「ロウバイ」 の関連商品を含む検索結果 25件

花木 庭木の苗/ロウバイ:満月(まんげつ)樹高1.2〜1.5m 根巻きまたはポット苗

園芸ネット プラス

8,586

花木 庭木の苗/ロウバイ:満月(まんげつ)樹高1.2〜1.5m 根巻きまたはポット苗

【大型送料商品】ロウバイは春の訪れを予感させてくれる香り高い花として庭木や鉢植えに人気です。黄色の梅のような形の花をうつむき加減に咲かせます。暑さ寒さにも強く、全国で栽培可能です。満月は、素心ロウバイの変種で、よく目立つ抱え咲きの丸弁大輪で花形がよい品種。12月あたりから開花し、芳香があります。タイプ:ロウバイ科ロウバイ属の落葉低木栽培適地:日本全国樹高:2〜3m開花期:12〜1月半ば頃植付け適期:2月下旬〜3月、11〜12月日照:日向むき栽培方法:日当たりのよい場所に植え付けます。植付け時に植え穴に緩効性肥料を施してください。水はけの悪く湿った土壌を嫌いますので、その場合には盛り土をして水はけを良くします。小苗のうちは花が咲きませんので、小さい苗をうえつけた場合は開花は3〜5年後となります。株元から勢いよく伸びる徒長枝は花がつきませんが、ほうっておくか枝先のみを軽く剪定すると翌年は花がつきます。剪定は11〜12月または2〜3月に行います。花芽のない枝は、秋の剪定で深く切り戻します。芽吹く前に込み合った枝などの整理をします。開花後、開花した枝の基部近くまで切り戻し、新しい枝の成長を促します。また、古くなった枝は強く切り詰め、株の更新をします。2月下旬〜3月上旬、8月下旬9月〜10月に根元に緩効性肥料を与えます。お届け後は根を乾かさないように管理し、なるべく早く植えつけてください。樹高につきましては入荷時期により多少変動することがありますので、ご了承ください。写真は開花時のイメージです。※商品の取り寄せにお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。■この商品はメーカー直送にてお届けのため、下記サービスについてはお受けできません。・日曜祝日指定・時間帯指定・メッセージカードの添付・代金引換決済ロウバイ:満月(まんげつ)樹高1.2...

【現品発送】常緑ロウバイ(トキワロウバイ)株立 樹高2.0-2.5m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

ぐりーんぐりーん

12,800

【現品発送】常緑ロウバイ(トキワロウバイ)株立 樹高2.0-2.5m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

送料は全国一律2,800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: JU01(2.4m) 新着! 商品番号: JU02(2.4m) 新着! 商品番号: JU03(2.5m) 新着! 商品番号: JU04(2.2m) 新着! 商品番号: JU05(2.0m) [S1.5][S2.0]常緑ロウバイ(トキワロウバイ) 珍しい常緑!秋咲きです 常緑ロウバイは、珍しい常緑のロウバイです。開花は秋に、薄い黄白色の花を咲かせてくれます。葉は濃い緑色で厚く光沢があります。 乾燥させた葉はキンモクセイの香りがします。 分類 植栽適地 常緑高木 南関東〜九州 鑑賞ポイントと時期 11月頃 透き通るような薄い黄白色の花が咲く 管理のポイント 植えつけ 肥沃な土壌を好むので、土に腐葉土を十分に混ぜて植えつけを行うとよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 2〜3月頃に寒肥(有機質肥料)を与える。 基本の剪定 11月月頃に、伸びすぎたり、邪魔な枝の間引きを行いながら樹形を整える。毎年少しずつ樹形を整えていく。

ロウバイ 単木 樹高 H:1500mm 【RCP】 05P03Dec16

全147商品

5,084

ロウバイ 単木 樹高 H:1500mm 【RCP】 05P03Dec16

商品詳細 ロウバイ科ロウバイ属 落葉低木 花期は1月から2月頃で黄花を咲かせ、芳香は強いです。 花やつぼみから抽出した蝋梅油(ろうばいゆ)を薬として使用することができます 画像は見本です。植物ですので個体差があります。同規格の商品の発送となります 時期によって画像にある花や実、葉は少ないまたは、付いてない場合があります 植木1500 送料 地域送料 北海道6,000円 青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島4,500円 茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川3,500円 新潟・山梨・長野3,500円 岐阜・静岡・愛知・三重3,500円 富山・石川・福井3,500円 滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山2,800円 山口・島根・鳥取・広島・岡山2,500円 高知・徳島・香川・愛媛2,800円 福岡・佐賀・長崎・大分・宮崎・熊本・鹿児島2,000円 沖縄50,000円 注意事項(ご注文前にご確認下さい) ※ 離島は、別途中継料金がかかります。 ※ ご注文の商品により日時指定をお受けできない場合がございます。 ※ ご注文時、日時指定をいただいた場合でも断りなく無効とさせていただく場合がございます。 ※ 久留米運送及び西濃運輸でのお届けの場合は、日祝祭日の配送ができない地域がございます。 ※ 植え込み予定日が限られる場合(業者さんに依頼している。休みを取っている等)は十分余裕をもってご注文をお願いいたします。 ※ 到着に関しまして、数日間の受け取り体制のご協力をお願いいたします。 ※ 配送業者の都合やその他諸事情により、連絡なく配送に遅延が生じる場合がございます。 ※ ご注文商品の内容(数)または運送方法により若干送料の割り引きができる場合もございます。ご注文後、直ちに送信される自動配信メールの後にお送りするご注文確認メールにて正しい送料をご...

ロウバイ H300〜400 30本 【RCP】05P03Dec16

SORA

24,235

ロウバイ H300〜400 30本 【RCP】05P03Dec16

【商品規格】 ロウバイ(蝋梅)30本セット H300〜400mm(鉢底より) 【商品説明】 ロウバイ科ロウバイ属の落葉低木です 花期は1月から2月頃で黄花を咲かせ、芳香は強いです 花やつぼみから抽出した蝋梅油(ろうばいゆ)を薬として使用することができます 土壌を選ばず日陰でもよく育ち開花する丈夫な花木です 【注意事項】 写真は見本になります形状などご参照ください タイトルや商品説明に記載している高さの商品発送となります 植物ですので多少の個体差があります 時期によって画像にある花や実、葉は付いてない場合があります また、植物のため時期や切戻しによりサイズ違いがある場合があります 【送料】 全国一律4,800円となります) 1セット30本での送料となります。 沖縄・離島の場合は別途中継料金がかかる場合があります  ロウバイ   ・ロウバイ科 落葉広葉低木 ・花の少ない暮から早春にかけて黄色の香りのいい花を咲かせます。 ・花は小さく内弁は暗紫色です。 ・主幹は直情し、枝分かれをして広がります。 ・最終樹高は2〜3m。                 葉     フダ     根元       葉先がすっと細くなります。 ロウ細工のような花を咲かせます。 樹高H0.3〜0.4mの根元です。     豆知識   ・別名は、カラウメといわれています。 ・原産は中国で漢名は蝋梅です。 ・花やつぼみから抽出した蝋梅油を薬として使用したりしています。 ・種子に少し毒性があります。     分布図   ・東北以南での栽培が可能です。     植え方   ・植付けの適期は、落葉中の11〜3月ですが、1〜2月上旬の厳寒期は避けてください。ポット苗はこの限りではありません。 ・植付けの場所は、日なたを好みます。 ・植付けの土質は...

カリカンサス ハートレッジワインサンプル画像 高さ約1.0m花木,低木

ガーデンプランツ エナ

4,500

カリカンサス ハートレッジワインサンプル画像 高さ約1.0m花木,低木

サンプル画像です。 同等品の発送となります。 5月11日撮影 サイズ表示は根鉢を含みません。木の大きさだけでの表示です。    当店には以下のようなハートレッジワインがあります。  ハートレッジワインA ハートレッジワインB  ハートレッジワインC   高さ1.3m〜1.7m  高さ0.9m〜1.1m 高さ0.9m  カリカンサス ハートレッジワイン   カリカンサスのハートレッジワインはバーガンディ色の花ビラの木です。その落ち着いた色調はガーデンに落ち着いた趣をもたらすことでしょう。 大きくならない木なので、大きな木の下で、そっとその出番を待っている木です。その花は5〜6月にブルゴーニュのワインのような色の花を咲かせます。 木の由来は、アメリカの黒花ロウバイと中国の夏ロウバイの交配種です。あたらしい品種の木です。 夏ロウバイの花の大きさと黒花ロウバイの花色を持った木です。 花のサイズは約5センチほどです。  植付場所  やや日影がよいでしょう。  ■特徴 花がキレイ 〇 落葉樹 〇 実がなる 常緑樹 紅葉する 低木 葉がキレイ 中高木 〇 木姿がよい 〇 つる  見どころ  初夏のたくさん咲く落ち着いた色の花  メンテナンス  基本的には自然樹形

庭木:ナツロウバイ(夏蝋梅)夏ロウバイ

遊恵盆栽 楽天市場店

1,296

庭木:ナツロウバイ(夏蝋梅)夏ロウバイ

商品情報 樹種:なつろうばい、ナツロウバイ、夏蝋梅 撮影日:11月 落葉低木樹。 初夏に咲くうっすらとピンク色を帯びる花です。香りはありませんが一般的なロウバイよりも大きめの花を付けますので存在感のある花木です。*ポットでのお届けとなります。*数量ものの為、写真と若干形状が異なる場合がございます。 サイズ 樹高:約30-40cm ポット:約9cm 手入れ まず、深さ50cm、幅は植える大きさの2-3倍ほど掘ります。土が固すぎる、もしくは砂地である場合は、腐葉土やバークを1割ほど混ぜておく。根巻きはビニール紐は取り除きますが、巻いている布のようなものは腐るものですので、そのままつけて植えます。植えた直後にしっかり、たっぷりとお水をあげます。特に晩春から秋ごろは植え付け後1ヶ月は鉢植えと同じように乾き具合を見て、乾いていたら毎日でも水遣りをします。簡単な育て方説明書がご入用の方は、備考欄にお書き下さい。 詳しい手入れ方法を知りたい方は、メール等でお問い合わせ下さい。 納期 配達ご希望日時のご指定ができます。 お急ぎの場合は午前中までにご注文の場合、即日発送も可能です。※当店の在庫状況により ご指定日にお送りできないこともございます。 もし発送が遅延する際は別途メール、お電話にてご連絡させて頂きますので ご了承の程よろしくお願い致します。 送料 全国一律 600円 (北海道・沖縄は1,200円になります) 詳しくはこちら。 商品代金合計が1万円以上の場合、送料無料になります。 ろうばい、ロウバイ、黒花ロウバイ、くろばなろうばい、くろはなろうばい、黒花ろうばい、ろーばい ローバイ、ナツロウバイ、夏ろうばい、夏蝋梅、黒花蝋梅、黒花ロウバイ 黄花

