「植えっぱなし球根」 の関連商品を含む検索結果 8件

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 50球

千草園芸

4,104

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 50球

写真のように充実した大きい球根をお届けします。 10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。 127cヒガンバナ(彼岸花) (学名)Lycoris radiata (原産)中国華中地方 わが国に原産していたものと思われがちですが史前に我が国に人為帰化したものと推定されています。 中国から伝わった1株(雌株)の球根から日本各地に分球して広まったようです。 球根には有毒成分が含まれていますが、水にさらして毒抜きをすると非常用の食料になるため、全国の田のあぜなどに植えられたとされています。このため、主に人間の住む里山付近にのみ自生しています。近年では観賞用球根として中国から輸入されています。多くは3倍体のために種はできても発芽しないようです。 ■栽培方法■(育て方) 植えっぱなしで毎年花を咲かせる世話要らずな球根植物です。 9月下旬から10月上旬に花を咲かせます。開花後はすぐに葉が出て冬の間に太陽の光を浴びて養分を球根に蓄えます。冬に太陽の日が当たる場所なら土地は選びません。葉があるのは4月いっぱいくらいで、5月になると葉は枯れてなくなります。 以後は花の咲く9月中旬まで梅雨から夏の間は休眠期となります。 お彼岸のころに真っ赤な花を咲かせます。 ■その他の販売しているリコリス■(通販)

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 100球

千草園芸

8,100

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 100球

写真は11年10月8日。掘りあげたばかりでまだ土が付いています。 写真のように充実した大きい球根をお届けします。 10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。ヒガンバナ(彼岸花) (学名)Lycoris radiata (原産)中国華中地方 わが国に原産していたものと思われがちですが史前に我が国に人為帰化したものと推定されています。 中国から伝わった1株(雌株)の球根から日本各地に分球して広まったようです。 球根には有毒成分が含まれていますが、水にさらして毒抜きをすると非常用の食料になるため、全国の田のあぜなどに植えられたとされています。このため、主に人間の住む里山付近にのみ自生しています。近年では観賞用球根として中国から輸入されています。多くは3倍体のために種はできても発芽しないようです。 ■栽培方法■(育て方) 植えっぱなしで毎年花を咲かせる世話要らずな球根植物です。 9月下旬から10月上旬に花を咲かせます。開花後はすぐに葉が出て冬の間に太陽の光を浴びて養分を球根に蓄えます。冬に太陽の日が当たる場所なら土地は選びません。葉があるのは4月いっぱいくらいで、5月になると葉は枯れてなくなります。 以後は花の咲く9月中旬まで梅雨から夏の間は休眠期となります。 お彼岸のころに真っ赤な花を咲かせます。 ■その他の販売しているリコリス■(通販)

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 4球入り

千草園芸

432

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 4球入り

10月中旬以降5月ころまでは下のようにポット植えした状態でお届けします。 通常は球根の状態でお送りさせていただいております。ヒガンバナ(彼岸花) (学名)Lycoris radiata (原産)中国華中地方 わが国に原産していたものと思われがちですが史前に我が国に人為帰化したものと推定されています。 中国から伝わった1株(雌株)の球根から日本各地に分球して広まったようです。 球根には有毒成分が含まれていますが、水にさらして毒抜きをすると非常用の食料になるため、全国の田のあぜなどに植えられたとされています。このため、主に人間の住む里山付近にのみ自生しています。近年では観賞用球根として中国から輸入されています。多くは3倍体のために種はできても発芽しないようです。 ■栽培方法■(育て方) 植えっぱなしで毎年花を咲かせる世話要らずな球根植物です。 9月下旬から10月上旬に花を咲かせます。開花後はすぐに葉が出て冬の間に太陽の光を浴びて養分を球根に蓄えます。冬に太陽の日が当たる場所なら土地は選びません。葉があるのは4月いっぱいくらいで、5月になると葉は枯れてなくなります。 以後は花の咲く9月中旬まで梅雨から夏の間は休眠期となります。 お彼岸のころに真っ赤な花を咲かせます。 ■その他の販売しているリコリス■(通販)

