「冬に咲く草花」 の関連商品を含む検索結果 9件

草花の苗/ヒガンバナ(彼岸花・リコリス ラジアータ):赤3.5号ポット20株セット

園芸ネット プラス

6,539

草花の苗/ヒガンバナ(彼岸花・リコリス ラジアータ):赤3.5号ポット20株セット

ヒガンバナは球根植物のリコリスの仲間で、曼珠沙華(マンジュシャゲ)=「天上の花」として知られています。秋に咲く真っ赤な花が楽しめます。葉がない状態で花が咲いた後、晩秋に葉が出てきます。葉は冬中は姿が見られますが、翌春になると枯れ、秋に花が出てくるまで地表には何もない状態となります。モグラよけにもなるので、田畑の土手などによく植えられます。原産国:中国花期:8〜9月草丈:30〜50cm栽培方法:球根の肩が見えるくらいに浅く植えてください。植付時に水をやってから、1週間くらいは水を与えないで下さい。以後、やや乾燥気味に管理してください。庭・花壇・鉢植え・プランターいずれでも大丈夫です。花が咲き終わったら早めに花柄を切り、葉はそのまま伸ばして来年まで球根を太らせます。お届けする苗は3.5号(直径10.5cm)ポット入り、1ポット3〜4球植え、20ポットセットです。お届け時期により地上部のない状態となりますので、ご了承ください。※開花するサイズの球根でのお届けですが、リコリスは移植を嫌う性質があるため、植え付け当年は開花せず、翌年からの開花となる場合があります。グランドカバーとして植える場合、1平米に20〜36株を目安にしてください。■この商品はメーカー直送にてお届けのため、下記サービスについてはお受けできません。・メッセージカードの添付・代金引換決済■お届け地域について ・北海道、沖縄、離島へのお届けは、追加送料(実費)をいただく場合があります。 ヒガンバナ(彼岸花・リコリス ラジアータ):赤3.5号ポット20株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

草花の苗/ハイビスカス:アドニスマンゴー4号ポット

園芸ネット プラス

641

草花の苗/ハイビスカス:アドニスマンゴー4号ポット

グラフハイビスカスは従来のハイビスカスに比べ、非常に花持ちの良いコンパクトタイプのハイビスカスです。花芽が一度にたくさんたまるので次々に花が楽しめます。ヨーロッパで人気な品種です。花保ち抜群の品種で、従来は1日花(朝開花して夕方しぼむ)のハイビスカスですが、この品種は2〜3日間開花したまま。1つの花が長く楽しめます。また、従来の品種に比べて耐陰性が優れ、樹形もコンパクトなので、室内の窓辺などの明るい場所で楽しめます。長い期間にわたって次々と大きく華やかに咲く花が、南国気分を盛り上げてくれます。開花期:初夏〜秋<置き場所>適温 : 15〜25度室内 : 日当たりの良い窓際でも楽しむことができます。暗い場所では蕾が咲かない場合があります。屋外 : 日当たりの良い場所(真夏は明るく涼しい場所)。植え替えはすぐにしなくても大丈夫です。花が終わったら、花がらを摘みながら蕾が咲くのを待ちます。 開花期が終わったら寒くなる前に伸びすぎた株を切り戻してください。冬は霜の当たらない室内で管理してください。春先にはまた新しい花が楽しめます。<水やり>受け皿等を利用して10分〜20分間底から水を吸い上げる方法が理想です。底から吸い上げられない場合は、なるべく植物に水がかからないよう直接土に水をあげてください。夏の場合、1日1回、春と秋は2〜3日に1回、冬は5〜6日に1回ぐらいが目安です。やりすぎも根腐れの元ですが,水をやり忘れるとしおれます。一番分かりやすいのは,鉢の重さを覚えてください。水をあげる前とあげたあとに鉢を持ち上げて、重さを覚えてしまえば、水やりが必要かどうかは分かるようになります。<肥料>ハイビスカスは肥料が大好きな植物です。肥料が少ないと、花つきが悪くなったり、花が小さく花色が薄くなったりします。蕾が落ちたり...

