「ミョウガ栽培」 の関連商品を含む検索結果 3件

野菜の苗/秋ミョウガ5号ポット

園芸ネット プラス

1,545

野菜の苗/秋ミョウガ5号ポット

少し大きめで、味も風味も良い秋ミョウガが採れるミョウガの品種です。9〜10月頃にとれる秋ミョウガは、素焼きにして合わせ味噌をつけて食べるのがおすすめ。また、春にはミョウガダケを軟白栽培で作ることができるので、高級食材として人気です。ほかにも多彩なお料理にご利用いただけます。学名:Zingilber miogaタイプ:ショウガ科ショウガ属の耐寒性宿根草和名:茗荷原産地:日本草丈:20〜40cm用途:鉢植え、庭植え日照:半日陰収穫:9〜10月栽培方法:土壌は選びませんが、直射日光が当たる場所や乾燥する場所での栽培は向きません。湿り気のある土と、半日陰の場所が適します。植え付けの2 週間前に堆肥と石灰を少しまいておくとよいでしょう。深さ10cm 程のところに植え付け、落ち葉やワラなどを敷いて乾燥を防ぐようにします。地植えの場合は、株間20〜30cm ほどあけると良いでしょう。乾燥をきらいますのでたっぷりと水遣りをします。水切れを起こすと極端に収穫量が落ちます。鉢植えは乾燥しやすいのでまめな水遣りが必要です。草丈が30cmくらいまで生長してきたら、化成肥料などを追肥していきます。その1ヶ月後くらいに、2回目の追肥を行ないます。●ポイント・地下茎から出る花穂(蕾)が土の上に2〜3cmほど出てきたら採取してください。花が開いてからの収穫は苦味がでるため、花が咲く前、身が固くしまったものを収穫します。・日光を遮るとより良い色のミョウガを収穫することができます。・日射しが強すぎると葉が枯れてしまうこともあります。夏の管理には十分に気をつけましょう。・採取したみょうがはキッチンペーパーに包みポリ袋などに入れ冷蔵保存できます。10 日ぐらいはもちますが早めに食べてください。冷凍保存も可能です。・冬は地下茎を残して地上部は枯れます...

野菜の苗/ミョウガ3号ポット4株セット

園芸ネット プラス

1,600

野菜の苗/ミョウガ3号ポット4株セット

ミョウガは家庭菜園で手軽に作れる強健な野菜です。中国東南部原産で、渡来後野生化したといわれています。幼茎をミョウガタケとして食用にするほか、7〜10月頃に根元から出る蕾を採取して「ミョウガ」「ミョウガのコ」とし、主に薬味として利用します。半日陰の湿り気のある場所を好み、栽培方法は簡単で、病気もなく、一度植えつければ地下茎で次々に殖えて毎年収穫できます。お庭の隅に、ぜひどうぞ!タイプ:ショウガ科の耐寒性宿根草植付け適期:2〜5月 10〜12月草丈:20〜40cm収穫期:ミョウガタケは4〜5月頃、花ミョウガは7月半ば〜9月下旬日照:日向または半日陰栽培方法:涼しい場所を好み、日光をあまり必要としないので、塀の陰や木の下、建物の北側が最適。一度植えつければ毎年収穫できます。元肥として堆肥や腐葉土を十分すきこみ、20〜30cm間隔に植えます。植え放しでも大丈夫ですが、7月と10月に追肥するとたくさん収穫できます。夏に株元が乾燥するようならワラや落ち葉を敷きます。9月に株の根元に生える開花前の蕾を収穫します。また、若茎を軟白したものがミョウガタケです。お届けする苗は3〜3.5号(直径9〜10.5cm)ポット入りです。冬季は地上部が枯れている、もしくは地上部がない状態でのお届けとなりますが、根は生きていますのでそのまま育ててください。しばらくすると新しい芽が出てきます。夏場は地上部の見栄えが悪いことがございます。写真は収穫時のイメージです。使用農薬(有効成分):農薬は使用していません。生産地:千葉県ミョウガ3号ポット4株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

