「寒さに強い宿根草」 の検索結果 103件

【当店農場生産】ランブリングペチュニア 毎年咲く強いペチュニア!耐寒性宿根草♪

ハニーミント

162

【当店農場生産】ランブリングペチュニア 毎年咲く強いペチュニア!耐寒性宿根草♪

宿根草タイプのぺチュニア、寒さや雨にも強くたくさん花を咲かせるペチュニアです。 育てやすく、当店の中でも大人気のペチュニアです! 市販されている300円程度の高価なペチュニアよりも強健で長く開花します。 冬に非常に強く、冬越しをします。 ※この苗はつぼみの状態でお出しすることもあります。 ※季節によっては花の色が若干異なることがございます。 ☆開花期 3月〜11月頃まで咲きます。夏は咲かない地域もあります。 ☆草 丈 高さ20cm前後になりますが横に垂れる様に増えてゆき、1株で直径50センチ以上になることもあります。 ☆寒さ(耐寒) 冬でも株は残ります。 寒さにはマイナス3度程度までは耐えますが、鉢植えでの冬越しをお願いします。 ☆環 境 日当たりのよいところで5時間以上は光を必要とします。 夏場でも日当たりのよいところで管理してください。 日陰では育ちません。 ☆増やし方 さしめで簡単に増やせます。4センチくらいに切り、さしめの土に挿しておくと12日間で発根します。挿して25日くらいで定植できます。 時期は3月〜6月、9月〜10月が適しています。 ☆肥 料 肥料を好みます。2ヶ月に1回の割合で追肥を与えてください。 定植後に土の上に置く化成肥料が良いでしょう。 定植の際は有機肥料などを与えてください。 ☆管 理 葉が黄色くなり、伸びでだらしがなくなってきたら肥料が少ないか、刈り込みを行わないから、どんどん先端のほうに栄養が行ってしまって株元がスカスカになってしまいます。思い切って刈り込んで、肥料を与えましょう。 特に開花後は必ず花の穂自体をきってやってください。

サルビア ネモローサ

おぎはら植物園

324

サルビア ネモローサ

■ 学名 : Salvia nemorosa ■ 別名 : サルビア シルベストリス ウッドランドセージなど ■ シソ科 耐寒性多年草(冬期半常緑~落葉種) ■ お届けの規格 9~10.5cmポット苗 ■ 主な花期 : 初夏 ■ 草 丈 : 40cm前後(生育後の高さで花丈も含む) ■ 耐寒性 : 約-20℃ ■ 耐暑性 : 強 ■ 日 照 : 日向~やや半日陰 ■ 代表的な原産地 : ヨーロッパ 青紫の小花が密集し、穂状に咲く 多数の花穂を立ち上げ、美しい宿根サルビア 大株に育つと、とても見事 ~担当スタッフのコメント~ 寒さに強いサルビアで、イングリッシュガーデンなどに多く使用されています。ドーム状に一斉に咲く姿はとても壮観で、他の草花と合わせて植えてもきれいです。 サルビアは伸びてワイルドに茂る印象がありますが、 ネモローサの仲間はあまり伸びず、コンパクトでベロニカの仲間を連想させる草姿です。 初夏から夏に咲き、花後に短くカットしておくと秋にも再び開花する花期の長さも魅力です。 お届けする苗について (当店は寒冷地です) 年間通して栽培・管理しながら販売しております。お届けの季節により姿、 状態は様々で、およそ下記の通りになります。ご参照ください 春~夏 芽吹き~開花前~開花中または花後剪定済み 秋~冬 花後剪定済み~紅葉中~落葉の途中 冬~春 低温管理していますので冬は葉が少ないもしくは地上部落葉中 冬は地上部がほぼ落葉しています ※寒さに当てて健全に育てております。冬から早春は中央に 冬芽状の葉が少し残る程度で、ほぼ落葉しています。 ↑苗の様子 春頃 ↑苗の様子 初夏頃 ※季節により姿は大きく変化しますので 参考程度にご覧下さい 基本的な管理 日 照 寒冷地 日向 暖 地 昼過ぎから半日陰が理想...

