「日陰宿根草」 の検索結果 197件

【美葉】フイリハラン(白斑)樹高0.3m前後 日陰の植栽に!

Amazon

2,160

【美葉】フイリハラン(白斑)樹高0.3m前後 日陰の植栽に!

フイリハラン(斑入り) ユリ科 ハラン属 常緑宿根草 大きな緑葉に綺麗な模様が入る。陰地を明るく彩る素材として人気 ハランはユリ科の常緑の宿根草です。葉を群生させながら生長します。 葉柄は長く、葉身は長楕円状披針形で長さは50~80cm程にまでなります。 濃緑色の根出葉がボリュームのある植え込みとなります。また、幅広い 大きな葉は食物を包んだり盛ったりするのに用いられてきました。 日陰から半日陰の植栽に適し、暗い日陰や寒冷地にもよく耐えるので、 ローメンテナンスのグランドカバープランツとして利用がされています。 夏の強い直射日光は葉やけするので避けて植え付けます。 斑入りの美しい葉なので陰地~半日陰に植えて大株で楽しむのがおすすめ! また、鉢植えにして室内で観葉植物として楽しめます。 植え付け 年中植えつけは可能です。日陰で適湿な場所を好みます。 夏の強い光のあたる場所は避けます。 陰地で適湿な場所であれば基本的に放任して十分に育ちます。 植え穴には腐葉土を入れよく混ぜ込んでください。 四季の管理 基本的に剪定は不要ですが、枯れ葉が目立ってきたら、芽出し前に 刈り取ると美しい葉が長く楽しめます。 肥料は3~4月に粒状化成肥料を根元にばらまいて与えます。 栽培適地:日本全国 植え付け:年中可能 開花時期:――――― 果実熟期:――――― 草丈:50~100cm 施肥時期:3~4月 用途:グランドカバー・鉢植え・葉材

タマリュウ(玉竜)!10本セット♪初心者でも植えやすいポット入り☆

Amazon

1,080

タマリュウ(玉竜)!10本セット♪初心者でも植えやすいポット入り☆

タマリュウ (玉竜) ユリ科 常緑宿根草 常緑低木 商品説明 年間通して常緑で綺麗な品種です! なんと言っても密に茂る葉っぱが魅力♪ ほとんど、手をかけることなく、いつも元気です! 初心者でも、タイルやコンクリート、レンガの間など、少しの隙間のなどにも植えやすいポットタイプ!! 芝生と同様にタマリュウの上を歩いても大丈夫です♪ 【高級品種・ヒメリュウ発売中!!】 姫リュウは玉リュウやリュウノヒゲよりも葉が短く珍しい品種です。 ふあふあな緑のじゅうたんを作るならこの品種で決まりですっ!! 花・実期 紅葉時期 【花期】 7月~8月 【実期】 12月~1月 【紅葉】 ------- 適地・管理 基本的に手入れ要らず(メンテナンスフリーのグランドカバー)として重宝されています。 芝は日陰や土厚の薄い所は育ちませんが、タマリュウ類は違います!! 植え付け土壌も選ばず、日向~日陰まで対応し、乾燥、暑さ、寒さ共に強いです。 その育てやすさから人気があるのかと思います。 手入れ要らずで一年中綺麗な緑を楽しめる数少ない品種でしょう☆ 用途 下草・グランドカバーやワンポイントに☆

【6か月枯れ保証】【下草】タマリュウ/マット60×30cm 6枚セット

Amazon

12,960

【6か月枯れ保証】【下草】タマリュウ/マット60×30cm 6枚セット

【タマリュウ】(玉龍) 学名:Ophiopogon japonica'Tamaryu' ユリ科ジャノヒゲ属 常緑宿根草 【商品情報】 タマリュウはリュウノヒゲの矮性種で葉は短く小さく外側に反ります。淡緑の葉色がとても綺麗です。7~8月頃に小さく白い花が咲き、12~1月頃に小さな濃青実がなります。地表にあたる日光を遮断しますので雑草防止や水分蒸発抑制や土の流失防止にも効果があります。和風から洋風まで幅広く合い庭造りによく使われます。 【育て方】 半日陰を好みますが、日向や日陰でも育ちます。日向では葉が焼けないように肥料を与えてください。平面を低く均一にカバーさせる為、植え付け前に入念に整地を行ってください。肥料を与えるときは枝葉の上から蒔きホウキで落とすようにします。植え付け後は特に手がかかりません。 適地=全国 日照り=日向or半日陰 樹形=円形 最終樹高=0.2m 施肥時期=2~4月or9月 剪定時期=無し 開花時期=7~8月 果実=12~1月 用途=グランドカバー 【地被植物 用途一覧】 [グランドカバー] 平面=@ 斜面=@ 茎による増殖= 陰地に適する= 植付目安 44~100鉢/1m2 【その他】 タマリュウは昔からあるオーソドックスな品種。綺麗な深緑が庭を引き締めてくれます。