【素心蝋梅(ソシンロウバイ】根巻き苗 樹高1.6m前後-

植木生産販売専門店 芝樹園

1,922

【素心蝋梅(ソシンロウバイ】根巻き苗 樹高1.6m前後-

お届けの 商品の状態 根巻き苗 樹高1.6m前後(根鉢を含む) 秋のお届けは、落葉時期が近づき、一部落葉したり、葉が落葉前で痛んでいる場合が有ります。また、活着を良くするために葉を少なくして発送する場合が多いですが、ご了承お願い致します。 荷物をお送りしていますヤマト運輸が1.7m以上の荷物が運べませんので、1.7m以上高さが有る木は、先端部は剪定してのお届けになります。なお、剪定してもまた伸びてきます。 商品の写真はお届け商品の見本品を載せております。 商品の特徴 科属名:ロウバイ科ロウバイ属落葉広葉樹 開花時期:12〜2月頃 特徴:花弁が黄色の蝋細工のような花で、 基本種のロウバイの花は花芯が暗紫色に なりますが、本品種は全て黄色になります。 花は茶席の茶花としても利用されます。 耐寒性・耐暑性が有り北海道南部から沖縄県まで栽培可能です。 日陰に耐えますが、花つきは悪くなります。 病虫害で特に目立ったものは有りません 1梱包で 送れる商品 この商品は、5本までは1梱包に入れて発送できます。 なお、他の商品と同一梱包にて発送できますが、 1梱包に入る本数が変わってくる場合が有ります。

【1年間枯れ保証】【春に花が咲く木】ナツロウバイ 10.5cmポット 【あす楽対応】

全2商品

864

【1年間枯れ保証】【春に花が咲く木】ナツロウバイ 10.5cmポット 【あす楽対応】

→送料無料セットはこちらナツロウバイ 商品一覧10.5cmポット900円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じロウバイ科ナツロウバイ属の商品ナツロウバイ【ナツロウバイ】(夏蝋梅)読み:なつろうばい学名:Sinocalycanthus chinensisロウバイ科ナツロウバイ属落葉低木別名:シャラメイ【名前の由来】夏に咲くロウバイから。【商品情報】ロウバイは12〜2月ごろに、蝋細工のような光沢がる黄色い花が咲きます。非常に芳香がよく他の花が咲かない時期に咲くため貴重な花として人気があります。5m程度になる落葉高木です。通常のロウバイは花の中心が黒紫色になります。花や実から蝋梅油がとられ薬として扱われます。非常に剛健で繁殖しやすく育て安い品種です。【育て方】日向でも日陰でも成長します。株立ちに育ち自然樹形で楽しみたい為、剪定は必要最小限にします。剛健であまり手はかかりません。適地=全国日照り=日向or半日陰樹形=株立ち最終樹高=5m施肥時期=2月or6月剪定時期=2〜3月or6月開花時期=12〜2月果実=11月用途=庭木or花木【その他】ナツロウバイは初夏に花が咲く品種です。アメリカロウバイに性質が近いです。薄桃色の花が咲きます。

こちらの関連商品はいかがですか?

【現品】ミツバツツジ 1.7m 41803

千草園芸

7,992

【現品】ミツバツツジ 1.7m 41803

写真の商品をお送りします。 写真は17年4月18日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。174d-u 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。ミツバツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【学名】Rhododendron dilatatum 【分布】関東地方から近畿地方東部の太平洋側に分布主にやせた尾根や岩場、里山の雑木林などに生育。トウゴクミツバツツジより、標高の低いところに分布。 【開花期】4〜5月 【性質】栽培しやすい。水はけのよい酸性土壌を好む。 【樹高】 2〜3m 【栽培適地】東北地方中部以南 ●ミツバツツジの特徴● 春を告げる紫の花が印象的な美しいツツジです。秋には紅葉も楽しむことができ、 和風のお庭だけでなく、洋風のお庭も美しく彩ってくれる樹木です。 品種は多岐にわたり、ミツバツツジの白花品種、朱赤色の花が咲くオンツツジなど珍しい品種もあります。 近縁種に トウゴクミツバツツジやサイコクミツバツツジ、コバノミツバツツジ、 ダイセンミツバツツジ、ユキグニミツバツツジ、キヨスミミツバツツジなどがあり、トサノミツバツツジ、ハヤトミツバツツジなどの地方変種もあります。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけのよい酸性土壌が適しています。 夏場は根元に直射日光が当たらないようにマルチなどをして対策を行ってください。 水やりは、土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えてください。土が乾燥する季節以外は、 水のやり過ぎにも注意が必要です。特に剪定の必要はありませんが、剪定は開花後に行ってください。

【現品】エゴノキピンク 単木 1.7m 32755

千草園芸

9,180

【現品】エゴノキピンク 単木 1.7m 32755

※写真の商品を御送りします。 1枚目の写真は17年5月23日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 175c-u 送料はL−3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。 (植え付け) 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 直射日光が根元に直接当たる場所では土の高温は根を弱らせ、木を枯らす原因になります。必ずバークなどを厚めに敷き詰め地温の上昇をなくしてやることが大切です。 水はけの悪い場所では深植えするのは禁物で。上からは見えなくても雨が降ると地下水位が上昇して根ぐされをおこします。下の根が根腐れを起こすと根が少なくなり、乾燥に耐えられなくなってそのまま立ち枯れたり、徐々に葉枯れを起こして衰退していきます。根鉢は必ず地面よりも高い位置になるように植えてください。植えおえた後は支柱を立てて、しっかりと固定します。 シンボルツリー 落葉エゴノキ 【分類】エゴノキ科エゴノキ属 【学名】Styrax japonica Sieb. et Zucc. 【原産】日本、中国 【別名】チシャノキ、チナイ 【用途】庭木、シンボルツリー 【開花】4月〜6月 【結実】10月 【成木】7m〜8m 落葉小高木で、エゴノキの花弁は5枚で先が反り返り、鐘形の小花をたくさんつけ、後に種ができます。...

【現品】イロハモミジ 株立ち 1.7m 07162 落葉樹

千草園芸

20,520

【現品】イロハモミジ 株立ち 1.7m 07162 落葉樹

※写真の商品をお送りします。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での発送となります。ご了承ください。 写真は16年7月16日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします 167c-u 送料はL−3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。 シンボルツリー 落葉樹 紅葉モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10〜15m 【開花期】4月〜5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 上の左が春野芽出し時、右が夏の状態です。 モミジの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。...

【現品】カリン(花梨)1.7m 12866

千草園芸

7,020

【現品】カリン(花梨)1.7m 12866

※写真の商品をお送りします。 写真は17年3月27日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 173e-u 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。 学名 P.sinensis C. K. Schneid. 成木の樹高 8m 栽培適地 東北地方〜九州 開花期 4〜5月 結実期 10〜11月カリン 分類: バラ科プセウドキドニア属の落葉樹 学名: Pseudocydonia sinensis 原産: 中国 別名: カリントウ 開花: 4月〜5月果実熟期 9月〜10月 用途: 庭植え、鉢植え 樹高: 6m-8m 栽培敵地: 東北地方以南 春に咲くピンクの花、秋の果実等を鑑賞でき、においのよい果実は室内に置くと部屋に良い香りが漂います。 果実は固くて渋いのでそのまま生で食べることはありませんが、咳止めの民間薬として焼酎に漬け込んで「カリン酒」にしたり 砂糖や蜂蜜漬けにして利用します。 木が太くなると幹に現れる模様はその木の価値を高めます。 上の写真は太くなったときに幹に現われる模様です。 カリンの育て方 水はけの良い肥沃な土壌で日当たりの良い場所が適しています。 春の4月ころからピンクの雄花と雌花を咲かせます。 左が雌花、右が雄花です。 肥料が少なかったり、鉢植えでは根詰まりをしていたりして木に元気がないときは雄花ばかりしか咲かせません。 路地植えでは雌花が咲かないことはあまりありませんが、鉢植えでは良くあります。 落葉期に植え替えをして十分な肥料を与えておくと雌花がたくさん咲くようになります。 1本でも雌花が咲けば結実します。 よく枝が伸びますから...

【現品】紫モクレン 苗木 1.7m 20402

千草園芸

7,020

【現品】紫モクレン 苗木 1.7m 20402

写真の商品をお送りします。 写真は17年5月4日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175a-u 花の色合いは生育環境により変化します。 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月〜4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3〜15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには、十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、保水性を高めることで解消されます。 水は日に何度も与えるのではなく...

【現品】常緑エゴノキ(トキワエゴノキ)1.7m 21668

全2商品

16,200

【現品】常緑エゴノキ(トキワエゴノキ)1.7m 21668

写真の商品をお送りします 写真は17年2月16日に撮影。 季節によって状態は変化します。172c-u 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。常緑エゴノキ(トキワエゴノキ) (分類): 常緑中低木 (学名): (原産): (開花期): 5〜6月 (栽培適地): 関東地方以南 ■特徴■ 常緑性のエゴノキで、しなやかな立ち性の姿 が好まれます。 黒っぽい幹と小さめの葉っぱとのバランスも よく整った樹形になりやすい樹木です。 5〜6月には芳香のあるハイノキを連想させるような花を咲かせます。 木の性質はハイノキよりも強く、暑さにも強く、当地滋賀県でも寒風の当たる場所に植えても落葉することなく、冬越ししています。 寒さにも強いです。 ■冬の状態■ 下は冬の状態です。冷え込みが強いと葉に斑点ができることがありますが春になると新しい葉が出て、綺麗になります。 ■他の販売しているエゴノキ■(通販) 他の品種に淡紅色の「ピンク チャイム」や枝が垂れ下がる「シダレエゴノキ」などがあります。

【現品】シダレエゴ 白花 1.7m 110954 r

千草園芸

10,800

【現品】シダレエゴ 白花 1.7m 110954 r

※写真の商品を御送りします。 写真は16年11月8日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1611b-u 送料はL−3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。エゴノキ 【分類】エゴノキ科エゴノキ属 【学名】Styrax japonica Sieb. et Zucc. 【原産】日本、中国 【別名】チシャノキ、チナイ 【用途】庭木、シンボルツリー 【開花】4月〜6月 【結実】10月 【成木】7m〜8m 落葉小高木で、エゴノキの花弁は5枚で先が反り返り、鐘形の小花をたくさんつけ、後に種ができます。 常緑エゴノキもあります。 木には エグイ有毒成分を含む事で、エゴノキと呼ばれたようです。 やさしい樹形が好まれ、自然株立ち樹形のものが庭木として利用されます。 一般的には白花ですが、他の品種に淡紅色の「ピンク チャイム」や枝が垂れ下がる「シダレエゴノキ」などがあります。 たまに新芽が膨らんで菊の花状のムシコブが見られることがあります。 これはイネ科のアシボソに一次寄生する「エゴノネコアシアブラムシ」の2次寄生によって作られたチュウエイです。 秋の終わりには黄色に紅葉します。 ■管理方法■(育て方) 半日陰〜日当たりを好みます。乾燥を嫌うので、植えこむ際は、しっかりと腐葉土を入れ湿度を保ちやすくしましょう。 剪定する際は、枝は根元から切り、保護剤を塗っておきましょう。 ★栽培適地:日本全国 ↑ピンクチャイム ↑常緑エゴノキ ■植え付けについて■ 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。...

