「山野草カキラン」 の関連商品を含む検索結果 1件

こちらの関連商品はいかがですか?

山野草:斑入りアマドコロ (斑入り甘野老) 10.5cmポット仮植え苗

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

594

山野草:斑入りアマドコロ (斑入り甘野老) 10.5cmポット仮植え苗

●商品説明【山野草】【耐寒性多年草】【百合】【茶花】 ユリ科の多年草で、日当たりのよい明るい林の中を好みます。別名は斑入りナルコユリ・ナルコランとも呼ばれています。花期は春で鐘形の小さな白い花を垂れるように咲かせます。 主に日陰の少し湿った場所に自生しており、山を歩きながらですと花にはあまり気づけません。下から覗き込むとつぼみが見えます。山菜に「アマドコロ」がありますが、この「斑入りアマドコロ」とは異なります。私たちは食したことがないので、味などは不明です。同じような草でホウチャクソウという毒草もありますのでご注意を!あくまで"観賞用"として、シェードガーデンなどにおすすめいたします。 ●草丈 高さは30~80cm。 ●科/属名 ユリ科アマドコロ属 ●特性 多年草 ●開花時期 4~5月 ●育て方 *管理場所* 風通しの良い半日陰 *庭植えの場合* 風通しの良い明るい日陰を選びます。 落葉樹の下などが良いでしょう。 植える際には腐葉土をすき込み植え付けます。 *鉢植えの場合* 半日陰で管理します。大きめの鉢に水もち・水はけよく植え付けます。 植え替えは2~3年に1度3月か秋にします。 *鉢植えの水やり* 用土が乾いてから与える程度で良いでしょう。 冬の休眠期も乾かしすぎないように注意します。 *肥料* 芽出し期に液肥 秋に置き肥 肥料を与えると大きくなります。

山野草:白花アヤメ(文目) 10.5cmポット仮植え苗

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

831

山野草:白花アヤメ(文目) 10.5cmポット仮植え苗

●商品情報【山野草】【耐寒性多年草】【切り花向き】 通常の青花のアヤメの白花品種。栽培方法・開花時期・草丈は青花アヤメと変わりなく、花色だけが違います。 ●草丈 30~60cm ●科/属名 アヤメ科アヤメ属 ●特性 多年草 ●開花時期 5~7月 ●植え付け適期 涼しくなった秋か、早春 真夏の植え替えは避けましょう。 ●管理場所 日向(猛暑の地域の場合は午前中だけ陽があたるような半日陰) ●育て方 *庭植えの場合* 日当たりの良い場所に植えます。 丈夫な植物なので、適地に根付けば後は手間いらずで栽培は容易です。 株間は30cm以上あけます。鉢植えに比べて丈夫に育ちやすいため、1年目は葉が少なく寂しいかもしれませんが、2年後には見ごたえがある株に育ちます。 *鉢植えの場合* 日当たりの良い場所で管理しましょう。 風通しの良い場所を好みます。 水はけがよく通気性の良い土が適しています。 根ぐされを起こしやすいので、気をつけましょう。 鉢植えの場合は1株4号鉢以上、プランターの場合は株間は20cm以上あけましょう。 *鉢植えの水やり* 表土が乾いたらたっぷりとあげましょう。 休眠期中は多少乾き気味でも良いでしょう。 *肥料* 3月と秋に置き肥

山菜苗:マコモタケ(真菰筍) 12cmポット仮植え苗

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

594

山菜苗:マコモタケ(真菰筍) 12cmポット仮植え苗

●お届けについて 根を短めに切り植えていますが、生育には問題ありませんのでご安心ください。 6月~12月の期間は背丈が1mを超えるため葉を50cmほどに切ってお送りする場合もございます ●商品説明 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【山菜苗】【野菜苗】 中国の東部から東南アジアに広く分布しているイネ科の多年草で花は咲きません(ありません)。 水辺を好んで自生するマコモの一種です。見た目ははっきり言ってよくわからない草です。 草丈は大人の男性を超すほど大きくなります。 食用菌である「黒穂菌」が寄生すると根元部分の茎が肥大します。 それが「マコモタケ」です。その黒穂菌と呼ばれる菌が寄生したものだけが肥大し食用となるのです。 菌と聞くと「えっ!」と思われるかもしれませんが、この黒穂菌が寄生してくれるおかげで食用部分がなり美味しくいただけるのです。 ちなみに「マコモダケ」と聞くと筍の仲間かと思われがちですが、まったくの別種です。 収穫期には、草丈は約2mに成長し、株元に食用部分がなります。 タケノコのような食感と、ほのかな甘味が特長の低カロリーな野菜で、ダイエットにもお勧めです。 歯ごたえがよく、和洋中、多彩な料理に適しており、料亭や中華料理店では高級食材として利用されています。 近年では、秋に居酒屋でもメニューに「マコモタケの天ぷら」がお目見えするようになりました。 食物繊維やたんぱく質、ビタミン、ミネラル、カリウムを多く含み、血圧降下や糖尿病、骨粗鬆症等にも有効な健康食材として近年注目を集めています。 (特に食物繊維が豊富なため、食べている間は便秘知らずです。紫桜館店長櫻井体験談) また、水田の転作作物としてマコモタケを栽培する農家の方も増えています。 ●管理・植え付け場所 日向の湿地、田んぼや川のほとりなど 春...

