「ロマネスコ苗」 の関連商品を含む検索結果 2件

こちらの関連商品はいかがですか?

【イタリアの野菜の種】 チコリーミックス Hortus社

ミセスリビング

486

【イタリアの野菜の種】 チコリーミックス Hortus社

●種まき 3〜4 9〜10 ●収穫 4〜5 10〜12 【栽培】 水はけが良く有機質に富んだ肥沃な土を十分湿らせて、直播か、育苗ポット蒔きにします。発芽までの約1 週間表面が乾いたら丁寧に水やりをします。 2〜3回の間引きで、本葉5〜6枚で株間25cm程度に植込みます。 間引き葉はその都度サラダ等に使用します。 生育温度は15〜20℃と涼しい気候を好みます、直射日光より明るい半日陰の風通しの良い場所で育てます。 【収穫】 ベビーリーフとしては15cm位に育った大きめの葉から丁寧に摘み取ります。また種蒔き時を2〜3週間ずらすことで収穫期を長く楽しめます。コンテナ(水切れに要注意)でもガーデンでも観賞用としも楽しめます。 ■生産地 イタリア 内容量 8g 1991:スパドーナ20% 1821:ロッサ ディ ヴェローナ20% 1881:カステルフランコ20% 1971:pan di zucchero20% 1921:グルモロヴェルデ20% 赤い色のチコリーは1821 rossa di Veronaですが、寒さに当たると紅葉と同じような感じで徐々に赤くなって行きます。 ですので霜に当てても大丈夫です。それで初春にはきれいなワイン色づきます。 芽が出た直後の状態でも、細い茎の部分はうっすらピンク色です。 それぞれの栽培方の詳細は弊社HPの個々の商品のところをご覧ください。 一般に、チコリーは寒さにとても強く、苦味があるので虫もつかずとても育て易いです。 種子はばら撒きし、成長に従って葉が重ならないように間引きを重ねていけばそのくらいで手はかかりません。 チコリーミックスはベビーリーフとして食べていただいて結構ですのでまだ苦味の少ない柔らかい葉を収穫します。

【イタリアの野菜の種】 フェンネル・マントヴァーノ Hortus社

ミセスリビング

486

【イタリアの野菜の種】 フェンネル・マントヴァーノ Hortus社

セリ科 多年草 耐寒性(フィノッキオ) 草丈100〜200cm ●種まき 4〜5月、9〜10月 ●収穫 茎一葉 4〜8月 花 6〜8月 種 8〜9月 【栽培】 日当たり,水はけの良い有機質に富んだ肥沃な土に石灰 を混ぜ込み,移植を嫌う直根性で,直蒔きか育苗ポット 蒔きにします.2〜3度の間引きで株間50cm位とし,有機 肥料と一緒に土寄せをし,倒伏防止に支柱を立てます. 間引き葉はサラダやスープ等のアクセントに,ディル, コリアンダーとは近縁種で交雑するので混植を避けま す.コンテナ栽培は、30cm以上の深さで直径30cm位が—株の目安で水切れに要注意. 食用にする場合は株元の茎がゴルフボール大になった らしっかり土寄せをし株元に光が当たらない様にし,長 ネギの白い部分作りと同じ作業(軟白処理)で,白く,柔らかくします. ☆利用法☆ スパイシーな香りと,ほのかな甘みは魚介の生臭さ,脂 っこさの解消と風味付けに,魚料理やブイヤベースには 欠かせない『魚のハーブ』と呼ばれています.他にピクルス,マリネ,ハーブオイル,カレー等の風味付けに利用します。 生産地 イタリア 内容量 7g 発芽率75% 種子数 約1360粒種子の薬品による消毒はしておりません

