「日陰常緑」 の検索結果 547件

ハイノキ樹高1.2m前後【人気の陰陽樹】灰木

Amazon

10,238

ハイノキ樹高1.2m前後【人気の陰陽樹】灰木

ハイノキ(別名:イノコシバ) ハイノキ科 ハイノキ属 常緑高木 魅力的な野生味のある樹。明るい白花が魅力のハイノキ 樹を燃やすと灰が厚く残り、染物の媒染剤に用いたのが名の由来。 ハイノキは薄暗い林内を明るくする春の花が一番の見所です。 白い小花が枝先に群がってつき、株全体が花に覆われたかのようになります。 細かい枝に常緑で小形の葉がつき、花がなくとも趣があります。 庭園のポイントツリーや景観樹としてよく利用されます。 自然樹形を楽しめる樹として洋風にも和風にもよく合います♪ 植え付け 植え付けは、4~6月が適期ですが、真夏を除いて年中植えつけは可能です。 風通しと日陰~日当たりで、水はけが良い肥沃な場所を好みます。 乾燥に弱いので日陰~半日陰の場所がおすすめです。日陰では葉の色が緑色になり、 逆に日が当たりすぎる場所では、葉が薄くなったり変色します。 剪定・管理 耐寒性が弱いので九州地方~関東以南での庭植えは可能ですが、 寒さの厳しい地方では、枝先が痛み十分に花が楽しめない場合があります。 剪定は、野生味があり自然樹形を活かす為、剪定は枝抜き程度で抑えます。 肥料は1~2月に、油粕と骨粉を等量混ぜたものを施します。 病害虫 比較的、病害虫の少ない木ですが、まれにアブラムシが付く場合があります 四季の管理 病害虫にも強く、剪定も必要ないので手間が殆どかかりません。 自然のままの樹形と花を楽しみたい樹種です! 栽培適地:九州~東北 開花時期:4~5月 鑑賞樹高:2~6m 施肥時期:1~2月 用途:シンボルツリー・花木・景観樹

ヒマラヤユキノシタ(雪の下) ポット苗 グランドカバー・下草に最適!

Amazon

1,080

ヒマラヤユキノシタ(雪の下) ポット苗 グランドカバー・下草に最適!

ユキノシタ(キジンソウ) ユキノシタ科 半常緑多年草 商品説明 ユキノシタは本州、四国、九州に生育する常緑の草本。沢沿いの岩場など、湿り気の多い半日陰の場所に生育している半常緑の多年草です。 葉の表には葉脈に沿って白い斑が入っています。 裏面は紫色を帯びており、特に若葉で鮮やかな紫色となります。 和名のユキノシタと言う名前は、雪のような白い花を雪が降るのに見立て、その下に緑の葉を広げているから。 それが変じて「雪の下」との説があるようです。 花期:5月~7月にかけて花茎を伸ばして多数の花を咲かせます。 雪が降っているかの様な可愛らしい白花(淡紅色で赤い斑が入る)を沢山咲かせます。 また、古来民間薬として、もみ汁や葉を火であぶったものを幼児のひきつけ、やけど、かぶれなどに重用するとともに、食用にもされていたようです。 適地・管理 湿った場所でよく生育し、日陰にもよく耐えます。 寒さにもとても強いです。 逆に日が当たる場所、乾燥場所は嫌いますので、やや湿り気のある土壌や庭木の下、石垣の間なんかに植えられると良いです。 用途 下草・グランドカバー・食用などに! 食用にされる場合 ユキノシタの葉は一年中いつでも採れます。 必要に応じて採取して下さい。葉は、塩でゆでて水にさらしてから、酢味噌和え、ゴマ和え、煮物などにします。 また、天ぷらでも美味しく頂けますよ♪ 発送詳細 最大50本まで一梱包で発送出来ます。

大名竹(ダイミョウチク) 樹高2.0m前後 株立ち!

Amazon

10,800

大名竹(ダイミョウチク) 樹高2.0m前後 株立ち!