送料無料
山野草:タチツボスミレ(立壺菫) 9cmポット仮植え苗40ポットセット【送料無料】

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

15,206

山野草:タチツボスミレ(立壺菫) 9cmポット仮植え苗40ポットセット【送料無料】

●商品情報 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【グラウンドカバー】 商品名:タチツボスミレ(たちつぼすみれ) 和名:立壺菫 学名:Viola grypoceras ●商品説明 日本の春を代表する花といえば「スミレ」を思い浮かべる方も多いはず。日本には70種ほどのスミレが自生するといわれますが、その中でも代表するスミレがこの「タチツボスミレ」です。愛好者も多く、ごく身近に見ることができる親しみのある植物です。 名前の由来は、茎が地表に伸びて立ち上がるように成長するためです。ツボ(坪)とは庭を表し、身近なところで楽しむことかできる意味を持ち、タチ(立)は花盛りを過ぎると茎がだんだんと立ち上がってくるところからきています。 タチツボスミレとごく一般のスミレの違いは、この茎の立ち上がり。ごく一般のスミレは立ち上がらず成長します。長く伸びる茎は、最大で高さ20cm前後になります。高く伸びた後は、花後にできた種袋から小さな種を勢いよく弾き出します。自らが撒いたその種は、また葉を付け綺麗な花を咲かせるのです。 葉は薄く、きれいなハート形です。花は葉のつけ根に1輪ずつつき、直径1~2cmの薄紫色です。殖えやすく、群生しやすい。東北では花見の時期に脇道を見るとよく見かけることができ、花言葉にもある「ひかえめ」ながら「誠実」に放つ花色は薄い青紫。透き通るように美しい花姿で心落ち着く一時を感じられます。主張しすぎず上品な存在感のあるスミレは日本人に一番親しまれてきた花であり、今後も愛され続けることでしょう。 ●草丈 5~20cm程 ●科/属名 スミレ科スミレ属 ●特性 多年草 ●開花時期 3~5月 ●管理場所 日向~半日陰 (関東方面の温暖な地域では半日陰) ●育て方 *庭植えの場合* 日本の山地でよく見られる丈夫で育てやすい植...

山菜苗:フキノトウ(蕗の薹) 12cmポット5芽仮植え苗

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

1,663

山菜苗:フキノトウ(蕗の薹) 12cmポット5芽仮植え苗

フキとフキノトウって何が違うの? フキは春に収穫を迎える季節野菜として、昔から栽培されてきました。透き通るような淡い緑色と、さわやかな香りは食卓に色を添えてくれます。フキノトウは春の訪れを告げてくれる花のつぼみ。晩秋から翌早春までつぼみのままで春を待ちます。まだ雪が残るころ、あちらこちらで雪解けの合間からひょっこり顔を出す姿は待ちわびた春の息吹を感じ、思わず顔がほころびます。このフキノトウは東北北部では熊が冬眠から覚めた際、目を覚ますために食すといわれています。この苦味が熊をも目覚めさせるようです(笑)フキとフキノトウの何が違うの?というと、同じ根っこでつながった葉っぱ(フキ)と花(フキノトウ)です。フキノトウは成長してもフキにはならないのです。 フキノトウが先に顔を出し→花を咲かせ→薹(とう)が立ち→枯れます。 フキノトウは花が咲いた後、茎がそのまま20cm~40cmほどまで伸び、やがて茎は枯れて絶えていきます。 その後株元からフキの葉が出始め、葉茎を長く生長させながら丸い葉を広げます。 地植えの場合30~60cmほどになりますが、条件が合うと1mほどまで生長する場合もあります。 細い地下茎は数年で3本以上生長し、それぞれ7~8節伸びます。春には各節からフキノトウが顔を出し、その後フキが出てきます。栽培品種として、愛知県の「愛知早生フキ」、野生種では「山フキ」や秋田県に多く自生する大型の「アキタフキ」などがあります。 春の味 フキノトウはほろ苦さとさわやかな香りが特徴の食材です。東北地方では、細かく刻んで味噌に混ぜ、「ばっけ味噌」を作ります。炊き立てのご飯にとっても合う春のおかずです。 その他、天ぷらやおみそ汁の具材にも利用されます。天ぷらにする際は、半分に割るように切ってから衣をつけ揚げるとサクサク触感が楽しめます...

送料無料
山野草:白花アヤメ(文目) 10.5cmポット仮植え苗28ポットセット【送料無料】

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

19,792

山野草:白花アヤメ(文目) 10.5cmポット仮植え苗28ポットセット【送料無料】

●商品情報【山野草】【耐寒性多年草】【切り花向き】 通常の青花のアヤメの白花品種。栽培方法・開花時期・草丈は青花アヤメと変わりなく、花色だけが違います。 ●草丈 30~60cm ●科/属名 アヤメ科アヤメ属 ●特性 多年草 ●開花時期 5~7月 ●植え付け適期 涼しくなった秋か、早春 真夏の植え替えは避けましょう。 ●管理場所 日向(猛暑の地域の場合は午前中だけ陽があたるような半日陰) ●育て方 *庭植えの場合* 日当たりの良い場所に植えます。 丈夫な植物なので、適地に根付けば後は手間いらずで栽培は容易です。 株間は30cm以上あけます。鉢植えに比べて丈夫に育ちやすいため、1年目は葉が少なく寂しいかもしれませんが、2年後には見ごたえがある株に育ちます。 *鉢植えの場合* 日当たりの良い場所で管理しましょう。 風通しの良い場所を好みます。 水はけがよく通気性の良い土が適しています。 根ぐされを起こしやすいので、気をつけましょう。 鉢植えの場合は1株4号鉢以上、プランターの場合は株間は20cm以上あけましょう。 *鉢植えの水やり* 表土が乾いたらたっぷりとあげましょう。 休眠期中は多少乾き気味でも良いでしょう。 *肥料* 3月と秋に置き肥

