「多肉植物笹の雪」 の関連商品を含む検索結果 1件

こちらの関連商品はいかがですか?

【多肉植物/塊根植物】Pachypodium Decaryi★パキポディウム デカリュイ/デカリー 種子5粒◎白花の希少種♪ 塊根植物 コーデックス (decaryi) [並行輸入品]

Amazon

1,480

【多肉植物/塊根植物】Pachypodium Decaryi★パキポディウム デカリュイ/デカリー 種子5粒◎白花の希少種♪ 塊根植物 コーデックス (decaryi) [並行輸入品]

学名 : Phachypodium decaryi の種子、5粒です。 欧州より輸入したマダガスカル産の種子です。 【置き場所】 一年を通して直射日光のよくあたる場所で管理します。 パキポディウムの仲間を栽培する上で日光はとても重要です。 日光が不足すると幹や枝が徒長しやすくなり、日光不足の状態で長時間栽培すると根腐れを起こしたり、株の内部から腐敗しやすくなります。 特にパキポディウム・デカリーは寒さに弱いので、冬場でも日光のよく当たる場所で管理し、寒さに当てないようにします。 また、風通しの悪い場所ではカイガラムシ等の害虫が発生しやすくなります。 硬く締まった株に育てるためにも日当たりや風通しに特に注意しましょう。 【水やり】 成長期の夏は土が乾いたらたっぷりと水やりします。 直射日光の当たる場所では真夏は毎日水やりしても問題ありません。 むしろ梅雨明け以降は雨ざらしにし、雨風に当てた方が調子よく育ちます。 秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは完全に断水します。 春になると葉や花芽が徐々に展開し始めますが、いきなり沢山水やりせず、少しづつ水やりの回数と量を増やしていきます。 梅雨が明けるまでは、土が完全に乾いて数日おいてから天気の良い日に水やりするようにします。 【肥料】 成長期の夏に薄めた液肥を与えます。 用土によく醗酵した有機質肥料や、マグァンプKなどの緩効性肥料をごく少量混ぜ込んでおいても良いと思います。 【適温】 パキポディウム・ゲアイーは寒さに弱いため、冬は暖かいところで管理します。 葉を落とした後の休眠期も、表皮の下の葉緑素で光合成を行って寒さに対する体力を静かにつけています。 休眠中もなるべく日光にあて、日中に鉢内と植物自体の温度を上げると耐寒性も増します。

【多肉植物/種子】Pachypodium Brevicalyx★パキポディウム・ブレビカリックス★檸檬黄花の希少種 種子5粒♪ [並行輸入品]

Amazon

880

【多肉植物/種子】Pachypodium Brevicalyx★パキポディウム・ブレビカリックス★檸檬黄花の希少種 種子5粒♪ [並行輸入品]

【置き場所】 一年を通して直射日光のよくあたる場所で管理します。 パキポディウムの仲間を栽培する上で日光はとても重要です。 日光が不足すると幹や枝が徒長しやすくなり、日光不足の状態で長時間栽培すると根腐れを起こしたり、株の内部から腐敗しやすくなります。 また、風通しの悪い場所ではカイガラムシ等の害虫が発生しやすくなります。 硬く締まった株に育てるためにも日当たりや風通しに特に注意しましょう。 【水やり】 成長期の夏は土が乾いたらたっぷりと水やりします。 直射日光の当たる場所では真夏は毎日水やりしても問題ありません。 むしろ梅雨明け以降は雨ざらしにし、雨風に当てた方が調子よく育ちます。 秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは完全に断水します。 春になると葉や花芽が徐々に展開し始めますが、いきなり沢山水やりせず、少しづつ水やりの回数と量を増やしていきます。 梅雨が明けるまでは、土が完全に乾いて数日おいてから天気の良い日に水やりするようにします。 【肥料】 成長期の夏に薄めた液肥を与えます。 用土によく醗酵した有機質肥料や、マグァンプKなどの緩効性肥料をごく少量混ぜ込んでおいても良いと思います。 【適温】 パキポディウム・ブレビカリックスは寒さにとても弱いので、冬は暖かいところで管理します。 葉を落とした後の休眠期も、表皮の下の葉緑素で光合成を行って寒さに対する体力を静かにつけています。 休眠中もなるべく日光にあて、日中に鉢内と植物自体の温度を上げると耐寒性も増します。