【現品】黄花モクレン苗木 エリザベス 1.7m 05

千草園芸

7,560

【現品】黄花モクレン苗木 エリザベス 1.7m 05

写真の商品をお送りします 写真は17年4月13日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。174d-u 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月〜4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3〜15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには、十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、保水性を高めることで解消されます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ...

【現品】ミツバツツジ 1.7〜1.8m【厳選6種】

千草園芸

8,100

【現品】ミツバツツジ 1.7〜1.8m【厳選6種】

写真の商品(現品番号)をお送りします。↓↓ ↓ 01 ↓ ↓ 02 ↓ ↓ 03 ↓ ↑ 01 ↑ ↑ 02 ↑ ↑ 03 ↑ ↓ 04 ↓ ↓ 05 ↓ ↓ 06 ↓ ↑ 04 ↑ ↑ 05 ↑ ↑ 06 ↑ 写真の商品をお送りします。 写真は16年12月7日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1612b-u 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。ミツバツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【学名】Rhododendron dilatatum 【分布】関東地方から近畿地方東部の太平洋側に分布主にやせた尾根や岩場、里山の雑木林などに生育。トウゴクミツバツツジより、標高の低いところに分布。 【開花期】4〜5月 【性質】栽培しやすい。水はけのよい酸性土壌を好む。 【樹高】 2〜3m 【栽培適地】東北地方中部以南 ●ミツバツツジの特徴● 春を告げる紫の花が印象的な美しいツツジです。秋には紅葉も楽しむことができ、 和風のお庭だけでなく、洋風のお庭も美しく彩ってくれる樹木です。 品種は多岐にわたり、ミツバツツジの白花品種、朱赤色の花が咲くオンツツジなど珍しい品種もあります。 近縁種に トウゴクミツバツツジやサイコクミツバツツジ、コバノミツバツツジ、 ダイセンミツバツツジ、ユキグニミツバツツジ、キヨスミミツバツツジなどがあり、トサノミツバツツジ、ハヤトミツバツツジなどの地方変種もあります。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけのよい酸性土壌が適しています。 夏場は根元に直射日光が当たらないようにマルチなどをして対策を行ってください。 水やりは...

【現品発送】ミツバツツジ A 高さ1.4m〜1.7m 低木、花木、ツツジ

ガーデンプランツ エナ

9,000

【現品発送】ミツバツツジ A 高さ1.4m〜1.7m 低木、花木、ツツジ

現品発送。 画像の商品をお届けします。 ツボミあります。 落葉樹なので、季節によって姿が変わります。 サイズ表示は木の大きさは根鉢を含みません。 木大きさだけでの表示です。 当店にはたくさんのミツバツツジのページがあります。 文字をクリックすると、そのページにジャンプします。  ミツバツツジ 富士絞り 高さ1.1m〜1.3m 16000円(税込) ミツバツツジ 駿河絞り 高さ1.0m〜1.3m 13000円(税込)  キヨスミミツバツツジ 大サイズ 高さ1.7m〜1.9m 18000円(税込)  キヨスミミツバ B 高さ1.2m〜1.3m 8000円(税込)        白花ミツバツツジ 高さ1.2m〜1.3m 3000円(税込) ミツバツツジ A 高さ1.4m〜1.7m 9000円(税込) ミツバツツジ Cクラス 高さ1.0m〜1.3m 6000円(税込)  ミツバツツジ D 高さ1.0m〜1.3m 5000円 (税込)        ミツバツツジ 高さ0.5m 1620円(税込) ミツバツツジ 高さ0.5m 3本セット 4320円(税込) ミツバツツジ 高さ 0.5m 5本セット 6480円(税込)  ミツバツツジ  ミツバツツジは綺麗なツツジです。 一斉に咲くその様は他のツツジの追随を許しません。 ややピンクを帯びた紫色は上品とも言えます。 花は葉が出る直前に開花し、木全体が花でうずまるように見えます。 春の一瞬の煌めきを感じさせてくれます。             ■特徴 花がキレイ ○ 落葉樹 ○ 実がなる 常緑樹 黄葉する 低木 ○ 葉がキレイ 中高木 木姿がよい ○ つる 注) 1、配送業者は西濃運輸です。佐川急便、ヤマト便は利用できません。 2、配送料の高い離島、沖縄、北海道は、申し訳ありませんがご利用できません。

【現品】カラスモクレン 株立ち 1.7〜1.8m【厳選3種】

千草園芸

7,560

【現品】カラスモクレン 株立ち 1.7〜1.8m【厳選3種】

写真の商品(現品番号)をお送りします。↓↓ ↓ 02 ↓ ↓ 03 ↓ ↓ 05 ↓ ↑ 02 ↑ ↑ 03 ↑ ↑ 05 ↑ 写真の商品をお送りします。 写真は17年4月13日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。174d-u 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月〜4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3〜15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには...

【現品】ナツハゼ 1.1m 32662

千草園芸

7,020

【現品】ナツハゼ 1.1m 32662

※写真の商品をお送りします。 1、2枚目の葉の茂った写真は16年9月2日に撮影。 3枚目の落葉期の写真は16年3月25日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 162d-u 送料はL−1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。ナツハゼ 【分類】ツツジ科スノキ属の落葉低木 【学名】Vaccinium oldhamii 【原産】北海道〜九州 【開花期】5月〜6月 【別名】ヤマナスビ 【結実期】10月〜11月 【樹高】1〜2m ●ナツハゼの特徴● 日本原産のブルーベリーの仲間です。実を観賞するほか、趣のある樹形を形成する性質から、庭の脇役として、植栽されます。 5月頃、枝先に長い花序を形成し、下向きにたくさんの釣鐘状の花を咲かせます。 小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋から冬には黒い実を付け、葉は紅葉して季節の変化を楽しめます。 ハゼの名前がついているが、ハゼの仲間ではなく初夏に紅葉しているように見えることから秋に紅葉するハゼになぞらえて付けられたようです。 ブルーベリーに近い仲間で、黒くてすっぱい実は果実酒などに利用されます。 ●育て方のポイント● 植える場所は水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。日当たりの良い分、紅葉は美しく色づきます。 剪定は、詰まった枝や間延びした枝を間引きます。病害虫はコガネムシの被害のある場合があります。

【現品】ミツバツツジ 1.5m 41911

千草園芸

7,776

【現品】ミツバツツジ 1.5m 41911

写真の商品をお送りします。 写真は17年4月18日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。174d-u 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。ミツバツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【学名】Rhododendron dilatatum 【分布】関東地方から近畿地方東部の太平洋側に分布主にやせた尾根や岩場、里山の雑木林などに生育。トウゴクミツバツツジより、標高の低いところに分布。 【開花期】4〜5月 【性質】栽培しやすい。水はけのよい酸性土壌を好む。 【樹高】 2〜3m 【栽培適地】東北地方中部以南 ●ミツバツツジの特徴● 春を告げる紫の花が印象的な美しいツツジです。秋には紅葉も楽しむことができ、 和風のお庭だけでなく、洋風のお庭も美しく彩ってくれる樹木です。 品種は多岐にわたり、ミツバツツジの白花品種、朱赤色の花が咲くオンツツジなど珍しい品種もあります。 近縁種に トウゴクミツバツツジやサイコクミツバツツジ、コバノミツバツツジ、 ダイセンミツバツツジ、ユキグニミツバツツジ、キヨスミミツバツツジなどがあり、トサノミツバツツジ、ハヤトミツバツツジなどの地方変種もあります。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけのよい酸性土壌が適しています。 夏場は根元に直射日光が当たらないようにマルチなどをして対策を行ってください。 水やりは、土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えてください。土が乾燥する季節以外は、 水のやり過ぎにも注意が必要です。特に剪定の必要はありませんが、剪定は開花後に行ってください。

【現品】 コハウチワカエデ 株立ち 1.9m 012071

千草園芸

24,840

【現品】 コハウチワカエデ 株立ち 1.9m 012071

※写真の商品をお送りします。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での 発送となります。 ※樹木の生長によって、箱に入らない場合 剪定させて頂くことが御座います。 ご了承の上ご購入ください。 葉が茂っている写真は17年4月24日撮影。 その他の写真は16年12月7日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします 174d-u 送料はL−3 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。小葉団扇楓(コハウチワカエデ) 【分類】: カエデ科カエデ属の落葉小高木 【学名】: 学名:Acer sieboldianum 【原産】: 北海道、本州・四国・九州に分布 【利用】: 庭木、材を工芸 【栽培適地】: 北海道〜九州 下は春の芽出しの写真です。16.4.14 コハウチワカエデは葉の大きさがハウチワカエデより一回り小さいもので、別名「イタヤメイゲツ」とも呼ばれます。 山での紅葉が真っ赤に染まることから、よく庭木に利用されます。紅葉は夏に水枯れなどが無くて綺麗に秋を迎えた葉が、紫外線がよく当たり、夜の冷え込みが強くなったときには真っ赤になります。

【現品】ツリバナ 1.8m 003 r

千草園芸

15,984

【現品】ツリバナ 1.8m 003 r

※写真の商品をお送りします。 根鉢を含めた高さは約2.1mです。 写真は14年1月6日に撮影。季節によって状態は変化します。141a-u 支柱で整形していますので1年後には取り外してください。まだ形が整っていない場合は再度くくりなおしてもう一年おいてください。 送料はL−3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツリバナ 【分類】ニシキギ科ニシキギ属 【学名】Euonyms oxyphyllus 【原産】日本 【別名】ヤマニシキギ、マユメ、マイメ、(ツリバナマユミと呼ばれる事もあります) 【用途】庭木、盆栽等 【開花】4月〜6月 【結実】9月〜12月 【成木】3m〜5m 果実は、昼間開き、夜には閉じます 成木は5mほどですが、まれに10m近く成長することもあります。 ■栽培方法 日当たりよく、水はけのよい土を好みます。 肥料は少なめでよいでしょう。 自然樹形を楽しむものですので、不要枝を整理する程度でよいでしょう。徒長枝は花芽がつかないので、5芽くらい残して切り戻しましょう。 ★栽培適地:日本全国 ツリバナ (分類) ニシキギ科ニシキギ属の落葉低木 (原産)日本の固有種 (樹高)2〜4m (開花期)5〜6月 (結実期)9〜10月 実を観賞するほか、趣のある樹形を形成する性質から、庭の脇役として、植栽されます。小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋から冬には赤い実を付け葉は紅葉して季節の変化を楽しめます。 (植え付け) 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に...

