「日陰植木」 の検索結果 556件

更紗どうだんつつじ高さ40cm

とろばと

1,080

更紗どうだんつつじ高さ40cm

高さ40cm POT径12cm ツツジ科ツツジ属 落葉広葉樹 低木 ≪ネット梱包出荷≫ 12cmPOT以上は、5POT入ります。 15cmPOTまでは同梱可能です。 5月〜7月にに2cmくらいの壺状の花を、10個ほど咲かせます。 紅色の縦縞がありこの縞を更紗模様に見立てて名がつけられました。 【植栽適地】 北海道〜九州 【日当たり】 日陰だと枝が密生せずに粗くなり、秋の紅葉時期も葉は美しく色づきません。 日当たりの良い場所から半日陰の場所で育てるようにします。 夏の高温時の直射日光や西日にはできれば当たらない場所のほうがよい 冬期は落葉し、耐寒性もあるので特に防寒を行う必要はありません。 【土壌・土質】 保湿性のある有機質に富んだ土壌を好み、乾燥を嫌います。 【用途】 シンボルツリー・並木・生け垣・コンテナ 【植えつけ】 厳冬期を避けた12〜3月ごろが適期です。 細かい根が広く張るので植え穴は大きめにして堆肥や腐葉土を混ぜ込んで 深植えにならないよう地際の部分が少々高い位置になるように植え付けます。 【肥料】 肥料はチッソ分が多いと葉ばかり茂りすぎるので、その点を気をつけて 油かすと骨粉を4:6くらいに混ぜたもの株元に施します。 時期は2月と9月の年2回です。9月に与える肥料は少なめにします。 目安として2月の与える肥料の半分程度の量です。 【剪定方法】 樹形を気にしなければ放任でも比較的花付きのよい樹木です。 自然に近い樹形を楽しみたい場合は、 花後すぐに不要枝を取り除く程度にします。 サラサドウダンは刈り込みには適さない。 自然樹形で育てるのが一般的です。 花後に余計な枝を枝の付け根から切り落とす程度にとどめます。 【病害虫】 まれにウドンコ病やハダニが発生します。 定期的に薬剤を散布して予防します。

どうだんつつじ 紅花高さ40cm

とろばと

1,674

どうだんつつじ 紅花高さ40cm

高さ40cm POT径15cm ツツジ科ツツジ属 落葉広葉樹 低木 ≪ネット梱包出荷≫ 12cmPOT以上は、5POT入ります。 15cmPOTまでは同梱可能です。 4月に1cmくらいの壺状の紅花を、枝先に2〜4個下垂させます。新緑の葉影に赤い小花が輝くように咲く、どうだんつつじの赤花品種。 【植栽適地】北海道〜九州 【日当たり】 日陰だと枝が密生せずに粗くなり、秋の紅葉時期も葉は美しく色づきません。 日当たりの良い場所から半日陰の場所で育てるようにします。 夏の高温時の直射日光や西日にはできれば当たらない場所のほうがよい 冬期は落葉し、耐寒性もあるので特に防寒を行う必要はありません。 【土壌・土質】 保湿性のある有機質に富んだ土壌を好み、乾燥を嫌います。 【用途】シンボルツリー・並木・生け垣・コンテナ 【植えつけ】 厳冬期を避けた12〜3月ごろが適期です。 細かい根が広く張るので植え穴は大きめにして堆肥や腐葉土を混ぜ込んで 深植えにならないよう地際の部分が少々高い位置になるように植え付けます。 【肥料】 肥料はチッソ分が多いと葉ばかり茂りすぎるので、その点を気をつけて 油かすと骨粉を4:6くらいに混ぜたもの株元に施します。 時期は2月と9月の年2回です。9月に与える肥料は少なめにします。 目安として2月の与える肥料の半分程度の量です。 【剪定方法】 樹形を気にしなければ放任でも比較的花付きのよい樹木です。 自然に近い樹形を楽しみたい場合は、 花後すぐに不要枝を取り除く程度にします。 それ以降に枝を切ることは花芽ごと切り落とすことになり、 翌年の花は少なくなります 丈を抑えたい場合は幹を短く切り詰めます。 幹を切ると最初は少し不格好になりますが、 枝をよく出して数年で樹形は回復します。 【病害虫】...