【多肉植物/種子】Pachypodium Gracilius★パキポディウム・グラキリウス(グラキリス)★大人気種“象牙宮” [並行輸入品]

Amazon

1,280

【多肉植物/種子】Pachypodium Gracilius★パキポディウム・グラキリウス(グラキリス)★大人気種“象牙宮” [並行輸入品]

【置き場所】 一年を通して直射日光のよくあたる場所で管理します。 パキポディウムの仲間を栽培する上で日光はとても重要です。 日光が不足すると幹や枝が徒長しやすくなり、日光不足の状態で長時間栽培すると根腐れを起こしたり、株の内部から腐敗しやすくなります。 また、風通しの悪い場所ではカイガラムシ等の害虫が発生しやすくなります。 硬く締まった株に育てるためにも日当たりや風通しに特に注意しましょう。 【水やり】 成長期の夏は土が乾いたらたっぷりと水やりします。 直射日光の当たる場所では真夏は毎日水やりしても問題ありません。 むしろ梅雨明け以降は雨ざらしにし、雨風に当てた方が調子よく育ちます。 秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは完全に断水します。 春になると葉や花芽が徐々に展開し始めますが、いきなり沢山水やりせず、少しづつ水やりの回数と量を増やしていきます。 梅雨が明けるまでは、土が完全に乾いて数日おいてから天気の良い日に水やりするようにします。 【肥料】 成長期の夏に薄めた液肥を与えます。 用土によく醗酵した有機質肥料や、マグァンプKなどの緩効性肥料をごく少量混ぜ込んでおいても良いと思います。 【適温】 高所に自生するパキポディウム・グラキリウスは比較的低温に耐えることができます。 無加温の環境で管理する場合は、できるだけ長い日照時間を確保し、風や雨には当てないようにしましょう。 また、小さな株は暖かい場所で管理した方が安全に越冬できます。 パキポディウムの仲間は葉を落とした間の休眠期間中も、硬い表皮の下の葉緑素で光合成を行って寒さに対する体力を静かにつけています。 休眠中もなるべく日光にあて、日中に鉢内と植物自体の温度を上げると耐寒性も増します。

【多肉植物/種子】Pachypodium★パキポディウム ミケア(Mikea) [並行輸入品]

Amazon

280

【多肉植物/種子】Pachypodium★パキポディウム ミケア(Mikea) [並行輸入品]

【置き場所】 一年を通して直射日光のよくあたる場所で管理します。 パキポディウムの仲間を栽培する上で日光はとても重要です。 日光が不足すると幹や枝が徒長しやすくなり、日光不足の状態で長時間栽培すると根腐れを起こしたり、株の内部から腐敗しやすくなります。 パキポディウムは寒さに弱いので、冬場でも日光のよく当たる場所で管理し、寒さに当てないようにしましょう。 また、風通しの悪い場所ではカイガラムシが発生しやすくなります。 硬く締まった株に育てるためにも日当たりや風通しには特に注意しましょう。 【水やり】 成長期の夏は土が乾いたらたっぷりと水やりします。 直射日光の当たる場所では真夏は毎日水やりしても問題ありません。 むしろ梅雨明け以降は雨ざらしにし、雨風に当てた方が調子よく育ちます。 秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは完全に断水します。 春になると葉や花芽が徐々に展開し始めますが、いきなり沢山水やりせず、少しづつ水やりの回数と量を増やしていきます。 梅雨が明けるまでは、土が完全に乾いて数日おいてから天気の良い日に水やりするようにします。 【肥料】 成長期の夏に薄めた液肥を与えます。 用土によく醗酵した有機質肥料や、マグァンプKなどの緩効性肥料をごく少量混ぜ込んでおいても良いと思います。 【適温】 パキポディウムは寒さに弱いため、冬は暖かいところで管理します。 葉を落とした後の休眠期も、表皮の下の葉緑素で光合成を行って寒さに対する体力を静かにつけています。 休眠中もなるべく日光にあて、日中に鉢内と植物自体の温度を上げると耐寒性も増します。