植物の苗/コンパニオンプランツ:ミョウガ3〜3.5号ポット4株セット

園芸ネット プラス

1,600

植物の苗/コンパニオンプランツ:ミョウガ3〜3.5号ポット4株セット

カキ(柿)のコンパニオンプランツと言われています。カキの実の自然落下の防止や株まわりの雑草を抑えることができます。家庭菜園で手軽に作れる強健な野菜です。半日陰でも栽培でき、栽培方法は簡単で、病気もなく、手間もかかりません。 9月に株の根元に生える開花前の蕾を収穫します。また、若茎を軟白したものもミョウガタケとしてお料理のつまなどに利用できます。お庭の隅に、ぜひどうぞ!タイプ:ショウガ科の耐寒性宿根草植付け適期:2〜5月 10〜12月草丈:20〜40cm収穫期:花ミョウガは7月半ば〜9月下旬日照:日向または半日陰栽培方法:涼しい場所を好み、日光をあまり必要としないので、塀の陰や木の下、建物の北側が最適。一度植えつければ毎年収穫できます。元肥として堆肥や腐葉土を十分すきこみ、20〜30cm間隔に植えます。植え放しでも大丈夫ですが、7月と10月に追肥するとたくさん収穫できます。夏に株元が乾燥するようならワラや落ち葉を敷きます。お届けする苗は3〜3.5号(直径9〜10.5cm)ポット入りです。冬季は地上部が枯れている、もしくは地上部がない状態でのお届けとなりますが、根は生きていますのでそのまま育ててください。しばらくすると新しい芽が出てきます。夏場は地上部の見栄えが悪いことがございます。写真は収穫時のイメージです。使用農薬(有効成分):農薬は使用していません。生産地:千葉県コンパニオンプランツ:ミョウガ3〜3.5号ポット4株セットの栽培ガイドコンパニオンプランツ苗類のお届け形態について

こちらの関連商品はいかがですか?

野菜の苗/紫やまいも3.5号ポット

園芸ネット プラス

702

野菜の苗/紫やまいも3.5号ポット

アントシアニン、ポリフェノールが豊富な、東南アジア原産のやまいもです。熱を加えても色は鮮やかです。紫のとろろ・・・もちろん油で揚げたり、蒸して食べたり、大変美味しいです。食卓に新しい彩りを与えてくれます。生育力旺盛で成長が早く、よく葉を茂らせるので、「緑のカーテン」(夏の日よけ植物)にも利用できます。学名:Dioscorea alataタイプ:ヤマノイモ科ヤマノイモ属つる性植物生育適温:20〜25℃草丈:〜200cm(つる性)植え付け適期:4〜5月用途:とろろ汁、やまかけ、和菓子他栽培方法:よく肥えた、水はけの良い粘質土壌が最適です。よく耕した場所に45cm位の間隔で10cm位の深さに植え付け、土をかけます。支柱やネットなどに蔓を這わせてください。イモは大きく生育する為、堆肥、油かす、化成肥料などを多めに施します。プランターでも栽培できます。深さ30cm以上ある野菜用のプランターに培養土を入れて植えつけてください。成長に応じて支柱を立てます。収穫は10月頃より行いますが、地上部が枯れてきたら、生育しないので掘り上げてください。3.5号(直径10.5cm)ポット入り苗です。写真は収穫した芋のイメージです。使用農薬(有効成分):農薬は使用していません。生産地:鹿児島県紫やまいも3.5号ポットの栽培ガイド春の山菜苗類のお届け形態について夏を涼しく 緑のカーテンづくり