【6か月枯れ保証】【下草】コヤブラン 0.1m 400本セット

Amazon

120,000

【6か月枯れ保証】【下草】コヤブラン 0.1m 400本セット

【コヤブラン】 学名:Liriope spicata ユリ科属 常緑宿根草 【商品情報】 ヤブランは日本原産ですが、アメリカでの人気が非常に高いです。暑さ、寒さに強く日陰でも良く育ちます。草形も美しく地被素材としては非常に優れています。夏に小さい清楚な花が咲きます。秋から冬に果実をつけます。乾燥を防ぐのにも土の流失を防ぐにも便利です。宿根草でも植え替えを必要としない品種ですのでずっと生えていてくれます。アプローチや塀沿いに植えると綺麗に見えますよ。1本だけでも充分に見ごたえがあります。 【育て方】 日向でも日陰でも成長します。適湿な場所を好みます。自然の代謝で下の葉が枯れて生きますので定期的にハサミできって取り除いてください。 適地=全国 日照り=日向or半日陰 樹形=円形 最終樹高=1m 施肥時期=4月 剪定時期=2月 開花時期=5~9月 果実=秋~冬 用途=グランドカバー 【地被植物 用途一覧】 [グランドカバー] 平面=@ 斜面=@ 茎による増殖=@ 陰地に適する= 植付目安 25~44鉢/1m2 【その他】 コヤブランは通常のヤブランが1株づつ株立ちになるのに対して地中茎で繁殖します。広がりやすいため、グランドカバーによく利用されます。

【6か月枯れ保証】【下草】シルバードラゴン 0.1m 300本セット

Amazon

120,000

【6か月枯れ保証】【下草】シルバードラゴン 0.1m 300本セット

【シルバードラゴン】 学名:Ophiopogon japonicus 'Silver Dragon' ユリ科属 常緑宿根草 【商品情報】 ヤブランは日本原産ですが、アメリカでの人気が非常に高いです。暑さ、寒さに強く日陰でも良く育ちます。草形も美しく地被素材としては非常に優れています。夏に小さい清楚な花が咲きます。秋から冬に果実をつけます。乾燥を防ぐのにも土の流失を防ぐにも便利です。宿根草でも植え替えを必要としない品種ですのでずっと生えていてくれます。アプローチや塀沿いに植えると綺麗に見えますよ。1本だけでも充分に見ごたえがあります。 【育て方】 日向でも日陰でも成長します。適湿な場所を好みます。自然の代謝で下の葉が枯れて生きますので定期的にハサミできって取り除いてください。 適地=全国 日照り=日向or半日陰 樹形=円形 最終樹高=1m 施肥時期=4月 剪定時期=2月 開花時期=5~9月 果実=秋~冬 用途=グランドカバー 【地被植物 用途一覧】 [グランドカバー] 平面=@ 斜面=@ 茎による増殖= 陰地に適する= 植付目安 25~44鉢/1m2 【その他】 シルバードラゴンはヤブランの仲間です。非常に見栄えがする色彩をしています。剛健で殆ど手を掛けずに成長します。葉が痛んだ場合は切り取りましょう。

