「常緑高木」 の検索結果 1,605件

常緑ヤマボウシ/ヒマラヤ 株立 樹高1.8m前後

ガーデンタウン

12,960

常緑ヤマボウシ/ヒマラヤ 株立 樹高1.8m前後

常緑ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 九州〜東北 植栽適期 3月〜5月・10月〜11月 開花時期 5月〜6月 施肥時期 2月・8月〜9月 果実熟期 9月〜10月 最終樹高 7m 紅葉時期 10月〜12月 用 途 シンボルツリー・花木 樹木の特徴 常緑性のヤマボウシ"ヒマラヤ" 花はもちろん、果実も楽しめます。1本でもお庭の主役になる! 初夏に白〜クリーム色の花を咲かせる代表的な花木です。 病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。 ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。 また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。 常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴です。 花付きも良く、秋の真っ赤な果実も見所です! 1年を通して鑑賞できるので、近年人気が急上昇中の樹木で、大変おすすめです! 花と果実で観賞価値も高く、当店でも大変人気がある樹木です。 是非お試しください☆ 植え付け 日当たりと水はけがよく、西日を避けられる肥沃地を好みます。 耐寒性があり、半日日陰でもよく育ちます。また、寒い時期には葉が紫色に変化します。 落葉性のものは2〜3月、常緑性は3〜6月、及び10月頃が適期です。 植え穴には堆肥や腐葉土を多くすき込み、水はけがよいようやや高めに植えつけます。 成木の移植は秋に根回しして、翌年の秋〜冬に行います。 剪定・管理...

【6か月枯れ保証】【シンボルツリー常緑】シマトネリコ株立ち 1.5m

Amazon

6,480

【6か月枯れ保証】【シンボルツリー常緑】シマトネリコ株立ち 1.5m

【シマトネリコ】 読み:しまとねりこ 学名:Fraxinus griffithii モクセイ科トネリコ属 半常緑高木 【商品情報】 シマトネリコは枝葉が粗くなり、明るい印象の樹種です。沖縄や中国など暖かい場所が原産です。耐寒性もありますが葉が寒さで落ちます。萌芽力がとても強くすぐ伸びます。街路樹や店先に良く使われています。ライトアップされていたり観葉植物としても多用されています。【冬季落葉のご注意】シマトネリコは10~3月は半落葉して葉が茶褐色に変色します。春になれば青々とした新芽がでます。冬季のご購入の際はあらかじめ変色して葉が落ちているとお考えください。 【育て方】 日向でも日陰でも成長します。適湿な場所を好みます。積雪には弱く、乾燥した寒風にも弱いですので当たらないところに植えるようにします。萌芽力はとても強いですので強い刈り込みにも耐えます。生垣として利用する場合高さが出やすいので、放任せず芯を止めて枝葉を出すように剪定を行ってください。 適地=関東以南 日照り=日向or半日陰 樹形=卵形 最終樹高=8m 施肥時期=1~2月 剪定時期=3~4月or11~12月 開花時期=7月 果実=9~10月 用途=生垣樹木or庭木orシンボルツリー 【その他】 シマトネリコは独特の柔らかく爽やかなイメージが特徴です。サラサラと葉が風に揺れて涼しげな音もします。キラキラと光沢のある葉が光を反射するのもいいです。

常緑ヤマボウシ/ヒマラヤ 株立 樹高1.0m前後

ガーデンタウン

2,160

常緑ヤマボウシ/ヒマラヤ 株立 樹高1.0m前後

常緑ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 九州〜東北 植栽適期 3月〜5月・10月〜11月 開花時期 5月〜6月 施肥時期 2月・8月〜9月 果実熟期 9月〜10月 最終樹高 7m 紅葉時期 10月〜12月 用 途 シンボルツリー・花木 樹木の特徴 常緑性のヤマボウシ"ヒマラヤ" 花はもちろん、果実も楽しめます。1本でもお庭の主役になる! 初夏に白〜クリーム色の花を咲かせる代表的な花木です。 病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。 ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。 また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。 常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴です。 花付きも良く、秋の真っ赤な果実も見所です! 1年を通して鑑賞できるので、近年人気が急上昇中の樹木で、大変おすすめです! 花と果実で観賞価値も高く、当店でも大変人気がある樹木です。 是非お試しください☆ 植え付け 日当たりと水はけがよく、西日を避けられる肥沃地を好みます。 耐寒性があり、半日日陰でもよく育ちます。また、寒い時期には葉が紫色に変化します。 落葉性のものは2〜3月、常緑性は3〜6月、及び10月頃が適期です。 植え穴には堆肥や腐葉土を多くすき込み、水はけがよいようやや高めに植えつけます。 成木の移植は秋に根回しして、翌年の秋〜冬に行います。 剪定・管理...