【多肉植物/種子】Pachypodium Eburneum★パキポディウム・エブレネウム★白肌と白花の希少種♪ [並行輸入品]

Amazon

1,280

【多肉植物/種子】Pachypodium Eburneum★パキポディウム・エブレネウム★白肌と白花の希少種♪ [並行輸入品]

【置き場所】 一年を通して直射日光のよくあたる場所で管理します。 パキポディウムの仲間を栽培する上で日光はとても重要です。 日光が不足すると幹や枝が徒長しやすくなり、日光不足の状態で長時間栽培すると根腐れを起こしたり、株の内部から腐敗しやすくなります。 また、風通しの悪い場所ではカイガラムシ等の害虫が発生しやすくなります。 硬く締まった株に育てるためにも日当たりや風通しに特に注意しましょう。 【水やり】 成長期の夏は土が乾いたらたっぷりと水やりします。 直射日光の当たる場所では真夏は毎日水やりしても問題ありません。 むしろ梅雨明け以降は雨ざらしにし、雨風に当てた方が調子よく育ちます。 秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは完全に断水します。 春になると葉や花芽が徐々に展開し始めますが、いきなり沢山水やりせず、少しづつ水やりの回数と量を増やしていきます。 梅雨が明けるまでは、土が完全に乾いて数日おいてから天気の良い日に水やりするようにします。 【肥料】 成長期の夏に薄めた液肥を与えます。 用土によく醗酵した有機質肥料や、マグァンプKなどの緩効性肥料をごく少量混ぜ込んでおいても良いと思います。 【適温】 標高の高い地域に自生しているため、寒さには比較的強いほうです。 厳冬期も霜が降りない温暖な地域であれば、雨風を防いだ一日中日光の当たる場所なら無加温でも問題なく越冬します。 蒸し暑さに弱いところがあるため、夏は気温は高くても問題ありませんが、蒸れないように気をつけましょう。 休眠中もなるべく日光にあて、日中に鉢内と植物自体の温度を上げると耐寒性も増します。

【多肉植物/種子】Pachypodium Sofiense★パキポディウム ソフィエンセ [並行輸入品]

Amazon

480

【多肉植物/種子】Pachypodium Sofiense★パキポディウム ソフィエンセ [並行輸入品]

【置き場所】 一年を通して直射日光のよくあたる場所で管理します。 パキポディウムの仲間を栽培する上で日光はとても重要です。 日光が不足すると幹や枝が徒長しやすくなり、日光不足の状態で長時間栽培すると根腐れを起こしたり、株の内部から腐敗しやすくなります。 パキポディウムは寒さに弱いので、冬場でも日光のよく当たる場所で管理し、寒さに当てないようにしましょう。 また、風通しの悪い場所ではカイガラムシが発生しやすくなります。 硬く締まった株に育てるためにも日当たりや風通しには特に注意しましょう。 【水やり】 成長期の夏は土が乾いたらたっぷりと水やりします。 直射日光の当たる場所では真夏は毎日水やりしても問題ありません。 むしろ梅雨明け以降は雨ざらしにし、雨風に当てた方が調子よく育ちます。 秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは完全に断水します。 春になると葉や花芽が徐々に展開し始めますが、いきなり沢山水やりせず、少しづつ水やりの回数と量を増やしていきます。 梅雨が明けるまでは、土が完全に乾いて数日おいてから天気の良い日に水やりするようにします。 【肥料】 成長期の夏に薄めた液肥を与えます。 用土によく醗酵した有機質肥料や、マグァンプKなどの緩効性肥料をごく少量混ぜ込んでおいても良いと思います。 【適温】 寒さに弱いため、冬は暖かいところで管理します。 葉を落とした後の休眠期も、表皮の下の葉緑素で光合成を行って寒さに対する体力を静かにつけています。 休眠中も日光にあて、日中に鉢内と植物自体の温度を上げると耐寒性も増します。