【現品】ドウダンツツジ1.3m 103104

千草園芸

7,020

【現品】ドウダンツツジ1.3m 103104

写真の商品をお送りします。 写真は17年4月12日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。174a-u 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。ドウダンツツジ 【分類】ツツジ科ドウダンツツジ属の属落葉低木 【学名】Enkianthus perulatus 【原産】日本(関東以西〜九州の限られた山地)台湾 【用途】庭木、生垣、公園樹、街路樹等 【開花期】4月〜6月 【成木】2m〜3m 【栽培適地】東北中部以南 ●四季折々の姿を見せる「ドウダンツツジ」● 灯台の脚に枝が分枝する姿が似ているところから「灯台ツツジ」と言われ、それが変形し名づけられた「ドウダンツツジ」。春には白い釣鐘状の花を咲かせ、 秋の紅葉も非常にきれいで、日本の風土にもよく合い、全国的に人気のある植物です。ドウダンツツジの中には、ベニサラサドウダンやベニドウダンなど紅花の種類も人気があります。立性でこんもりした樹形を形成する性質から、庭や路地の脇役として幅広く植えられています。枝が密に着き、刈り込んでも芽吹きやすい性質から樹形をコントロールしやすいのが特徴です。丸く刈り込まれて庭などによく植栽されています。小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の真っ赤な紅葉と季節の変化を感じさせます。幹が太くなると見られる模様も趣のあるものです。 春にはたくさんの白い釣鐘状の花を咲かせます。 ⇒ 開花後からは青々と茂ったドウダンを楽しめます。 ⇒ 秋には赤く染まった紅葉がお庭を彩ります。紅葉後は落葉期をむかえます。 ●育て方と剪定のポイント● 植える場所は、日当たり、水はけのよい肥沃な酸性土壌を好みます...

【現品】エゴノキピンク 株立ち 2.1m 52254

千草園芸

21,384

【現品】エゴノキピンク 株立ち 2.1m 52254

※写真の商品を御送りします。 写真は17年5月23日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 175c-u 送料はL−3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。 (植え付け) 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 直射日光が根元に直接当たる場所では土の高温は根を弱らせ、木を枯らす原因になります。必ずバークなどを厚めに敷き詰め地温の上昇をなくしてやることが大切です。 水はけの悪い場所では深植えするのは禁物で。上からは見えなくても雨が降ると地下水位が上昇して根ぐされをおこします。下の根が根腐れを起こすと根が少なくなり、乾燥に耐えられなくなってそのまま立ち枯れたり、徐々に葉枯れを起こして衰退していきます。根鉢は必ず地面よりも高い位置になるように植えてください。植えおえた後は支柱を立てて、しっかりと固定します。 シンボルツリー 落葉エゴノキ 【分類】エゴノキ科エゴノキ属 【学名】Styrax japonica Sieb. et Zucc. 【原産】日本、中国 【別名】チシャノキ、チナイ 【用途】庭木、シンボルツリー 【開花】4月〜6月 【結実】10月 【成木】7m〜8m 落葉小高木で、エゴノキの花弁は5枚で先が反り返り、鐘形の小花をたくさんつけ、後に種ができます。 常緑エゴノキもあります。...

【現品】ミツバツツジ 1.6m 50608

千草園芸

7,776

【現品】ミツバツツジ 1.6m 50608

写真の商品をお送りします。 写真は17年5月8日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175b-u 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。ミツバツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【学名】Rhododendron dilatatum 【分布】関東地方から近畿地方東部の太平洋側に分布主にやせた尾根や岩場、里山の雑木林などに生育。トウゴクミツバツツジより、標高の低いところに分布。 【開花期】4〜5月 【性質】栽培しやすい。水はけのよい酸性土壌を好む。 【樹高】 2〜3m 【栽培適地】東北地方中部以南 ●ミツバツツジの特徴● 春を告げる紫の花が印象的な美しいツツジです。秋には紅葉も楽しむことができ、 和風のお庭だけでなく、洋風のお庭も美しく彩ってくれる樹木です。 品種は多岐にわたり、ミツバツツジの白花品種、朱赤色の花が咲くオンツツジなど珍しい品種もあります。 近縁種に トウゴクミツバツツジやサイコクミツバツツジ、コバノミツバツツジ、 ダイセンミツバツツジ、ユキグニミツバツツジ、キヨスミミツバツツジなどがあり、トサノミツバツツジ、ハヤトミツバツツジなどの地方変種もあります。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけのよい酸性土壌が適しています。 夏場は根元に直射日光が当たらないようにマルチなどをして対策を行ってください。 水やりは、土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えてください。土が乾燥する季節以外は、 水のやり過ぎにも注意が必要です。特に剪定の必要はありませんが、剪定は開花後に行ってください。

【現品】ツリバナ 1.2m 40405

千草園芸

10,260

【現品】ツリバナ 1.2m 40405

※写真の商品を御送りします。 写真は17年4月3日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 174b-u 送料はL−1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。マユミ 【分類】ニシキギ科ニシキギ属 【学名】Euonyms oxyphyllus 【原産】日本 【別名】ツリバナ、ヤマニシキギ、マユメ、マイメ 【用途】庭木、盆栽等 【開花】4月〜6月 【結実】9月〜12月 【成木】3m〜5m □弓を作るのに丈夫な木ということで名付けられた「マユミ」。 果実は、昼間開き、夜には閉じます 成木は5mほどですが、まれに10m近く成長することもあります。 ■栽培方法 日当たりよく、水はけのよい土を好みます。 肥料は少なめでよいでしょう。 自然樹形を楽しむものですので、不要枝を整理する程度でよいでしょう。 徒長枝は花芽がつかないので、5芽くらい残して切り戻しましょう。 ■栽培適地:日本全国 ツリバナマユミ 【分類】:ニシキギ科ニシキギ属の落葉低木 【原産】:日本の固有種 【樹高】:2〜4m 【開花期】:5〜6月 【結実期】:9〜10月 実を観賞するほか、趣のある樹形を形成する性質から、庭の脇役として、植栽されます。 小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋から冬には赤い実を付け葉は 紅葉して季節の変化を楽しめます。

【現品】ドウダンツツジ1.3m 51601

千草園芸

9,720

【現品】ドウダンツツジ1.3m 51601

写真の商品をお送りします。 写真は17年5月16日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175b-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。ドウダンツツジ 【分類】ツツジ科ドウダンツツジ属の属落葉低木 【学名】Enkianthus perulatus 【原産】日本(関東以西〜九州の限られた山地)台湾 【用途】庭木、生垣、公園樹、街路樹等 【開花期】4月〜6月 【成木】2m〜3m 【栽培適地】東北中部以南 ●四季折々の姿を見せる「ドウダンツツジ」● 灯台の脚に枝が分枝する姿が似ているところから「灯台ツツジ」と言われ、それが変形し名づけられた「ドウダンツツジ」。春には白い釣鐘状の花を咲かせ、 秋の紅葉も非常にきれいで、日本の風土にもよく合い、全国的に人気のある植物です。ドウダンツツジの中には、ベニサラサドウダンやベニドウダンなど紅花の種類も人気があります。立性でこんもりした樹形を形成する性質から、庭や路地の脇役として幅広く植えられています。枝が密に着き、刈り込んでも芽吹きやすい性質から樹形をコントロールしやすいのが特徴です。丸く刈り込まれて庭などによく植栽されています。小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の真っ赤な紅葉と季節の変化を感じさせます。幹が太くなると見られる模様も趣のあるものです。 春にはたくさんの白い釣鐘状の花を咲かせます。 ⇒ 開花後からは青々と茂ったドウダンを楽しめます。 ⇒ 秋には赤く染まった紅葉がお庭を彩ります。紅葉後は落葉期をむかえます。 ●育て方と剪定のポイント● 植える場所は、日当たり、水はけのよい肥沃な酸性土壌を好みます...

【現品】エゴノキピンク 株立ち 1.6m 52259

千草園芸

13,500

【現品】エゴノキピンク 株立ち 1.6m 52259

※写真の商品を御送りします。 写真は17年5月23日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 175c-u 送料はL−2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。 (植え付け) 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 直射日光が根元に直接当たる場所では土の高温は根を弱らせ、木を枯らす原因になります。必ずバークなどを厚めに敷き詰め地温の上昇をなくしてやることが大切です。 水はけの悪い場所では深植えするのは禁物で。上からは見えなくても雨が降ると地下水位が上昇して根ぐされをおこします。下の根が根腐れを起こすと根が少なくなり、乾燥に耐えられなくなってそのまま立ち枯れたり、徐々に葉枯れを起こして衰退していきます。根鉢は必ず地面よりも高い位置になるように植えてください。植えおえた後は支柱を立てて、しっかりと固定します。 エゴノキ 【分類】エゴノキ科エゴノキ属 【学名】Styrax japonica Sieb. et Zucc. 【原産】日本、中国 【別名】チシャノキ、チナイ 【用途】庭木、シンボルツリー 【開花】4月〜6月 【結実】10月 【成木】7m〜8m 落葉小高木で、エゴノキの花弁は5枚で先が反り返り、鐘形の小花をたくさんつけ、後に種ができます。 常緑エゴノキもあります。 木には...

【現品】ダンコウバイ 1.6m 275

千草園芸

13,500

【現品】ダンコウバイ 1.6m 275

写真は17年2月27日に撮影しました。 木の状態は季節により変化いたします。 173a-u 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 11月の葉の黄葉の様子です。ダンコウバイ 分類: クスノキ科クロモジ属の落葉小高木 学名: Lindera obtusiloba Blume 原産: 中国、朝鮮、本州(新潟県、関東以西)、四国、九州 別名: ウコンバナ 開花: 3-4月 用途: 庭植え、鉢植え 樹高: 3〜7m 栽培敵地: 関東地方以南 種子に強い香りが有り檀香梅と書きます。 雌雄異株で早春に黄色い花を咲かせます。 同じ季節に黄色い花を咲かせるシロモジ、クロモジ、アブラチャンの3種とよく似ています。 3月中旬に黄色い花を咲かせます。雌花と雄花 夏の状態です。 11月に紅葉(黄葉)します。 ダンコウバイの育て方 水はけの良い乾燥しない土壌で日当たりの良い場所から半日陰が適しています。 湿った場所でも停滞水は良くありません。湿潤でも斜面などで、つまり水はけの良い場所で乾燥しない状態が最適なのです。 根元に直射が当たるのは地温が上昇して枯れる原因になりますから、マルチをしくなどの対策が必要です。 決して弱い樹木ではありませんが、少し前記のことに注意して植えつけてください。 腐葉土などは多めに混ぜたほうが良いでしょう。 また、鉢栽培では真夏は暑さで株が弱るので、半日陰の涼しい場所のほうが適しています。 病害虫はほとんどありません。

【現品】ドウダンツツジ1.2m 40301

千草園芸

5,940

【現品】ドウダンツツジ1.2m 40301

写真の商品をお送りします。 写真は17年5月4日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175a-u 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。ドウダンツツジ 【分類】ツツジ科ドウダンツツジ属の属落葉低木 【学名】Enkianthus perulatus 【原産】日本(関東以西〜九州の限られた山地)台湾 【用途】庭木、生垣、公園樹、街路樹等 【開花期】4月〜6月 【成木】2m〜3m 【栽培適地】東北中部以南 ●四季折々の姿を見せる「ドウダンツツジ」● 灯台の脚に枝が分枝する姿が似ているところから「灯台ツツジ」と言われ、それが変形し名づけられた「ドウダンツツジ」。春には白い釣鐘状の花を咲かせ、 秋の紅葉も非常にきれいで、日本の風土にもよく合い、全国的に人気のある植物です。ドウダンツツジの中には、ベニサラサドウダンやベニドウダンなど紅花の種類も人気があります。立性でこんもりした樹形を形成する性質から、庭や路地の脇役として幅広く植えられています。枝が密に着き、刈り込んでも芽吹きやすい性質から樹形をコントロールしやすいのが特徴です。丸く刈り込まれて庭などによく植栽されています。小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の真っ赤な紅葉と季節の変化を感じさせます。幹が太くなると見られる模様も趣のあるものです。 春にはたくさんの白い釣鐘状の花を咲かせます。 ⇒ 開花後からは青々と茂ったドウダンを楽しめます。 ⇒ 秋には赤く染まった紅葉がお庭を彩ります。紅葉後は落葉期をむかえます。 ●育て方と剪定のポイント● 植える場所は、日当たり、水はけのよい肥沃な酸性土壌を好みます...