野菜の苗/キワーノ3号ポット

園芸ネット プラス

434

野菜の苗/キワーノ3号ポット

ミネラル豊富な機能性野菜として注目を集める、ニュージーランド原産のキワーノ(キワノ)。長さ15cmほどの楕円形の果実で、果皮はオレンジ色でトゲがあり、果肉はプルプルのゼリー状で緑色です。ゴーヤやひょうたんの仲間で、つる性のウリ科野菜なので、育てやすく家庭菜園に向きます。また、緑のカーテンとして日よけにも利用できます。オレンジ色に熟した実を半分にカットして、生のままスプーンでゼリー状の中身をすくって食べます。野菜と果物の中間のような感じで、甘味はほとんどありませんが、味はほのかな酸味があり、さわやかな風味。ハチミツをかけていただくとデザートになります。また、色がきれいでぷるんとした食感が楽しいので、デザートやサラダの彩りに適しています。マグネシウム含有量はナンバーワン。健康野菜としておすすめです。また、見た目のインパクトがとても強いので、レストランなどの飾り物としても人気です。実は長期間の保存ができ、比較的涼しい場所であれば室温で2週間〜1ヶ月もちます。タイプ:ウリ科キュウリ属の非耐寒性1年草(南国では多年草)植え付け適期:4月中旬〜5月下旬収穫期:7〜8月日照:日向むき栽培方法:ゴーヤやキュウリと同様に、よく日のあたる場所で栽培します。鉢栽培の場合は、8号(直径24cm)程度の鉢またはプランターに植え付けます。土の容量が多い方が良く育ちます。支柱又はネットでつるを誘引します。緑のカーテンとしても栽培できます。花が咲き始めたら適宜摘花します。 摘花しないと大きい実はつきません。多肥を好むので、月に1回は追肥してください。親づる、子づるを摘芯(カット)して、孫づるに着実させます(ウリ科の性質)。収穫:夏を過ぎた頃、緑色だった実が黄色く色づき始めます。色づき始めたら収穫します。収穫後、1週間程度追熟させて食べると良いです...

野菜の苗/宇宙いもの苗3号ポット

園芸ネット プラス

572

野菜の苗/宇宙いもの苗3号ポット

東南アジア原産のサトイモ科の植物です。別名「エアーポテト」。うまく育てると赤ちゃんの頭くらいの巨大なムカゴがたくさんできます。それはまるで宙に浮いた隕石のよう。蒸して食べたり、みそ汁などの具に利用できます。地中には、ピンポン玉よりひと回り大きな球形の芋が出来ます。この芋には、キクイモと同じように血糖値を下げる効果があるといわれています。芋もムカゴも越冬させれば、また来年楽しく育てることが出来ます。タイプ:熱帯アジア原産のヤマイモ科の非耐寒性宿根草(つる性)日照:日向むき栽培方法:用土はやや酸性が強く、肥料系の多い砂質壌土が最適です。市販の培養土でもよいでしょう。霜や雪のなくなった頃によく日のあたる場所に植え付け、支柱を立てたりネットを張ってつるがまきつくようにしてください。プランターでも栽培できます。植付後間もなく芽が出てつるが伸び、丸い直径20cmくらいの照葉がたくさん出てきます。7月末位に追肥をしてあげると、大きいムカゴがとれます 。ムカゴ芋の肥大期は9〜10月です。 完熟期前、10月頃には落葉が始まり、完熟するとムカゴは自然落下しますので、収穫してください。11月半ば頃に、地下にできた芋もほりあげて収穫してください。利用方法:ヤマイモ同様に利用できます。皮をすこし厚めにむいて、味噌汁やけんちん汁、煮物などに。すりおろしてとろろ汁や揚げ物に。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なることがありますので、ご了承ください。 宇宙いもの苗3号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