せんりょう高さ30cm

とろばと

1,080

せんりょう高さ30cm

高さ30cm15cmPOT センリョウ科センリョウ属 常緑広葉樹 低木 ≪ネット梱包出荷≫ 15cmPOT以上は、5POT入ります。 15cmPOTまでは同梱可能です。 日本(主に関東より南〜沖縄)、朝鮮半島、中国、インドなど広い範囲に分布する 常緑性の低木で、常緑樹林下のような一年を通して直射日光の当たらない、 半日陰の場所に自生していることが多いです。 光沢のある緑の葉と、晩秋から真っ赤な実が鮮やかに色づきます。 正月に欠かせない縁起物です。 【植栽適地】 東北南部〜沖縄 【日当たり】 木漏れ日を好みます。西日は避けてください。 一年を通して半日陰の場所が適しています。 暗い日陰でも生長はしますが、実付きは極端に悪くなります。 寒さに弱く寒風や霜に当たると枝枯れを起こすので注意 【土壌・土質】 水はけの良い適湿で肥沃な土壌を好みます。 乾燥地は嫌います。 【用途】 シンボルツリー・添景木・コンテナ 【植えつけ】 植え付けの適期は暖かくなる5月もしくは暑さが和らぐ9月〜10月中旬 地植えの場合は植える場所に腐葉土や堆肥を多めに混ぜ込んでおきます 【肥料】 肥料は年に1回、2月頃に化成肥料や油かすと骨粉を等量混ぜたものを株の周りに少量施します。 あまり多く与えると、枝葉ばかり伸びて茂って実付きも悪くなります。 【剪定方法】 地際からたくさんの枝を出す「株立ち」になりますが、ほとんど枝分かれせずまっすぐ伸びていくので、 放任しておいても姿形が乱れることは少なく剪定の必要はさほどありません。 花は枝先に咲くので、枝先を切りつめるような剪定は避けてください。 枝が茂りすぎると風通しが悪くなり根元が蒸れて葉っぱを落とすことがあるので、 枝数が多く茂りすぎた場合は切り詰めて枝数を減らします。 作業の適期は12月〜1月で...

ハイノキ樹高1.2m前後【人気の陰陽樹】灰木

Amazon

10,238

ハイノキ樹高1.2m前後【人気の陰陽樹】灰木

ハイノキ(別名:イノコシバ) ハイノキ科 ハイノキ属 常緑高木 魅力的な野生味のある樹。明るい白花が魅力のハイノキ 樹を燃やすと灰が厚く残り、染物の媒染剤に用いたのが名の由来。 ハイノキは薄暗い林内を明るくする春の花が一番の見所です。 白い小花が枝先に群がってつき、株全体が花に覆われたかのようになります。 細かい枝に常緑で小形の葉がつき、花がなくとも趣があります。 庭園のポイントツリーや景観樹としてよく利用されます。 自然樹形を楽しめる樹として洋風にも和風にもよく合います♪ 植え付け 植え付けは、4~6月が適期ですが、真夏を除いて年中植えつけは可能です。 風通しと日陰~日当たりで、水はけが良い肥沃な場所を好みます。 乾燥に弱いので日陰~半日陰の場所がおすすめです。日陰では葉の色が緑色になり、 逆に日が当たりすぎる場所では、葉が薄くなったり変色します。 剪定・管理 耐寒性が弱いので九州地方~関東以南での庭植えは可能ですが、 寒さの厳しい地方では、枝先が痛み十分に花が楽しめない場合があります。 剪定は、野生味があり自然樹形を活かす為、剪定は枝抜き程度で抑えます。 肥料は1~2月に、油粕と骨粉を等量混ぜたものを施します。 病害虫 比較的、病害虫の少ない木ですが、まれにアブラムシが付く場合があります 四季の管理 病害虫にも強く、剪定も必要ないので手間が殆どかかりません。 自然のままの樹形と花を楽しみたい樹種です! 栽培適地:九州~東北 開花時期:4~5月 鑑賞樹高:2~6m 施肥時期:1~2月 用途:シンボルツリー・花木・景観樹