【現品】オオモミジ 「オオサカズキ」(大盃) 1.7m 04051 シンボルツリー

千草園芸

12,420

【現品】オオモミジ 「オオサカズキ」(大盃) 1.7m 04051 シンボルツリー

写真の商品をお送りします。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での発送となります。ご了承ください。 写真は17年5月22日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175c-u 送料はL−3サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、 お届け時間帯指定ができません。オオモミジ 大盃 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属の落葉小高木 【学名】Acre amoenum"Osakazuki" 【原産】北海道、本州に分布 【利用】庭木、鉢植え 【成木の樹高】4〜6m 【栽培敵地】北海道〜九州 品種の特徴 モミジ"オオサカズキ"はオオモミジに分類され、最も赤く紅葉するので紅葉の王様とも呼ばれています。 葉の深い切れ込みと、整った葉形に特徴があり、ヤマモミジより一足早く紅葉します。 受け皿のように盃状(?)に開葉するところから名付けられたようです。 春は黄緑色に芽吹きし、徐々に緑色を濃くしていき、夏の葉は緑ですが気温の低下とともに周りがかすかに赤く色付きます。左は5月、右は6月29日 そして晩秋には見事に赤く染まるのが最大の魅力です。 左は8月、右は11月30日滋賀県下で 生育はヤマモミジよりも遅めですが、樹形は素直で整いやすく成長します。 オオモミジ 大盃の育て方 他のモミジと同じで、水はけのよい日当たりが適しています。 夏に乾燥させると葉が痛んだり、一部が枯れたりするので根元に日のあたる場所ではマルチなどをして地温の上昇や乾燥させないようにしてやります。 十分な肥料を与え元気に生育させておくと秋の紅葉はより綺麗になります。 紅葉の度合いは気温の低下の速さや昼夜の気温の高低差にも影響されますが他のモミジよりも明...

【現品】椿(ツバキ)黒椿(クロツバキ)2.1m 31664 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

30,240

【現品】椿(ツバキ)黒椿(クロツバキ)2.1m 31664 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 一枚目・二枚目の写真は17年4月24日に撮影。 三枚目・四枚目の写真は17年3月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 174d-u 送料はL−3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもありま...

【現品発送】シラカバ ジャクモンティ 鉢植 高さ1.7m〜2.1m 落葉樹、シンボルツリー

ガーデンプランツ エナ

9,000

【現品発送】シラカバ ジャクモンティ 鉢植 高さ1.7m〜2.1m 落葉樹、シンボルツリー

左の各々の画像をクリック(タップ)すると大きな画像になります。 【現品発送】 5月18日撮影 サイズ表示は木の大きさだけでのサイズで根鉢を含みません。 植物なので、季節によって姿が変化します。 > 当店にはほかにも白樺ジャックモンティの商品がございます。 クリック(タップ)するとそのページへ移動します。    シラカバジャクモンティ 苗木  シラカバジャクモンティ 鉢植    高さ約1.0m  高さ2.1m〜2.4m    3000円(税込み)  9000円(税込み)   シラカバ ジャクモンティ  シラカバは涼しげな葉と美しい白い幹肌が魅力の木です。 やはり,これだけ白い幹肌の木はほかになく、人気があるのもうなずけます。植えているだけで、高原のさわやかな雰囲気が楽しめます。 けれども、日本のシラカバは暑いところが苦手です。 そこが問題なのですが、このジャックモンティというシラカバは暑い場所でも大丈夫です。 そして、日本のシラカバより白いのです。 いい木だと思います  ■特徴 花がキレイ 落葉樹 ○ 実がなる 常緑樹 紅葉する 低木 葉がキレイ ○ 中高木 ○ 木姿がよい ○ つる

【現品発送】バイカツツジ高さ1.3m〜1.7m低木,花木,紅葉

ガーデンプランツ エナ

8,640

【現品発送】バイカツツジ高さ1.3m〜1.7m低木,花木,紅葉

ご希望の木の番号を確認して上のチェックボックスにてご注文願います。            バイカツツジ NO1 高さ1.7m バイカツツジ NO2 高さ1.7m バイカツツジ NO3 高さ1.7m バイカツツジ NO4 高さ1.7m        バイカツツジ NO5 高さ1.7m バイカツツジ NO6 高さ1.7m                 バイカツツジ    バイカツツジは春の花が梅のようなので梅花ツツジなのです。 確かにに春の花もかわいらしくてよいのですが、この木の良さは秋にあります。 ツツジにしては直立した樹形、そしてツツジらしい小さな葉の姿が美しいです。 その樹形で赤あるいは黄色く色づくと、哲人のような孤高の人のようにも見えます。 晩秋の一瞬、息をのむ立ち姿を見せてくれます。      植え付場所  やや日影がいいでしょう。   ■特徴  花がキレイ ○ 落葉樹 ○ 実がなる 常緑樹 紅葉する ○ 低木 ○ 葉がキレイ 中高木 木姿がよい ○ つる  見どころ  晩秋の紅葉、春のかわいい花。 メンテナンス  ツツジなので伸びすぎることはありません。 注) 1、配送業者は西濃運輸です。佐川急便、ヤマト便は利用できません。 2、配送料の高い離島、沖縄、北海道は、申し訳ありませんがご利用できません。

【現品発送】チシオモミジ樹高1.7-2.1m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

ぐりーんぐりーん

12,800

【現品発送】チシオモミジ樹高1.7-2.1m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

送料は全国一律2,800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: TO21(2.3m) 新着! 商品番号: TO22(2.1m) 新着! 商品番号: TO23(2.1m) 新着! 商品番号: TO24(1.7m) 新着! 商品番号: TO25(1.8m) [S1.5,2.0]モミジ・カエデ 紅葉の美しさは一番 モミジ(新緑) モミジ(紅葉) 野村モミジ ハナカエデ(新緑) ハナカエデ(紅葉) “モミジ”は、春の新緑、夏の緑陰と葉影、秋の紅葉と四季を通して庭を楽しませてくれます。4〜5月、葉が出ると同時に暗赤色の小さな花が、たれさがって咲く。 “カエデ”は、春から秋まで楽しめる伝統的なカラーリーフツリーです。園芸種により、赤、黄、オレンジ、複色など多彩な色を楽しむ事が出来る。春の新芽の時期も、紅葉と同様にとても美しく魅力の一つです。庭の彩りとして植栽したい植木の一つです。サトウカエデは、カナダの国旗にも使われています。 分類 植栽適地 落葉高木 北海道〜九州 鑑賞ポイントと時期 春頃 新緑の時期には、紅葉と同様に魅力的 秋頃 緑色だった葉が深い黄色や赤色に色づいていく様子は、大変美しい 管理のポイント 植えつけ 日向地〜半日向地で、排水性のよい土壌を好む。乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。美しい紅葉を楽しむ為には、日当たりがいい所に植えつけてあげる。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 肥料を与える場合は2月頃に寒肥(有機質肥料)を与える。紅葉を楽しみたい場合は、肥料分が秋まで残らないようにする...

【現品4種】シロヤシオツツジ 大株 0.6〜0.7m

千草園芸

13,716

【現品4種】シロヤシオツツジ 大株 0.6〜0.7m

写真の商品(現品番号)をお送りします。↓↓ ↑ 現品番号 20211番 ↑ ↑ 現品番号 20212番 ↑ ↑ 現品番号 20219番 ↑ ↑ 現品番号 20220番 ↑ 写真は17年5月12日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175b-u ※送料はLサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)シロヤシオ 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉中低木 【学名】 Rhododendron quinquefolium 【分布】関東地方から近畿地方東部の太平洋側に分布主にやせた尾根や岩場、里山の雑木林などに生育。トウゴクミツバツツジより、標高の低いところに分布。 【原産】福島県から兵庫県、四国の太平洋側の山地栽培適地:東北地方中部〜九州までの水はけのよい場所 【開花期】5月頃に、葉と同時に白色の花を枝先の葉の下側につけます。 【利用】 庭木 白い大形の花を咲かせるツツジです。生育は早くありませんので、狭いお庭などにも適しています。 自生地は限られ、多くの道府県のレッドリストの絶滅危惧種に指定されている希少品種です。 開花期以外にも丸みを帯びた葉や秋には紅葉も楽しむことができます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、山地の急な傾斜地に自生していますので、落ち葉の腐った酸性土壌の常に湿っていて水はけがよい場所が適しています。 夏はあまり暑くならない、木陰になる場所です。生育環境から非常に水はけのよい場所に植えることが必要です。 寒さには強いのですが、夏は根元に直射が当たるのはよくありません。根元にはマルチをして地温の上昇をなくすこと、乾燥を嫌うので決して水切れは起こさないことが大切です。 土には多目の腐葉土を入れて酸性土壌にしておくことも必要です。

【現品5種】シロヤシオツツジ 大株 0.6〜0.7m

千草園芸

14,580

【現品5種】シロヤシオツツジ 大株 0.6〜0.7m

写真の商品(現品番号)をお送りします。↓↓ ↑ 現品番号 51201番 ↑ ↑ 現品番号 51202番 ↑ ↑ 現品番号 51203番 ↑ ↑ 現品番号 51204番 ↑ ↑ 現品番号 51205番 ↑ 写真は17年5月13日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175c-u ※送料はLサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)シロヤシオ 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉中低木 【学名】 Rhododendron quinquefolium 【分布】関東地方から近畿地方東部の太平洋側に分布主にやせた尾根や岩場、里山の雑木林などに生育。トウゴクミツバツツジより、標高の低いところに分布。 【原産】福島県から兵庫県、四国の太平洋側の山地栽培適地:東北地方中部〜九州までの水はけのよい場所 【開花期】5月頃に、葉と同時に白色の花を枝先の葉の下側につけます。 【利用】 庭木 白い大形の花を咲かせるツツジです。生育は早くありませんので、狭いお庭などにも適しています。 自生地は限られ、多くの道府県のレッドリストの絶滅危惧種に指定されている希少品種です。 開花期以外にも丸みを帯びた葉や秋には紅葉も楽しむことができます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、山地の急な傾斜地に自生していますので、落ち葉の腐った酸性土壌の常に湿っていて水はけがよい場所が適しています。 夏はあまり暑くならない、木陰になる場所です。生育環境から非常に水はけのよい場所に植えることが必要です。 寒さには強いのですが、夏は根元に直射が当たるのはよくありません。根元にはマルチをして地温の上昇をなくすこと、乾燥を嫌うので決して水切れは起こさないことが大切です。 土には多目の腐葉土を入れて酸性土壌にしておくことも必要です。

