「常緑樹」 の検索結果 1,084件

【数量限定】オリーブ 樹高1.5m前後 庭木・シンボルツリー【あす楽対応_九州】

ガーデンタウン

10,584

【数量限定】オリーブ 樹高1.5m前後 庭木・シンボルツリー【あす楽対応_九州】

オリーブ モクセイ科 オリーブ属 常緑高木 商品説明 現在、沢山の品種がありこの品種は“ミッション”になります。オリーブは古くから果実収穫のために栽培されていました。果実から油をとった『オリーブ油』はとても有名ですね!品種によってマル形や長いタマゴ形などがあり、緑色から熟すと黒紫色になります。葉はヤリの穂先のように細長い形をしており裏側は銀緑色をしています。花は黄白色で芳香があります。最近では庭木としても人気があり、今や日本でも上位に入る人気の常緑樹といえます。 花・実期 紅葉時期 【花期】−−−−−−【実期】10月〜11月【紅葉】−−−−−− 適地・管理 オリーブは太陽が大好きです。一年を通して日光に当てて育てましょう。日当たりが悪いと生育も悪くなります。もともと乾燥に強い樹種ですので、乾燥気味の土壌を好みます。地植えにした場合は真夏の日照りが続くとき以外は水をやる必要はありません。鉢植えの場合は土の表面が乾いてから与えて下さい。寒さには強いのですが、東北・北海道での庭植えは不向きです。冬季は室内の日当たりの良い場所の方が良いです。オリーブの木は自家受粉がしにくいので、一本だと実が成りづらい様です。はなるべく2本以上を近くに植える事をお勧めします。 用途 シンボルツリー・庭木・花木

ドイツトウヒ 樹高1.2m前後 針葉樹 クリスマス 常緑樹

ガーデンタウン

10,800

ドイツトウヒ 樹高1.2m前後 針葉樹 クリスマス 常緑樹

ドイツトウヒ マツ科 トウヒ属 常緑針葉高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● 消毒 ● ● ● ● ● 剪定 ● ● ● ● ● 栽培適地 北海道中部以南 植栽適期 2〜4月 開花時期 5月 施肥時期 1月・3月 果実熟期 10月 最終樹高 50m 花 色 紫赤色 用 途 庭木・シンボルツリー 樹木の特徴 ☆クリスマスツリーに☆ アンティークな印象! 別名オウシュウトウヒともドイツマツとも言われています。 ヨーロッパからシベリアにかけて広く分布する常緑針葉樹です。 若木は端正な狭円錐形の樹形でよくまとまります。老木になると枝が紐のように垂れ下がってきて、柔らかな 雰囲気になってきます。クリスマスツリーとして人気の高い樹木です。 もともとクリスマスツリーは、クリスマスのために飾り付けられた木のことで、常緑の針葉樹が使われるのは 冬の間も緑を保つため、強い生命力の象徴とされたためだそうです。 モミの木と区別が困難なドイツトウヒですが、長さが10cmを超える独特のコーン(球果)と、やや固めの 葉っぱでどちらか区別することができます。 葉は長さ2cmで断面は菱形で、雌雄同株ですので果実をつけます。実は円柱形の球果で下向きに付き、 大きいものは長さ15cmにもなります。ヨーロッパの柱時計の錘は、ドイツトウヒの球果がモデルとされています。 深根性のモミの木に対して、ドイツトウヒは浅根性で移植に対して耐久性があります。

常緑ヤマボウシ“ヒマラヤ”(単木)樹高1.0m前後 人気の常緑樹です!

ガーデンタウン

1,166

常緑ヤマボウシ“ヒマラヤ”(単木)樹高1.0m前後 人気の常緑樹です!