草花の苗/ハイビスカス:アドニスピンク3.5号ポット

園芸ネット プラス

648

草花の苗/ハイビスカス:アドニスピンク3.5号ポット

非常に花持ちの良いコンパクトタイプのハイビスカスです。花芽が一度にたくさん上がり、次々に花が楽しめます。花保ち抜群の品種で、従来は1日花(朝開花して夕方しぼむ)ですが、この品種は2〜3日間開花したまま。1つの花が長く楽しめます。また、従来の品種に比べて耐陰性が優れ、樹形もコンパクトなので、室内の窓辺などの明るい場所で楽しめます。長い期間にわたって次々と大きく華やかに咲く花が、南国気分を盛り上げてくれます。タイプ:非耐寒性常緑低木開花期:初夏〜秋<置き場所>適温 : 15〜25度室内 : 日当たりの良い窓際でも楽しむことができます。暗い場所では蕾が咲かない場合があります。屋外 : 日当たりの良い場所(真夏は明るく涼しい場所)。植え替えはすぐにしなくても大丈夫です。花が終わったら、花がらを摘みながら蕾が咲くのを待ちます。 開花期が終わったら寒くなる前に伸びすぎた株を切り戻してください。冬は霜の当たらない室内で管理してください。春先にはまた新しい花が楽しめます。<水やり>受け皿等を利用して10分〜20分間底から水を吸い上げる方法が理想です。底から吸い上げられない場合は、なるべく植物に水がかからないよう直接土に水をあげてください。夏の場合、1日1回、春と秋は2〜3日に1回、冬は5〜6日に1回ぐらいが目安です。やりすぎも根腐れの元ですが,水をやり忘れるとしおれます。<肥料>ハイビスカスは肥料が大好きな植物です。肥料が少ないと、花つきが悪くなったり、花が小さく花色が薄くなったりします。緩効性の化成肥料を1〜2ヶ月に1回ぐらい、あるいは薄めた液肥を月2〜3回与えてください。3.5号ポット植えです。 写真は開花時のイメージですが、お届けの際はまだ開花していない状態となる場合もあります。ハイビスカス:アドニスピンク3...

白花ホタルブクロ 3号ポットとても丈夫で育てやすい!!釣鐘型のお花が愛らしいお花です♪白花ホタルブクロ

ファーム フローラル

540

白花ホタルブクロ 3号ポットとても丈夫で育てやすい!!釣鐘型のお花が愛らしいお花です♪白花ホタルブクロ

−ホタルブクロの育て方− 日本各地の日当たりのよい草原や山地に分布する草花です。 初夏に釣り鐘状の花が下向きにぶら下がり1本の茎にたくさん付けます。 名前の由来は子供が花の中に蛍を入れて遊んだところからとか、 ちょうちんの古名「火垂る袋」が転じてこの名前が付いたなど、諸説があります。 日当たりと水はけが良ければ特に手間はかからず、地下茎で容易に増えます。 ○置き場所 日当たりのよい場所〜半日陰の場所で良く育ちます。 野生のものも日の当たらない山中や林の中などにはあまり見られず、 比較的日の当たる平原や林の縁にまばらな感じで群生しています。 暑さには弱く、花後〜秋までには地上部の茎葉が枯れて、地中の根の状態で冬を越します。 夏は明るい木陰など暑さの避けられる場所がよいですが、 それ以外の季節はよく日の当たる場所で育てた方がよいでしょう。 ○手入れ 大型の野草で花が咲く頃には草丈も高くなります。草丈を低くしたい場合、 春に新芽が出てある程度の大きさになったら、茎を適当な位置で切り戻すようにしましょう。 新芽が出て地上部が枯れるまでは土の表面が乾いてきたら水を与えましょう。 冬は休眠期で生長しませんので水やりの回数は控えめにして乾かし気味にします。 肥料は生育期に液体肥料を月2〜3回与えます。 花後は株の充実のため多少肥料を与えましょう。子株には夏の間も施します。 ホタルブクロは、花後から秋までには地上部の茎葉が枯れて、 地中の根の状態で冬を越します。花が終わった後は株元から刈り込むようにしましょう。 ○用土 水はけの良い土が適しています。赤玉土4:鹿沼土4:腐葉土2の割合で混ぜた土を使います。 庭土が粘土質ならば砂や軽石小粒などを混ぜます。砂質ならば黒土などを適宜加えましょう。 地植えにする場合はできるだけ水はけの良い木陰などを選びましょ...

こちらの関連商品はいかがですか?

人気の花・ガーデニング用品の冬に咲く草花、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵な庭を演出する花・ガーデニング用品。ガーデニングが素敵になる冬に咲く草花が見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい花・ガーデニング用品が充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「冬に咲く草花」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