【多肉植物/種子】Pachypodium Geayi★パキポディウム ゲアイー★亜阿相界(Geayi) [並行輸入品]

Amazon

380

【多肉植物/種子】Pachypodium Geayi★パキポディウム ゲアイー★亜阿相界(Geayi) [並行輸入品]

【置き場所】 一年を通して直射日光のよくあたる場所で管理します。 パキポディウムの仲間を栽培する上で日光はとても重要です。 日光が不足すると幹や枝が徒長しやすくなり、日光不足の状態で長時間栽培すると根腐れを起こしたり、株の内部から腐敗しやすくなります。 パキポディウム・ゲアイーは寒さに弱いので、冬場でも日光のよく当たる場所で管理し、寒さに当てないようにしましょう。 また、風通しの悪い場所ではカイガラムシが発生しやすくなります。 硬く締まった株に育てるためにも日当たりや風通しには特に注意しましょう。 【水やり】 成長期の夏は土が乾いたらたっぷりと水やりします。 直射日光の当たる場所では真夏は毎日水やりしても問題ありません。むしろ梅雨明け以降は雨ざらしにし、雨風に当てた方が調子よく育ちます。 秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは完全に断水します。 春になると葉や花芽が徐々に展開し始めますが、いきなり沢山水やりせず、少しづつ水やりの回数と量を増やしていきます。 梅雨が明けるまでは、土が完全に乾いて数日おいてから天気の良い日に水やりするようにします。 【肥料】 成長期の夏に薄めた液肥を与えます。 用土によく醗酵した有機質肥料や、マグァンプKなどの緩効性肥料をごく少量混ぜ込んでおいても良いと思います。 【適温】 パキポディウム・ゲアイーは寒さに弱いため、冬は暖かいところで管理します。 葉を落とした後の休眠期も、表皮の下の葉緑素で光合成を行って寒さに対する体力を静かにつけています。 休眠中もなるべく日光にあて、日中に鉢内と植物自体の温度を上げると耐寒性も増します。

【多肉植物/種子】Pachypodium densiflorum★パキポディウム デンシフローラム★シバ女王の玉櫛(Densiflorum) [並行輸入品]

Amazon

480

【多肉植物/種子】Pachypodium densiflorum★パキポディウム デンシフローラム★シバ女王の玉櫛(Densiflorum) [並行輸入品]

【置き場所】 一年を通して直射日光のよくあたる場所で管理します。 パキポディウムの仲間を栽培する上で日光はとても重要です。 日光が不足すると幹や枝が徒長しやすくなり、日光不足の状態で長時間栽培すると根腐れを起こしたり、株の内部から腐敗しやすくなります。 パキポディウムは寒さに弱いので、冬場でも日光のよく当たる場所で管理し、寒さに当てないようにしましょう。 また、風通しの悪い場所ではカイガラムシが発生しやすくなります。 硬く締まった株に育てるためにも日当たりや風通しには特に注意しましょう。 【水やり】 成長期の夏は土が乾いたらたっぷりと水やりします。 直射日光の当たる場所では真夏は毎日水やりしても問題ありません。 むしろ梅雨明け以降は雨ざらしにし、雨風に当てた方が調子よく育ちます。 秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは完全に断水します。 春になると葉や花芽が徐々に展開し始めますが、いきなり沢山水やりせず、少しづつ水やりの回数と量を増やしていきます。 梅雨が明けるまでは、土が完全に乾いて数日おいてから天気の良い日に水やりするようにします。 【肥料】 成長期の夏に薄めた液肥を与えます。 用土によく醗酵した有機質肥料や、マグァンプKなどの緩効性肥料をごく少量混ぜ込んでおいても良いと思います。 【適温】 パキポディウムは寒さに弱いため、冬は日差しの良い暖かいところで管理します。 葉を落とした後の休眠期も、表皮の下の葉緑素で光合成を行って寒さに対する体力を静かにつけています。 休眠中もなるべく日光にあて、日中に鉢内と植物自体の温度を上げると耐寒性も増します。