【3ポットセット】「ドウダンツツジ」 0.8m程度

グリーンロケット

8,400

【3ポットセット】「ドウダンツツジ」 0.8m程度

写真撮影日(2014年12月6日) ※画像はイメージです。 ※お任せ品につき誠に申し訳ございませんが、商品配送後の樹形・花芽の数等を理由としたキャンセルはご遠慮ください。 送料 全国一律980円 ※離島は別途料金が掛かります。お問い合わせください。 ※配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。 植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど、余裕を持った配送指定をお願いいたします。 商品情報 ドウダンツツジ(灯台躑躅) Enkianthus perulatus ツツジ科ドウダンツツジ属 【タイプ】 落葉低木 【鑑賞時期】 花:3〜6月 【日照条件】 日向〜半日陰 公園や植え込み、庭木などに幅広く利用できる植物です。 春に小さな白いつぼ型の花が枝から垂れ下がるようにつきます。 秋には葉が紅葉し、とても美しいです。 育て方 日当たりの良い場所から半日陰の場所で育てます。日陰ですと枝が粗くなり、紅葉もあまり美しくなりません。冬は落葉します。 耐寒性は強いほうです。 花芽が作られる時期は乾燥に気をつけます。 品番 【T3015】 同じ品番の商品はコチラ »

◇◆オタフクナンテン樹高30cm前後 5本セット!グランドカバーに♪おたふく南天◆◇

Amazon

6,480

◇◆オタフクナンテン樹高30cm前後 5本セット!グランドカバーに♪おたふく南天◆◇

オタフクナンテン(お多福南天) メギ科 ナンテン属 常緑低木 商品説明 おたふく南天はナンテンの別種で別名オカメナンテンとも呼ばれています。 ナンテンも冬に紅葉しますが、これはさらに赤色が鮮やかです。 普通のナンテンと違い、赤い実はならず、葉は広く丸みがあります。 葉は5月ごろから葉色が戻っていき、グリーン~青葉になります。 冬の霜にあたると葉色が赤くなり、色彩の乏しい冬の庭を、明るく彩ってくれます。 ~目の覚めるような赤色が魅力~ 暖色系の葉色は玄関の脇に植えると一際目を引きます。 南天の木は『難転』で災難を転ずる縁起木として有名です♪ 造園業者・個人の方々も好んで買われていかれます。 小さい木ですが、シンボルツリーにも負けないくらい見栄えの良い品種で、なによりも用途多彩なところが人気だと思います。 個人的にもとても好きな樹木で、自宅・ガーデニング展示場にも植えてあります☆ 適地・管理 耐寒性があり半日陰でもよく育ちます。 逆に日陰ではあまり綺麗な色がでません。 乾燥には弱いです。 刈り込みも大丈夫です! 用途 寄せて植えてグランドカバーや庭木、花壇、玄関先、お正月用などに! 1本でも存在感がありますので、用途は多彩です♪ 色んなアレンジを楽しんで下さい。

ヒマラヤユキノシタ(雪の下) ポット苗 グランドカバー・下草に最適!

Amazon

1,080

ヒマラヤユキノシタ(雪の下) ポット苗 グランドカバー・下草に最適!

ユキノシタ(キジンソウ) ユキノシタ科 半常緑多年草 商品説明 ユキノシタは本州、四国、九州に生育する常緑の草本。沢沿いの岩場など、湿り気の多い半日陰の場所に生育している半常緑の多年草です。 葉の表には葉脈に沿って白い斑が入っています。 裏面は紫色を帯びており、特に若葉で鮮やかな紫色となります。 和名のユキノシタと言う名前は、雪のような白い花を雪が降るのに見立て、その下に緑の葉を広げているから。 それが変じて「雪の下」との説があるようです。 花期:5月~7月にかけて花茎を伸ばして多数の花を咲かせます。 雪が降っているかの様な可愛らしい白花(淡紅色で赤い斑が入る)を沢山咲かせます。 また、古来民間薬として、もみ汁や葉を火であぶったものを幼児のひきつけ、やけど、かぶれなどに重用するとともに、食用にもされていたようです。 適地・管理 湿った場所でよく生育し、日陰にもよく耐えます。 寒さにもとても強いです。 逆に日が当たる場所、乾燥場所は嫌いますので、やや湿り気のある土壌や庭木の下、石垣の間なんかに植えられると良いです。 用途 下草・グランドカバー・食用などに! 食用にされる場合 ユキノシタの葉は一年中いつでも採れます。 必要に応じて採取して下さい。葉は、塩でゆでて水にさらしてから、酢味噌和え、ゴマ和え、煮物などにします。 また、天ぷらでも美味しく頂けますよ♪ 発送詳細 最大50本まで一梱包で発送出来ます。

大名竹(ダイミョウチク) 樹高2.0m前後 株立ち!