ヨーロッパゴールド 樹高1.2m前後【FG0210CONI】

ガーデンタウン

4,320

ヨーロッパゴールド 樹高1.2m前後【FG0210CONI】

ヨーロッパゴールドヒノキ科 クロベ属 常緑高木商品説明ヨーロッパゴールドはニオイヒバの黄金色種で、樹高が5〜6mにもなる常緑高木です。寒さ、暑さにも強く、枝葉が密生していてボリュームがあります。太い円錐形の樹形で人気があります。春にはすばらしい黄金色で、目にも鮮やかです♪夏場は黄緑色、冬期の霜がおりた後は橙色(ダイダイ色)を帯びた黄色に変色します。葉色が変化する品種なので四季が感じられます。ニオイヒバ系統の品種なので、『エメラルドグリーン』と同様、柑橘系の香りがします。成長は遅く、丈夫で移植にも強いので、非常に育てやすい品種と言えます。成長が遅いので小さなお庭のシンボルツリーとしても、グリーンやブルー系のコニファーと合わせてもとても見栄えが良いです☆適地・管理コニファー類は美しい葉色を楽しむ樹木です暑さ、寒さ共に強く、萌芽力が強く刈り込みにも耐えます。日向〜半日陰を好み、適湿で肥沃な土壌に植え込みます。乾燥を嫌い、水切れさせると葉の先が茶色く枯れ込んでくることがあります。用途庭木・シンボルツリー発送詳細送料は中サイズの料金です。2本まで一梱包で発送できます。

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】キンモクセイ 1.7m露地 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

5,400

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】キンモクセイ 1.7m露地 【あす楽対応】

→送料無料セットはこちらキンモクセイ 商品一覧0.2m10.5cmポット500円/在庫○0.5m10.5cmポット700円/在庫○0.6m15cmポット1000円/在庫○0.7m10.5cmポット800円/在庫○0.8m15cmポット1400円/在庫○1.0m15cmポット1400円/在庫×1.0m露地3000円/在庫×1.2m15cmポット1600円/在庫×1.2m露地2500円/在庫○1.5m露地3000円/在庫×1.7m露地5000円/在庫○2.0m露地12000円/在庫○2.3m露地16000円/在庫○2.5m露地18000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じモクセイ科モクセイ属の商品オスマンサス/デラバイキンモクセイギンモクセイ四季咲きモクセイヒイラギ斑入りヒイラギヒイラギモクセイオウゴンヒイラギゴシキヒイラギ【キンモクセイ】(金木犀)読み:きんもくせい学名:Osmanthus fragrans var. aurantiacusモクセイ科モクセイ属常緑高木別名:ケイカ、タンケイ、モクセイカ【商品情報】綺麗な緑が特徴で生垣によく使われる樹種です。幹が幾つかに分かれて多く分岐して丸型の樹形になります。樹皮は灰褐色で葉は濃緑色です。雌雄異株で日本で栽培されている物はほとんど雄株です。9〜16月にオレンジの小さな花が枝に付け根にビッシリ咲きます。匂いがとてもよく沈丁花、クチナシとともに三香木とされています。モクセイの仲間にはキンモクセイであるオレンジの花のものと、年中咲く四季咲きキンモクセイ、白色のギンモクセイ、淡黄色のウスギモクセイがあります。【育て方】日向から半日陰の場所を好みます。土壌の多湿と乾燥を嫌いますので植え付け位置には注意が必要です。刈り込みには強いです。大気汚染に弱い樹種で汚れているところでは...

送料無料
【1年間枯れ保証】【縁起木】ユズリハ 2.5m露地

Amazon

22,464

【1年間枯れ保証】【縁起木】ユズリハ 2.5m露地

【ユズリハ】(譲葉) 読み:ゆずりは 学名:Daphniphyllum macropodum ユズリハ科ユズリハ属 常緑高木 別名:ユズルハ、ショウガツノキ 【名前の由来】 春になり新芽がでる時に前年の葉が落ちる事から。 【商品情報】 ユズリハは10m程度まで成長する常緑高木です。葉はらせん状につきます。若葉が出た後に古い葉が自然と落葉するためこの名前が付きました。そのため昔から正月などの飾りつけの縁起物として重宝されました。雌雄異株です。実は10~11月に黒紫色の1cm程度の実が多くなります。実には毒があり食用にはなりません。葉が大きく存在感があるため街路樹や庭木のアクセントに使われます。 【育て方】 半日陰か日陰を好みます。適湿な場所を好みます。成長はやや遅く萌芽力が弱いため、刈り込みは必要最小限にします。 適地=東北南部以南 日照り=日向or半日陰 樹形=円柱形 最終樹高=10m 施肥時期=1~2月 剪定時期=3月or7~8月 開花時期=5~6月 果実=10~12月 用途=庭木or縁起木 【その他】 ユズリハは涼しげな雰囲気があります。代を譲る意味がある縁起木で、枝物としても人気があります。よくなる実には毒があるため食べてはいけません。