送料無料
山野草:ヤナギラン 9cmポット仮植え苗100ポットセット【送料無料】

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

38,016

山野草:ヤナギラン 9cmポット仮植え苗100ポットセット【送料無料】

●商品情報 商品名:ヤナギラン(やなぎらん) 和名:柳蘭 別名:ヤナギソウ 学名:Epilobium angustifolium 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【切り花向き】【茶花】 ●商品説明 ヤナギランという名前は、葉の形が「柳」に似て、花は「蘭」のようなのでつけられました。「蘭」と付いていますがラン科ではなく、アカバナ科の植物です。ヨーロッパ、アジア、北アメリカなど生息地は広く、火事跡に群生することからFire weed(火の草)」と呼ばれています。山を切り開いた跡地などにも群生を作ります。 「蘭」の名前が入っているだけあって、その花はとても鮮やかで、明るい日差しの中で沢山のヤナギランが咲き誇る様子は、思わずため息が出るほどです。ヤナギランは他の植物が増えると、その勢いに負けて消滅してしまいます。特に背の高い草や木などが生えてくると、太陽が好きなヤナギランは十分な光を受けられず、花を咲かせることが出来なくなります。そのため、秋になると綿毛でたくさんの種を飛ばし、常に新天地を目指します。 ●草丈 40~120cm ●科/属名 アカバナ科ヤナギラン属 ●特性 多年草 ●開花時期 6~8月 ●育て方 根(ランナー)で育ちます。秋に掘り起こすと鉛筆よりも細い根がびっしりと繁殖し育っています。根には翌年の芽がついており、1芽ごとに切り離し植えておくと翌年また増やすことが出来ます。盛んに増えるので、鉢植えよりも庭植えに向いています。畑で育てると、肩のあたりまで大きくなります。 丈夫で育てやすい植物ですが、元々高原の植物なので、高温に弱いです。真夏は涼しい場所に植えましょう。風通しの良い日向が最適です。冬は地上部が枯れて見えなくなりますが、翌春に新しい芽が顔を出します。

山菜苗:ヤマフキ(山蕗) 10.5cmポット仮植え苗

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

498

山菜苗:ヤマフキ(山蕗) 10.5cmポット仮植え苗

フキとフキノトウって何が違うの? フキは春に収穫を迎える季節野菜として、昔から栽培されてきました。透き通るような淡い緑色と、さわやかな香りは食卓に色を添えてくれます。フキノトウは春の訪れを告げてくれる花のつぼみ。晩秋から翌早春までつぼみのままで春を待ちます。まだ雪が残るころ、あちらこちらで雪解けの合間からひょっこり顔を出す姿は待ちわびた春の息吹を感じ、思わず顔がほころびます。このフキノトウは東北北部では熊が冬眠から覚めた際、目を覚ますために食すといわれています。この苦味が熊をも目覚めさせるようです(笑)フキとフキノトウの何が違うの?というと、同じ根っこでつながった葉っぱ(フキ)と花(フキノトウ)です。フキノトウは成長してもフキにはならないのです。 フキノトウが先に顔を出し→花を咲かせ→薹(とう)が立ち→枯れます。 フキノトウは花が咲いた後、茎がそのまま20cm~40cmほどまで伸び、やがて茎は枯れて絶えていきます。 その後株元からフキの葉が出始め、葉茎を長く生長させながら丸い葉を広げます。 地植えの場合30~60cmほどになりますが、条件が合うと1mほどまで生長する場合もあります。 細い地下茎は数年で3本以上生長し、それぞれ7~8節伸びます。春には各節からフキノトウが顔を出し、その後フキが出てきます。栽培品種として、愛知県の「愛知早生フキ」、野生種では「山フキ」や秋田県に多く自生する大型の「アキタフキ」などがあります。 春の味 フキノトウはほろ苦さとさわやかな香りが特徴の食材です。東北地方では、細かく刻んで味噌に混ぜ、「ばっけ味噌」を作ります。炊き立てのご飯にとっても合う春のおかずです。 その他、天ぷらやおみそ汁の具材にも利用されます。天ぷらにする際は、半分に割るように切ってから衣をつけ揚げるとサクサク触感が楽しめます...

山菜苗:フキノトウ(蕗の薹) 10.5cmポット仮植え苗

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

498

山菜苗:フキノトウ(蕗の薹) 10.5cmポット仮植え苗

フキとフキノトウって何が違うの? フキは春に収穫を迎える季節野菜として、昔から栽培されてきました。透き通るような淡い緑色と、さわやかな香りは食卓に色を添えてくれます。フキノトウは春の訪れを告げてくれる花のつぼみ。晩秋から翌早春までつぼみのままで春を待ちます。まだ雪が残るころ、あちらこちらで雪解けの合間からひょっこり顔を出す姿は待ちわびた春の息吹を感じ、思わず顔がほころびます。このフキノトウは東北北部では熊が冬眠から覚めた際、目を覚ますために食すといわれています。この苦味が熊をも目覚めさせるようです(笑)フキとフキノトウの何が違うの?というと、同じ根っこでつながった葉っぱ(フキ)と花(フキノトウ)です。フキノトウは成長してもフキにはならないのです。 フキノトウが先に顔を出し→花を咲かせ→薹(とう)が立ち→枯れます。 フキノトウは花が咲いた後、茎がそのまま20cm~40cmほどまで伸び、やがて茎は枯れて絶えていきます。 その後株元からフキの葉が出始め、葉茎を長く生長させながら丸い葉を広げます。 地植えの場合30~60cmほどになりますが、条件が合うと1mほどまで生長する場合もあります。 細い地下茎は数年で3本以上生長し、それぞれ7~8節伸びます。春には各節からフキノトウが顔を出し、その後フキが出てきます。栽培品種として、愛知県の「愛知早生フキ」、野生種では「山フキ」や秋田県に多く自生する大型の「アキタフキ」などがあります。 春の味 フキノトウはほろ苦さとさわやかな香りが特徴の食材です。東北地方では、細かく刻んで味噌に混ぜ、「ばっけ味噌」を作ります。炊き立てのご飯にとっても合う春のおかずです。 その他、天ぷらやおみそ汁の具材にも利用されます。天ぷらにする際は、半分に割るように切ってから衣をつけ揚げるとサクサク触感が楽しめます...