Amazon

10,800

大名竹(ダイミョウチク) 樹高2.0m前後 株立ち!

大名竹 (ダイミョウチク) イネ科 マダケ属 常緑高木 商品説明 和風庭園や和室の前を演出するのに欠かせない竹類 「マダケ」の一品種で,葉を密集させ、 とても美しいので生垣や庭園竹として人気のある常緑樹です。 梅雨時に出るタケノコは皮色が紫をしており食用とされます。 竹は常に青々として真っ直ぐ伸びて強靭で折れにくく、 よく繁茂するので、古くから邪悪をはらうとされています。 タケノコが生長して皮を落とした直後の色合いは見事です! その他品種で、黒竹・スズコナリヒラ竹・金明竹などがあり、 一般にはあまり見かけない珍種で天然記念物に指定されている金明竹もあります。 花・実期 紅葉時期 【花期】 ーーーーー 【実期】 ーーーーー 【紅葉】 ーーーーー 適地・管理 植え付けの適期はタケノコの出る1ヶ月前が目安です。 日当たりの良い場所~日陰でも育ちます。 水はけの良い適湿な肥沃な土壌を好みます。 夏場の強い日差しにあたると、葉が焼ける事があります。 たけのこが生えて増えますので剪定(株を減らしたい場合)は、古株を根元から切り取ります。 特に肥料は必要としません。 用途 シンボルツリー・庭木 生垣・坪庭などにどうぞ!

人気の!☆イロハモミジ☆一本立ち 樹高2.0m前後 ポット入 綺麗な樹形♪【あす楽対応_九州】

ガーデンタウン

8,640

人気の!☆イロハモミジ☆一本立ち 樹高2.0m前後 ポット入 綺麗な樹形♪【あす楽対応_九州】

イロハモミジ(カエデ) カエデ科 カエデ属 落葉高木 商品説明 モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。イロハモミジは四季折々に 葉の色を変える品種です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ・枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。モミジは春の芽吹きから秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です♪緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しんで下さい。 花・実期 紅葉時期 【花期】■4月■【実期】■5月〜10月■【紅葉】■10月〜12月■ 適地・管理 日陰でも成長しますが出来るだけ日向で水はけがいい場所に植えるようにしましょう。 日中と夜との温度差が大きいとより綺麗な紅葉が楽しめます!カミキリムシ・てっぽう虫が発生しやすいので見つけ次第、殺虫して下さい。幹に穴が開いた場合は殺虫剤等を注入してください。 用途 庭木・シンボルツリーモミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12〜3月(落葉期)花色紅色〜淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています...

ワビスケ・侘助 樹高40cm前後☆ポット苗♪人気のツバキ・椿

Amazon

1,620

ワビスケ・侘助 樹高40cm前後☆ポット苗♪人気のツバキ・椿

ワビスケ(侘助) ツバキ科 常緑高木 商品説明 花が開ききらず筒状にとどまるものがワビスケ系のツバキの特徴です。 ☆コチョウワビ☆ ツバキの品種は多く、 この品種は赤花に白色の絞りが入った小さな花を咲かせます。 和風庭園や茶庭に向きます。 極小輪・一重・猪口咲き。開花は3~4月 ☆シロワビスケ(白侘助)☆ 茶道にもよく使われていてとても美しい高貴な花です。 極小輪~小輪・一重・猪口咲き。開花は11~3月。 ポット苗ですので鉢植えにされても良いでしょう☆ ※お届けします商品は コチョウワビ・シロワビのどちらかになりますのでご了承下さい。 花・実期 紅葉時期 【花期】 上記参考 【実期】 ------ 【紅葉】 ------ 適地・管理 植え付けが最適なのは8月~11月と2月~入梅まで。 植え付け用土は水はけの良い、肥沃な土壌に植え込みます。 日当たりと風通しの良い場所を好みますが、少々日陰でも良く育ちます。 ■剪定■ 放任して育てたほうが花がよく咲きます。 強い剪定はあまりおすすめできません。 ■消毒■ 初夏のもち病はダコニールを用いて駆除し、 チャドクガは捕殺するか殺虫剤で駆除します。 病害虫が発生したらそのつど消毒を定期的に散布して下さい。 用途 庭木・花木・シンボルツリー