【6か月枯れ保証】【コニファー】ブルーアイス 0.3m

Amazon

648

【6か月枯れ保証】【コニファー】ブルーアイス 0.3m

【ブルーアイス】 読み:ぶるーあいす 学名:Cupressus arizonica ヒノキ科イトスギ属 常緑高木 【商品情報】 ブルーアイスは本来雨や風の少ない場所に自生しています。寒さに弱く温暖地向きの樹木です。アリゾナイトスギ独特の形をしていて樹形は広円錐形です。主幹は垂直で枝は少し斜め上か水平に伸びます。白い粉を吹いたような青緑色の葉が魅力の鑑賞性の高い品種です。樹勢は強く良く伸びますが根が弱い為、高さを出すには支柱が必要です。これまで日本の樹木に見られなかった樹形で日本でも人気がある品種です。 【育て方】 日向や半日陰を好みます。適湿で肥沃な土壌でよく育ちます。換気が悪いと枝が枯れやすいので他の物と放して植えるようにします。枝が伸びすぎると樹形が乱れたり、芯が複数たちやすいので剪定してください。高温多湿に弱いですので植え付け場所には注意が必要です。 適地=東北南部 日照り=日向or半日陰 樹形=広円錐形 最終樹高=7m 施肥時期=3~4月or9月 剪定時期=3~5月 開花時期=無し 果実=無し 用途=シンボルツリーorコニファー 【その他】 ブルーアイスはとても綺麗な樹形と葉。これに類似する樹木はあまりありません。柑橘系の香りがあり、空気正常効果があります。

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】キンモクセイ 1.2m露地 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

2,700

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】キンモクセイ 1.2m露地 【あす楽対応】

→送料無料セットはこちらキンモクセイ 商品一覧0.2m10.5cmポット500円/在庫○0.5m10.5cmポット700円/在庫○0.6m15cmポット1000円/在庫○0.7m10.5cmポット800円/在庫○0.8m15cmポット1400円/在庫○1.0m15cmポット1400円/在庫×1.0m露地3000円/在庫×1.2m15cmポット1600円/在庫×1.2m露地2500円/在庫○1.5m露地3000円/在庫×1.7m露地5000円/在庫○2.0m露地12000円/在庫○2.3m露地16000円/在庫○2.5m露地18000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じモクセイ科モクセイ属の商品オスマンサス/デラバイキンモクセイギンモクセイ四季咲きモクセイヒイラギ斑入りヒイラギヒイラギモクセイオウゴンヒイラギゴシキヒイラギ【キンモクセイ】(金木犀)読み:きんもくせい学名:Osmanthus fragrans var. aurantiacusモクセイ科モクセイ属常緑高木別名:ケイカ、タンケイ、モクセイカ【商品情報】綺麗な緑が特徴で生垣によく使われる樹種です。幹が幾つかに分かれて多く分岐して丸型の樹形になります。樹皮は灰褐色で葉は濃緑色です。雌雄異株で日本で栽培されている物はほとんど雄株です。9〜15月にオレンジの小さな花が枝に付け根にビッシリ咲きます。匂いがとてもよく沈丁花、クチナシとともに三香木とされています。モクセイの仲間にはキンモクセイであるオレンジの花のものと、年中咲く四季咲きキンモクセイ、白色のギンモクセイ、淡黄色のウスギモクセイがあります。【育て方】日向から半日陰の場所を好みます。土壌の多湿と乾燥を嫌いますので植え付け位置には注意が必要です。刈り込みには強いです。大気汚染に弱い樹種で汚れているところでは...

【6か月枯れ保証】【生垣樹木】イヌツゲ 0.4m

Amazon

1,296

【6か月枯れ保証】【生垣樹木】イヌツゲ 0.4m

【イヌツゲ】(犬柘植) 読み:いぬつげ 学名:Ilex crenata モチノキ科モチノキ属 常緑高木 別名:ヤマツゲ、ニセツゲ 【名前の由来】 ツゲに似るが、材質が劣るという意味から。 【商品情報】 イヌツゲは昔から庭木に使われていた品種です。光沢がある楕円形の葉が特徴で、葉が小さいため密になります。6月に小さな白い花が咲き、10月ごろに黒い小さな実がなります。ツゲの仲間にはイヌツゲ、マメツゲ、フイリツゲ等色々な品種があります。刈り込みに耐えますので生垣にしたり玉物にしたりと用途は様々で育てやすい品種です。 【育て方】 半日陰でも成長しますが、日当たりの良い場所を好みます。剪定は7~8月か12~2月に行います。突然枝が枯れることがありますので、その際は根元から切り落としてあげてください。肥料は2月か9月にあたえます。 適地=東北以南 日照り=日向or半日陰 樹形=楕円形 最終樹高=8m 施肥時期=2月or9月 剪定時期=7~8月or12~2月 開花時期=6月 果実=10月 用途=生垣樹木or庭木orグランドカバー 【その他】 イヌツゲは庭木によく使われてきた品種です。他のツゲの仲間に比べて上に立ち上がっていく種類です。色々な仕様用途があります。独特の光沢がある葉は人気があります。