送料無料
山菜苗:ヤマウド(山うど) 10.5cmポット仮植え苗28ポットセット【送料無料】

全2商品

14,968

山菜苗:ヤマウド(山うど) 10.5cmポット仮植え苗28ポットセット【送料無料】

●商品説明 毎年、大人気のウド。スーパーなどでは白いウドが売られていますが、元々は同じもの。土をかぶせて軟白栽培(光を遮断して栽培)すると、こうした白いウドになります。 山菜としてのウドの旬の時期は4月~5月あたりで、この頃出回るウドは新芽(茎)で10~20センチほどですが、育つと約2メートルほどになります。夏になると白い花が咲き、秋には小さな実もつけます。身長を超えるほどに育ったウドは、春先に出回るウドとは別の植物の様です。 ●科/属名 ウコギ科タラノキ属 ●特性 落葉低木 ●開花時期 8~9月 ●食べ方 ウドを味わうのなら、なんといっても天ぷら。新芽の部分はそのまま、茎は皮を剥いて薄くスライスして揚げましょう。あまり揚げすぎない方がウドの香りを味わえます。皮に多くのアクがあるので、剥くときはやや厚めにむきましょう。ですが、この皮の部分のほろ苦さが好きという人もいるので、食べる場合は全部一緒にアク抜きをしましょう。その他、胡麻和えやきんぴら、白和えなど、調理法は様々。 ●育て方 風通しの良い半日陰(午前中に日が当たり、午後に日陰になるような場所)での栽培をオススメします。湿度のある場所を好みます。真夏の直射日光は避けてください。 ●軟白栽培の方法 肥料袋などの底を切り筒状にし、ウドを囲むように設置して芽が伸びるたびにそこにモミガラを入れていきます。モミガラがない場合は、腐葉土でも代用できます。株が大きく育たない場合は、まわりに堆肥をかけます。 軟白栽培されたウドは「白ウド」と呼ばれ、通常山で採れるウドよりもアクが少なく、皮も柔らかいためほとんどの部分が食べられます。一方、通常のウドは「山ウド」と言い、香りが強く、ややワイルドな味わい。思いっきり山菜の味を楽しみたい!という方には、こちらの方がいいでしょう...

山野草の苗/東洋蘭:金稜辺(キンリョウヘン)ミスマフェット 4号ポット

園芸ネット プラス

4,579

山野草の苗/東洋蘭:金稜辺(キンリョウヘン)ミスマフェット 4号ポット

★蕾無しの株でのお届けです★ミスマフェットは金稜辺(キンリョウヘン)とデボニアナムの交配種。ニホンミツバチの誘引蘭としてよく知られている品種です。花は垂れ咲き、紅舌で鑑賞にも向いています。この花の香りに、ニホンミツバチが誘われて集まります。西洋ミツバチには全く効果がありません。花は4~5月に見られます。寒さには強く関東以南の太平洋側なら戸外で冬越ししますが、直接霜のあたらないところで管理して下さい。ミツバチを集める際は巣箱の上に蘭の鉢を置き、ネットをかけてください。集まったミツバチが自然に巣箱に入ります。ネットをかけないとミツバチが直接花に群がり花が傷んでしまいますので、ご注意ください。★この苗の開花は2018年春頃からの予定(開花年数に達している株)ですが、開花開始時期は株により個体差がありますので、2年後からとなる場合もございます。何卒ご了承ください。★タイプ:ラン科の耐寒性常緑宿根草温度:耐寒性強い(冬季は10度以下、5度以上で管理)開花期:4~5月草丈:20~30cm日当たり:日なた~半日陰水やり:中程度用途:庭植え、鉢植え栽培方法:鉢植えで栽培します。春は日当たり、風通しの良い所で管理し、追肥として固形油粕を根元に施します。初夏からは半日陰の涼しい所で管理します。夏期の直射日光は葉焼けの原因となり、また花芽分化を阻害しますので、注意してください。また、25度以上の高温が続くと花芽がつかなくなる場合がありますので、夏の日中は半日陰になる場所が適しています。冬期は5度以上で管理し、寒風や霜などがあまり当たらないようにしますが、冬の低温にしっかり当てることで花芽が分化しますので、太平洋側の平野部など温暖な地域では戸外で軽い霜よけをする程度で冬越しさせます。冬の間はしっかりと日光に当ててください。過湿よる根ぐされに注意し...

山菜苗:ヤマウド(山うど)10.5cmポット仮植え苗5ポットセット【紫桜館山の花屋】

Amazon

2,911

山菜苗:ヤマウド(山うど)10.5cmポット仮植え苗5ポットセット【紫桜館山の花屋】

●商品説明スーパーなどでは白いウドが売られていますが、元々は同じもの。土をかぶせて軟白栽培(光を遮断して栽培)すると、こうした白いウドになります。山菜としてのウドの旬の時期は4月~5月あたりで、この頃出回るウドは新芽(茎)で10~20センチほどですが、育つと約2メートルほどになります。夏になると白い花が咲き、秋には小さな実もつけます。●科・属名ウコギ科タラノキ属●特性落葉低木●開花時期8~9月●育て方風通しの良い半日陰(午前中に日が当たり、午後に日陰になるような場所)での栽培をオススメします。湿度のある場所を好みます。●軟白栽培の方法肥料袋などの底を切り筒状にし、ウドを囲むように設置して芽が伸びるたびにそこにモミガラを入れていきます。モミガラがない場合は、腐葉土でも代用できます。株が大きく育たない場合は、まわりに堆肥をかけます。軟白栽培されたウドは「白ウド」と呼ばれ、通常山で採れるウドよりもアクが少なく、皮も柔らかいためほとんどの部分が食べられます。一方、通常のウドは「山ウド」と言い、香りが強く、ややワイルドな味わい。思いっきり山菜の味を楽しみたい という方には、こちらの方がいいでしょう。お好みに合わせて育て方を変えられるのもウドの魅力の一つですね。

山菜苗:コゴミ [クサソテツ] 12cmポット大株仮植え苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