◇◆オタフクナンテン樹高30cm前後 グランドカバーに♪おたふく南天◆◇

Amazon

1,296

◇◆オタフクナンテン樹高30cm前後 グランドカバーに♪おたふく南天◆◇

オタフクナンテン(お多福南天) メギ科 ナンテン属 常緑低木 商品説明 おたふく南天はナンテンの別種で別名オカメナンテンとも呼ばれています。 ナンテンも冬に紅葉しますが、これはさらに赤色が鮮やかです。 普通のナンテンと違い、赤い実はならず、葉は広く丸みがあります。 葉は5月ごろから葉色が戻っていき、グリーン~青葉になります。 冬の霜にあたると葉色が赤くなり、色彩の乏しい冬の庭を、明るく彩ってくれます。 ~目の覚めるような赤色が魅力~ 暖色系の葉色は玄関の脇に植えると一際目を引きます。 南天の木は『難転』で災難を転ずる縁起木として有名です♪ 造園業者・個人の方々も好んで買われていかれます。 小さい木ですが、シンボルツリーにも負けないくらい見栄えの良い品種で、なによりも用途多彩なところが人気だと思います。 個人的にもとても好きな樹木で、自宅・ガーデニング展示場にも植えてあります☆ 適地・管理 耐寒性があり半日陰でもよく育ちます。 逆に日陰ではあまり綺麗な色がでません。 乾燥には弱いです。 刈り込みも大丈夫です! 用途 寄せて植えてグランドカバーや庭木、花壇、玄関先、お正月用などに! 1本でも存在感がありますので、用途は多彩です♪ 色んなアレンジを楽しんで下さい。

シキミ 樹高50cm前後 庭木や仏花にどうぞ!

Amazon

756

シキミ 樹高50cm前後 庭木や仏花にどうぞ!

シキミ(イリシウム) 別名:ハナシバ、コウノキ シキミ科 シキミ属 常緑高木 日陰に強い美しい常緑樹 シキミは古来仏前や墓前の供花として利用されてきました。 日陰に強い数少ない木で、葉には光沢があり、非常に美しい木です。 3~4月頃に白い花が咲きます。 近年は、さらに美しい花を咲かせる外国産種(赤花やピンク花など)も導入され、 仏花というイメージは変わりつつあります。 ただし、果実は有毒なので注意が必要です。 植え付け 3~4月上旬頃が植栽適期です。 シキミを植える場所は日陰~半日陰で、腐植質に富み保湿性のある水はけ のよい所に植え付けて下さい。 整枝・剪定 放任しててもあまり乱れませんので特別行わなくても大丈夫です。 剪定をされる場合は、7月頃枝先を軽く切り込む程度でかまいません。 管理・肥料等 著しい乾燥に合うと葉を落とし、生育が悪くなるので乾燥時には 腐葉土などで根元の周囲をマルチングするとよいでしょう。 病害虫は、特にありません。おすすめの庭木です! コンパクトに育てるポイント 低木など、放任してもむやみに生長することはありませんが、 鉢植えで育てると、よりコンパクトに保つことができます。 栽培適地:東北以南 花期:3~4月 最終樹高:10m前後 用途:庭木・日陰の植栽・仏花・鉢植え