【6か月枯れ保証】【下草】斑入りヤブラン 0.1m 300本セット

Amazon

120,000

【6か月枯れ保証】【下草】斑入りヤブラン 0.1m 300本セット

【斑入りヤブラン】 学名:Liriope muscari ユリ科属 常緑宿根草 【商品情報】 ヤブランは日本原産ですが、アメリカでの人気が非常に高いです。暑さ、寒さに強く日陰でも良く育ちます。草形も美しく地被素材としては非常に優れています。夏に小さい清楚な花が咲きます。秋から冬に果実をつけます。乾燥を防ぐのにも土の流失を防ぐにも便利です。宿根草でも植え替えを必要としない品種ですのでずっと生えていてくれます。アプローチや塀沿いに植えると綺麗に見えますよ。1本だけでも充分に見ごたえがあります。 【育て方】 日向でも日陰でも成長します。適湿な場所を好みます。自然の代謝で下の葉が枯れて生きますので定期的にハサミできって取り除いてください。 適地=全国 日照り=日向or半日陰 樹形=円形 最終樹高=1m 施肥時期=4月 剪定時期=2月 開花時期=5~9月 果実=秋~冬 用途=グランドカバー 【地被植物 用途一覧】 [グランドカバー] 平面=@ 斜面=@ 茎による増殖= 陰地に適する= 植付目安 25~44鉢/1m2 【その他】 斑入りヤブランはグランドカバーとしてとても優れた品種です。宿根草で植え替える必要がありません。葉も観賞価値が高く綺麗です。土止めにも日よけにもいいでしょう。

【6か月枯れ保証】【下草】ヤブラン 0.1m 300本セット

Amazon

120,000

【6か月枯れ保証】【下草】ヤブラン 0.1m 300本セット

【ヤブラン】 学名:Liriope muscari ユリ科属 常緑宿根草 【商品情報】 ヤブランは日本原産ですが、アメリカでの人気が非常に高いです。暑さ、寒さに強く日陰でも良く育ちます。草形も美しく地被素材としては非常に優れています。夏に小さい清楚な花が咲きます。秋から冬に果実をつけます。乾燥を防ぐのにも土の流失を防ぐにも便利です。宿根草でも植え替えを必要としない品種ですのでずっと生えていてくれます。アプローチや塀沿いに植えると綺麗に見えますよ。1本だけでも充分に見ごたえがあります。 【育て方】 日向でも日陰でも成長します。適湿な場所を好みます。自然の代謝で下の葉が枯れて生きますので定期的にハサミできって取り除いてください。 適地=全国 日照り=日向or半日陰 樹形=円形 最終樹高=1m 施肥時期=4月 剪定時期=2月 開花時期=5~9月 果実=秋~冬 用途=グランドカバー 【地被植物 用途一覧】 [グランドカバー] 平面=@ 斜面=@ 茎による増殖= 陰地に適する= 植付目安 25~44鉢/1m2 【その他】 ヤブランはグランドカバーとしてとても優れた品種です。宿根草で植え替える必要がありません。葉も観賞価値が高く綺麗です。土止めにも日よけにもいいでしょう。

【6か月枯れ保証】【下草】リュウノヒゲ斑入り 9.0cmポット 20本セット

Amazon

11,340

【6か月枯れ保証】【下草】リュウノヒゲ斑入り 9.0cmポット 20本セット

【リュウノヒゲ斑入り】() 学名:Ophiopogon japonicus ユリ科ジャノヒゲ属 常緑宿根草 別名:ジャノヒゲ 【名前の由来】 【商品情報】リュウノヒゲ斑入りは0.2mになる常緑宿根草です。リュウノヒゲは昔から造園や街路樹のカバーにと使われてきたスタンダードな品種です。淡緑の葉色がとても綺麗です。7~8月頃に小さく白い花が咲き、12~1月頃に小さな濃青実がなります。しかし葉の間に埋もれてあまり目立ちません。密集して植え低く密なカバーができます。地表にあたる日光を遮断しますので雑草防止や水分蒸発抑制や土の流失防止にも効果があります。和風から洋風まで幅広く合い庭造りによく使われます。 【育て方】 半日陰を好みますが、日向や日陰でも育ちます。日向では葉が焼けないように肥料を与えてください。平面を低く均一にカバーさせる為、植え付け前に入念に整地を行ってください。植え付け後は特に手がかかりません。 適地=全国 日照り=日向or半日陰 樹形=円形 最終樹高=0.2m 施肥時期=2~4月or9月 剪定時期=無し 開花時期=7~8月 果実=12~1月 用途=グランドカバー 【その他】 リュウノヒゲ斑入りはリュウノヒゲの斑入り品種になります。日向から半日蔭まで利用できます。被覆が完成すると雑草も生えず刈込の必要もありません。