832

山菜苗:コゴミ [クサソテツ] 12cmポット大株仮植え苗【紫桜館山の花屋】

●収穫の目安大株でのお届けのため、植え付け後すぐに収穫可能です。■秋に植え付けた場合■翌春には収穫が出来ます。収獲は全体の半分ほどに留めておきましょう。■早春に植え付けた場合■春に収穫が出来ます。ただし、春に植え付けた場合は株が十分に土に馴染めていないため、3分の1ほどの収獲で留めておきましょう。●商品説明【山野草】【耐寒性多年草】【シダ植物】【お庭の下草】林内や半日陰の原野や河原などに自生するシダ植物です。アク抜きの必要のない手間がかからない人気の山菜です。葉が伸びきる前の姿はとても美しく、魅力的です。●科名・特性イワデンダ科クサソテツ属 多年草●管理場所半日陰●育て方【庭植えの場合】半日陰の湿り気のある場所を選びます。育てやすい植物ですが、暑さに弱いので気をつけましょう。元肥として腐葉土をすき込んで植え付けます。【鉢植えの場合】水はけの良い用土を使い、植え込みます。通年半日陰で管理します。【鉢植えの場合の水やり】表土が乾いたらば充分にあげます。過湿は嫌うので気を付けます。休眠期の冬場は、様子を見てあたえます。【肥料】堆肥(鶏糞)

送料無料
山野草:フキタンポポ[カントウヨウ] 9cmポット10芽付き仮植え苗40ポットセット【送料無料】

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

15,206

山野草:フキタンポポ[カントウヨウ] 9cmポット10芽付き仮植え苗40ポットセット【送料無料】

●商品説明 写真のような黄色い花が10個以上咲くつぼみ付きの株を9cmポットに仮植してお送りします。 ●商品説明 近年、正月の花として話題の「フキタンポポ」。 正月の花代表格の「福寿草」に比べ、育てやすく丈夫な植物です。 春(正月)に咲き、その後タンポポの様に綿毛をつけ、フキのような葉を出します。 関西でも栽培は可能です。暑い地方の場合は、日向ではなく半日陰がいいでしょう。 ●成長サイクル 冬【固いつぼみの状態】→春【開花】→初夏【綿毛】→夏【フキに似た葉が茂ります】→晩夏【葉が枯れ始めます】→秋【葉が枯れ休眠に入ります】 ●科/属名 キク科フキタンポポ属 ●特性 多年草 ●開花時期 1~4月(関東方面は1月から咲きだします。寒い地方は雪解け後です) ●管理場所 日向~半日陰 ●育て方 風通しの良い日向で管理します。水はけが良い場所を好みます。株が大きくなりやすいので、1~2年に一度植え替えをしましょう。 地植えの場合、植え付けから1週間は水やりをしましょう。その後は雨水で十分です。鉢(ポット苗)で栽培する場合は、鉢を持ち上げてて軽かったらあげる程度でいいでしょう。

山野草:黄花イカリソウ(黄花碇草) 9cmポット苗

全2商品

534

山野草:黄花イカリソウ(黄花碇草) 9cmポット苗

●商品説明 四方にツノのように突き出した花びらが特徴的な、とても可愛らしいお花です。この突き出したツノが船のイカリのように見えるため、この名前がつきました。『イカリ』と言うと、鉤(カギ)が二本あるものを想像しがちですが、昔の日本では四本鉤のものが主流だったので、『イカリソウ』と呼ぶのにぴったりの風貌だったのです。 黄花とは言っても、パッとした黄色ではなく淡いクリーム色に近い黄色です。大きくなればなるほど花付きもよくなります。大きさは20センチ~40センチほど。花の大きさは約2センチと、とても小さなものです。葉の下に花を咲かせるため、花をしっかり見るためには下からのぞきこむようにしなければなりませんが、身をかがめてでも見たくなるような、可憐なお花です。 イカリソウはとても種類が豊富で、日本国内外に数十種類あります。大まかに分けると、日本海側には黄花、太平洋側には桃花のイカリソウが自生していることが多いようです。 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】 ●背丈 20~40cm ●科/属名 メギ科イカリソウ属 ●特性 多年草 ●生育地 落葉広葉樹林(半日陰) ●開花時期 3月~5月 ●育て方 *管理場所* 半日陰 *庭植えの場合* 庭に植えれば、よっぽど乾燥することが無い限り水やりも不要。いつの間にか沢山増えるので、お世話を少々怠けても大丈夫。風通しの良い庭木の陰に植えましょう。 直射日光があたる場所では葉が焼けることがあるので注意してください。植え替えは、地上部が枯れる頃から新芽が出る前までの間に行うのが良いでしょう。 *鉢植えの場合* もともと樹木の陰になって生えているので、半日陰で管理しましょう。 根が詰まると花つきが悪くなるので、鉢植えにする場合は2~3年ごとに植え替えましょう。地上部が枯れた晩秋~...

山野草:サキガケアヤメ (魁文目) 15cmポット3株植え苗

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

1,425

山野草:サキガケアヤメ (魁文目) 15cmポット3株植え苗

●商品情報【山野草】【耐寒性多年草】【茶花】【切り花向き】【庭植え向き】 商品名:サキガケアヤメ(さきがけあやめ) 和 名:魁文目 ●商品説明 通常の青花アヤメよりも先駆けで咲くため、この名がつけられました。 アヤメとサキガケアヤメの違いは草丈。条件が良いとサキガケアヤメはアヤメの倍1m以上にまで成長します。 初夏にスッと細い葉を伸ばし、先端に青い蕾を付けます。このつぼみ姿も涼を誘います。花色もアヤメより濃い青です。 ●草丈 40cm~1m ●科/属名 アヤメ科アヤメ属 ●特性 多年草 ●開花時期 5~7月 ●植え付け適期 涼しくなった秋か、早春 真夏の植え替えは避けましょう。 ●管理場所 日向(猛暑の地域の場合は午前中だけ陽があたるような半日陰) ●育て方 *庭植えの場合* 日当たりの良い場所に植えます。 丈夫な植物なので、適地に根付けば後は手間いらずで栽培は容易です。 株間は30cm以上あけます。鉢植えに比べて丈夫に育ちやすいため、1年目は葉が少なく寂しいかもしれませんが、2年後には見ごたえがある株に育ちます。 *鉢植えの場合* 日当たりの良い場所で管理しましょう。 風通しの良い場所を好みます。 水はけがよく通気性の良い土が適しています。 根ぐされを起こしやすいので、気をつけましょう。 *鉢植えの水やり* 表土が乾いたらたっぷりとあげましょう。 休眠期中は多少乾き気味でも良いでしょう。 *肥料* 3月と秋に置き肥