タイワンツバキ(台湾椿)【ゴードニア】 樹高0.8〜1.0m前後 【常緑高木】【あす楽対応_九州】

ガーデンタウン

4,320

タイワンツバキ(台湾椿)【ゴードニア】 樹高0.8〜1.0m前後 【常緑高木】【あす楽対応_九州】

タイワンツバキ(ゴードニア) ツバキ科 ツバキ属 常緑高木 商品説明 葉は光沢があり、花は冬から早春にかけて咲きます。冬の花の少ない季節に咲く花として、古来から品種改良されてきました。ツバキの種子は油を大量に含んでおり、ツバキ油が採取されます。主に、灯明・薬・化粧品などに使用されています。タイワンツバキは中国や台湾原産の品種です。ゴードニアという名前でも流通しています。冬に美しい花が咲きます。 花・実期 紅葉時期 【花期】2月〜4月【実期】−−−−−−【紅葉】−−−−−− 適地・管理 植え付けが最適なのは8月〜11月と2月〜入梅まで。植え付け用土は水はけの良い、肥沃な土壌に植え込みます。日当たりと風通しの良い場所を好みますが、少々日陰でも良く育ちます。■剪定■放任して育てたほうが花がよく咲きます。強い剪定はあまりおすすめできません。■消毒■初夏のもち病はダコニールを用いて駆除し、チャドクガは捕殺するか殺虫剤で駆除します。病害虫が発生したらそのつど消毒を定期的に散布して下さい。 用途 庭木・花木・シンボルツリー

『笹』 オオクマザサ (大熊笹)

Amazon

540

『笹』 オオクマザサ (大熊笹)

クマザサ (大隈笹) イネ科 ササ属 低木 商品説明 笹(ササ)は日本を代表する下草です。 新緑の時期が一番綺麗で、モダンでお洒落な雰囲気を持ちます。小型でグランドカバーとしてよく利用される植物です。 笹の種類の中でも葉っぱが大きく、庭の下草(寄せ植え)としてよく利用される物の一つです。 冬になると葉の縁に白いくまどりが出来ることから、この名前がついたそうです。 笹には多くの品種があり高さが大きくなる物や、葉の太・細、斑入り品種など 様々な物が存在しています。 また笹の葉には防腐作用があり、料理や食材などをを包むのに使用されたりしています。 笹、独特の雰囲気は和・洋どちらのお庭にモダン風に演出してくれます。 花・実期 紅葉時期 【最終樹高】 1m以下 【施肥時期】 2月 【選定時期】 2月or9月 適地・管理 笹は日本の気候に良く合い、日陰でも日向でも育ちます。 地下茎で繁殖して増えていきます。日当たりが悪い場所でも良く育ちますが、 乾燥を嫌いますので適湿な場所に植えつけられて下さい。 ・植え付け場所・・土壌は選びませんが、適湿な場所に植え込みます。 乾燥に弱いので、直射日光の当たる場所は避けます ・施肥・・肥料は2月頃に与えて下さい。 ・剪定・・痛んだ葉などは2月または9月に根元から切り取りとってあげるとよいです。 ・栽培適地・・日本全国 用途 下草・グランドカバー・葉材

ヒイラギ 樹高30cm前後 柊 魔除けの縁起樹

Amazon

432

ヒイラギ 樹高30cm前後 柊 魔除けの縁起樹

ヒイラギ モクセイ科 モクセイ属 常緑小高木 商品説明 ヒイラギ(柊)は葉の周りの刺が特徴の常緑樹です。 樹高は4~8mに生長し、葉は革質で厚く表面には光沢があり、 若木の葉には先が刺状になる大形のギザギザがあります。 11~12月の冬頃,芳香のある白い花を咲かせます。 花は約5mmt程度で小さくは葉のわきに多数まとまってつき澄んだ爽やかな香りがします。 ヒイラギには果実もなり、開花翌年の6~7月に熟します。 長さ1.5cmのタマゴ形で、熟すと紫色になります。 ヒイラギは生垣や庭木として広く利用されていますが、 現在でも魔除けとして鬼門の方向に植えたり、 縁起木として玄関脇に植えられたりしています。 花・実期 紅葉時期 【花期】 11月~12月 【実期】 4月~7月 【紅葉】 ------ 適地・管理 耐久性がありますので日陰~日当たりのいい, 適度に湿り気がある場所に植え込みます。 腐葉土などを混ぜた土壌を好み、 乾燥する場所にはなるべく植えないようにします。 乾燥すると生長が悪く枝が枯れてしまうことがあります。 また、寒風のあたる場所は避けます。 ヒイラギは、庭木の中では病虫害に強い植物ですが、 ハダニ、カイガラ虫、サビ病、炭素病、褐点病、の害を受けることが有ります。 虫に新芽を食べられると花の付きが悪くなりますので、 オルトラン・ダニ剤などを使用し殺虫します。 用途 庭木・生垣に☆ トゲトゲの葉で魔除けや、防犯対策に!

