「春蘭鉢」 の検索結果 125件

さつま土 薩摩土 16L 大粒 春蘭 寒蘭 東洋蘭 エビネ 山野草 【あす楽対応_関東】

全2商品

1,026

さつま土 薩摩土 16L 大粒 春蘭 寒蘭 東洋蘭 エビネ 山野草 【あす楽対応_関東】

さつま土16Lの大粒です。粒のサイズは約15mm-25mmです。 250度で熱処理殺菌されていますので、安心してご利用頂けます。 さつま土の特徴 ◎保水性に富んでいます。 さつま土が保水性に富む理由は風化軽石と安永ボラとの混合で、特にボラを構成する火山ガラスが微細なガラス繊維の集合体から成り立っており、ガラス繊維の間に空隙が存在し、この空隙の中にいったん水が入ると容易に逃がさないという性質があるためです。 ◎通気性、排水性に富んでいます。 蘭科の植物は特に、通気性、排水性に優れた植え込み材料を必要とします。『さつま土』を軽石の集合体としてみるととき、外接する軽石間にかなりの空間容積を占める空隙が存在することとなるため、この空隙の存在が一般に『さつま土』を通気性、排水性をよくさせている理由となっています。 ◎保温力に富む 例えば干した後の布団が干す前に比べて保温力に勝るのと同様に、微細なガラス繊維の穴を持つさつま土の保温効果は高く、園芸外にも焼却炉の断熱材などにも用いられいます。優れた保温力が大切な植物の根を包み成長をさらに助長します。 ◎無菌・無肥料 『さつま土』は山林原野に堆積しており、ほとんど無肥料の状態で火力乾燥させてものですから、無菌の状態にあります。大切な植物の培養に雑菌の混入は禁物です。 ◎最適な酸度を保ちます 土壌のPH(酸度)は養分吸収に大変に影響します。土壌は一般に微酸性のものが最適であり『さつま土』はPH6程度の均質な土を厳選したものですから植物の育成には最適です。 ◎さつま土は単用でも充分に使え又、他の土と相性がよい 『さつま土』は先にも述べましたように風化軽石とボラ(パミス)とのミックスしたもので、単用でも充分に植物の培養に使用できます。尚、日光砂、焼赤玉土はもちろん、どんな土と混ぜてもその特性をフルに発揮し土...

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「春蘭鉢」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