柿(甘)『太秋(タイシュウ)』12cmポット苗

土っ子倶楽部

2,280

柿(甘)『太秋(タイシュウ)』12cmポット苗

柿は日本の代表的な果樹の一つで、1000を超える在来品種があるといわれています。学名もKAKI。「柿」の名で世界中に通用する果実です。 『太秋(たいしゅう)』は、糖度が高く食味の良い完全甘柿。果汁が多く含まれ、柔かくサクカクとした歯切れの良い食感です。果実はとても大きく、400gほど(富有より大きい)にもなります。ぬめりが少ないうえ、渋抜けが早く青いうちから食べられるので よりシャキシャキ感が楽しめます。 《お届け時の状態》 ・ポットサイズ:12cm(4号)ロングポット ・お届け時高さ:約1m(容器含む) 《育成地》福岡県 《開花》5月頃(地域差あり) 《花色》淡黄 《収穫》10~11月(地域差あり) 《樹高》庭植えで3~5m(庭植え) 《栽培適地》全国栽培可 《科名》カキノキ科 《園芸分類》落葉小高木 《用途》鉢、庭 ※写真はイメージです。気温や栽培環境により色形が写真とは多少異なることがあります。 日当たりがよく、排水の良い場所であれば土質は選びません。あまり多くの実をならすと実が小さくなったり翌年実付きがわるくなることがあるので適度に摘果すると良いでしょう。鉢植え栽培もできます。 ▼この商品にピッタリです▼ おすすめの培養土!森のふかふか培養土【果樹用】5リットル おすすめの植木鉢!のびのび育つ【スリット鉢】8号とっても甘くて とっても大きい完全甘柿! サクサク、シャキシャキ食感が旨さを引き立てます(*'∀'*)/

山野草:タチツボスミレ(立壺菫) 9cmポット苗

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

475

山野草:タチツボスミレ(立壺菫) 9cmポット苗

●商品情報 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【グラウンドカバー】 商品名:タチツボスミレ(たちつぼすみれ) 和名:立壺菫 学名:Viola grypoceras ●商品説明 日本の春を代表する花といえば「スミレ」を思い浮かべる方も多いはず。日本には70種ほどのスミレが自生するといわれますが、その中でも代表するスミレがこの「タチツボスミレ」です。愛好者も多く、ごく身近に見ることができる親しみのある植物です。 名前の由来は、茎が地表に伸びて立ち上がるように成長するためです。ツボ(坪)とは庭を表し、身近なところで楽しむことかできる意味を持ち、タチ(立)は花盛りを過ぎると茎がだんだんと立ち上がってくるところからきています。 タチツボスミレとごく一般のスミレの違いは、この茎の立ち上がり。ごく一般のスミレは立ち上がらず成長します。長く伸びる茎は、最大で高さ20cm前後になります。高く伸びた後は、花後にできた種袋から小さな種を勢いよく弾き出します。自らが撒いたその種は、また葉を付け綺麗な花を咲かせるのです。 葉は薄く、きれいなハート形です。花は葉のつけ根に1輪ずつつき、直径1~2cmの薄紫色です。殖えやすく、群生しやすい。東北では花見の時期に脇道を見るとよく見かけることができ、花言葉にもある「ひかえめ」ながら「誠実」に放つ花色は薄い青紫。透き通るように美しい花姿で心落ち着く一時を感じられます。主張しすぎず上品な存在感のあるスミレは日本人に一番親しまれてきた花であり、今後も愛され続けることでしょう。 ●草丈 5~20cm程 ●科/属名 スミレ科スミレ属 ●特性 多年草 ●開花時期 3~5月 ●管理場所 日向~半日陰 (関東方面の温暖な地域では半日陰) ●育て方 *庭植えの場合* 日本の山地でよく見られる丈夫で育てやすい植...

送料無料
山菜苗:フキノトウ(蕗の薹) 10.5cmポット仮植え苗28株セット【送料無料】

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

11,875

山菜苗:フキノトウ(蕗の薹) 10.5cmポット仮植え苗28株セット【送料無料】

フキとフキノトウって何が違うの? フキは春に収穫を迎える季節野菜として、昔から栽培されてきました。透き通るような淡い緑色と、さわやかな香りは食卓に色を添えてくれます。フキノトウは春の訪れを告げてくれる花のつぼみ。晩秋から翌早春までつぼみのままで春を待ちます。まだ雪が残るころ、あちらこちらで雪解けの合間からひょっこり顔を出す姿は待ちわびた春の息吹を感じ、思わず顔がほころびます。このフキノトウは東北北部では熊が冬眠から覚めた際、目を覚ますために食すといわれています。この苦味が熊をも目覚めさせるようです(笑)フキとフキノトウの何が違うの?というと、同じ根っこでつながった葉っぱ(フキ)と花(フキノトウ)です。フキノトウは成長してもフキにはならないのです。 フキノトウが先に顔を出し→花を咲かせ→薹(とう)が立ち→枯れます。 フキノトウは花が咲いた後、茎がそのまま20cm~40cmほどまで伸び、やがて茎は枯れて絶えていきます。 その後株元からフキの葉が出始め、葉茎を長く生長させながら丸い葉を広げます。 地植えの場合30~60cmほどになりますが、条件が合うと1mほどまで生長する場合もあります。 細い地下茎は数年で3本以上生長し、それぞれ7~8節伸びます。春には各節からフキノトウが顔を出し、その後フキが出てきます。栽培品種として、愛知県の「愛知早生フキ」、野生種では「山フキ」や秋田県に多く自生する大型の「アキタフキ」などがあります。 春の味 フキノトウはほろ苦さとさわやかな香りが特徴の食材です。東北地方では、細かく刻んで味噌に混ぜ、「ばっけ味噌」を作ります。炊き立てのご飯にとっても合う春のおかずです。 その他、天ぷらやおみそ汁の具材にも利用されます。天ぷらにする際は、半分に割るように切ってから衣をつけ揚げるとサクサク触感が楽しめます...