トリカブト(アコニタム):ミヤマトリカブト3号ポット 2株セット[深山鳥兜] ノーブランド品

Amazon

1,121

トリカブト(アコニタム):ミヤマトリカブト3号ポット 2株セット[深山鳥兜] ノーブランド品

山形県から石川県にかけての日本海側の亜高山帯に自生し、草丈1mほどのなる大型宿根草です。ハクサントリカブト、ホクロクトリカブトといった名前でも呼ばれます。8~9月に濃紫青色の花を咲かせます。切花にも適します。根は漢方薬などに利用されますが、アコニチンという猛毒を持つので食用にしないようご注意ください。涼しい場所を好みますので、夏越しは直射日光の当たらない風通しの良い場所で管理してください。写真は開花・成長時のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。学名:Aconitumnipponicumタイプ:キンポウゲ科の耐寒性宿根草草丈:100cm開花期:8~9月日照:日なた~半日陰向き栽培方法適度な湿り気があって腐植質を多く含む土壌を好みます。寒さには強いのですが夏の暑さには苦手なので、午前中は日があたり午後は日陰になる場所や、涼風が吹きぬける場所が適しています。根が浅いので、地面の高温と乾燥を防ぐため、腐葉土などで株元を覆ってください。春または秋に株分けで殖やして下さい。写真は開花時のイメージですが、お届け時は苗の状態です。株姿には個体差がありますので、ご了承ください。

送料無料
■送料無料■ 芝桜 ( シバザクラ ) スカーレットフレーム 3号ポット苗 40ポットセット 宿根草 苗 多年草 耐寒性 常緑 グランドカバー

花ひろばオンライン

6,566

■送料無料■ 芝桜 ( シバザクラ ) スカーレットフレーム 3号ポット苗 40ポットセット 宿根草 苗 多年草 耐寒性 常緑 グランドカバー

お届けする商品について 商品について 商品は3号のポット苗です。40ポットが1セットの商品となります。 半常緑性のため、冬の時期は葉色が茶色や黄色になっている場合や、落葉して地上部がない場合がございます。多年草ですので、冬の間地上部がなくなっても、春になれば緑の新芽が展開してきます。 送料 こちらの商品の同梱可能本数は・・・ 送料無料商品です。 1セット(40ポット)までで、他の商品との同梱は不可です。 小梱包でのお届けはできません。 ・送料についてはこちら ・同梱可能本数の目安(一覧)はこちら ・ご注文からお届けまでの流れはこちら 芝桜(シバザクラ)の育て方 性質 半常緑性の多年草です。寒さ、暑さにも強く、生育が旺盛で、病害虫のつきにくいので、管理がしやすいです。 植え替え・用土 植え付けは3月~5月もしくは9月~10月が適期です。日当たりと水はけの良いところを好みます。日当たりの悪い場所では、茎が細く間延びして、花付きも悪くなります。水はけが悪いと根腐れを起こしやすくなりますので注意が必要です。逆に乾燥には非常に強いので、水切れで枯らしてしまうことは少ないです。過湿が苦手ですので、風通しよく、水はけをよくしてあげてください。1株でもよく広がるので、株と株の間隔は15cm~20cmほど間隔をあけて植えてあげてください。 寒さに強いので、特に防寒対策をを行っていただく必要はありません。 施肥・時期 肥料は寒肥として緩効性の固形肥料を12月から1月ごろに与えてあげてください。冬に与えることで、春にかけてゆっくりと効いてきます。もしくは春から開花後まで液体肥料をやります。この時、液体肥料は薄いものをお使いいただき、根が肥料焼けを起こさないように注意してください。窒素分の多い肥料は花付きが悪くなるので、控えめにしてあげてください。...