【ヘデラ ヘリックス・翠雲】6号鉢・おすすめ多年草・アレンジ・寄せ植え

花工房たんぽぽ こだわりの宿根草

2,160

【ヘデラ ヘリックス・翠雲】6号鉢・おすすめ多年草・アレンジ・寄せ植え

【お届け商品サイズ】 6号★ヘデラ一般★【ウコギ科 ヘデラ属 ツタ類(低木)】【別 名】 アイビー、セイヨウキヅタ 【花ことば】 友情、不滅、永久の愛 【原産地】 ヨーロッパ(交配種) 【耐寒性】 強い 【耐暑性】 強い 【栽 培】 ★半日陰が好きだが、日当たりから日陰まで耐えます。★水はけがよく、風通しの良い場所を好む。★鉢植えでは、乾いたらたっぷり水をやる。★寒さには強いので、慣らせばある程度の地域で路地植えできます。★やや乾燥気味を好みますので、多湿に注意しましょう。★あまり土も選ばない強健な植物です。*植物は生長しています。 姿かたちが少しずつ変わりますので、お送りしたものが写真より育っていたり、少し暴れていることがありますが、植物の特徴ですのでご了承ください。【ユニークな形のアイビー♪翠雲】★性質も強く、色々な葉の模様を楽しめる植物です。★今回は『翠雲』で、くしゃくしゃの獅子葉が面白い品種です。★アイビーとは思えないユニークな姿で、寄せ植えなどにおすすめ!★気温が低いと写真のように葉が縮れ、気温が上がると葉は広がります。★関東以西では路地植えできます。★おとどけは写真と同等の株ですが、個体差はあります。--------------------------------------------- ★季節(温度、環境)により、葉の様子が変わります。★個体によって若干の差があります。

【山野草】ショウジョウバカマ 9.0cmポット 10本セット

Amazon

13,824

【山野草】ショウジョウバカマ 9.0cmポット 10本セット

【ショウジョウバカマ】(猩々袴) 学名: Heloniopsis orientalis ユリ科ショウジョウバカマ属 多年草 別名:ジャパニーズ・ヒヤシンス 【名前の由来】 花を猩猩に見立てて、葉を袴に見立てたところから。 【商品情報】ショウジョウバカマは0.3mになる多年草です。日本、朝鮮半島が原産です。葉は細長くて光沢があり、根元から放射状に広がります。花は花茎を伸ばして、その先端に数輪の花をまとめて咲かせます。北海道から、本州、四国、朝鮮半島など分布する常緑の宿根草です。山地の小川沿いや水分の多い傾斜地などに自生します。花は紅紫色の一重がポピュラーですが変異が多くて濃淡に色幅があり、白花や八重咲き種もあります。冬は赤みを帯びます。 【育て方】 半日陰から日陰で適湿な場所を好みます。あまり暑さには強くないので、できるだけ涼しい場所を選びましょう。寒さには強いのですが寒風や霜に当たると株が傷みます。表土が乾いたら充分に与えます。成長期には土にしっかりと水がかるようにあげます。 適地=全国 日照り=日向or半日陰 樹形=ロゼット 最終樹高=0.3m 施肥時期=4~6月or9~11月 剪定時期=5~6月 開花時期=3~4月 果実=~ 用途=山野草 【その他】 ショウジョウバカマは花色はふつう赤紫色ですが、地域によってピンクや紫など変化があります。

リュウノヒゲ (竜のひげ) 100本セット!ポット苗 手入れが少なく育てやすい品種!

Amazon

19,440

リュウノヒゲ (竜のひげ) 100本セット!ポット苗 手入れが少なく育てやすい品種!