【イタリアの野菜の種】 オニオン ボレッターナ Hortus社

ミセスリビング

486

【イタリアの野菜の種】 オニオン ボレッターナ Hortus社

●種まき 9〜10月 ●植え付け 11月 ●収穫 5〜6月 【栽培】 冷涼な気候を好み、耐寒性も強い。日当たり、水はけ が良く有機質に富んだ肥沃な土に、30cmの条間にすじ まきをします, 土かけは薄めにし、発芽までの10〜15日は表面が乾燥 しないように丁寧に水やりをします。 日本では秋まきが一般的の様です。 播種後約2ヵ月で間引きを重ね,株間を15〜20cmとし,有 機肥料をたっぷりと混ぜた土で「土寄せ」をし潅水も 十分にしますコンテナ栽培も比較的簡単で深さ3 0cm以上のものを使用し,水切れには注意します. 【収穫】 葉の大半が黄色く枯れてきたら収穫適期です。好天日 に株元より抜き取り、風とおしの良い日陰に吊るせば 長期保存も可能です。 【特徴】 小さくてフラットな形の日本ではあまり見かけない珍 しい品種です。ピクルスに使ったり、シシカバブの串 に刺さしたりするのに向いています。 甘く、香りもとてもいいです。 ☆利用法☆ 栄養豊富で、辛み、刺激的な臭いも少なく、サラダの 彩りに、伊・仏料理の味のベースになっている素材。 又、ピラミッド建設労働者に栄養補給に「にんにく」 と合わせて食べさせた記録が残っているほど栄養満点です。 ■生産地 イタリア 内容量4.5g 発芽率70% 種子数 約1260粒 種子の薬品による消毒はしておりません

【イタリアの野菜の種】 メロン Napoletano giallo3 種 Hortus社 ナポリイエロー

ミセスリビング

486

【イタリアの野菜の種】 メロン Napoletano giallo3 種 Hortus社 ナポリイエロー

●種まき 3〜4月 ●植えつけ 5月 ●収穫 6〜8月 【栽培】 肥沃で有機質に富んだ水はけのいい土を育苗トレイに入れ、そこに一晩水につけた種を点まきします。 lcmくらいの深さに埋め込み、水をたっぷりやり、上から水でぬらした新聞紙をかぶせます。トレイの底をヒーターに当て、温度を約30度に保ちます。約3日で発芽が揃ったら温度を下げます。約2週間後、小さな苗をポットに鉢上げします。 【植えつけ】 種まきから約3週間ー1ヵ月後、路地に植えつけます。元肥をまいてよく耕した土壌に株間90cmで苗を植えつけます。十分水遣りをし、ホットキャップをかけます。 本葉5-6枚で親づるを摘芯し、子づるを3本伸ばします。 子づるも本葉20枚で摘芯し、孫づるに実をつけさせます。 人工受粉をするとより確実に実がつきます。よけいな実は早く摘み取ります。 【収穫】 開花後50日程度で果実が熟成します。 【特徴】 日本では見かけない楕円形のぼこぼことした縞が入った メロンです。表皮は鮮やかなレモンイエロー、果肉は白いタイプです。 生産地 イタリア 内容量4.5g発芽率80% 種子の薬品消毒はしておりません。鮮やかな黄色のラクビーボール型のメロン、ナポレターノ。皆さんの畑では、今どのくらい成長していらっしゃいますか? このメロン、一般的に定植後110日程度で収穫期を向かえます。平均果重は2.2-2.5Kgくらい、イタリアではだいたい9月に収穫するようです。 が、すぐには皮が固くてとても食べれません。 ここからが肝心!!このメロンを収穫したら、まずはネットに入れて日陰で風通しのいい場所に吊るしておきます。 じっくり待つこと数ヶ月、だいたい11月〜12月くらいになったらメロンが熟し、ちょうど食べごろになります。 そうして味わう白い果肉は本当に本当に甘く、香りもと...

【イタリアの野菜の種】 サボイキャベツ ベローナ種(紫) Hortus社 ヴェローナキャベツパープル(晩生種)

ミセスリビング

486

【イタリアの野菜の種】 サボイキャベツ ベローナ種(紫) Hortus社 ヴェローナキャベツパープル(晩生種)