常緑ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 九州〜東北 植栽適期 3月〜5月・10月〜11月 開花時期 5月〜6月 施肥時期 2月・8月〜9月 果実熟期 9月〜10月 最終樹高 7m 紅葉時期 10月〜12月 用 途 シンボルツリー・花木 樹木の特徴 常緑性のヤマボウシ"ヒマラヤ" 花はもちろん、果実も楽しめます。1本でもお庭の主役になる! 初夏に白〜クリーム色の花を咲かせる代表的な花木です。 病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。 ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。 また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。 常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴です。 花付きも良く、秋の真っ赤な果実も見所です! 1年を通して鑑賞できるので、近年人気が急上昇中の樹木で、大変おすすめです! 花と果実で観賞価値も高く、当店でも大変人気がある樹木です。 是非お試しください☆ 植え付け 日当たりと水はけがよく、西日を避けられる肥沃地を好みます。 耐寒性があり、半日日陰でもよく育ちます。また、寒い時期には葉が紫色に変化します。 落葉性のものは2〜3月、常緑性は3〜6月、及び10月頃が適期です。 植え穴には堆肥や腐葉土を多くすき込み、水はけがよいようやや高めに植えつけます。 成木の移植は秋に根回しして、翌年の秋〜冬に行います。 剪定・管理...

イヌガシ株 樹高2.0m前後 雑木 常緑樹

ガーデンタウン

34,560

イヌガシ株 樹高2.0m前後 雑木 常緑樹

イヌガシ クスノキ科 シロダモ属 常緑小高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● 消毒 ● ● ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 関東南部以西 植栽適期 7〜8月・12〜1月 開花時期 3〜4月 施肥時期 1〜2月 果実熟期 10〜11月 最終樹高 10m 花 色 暗紅色 用 途 生垣・庭木・シンボルツリー 樹木の特徴 ☆南国を思わせる赤い花☆ 乾燥・大気汚染・病害虫に強い! イヌガシは漢字で書くと「犬樫」。樫に似ているがそれにあらずの意味です。別名マニラニッケイとも呼ばれています。 葉は対生しています。枝先に集まってつきます。若葉の時には垂れており、色は深緑で薄革質です。 葉身は長さ5〜12cmの倒卵状長楕円形をしています。葉裏は蝋質で粉白色です。 葉の形は海岸近くに多いシロダモによく似ていますが、イヌガシのほうが小型です。芳香もありません。 花被片は紅色で4個、仮雄しべが4個、花糸は紅色、雄しべは1個で淡黄色です。 葉腋の下に密集して並んで咲く花はあまり目立たず、雌花のほうが雄花より小さく、まばらに付きます。 果実は液果で、長さ約1cmの長楕円形。光沢のある黒紫色に熟します。 名前には樫が付きますが、果実の形はどんぐりとは異なりオリーブのような形をしています。 乾燥・大気汚染・病害虫に強く、強い剪定にも耐えますが、寒さにやや弱い樹木です。

クロキ 樹高0.8〜0.9m前後 単木 常緑樹 黒木

ガーデンタウン

4,320

クロキ 樹高0.8〜0.9m前後 単木 常緑樹 黒木

————————————— 【チャリティ詳細】 寄付先: 熊本県上益城郡甲佐町役場 住民生活課 寄付金額計算式:ご注文1件につき合計金額の1% (例)ご注文合計金額10000円の場合100円 対象期間:2016年4月25日〜2016年7月31日 寄付予定日:2016年8月初旬 —————————————クロキ(黒木) ハイノキ科 ハイノキ属 常緑小高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● ● 消毒 ● ● 剪定 ● ● ● 栽培適地 南関東以西 植栽適期 10月〜3月 開花時期 3月〜4月・秋 施肥時期 8月〜9月 果実熟期 10月〜11月 最終樹高 10m 紅葉時期 - 用 途 庭木・シンボルツリー 樹木の特徴 春と秋に花を咲かせる木 海岸沿いを中心に自生している木です。 枝葉を燃やした灰汁を黒色の染料として利用されていたことから名前が付いています。 幹が黒いため黒木と呼ばれているという説もあります。 幹肌がきれいな樹木です。雌木には秋に紫色の実がなります。 こちらの商品は雄雌選択不可となっております。 植え付け 暖かくて湿気の多い場所を好みます。 剪定・管理 強い剪定には耐えることが出来ません。 成長が遅いため、あまり剪定をしなくても大丈夫です。 四季の管理 乾燥を嫌いますので注意が必要です。