山野草:マツモトセンノウ(松本仙翁) 12cmポット3株植え苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

594

山野草:マツモトセンノウ(松本仙翁) 12cmポット3株植え苗【紫桜館山の花屋】

●商品説明九州阿蘇の草原にのみ自生する多年草。夏に鮮やかな朱色の美しい花を咲かせます。茎は赤茶で花が朱色のコントラストが他に類を見ない色合いになっています。山野草の中でも朱色は珍しく、センノウ属によくみられますが、マツモトセンノウほどはっきりとした朱色が出る種類はありません。花びらはナデシコ科特有の深い切れ込みがみられます。マツモトセンノウは、花が美しいため江戸時代から庭園に植えられてきた名花です。切花や茶花に最適です。名前の由来は、花の形が松本幸四郎の紋所「四つ花菱」に似ていることから、中国や朝鮮半島より渡来し在来種を広めたのが信濃松本、また、センノウ(仙翁)は、京都・嵯峨の仙翁寺で最初に見られたから、など諸説あります。●草丈30~90cm●科・属名ナデシコ科センノウ属●特性多年草●開花時期6~8月●管理場所半日陰●育て方*庭植えの場合*半日陰で風通しの良い場所を選び植え付けましょう。落葉樹の下などが理想です。*鉢植えの場合*半日陰で風通しの良い場所で管理しましょう。花に水がかかると痛むので注意が必要です。風が強いと成長期間中は折れてしまう場合があります。その時は移動させましょう。*鉢植えの水やり*水表土が乾いたらたっぷりとあたえましょう。水が好きです。

送料無料
山野草:リョウメンシダ (両面羊歯) 10.5cmポット苗28ポットセット【送料無料】

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

15,550

山野草:リョウメンシダ (両面羊歯) 10.5cmポット苗28ポットセット【送料無料】

●商品情報 【シダ植物】【常緑多年草】【グランドカバー】【シェードガーデン向き】 商品名:リョウメンシダ(りょうめんしだ) 和名:両面羊歯 別名:ニネングサ、ニネンソウ、アキシラズ、フユシラズ 学名:Arachniodes standishii ●商品説明 日本各地の山の樹林下の空中湿度の高いところに群生する常緑多年草シダ植物。初夏から葉がしっかり展開し始め、大形の葉を一面に広げ、美しいレース状の葉模様を見せてくれます。面の色合いや光沢のようすが表・裏ともほとんど同じで変わらないことからリョウメンシダ(両面シダ)の名がつけられました。 涼しい地域(東北など)では冬葉は落葉し休眠し翌春にまた新葉がでてきます。関東以西の暖かい地域では1年を通して常緑のため、グランドカバーなどに最適です。初夏から葉がしっかり展開し始め、大変美しい葉模様を見せてくれます。 昔から、リョウメンシダの生えるところは、スギがよく育つと伝えられています。また、なめこが出やすいともいわれ、山に住む人々にとって指標植物となっています。また、葉の切れ込みが多く、他のシダに比べて触った感触がやわらかいため、採った山菜を束ねたり、山小屋の敷物などにも使われるなど、シダには珍しく人々の生活に関わりのある植物です。 リョウメンシダの他にも存在感がありお勧めなのは「クジャクシダ」や「オシダ」。そして山菜として有名な「コゴミ(クサソテツ)」もお勧め。コゴミの場合、春に半分程食して後はそのままにしておくと、オシダより若干小ぶりな放射状の葉を広げてくれますよ。 ●科名・特性 オシダ科 カナワラビ属 多年草 ●管理場所 湿り気のある半日陰 ※日向は避けましょう ●植え付け適期 春か晩秋 ※夏の植え付け(植え替え)は避けましょう。 初夏から葉を広げ始めます...

送料無料
山野草:オオチゴユリ(大稚児百合) 9cmポット苗40ポットセット【送料無料】

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

17,107

山野草:オオチゴユリ(大稚児百合) 9cmポット苗40ポットセット【送料無料】

●商品説明 春の緑が濃くなってきた頃、山野の林の中に、うつむいて控えめに咲いている可愛らしい花に出会えます。姿形はチゴユリとよく似ていますが、草丈は倍の約40センチほどで、茎先に1.5~2センチの花を二厘つけます。花後にはチゴユリと同様、黒い実をつけます。 チゴユリの名の由来は、ユリに似た小さな花が小さくて可愛らしい事から稚児に例えたものといわれていますが、チゴユリに比べると、楚々とした雰囲気の中にも豪華で見応えのある花ですね。花弁がやや緑色を帯びることから「アオチゴユリ」とも呼ばれます。 花言葉に「恥ずかしがりや」を持ち、うつむきかげんに咲いている姿はまさにそのもの。背が高いため、ちょっぴりおとなげです。可憐な花とみずみずしい葉をたずさえ、そのコントラストの美しさに、さわやかな春を感じます。 ●科/属名 ユリ科チゴユリ属 ●特性 多年草 ●開花時期 4~6月 ●育て方 チゴユリと同様。場所は、落葉樹の下がお気に入りです。西日の当らない落葉樹の下に軽石や腐葉土を混ぜて植え付けましょう。ただし、陽が当たらなすぎると花付きが悪くなります。その場合は植え替えましょう。