リュウノヒゲ (竜のひげ) ユリ科 常緑宿根草 常緑低木 商品説明 年間通して常緑で綺麗な品種です! なんと言っても密に茂る葉っぱが魅力♪ リュウノヒゲは玉竜・姫竜よりも葉が長く、2~3倍ほど大きいです。 ほとんど、手をかけることなく、いつも元気です! 初心者でも、タイルやコンクリート、レンガの間など、少しの隙間のなどにも植えやすいポットタイプ!! 芝生と同様に竜のひげの上を歩いても大丈夫です♪ 【高級品種ヒメリュウ 販売中!!】 姫リュウは玉リュウやリュウノヒゲよりも葉が短く珍しい品種です。 ふあふあな緑のじゅうたんを作るならこの品種で決まりですっ!! 花・実期 紅葉時期 【花期】 7月~8月 【実期】 12月~1月 【紅葉】 ------- 適地・管理 基本的に手入れ要らず(メンテナンスフリーのグランドカバー)として重宝されています。 芝は日陰や土厚の薄い所は育ちませんが、タマリュウ類は違います!! 植え付け土壌も選ばず、日向~日陰まで対応し、乾燥、暑さ、寒さ共に強いです。 その育てやすさから人気があるのかと思います。 手入れ要らずで一年中綺麗な緑を楽しめる数少ない品種でしょう☆ 用途 下草・グランドカバーやワンポイントに☆

【6か月枯れ保証】【下草】斑入りヤブラン 0.1m

Amazon

432

【6か月枯れ保証】【下草】斑入りヤブラン 0.1m

【斑入りヤブラン】 学名:Liriope muscari ユリ科属 常緑宿根草 【商品情報】 ヤブランは日本原産ですが、アメリカでの人気が非常に高いです。暑さ、寒さに強く日陰でも良く育ちます。草形も美しく地被素材としては非常に優れています。夏に小さい清楚な花が咲きます。秋から冬に果実をつけます。乾燥を防ぐのにも土の流失を防ぐにも便利です。宿根草でも植え替えを必要としない品種ですのでずっと生えていてくれます。アプローチや塀沿いに植えると綺麗に見えますよ。1本だけでも充分に見ごたえがあります。 【育て方】 日向でも日陰でも成長します。適湿な場所を好みます。自然の代謝で下の葉が枯れて生きますので定期的にハサミできって取り除いてください。 適地=全国 日照り=日向or半日陰 樹形=円形 最終樹高=1m 施肥時期=4月 剪定時期=2月 開花時期=5~9月 果実=秋~冬 用途=グランドカバー 【地被植物 用途一覧】 [グランドカバー] 平面=@ 斜面=@ 茎による増殖= 陰地に適する= 植付目安 25~44鉢/1m2 【その他】 斑入りヤブランはグランドカバーとしてとても優れた品種です。宿根草で植え替える必要がありません。葉も観賞価値が高く綺麗です。土止めにも日よけにもいいでしょう。

ヤブラン 50ポット苗セット!用途多彩なので人気の定番下草です♪

Amazon

27,000

ヤブラン 50ポット苗セット!用途多彩なので人気の定番下草です♪

ヤブラン ユリ科 ヤブラン属 常緑宿根草 商品説明 『ヤブラン』は美しい下草として、和風庭園などにも古くから使われてきました。 洋風庭園にも相性が良いので、最近でも良く植えられています。 綺麗な緑葉をしており、夏に花を咲かせます。大株になると多数の花穂を出し見応えがあります。 別種で『斑入りヤブラン』と言う品種があり、パーフェクトとも言える葉の黄斑の美しい姿をしております。 葉形としては「ヤブラン」よりもやや幅広く、根元に重なってつきます。 8月から10月ごろ、穂状花序をだし赤紫色の花を咲かせその後、黒紫色の小さな果実をつけます。 『ヤブラン』は花壇や園路などの縁取りから大面積でのグランドカバーまで広範な用途に対応できます。 植木屋さんオススメの植物ですよ~~!! 適地・管理 『ヤブラン』は真夏の直赦光にも葉が焼けず、日陰にもよく耐えますが、斑入りヤブランの場合、日陰では斑の鮮やかさが劣ってしまいます。 新芽の伸びる前に古葉を刈り取ると年間を通して美しい姿が鑑賞出来ます。 生命力も強く丈夫ですので育てやすい下草でしょう♪ 用途 下草・花壇・コンテナガーデンなどに! 発送詳細 最大50本まで一梱包で発送出来ます。