【数量限定】オリーブ 樹高2.0m前後 庭木・シンボルツリーに♪【あす楽対応_九州】

ガーデンタウン

19,980

【数量限定】オリーブ 樹高2.0m前後 庭木・シンボルツリーに♪【あす楽対応_九州】

オリーブ モクセイ科 オリーブ属 常緑高木 商品説明 現在、沢山の品種がありますが“品種の指定不可”です。予めご了承下さい。オリーブは古くから果実収穫のために栽培されていました。果実から油をとった『オリーブ油』はとても有名ですね!品種によってマル形や長いタマゴ形などがあり、緑色から熟すと黒紫色になります。葉はヤリの穂先のように細長い形をしており裏側は銀緑色をしています。花は黄白色で芳香があります。最近では庭木としても人気があり、今や日本でも上位に入る人気の常緑樹といえます。 花・実期 紅葉時期 【花期】−−−−−−【実期】10月〜11月【紅葉】−−−−−− 適地・管理 オリーブは太陽が大好きです。一年を通して日光に当てて育てましょう。日当たりが悪いと生育も悪くなります。もともと乾燥に強い樹種ですので、乾燥気味の土壌を好みます。地植えにした場合は真夏の日照りが続くとき以外は水をやる必要はありません。鉢植えの場合は土の表面が乾いてから与えて下さい。寒さには強いのですが、東北・北海道での庭植えは不向きです。冬季は室内の日当たりの良い場所の方が良いです。オリーブの木は自家受粉がしにくいので、一本だと実が成りづらい様です。はなるべく2本以上を近くに植える事をお勧めします。 用途 シンボルツリー・庭木・花木

常緑ヤマボウシ“ヒマラヤ”(株立ち)樹高1.5m前後【常緑樹】【あす楽対応_九州】

ガーデンタウン

7,560

常緑ヤマボウシ“ヒマラヤ”(株立ち)樹高1.5m前後【常緑樹】【あす楽対応_九州】

常緑ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 九州〜東北 植栽適期 3月〜5月・10月〜11月 開花時期 5月〜6月 施肥時期 2月・8月〜9月 果実熟期 9月〜10月 最終樹高 7m 紅葉時期 10月〜12月 用 途 シンボルツリー・花木 樹木の特徴 常緑性のヤマボウシ"ヒマラヤ" 花はもちろん、果実も楽しめます。1本でもお庭の主役になる! 初夏に白〜クリーム色の花を咲かせる代表的な花木です。 病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。 ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。 また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。 常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴です。 花付きも良く、秋の真っ赤な果実も見所です! 1年を通して鑑賞できるので、近年人気が急上昇中の樹木で、大変おすすめです! 花と果実で観賞価値も高く、当店でも大変人気がある樹木です。 是非お試しください☆ 植え付け 日当たりと水はけがよく、西日を避けられる肥沃地を好みます。 耐寒性があり、半日日陰でもよく育ちます。また、寒い時期には葉が紫色に変化します。 落葉性のものは2〜3月、常緑性は3〜6月、及び10月頃が適期です。 植え穴には堆肥や腐葉土を多くすき込み、水はけがよいようやや高めに植えつけます。 成木の移植は秋に根回しして、翌年の秋〜冬に行います。 剪定・管理...

常緑ヤマボウシ“ヒマラヤ”(株立ち)樹高2.0m前後 人気の常緑樹です!【あす楽対応_九州】

ガーデンタウン

16,200

常緑ヤマボウシ“ヒマラヤ”(株立ち)樹高2.0m前後 人気の常緑樹です!【あす楽対応_九州】

常緑ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 九州〜東北 植栽適期 3月〜5月・10月〜11月 開花時期 5月〜6月 施肥時期 2月・8月〜9月 果実熟期 9月〜10月 最終樹高 7m 紅葉時期 10月〜12月 用 途 シンボルツリー・花木 樹木の特徴 常緑性のヤマボウシ"ヒマラヤ" 花はもちろん、果実も楽しめます。1本でもお庭の主役になる! 初夏に白〜クリーム色の花を咲かせる代表的な花木です。 病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。 ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。 また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。 常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴です。 花付きも良く、秋の真っ赤な果実も見所です! 1年を通して鑑賞できるので、近年人気が急上昇中の樹木で、大変おすすめです! 花と果実で観賞価値も高く、当店でも大変人気がある樹木です。 是非お試しください☆ 植え付け 日当たりと水はけがよく、西日を避けられる肥沃地を好みます。 耐寒性があり、半日日陰でもよく育ちます。また、寒い時期には葉が紫色に変化します。 落葉性のものは2〜3月、常緑性は3〜6月、及び10月頃が適期です。 植え穴には堆肥や腐葉土を多くすき込み、水はけがよいようやや高めに植えつけます。 成木の移植は秋に根回しして、翌年の秋〜冬に行います。 剪定・管理...