送料無料
モミノキ(ウラジロモミ)樹高1.1〜1.2m前後(樹高/根鉢含む)(送料無料) もみの木 クリスマス ツリー プレゼント 贈り物 本物

ガーデンタウン

9,180

モミノキ(ウラジロモミ)樹高1.1〜1.2m前後(樹高/根鉢含む)(送料無料) もみの木 クリスマス ツリー プレゼント 贈り物 本物

ウラジロモミ(マツ科 モミ属 常緑針葉樹)  ウラジロモミとは日本固有種のモミで、日本の気候によく合い 耐久性に優れ病害虫もつきにくく、比較的育てやすい樹種とされています。 ウラジロと言われるのは葉の裏に白いスジがある為です! モミはドイツトウヒに比べると樹性がしっかりしており高級感を感じられます。 生木は作り物と違い毎年大きくなります! 手元に届いたその日からモミノキと過ごす日々をお楽しみいただけます? 生木は管理が管理が大変・・・ そうです。作り物と違い管理が必要です。 どの樹木にもいえることですがしっかり管理していただかないと 生き物ですので枯れてしまいます(泣) 育て方が分からない・・・ 水の管理など、しっかりポイントを押さえていただけると大丈夫です! 育て方のポイントも紹介いたします★ 手がかかる生木だからこそ、育っていく様子を見ると嬉しくありませんか? ウラジロモミはこんな植物 モミノキは樹高40mにもなる常緑高木で、樹皮は茶色くて硬く、葉も先端は針状に細く尖ります。クリスマスツリーには、一般的にモミノキ、ドイツトウヒなどが有名で、ヨーロッパ地方ではトウヒが主に使用されています。日本特有種のモミノキは日本の気候に良く合い、耐久性に優れ病害虫も付きにくく、比較的育てやすい樹木です。 地植えでも鉢植えでもどちらでも楽しむことが出来ます。将来的に大きくなるので、スペースのある場所に植えます。鉢植えする場合はなるべく大きめの植木鉢を準備します。 ●鉢の大きさの目安● ・1.0〜1.2m前後 直径40cm以上 ・1.5〜1.8m前後 直径50cm以上 ・2.0m 直径60cm以上 植え付けは11月〜3月が適期です。暑さに弱いので真夏の植栽は避けてください。 風通しが良く、半日陰〜日なたで水はけが良い肥沃な場所を好みます。...

【現品発送】常緑ロウバイ(トキワロウバイ)株立 樹高2.0-2.5m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

全2商品

12,800

【現品発送】常緑ロウバイ(トキワロウバイ)株立 樹高2.0-2.5m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

送料は全国一律2,800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: JU01(2.4m) 新着! 商品番号: JU02(2.4m) 新着! 商品番号: JU03(2.5m) 新着! 商品番号: JU04(2.2m) 新着! 商品番号: JU05(2.0m) [S1.5][S2.0]常緑ロウバイ(トキワロウバイ) 珍しい常緑!秋咲きです 常緑ロウバイは、珍しい常緑のロウバイです。開花は秋に、薄い黄白色の花を咲かせてくれます。葉は濃い緑色で厚く光沢があります。 乾燥させた葉はキンモクセイの香りがします。 分類 植栽適地 常緑高木 南関東〜九州 鑑賞ポイントと時期 11月頃 透き通るような薄い黄白色の花が咲く 管理のポイント 植えつけ 肥沃な土壌を好むので、土に腐葉土を十分に混ぜて植えつけを行うとよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 2〜3月頃に寒肥(有機質肥料)を与える。 基本の剪定 11月月頃に、伸びすぎたり、邪魔な枝の間引きを行いながら樹形を整える。毎年少しずつ樹形を整えていく。

【6か月枯れ保証】【生垣樹木】ギンモクセイ 0.7m

Amazon

1,296

【6か月枯れ保証】【生垣樹木】ギンモクセイ 0.7m

【ギンモクセイ】(銀木犀) 読み:ぎんもくせい 学名:Osmanthus fragrans Lour. var. fragrans モクセイ科モクセイ属 常緑高木 別名:スイートオリーブ、ミニモクセイ 【商品情報】 ギンモクセイは綺麗な緑が特徴で生垣によく使われる樹種です。幹が幾つかに分かれて多く分岐して丸型の樹形になります。樹皮は灰褐色で葉は濃緑色です。雌雄異株で日本で栽培されている物はほとんど雄株です。9~10月に白色の小さな花が枝に付け根にビッシリ咲きます。匂いがとてもよく沈丁花、クチナシとともに三香木とされています。モクセイの仲間にはキンモクセイ、年中咲く四季咲きキンモクセイ、白色のギンモクセイ、淡黄色のウスギモクセイがあります。 【育て方】 日向から半日陰の場所を好みます。土壌の多湿と乾燥を嫌いますので植え付け位置には注意が必要です。刈り込みには強いです。成長が遅い為あまり強い刈り込みは控えたほうがいいです。剪定を行わない場合は枝が広がって茂る為隣接するものから2m以上離して植えてください。大気汚染に弱い樹種で汚れているところでは花が咲かなかったりします。 適地=東北南部以南 日照り=日向or半日陰 樹形=卵形 最終樹高=5m 施肥時期=1~2月or6月 剪定時期=3or10~11月 開花時期=9~10月 果実=無し 用途=生垣樹木or庭木orシンボルツリーor花木 【その他】 ギンモクセイは花が白色になります。キンモクセイに比べると少し樹形が柔らかな感じになります。香りは同じですので開花時期はよい香りに包まれます。