スカシユリ(透百合) 3.5号苗

千草園芸

324

スカシユリ(透百合) 3.5号苗

写真は15年12月25日に撮影しました。 芽が少し出てきております。 状態は季節によって変化いたします。 1512d 送料 648より(運送会社により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 10個程(背の高さによります。) 同送可能商品 5号くらいの大きさの苗の場合は約3個 備考 写真は見本品です スカシユリ 分類:ユリ科ユリ属 学名:Lilium macalatum 開花期:5月〜7月頃 冬の寒さにしっかり当てることが大事です。 球根で冬越し、春に葉を沢山付け、初夏に花を咲かせる。 この1年のサイクルを繰り返します。 咲き終わり、しぼんだ花は早めに切り取りましょう。 庭植えの場合は、日照りが続くようなら水を遣り、 鉢植えの場合は土が乾いたらしっかり水をやります。 夏の乾燥に弱いので、夏は水切れが注意です。 庭植えでも、植えっぱなしにせず、 3年に1回ほど、掘り起こして別の場所に植えてください。 他のユリより比較的日光が好きなので、 日当たりの良い、風通しの良い場所で管理してください。 ユリの仲間は一般には寒さに強く、育てやすいのですが、球根が熱せられるのを嫌がります。 植えた根元への直射が当たらないように育てるのがポイントです。 葉には直射が当たり、根元は日陰になるようにマルチングなどをして土壌の温度上昇を抑える工夫をしていただくと元気に育ちます。 アブラムシがつくことがあります。 発見次第、すぐに処置を施してください。 前もってオルトランなど 撒いておくのも良いでしょう。

ゼフィランサス(タマスダレ)3.5号苗

千草園芸

378

ゼフィランサス(タマスダレ)3.5号苗

16年8月30日入荷。植物の状態は季節により変化いたします。168d 花期‥6〜10月。 球根植物で、普通は植えっぱなしでよく増えます。日当たりと水はけのよい場所を好みます。 送料 648より(運送会社により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 20セット40個 同送可能商品 4号ポット苗の場合は約20個ゼフィランサス(タマスダレ) (学名) Zephyranthes spp. (分類) ヒガンバナ科、ゼフィランサス属の球根植物 (原産) 中南米、西半球の温暖地 (別名) レインリリー、タマスダレ(白花種) (開花期) 5月下旬〜10月 (品種によって異なる) (耐寒性) 強い〜やや弱い(品種によって異なる) 日当たりのよい場所でよく育ちます。 温暖な地域で生育し、多くの種は乾燥の後に雨が降って球根が潤うと花茎をのばし、開花する性質があるため、海外ではレインリリーと呼ばれます。 日本では6月〜9月に開花し花色は白色のほか桃色、黄色などがあります。 一度植えておくと毎年世話要らずで花を咲かせてくれます。 タマスダレ(白花種)のように耐寒性種は特に防寒をする必要はありません。それ以外の半耐寒性種は霜や凍結に気をつけます。 ピンクの品種ロセア〔Z. rosea〕はグアテマラ、西インド諸島に分布します。 ピンクの古くからあるのはサフランモドキ(Z. grandiflora)とも呼ばれる品種です。 どちらも半耐寒性品種で、タマスダレと呼ばれる白い花のものと違って増殖力は強くありません。 黄色い品種はキトリナ〔Z. citrina〕で ギアナなどに分布する鮮やかな黄色い花が特長です。増殖力は旺盛です。 最もよく見るのは、ゼフィランサス・カンディダデ〔Z. candida〕で「タマスダレ」の名前で親しまれています。繁殖力が強いゆえに...

こちらの関連商品はいかがですか?

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「植えっぱなし球根」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