野菜の苗/モロヘイヤ3号ポット2ポットセット

園芸ネット プラス

528

野菜の苗/モロヘイヤ3号ポット2ポットセット

モロヘイヤはエジプトからやってきた栄養価が非常に高い葉野菜。モロヘイヤとはアラビア語で、「王様の野菜」という意味で、カルシウム、ビタミンが豊富です。葉を摘み取り、湯通ししてサラダや天ぷら、刻んで炒め物やスープなどに最適のねばねば野菜です。ぬめりがありますが、くせのない味で、栽培しやすく美味です。別名をタイワンツナソ、ナガミツナソ、ジュート、シマツナソ(縞綱麻)とも呼ばれます。★1ポットに数株の苗が入っていますので、分けて植え付けてください★ 学名:Corchorus olitoriusタイプ:アオイ科の一年生草本草丈:〜1m収穫 6月〜11月 日照:日向向き栽培方法:日当たりのよい場所に植えてください。至って強健で、温度があればどんどん生育します。追肥は生育と共に、半月に一度程度の割合で行うとやわらかい良品を収穫できます。また、草丈40〜50cmの頃から随時摘芯するとわき芽がでて収穫量が増します。風当たりの強いところでは、支柱を立てます。短日条件で花芽分化、開花し、食味が落ちるので、9月以降は日長が15〜16時間以上になるように電灯照明を行うと、開花させずに良い状態の葉を継続して収穫することができます。ご注意:家庭菜園で栽培する場合には、収穫時期の留意し、種子や莢(さや)を食べないように注意して下さい。種子や莢(さや)に強心配糖体(強心作用のある成分)が含まれており、誤植すると中毒症状がおきます。食用にされている葉には強心配糖体は含まれていないことが、国立医薬食品衛生研究所の調査で確認されています。3号ポットにタネを多粒まきして育てた苗です。菜園やプランターへの植え付けの際に1株ずつに分けて植えてください。モロヘイヤ3号ポット2ポットセットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

野菜の苗/モロヘイヤ3号ポット12ポットセット

園芸ネット プラス

2,963

野菜の苗/モロヘイヤ3号ポット12ポットセット

モロヘイヤはエジプトからやってきた栄養価が非常に高い葉野菜。モロヘイヤとはアラビア語で、「王様の野菜」という意味で、カルシウム、ビタミンが豊富です。葉を摘み取り、湯通ししてサラダや天ぷら、刻んで炒め物やスープなどに最適のねばねば野菜です。ぬめりがありますが、くせのない味で、栽培しやすく美味です。別名をタイワンツナソ、ナガミツナソ、ジュート、シマツナソ(縞綱麻)とも呼ばれます。★1ポットに数株の苗が入っていますので、分けて植え付けてください★ 学名:Corchorus olitoriusタイプ:アオイ科の一年生草本草丈:〜1m収穫 6月〜11月 日照:日向向き栽培方法:日当たりのよい場所に植えてください。至って強健で、温度があればどんどん生育します。追肥は生育と共に、半月に一度程度の割合で行うとやわらかい良品を収穫できます。また、草丈40〜50cmの頃から随時摘芯するとわき芽がでて収穫量が増します。風当たりの強いところでは、支柱を立てます。短日条件で花芽分化、開花し、食味が落ちるので、9月以降は日長が15〜16時間以上になるように電灯照明を行うと、開花させずに良い状態の葉を継続して収穫することができます。ご注意:家庭菜園で栽培する場合には、収穫時期の留意し、種子や莢(さや)を食べないように注意して下さい。種子や莢(さや)に強心配糖体(強心作用のある成分)が含まれており、誤植すると中毒症状がおきます。食用にされている葉には強心配糖体は含まれていないことが、国立医薬食品衛生研究所の調査で確認されています。3号ポットにタネを多粒まきして育てた苗です。菜園やプランターへの植え付けの際に1株ずつに分けて植えてください。モロヘイヤ3号ポット12ポットセットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

野菜の苗/花ニラ3号ポット 6ポットセット

園芸ネット プラス

1,956

野菜の苗/花ニラ3号ポット 6ポットセット

中国野菜のニラの仲間で、若い蕾のついたやわらかいトウを根元から折って収穫し、花茎と蕾を食用にします。花ニラ(ハナニラ)はおいしく、ビタミンA・Cが豊富に含まれていると言われています。栽培方法は普通のニラと同じです。 タイプ:ユリ科の耐寒性多年草草丈:30cm収穫時期:初夏〜晩秋日照:日向むき栽培方法:酸性土を嫌うので植え付けの2週間以上前に1平米当たり苦土石灰約100〜150グラムを畑にすき込み、土を中和します。植え付けの1週間ほど前に堆肥を施します。生育期間が長いので肥料は緩効性のものを使います。冬は地上部が枯れますが、根株で越冬し、春になると萌芽してきます。収穫後に追肥するだけで、年に3〜5回収穫することができます。追肥後、水やりをすると肥料の効きが良くなります。夏は株元に敷きワラをして乾燥を防ぎます。3〜4年経つと株が大きくなり、込み合って葉も細く薄くなってきます。根を切らないように掘り上げて、3本ずつくらいに株分けします。窒素肥料が多すぎると過繁茂になって風通しが悪くなり、病害虫が発生しやすくなります。水はけをよくし、密植を避け、風通しをよくしてさび病や白斑葉枯病などの発生を予防します。病葉は切り取り、持ち出し処分します。アブラムシが5月の乾燥で多発し、葉に群生して生育を阻害することがあります。アブラムシは急速に増加するので、早期発見、早期防除に努めます。収穫:初夏から晩秋にかけてトウが立ち、蕾が緑色で苞が破れる前のやわらかいうちに、摘み取って収穫します。香味野菜として、野菜炒めや肉料理に利用がおすすめです。写真は成長時のイメージですが、お届けの際はまだ苗です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なることがあります。 花ニラ3号ポット 6ポットセットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

