「ヤマツツジ」 の関連商品を含む検索結果 15件

ツツジ 本霧島(ホンキリシマ) 0.7m

千草園芸

4,860

ツツジ 本霧島(ホンキリシマ) 0.7m

写真は見本品です。 写真は17年10月16日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1710c-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ホンキリシマツツジ 分類: ツツジ科ツツジ属の常緑低木 学名: Rhododendron obtusum`Honkirishima' 原産: 九州に自生するヤマツツジ(山躑躅)とミヤマキリシマ(深山霧島)との交配種 開花期: 4~5月 樹高: 1-2m 利用: 庭木、鉢植え 性質: 栽培しやすい。水はけのよい酸性土壌を好む。 栽培敵地: 関東地方以南。 霧島ツツジは鹿児島県の霧島山中に自生するツツジではなく、ヤマツツジと雲仙地方に自生するミヤマキリシマとの交配で作られた園芸品種です。 真っ赤な花を木一面に咲かせるホンキリシマは霧島ツツジの代表品種です。 一番赤いツツジとして知られ、古くから日本庭園などで植えられてきました。 花を観賞するほか、独特の雰囲気を持った自然樹形を形成する性質から、庭の脇役として、植栽されます。 開花後の小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の黄葉と季節の変化を感じさせます。 (植え付け) 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 水はけの悪い場所では深植えするのは禁物で。上からは見えなくても雨が降ると地下水位が上昇して根ぐされをおこします。 下の根が根腐れを起こすと根が少なくなり、乾燥に耐えられなくなってそのまま立ち枯れたり...

こちらの関連商品はいかがですか?

ヤクシマシャクナゲ『極小葉』R74 大きさ20cm×幅30cm、2017年9月8日撮影です。蕾なしです。

富士園芸楽天市場店

15,800

ヤクシマシャクナゲ『極小葉』R74 大きさ20cm×幅30cm、2017年9月8日撮影です。蕾なしです。

【栽培方法】高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。ヤクシマシャクナゲ『極小葉』 (画像1枚目/葉の様子:画像2枚目/商品画像 【詳細】ツツジ科 【樹高】0.20m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】0.30m 【花期】4-5月 【撮影日】2017年9月8日撮影です。 【商品説明】 鹿児島県屋久島の標高1500m以上の高地にだけ野生するのシャクナゲで、日当たりの良いミズゴケの生える湿原や岩間に点々と群落を形成しています。花色は咲き始めは薄いピンク色で満開になるころには色が抜け白くなります。葉は披針形で光沢のある濃緑色、新葉は両面に淡褐色の綿毛に被われて美しく、表面の毛はやがて脱落し、裏面の毛は厚く密生して残り、葉縁は葉の裏側に反り返ります。 本種は葉が小さく大きくなりにくい品種です。 『牛若丸』に比べ多少葉が大きいですがほどほどの葉の大きさです。 ※この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。時期によって状態が変わりますので撮影日時を確認してから注文してください。

ミニシャクナゲ『ブルーダイヤモンド』R571 大きさ50cm×幅50cm前後 2017年9月8日撮影です。 つぼみ付きです

富士園芸楽天市場店

15,800

ミニシャクナゲ『ブルーダイヤモンド』R571 大きさ50cm×幅50cm前後 2017年9月8日撮影です。 つぼみ付きです

【栽培方法】高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。ミニシャクナゲ『ブルーダイヤモンド』 画像1枚目/開花イメージ:画像2枚目/商品画像:画像3枚目/葉と蕾の様子 【詳細】ツツジ科 【樹高】0.50m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】0.50m 【花期】4-5月 【商品の撮影日】2017年9月8日撮影です。 【商品説明】 イントリファスト×augustniiの交配で作出されとされる品種です。イントリファストの濃いブルーとaugustniiの育て易さの両方を兼ね備えた品種です。 比較的小葉で伸びにくい性質のため自然と形が出来上がっていきます。直射日光に当てすぎても日陰過ぎても枝が伸びにくく比較的難しい種類だと思います。ブルー系ミニシャクナゲの中でも一番人気なのですが夏の暑さにそれほど強くないため生産数が限られています。ブルー系ミニシャクナゲの火付け役にもなり現在でもブルー系ミニシャクナゲの中で人気NO1です。 ※この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。時期によって状態が変わりますので撮影日時を確認してから注文してください。