【多肉植物/種子】Pachypodium Lamerei★パキポディウム ラメレイ/ラメリー [並行輸入品]

Amazon

280

【多肉植物/種子】Pachypodium Lamerei★パキポディウム ラメレイ/ラメリー [並行輸入品]

【置き場所】 一年を通して直射日光のよくあたる場所で管理します。 パキポディウムの仲間を栽培する上で日光はとても重要です。 日光が不足すると幹や枝が徒長しやすくなり、日光不足の状態で長時間栽培すると根腐れを起こしたり、株の内部から腐敗しやすくなります。 冬場でも日光のよく当たる場所で管理し、寒さに当てないようにします。 また、風通しの悪い場所ではカイガラムシ等の害虫が発生しやすくなります。 硬く締まった株に育てるためにも日当たりや風通しに特に注意します。 【水やり】 成長期の夏は土が乾いたらたっぷりと水やりします。 直射日光の当たる場所では真夏は毎日水やりしても問題ありません。 むしろ梅雨明け以降は雨ざらしにし、雨風に当てた方が調子よく育ちます。 秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは完全に断水します。 春になると葉や花芽が徐々に展開し始めますが、いきなり沢山水やりせず、少しづつ水やりの回数と量を増やしていきます。 梅雨が明けるまでは、土が完全に乾いて数日おいてから天気の良い日に水やりするようにします。 【肥料】 成長期の夏に薄めた液肥を与えます。 用土によく醗酵した有機質肥料や、マグァンプKなどの緩効性肥料をごく少量混ぜ込んでおいても良いと思います。 【適温】 寒さに弱いため、冬は暖かいところで管理します。 葉を落とした後の休眠期も、表皮の下の葉緑素で光合成を行って寒さに対する体力を静かにつけています。 休眠中もなるべく日光にあて、日中に鉢内と植物自体の温度を上げると耐寒性も増します。

【多肉植物/種子】Pachypodium Lamerei var. Ramosum★パキポディウム ラモスム(ラモーサム) [並行輸入品]

Amazon

380

【多肉植物/種子】Pachypodium Lamerei var. Ramosum★パキポディウム ラモスム(ラモーサム) [並行輸入品]

【置き場所】 一年を通して直射日光のよくあたる場所で管理します。 パキポディウムの仲間を栽培する上で日光はとても重要です。 日光が不足すると幹や枝が徒長しやすくなり、日光不足の状態で長時間栽培すると根腐れを起こしたり、株の内部から腐敗しやすくなります。 パキポディウムは寒さに弱いので、冬場でも日光のよく当たる場所で管理し、寒さに当てないようにしましょう。 また、風通しの悪い場所ではカイガラムシが発生しやすくなります。 硬く締まった株に育てるためにも日当たりや風通しには特に注意しましょう。 【水やり】 成長期の夏は土が乾いたらたっぷりと水やりします。 直射日光の当たる場所では真夏は毎日水やりしても問題ありません。 むしろ梅雨明け以降は雨ざらしにし、雨風に当てた方が調子よく育ちます。 秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは完全に断水します。 春になると葉や花芽が徐々に展開し始めますが、いきなり沢山水やりせず、少しづつ水やりの回数と量を増やしていきます。 梅雨が明けるまでは、土が完全に乾いて数日おいてから天気の良い日に水やりするようにします。 【肥料】 成長期の夏に薄めた液肥を与えます。 用土によく醗酵した有機質肥料や、マグァンプKなどの緩効性肥料をごく少量混ぜ込んでおいても良いと思います。 【適温】 パキポディウムは寒さに弱いため、冬は暖かいところで管理します。 葉を落とした後の休眠期も、表皮の下の葉緑素で光合成を行って寒さに対する体力を静かにつけています。 休眠中もなるべく日光にあて、日中に鉢内と植物自体の温度を上げると耐寒性も増します。