【現品】椿(ツバキ)常満寺(ジョウマンジ)1.7m 30360《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

全2商品

8,100

【現品】椿(ツバキ)常満寺(ジョウマンジ)1.7m 30360《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は17年3月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 173a-u 送料はL−2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。常満寺椿 (学名) Camellia japonica 'Jômanji's (開花期) 12月〜4月 (樹高) 2-4m (栽培敵地) 東北地方以南 桃色一重筒咲き中輪花。 「関戸太郎庵」の椿の実から成長したという有名なピンク椿です。 花形は「関戸太郎庵」より少し開いた椀咲きとなり、花色は母樹より濃いクリーンなピンク色になっています。 愛知県犬山市の日輪山常満寺に原木があります。 2016年1月14日にそのお寺に行ってきました。 カーナビに従って近くまで行くと観光地になっている古い街並の通りに出ました。 観光客が多く、観光地になっているのかと思いきや、そのお寺は通りの裏側の細い道に面していました。 小さいけれど古い風格を感じさせる入り口がありました。 立派な門をくぐると奥のほうに「常満寺椿」はすぐに目に入りました。 説明も書かれていますが、少し剪定しすぎじゃないのかな。 もう少し大きく育ててやればと思うのは私一人でしょうか。 とにかくこれが「常満寺椿」の原木です。 全国にある「常満寺椿」は全てこの木の枝を接木または挿し木されて増やされた元の木なのです。 花はさすがに洗練された美しいピンクで花姿もきれいな花です。 近縁種に「常満寺 ジョウマンジ」の自然実生から生まれた「紅常満寺」があります。

送料無料
【現品】【送料無料】 マルバノキ 株立ち 1.4m〜

千草園芸

14,040

【現品】【送料無料】 マルバノキ 株立ち 1.4m〜

※写真の商品をお送りします。 写真は16年11月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1611c-u 北海道や船賃の要る離島と沖縄は別途送料が必要です。 こちらのお写真よりお選びください。 111510 111511 111512 111513 111514 111515 ■栽培方法 半日陰でも育ちますが、日当たりが良いほうがよく育ちます。 水はけの良い場所に植えてください。水はけの悪い場所では育ちませんので、保水性、通気性の良い用土で露地面よりも高めに植えていただくとよく育ちます。 夏場には地温が上昇しないようにマルチなどをして、乾燥にも注意し、水を与えてください。 自然樹形が綺麗なので、剪定はあまり必要ありません。不要な枝を取り除く程度にしてください。マルバノキ 分類: マンサク科マルバノキ属の落葉低木 学名: Disanthus cercidifolius Maxim 原産: 中部、近畿、四国 別名: ベニマンサク(紅万作) 開花期 : 11月 樹高: 3〜4m 栽培敵地: 東北中部〜九州 ハート型の葉が美しく、秋には真っ赤に紅葉することから庭木としてよく用いられます。 小さい赤い花も魅力的です。赤くてマンサクに似た花(あまり似ていません)が咲くことから、ベニマンサクと呼ばれることがあります。 栽培 日当たりと水はけのよい場所を好みます。半日陰でも大丈夫です。 西日の当たる場所、地面に直射が当たり、根元の地温が高くなる場所、夏に乾燥する場所では育ちません。このような場所に植えつける場合は、十分にマルチをして乾燥防止と地温が高くならないようにすることが必要です。 水はけの悪い場所では根グサレしやすく育てることはできません。植え場所を高くして水はけが十分できるようにしてから植えるようにしてください...

【現品】ドウダンツツジ1.1m 31615r

千草園芸

11,880

【現品】ドウダンツツジ1.1m 31615r

※写真の商品をお送りします。 17年3月16日に入荷しました。 木の状態は季節によって変化いたします 173d-u 送料はL−2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。ドウダンツツジ 【分類】ツツジ科ドウダンツツジ属の属落葉低木 【学名】Enkianthus perulatus 【原産】日本(関東以西〜九州の限られた山地)台湾 【用途】庭木、生垣、公園樹、街路樹等 【開花期】4月〜6月 【成木】2m〜3m 【栽培適地】東北中部以南 ●四季折々の姿を見せる「ドウダンツツジ」● 灯台の脚に枝が分枝する姿が似ているところから「灯台ツツジ」と言われ、それが変形し名づけられた「ドウダンツツジ」。春には白い釣鐘状の花を咲かせ、 秋の紅葉も非常にきれいで、日本の風土にもよく合い、全国的に人気のある植物です。ドウダンツツジの中には、ベニサラサドウダンやベニドウダンなど紅花の種類も人気があります。立性でこんもりした樹形を形成する性質から、庭や路地の脇役として幅広く植えられています。枝が密に着き、刈り込んでも芽吹きやすい性質から樹形をコントロールしやすいのが特徴です。丸く刈り込まれて庭などによく植栽されています。小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の真っ赤な紅葉と季節の変化を感じさせます。幹が太くなると見られる模様も趣のあるものです。 春にはたくさんの白い釣鐘状の花を咲かせます。 ⇒ 開花後からは青々と茂ったドウダンを楽しめます。 ⇒ 秋には赤く染まった紅葉がお庭を彩ります。紅葉後は落葉期をむかえます。 ●育て方と剪定のポイント● 植える場所は、日当たり...

【現品】笹葉南天(ササバナンテン)1.1m 31305

全3商品

8,964

【現品】笹葉南天(ササバナンテン)1.1m 31305

写真の商品をお送りします。 写真は17年3月13日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。173c-u 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。 3〜5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。あらかじめご了承よろしくお願いいたします。笹葉南天(ササバナンテン) 【分類】メギ科ナンテン属の常緑低木 南天の変種 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【分布】東北以南 【利用】庭木、正月の飾り、鉢植え 【開花】5月〜7月 【結実】10月〜1月 南天の変種(園芸品種)で葉の形が笹のようにとがっているところから付けられたようです。 南天よりも生育が遅く、葉の広がりも小さめです。 新芽は赤くてよく目立ちます。 実付きも悪いので、たくさんの実は付きません。 しかし、葉は艶があり、こじんまりとまとまりがよく、美しく紅葉します。 ≪栽培方法≫ 普通の南天に準じます。日陰から日当たりと大変適応して生育します。 性質は南天よりも弱めで成長も遅めです。 剪定はほとんど必要ありません。 おたふく南天は、こちら ヒイラギナンテンは、こちら イワナンテン(苗)は、こちら ササバナンテンの花

【訳あり】【現品】 アオシダレモミジ 1.3m 01205 苗木

千草園芸

8,640

【訳あり】【現品】 アオシダレモミジ 1.3m 01205 苗木

※写真の商品をお送りします。 ※枝が折れた跡があります。 (幹写真) 写真は17年1月20日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。171a-u 送料はL−2サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。 1個の荷物で送れる数量 5個 同梱可能商品 5号ポット苗の場合は約2個程度 植え込み前の土壌改良材 + ※1袋でしたら同梱(同じ送料)できますアオシダレモミジ 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属の落葉小高木 【学名】Acer amoenum var. matsumurae 'Kire-nishiki' 【別名】切錦(キリニシキ) 【原産】北海道、本州に分布 【利用】庭木、鉢植え 【成木の樹高】2〜4m 【栽培敵地】北海道〜九州 品種の特徴 日本原産の、ヤマモミジの枝垂れ性品種でよく知られたモミジです。 細く切れ込みのある葉と涼しげな樹形が魅力です。 春には青い新芽を出し、夏にも鮮やかな緑の葉を涼しげになびかせます。 下は春の新葉。4月下旬 青しだれの代表的な品種で、新緑は緑に、夏は濃い緑になります。 下は夏の状態です。 やさしい涼しげな葉は西洋でも植栽されているようです。 秋には黄色く紅葉(黄葉)します。 アオシダレモミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。 夏に乾燥させると葉の周りが枯れ込んだり、枯れ枝が発生することがあります。 腐葉土などの有機質を含んだ保水力のある土壌に植えることも大切です。...

【現品発送】ヒメイチゴノキ 高さ1.1m〜1.3m 常緑樹,低木

ガーデンプランツ エナ

8,000

【現品発送】ヒメイチゴノキ 高さ1.1m〜1.3m 常緑樹,低木

左の各々の画像をクリック(タップ)すると大きな画像になります。 【現品発送】 5月6日撮影 サイズ表示は木の大きさだけでのサイズで根鉢を含みません。 植物なので、季節によって姿が変化します。   当店には以下のような ヒメイチゴノキがあります。    ヒメイチゴノキ 大 ヒメイチゴノキ  小   高さ1.1m〜1.3m  高さ0.7m〜1.0m    8000円(税込)  5000円(税込)       ヒメイチゴノキ     ヒメイチゴノキは面白い木です。 下記の画像は12月の画像です。 この木は冬に花が咲きます。どうだんのようなつぼ型の白っぽい花です。そして、その後丸い赤い実がなります。これは、次の花が咲くころまでついています。(この実の赤さからイチゴノキと呼ばれます。) したがって、12月には花と赤い実が同時に鑑賞できるわけです。 またツツジ科なので、大きくなりすぎることはありません、また常緑樹で目隠し等にも使えます。  ■特徴 花がキレイ ○ 落葉樹 実がなる ○ 常緑樹 ○ 紅葉する 低木 ○ 葉がキレイ ○ 中高木   注) 1、配送業者は西濃運輸です。佐川急便、ヤマト便は利用できません。 2、配送料の高い離島、沖縄、北海道は、申し訳ありませんがご利用できません。

【現品】紅更紗ドウダンツツジ (ベニサラサ) 大株 1.8m 50604

千草園芸

12,960

【現品】紅更紗ドウダンツツジ (ベニサラサ) 大株 1.8m 50604

写真の商品をお送りします。 写真は17年5月8日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175e-u 送料はL−3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。紅更紗ドウダンツツジ 【分類】ツツジ科ドウダンツツジ属の落葉低木 【学名】Enkianthus campanulatus var. rubicundus 【原産】日本固有種で北海道西南部、本州の兵庫県以東、四国の徳島県に分布し、深山の岩地に生育します。 【開花期】5月〜6月 【成木】2m〜5m ●際立つ大きな紅花「ベニサラサ」● 一般的なサラサドウダンは花の縦縞(たてじま)が更紗模様のように見えるところら名づけられたものです。 紅サラサドウダンは更紗満点星(サラサドウダン)の変種で、花全体が赤みを帯びた大形の花を咲かせる品種です。 比較的広い範囲に分布が見られますが、地方変異が大きいつつじです。 普通のドウダンツツジよりも花が大きく、開花期も半月ほど遅いのが特徴です。 ドウダンツツジの中では大きく、縦縞の入った紅花は、お庭を彩る花の中でも目を引く存在となります。 ●育て方のポイント● ドウダンツツジとは異なり、サラサドウダンはより排水性のよい場所を好み、耐暑性もあまり強くありません。 植え付け場所は水はけの良い日当たりで、直射が根元の土に当たらないようにマルチや下草などを植える等の工夫をしてください。 落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 夏に植える場合は...