大名竹 (ダイミョウチク) イネ科 マダケ属 常緑高木 商品説明 和風庭園や和室の前を演出するのに欠かせない竹類 「マダケ」の一品種で,葉を密集させ、 とても美しいので生垣や庭園竹として人気のある常緑樹です。 梅雨時に出るタケノコは皮色が紫をしており食用とされます。 竹は常に青々として真っ直ぐ伸びて強靭で折れにくく、 よく繁茂するので、古くから邪悪をはらうとされています。 タケノコが生長して皮を落とした直後の色合いは見事です! その他品種で、黒竹・スズコナリヒラ竹・金明竹などがあり、 一般にはあまり見かけない珍種で天然記念物に指定されている金明竹もあります。 花・実期 紅葉時期 【花期】 ーーーーー 【実期】 ーーーーー 【紅葉】 ーーーーー 適地・管理 植え付けの適期はタケノコの出る1ヶ月前が目安です。 日当たりの良い場所~日陰でも育ちます。 水はけの良い適湿な肥沃な土壌を好みます。 夏場の強い日差しにあたると、葉が焼ける事があります。 たけのこが生えて増えますので剪定(株を減らしたい場合)は、古株を根元から切り取ります。 特に肥料は必要としません。 用途 シンボルツリー・庭木 生垣・坪庭などにどうぞ!

◇◆オタフクナンテン樹高30cm前後 5本セット!グランドカバーに♪おたふく南天◆◇

Amazon

6,480

◇◆オタフクナンテン樹高30cm前後 5本セット!グランドカバーに♪おたふく南天◆◇

オタフクナンテン(お多福南天) メギ科 ナンテン属 常緑低木 商品説明 おたふく南天はナンテンの別種で別名オカメナンテンとも呼ばれています。 ナンテンも冬に紅葉しますが、これはさらに赤色が鮮やかです。 普通のナンテンと違い、赤い実はならず、葉は広く丸みがあります。 葉は5月ごろから葉色が戻っていき、グリーン~青葉になります。 冬の霜にあたると葉色が赤くなり、色彩の乏しい冬の庭を、明るく彩ってくれます。 ~目の覚めるような赤色が魅力~ 暖色系の葉色は玄関の脇に植えると一際目を引きます。 南天の木は『難転』で災難を転ずる縁起木として有名です♪ 造園業者・個人の方々も好んで買われていかれます。 小さい木ですが、シンボルツリーにも負けないくらい見栄えの良い品種で、なによりも用途多彩なところが人気だと思います。 個人的にもとても好きな樹木で、自宅・ガーデニング展示場にも植えてあります☆ 適地・管理 耐寒性があり半日陰でもよく育ちます。 逆に日陰ではあまり綺麗な色がでません。 乾燥には弱いです。 刈り込みも大丈夫です! 用途 寄せて植えてグランドカバーや庭木、花壇、玄関先、お正月用などに! 1本でも存在感がありますので、用途は多彩です♪ 色んなアレンジを楽しんで下さい。

タマシダ:ハッピーマーブル6号鉢入り[美しい黄色の斑入りのネフロレピス] ノーブランド品

Amazon

1,602

タマシダ:ハッピーマーブル6号鉢入り[美しい黄色の斑入りのネフロレピス] ノーブランド品

シダの仲間で観葉植物として人気のネフロレピス。ハッピーマーブルは、明るい黄色の斑が不規則に入る品種です。日照条件で斑の入り具合が変わります。夏のシェードガーデンやインドア観葉植物としておすすめ。明緑色の細長い葉を伸ばします。葉の長さは30~100cmに伸びることもあります。庭植えや、鉢植え、吊り鉢仕立てで、あるいは観葉の寄せ植えなどにも活躍します。斑の入り方は株ごとに個体差があります。また、夏は全体に黄色く色が褪めますが、涼しくなると色が戻ってきます。お届け時の葉色は表示の画像と多少異なる場合もありますので、ご了承ください。学名:nephrolepisexaltata‘HappyMarble’タイプ:ツルシダ科の半常緑多年草耐寒性:0度位まで草丈:約70cm日照:半日陰むき栽培方法:春から秋は明るい日陰においてください。乾燥に弱いので、水切れにご注意ください。5月~10月は2ヶ月に1回程度緩効性肥料を根元に置き肥します。冬越しは室内に取り込み、レースのカーテン越しの日光程度の明るい場所に置きます。6号(直径18cm)鉢入り、吊り手付です。鉢の色は異なる場合がございます。