月桂樹(ローリエ/ゲッケイジュ)樹高2.5m前後【常緑樹】【木曜日発送】

ガーデンタウン

19,440

月桂樹(ローリエ/ゲッケイジュ)樹高2.5m前後【常緑樹】【木曜日発送】

月桂樹(ローリエ) クスノキ科 ゲッケイジュ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● ● 消毒 ● ● 剪定 ● ● ● 栽培適地 関東以南 植栽適期 4月〜6月,9月〜10月 開花時期 4月〜5月 施肥時期 1月〜2月・8月〜9月 果実熟期 10月 最終樹高 7m 紅葉時期 - 用 途 庭木・シンボルツリー 樹木の特徴 乾燥した葉は香りづけのスパイスになる! ゲッケイジュは古代ギリシャで協議の勝利者に対し、 月桂樹の黄金波で作った冠をかぶせて賞賛の意を表したことで知られています。 また、スパイスとしても有名ですが、 香りの特徴を生かし防虫剤代わりに使用されることもあります。 植え付け 日当たりの良い場所が望ましいですが、やや日陰でも育ちます。 剪定・管理 樹勢が強いですので、強い剪定にも耐えます。 中の枝が混み合うと蒸れてしまうので、混み合っている場所の枝を剪定してください。 四季の管理 冬の乾燥を嫌いますので注意が必要です。 また、肥料は年に2回、夏・冬に与えてください。 油粕・化成肥料を混ぜたものがお勧めです。 病害虫 害虫がつきやすいです。見つけ次第駆除してください。 予防のためにも、殺菌消毒剤を定期的に散布してください。

モッコク樹高1.5m 花と果実も楽しめる常緑樹【あす楽対応_九州】

ガーデンタウン

8,640

モッコク樹高1.5m 花と果実も楽しめる常緑樹【あす楽対応_九州】

モッコク(別名:ポッポユス) ツバキ科 モツコク属 常緑高木________________________________________________________________________________________________________________________美し い照り葉と秋の果実が見事!庭木の王様と呼ばれてきた名木。モッコクは庭木の王と呼ばれてきた名木で樹齢を経るにつれ品格がまします。昔はモチノキ、モクセイと共に庭 づくりに欠かせない樹種のひとつでした。へら状の葉は光沢のある厚革質で枝先に輪正状の互生し、秋の果実も鑑賞の価値の高いです。日本庭園で見かける仕立て樹形のイメージが強いですが、 仕立て次第では洋風のお庭にもよくマッチします。また、剪定にも強く、よく芽吹くので狭い場所でも十分に生育します。潮風にも耐え、また大気汚染に強いのも長所です。やや寒さに弱い樹種です が、関東地方以西なら問題なく育ちます。植え付け4〜5月中旬くらいまでが適期。真夏を除いては年中植えつけが可能。風通しと日当たりがよく、水はけがよい場所を好み ます。植え穴は大きめに掘り、腐葉土をよく混ぜて植え付けます。植え付けの際には根鉢を崩さないように気をつけます。植え付け後は必要に応じて支柱を取り付けます。 剪定・管理剪定は6月下旬〜7月と12月に行います。丁寧に行う場合は輪生する小枝を間引き、残した枝も1枚ずつ切り詰めていきますが刈り込みの可能です。肥料は2月と8月下旬に 油粕と粒状化成肥料を等量ずつ混ぜたものを施します。病害虫風通しが悪いとカイガラムシ、夏〜秋にハマキムシ、またすす病が見られる場合があるので的確に駆除します。 ________________________________________________...