【ガジュマル・根上がり充実株】5号(中型観葉植物)

花工房たんぽぽ こだわりの宿根草

2,700

【ガジュマル・根上がり充実株】5号(中型観葉植物)

[お届け商品サイズ] 5号鉢 高さ:約40cm前後(接ぎ木) [クワ科 高木] [別名] 幸せを呼ぶ樹 [特徴] ベンジャミンに似た葉に、茎から伸びる「気根」と呼ばれる根が何本もの足のようになり、魅力的。 [花言葉] 健康 [原産地] 東南アジアを中心に広く分布 [耐寒性] やや弱い(最低5度くらい) [耐暑性] 強い [栽培] 本来日当たりを好みますが、半日陰でも栽培可能です。 生育期は多湿を好み、乾燥を嫌います。 暖かい時期は鉢の表面が乾いたらたっぷり水をあげます。 時々株全体にシャワーをすると生き生きします。 寒さはやや苦手。 冬は水は少なめです。 大きくなったら、鉢も変えてあげましょう。*植物ですので、個体差があります。 また、植物は生長しています。 姿かたちが少しずつ変わりますので、お送りしたものが写真より育っていたり、少し暴れていることがありますが、植物の特徴ですのでご了承ください。【幸せを呼ぶ樹♪ガジュマル】★しっかりした充実株のガジュマルです!★幹の途中から気根という根を出し、その独特の姿で人気のある観葉植物です。 ★「幸せを呼ぶ樹、幸せを見守る樹」などとも言われています。 ★耐陰性もありますが、本来は日当たりを好むので、日光不足に注意します。(2017/8/20)★茎の形は色々です。★茎に若干傷がある場合があります。(接ぎ木です。)

【1年間枯れ保証】【球根】カンナ/バターカップ 15cmポット 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

2,160

【1年間枯れ保証】【球根】カンナ/バターカップ 15cmポット 【あす楽対応】

→送料無料セットはこちらカンナ/バターカップ 商品一覧15cmポット2000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じカンナ科カンナ属の商品カンナ/デリバブカンナ/ビューイエローカンナ/グラウカ【カンナ/バターカップ】読み:かんな/ばたーかっぷ学名:Cannaカンナ科カンナ属多年草別名:【商品説明】カンナは多年草です。夏から秋にかけて発色の良い花が咲きます。花が独特の形で、品種により赤黄白など様々な色や模様の花が咲きます。葉は光沢があり大きな楕円形をしています。本来は宿根草ですが大きな根茎を分けて増やせるため春植え球根として取り扱われます。【育て方】熱帯の植物で暑さには強いですが寒さにはあまり強くありません。暖地では直接越冬も可能ですが寒い地域では、球根を掘り取り5℃以上の暖かい場所で越冬させるほうが無難です。日当たりが良く適湿な場所を好みます。肥料切れと乾燥には弱いため注意します。適地=鉢植え日照り=日向樹形=株立ち最終樹高=1.0m施肥時期=11~4月剪定時期=8~10月開花時期=3~4月果実=無し用途=グランドカバー【その他】カンナ/バターカップは黄色い大きな花を咲かせ存在感があります。草丈は70~150cm程度になります。暑さには強いですが乾燥を嫌います。

送料無料
【1年間枯れ保証】【球根】カンナ/バターカップ 15cmポット 5本セット 送料無料 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

10,800

【1年間枯れ保証】【球根】カンナ/バターカップ 15cmポット 5本セット 送料無料 【あす楽対応】

→単品はこちらカンナ/バターカップ 商品一覧15cmポット2000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じカンナ科カンナ属の商品カンナ/デリバブカンナ/ビューイエローカンナ/グラウカ【カンナ/バターカップ】読み:かんな/ばたーかっぷ学名:Cannaカンナ科カンナ属多年草別名:【商品説明】カンナは多年草です。夏から秋にかけて発色の良い花が咲きます。花が独特の形で、品種により赤黄白など様々な色や模様の花が咲きます。葉は光沢があり大きな楕円形をしています。本来は宿根草ですが大きな根茎を分けて増やせるため春植え球根として取り扱われます。【育て方】熱帯の植物で暑さには強いですが寒さにはあまり強くありません。暖地では直接越冬も可能ですが寒い地域では、球根を掘り取り5℃以上の暖かい場所で越冬させるほうが無難です。日当たりが良く適湿な場所を好みます。肥料切れと乾燥には弱いため注意します。適地=鉢植え日照り=日向樹形=株立ち最終樹高=1.0m施肥時期=11~4月剪定時期=8~10月開花時期=3~4月果実=無し用途=グランドカバー【その他】カンナ/バターカップは黄色い大きな花を咲かせ存在感があります。草丈は70~150cm程度になります。暑さには強いですが乾燥を嫌います。