常緑ヤマボウシ/ヒマラヤ 株立 樹高1.5m前後

ガーデンタウン

7,560

常緑ヤマボウシ/ヒマラヤ 株立 樹高1.5m前後

常緑ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 九州〜東北 植栽適期 3月〜5月・10月〜11月 開花時期 5月〜6月 施肥時期 2月・8月〜9月 果実熟期 9月〜10月 最終樹高 7m 紅葉時期 10月〜12月 用 途 シンボルツリー・花木 樹木の特徴 常緑性のヤマボウシ"ヒマラヤ" 花はもちろん、果実も楽しめます。1本でもお庭の主役になる! 初夏に白〜クリーム色の花を咲かせる代表的な花木です。 病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。 ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。 また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。 常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴です。 花付きも良く、秋の真っ赤な果実も見所です! 1年を通して鑑賞できるので、近年人気が急上昇中の樹木で、大変おすすめです! 花と果実で観賞価値も高く、当店でも大変人気がある樹木です。 是非お試しください☆ 植え付け 日当たりと水はけがよく、西日を避けられる肥沃地を好みます。 耐寒性があり、半日日陰でもよく育ちます。また、寒い時期には葉が紫色に変化します。 落葉性のものは2〜3月、常緑性は3〜6月、及び10月頃が適期です。 植え穴には堆肥や腐葉土を多くすき込み、水はけがよいようやや高めに植えつけます。 成木の移植は秋に根回しして、翌年の秋〜冬に行います。 剪定・管理...

【3ポットセット】イヌツゲ「ヒレリー」 ポット直径15cm

グリーンロケット

4,500

【3ポットセット】イヌツゲ「ヒレリー」 ポット直径15cm

※写真はイメージです。苗は季節により大きさが変わります。 ※お任せ品につき誠に申し訳ございませんが、商品配送後の樹形・花芽の数等を理由としたキャンセルはご遠慮ください。 送料 全国一律980円 ※離島は別途料金が掛かります。お問い合わせください。 ※配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。 植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど、余裕を持った配送指定をお願いいたします。 商品情報 イヌツゲ/ヒレリー Ilex crenata モチノキ科モチノキ属 【タイプ】 常緑高木 【鑑賞時期】 花:6月 実:10月 【日照条件】 日向〜半日陰 【場所】 東北以南 イヌツゲ“ヒレリー”は1m程度とあまり樹高が高くならず、グランドカバーやガーデンのアクセントなどによく用いられている常緑高木です。 葉は鮮やかな緑色をしています。刈り込みをしてお好みの形に整えることが出来ます。 育て方 日当たりのいい場所を好みますが、耐陰性があるので日陰でも育ちます。適応力が強く、自然に元気に育つので特別な管理は必要ありません。 虫がつきにくく病気にも強いので育てやすいです。 品番 【T3107】 同じ品番の商品はコチラ »

【1年間枯れ保証】【生垣樹木】ギンバイカ斑入り 0.2m 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

1,296

【1年間枯れ保証】【生垣樹木】ギンバイカ斑入り 0.2m 【あす楽対応】

→送料無料セットはこちらギンバイカ斑入り 商品一覧0.2m1200円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じフトモモ科ギンバイカ属の商品ギンバイカギンバイカ斑入りフェイジョア【ギンバイカ/斑入り】(銀梅花斑入り)読み:ぎんばいかふいり学名:Myrtus communisフトモモ科ギンバイカ属常緑高木別名:マートルバリエガタ【商品情報】ギンバイカは3m程度になる常緑高木です。初夏に花糸が目立つ純白の花が咲きます。多く咲きとても見栄えがします。葉は芳香がありハーブとしても使われます。実は開きに黒青色に熟し、食用にも利用できます。常緑品種で3m程度までなるため生垣としても利用されます。斑入り品種などもあります。【育て方】日当たりがよい、やや乾燥した場所を好みます。剛健で成長は早いですが、寒さには弱いため関東以南での生育が好ましいです。剪定は花が終わったあとにします。適地=関東以南日照り=日向or半日陰樹形=卵形最終樹高=3m施肥時期=3月or6〜7月剪定時期=4〜6月開花時期=7〜9月果実=10月〜11月用途=生垣樹木or庭木or花木【その他】ギンバイカ斑入りはコントラストが美しい品種です。耐寒性もあり明るいな雰囲気が特徴的です。