ハイノキ樹高1.2m前後【人気の陰陽樹】灰木

Amazon

10,238

ハイノキ樹高1.2m前後【人気の陰陽樹】灰木

ハイノキ(別名:イノコシバ) ハイノキ科 ハイノキ属 常緑高木 魅力的な野生味のある樹。明るい白花が魅力のハイノキ 樹を燃やすと灰が厚く残り、染物の媒染剤に用いたのが名の由来。 ハイノキは薄暗い林内を明るくする春の花が一番の見所です。 白い小花が枝先に群がってつき、株全体が花に覆われたかのようになります。 細かい枝に常緑で小形の葉がつき、花がなくとも趣があります。 庭園のポイントツリーや景観樹としてよく利用されます。 自然樹形を楽しめる樹として洋風にも和風にもよく合います♪ 植え付け 植え付けは、4~6月が適期ですが、真夏を除いて年中植えつけは可能です。 風通しと日陰~日当たりで、水はけが良い肥沃な場所を好みます。 乾燥に弱いので日陰~半日陰の場所がおすすめです。日陰では葉の色が緑色になり、 逆に日が当たりすぎる場所では、葉が薄くなったり変色します。 剪定・管理 耐寒性が弱いので九州地方~関東以南での庭植えは可能ですが、 寒さの厳しい地方では、枝先が痛み十分に花が楽しめない場合があります。 剪定は、野生味があり自然樹形を活かす為、剪定は枝抜き程度で抑えます。 肥料は1~2月に、油粕と骨粉を等量混ぜたものを施します。 病害虫 比較的、病害虫の少ない木ですが、まれにアブラムシが付く場合があります 四季の管理 病害虫にも強く、剪定も必要ないので手間が殆どかかりません。 自然のままの樹形と花を楽しみたい樹種です! 栽培適地:九州~東北 開花時期:4~5月 鑑賞樹高:2~6m 施肥時期:1~2月 用途:シンボルツリー・花木・景観樹

ヤマモモ☆樹高1.5m前後 庭木に最適です!【あす楽対応_九州】

ガーデンタウン

5,400

ヤマモモ☆樹高1.5m前後 庭木に最適です!【あす楽対応_九州】

ヤマモモ 常緑高木 ヤマモモ科 ヤマモモ属 商品説明 ヤマモモは常緑樹なので一年中、緑が楽しめます。庭木、シンボルツリーなどにいかがですか。※品種・実がなるかは分かりませんのでご了承下さい。 花・実期 紅葉時期 【花期】3月〜4月【実期】6月〜7月【紅葉】−−−−−− 適地・管理 排水のよい土壌と日当たりを好み大きくなると自然に樹形が球型に整います。大きくなってからの移植は嫌いますのでよく考えてから植える場所を決めて下さい。 用途 庭木、シンボルツリーなどに最適ヤマモモ常緑高木 ヤマモモ科 ヤマモモ属栽培適地関東以南植栽時期苗木:年中可。成木:11〜3月花色赤花肥料堆肥or化成肥料最終樹高10m用途生垣樹木or庭木or果樹ヤマモモはこんな植物観葉植物としてよく利用される。可愛らしい葉が特徴の常緑樹。ヤマモモは一年中葉がついている常緑樹です。乾燥した土地、栄養の乏しい土壌でも生育でき、比較的強健な植物です。山に自生し、実を付けることから「ヤマモモ」と呼ばれています。葉の付きもよく、青々とした葉が年中ついています。成木では滑らかな全緑ですが、若木では不規則なギザギザ葉が出ることもあります。3〜4月にかけて数珠状で桃〜赤色の花を咲かせます。花はあまり目立ちません。花後の6月にヤマモモ最大の見所となる赤い実を実らせます。ヤマモモは雄雌異株です。実のなる木は雌の木で、梅雨時期に黒紅色の美しい果実を付けます。この果実は食用も可能で、平安時代から食用として親しまれていました。大きくなると自然に樹形が球型に整います。病害虫にも強いので街路樹などにも利用されています。 ※品種は商品名に記載している通りです。品種名が無いものは品種名が分かりません。また、確実に実がなるかは分かりません。ご了承の程よろしくお願い致します。ご理解...

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「常緑樹」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