【多肉植物/種子】Pachypodium Baronii★パキポディウム バロニー☆深紅の超希少種 [並行輸入品]

Amazon

880

【多肉植物/種子】Pachypodium Baronii★パキポディウム バロニー☆深紅の超希少種 [並行輸入品]

【置き場所】 一年を通して直射日光のよくあたる場所で管理します。 パキポディウムの仲間を栽培する上で日光はとても重要です。 日光が不足すると幹や枝が徒長しやすくなり、日光不足の状態で長時間栽培すると根腐れを起こしたり、株の内部から腐敗しやすくなります。 パキポディウムは寒さに弱いので、冬場でも日光のよく当たる場所で管理し、寒さに当てないようにしましょう。 また、風通しの悪い場所ではカイガラムシが発生しやすくなります。 夜間の最低気温が15度を上回る場合は、遮光やUVカット等のない屋外で直射日光や風に当てたほうが、より締まったコンパクトな樹形に育ちます。 硬く締まった株に育てるためにも日当たりや風通しには特に注意しましょう。 【水やり】 成長期の初夏から秋にかけては、用土が乾燥してからたっぷりと水やりします。 直射日光の当たる場所では真夏は毎日水やりしても問題ありません。 むしろ梅雨明け以降は雨ざらしにし、雨風に当てた方が調子よく育ちます。 秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは完全に断水します。 小さな株や、活着前の株は長期間断水すると株が弱る場合があります。 また休眠中も月に数回、軽く用土を湿らせる程度に水やりすると、細根が完全に枯死することを防げる場合があります。 寒い時期に水やりする場合は好天の続く気温が高い日を狙って午前中にごく少量の水やりし、気温の下がる夜間までにはほぼ乾いている程度にします。 春になると葉や花芽が徐々に展開し始めますが、いきなり沢山水やりせず、少しづつ水やりの回数と量を増やしていきます。 【肥料】 パキポディウム・バロニーは肥料をあげると旺盛に葉を展開しますが、枝が伸びやすくなり、トゲの生える間隔や密度も広がってしまいます。 なるべく肥料は控え...

【多肉植物/種子】Pachypodium Saundersii★パキポディウム サウンデルシー☆ 白馬城 [並行輸入品]

Amazon

580

【多肉植物/種子】Pachypodium Saundersii★パキポディウム サウンデルシー☆ 白馬城 [並行輸入品]

【置き場所】 一年を通して直射日光のよくあたる場所で管理します。 パキポディウムの仲間を栽培する上で日光はとても重要です。 日光が不足すると幹や枝が徒長しやすくなり、日光不足の状態で長時間栽培すると根腐れを起こしたり、株の内部から腐敗しやすくなります。 パキポディウムは寒さに弱いので、冬場でも日光のよく当たる場所で管理し、寒さに当てないようにしましょう。 また、風通しの悪い場所ではカイガラムシが発生しやすくなります。 硬く締まった株に育てるためにも日当たりや風通しには特に注意しましょう。 【水やり】 成長期の夏は土が乾いたらたっぷりと水やりします。 直射日光の当たる場所では真夏は毎日水やりしても問題ありません。 むしろ梅雨明け以降は雨ざらしにし、雨風に当てた方が調子よく育ちます。 秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは完全に断水します。 春になると葉や花芽が徐々に展開し始めますが、いきなり沢山水やりせず、少しづつ水やりの回数と量を増やしていきます。 梅雨が明けるまでは、土が完全に乾いて数日おいてから天気の良い日に水やりするようにします。 【肥料】 成長期の夏に薄めた液肥を与えます。 用土によく醗酵した有機質肥料や、マグァンプKなどの緩効性肥料をごく少量混ぜ込んでおいても良いと思います。 【適温】 パキポディウムは寒さに弱いため、冬は日差しの良い暖かいところで管理します。 葉を落とした後の休眠期も、表皮の下の葉緑素で光合成を行って寒さに対する体力を静かにつけています。 休眠中もなるべく日光にあて、日中に鉢内と植物自体の温度を上げると耐寒性も増します。