安代リンドウ:プリンセスアシロ4号鉢植え

園芸ネット プラス

1,488

安代リンドウ:プリンセスアシロ4号鉢植え

安代リンドウは、岩手県八幡平市安代地区で作られた美しいリンドウのシリーズです。丈夫さとエゾリンドウ系の色鮮やかさをもつ交配種種です。花色が大変美しく多花性で、たいへん花持ちの良い品種です。プリンセスアシロは、濃いピンク色で、中輪タイプ、草丈も高い品種。側枝も多く、ボリュームが出ます。花持ちも良い品種です。タイプ:リンドウ科の耐寒性宿根草開花期:8月中旬~10月日照:半日陰を好む栽培方法:明かる場所で管理しますが、夏の強い日差しは避け半日陰で管理します。次々に花が咲くので、咲き終わった花がらは摘み取ります。水切れに弱いので、水やりは乾燥しないよう、用土の乾き具合をみて与えます。肥料は春から秋は液肥を規定倍率に薄めて週1度、冬は2週間に一度程度施し、春と秋に緩効性肥料を少量施します。翌年も花をお楽しみいただく場合は、冬の寒さに当てないと花が咲かないため、冬季は戸外で管理してしっかり寒さに当て、室内には取り込まないようにします。冬の置き場所は、強い寒風の当たるところは避けるようにします。また、冬も水切れさせないよう注意します。春になって芽が5cmほど伸びてきたら一回り大きな鉢に植え替えます。用土は通気性・保水性の良い培養土を用いてください。草丈が10cmになるころに一度摘芯するとわき芽が伸び、こんもりとした形となり花が増えます。※写真はイメージです。

【当店農場生産】ラバンディンラベンダー 9センチポット苗 宿根草 寒さに強いラベンダーです☆

ハニーミント

194

【当店農場生産】ラバンディンラベンダー 9センチポット苗 宿根草 寒さに強いラベンダーです☆

宿根草で寒さに強いラベンダーです。 非常に育てやすい品種で、私が育てているラベンダーの中で一番強いです。 香もよく、強いほうの品種になると思います。 ☆開花期☆ 5月~10月頃まで咲きます。 ☆草 丈☆ 40センチ前後になりますが翌年はもう少し大きくなります。 ☆寒さ(耐寒)☆ 冬でも株は残ります。寒さにはマイナス10度程度までは耐え、積雪のある地域でも大丈夫です。 ☆環 境☆ 日当たりのよいところで5時間以上は光を必要とします。夏場でも日当たりのよいところで管理してください。日陰では育ちません。 ☆増やし方☆ さしめで簡単に増やせます。4センチくらいに切り、さしめの土に挿しておくと14日間で発根します。挿して30日くらいで定植できます。時期は3~6月、9~10月が適しています。 ☆肥 料☆ 肥料を好みます。2ヶ月に1回の割合で追肥を与えてください。定植後に土の上に置く化成肥料が良いでしょう。定植の際はボカシ肥料などしっかり発酵したものを与えてください。 ☆管 理☆ 葉が黄色くなり、伸びでだらしがなくなってきたら肥料が少ないか、刈り込みを行わないから、どんどん先端のほうに栄養が行ってしまって株元がスカスカになってしまいます。思い切って刈り込んで、肥料を与えましょう。特に開花後は必ず花の穂自体をきってやってください。

人気の花・ガーデニング用品の寒さに強い宿根草、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵な庭を演出する花・ガーデニング用品。ガーデニングが素敵になる寒さに強い宿根草が見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい花・ガーデニング用品が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「寒さに強い宿根草」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