サボイキャベツ・ベローナ アブラナ科・ベローナ種 ●種まき:一般地7-8月 ●収穫:11-3月 【種まき】 日当たり、水はけが良く有機質に富んだ肥沃な土に、5-6cm間隔にすじ蒔きし、うっすら土をかぶせ、発芽迄の4、5日は表面が乾燥しないように丁寧に水やりをする。 【植えつけ】 2、3回の間引きで健全な株を育て本葉が5-6枚(播種から40から50日)に生育した頃60cmの畝に40から50cm間隔で根土ごと植え付け、有機肥料をたっぷりと混ぜ込んだ土で「土寄せ」をし、その後も土寄せを繰り返します。 【収穫】 本葉が20枚位で結球が始まり、約1ヶ月後が収穫適期です。頭を手で押さえ硬くなったらGOODです。 ☆コンテナ栽培は深さ30cm以上口径30cmに1株が目安です ☆利用法☆ この品種はイタリアでもっとも人気のあるものでピンクがかった緑色が大変美しく、さらに味も絶品です。 平均果重は2.0-2.2Kgと大きく、形は上下を押しつぶしたような扁平(フラット)、定植後収穫までにはだいぶ時間がかかります。 煮物 スープ、詰め物、炒め物とバラエティーに富んでいます。 ■生産地 イタリア ■内容量 5g

【イタリアの野菜の種】 オニオン(チポッラ)・ブランカ Hortus社 ブランカバルレッタ

ミセスリビング

486

【イタリアの野菜の種】 オニオン(チポッラ)・ブランカ Hortus社 ブランカバルレッタ

●種まき 9〜10月 ●植え付け 11月 ●収穫 5〜6月 【栽培】 冷涼な気候を好み、耐寒性も強い。日当たり、水はけが良く有機質に富んだ肥沃な土に、30cmの条間にすじまきをします,土かけは薄めにし、発芽までの10〜15日は表面が乾燥しないように丁寧に水やりをします。日本では秋まきが一般的の様です。 播種後約2ヵ月で間引きを重ね,株間を15〜20cmとし,有機肥料をたっぷりと混ぜた土で「土寄せ」をし潅水も十分にしますコンテナ栽培も比較的簡単で深さ30cm以上のものを使用し,水切れには注意します. 【収穫】 葉の大半が黄色く枯れてきたら収穫適期です。好天日に株元より抜き取り、風とおしの良い日陰に吊るせば長期保存も可能です。 【特徴】 パール色の、小ぶりな品種で収穫が簡単です。ピクルスやシシカバブ、グリルしてステーキの付け合せに特にむいています。 ☆利用法☆ 栄養豊富で、辛み、刺激的な臭いも少なく、サラダの彩りに、伊・仏料理の味のベースになっている素材。又、ピラミッド建設労働者に栄養補給に「にんにく」と合わせて食べさせた記録が残っているほど栄養満点です。 ■生産地 イタリア 内容量 4.5g 種子数 約1260粒

【イタリアの野菜の種】 オニオン(チポッラ)・トンダ Hortus社 丸い鼻

全2商品

486

【イタリアの野菜の種】 オニオン(チポッラ)・トンダ Hortus社 丸い鼻

ユリ科・パルマ種 ●種まき 9〜10月(発芽適温20-25℃) ●植え付け 11月 ●収穫 5〜6月 【栽培】 冷涼な気候を好み、耐寒性も強い。 日当たり、水はけが良く有機質に富んだ肥沃な土に、30cmの条間にすじまきをします。 土かけは薄めにし、発芽までの10〜15日は表面が乾燥しないように丁寧に水やりをします。 日本では秋まきが一般的の様です。 播種後約2ヵ月で間引きを重ね,株間を15〜20cmとし,有機肥料をたっぷりと混ぜた土で「土寄せ」をし潅水も十分にします。コンテナ栽培も比較的簡単で深さ30cm以上のものを使用し,水切れには注意します。 【収穫】 葉の大半が黄色く枯れてきたら収穫適期です。好天日に株元より抜き取り、風とおしの良い日陰に吊るせば長期保存も可能です。 【特徴】 大玉で、まんまるに近い球形、表皮が白いイタリア、スペインで人気のオニオンです。 その味も最高です。長期保存には向かないタイプです。 ☆利用法☆ 栄養豊富で、辛み、刺激的な臭いも少なく、サラダの彩りに、伊・仏料理の味のベースになっている素材。又、ピラミッド建設労働者に栄養補給に「にんにく」と合わせて食べさせた記録が残っているほど栄養満点です。 ■生産地 イタリア 内容量 4.5g 発芽率70%

人気の花・ガーデニング用品のロマネスコ苗、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵な庭を演出する花・ガーデニング用品。ガーデニングが素敵になるロマネスコ苗が見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい花・ガーデニング用品が充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「ロマネスコ苗」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