ギボウシ[ホスタ]:ファイヤーアンドアイス6号ポット[小型で白斑が鮮やかな人気品種] ノーブランド品

Amazon

2,060

ギボウシ[ホスタ]:ファイヤーアンドアイス6号ポット[小型で白斑が鮮やかな人気品種] ノーブランド品

ファイヤーアンドアイスは燃え立つように波打つ幅広の葉を持ち、濃緑に純白の対比が美しい品種です。葉張り45~60cmの小型品種です。ギボウシは多彩な葉色、葉形、斑の入り方、花の美しさ、芳香、と魅力たっぷりです。和風庭園にも洋風ガーデンにもしっくりと合います。半日陰~日陰を好みますので、シェードガーデンに最適です。タイプ:耐寒性宿根草(冬は地上部のない状態となります)開花期:6~8月植え付け適期:9月~5月用途:花壇、鉢植え、グランドカバー日照:半日陰~日陰栽培方法:植えつけ場所は、半日陰、または少なくとも夏は半日陰となる場所を選んでください。保水性のある、肥沃な場所を好みます。株間30~50cmに植え付けてください。暑さ、寒さにつよく強健ですので栽培に手間はかかりません。乾燥に弱いので、水を切らさないように管理してください。数年に1度、株分けして植え替えてください。お届けする苗は6号(直径18cm)ポット入りです。冬は地上部なしです。写真は成長時のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですのでご了承ください。※高温により葉が汚い状態となる場合がございます。

【6か月枯れ保証】【下草】ヒメリュウ 0.1m 1000本セット

Amazon

200,000

【6か月枯れ保証】【下草】ヒメリュウ 0.1m 1000本セット

【ヒメリュウ】(姫龍) 学名:Ophiopogon japonicus ユリ科ジャノヒゲ属 常緑宿根草 【商品情報】 ヒメリュウはタマリュウの矮性種で葉は短く小さく引き締まります。淡緑の葉色がとても綺麗です。7~8月頃に小さく白い花が咲き、12~1月頃に小さな濃青実がなります。しかし葉の間に埋もれてあまり目立ちません。密集して植え低く密なカバーができます。地表にあたる日光を遮断しますので雑草防止や水分蒸発抑制や土の流失防止にも効果があります。和風から洋風まで幅広く合い庭造りによく使われます。 【育て方】 半日陰を好みますが、日向や日陰でも育ちます。日向では葉が焼けないように肥料を与えてください。平面を低く均一にカバーさせる為、植え付け前に入念に整地を行ってください。一平米に46ポット以上・15cm間隔で植えると綺麗になります。1mに約7本です。植え付け後は特に手がかかりません。 適地= 日照り=日向or半日陰 樹形=円形 最終樹高=0.2m 施肥時期=2~4月or9月 剪定時期=無し 開花時期=7~8月 果実=12~1月 用途=グランドカバー 【地被植物 用途一覧】 [グランドカバー] 平面=@ 斜面=@ 茎による増殖= 陰地に適する= 植付目安 44~100鉢/1m2 【その他】 ヒメリュウはタマリュウよりもさらに葉が小さく引き締まる品種です。見た目が高級感があります。リュウノヒゲの仲間の中では一番成長が遅いです。

【6か月枯れ保証】【下草】コクリュウ 0.1m 150本セット

Amazon

120,000

【6か月枯れ保証】【下草】コクリュウ 0.1m 150本セット

【コクリュウ】 学名:Ophiopogon planiscapus 'Nigrescens' ユリ科ジャノヒゲ属 常緑宿根草 【商品情報】 リュウノヒゲは昔から造園や街路樹のカバーにと使われてきたスタンダードな品種です。淡緑の葉色がとても綺麗です。7~8月頃に小さく白い花が咲き、12~1月頃に小さな濃青実がなります。しかし葉の間に埋もれてあまり目立ちません。密集して植え低く密なカバーができます。地表にあたる日光を遮断しますので雑草防止や水分蒸発抑制や土の流失防止にも効果があります。和風から洋風まで幅広く合い庭造りによく使われます。 【育て方】 半日陰を好みますが、日向や日陰でも育ちます。日向では葉が焼けないように肥料を与えてください。平面を低く均一にカバーさせる為、植え付け前に入念に整地を行ってください。植え付け後は特に手がかかりません。 適地=全国 日照り=日向or半日陰 樹形=円形 最終樹高=0.2m 施肥時期=2~4月or9月 剪定時期=無し 開花時期=7~8月 果実=12~1月 用途=グランドカバー 【地被植物 用途一覧】 [グランドカバー] 平面=@ 斜面=@ 茎による増殖= 陰地に適する= 植付目安 44~100鉢/1m2 【その他】 コクリュウはリュウノヒゲの黒色品種です。黒色はどんなコーディネートにも似合います。