送料無料
山野草:オカトラノオ (丘虎の尾) 9cmポット苗40ポットセット【送料無料】

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

14,826

山野草:オカトラノオ (丘虎の尾) 9cmポット苗40ポットセット【送料無料】

●商品名(和名)[別名] オカトラノオ(丘虎の尾) ●商品説明 初夏に、白い小さい花を穂状につらなり咲かせます。涼しげに揺れる姿が人気で、一斉に同じ方向に向いて咲く様はとても美しい風景です。草丈60cm以上になりますが、大きくても100cmほど。動物の尻尾のような房状の花を咲かせます。花は茎に近いところから徐々に咲き始め、長い期間花を楽しめます。野性味の強い植物で生育がよく、地下茎を持ち群生します。和風、洋風どちらの庭にもよく似合う植物です。 和名では「丘虎の尾」と書き、虎のしっぽに例えられてつけられました。「~トラノオ」と名のつく植物は多く、花穂が長くその周りに花がつくものにつけられます。オカトラノオ(丘虎の尾)は和名の通り、丘に自生しているから。海草の仲間のウミトラノオと区別したから、ともいわれています。 ●草丈 60~100cm程 ●科名/属名 サクラソウ科オカトラノオ属 ●特性 多年草 ●開花時期 6~7月 ●管理場所 日向 ●育て方 *庭植えの水やり* 日当たりの良い場所で管理します。 盛夏に葉焼けするようなら軽く遮光しましょう。 他の植物と一緒に植えておくと葉焼けしにくいです。 *鉢植えの水やり* 表土が乾いたらば充分にあげましょう。 生育期間中の極端な乾燥は避けましょう。 *肥料* 生育期間中に液肥か置き肥

送料無料
山野草:黄花センダイハギ (黄花先代萩) 9cmポット苗100ポット【送料無料】

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

47,520

山野草:黄花センダイハギ (黄花先代萩) 9cmポット苗100ポット【送料無料】

●商品説明 北国の海岸や原野に自生するマメ科の植物で、初夏に咲き誇ります。一面に群生することもありその様子は見事。鮮やかな黄色がとても綺麗で遠くからでもよく目立ちます。茶花として利用されることも多く、季節の移り変わりを知らせてくれます。マメ科植物らしい蝶形のかわいい花を密集させ咲きます。 名前の由来は歌舞伎の演目のひとつ『伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)』にかけてつけられたそうです。また、「船を修理する船台の周りに咲く萩に似た花」ともいわれます。 青花のセンダイハギもありますが、黄花とは別属です。日本にもともと自生している「黄花センダイハギ」に花の形が似ているので、「青花センダイハギ」と名が付いたそうで、原産国は北アメリカです。 とても丈夫で繁殖力も強い植物です。耐寒性に強く、1年ごとに目に見えるように大きくなります。土質を選ばず地下茎で殖え広がり、高さは条件が合えば1mほどまで成長します。花後に長さ10cmほどの茶褐色のさやの実をつけます。 ●背丈 50cm~120cm ●科/属名 マメ科センダイハギ属 ●特性 多年草 ●開花時期 5~8月 ●育て方 *管理場所* 日向 庭植えの場合は、日向に植え付けましょう。根付けばそのままで大丈夫です。 鉢植えの場合は、常に日向で管理します。増えやすいのであらかじめ大きめの鉢に植え付けましょう。植え替えは2年に1回。秋に株分けをします。水やりは表土が乾いたらば充分に与えます。成長期には土にしっかりと水がかかるようにあげます。葉水もあげましょう。

送料無料
山野草:黄花イカリソウ(黄花碇草) 9cmポット苗40ポットセット【送料無料】

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

17,107

山野草:黄花イカリソウ(黄花碇草) 9cmポット苗40ポットセット【送料無料】

●商品説明 四方にツノのように突き出した花びらが特徴的な、とても可愛らしいお花です。この突き出したツノが船のイカリのように見えるため、この名前がつきました。『イカリ』と言うと、鉤(カギ)が二本あるものを想像しがちですが、昔の日本では四本鉤のものが主流だったので、『イカリソウ』と呼ぶのにぴったりの風貌だったのです。 黄花とは言っても、パッとした黄色ではなく淡いクリーム色に近い黄色です。大きくなればなるほど花付きもよくなります。大きさは20センチ~40センチほど。花の大きさは約2センチと、とても小さなものです。葉の下に花を咲かせるため、花をしっかり見るためには下からのぞきこむようにしなければなりませんが、身をかがめてでも見たくなるような、可憐なお花です。 イカリソウはとても種類が豊富で、日本国内外に数十種類あります。大まかに分けると、日本海側には黄花、太平洋側には桃花のイカリソウが自生していることが多いようです。 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】 ●背丈 20~40cm ●科/属名 メギ科イカリソウ属 ●特性 多年草 ●生育地 落葉広葉樹林(半日陰) ●開花時期 3月~5月 ●育て方 *管理場所* 半日陰 *庭植えの場合* 庭に植えれば、よっぽど乾燥することが無い限り水やりも不要。いつの間にか沢山増えるので、お世話を少々怠けても大丈夫。風通しの良い庭木の陰に植えましょう。 直射日光があたる場所では葉が焼けることがあるので注意してください。植え替えは、地上部が枯れる頃から新芽が出る前までの間に行うのが良いでしょう。 *鉢植えの場合* もともと樹木の陰になって生えているので、半日陰で管理しましょう。 根が詰まると花つきが悪くなるので、鉢植えにする場合は2~3年ごとに植え替えましょう。地上部が枯れた晩秋~...

人気の花・ガーデニング用品の山野草カキラン、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵な庭を演出する花・ガーデニング用品。ガーデニングが素敵になる山野草カキランが見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい花・ガーデニング用品が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「山野草カキラン」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