【写真現物販売商品】斑入りお金のなる木 成金草 (花月・かげつ)しあわせをはこぶ木 きらめき♪黄金の葉♪和を代表する植物♪ インテリア陶器鉢♪BX-2現品販売品/多肉植物【楽ギフ_包装】【楽ギフ...

全2商品

6,264

【写真現物販売商品】斑入りお金のなる木 成金草 (花月・かげつ)しあわせをはこぶ木 きらめき♪黄金の葉♪和を代表する植物♪ インテリア陶器鉢♪BX-2現品販売品/多肉植物【楽ギフ_包装】【楽ギフ...

ΦΦΦΦΦΦΦ 商品説明 ΦΦΦΦΦΦΦ 【植物の内容】 植物名 斑入りお金のなる木 成金草 (花月・かげつ) しあわせをはこぶ木 きらめき 写真の商品をお送りいたします 全体の大きさ 高さ 約38センチ 横 約25センチ 鉢の素材 インテリア陶器鉢 受け皿付き 管理方法 非常に丈夫でで簡単な植物だと思います。肉厚のある葉はとても植物と思えないほどです。 長い間、留守にしても水やりの心配もあまりしなくても良いので安心です。 とても成長が遅い植物ですがそこが面白い植物だと思います。 室外・室内の明るいところに置いて管理してください。 (冬は室内) 水は土の表面が乾いたら与えてください。 ※あげすきはダメです 植物を元気に育てたい方は肥料をオススメします。 初めての方にも安心♪ 商品管理マニュアル付き こちら←土・肥料 (植物に栄養を・・・) 『24時間ご注文承っております』 ※営業時間外及び、定休日は翌日のご連絡になりますのでご了承ください。 ΦΦΦΦΦΦΦ コメント ΦΦΦΦΦΦΦ ■お客様に代わって気持ちを伝えます。 ■日頃の感謝の気持ち お祝い事に・・・ 『このような日にご利用されています』 【自分へのご褒美】【お歳暮】【プレゼント】【ギフト】【結婚祝い】【お祝い】【母の日】【出産祝い】【退職祝い】【バレンタインデー】【お誕生日】【結婚記念日】【開店祝い】【新築祝い】【贈呈花】【送別祝い】【内祝い】【入学祝い】【卒業祝い】【引越し祝い】 【お礼】【自宅用】【贈答用】【記念日】【お見舞い】【クリスマス】【ピアノの発表会】【敬老の日】【お中元】【御歳暮】【父の日】【ホワイトデー】ΦΦΦΦΦΦΦ 観葉植物を楽しむ ΦΦΦΦΦΦΦ 写真そのものの現品商品をお届けさせていただきます ■観葉植物をお部屋に置くと色々な効果を発揮してくれます。...