送料無料
【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】常緑ヤマボウシ/月光 1.7m 2本セット 送料無料 【あす楽対応】

全2商品

21,600

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】常緑ヤマボウシ/月光 1.7m 2本セット 送料無料 【あす楽対応】

→単品はこちら常緑ヤマボウシ/月光 商品一覧1.2m露地6000円/在庫×1.5m8000円/在庫○1.7m10000円/在庫○2.0m露地12000円/在庫○2.3m露地16000円/在庫○2.5m露地18000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じミズキ科ミズキ属の商品サンシュユハナミズキハナミズキ/チェロキーチーフ赤花ハナミズキ/クラウドナイン白花ハナミズキ赤花ハナミズキ白花ハナミズキ/ステラピンクミズキクマノミズキ常緑ヤマボウシ/月光ヤマボウシヤマボウシ/サトミ源平ヤマボウシヤマボウシ/ミルキーウェイ常緑ヤマボウシ斑入り常緑ヤマボウシ斑入り【常緑ヤマボウシ】読み:じょうりょくやまぼうし/げっこう学名:Cornus hongkongensis ミズキ科ミズキ属常緑高木【商品情報】ヤマボウシは6月に小さい花が無数に咲きます。花が咲く年と咲きにくい年があるみたいです。秋には美しく紅葉し直径1cmほどの丸い果実が赤く熟します。果実は食用になります。萌芽力もあり刈り込みにも耐えますが、放任していても美しい樹形になります。葉は緑色の単葉がでます。シンボルツリーとして人気がある樹種です。花や葉色の変化した品種も多いです。【育て方】日当たりがよく適湿な場所を好みます。半日陰でも育ちますが、日当たりが足りないと花つきや秋の広葉の色が悪くなることがあります。若い木のうちは花つきがあまりよくありません。剪定は1月〜3月に行ってください。剪定を行う時は風通しがよくなるように透かしを作るようにます。適地=東北以南日照り=日向or半日陰樹形=卵形最終樹高=7m施肥時期=2月or6月剪定時期=1〜3月開花時期=6月果実=8〜10月用途=庭木orシンボルツリーor花木【その他】常緑ヤマボウシはシンボルツリーとして人気の樹木...

送料無料
【1年間枯れ保証】【コニファー】エレガンテシマ 1.0m露地 4本セット 送料無料 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

15,120

【1年間枯れ保証】【コニファー】エレガンテシマ 1.0m露地 4本セット 送料無料 【あす楽対応】

→単品はこちらエレガンテシマ 商品一覧0.3m10.5cmポット600円/在庫○0.8m1900円/在庫×1.0m露地3000円/在庫○1.2m露地3500円/在庫○1.5m4000円/在庫○1.7m5000円/在庫○2.0m露地12000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じヒノキ科クロベ属の商品エメラルドグリーンエレガンテシマオウゴンコノテイエローリボングリーンコーンサンキストヨーロッパゴールドラインゴールドローズダリス【エレガンテシマ】()読み:えれがんてしま学名:Thuja occidentalis "Elegantissima"ヒノキ科クロベ属常緑高木別名:エレガンティシマ、ローズダリス、コノテガシワ【名前の由来】ラテン語で美しいという意味から。【商品情報】エレガンテシマは枝葉が子供の手のひらをたてたように見えます。葉は平たく、枝葉同士が重なるようについています。新芽の時期は黄金色から黄緑色になり、冬には赤茶色や褐色となり高木で環境に適用しやすい品種です。刈り込みに強くよく成長します。シンボルツリーにはもちろんのこと生垣にも使用されます。鮮やかな黄色の色が綺麗な品種です。昔から人気があるオーソドックな品種です。【育て方】日向や半日陰を好みます。適湿で肥沃な土壌でよく育ちます。枝が伸びすぎると枝が開いたり樹形が乱れたり、芯が複数たちやすいので剪定してください。鉢植えでも楽しめます。肥料は忘れずにあげるようにしましょう。適地=東北南部以南日照り=日向or半日陰樹形=広円錐形最終樹高=8m施肥時期=2〜3月or9月剪定時期=2〜6月開花時期=無し果実=無し用途=庭木orシンボルツリーorコニファー【その他】 エレガンティシマは上に高く伸びます。剪定を繰り返し行うことでしまったスマートな樹形になります...