ワビスケ・侘助 樹高40cm前後☆ポット苗♪人気のツバキ・椿

Amazon

1,620

ワビスケ・侘助 樹高40cm前後☆ポット苗♪人気のツバキ・椿

ワビスケ(侘助) ツバキ科 常緑高木 商品説明 花が開ききらず筒状にとどまるものがワビスケ系のツバキの特徴です。 ☆コチョウワビ☆ ツバキの品種は多く、 この品種は赤花に白色の絞りが入った小さな花を咲かせます。 和風庭園や茶庭に向きます。 極小輪・一重・猪口咲き。開花は3~4月 ☆シロワビスケ(白侘助)☆ 茶道にもよく使われていてとても美しい高貴な花です。 極小輪~小輪・一重・猪口咲き。開花は11~3月。 ポット苗ですので鉢植えにされても良いでしょう☆ ※お届けします商品は コチョウワビ・シロワビのどちらかになりますのでご了承下さい。 花・実期 紅葉時期 【花期】 上記参考 【実期】 ------ 【紅葉】 ------ 適地・管理 植え付けが最適なのは8月~11月と2月~入梅まで。 植え付け用土は水はけの良い、肥沃な土壌に植え込みます。 日当たりと風通しの良い場所を好みますが、少々日陰でも良く育ちます。 ■剪定■ 放任して育てたほうが花がよく咲きます。 強い剪定はあまりおすすめできません。 ■消毒■ 初夏のもち病はダコニールを用いて駆除し、 チャドクガは捕殺するか殺虫剤で駆除します。 病害虫が発生したらそのつど消毒を定期的に散布して下さい。 用途 庭木・花木・シンボルツリー

◇◆オタフクナンテン樹高30cm前後 グランドカバーに♪おたふく南天◆◇

Amazon

1,296

◇◆オタフクナンテン樹高30cm前後 グランドカバーに♪おたふく南天◆◇

オタフクナンテン(お多福南天) メギ科 ナンテン属 常緑低木 商品説明 おたふく南天はナンテンの別種で別名オカメナンテンとも呼ばれています。 ナンテンも冬に紅葉しますが、これはさらに赤色が鮮やかです。 普通のナンテンと違い、赤い実はならず、葉は広く丸みがあります。 葉は5月ごろから葉色が戻っていき、グリーン~青葉になります。 冬の霜にあたると葉色が赤くなり、色彩の乏しい冬の庭を、明るく彩ってくれます。 ~目の覚めるような赤色が魅力~ 暖色系の葉色は玄関の脇に植えると一際目を引きます。 南天の木は『難転』で災難を転ずる縁起木として有名です♪ 造園業者・個人の方々も好んで買われていかれます。 小さい木ですが、シンボルツリーにも負けないくらい見栄えの良い品種で、なによりも用途多彩なところが人気だと思います。 個人的にもとても好きな樹木で、自宅・ガーデニング展示場にも植えてあります☆ 適地・管理 耐寒性があり半日陰でもよく育ちます。 逆に日陰ではあまり綺麗な色がでません。 乾燥には弱いです。 刈り込みも大丈夫です! 用途 寄せて植えてグランドカバーや庭木、花壇、玄関先、お正月用などに! 1本でも存在感がありますので、用途は多彩です♪ 色んなアレンジを楽しんで下さい。

シキミ 樹高50cm前後 庭木や仏花にどうぞ!

Amazon

756

シキミ 樹高50cm前後 庭木や仏花にどうぞ!

シキミ(イリシウム) 別名:ハナシバ、コウノキ シキミ科 シキミ属 常緑高木 日陰に強い美しい常緑樹 シキミは古来仏前や墓前の供花として利用されてきました。 日陰に強い数少ない木で、葉には光沢があり、非常に美しい木です。 3~4月頃に白い花が咲きます。 近年は、さらに美しい花を咲かせる外国産種(赤花やピンク花など)も導入され、 仏花というイメージは変わりつつあります。 ただし、果実は有毒なので注意が必要です。 植え付け 3~4月上旬頃が植栽適期です。 シキミを植える場所は日陰~半日陰で、腐植質に富み保湿性のある水はけ のよい所に植え付けて下さい。 整枝・剪定 放任しててもあまり乱れませんので特別行わなくても大丈夫です。 剪定をされる場合は、7月頃枝先を軽く切り込む程度でかまいません。 管理・肥料等 著しい乾燥に合うと葉を落とし、生育が悪くなるので乾燥時には 腐葉土などで根元の周囲をマルチングするとよいでしょう。 病害虫は、特にありません。おすすめの庭木です! コンパクトに育てるポイント 低木など、放任してもむやみに生長することはありませんが、 鉢植えで育てると、よりコンパクトに保つことができます。 栽培適地:東北以南 花期:3~4月 最終樹高:10m前後 用途:庭木・日陰の植栽・仏花・鉢植え

