月 ■収穫期:8〜11月 ■最終樹高:3m ■お届け時の状態:4.5号(直径13・5cm)ポット ■接木1年生苗 お届け時の高さ:約90cm ※結実開始までの年数は約3〜4年です。 ■栽培説明書付き 【大きく育ったのが手間なしでいいのに、 どうして切ってしまうの?】 ・実は単に配送上の便宜のためでなく 2年生でも3年生でも切った方が後の管理を考えると良いのです。 今は常識化?してしまったのであまり表に出ていませんが 植え付け時の定説として定植後1m程度に切り戻した方が良いとされています。 その理由は元々、大きな鉢植えで年数を経て根も充実しているものなら別ですが、 休眠期の素掘り苗を定植する場合は根部の充実度と地上部の充実度の バランスがおかしいので植え付け以降に 地上部の欲する水分・肥料分の吸収が根部から十分に行き渡らないのです。 そこで切り戻すことでより充実した苗木として定着し、 2年目3年目に丈夫で立派になってくれるのです。 植え付け時はちょっとさみしいかもしれませんが 何年も育てるものですから2年後3年後のために、 あえて切り戻した苗木をお届けするわけです。 ・もちろん、切り口には薬剤を塗布して菌などが 侵入しないように処理をしています。 ■ 栽培にオススメの鉢は こちら ■ 安心の専用土は こちら ■ オススメ肥料は こちら 【ガーデニング】【庭木・植木】【シンボルツリー】【ベランダガーデン】

栗『ぽろたん』セット(2品種組)肥料付き!!

土っ子倶楽部

3,580

栗『ぽろたん』セット(2品種組)肥料付き!!

焼き栗、蒸し栗にするとその名の通り、渋皮がポロリと剥けます。果肉は粉質で甘み・香気が多く、1果重25〜35gあります。 果皮に切れ込みを入れてレンジやオーブンで加熱するだけで、簡単に渋皮までむくことができます。(種苗法登録品種) ※実が付きやすくなるよう、ぽろたんと相性がよい品種(丹沢、銀寄など)と一緒にお届けします。 ※元肥、追肥に使える「土に混ぜる肥料」も お付けしています。 栗は、秋を代表する果実のひとつで、縄文時代の昔から栽培されていたそうです。全国各地が栽培適地といえます。有機質の多い肥沃な酸性土で適度な湿度をもつところ、かつ日当たりの良い場所でよく育ちます。収穫時期は、イガが裂けて果実が見えるようになったとき。そのうち自然落果しますので落ちたものを拾って収穫するのも楽です。 家庭栽培は難しいと思われがちですが、剪定さえすれば育てやすい果樹です。鉢植えでは約2mで幹を止めます。実がなり始めるまで、鉢植えで約3年、庭植えで3〜4年かかります。自分の花粉では実が付きにくいので、他品種を植えます。 《お届け時の状態》 ・ポットサイズ:12〜15cm(4〜5号)ポット ・お届け時高さ:約70cm程度(容器含む) ※ポロタンと異品種を 各1本ずつと土に混ぜる肥料をセットでお届けします。 《育成地》福岡県 《開花》5〜6月頃(地域差あり) 《収穫》9〜10月頃(地域差あり) 《花色》淡黄 《樹高・草丈》庭植えで5〜10m 《栽培適地》全国栽培可● 《科名》ブナ科 《園芸分類》落葉高木 《用途》鉢、庭 《花言葉》公平、豪華、豪奢、満足 ※写真はイメージです。気温や栽培環境により色形が写真とは多少異なることがあります。 ▼この商品にピッタリです▼ おすすめの培養土!森のふかふか培養土【果樹用】5リットル おすすめの植木鉢!のびのび育つ...

送料無料
【送料無料】2本セットホンキリシマ(本霧島)樹高0.8m前後(根鉢含まず)

ぐりーんぐりーん

11,800

【送料無料】2本セットホンキリシマ(本霧島)樹高0.8m前後(根鉢含まず)

二本セット樹高は約0.8m前後(根鉢含まず) 全国一律【送料無料】 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照くださ)[S1] 【お任せ品】写真と同等商品の発送となりますホンキリシマ(本霧島) 真紅の花 ホンキリシマ(本霧島) ホンキリシマ(本霧島)は、満開時期には枝全体が真っ赤な花におおわれ圧倒されます。強い日差しを避けて、高木の下や半日陰になるような場所に植えて下さい。 分類 植栽適地 常緑低木 南東北〜沖縄 鑑賞ポイントと時期 5月頃 真紅の花を咲かせる 管理のポイント 植えつけ 西日を避け、日向地〜半日陰で、保水性が良く、排水の良い土壌を好みます。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 2月頃に寒肥(緩効性化成肥料)、花後の6月頃にお礼肥(緩効性化成肥料)、及び9月頃に追肥(緩効性化成肥料)を与える。 基本の剪定 花後すぐの時期に、生垣やグランドカバー等、用途に応じて刈り込んで樹形を整えてあげて下さい。遅れると来年の花つきが悪くなる。 花後の管理 植木が弱るのを防ぐ為に、花後、花がらを摘み取る。摘み取っておくと、来年の開花も良くなる。

エゴノキ 株立樹高2.0m以上(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

全2商品

9,800

エゴノキ 株立樹高2.0m以上(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

樹高は、2.0m以上です(根鉢含まず) 株立です。 送料は全国一律2800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【お任せ品】写真と同等商品の発送となります [S2]エゴノキ 自然な樹形と清楚な花 エゴノキ アカバナエゴノキ (ピンクチャイム) エゴノキは、初夏に可憐に垂れ下がる花をたくさん着け、庭園の彩りやシンボルツリーとして人気があります。 下向きに花をつけるので、身近に植えて楽しむことが出来る。 分類 植栽適地 落葉高木 南北海道〜沖縄 種類 エゴノキ 白色の花を咲かせる アカバナエゴノキ (ピンクチャイム) 桃紅色の美しい花を咲かせる 鑑賞ポイントと時期 5月〜6月頃 小さなシャンデリアのような清楚な花をつける 11月頃 紅葉が美しい 管理のポイント 植えつけ 日向地〜半日陰で、排水性のよい土壌を好む。乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは ほとんど肥料の必要はない。やせた土壌であれば、1月〜3月頃に寒肥(有機質肥料)、7月頃(花後)に施肥(緩効性化成肥料)を与える。 基本の剪定 自然な樹形がよく、強い剪定はなるべく避ける。剪定する場合は、伸びすぎたり、邪魔な枝の間引き程度を落葉時期に行う。自然体が基本なので、毎年少しずつ樹形を整えていく。

人気の花・ガーデニング用品の植木の肥料、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵な庭を演出する花・ガーデニング用品。ガーデニングが素敵になる植木の肥料が見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい花・ガーデニング用品が充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「植木の肥料」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