ギボウシ:マイティーマウス(ミニホスタ)3.5号ポット[斑入り葉のミニチュアホスタ!] ノーブランド品

Amazon

1,658

ギボウシ:マイティーマウス(ミニホスタ)3.5号ポット[斑入り葉のミニチュアホスタ!] ノーブランド品

シェードガーデンのカラーリーフの定番、ギボウシ。半日陰の場所に適し、美しい葉を展開します。「マイティーマウス」は人気のブルーマウスイヤーズの変異種で、かわいらしい丸葉の小型サイズはそのままに、さらに観賞価値の高い斑入り葉品種です。青緑色の葉にクリーム色の斑が入り、初夏には淡いラベンダー色の花を咲かせます。和・洋どちらにも合わせやすい優しい雰囲気に、扱いやすいサイズなので、お庭や鉢植えなどさまざまな場所で活躍します。タイプ:ユリ科の耐寒性宿根草(冬は地上部のない状態)日照:半日陰~日陰用途:花壇、鉢植え草丈:20cm開花:6~7月植え付け適期:9月~5月栽培方法:保水性のある、肥沃な場所を好みます。暑さ、寒さにつよく強健ですので栽培に手間はかかりません。乾燥に弱いので、水を切らさないように管理してください。あまり暗い場所では本来の葉色が出ない場合がありますので、ご注意ください。日向でも栽培できますが、夏の直射日光で葉焼けする場合がありますので、夏は日よけをしてください。お届けする苗は、直径10.5cmポット植えです。※高温により葉が汚い状態となる場合がございます。

【6か月枯れ保証】【下草】リュウノヒゲ 0.1m 1000本セット

Amazon

200,000

【6か月枯れ保証】【下草】リュウノヒゲ 0.1m 1000本セット

【リュウノヒゲ】(ジャノヒゲ) 学名:Ophiopogon japonicus ユリ科ジャノヒゲ属 常緑宿根草 【商品情報】 リュウノヒゲは昔から造園や街路樹のカバーにと使われてきたスタンダードな品種です。淡緑の葉色がとても綺麗です。7~8月頃に小さく白い花が咲き、12~1月頃に小さな濃青実がなります。しかし葉の間に埋もれてあまり目立ちません。密集して植え低く密なカバーができます。地表にあたる日光を遮断しますので雑草防止や水分蒸発抑制や土の流失防止にも効果があります。和風から洋風まで幅広く合い庭造りによく使われます。 【育て方】 半日陰を好みますが、日向や日陰でも育ちます。日向では葉が焼けないように肥料を与えてください。平面を低く均一にカバーさせる為、植え付け前に入念に整地を行ってください。植え付け後は特に手がかかりません。 適地=全国 日照り=日向or半日陰 樹形=円形 最終樹高=0.2m 施肥時期=2~4月or9月 剪定時期=無し 開花時期=7~8月 果実=12~1月 用途=グランドカバー 【地被植物 用途一覧】 [グランドカバー] 平面=@ 斜面=@ 茎による増殖= 陰地に適する= 植付目安 44~100鉢/1m2 【その他】 リュウノヒゲは年中を通して深緑色を保ちます。日向から半日蔭まで利用できます。被覆が完成すると雑草も生えず刈込の必要もありません。