伊勢日陰ツツジ(イセヒカゲツツジ)4号

千草園芸

1,026

伊勢日陰ツツジ(イセヒカゲツツジ)4号

17年3月14日に入荷しました。 植物の状態は季節により変化いたします。173c-u 多少の日陰でも育ちます。ヒカゲツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の常緑低木(雌雄異株) 【学名】Rhododendron keiskei 【原産】関東以西の本州〜九州 【別名】サワテラシ 【用途】庭木(日陰の庭でも可) 【開花】4月〜5月 【成木】1m〜2m 【栽培敵地】関東以南 春にクリーム色の花を咲かせる珍しい色のツツジです。 多少の日陰でも育ちますが、日が当たる場所のほうが花つきはよくなります。 花の無い季節も趣きのある木で、革質の葉にも魅力があります。 日本各地の限られた山地に自生する日本固有種で、山地の崖や岩の上など非常に水はけの良い場所に自生します。産地により、個性があります。 特に個性の強いヒカゲツツジは、「伊勢ヒカゲツツジ」「屋久島ヒカゲツツジ」などと産地の名前が付けられています。 イセヒカゲツツジは矮性品種で、葉が密に茂りやすい性質のものです。 屋久島ヒカゲツツジは極めて生育が遅く、節間がつまってして鉢植えに向く這い性品種です。 また、ツツジの名で知られていますが、実はシャクナゲの仲間で、4月ころに淡い黄色の花を咲かせます。花は枝先に集まってつく性質があります。 自然とコンパクトな樹形を作ることや葉の姿から気品のある植物として庭木に利用されています。 ■栽培方法 日当たり、また半日陰の水はけのよい酸性土壌を好みます。植えこみ時に、腐葉土をよく混ぜ、土づくりをしておきましょう。 過湿と乾燥を嫌うので、傾斜地では夏の乾燥に気をつけ保水性の良い土を使用し、平地ではやや高めに植え付け、根元に堆肥やピートモスを敷いて保護しましょう。 鉢植えでは鹿沼土を使用し、根詰まりを起こさないように毎年植え替えます。 肥料は春と秋に固形肥料を与え、剪定は...

お買い物マラソン
初夏に大の字形の可愛い花を咲かせます!ユキノシタ ポット苗 グランドカバー・下草に最適です!

Amazon

486

初夏に大の字形の可愛い花を咲かせます!ユキノシタ ポット苗 グランドカバー・下草に最適です!

ユキノシタ(キジンソウ) ユキノシタ科 半常緑多年草 商品説明 ユキノシタは本州、四国、九州に生育する常緑の草本。沢沿いの岩場など、湿り気の多い半日陰の場所に生育している半常緑の多年草です。 葉の表には葉脈に沿って白い斑が入っています。 裏面は紫色を帯びており、特に若葉で鮮やかな紫色となります。 和名のユキノシタと言う名前は、雪のような白い花を雪が降るのに見立て、その下に緑の葉を広げているから。 それが変じて「雪の下」との説があるようです。 花期:5月~7月にかけて花茎を伸ばして多数の花を咲かせます。 雪が降っているかの様な可愛らしい白花(淡紅色で赤い斑が入る)を沢山咲かせます。 また、古来民間薬として、もみ汁や葉を火であぶったものを幼児のひきつけ、やけど、かぶれなどに重用するとともに、食用にもされていたようです。 適地・管理 湿った場所でよく生育し、日陰にもよく耐えます。 寒さにもとても強いです。 逆に日が当たる場所、乾燥場所は嫌いますので、やや湿り気のある土壌や庭木の下、石垣の間なんかに植えられると良いです。 用途 下草・グランドカバー・食用などに! 食用にされる場合 ユキノシタの葉は一年中いつでも採れます。 必要に応じて採取して下さい。葉は、塩でゆでて水にさらしてから、酢味噌和え、ゴマ和え、煮物などにします。 また、天ぷらでも美味しく頂けますよ♪ 発送詳細 最大50本まで一梱包で発送出来ます。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「日陰常緑」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