【現品】常緑山法師 (ヤマボウシ) 株立ち 1.8m 51903

千草園芸

15,120

【現品】常緑山法師 (ヤマボウシ) 株立ち 1.8m 51903

写真の商品をお送りします。 写真は17年5月20日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175c-u 送料はL−3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。常緑ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ミズキ属の常緑中高木 【学名】Cornus hongkongensis 【原産】中国 【開花期】5月〜6月 【樹高】4m〜5m 【栽培適地】関東地方以南 花付が大変よく、成長すると開花時には木一面が花で覆われます。秋には、実もたくさんつけます。夏の暑さにも強く、病害虫にも強いです。 常緑性の樹木で暖地では落葉しませんが、関東関西地方ではかなり落葉します。 落葉しても翌年には新たに芽を吹き、夏にはよく茂って開花します。丈夫な性質の樹木で、成長も大変早く、年に1m以上伸びることもあります。 品種では、特に花つきの良い月光、実付きの良いサマーグラッシーなどがあります。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけ・日当たりのよい所を好みます。多少の日陰でもよく育ちますが、少し伸び気味になり、花付も悪くなります。 花付は、木一面を覆うくらいに付きますので、水やりも少し少なめのほうがよいかもしれません。 夏の暑さにも強く、葉も大変よく茂ります。秋にはたくさんの花芽をつけて冬をむかえます。 寒さに弱く-5℃の低温にも耐えると言われていますが、関西では冬はかなり落葉しまます。 防寒するほどではありませんが、寒風のよくあたる場所では落葉樹のように落葉することもあります。 しかし、多少落葉しても春の回復力は強く、5月以降は驚くほどの回復を見せて木一面に花を咲かせます。 積雪の多い地方では積雪対策が必要です。...

【現品】紫モクレン 苗木 1.5m 30307

千草園芸

7,776

【現品】紫モクレン 苗木 1.5m 30307

写真の商品をお送りします。 写真は17年5月4日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175a-u 花の色合いは生育環境により変化します。 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月〜4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3〜15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには、十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、保水性を高めることで解消されます。 水は日に何度も与えるのではなく...

【現品発送】斑入りヤマボウシ(ウルフアイ) 樹高1.7m-1.9m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

ぐりーんぐりーん

12,800

【現品発送】斑入りヤマボウシ(ウルフアイ) 樹高1.7m-1.9m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

送料は全国一律2,800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: UI01(1.7m) 新着! 商品番号: UI02(1.7m) 新着! 商品番号: UI03(1.7m) 新着! 商品番号: UI04(1.7m) 新着! 商品番号: UI05(1.9m) 新着! 商品番号: UI06(1.8m) 新着! 商品番号: UI07(1.8m) 新着! 商品番号: UI08(1.7m) 新着! 商品番号: UI09(1.7m) 新着! 商品番号: UI10(1.7m) [S2]ヤマボウシ 四季を通して楽しめる! ヤマボウシ ヤマボウシ(ベニフジ、紅富士) ヤマボウシ(サトミ、里美) ヤマボウシ(紅葉) ヤマボウシは、葉が出たあとの6月頃に枝先に花を咲かせます。真夏は、つやのある葉が木漏れ日とともに明るく涼しげな緑陰をつくりだしてくれます。秋には実が熟し、紅葉の時期を迎えます。季節ごとに違う魅力をかねそなえた樹種はそう多くはありません。剪定しなくても整った樹形は、和風、洋風、自然風とどの様式の庭にも似合います。 分類 植栽適地 落葉高木 南北海道〜沖縄 種類 ミルキーウェイ 通常のヤマボウシより花つきがよく、花が大きく多花性なので見ごたえ十分なのが特徴です。 ベニフジ(紅富士) 紅色の端正な花が樹冠を覆うように咲きます。 サトミ(里美) 紅色丸弁の花を綺麗に咲かせる。 鑑賞ポイントと時期 5月下旬〜6月頃 先端がとがった端正な表情で樹幹を埋めるように綺麗な花が咲きます。上向きの花は上からの鑑賞にも向きます。 7〜8月頃 つやのある葉が木漏れ日とともに明るく涼しげな緑陰を作り出してくれます...

【現品】椿(ツバキ) マリーホープテイラー 1.8m 30651

全3商品

7,560

【現品】椿(ツバキ) マリーホープテイラー 1.8m 30651

※写真の商品を御送りします。 写真は17年3月3日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 172a-u 送料はL−3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。 鉢に仮植えしていますが、根巻きの状態でお届けいたします。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫...

【現品】エゴノキピンク 単木 1.8m 32757

全3商品

9,180

【現品】エゴノキピンク 単木 1.8m 32757

※写真の商品を御送りします。 1枚目の写真は17年5月23日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 175c-u 送料はL−3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。エゴノキ 【分類】エゴノキ科エゴノキ属 【学名】Styrax japonica Sieb. et Zucc. 【原産】日本、中国 【別名】チシャノキ、チナイ 【用途】庭木、シンボルツリー 【開花】4月〜6月 【結実】10月 【成木】7m〜8m 落葉小高木で、エゴノキの花弁は5枚で先が反り返り、鐘形の小花をたくさんつけ、後に種ができます。 常緑エゴノキもあります。 木には エグイ有毒成分を含む事で、エゴノキと呼ばれたようです。 やさしい樹形が好まれ、自然株立ち樹形のものが庭木として利用されます。 一般的には白花ですが、他の品種に淡紅色の「ピンク チャイム」や枝が垂れ下がる「シダレエゴノキ」などがあります。 たまに新芽が膨らんで菊の花状のムシコブが見られることがあります。 これはイネ科のアシボソに一次寄生する「エゴノネコアシアブラムシ」の2次寄生によって作られたチュウエイです。 秋の終わりには黄色に紅葉します。 ■管理方法■(育て方) 半日陰〜日当たりを好みます。乾燥を嫌うので、植えこむ際は、しっかりと腐葉土を入れ湿度を保ちやすくしましょう。 剪定する際は、枝は根元から切り、保護剤を塗っておきましょう。 ★栽培適地:日本全国 ↑ピンクチャイム ↑常緑エゴノキ ■植え付けについて■ 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので...

【現品】シダレエゴ 白花 1.8m 110955 r

千草園芸

10,800

【現品】シダレエゴ 白花 1.8m 110955 r

※写真の商品を御送りします。 写真は16年11月8日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1611b-u 送料はL−3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。エゴノキ 【分類】エゴノキ科エゴノキ属 【学名】Styrax japonica Sieb. et Zucc. 【原産】日本、中国 【別名】チシャノキ、チナイ 【用途】庭木、シンボルツリー 【開花】4月〜6月 【結実】10月 【成木】7m〜8m 落葉小高木で、エゴノキの花弁は5枚で先が反り返り、鐘形の小花をたくさんつけ、後に種ができます。 常緑エゴノキもあります。 木には エグイ有毒成分を含む事で、エゴノキと呼ばれたようです。 やさしい樹形が好まれ、自然株立ち樹形のものが庭木として利用されます。 一般的には白花ですが、他の品種に淡紅色の「ピンク チャイム」や枝が垂れ下がる「シダレエゴノキ」などがあります。 たまに新芽が膨らんで菊の花状のムシコブが見られることがあります。 これはイネ科のアシボソに一次寄生する「エゴノネコアシアブラムシ」の2次寄生によって作られたチュウエイです。 秋の終わりには黄色に紅葉します。 ■管理方法■(育て方) 半日陰〜日当たりを好みます。乾燥を嫌うので、植えこむ際は、しっかりと腐葉土を入れ湿度を保ちやすくしましょう。 剪定する際は、枝は根元から切り、保護剤を塗っておきましょう。 ★栽培適地:日本全国 ↑ピンクチャイム ↑常緑エゴノキ ■植え付けについて■ 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。...

【現品】ヤマボウシ(山法師)白花 株立ち 1.8m 80402

千草園芸

18,360

【現品】ヤマボウシ(山法師)白花 株立ち 1.8m 80402

写真の商品をお送りします。 写真は17年5月8日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175a-u 送料はL−3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ※高さ調節のため、上部を剪定しております。 この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ヤマボウシ属の落葉中高木 【学名】Benthamidia japonica 【別名】ヤマグワ 【原産】日本(本州〜琉球)、朝鮮半島、中国 【用途】庭木、公園樹、街路樹等 【開花期】5月〜7月 【結実期】10月 【成木】5m〜10m 【栽培適地】東北中部以南 初夏(5月〜7月)に白い一重の先のとがった4弁の花を咲かせます。 落ち着いた印象の花は色鮮やかにお庭を彩り、シンボルツリーとしても人気の樹木です。 立性で上のほうで枝の広がる樹形を形成する性質から、庭の主木や街路樹としてもよく植栽されます。 横に広がる葉は春の新緑、初夏の花とのコントラスト、秋の紅葉と季節の変化を感じさせてくれます。 花後の10月頃には、色鮮やかな赤い実がなり、食して楽しむこともできます。 特徴的な形をした実は熟すと赤くなり、果肉はマンゴーのようなオレンジ色をしています。 果肉は甘く、ジャムや果実酒としても加工できます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たり・水はけの良い所が適しています。保水性のある肥沃な土壌を好みます。日照が足りないと、花つきが悪くなります。 夏場や直射のあたる場所では、地温の上昇と乾燥を防ぐことが大切です。 土壌に十分な腐葉土や堆肥等の有機物を入れておくことで、保水力を高め根を温度変化から保護することができます。 また...

【現品】 アメリカハナズオウ 「ルビーフォールズ」 1.5m 011181

千草園芸

19,440

【現品】 アメリカハナズオウ 「ルビーフォールズ」 1.5m 011181

写真の商品をお送りします。 葉のある写真は17年5月12日撮影。 その他の写真は17年3月20日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175b-u 送料はL−3サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。 <ルビーフォールズ> エレガントな枝ぶりとワインレッドの 葉が美しい高級感のある品種です。ハナズオウ 【分類】マメ科ハナズオウ属(落葉中低木) 【学名】Cercis chinensis 【原産】中国北部〜朝鮮半島 【開花期】4月〜5月 【樹高】3〜5m 【栽培敵地】北海道中部〜九州 ハナズオウは丈夫な木で、水はけなどに考慮すれば比較的育てやすい樹木です。 春には気品ある赤紫の小花を多数咲かせます。高級感のある樹形と共に、幅をとる枝分かれが少ないので狭い場所にも適した樹木です。 花後の葉は、ハート型の葉(アメリカハナズオウ)やシルバークラウド(斑入り葉)など種ごとに特徴があります。夏にはマメ科らしい鞘の形の実をつけます。 ●育て方のポイント● 水はけがよく日当たりの良い場所を好みます。剪定は主に冬が主で、夏〜秋は枝先を整える程度にとどめます。 日当たりの良い方が花つきがよくなります。日陰でも育ちますが、花つきが悪くなり、生育も遅くなります。 植え替えする際は、冬の落葉時に行うことが好ましいです。 花つきが悪くなってしまうため、肥料をやり過ぎにも注意してください。 上はルビーフォールズの花 当店植栽場で 16.4.16 「フォレストパンジー」 新芽は赤紫色の葉で、季節が進むにつれて色あせていき緑色に変わり、秋にはさらに赤味が増してきれいに色づきます。 →「フォレストパンジー...