初夏に大の字形の可愛い花を咲かせます!ユキノシタ ポット苗 グランドカバー・下草に最適です!

Amazon

486

初夏に大の字形の可愛い花を咲かせます!ユキノシタ ポット苗 グランドカバー・下草に最適です!

ユキノシタ(キジンソウ) ユキノシタ科 半常緑多年草 商品説明 ユキノシタは本州、四国、九州に生育する常緑の草本。沢沿いの岩場など、湿り気の多い半日陰の場所に生育している半常緑の多年草です。 葉の表には葉脈に沿って白い斑が入っています。 裏面は紫色を帯びており、特に若葉で鮮やかな紫色となります。 和名のユキノシタと言う名前は、雪のような白い花を雪が降るのに見立て、その下に緑の葉を広げているから。 それが変じて「雪の下」との説があるようです。 花期:5月~7月にかけて花茎を伸ばして多数の花を咲かせます。 雪が降っているかの様な可愛らしい白花(淡紅色で赤い斑が入る)を沢山咲かせます。 また、古来民間薬として、もみ汁や葉を火であぶったものを幼児のひきつけ、やけど、かぶれなどに重用するとともに、食用にもされていたようです。 適地・管理 湿った場所でよく生育し、日陰にもよく耐えます。 寒さにもとても強いです。 逆に日が当たる場所、乾燥場所は嫌いますので、やや湿り気のある土壌や庭木の下、石垣の間なんかに植えられると良いです。 用途 下草・グランドカバー・食用などに! 食用にされる場合 ユキノシタの葉は一年中いつでも採れます。 必要に応じて採取して下さい。葉は、塩でゆでて水にさらしてから、酢味噌和え、ゴマ和え、煮物などにします。 また、天ぷらでも美味しく頂けますよ♪ 発送詳細 最大50本まで一梱包で発送出来ます。

ホスタ パトリシア(斑入り ギボウシ) 日陰やワンポイントの植栽に最適♪【あす楽対応_九州】

全3商品

1,134

ホスタ パトリシア(斑入り ギボウシ) 日陰やワンポイントの植栽に最適♪【あす楽対応_九州】

ギボウシ・ホスタユリ科 ギボウシ属________________________________________________________________________________________________________________________ 欧米で品種改良が進み最も人気のあるリーフプランツ日本を含む東アジア特産の植物。約20種類の野生種から数千もの園芸品種が生まれています。 欧米での人気が高く、品種改良も盛んです。緑色の葉が鮮綺麗で、花が美しく日陰でもよく育つため栽培されています。鮮やかな斑入りの葉が、暗い日陰をパァ〜っと明るくしてくれます。花言葉は「落ち着き」「沈静」「静かな人」 花色は白から紫で、1日花です。※冬場は葉が無くなりますが、夏頃には新しく伸びてきます。 植え付け春〜初夏まで日当たりがよく、梅雨明け後、半日陰になる場所が最適 水はけのよく、保水力、保肥力の場所に植込みます。植え付け適期は鉢植え苗は年間を通して植え付け可能です。 四季の管理落ちた花びらから葉が痛むことがあるので払い落とし、花後は茎を根本から切り取ります。夏に乾燥が続く場合は夕方にたっぷり水を与えましょう。 株分けのポイント真冬を除き、休眠中なら株分けが可能です。芽は株の中心部に密集しているので傷つけないよう注意して、1株に3芽以上を目安にシャベルやナイフで切り分けます。冬の管理 ギボウシは冬の間は葉がありません。夏頃にまた新しい葉が出てきますので冬でもたまに水を与えて下さい。________________________________________________________________________________________________________________________栽培適地...