ヤクシマシャクナゲ『普通種 実生苗 6号鉢入』R390 大きさ30cm×幅30cm 蕾付きです。 2017年9月8日撮影です。

富士園芸楽天市場店

3,980

ヤクシマシャクナゲ『普通種 実生苗 6号鉢入』R390 大きさ30cm×幅30cm 蕾付きです。 2017年9月8日撮影です。

【栽培方法】高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。ヤクシマシャクナゲ『普通種 実生苗』 画像1枚目/開花イメージです。:画像2枚目/商品画像:画像3枚目/葉の様子【詳細】ツツジ科 【樹高】0.30m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】0.30m 【花期】4-5月 【撮影日】2017年9月8日撮影です。 【商品説明】 ヤクシマシャクナゲは屋久島のに自生するシャクナゲです。葉裏に綿毛が多いのが特徴的で海外の愛好家も多いと聞きます。寒さ暑さに大変強く日本全土で容易に栽培可能です。 接ぎ木苗はよくありますが実生苗はか大きくなるまで時間がかかるためほとんど生産されていないので最近は実生品は貴重かと思います。株もよく暑さにも強いので庭植えにお勧めです。 ※この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。時期によって状態が変わりますので撮影日時を確認してから注文してください。

八重咲日本シャクナゲ『立山桜』R674 接ぎ木6年位物 蕾付きです 大きさ30cm×幅25cm前後 2017年10月5日撮影です。

富士園芸楽天市場店

9,800

八重咲日本シャクナゲ『立山桜』R674 接ぎ木6年位物 蕾付きです 大きさ30cm×幅25cm前後 2017年10月5日撮影です。

【栽培方法】高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。八重咲日本シャクナゲ『立山桜』 画像1枚目/開花イメージ:画像2枚目/商品画像:画像3枚目/葉の様子 【詳細】ツツジ科 【樹高】0.30m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】0.25m 【花期】4-5月 【撮影日】2017年10月5日撮影です。 【商品説明】 日本石楠花の中では自生分布が一番広く、本州に多いことから本石楠花と呼ばれている説があります。 筑紫石楠花の変種で葉裏の毛が少ないものを言います。開花期は東北南部の平地で4月中旬から下旬に開花します。 伸びもよく暑さににも比較的強く盆栽や庭植として親しまれています。立山連峰で発見されたといわれるホンシャクナゲの八重咲き個体です。 株に勢いがつくとキレイな八重になりますが年によっては八重にならない年もありますので予めご了承ください。 キレイな八重になったときは見事です。 『立山桜』や『御岳牡丹』が発見されたと言われる時代はまだ接ぎ木技術がなくシャクナゲは挿し木や実生で増殖していたため愛好家の手に渡るまではかなりの時間を要したようです。 ですので八重咲個体が世に広まるまでは幻のシャクナゲといわれなかなか手に入れることができずお値段も目が飛び出すほど高価なものだったそうです。 現在は接ぎ木技術が発達し昔に比べお手軽な価格で入手できるようになりました。 ※この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします...

ヤクシマシャクナゲ『斑入り』R683 大きさ15cm×幅25cm 接ぎ木数年物 2017年10月5日撮影です。

富士園芸楽天市場店

9,800

ヤクシマシャクナゲ『斑入り』R683 大きさ15cm×幅25cm 接ぎ木数年物 2017年10月5日撮影です。

【栽培方法】高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。ヤクシマシャクナゲ 『斑入り』 画像1枚目/葉の様子:画像2枚目/商品画像 【詳細】ツツジ科 【樹高】0.15m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】0.25m 【花期】4-5月 【撮影日】2017年10月5日撮影です。 【商品説明】 ヤクシマシャクナゲは屋久島のに自生するシャクナゲです。葉裏に綿毛が多いのが特徴的で海外の愛好家も多いと聞きます。寒さ暑さに大変強く日本全土で容易に栽培可能です。 咲き初めは淡いピンクですが開花が進むにつれ色が抜けていきます。 他のシャクナゲに比べ退色が早いです。 本種はその斑入り個体です。成長が遅くなかなか増殖が難しくいつになっても希少品として扱われています。