送料無料
【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】常緑ヤマボウシ株立ち 2.0m露地

Amazon

15,984

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】常緑ヤマボウシ株立ち 2.0m露地

【常緑ヤマボウシ】 読み:じょうりょくやまぼうし 学名:Cornus hongkongensis ミズキ科ミズキ属 常緑高木 【商品情報】 ヤマボウシは6月に小さい花が無数に咲きます。花が咲く年と咲きにくい年があるみたいです。秋には美しく紅葉し直径1cmほどの丸い果実が赤く熟します。果実は食用になります。萌芽力もあり刈り込みにも耐えますが、放任していても美しい樹形になります。葉は緑色の単葉がでます。シンボルツリーとして人気がある樹種です。花や葉色の変化した品種も多いです。 【育て方】 日当たりがよく適湿な場所を好みます。半日陰でも育ちますが、日当たりが足りないと花つきや秋の広葉の色が悪くなることがあります。若い木のうちは花つきがあまりよくありません。剪定は1月~3月に行ってください。剪定を行う時は風通しがよくなるように透かしを作るようにます。 適地=東北以南 日照り=日向or半日陰 樹形=卵形 最終樹高=7m 施肥時期=2月or6月 剪定時期=1~3月 開花時期=6月 果実=8~10月 用途=庭木orシンボルツリーor花木 【その他】 常緑ヤマボウシはシンボルツリーとして人気の樹木。シンボルツリーでは珍しい常緑品種です。花が咲き実もなりますので植えていて楽しい品種です。

送料無料
【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】常緑ヤマボウシ株立ち 2.5m露地

Amazon

22,464

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】常緑ヤマボウシ株立ち 2.5m露地

【常緑ヤマボウシ】 読み:じょうりょくやまぼうし 学名:Cornus hongkongensis ミズキ科ミズキ属 常緑高木 【商品情報】 ヤマボウシは6月に小さい花が無数に咲きます。花が咲く年と咲きにくい年があるみたいです。秋には美しく紅葉し直径1cmほどの丸い果実が赤く熟します。果実は食用になります。萌芽力もあり刈り込みにも耐えますが、放任していても美しい樹形になります。葉は緑色の単葉がでます。シンボルツリーとして人気がある樹種です。花や葉色の変化した品種も多いです。 【育て方】 日当たりがよく適湿な場所を好みます。半日陰でも育ちますが、日当たりが足りないと花つきや秋の広葉の色が悪くなることがあります。若い木のうちは花つきがあまりよくありません。剪定は1月~3月に行ってください。剪定を行う時は風通しがよくなるように透かしを作るようにます。 適地=東北以南 日照り=日向or半日陰 樹形=卵形 最終樹高=7m 施肥時期=2月or6月 剪定時期=1~3月 開花時期=6月 果実=8~10月 用途=庭木orシンボルツリーor花木 【その他】 常緑ヤマボウシはシンボルツリーとして人気の樹木。シンボルツリーでは珍しい常緑品種です。花が咲き実もなりますので植えていて楽しい品種です。

常緑ヤマボウシ ヒマラヤ 株立ち 樹高2.5m前後 常緑高木 露地 シンボルツリー 【木曜日発送】

ガーデンタウン

21,600

常緑ヤマボウシ ヒマラヤ 株立ち 樹高2.5m前後 常緑高木 露地 シンボルツリー 【木曜日発送】

常緑ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 東北以南 植栽適期 3〜5月・10〜11月 開花時期 5〜6月 施肥時期 2月・8〜9月 果実熟期 9〜11月 最終樹高 5m 花 色 淡黄色 用 途 シンボルツリー・花木 樹木の特徴 ☆人気の常緑ヤマボウシ♪株立ち☆ 花付きがすばらしい常緑性のヤマボウシ! 5〜7月に遠目に見ても変わる程の白く大きな花を咲かせる代表的な花木です。病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。 ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。 花は、5〜6cmと小輪ですが、ヤマボウシの中でも非常に花付きが良く、秋にも真っ赤な実が沢山つきます。 実もなり紅葉もしますので1年を通して鑑賞できるので、近年人気急上昇中の樹木です。おすすめです! 花芽がつきやすく全体に咲き誇ります。食べられる赤い実も付き鑑賞価値も高い樹木です。

送料無料
【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】常緑ヤマボウシ/月光 2.3m露地

Amazon

20,304

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】常緑ヤマボウシ/月光 2.3m露地

【常緑ヤマボウシ】 読み:じょうりょくやまぼうし/げっこう 学名:Cornus hongkongensis ミズキ科ミズキ属 常緑高木 【商品情報】 ヤマボウシは6月に小さい花が無数に咲きます。花が咲く年と咲きにくい年があるみたいです。秋には美しく紅葉し直径1cmほどの丸い果実が赤く熟します。果実は食用になります。萌芽力もあり刈り込みにも耐えますが、放任していても美しい樹形になります。葉は緑色の単葉がでます。シンボルツリーとして人気がある樹種です。花や葉色の変化した品種も多いです。 【育て方】 日当たりがよく適湿な場所を好みます。半日陰でも育ちますが、日当たりが足りないと花つきや秋の広葉の色が悪くなることがあります。若い木のうちは花つきがあまりよくありません。剪定は1月~3月に行ってください。剪定を行う時は風通しがよくなるように透かしを作るようにます。 適地=東北以南 日照り=日向or半日陰 樹形=卵形 最終樹高=7m 施肥時期=2月or6月 剪定時期=1~3月 開花時期=6月 果実=8~10月 用途=庭木orシンボルツリーor花木 【その他】 常緑ヤマボウシはシンボルツリーとして人気の樹木。シンボルツリーでは珍しい常緑品種です。花が咲き実もなりますので植えていて楽しい品種です。