【現品・現物】アガベ・パリー・ホーチエンシス(ホーチエンス)12号 Agave parryi huachuensis F-28

松や植物園 楽天市場支店

64,800

【現品・現物】アガベ・パリー・ホーチエンシス(ホーチエンス)12号 Agave parryi huachuensis F-28

アガベ・パリー・ホーチエンシス(ホーチエンス) Agave parryi huachuensis 【サイズ】 全高:43cmアガベ自体の横幅35cm 12号プラスティック鉢 【商品について】 12月にカリフォルニアから根あらいして輸入したもので、太い根がついている状態でうえてあります。 細部まで の発根は不明です。 強靭で育てやすく、耐寒性もあります。 葉が、横に広がるのではなく上へ成長していくイメージで展開するところが 特徴です。国内流通はほぼない大変、希少なアガベの一つです。 -------------------------------------------------------------- 【送料区分A(小中型商品)】 北海道・東北地方・沖縄以外は一梱包につき1,080円 北海道・東北地方は一梱包につき2,160円 離島・沖縄へは送れません。 -------------------------------------------------------------- ※季節により、落葉や花の状態等が変わりますので写真と状態が変わっている場合が ござますが正常な成育のサイクルですのでご安心下さいませ。リプサリス・エリプティカ リュウビンタイ 羊歯 シダ 観葉植物 多肉植物 インテリアグリーン 木 植物 鉢植え 塊根植物 コーデックス格安 最安値 アウトレット そら植物園 訳あり アウトレット パキポディウム ビカクシダ アガベ アデニウム ウチワサボテン トックリヤシ 塊根 dyckia グズマニア サボテン リプサリス ユーフォルビア オベサ アロエ ディコトマ ガジュマル コウモリラン ソテツ フランスゴムの木 ヘゴ ヘゴの木 塊根植物 蘇鉄 アフリカ ソテツ エア プランツ モンステラ・デリシオサ・バリエガータ...

お買い物マラソン
送料無料
(観葉)【ガジュマル×四角陶器】【ガジュマル×丸陶器】【送料無料】ガジュマル 5号【ガジュマル5号】【オリーブ テラコッタ】【ハオルチア 多肉植物】ギフト★育てやすい 観葉植物 ミニ【楽ギフ_包装...

FlowerKitchenJIYUGAOKA

3,218

(観葉)【ガジュマル×四角陶器】【ガジュマル×丸陶器】【送料無料】ガジュマル 5号【ガジュマル5号】【オリーブ テラコッタ】【ハオルチア 多肉植物】ギフト★育てやすい 観葉植物 ミニ【楽ギフ_包装...

サイズにつきまして 植物なので入荷状況により、多少サイズに変動がございますことをご了承下さいませ。 以下のサイズは目安となっておりますのでご参照ください。 □商品サイズ ガジュマル5号-四角陶器ホワイト 高さ約25〜30センチ 横約11.5センチ 陶器ホワイト 高さ12センチ×横11.5センチ 受け皿ホワイト 14×14×2センチ □商品サイズ ガジュマル5号-丸陶器ホワイト 高さ:約25-30センチ 幅:約12センチ □商品サイズ オリーブテラコッタポット 全体高さ…約45-50cm 全体幅…約25-30cm □商品サイズ ハオルチア グレー・ホワイト 全体高さ…約18-20センチ 全体横…約14センチ ご注文後に当店より”受付完了メール”が来ない??場合 当店ではご注文後2日以内に当店より「受付完了」メールを送信しております。 (但し、冬季・夏期休暇中は除かせていただきます。)注文後、確認のメールが来ない。、発送・お振込み等のお知らせが来ない場合はこちらをご参照下さい。 発送について ギフト対応について ギフト対応についてはこちらをご覧ください! お届け日指定 ご希望のお届け日は商品購入の際にお選び下さいませ。 メッセージ フリーメッセージを添える場合は、買い物かごのメッセージ入力欄でご入力ください。 商品のキャンセル *お届け日の5日前までならお承り致します。 *キャンセルのご連絡はお電話でお願い致します。 メールでのご連絡はお承りできませんのでご了承ください。 *すでに商品をお作りしてしまった場合や、配送済みの場合は、変更・キャンセルは出来ませんので予めご了承ください。 *写真の花はイメージです。季節によって変わります。 *商品の性質上、原則として返品キャンセルは出来ません。商品作成後、お届け後もキャンセルは出来ません。...

お買い物マラソン
スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「多肉植物笹の雪」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