【6か月枯れ保証】【下草】タマリュウ 0.1m

Amazon

108

【6か月枯れ保証】【下草】タマリュウ 0.1m

【タマリュウ】(玉龍) 学名:Ophiopogon japonica'Tamaryu' ユリ科ジャノヒゲ属 常緑宿根草 【商品情報】 タマリュウはリュウノヒゲの矮性種で葉は短く小さく外側に反ります。淡緑の葉色がとても綺麗です。7~8月頃に小さく白い花が咲き、12~1月頃に小さな濃青実がなります。地表にあたる日光を遮断しますので雑草防止や水分蒸発抑制や土の流失防止にも効果があります。和風から洋風まで幅広く合い庭造りによく使われます。 【育て方】 半日陰を好みますが、日向や日陰でも育ちます。日向では葉が焼けないように肥料を与えてください。平面を低く均一にカバーさせる為、植え付け前に入念に整地を行ってください。肥料を与えるときは枝葉の上から蒔きホウキで落とすようにします。植え付け後は特に手がかかりません。 適地=全国 日照り=日向or半日陰 樹形=円形 最終樹高=0.2m 施肥時期=2~4月or9月 剪定時期=無し 開花時期=7~8月 果実=12~1月 用途=グランドカバー 【地被植物 用途一覧】 [グランドカバー] 平面=@ 斜面=@ 茎による増殖= 陰地に適する= 植付目安 44~100鉢/1m2 【その他】 タマリュウは昔からあるオーソドックスな品種。綺麗な深緑が庭を引き締めてくれます。

【6か月枯れ保証】【下草】リュウノヒゲ斑入り 9.0cmポット

Amazon

756

【6か月枯れ保証】【下草】リュウノヒゲ斑入り 9.0cmポット

【リュウノヒゲ斑入り】() 学名:Ophiopogon japonicus ユリ科ジャノヒゲ属 常緑宿根草 別名:ジャノヒゲ 【名前の由来】 【商品情報】リュウノヒゲ斑入りは0.2mになる常緑宿根草です。リュウノヒゲは昔から造園や街路樹のカバーにと使われてきたスタンダードな品種です。淡緑の葉色がとても綺麗です。7~8月頃に小さく白い花が咲き、12~1月頃に小さな濃青実がなります。しかし葉の間に埋もれてあまり目立ちません。密集して植え低く密なカバーができます。地表にあたる日光を遮断しますので雑草防止や水分蒸発抑制や土の流失防止にも効果があります。和風から洋風まで幅広く合い庭造りによく使われます。 【育て方】 半日陰を好みますが、日向や日陰でも育ちます。日向では葉が焼けないように肥料を与えてください。平面を低く均一にカバーさせる為、植え付け前に入念に整地を行ってください。植え付け後は特に手がかかりません。 適地=全国 日照り=日向or半日陰 樹形=円形 最終樹高=0.2m 施肥時期=2~4月or9月 剪定時期=無し 開花時期=7~8月 果実=12~1月 用途=グランドカバー 【その他】 リュウノヒゲ斑入りはリュウノヒゲの斑入り品種になります。日向から半日蔭まで利用できます。被覆が完成すると雑草も生えず刈込の必要もありません。

シラン(紫蘭)樹高0.1m前後!可愛らしい花♪日陰地の下草におすすめ!

Amazon

594

シラン(紫蘭)樹高0.1m前後!可愛らしい花♪日陰地の下草におすすめ!

シラン(紫蘭) ラン科 エビネ属 宿根草 剛健でメンテナンス不要のシラン(紫花)花も沢山咲く花も魅力のひとつ! 「紫蘭」の名前が示すように紅紫色の花がたくさん咲き、見事な景観を 演出します。シランは非常に丈夫な草花で、ランの仲間ではトップクラスの 強健さを持ち合わせています。株は大株となり数年で群生し、多くの 花茎を立てるので広がりのある空間での植栽が効果的です。 和洋問わず、お庭にマッチし育てやすさは初心者さんにおすすめです! 植え付け 3月及び10~11月が適期。日なた~日陰ともに育ちますが、 夏に乾きすぎない明るい半日陰を好み、良くふえて花付きも良好です。 水はけがよく、木漏れ日程度の明るい日陰に、腐葉土を多めに入れ植えつけます。 四季の管理 花立ちが悪くなったら適宜株分けするとよいです。寒冷地では敷き藁や バークチップ当で保護するとよいです。 夏は乾燥させないように株元に腐葉土をマルチングし、日照りが続くときは 夕方にたっぷりと水を与えてあげて下さい。 栽培適地:東北以南 花期:4~5月 施肥:3月 植え付け:3月及び10~11月 草丈:40~60cm 用途:グランドカバー・添景

人気の花・ガーデニング用品の日陰宿根草、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵な庭を演出する花・ガーデニング用品。ガーデニングが素敵になる日陰宿根草が見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい花・ガーデニング用品が充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「日陰宿根草」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