野菜の苗/アマランサス野菜用品種3号ポット

園芸ネット プラス

267

野菜の苗/アマランサス野菜用品種3号ポット

簡単放任栽培可能でクセがなく食べやすい健康葉野菜!野菜として使われるアマランサスはヒユナとも呼ばれ、熱帯アジアが原産とされています。「バイアム」「ジャワホウレンソウ」「チャイニーズ・スピナッチ」などとも呼ばれています。穀物用アマランサスは種にあたる実の部分を穀物として利用するのに対し、ヒユナは茎葉を食用とします。葉野菜の中でも非常に栄養価が高く、鉄分やカルシウム、ビタミンCなどの栄養分が、ほうれん草や小松菜などよりも多く含まれていると言われています。日本に入ってきたのは江戸時代から明治にかけてとされ、熱帯アジア諸国では古くから葉野菜として身近な野菜の一つとして親しまれていますタイプ:ヒユ科ヒユ属の一年草別名:ヒユナ学名:Amaranthus tricolor英名:Amaranth収穫:7月〜9月株のサイズ:高さ40cm、幅30cm程度<育て方>日当たりと水はけの良い土を好みます。元肥と追肥はある程度必要です。病害虫に強い。草丈が20cmくらいに伸びたころ、摘芯してわき芽の発生を促し、わき芽が伸びてくれば3〜4枚で順次収穫します。収穫が遅れると葉が固くなり食味が落ちます。病害虫に強く、非常に強健で成長が早いので手軽に栽培することが出来ます。<利用法>おひたしやゴマ和えにも!アが少なく、ホウレンソウのような癖がないので、とても食べやすい野菜です。タイでは生でも食べるようですが、ベトナムではもっぱらスープにして外に流れた栄養素も余さず体に取り入れます。中国では炒め物にも使うようです。ホウレンソウのように熱湯でざっと湯がいておひたしにしたり、ゴマ和えにして食べると美味です。ベトナムでは「体の熱を逃がす野菜」として知られており、夏の暑いときに食べると良いとされています。アントシアニン、カルシウム、鉄分、たんぱく質、ビタミンなどを含む健康野菜で...

野菜の苗/花ニラ3号ポット 2ポットセット

園芸ネット プラス

686

野菜の苗/花ニラ3号ポット 2ポットセット

中国野菜のニラの仲間で、若い蕾のついたやわらかいトウを根元から折って収穫し、花茎と蕾を食用にします。花ニラ(ハナニラ)はおいしく、ビタミンA・Cが豊富に含まれていると言われています。栽培方法は普通のニラと同じです。 タイプ:ユリ科の耐寒性多年草草丈:30cm収穫時期:初夏〜晩秋日照:日向むき栽培方法:酸性土を嫌うので植え付けの2週間以上前に1平米当たり苦土石灰約100〜150グラムを畑にすき込み、土を中和します。植え付けの1週間ほど前に堆肥を施します。生育期間が長いので肥料は緩効性のものを使います。冬は地上部が枯れますが、根株で越冬し、春になると萌芽してきます。収穫後に追肥するだけで、年に3〜5回収穫することができます。追肥後、水やりをすると肥料の効きが良くなります。夏は株元に敷きワラをして乾燥を防ぎます。3〜4年経つと株が大きくなり、込み合って葉も細く薄くなってきます。根を切らないように掘り上げて、3本ずつくらいに株分けします。窒素肥料が多すぎると過繁茂になって風通しが悪くなり、病害虫が発生しやすくなります。水はけをよくし、密植を避け、風通しをよくしてさび病や白斑葉枯病などの発生を予防します。病葉は切り取り、持ち出し処分します。アブラムシが5月の乾燥で多発し、葉に群生して生育を阻害することがあります。アブラムシは急速に増加するので、早期発見、早期防除に努めます。収穫:初夏から晩秋にかけてトウが立ち、蕾が緑色で苞が破れる前のやわらかいうちに、摘み取って収穫します。香味野菜として、野菜炒めや肉料理に利用がおすすめです。写真は成長時のイメージですが、お届けの際はまだ苗です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なることがあります。花ニラ3号ポット 2ポットセットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