クロガネモチ樹高1.8m 日陰にも強い常緑樹♪目隠しなどにもOK☆【あす楽対応_九州】

ガーデンタウン

9,720

クロガネモチ樹高1.8m 日陰にも強い常緑樹♪目隠しなどにもOK☆【あす楽対応_九州】

クロガネモチ(フクラモチ)モチノキ科 モチノキ属 常緑広葉樹(高木) ________________________________________________________________________________________________________________________赤い実が「小鳥」を呼びよせます♪日陰にも強い木! クロガネモチは日本原産の常緑高木です。どっしりと大きく育つのが特徴で、モチノキ属の中ではもっとも大きく育ち、高さは20mに達することもあります。 植える際はスペースに注意しましょう。狭いスペースで楽しむには、鉢植えなので育てることもできます。どっしりと落ち着いた樹形で、公園や街路樹としてもよく使われています。 防火性にすぐれ、大気汚染にも強い木です。 植え付け 丈夫でどこでも育てられます。植え付けは5〜10月が敵期。日当たりの良い場所〜半日陰でも大丈夫です。水はけのよい肥沃な土に植えつけます。堆肥か腐葉土を多めに入れて土とよく混ぜ、水はけよく高めに植えつけます。 整枝・剪定 光沢のある葉が綺麗で、刈り込みに耐えよく萌芽します。自然樹形を保っていく場合は軽い剪定を11月〜12月に行ないます。また、樹形作りのための強剪定は5〜7月の間に行なって下さい。 樹形(高さ)をコンパクトに維持したい場合は毎年、定期的な剪定を欠かさない事がポイントです。 管理・肥料等 大気汚染や日照不足にも強く、丈夫で大きな木の移植も可能です。新緑の頃、ハマキムシ、カイガラムシがつくことがあるので、5月頃の早めに薬剤の散布防除を行ないます。 斑点病で葉が落ちてしまったら、落ち葉は集めて焼却し、翌年の開葉期から月2回薬剤をまくと効果的。 肥料は寒肥として2月に根の周囲に溝を掘り堆肥を十分に施し...

【良好品】久留米ツツジ/花遊び(ハナアソビ)樹高50cm前後 【露地】 クルメツツジ【あす楽対応_九州】

ガーデンタウン

5,400

【良好品】久留米ツツジ/花遊び(ハナアソビ)樹高50cm前後 【露地】 クルメツツジ【あす楽対応_九州】

ハナアソビ クルメ系(ピンク) ツツジ科 ツツジ属 常緑低木 商品説明 サツキやツツジって結構、何処でも目にしますよね!?病院や学校、街路樹など色んな場所で植えられています。それほど用途多彩で、なりより育てやすさなどがあるからでしょう☆クルメツツジはキリシマツツジとサタツツジをもとに江戸末期以後に久留米で改良された品種群です。ハナアソビの花は紫紅色の一重咲き、小輪です。ツツジの花は小輪多花性で、開花期には樹冠全体が花に覆われるように咲きます♪株を覆うように咲くので満開のときは本当に素晴らしいです!!花色が豊富で、紫紅、桃、白、紅、紫など多彩にあります♪色鮮やかな品種が多く海外で人気の庭木として広く栽植されています。庭木として広く利用されますが、鉢植えにも好適な種類です。 花・実期 紅葉時期 【花期】4月〜5月【実期】−−−−−−【紅葉】−−−−−− 適地・管理 日向でも日陰でも成長します。適湿な場所を好みます。乾燥を嫌います。雨が降らない日が続いた場合は水をたっぷり与えてください。風通しが悪いところでは葉が蒸れたりするので風通しいい所に植えてください。 用途 庭園樹・公園樹・生垣・盆栽・鉢植など春を鮮やかに彩るツツジ。花付きが良いクルメツツジ!クルメツツジ(久留米ツツジ)ツツジ科 ツツジ属 常緑低木栽培適地日本全国植栽時期2〜4月or9〜10月花色赤・白・紫・ピンク・絞り咲き等肥料油かすor堆肥or化成肥料最終樹高2m用途生垣orグランドカバーor盆栽or花木クルメツツジはこんな植物色鮮やかな花が魅力♪花付きがよく、和・洋を問わず人気の樹木です!クルメツツジはキリシマツツジとサタツツジをもとに江戸末期以後に久留米で改良された品種群です。花は平戸ツツジ等に比べて小さいが、小輪多花性で、花付きがよいため昔から人気の高い花木です...

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「日陰植木」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