送料無料
【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】常緑ヤマボウシ株立ち 2.3m露地

Amazon

20,304

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】常緑ヤマボウシ株立ち 2.3m露地

【常緑ヤマボウシ】 読み:じょうりょくやまぼうし 学名:Cornus hongkongensis ミズキ科ミズキ属 常緑高木 【商品情報】 ヤマボウシは6月に小さい花が無数に咲きます。花が咲く年と咲きにくい年があるみたいです。秋には美しく紅葉し直径1cmほどの丸い果実が赤く熟します。果実は食用になります。萌芽力もあり刈り込みにも耐えますが、放任していても美しい樹形になります。葉は緑色の単葉がでます。シンボルツリーとして人気がある樹種です。花や葉色の変化した品種も多いです。 【育て方】 日当たりがよく適湿な場所を好みます。半日陰でも育ちますが、日当たりが足りないと花つきや秋の広葉の色が悪くなることがあります。若い木のうちは花つきがあまりよくありません。剪定は1月~3月に行ってください。剪定を行う時は風通しがよくなるように透かしを作るようにます。 適地=東北以南 日照り=日向or半日陰 樹形=卵形 最終樹高=7m 施肥時期=2月or6月 剪定時期=1~3月 開花時期=6月 果実=8~10月 用途=庭木orシンボルツリーor花木 【その他】 常緑ヤマボウシはシンボルツリーとして人気の樹木。シンボルツリーでは珍しい常緑品種です。花が咲き実もなりますので植えていて楽しい品種です。

アカマツ(赤松) 樹高0.5m前後 常緑高木 シンボルツリー 日本庭園

ガーデンタウン

1,296

アカマツ(赤松) 樹高0.5m前後 常緑高木 シンボルツリー 日本庭園

赤松(アカマツ) マツ科 マツ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● ● ● ● ● 剪定 ● ● ● ● ● ● 栽培適地 日本全国 植栽適期 2〜4月 開花時期 4〜5月 施肥時期 2〜3月 果実熟期 10月 最終樹高 30m 花 色 赤色・黄色 用 途 庭木・並木・防風防潮樹・シンボルツリー 樹木の特徴 ☆仕立て方は様々!代表的な松です!☆ 松ぼっくりの木! 日本の代表的樹種で広く植栽されていて、潮風や公害に強く強健で痩せ地や湿地にも耐えます。樹高は30m以上に達し、樹形は広円錐状で、不整に枝が伸びます。 針葉は細長く10cm前後で、濃緑色、2本が一組になって付きます。 開花期は4〜5月で、果実は4〜7cmのマツカサ形で翌年の秋に熟します。 赤松の樹皮は、赤みを帯びた色をしています。「雌松(メマツ)や女松」とも呼ばれています。赤松は、黒松に比べかなり寒冷な気候にも耐える事ができます。 マツは樹形を楽しむ樹木です。美しい姿を保つためには、5〜6月の「みどり摘み」と11月頃の「もみあげ」が毎年欠かせません。 手入れを一年休むと樹形がくずれて、取り返しのつかない事になる場合がありますのでご注意ください。

送料無料
【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】常緑ヤマボウシ斑入り 2.0m露地

Amazon

39,744

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】常緑ヤマボウシ斑入り 2.0m露地

【常緑ヤマボウシ斑入り】 読み:じょうりょくやまぼうしふいり 学名:Cornus hongkongensis ミズキ科ミズキ属 常緑高木 【商品情報】 ヤマボウシは6月に小さい花が無数に咲きます。花が咲く年と咲きにくい年があるみたいです。秋には美しく紅葉し直径1cmほどの丸い果実が赤く熟します。果実は食用になります。萌芽力もあり刈り込みにも耐えますが、放任していても美しい樹形になります。葉は緑色の単葉がでます。シンボルツリーとして人気がある樹種です。花や葉色の変化した品種も多いです。 【育て方】 日当たりがよく適湿な場所を好みます。半日陰でも育ちますが、日当たりが足りないと花つきや秋の広葉の色が悪くなることがあります。若い木のうちは花つきがあまりよくありません。剪定は1月~3月に行ってください。剪定を行う時は風通しがよくなるように透かしを作るようにます。 適地=東北以南 日照り=日向or半日陰 樹形=卵形 最終樹高=7m 施肥時期=2月or6月 剪定時期=1~3月 開花時期=6月 果実=8~10月 用途=庭木orシンボルツリーor花木 【その他】 常緑ヤマボウシ斑入りは葉に斑が入る品種です。基本的な性質は同じです。

人気の花・ガーデニング用品の常緑高木、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵な庭を演出する花・ガーデニング用品。ガーデニングが素敵になる常緑高木が見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい花・ガーデニング用品が充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「常緑高木」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