【現品】 アオダモ 株立ち(トネリコ属) 1.8m 51255

千草園芸

11,880

【現品】 アオダモ 株立ち(トネリコ属) 1.8m 51255

写真の商品をお送りします。 写真は17年5月13日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175b-u 送料はL−3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。 ※「腐葉土20L 1袋」「支柱 3本」「肥料5kg 1袋」を、 同じ送料で同梱できます。アオダモ 【分類】モクセイ科トネリコ属の落葉中高木 【原産】日本、南千島、朝鮮半島 【学名】Fraxinus lanuginosa 【別名】アオタゴ、コバノトネリコ 【名前の由来】枝を切って水につけておくと、青くにごることから名づけられました。 【特徴】雄雌異株です。 樹高は15m、太さは50cm程になりますが成長は早くありません。 春には白い小花を咲かせます。 材木は堅くて強く、粘り気があることから、器具材や機械材のほか、 野球のバットや、スキー板、テニスのラケットなどに使用されます。 【開花期】4月〜5月 春に白い穂状の花を咲かせます。花を観賞するというより、立性でまとまりのある樹形を形成する性質から、庭の脇役としてよく植栽されます。 小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の黄葉と季節の変化を感じさせます。また、幹に見られる模様も趣のあるものです。

【現品】アオダモ株立ち(トネリコ属) 1.8m 21607

千草園芸

35,640

【現品】アオダモ株立ち(トネリコ属) 1.8m 21607

写真は16年5月21日に撮影しました。季節によって状態は変化します。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での発送となります。ご了承ください。 ※商品の発送について 商品がダンボールに入りきらない場合、 剪定させて頂くことがございます。 ご了承よろしくお願い致します。 送料はL−3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 1個の荷物で送れる数量 1個 同送可能商品 4号ポット苗の場合は約4個 ※「腐葉土20L 1袋」「支柱 3本」「肥料5kg 1袋」を、 同じ送料で同梱できます。アオダモ 【分類】モクセイ科トネリコ属の落葉中高木 【原産】日本、南千島、朝鮮半島 【学名】Fraxinus lanuginosa 【別名】アオタゴ、コバノトネリコ 【名前の由来】枝を切って水につけておくと、青くにごることから名づけられました。 【特徴】雄雌異株です。 樹高は15m、太さは50cm程になりますが成長は早くありません。 春には白い小花を咲かせます。 材木は堅くて強く、粘り気があることから、器具材や機械材のほか、 野球のバットや、スキー板、テニスのラケットなどに使用されます。 【開花期】4月〜5月 春に白い穂状の花を咲かせます。花を観賞するというより、立性でまとまりのある樹形を形成する性質から、庭の脇役としてよく植栽されます。 小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の黄葉と季節の変化を感じさせます。また、幹に見られる模様も趣のあるものです。

【R現品】ドウダンツツジ1.0m 31157

千草園芸

10,800

【R現品】ドウダンツツジ1.0m 31157

※写真の商品をお送りします。 写真は16年3月11日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします 163c-u 送料はL−2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。ドウダンツツジ 【分類】ツツジ科ドウダンツツジ属の属落葉低木 【学名】Enkianthus perulatus 【原産】日本(関東以西〜九州の限られた山地)台湾 【用途】庭木、生垣、公園樹、街路樹等 【開花期】4月〜6月 【成木】2m〜3m 【栽培適地】東北中部以南 ●四季折々の姿を見せる「ドウダンツツジ」● 灯台の脚に枝が分枝する姿が似ているところから「灯台ツツジ」と言われ、それが変形し名づけられた「ドウダンツツジ」。春には白い釣鐘状の花を咲かせ、 秋の紅葉も非常にきれいで、日本の風土にもよく合い、全国的に人気のある植物です。ドウダンツツジの中には、ベニサラサドウダンやベニドウダンなど紅花の種類も人気があります。立性でこんもりした樹形を形成する性質から、庭や路地の脇役として幅広く植えられています。枝が密に着き、刈り込んでも芽吹きやすい性質から樹形をコントロールしやすいのが特徴です。丸く刈り込まれて庭などによく植栽されています。小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の真っ赤な紅葉と季節の変化を感じさせます。幹が太くなると見られる模様も趣のあるものです。 春にはたくさんの白い釣鐘状の花を咲かせます。 ⇒ 開花後からは青々と茂ったドウダンを楽しめます。 ⇒ 秋には赤く染まった紅葉がお庭を彩ります。紅葉後は落葉期をむかえます。 ●育て方と剪定のポイント● 植える場所は、日当たり...

【現品】常緑エゴノキ(トキワエゴノキ)1.4m 51611

千草園芸

8,424

【現品】常緑エゴノキ(トキワエゴノキ)1.4m 51611

※写真の商品を御送りします。 写真は17年2月3日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 172a-u 送料はL−1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。常緑エゴノキ(トキワエゴノキ) (分類): 常緑中低木 (学名): (原産): (開花期): 5〜6月 (栽培適地): 関東地方以南 ■特徴■ 常緑性のエゴノキで、しなやかな立ち性の姿 が好まれます。 黒っぽい幹と小さめの葉っぱとのバランスも よく整った樹形になりやすい樹木です。 5〜6月には芳香のあるハイノキを連想させるような花を咲かせます。 木の性質はハイノキよりも強く、暑さにも強く、当地滋賀県でも寒風の当たる場所に植えても落葉することなく、冬越ししています。 寒さにも強いです。 ■冬の状態■ 下は冬の状態です。冷え込みが強いと葉に斑点ができることがありますが春になると新しい葉が出て、綺麗になります。 ■他の販売しているエゴノキ■(通販) 他の品種に淡紅色の「ピンク チャイム」や枝が垂れ下がる「シダレエゴノキ」などがあります。

【現品】イロハモミジ 株立ち 1.9m 011055 苗木 落葉樹

千草園芸

15,660

【現品】イロハモミジ 株立ち 1.9m 011055 苗木 落葉樹

※写真の商品をお送りします。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での 発送となります。 ※樹木の生長によって、箱に入らない場合 剪定させて頂くことが御座います。 ご了承の上ご購入ください。 写真は17年4月12日に撮影しました。 新芽が出てきています。 木の状態は季節によって変化いたします 174b-u 送料はL−3 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10〜15m 【開花期】4月〜5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 上の左が春野芽出し時、右が夏の状態です。 モミジの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ...

【現品】紫モクレン 苗木 1.6m 20404

千草園芸

7,344

【現品】紫モクレン 苗木 1.6m 20404

写真の商品をお送りします。 写真は17年5月4日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175a-u 花の色合いは生育環境により変化します。 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月〜4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3〜15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには、十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、保水性を高めることで解消されます。 水は日に何度も与えるのではなく...

【現品】ドウダンツツジ1.4m 40302r

千草園芸

6,480

【現品】ドウダンツツジ1.4m 40302r

写真の商品をお送りします。 写真は17年5月4日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175a-u 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。ドウダンツツジ 【分類】ツツジ科ドウダンツツジ属の属落葉低木 【学名】Enkianthus perulatus 【原産】日本(関東以西〜九州の限られた山地)台湾 【用途】庭木、生垣、公園樹、街路樹等 【開花期】4月〜6月 【成木】2m〜3m 【栽培適地】東北中部以南 ●四季折々の姿を見せる「ドウダンツツジ」● 灯台の脚に枝が分枝する姿が似ているところから「灯台ツツジ」と言われ、それが変形し名づけられた「ドウダンツツジ」。春には白い釣鐘状の花を咲かせ、 秋の紅葉も非常にきれいで、日本の風土にもよく合い、全国的に人気のある植物です。ドウダンツツジの中には、ベニサラサドウダンやベニドウダンなど紅花の種類も人気があります。立性でこんもりした樹形を形成する性質から、庭や路地の脇役として幅広く植えられています。枝が密に着き、刈り込んでも芽吹きやすい性質から樹形をコントロールしやすいのが特徴です。丸く刈り込まれて庭などによく植栽されています。小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の真っ赤な紅葉と季節の変化を感じさせます。幹が太くなると見られる模様も趣のあるものです。 春にはたくさんの白い釣鐘状の花を咲かせます。 ⇒ 開花後からは青々と茂ったドウダンを楽しめます。 ⇒ 秋には赤く染まった紅葉がお庭を彩ります。紅葉後は落葉期をむかえます。 ●育て方と剪定のポイント● 植える場所は、日当たり、水はけのよい肥沃な酸性土壌を好みます...

【現品】紅更紗ドウダンツツジ(ベニサラサ)大株 1.9m 12072

千草園芸

12,420

【現品】紅更紗ドウダンツツジ(ベニサラサ)大株 1.9m 12072

写真の商品をお送りします。 写真は17年5月4日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175a-u 送料はL−3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。↑↑花後には鮮やかな葉が茂ります。(写真は別のベニサラサドウダンです7月中旬に撮影。)紅更紗ドウダンツツジ 【分類】ツツジ科ドウダンツツジ属の落葉低木 【学名】Enkianthus campanulatus var. rubicundus 【原産】日本固有種で北海道西南部、本州の兵庫県以東、四国の徳島県に分布し、深山の岩地に生育します。 【開花期】5月〜6月 【成木】2m〜5m ●際立つ大きな紅花「ベニサラサ」● 一般的なサラサドウダンは花の縦縞(たてじま)が更紗模様のように見えるところら名づけられたものです。 紅サラサドウダンは更紗満点星(サラサドウダン)の変種で、花全体が赤みを帯びた大形の花を咲かせる品種です。 比較的広い範囲に分布が見られますが、地方変異が大きいつつじです。 普通のドウダンツツジよりも花が大きく、開花期も半月ほど遅いのが特徴です。 ドウダンツツジの中では大きく、縦縞の入った紅花は、お庭を彩る花の中でも目を引く存在となります。 ●育て方のポイント● ドウダンツツジとは異なり、サラサドウダンはより排水性のよい場所を好み、耐暑性もあまり強くありません。 植え付け場所は水はけの良い日当たりで、直射が根元の土に当たらないようにマルチや下草などを植える等の工夫をしてください。 落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで...

【現品】 イタヤモミジ(カエデ) 1.5m 31618 新緑と紅葉を楽しめます。

千草園芸

10,800

【現品】 イタヤモミジ(カエデ) 1.5m 31618 新緑と紅葉を楽しめます。

※写真の商品をお送り致します。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での発送となります。ご了承ください。 葉のある写真は17年4月24日撮影です。 その他の写真は17年3月17日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。174d-u ※送料はL-2サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10〜15m 【開花期】4月〜5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 それらの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 モミジの育て方...

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「ロウバイ」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