八重咲日本シャクナゲ(ツクシシャクナゲ)『卑弥呼』R672 2017年10月5日撮影です 大きさ40cm×幅40cm 蕾はありませんが株良いです 接ぎ木7年位

富士園芸楽天市場店

12,800

八重咲日本シャクナゲ(ツクシシャクナゲ)『卑弥呼』R672 2017年10月5日撮影です 大きさ40cm×幅40cm 蕾はありませんが株良いです 接ぎ木7年位

【栽培方法】高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。八重咲日本シャクナゲ(ツクシシャクナゲ)『卑弥呼』 画像1枚目/開花イメージ:画像2枚目/商品画像:画像3枚目/葉の様子 【詳細】ツツジ科 【樹高】0.4m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】0.4m 【花期】4-5月 【撮影日】2017年10月5日撮影です。 【商品説明】 ツクシシャクナゲは本州中部地方西部以西、四国、九州の1600m以下の高地に自生し、高さは4mに達するものもあり、葉は革質で光沢があり、新葉のうちは両面に褐色の長綿毛があるが、表面は早落して消えるが裏面は密生して残るのが特徴的です。ツクシシャクナゲは自生地による変化が多く、九州の三俣山産のものは生育が遅くミツマタシャクナゲと呼んで珍重されています。 所説ありますが外国に日本のシャクナゲとして初めて紹介されたのはツクシシャクナゲで、外国ではこれをホンシャクナゲとも読んでいるそうです。 本種はその筑紫シャクナゲの変種の八重咲き個体です。日本で初めて実生から生まれたと八重咲個体で愛好家たちの垂涎の的となったという歴史のある個体です。 ※この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。時期によって状態が変わりますので撮影日時を確認してから注文してください。

八重咲日本シャクナゲ『御岳牡丹』D-6 4810 大きさ40cm×幅30cm前後 商品画像は2017年6月24日撮影です。

富士園芸楽天市場店

9,800

八重咲日本シャクナゲ『御岳牡丹』D-6 4810 大きさ40cm×幅30cm前後 商品画像は2017年6月24日撮影です。

【栽培方法】高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。八重咲日本シャクナゲシャクナゲ 『御岳牡丹』 画像1枚目/開花イメージ:画像2枚目/商品画像:画像3枚目/葉の様子 【詳細】ツツジ科 【樹高】0.4m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】0.3m 【花期】4-5月 【撮影日】2017年6月24日 【商品説明】 日本石楠花の中では自生分布が一番広く、本州に多いことから本石楠花と呼ばれている説があります。筑紫石楠花の変種で葉裏の毛が少ないものを言います。 開花期は東北南部の平地で4月中旬から下旬に開花します。伸びもよく暑さににも比較的強く盆栽や庭植として親しまれています。本種は御岳山近郊で発見されたといわれるホンシャクナゲの八重咲き個体ですが、八重咲というよりダブル咲き(花びらが2枚重なって咲く)です。 『立山桜』に比べ蕾の付きは良くないですが開花するとダブル咲になる完全八重咲個体です。『立山桜』や『御岳牡丹』が発見されたと言われる時代はまだ接ぎ木技術がなくシャクナゲは挿し木や実生で増殖していたため愛好家の手に渡るまではかなりの時間を要したようです。 ですので八重咲個体が世に広まるまでは幻のシャクナゲといわれなかなか手に入れることができずお値段も目が飛び出すほど高価なものだったそうです。現在は接ぎ木技術が発達し昔に比べお手軽な価格で入手できるようになりました。 ※この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします...

人気の花・ガーデニング用品のヤマツツジ、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵な庭を演出する花・ガーデニング用品。ガーデニングが素敵になるヤマツツジが見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい花・ガーデニング用品が充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「ヤマツツジ」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