野菜の苗/ホップ 雌株 3〜3.5号ポット 4株セット

園芸ネット プラス

2,592

野菜の苗/ホップ 雌株 3〜3.5号ポット 4株セット

成熟した雌花(受粉前)がビールの原料として使われるホップ。ビール以外にもハーブや食用に利用できます。花はティーとして飲むと鎮静効果があり、消化促進や防腐作用もあるといわれ、他のどんなハーブティとも合わせられます。若葉はゆでて苦味を除き、スープに加えます。若い側枝は、蒸してアスパラガスのように利用します。また、茎はかご編みに、かわいい松かさ型の毬果はつるごとドライフラワーにすると素敵です。つるが伸びますので、支柱やトレリスに這わせてください。比較的冷涼な気候を好みますが、夏の日よけの緑のカーテンにもおすすめです。ビール用に栽培する場合は、受精させると味が落ちるため雌木だけで育てます。また、花をハーブやドライフラワーとして利用する場合も雌花を用いますので、苗としては雌株のみの販売となります。タイプ:クワ科の耐寒性つる性宿根草(半耐暑性)つるの長さ:〜500cm収穫時期:8月(花・実)日照:日向〜半日陰むき栽培方法日当たりがよく、土が肥えた場所を好みます。つるが伸びますので、フェンスや塀などに這わせてください。植付けの際に植え穴に腐葉土や堆肥を施し、支柱を立てて植え付けます。初夏に刈り込みを行ってください。春先に根を分けて株を殖やすことができます。収穫方法春先に若芽を摘み取って塩茹でし、サラダ等に利用します。夏の花(実)は天ぷらに。若い葉も同様に利用でき、随時収穫できます。初秋に熟した花を採取し、生花としてフラワーアレンジメントに。また、乾燥させてハーブティ、ポプリ、ドライフラワーとして利用します。この品種は岩手県産の在来種です。園芸品種ではないため、特に品種名はありません。写真は成長時のイメージです。お届け時は苗です。地上部の見栄えが悪いことがございます。使用農薬(有効成分):使用していません。生産地:千葉県ホップ 雌株 3〜3...

野菜の苗/ウルイ(食用ギボウシ・オオバギボウシ)3.5号ポット2株セット

園芸ネット プラス

1,296

野菜の苗/ウルイ(食用ギボウシ・オオバギボウシ)3.5号ポット2株セット

古くから山菜として食べられ、丈夫で株が殖えやすく、早花も美しいので園芸用にも多く取り扱われているギボウシ。春先に葉柄の柔らかい部分を茹でておひたしや胡麻和え、酢味噌和えでいただきます。耐寒性・耐暑性が強く栽培しやすい品種です。日陰で栽培できる数少ない野菜のひとつです。お庭の片隅にぜひどうぞ。学名:Hosta sieboldianaタイプ:ユリ科の耐寒性宿根草(冬は地上部のない状態)草丈:50〜60cm収穫期:3〜4月開花:6〜8月日照:半日陰〜日陰栽培方法:半日陰〜日陰となる場所で栽培してください。保水性のある、肥沃な場所を好みます。株間30〜50cmに植え付けてください。暑さ、寒さにつよく強健ですので栽培に手間はかかりません。乾燥に弱いので、水を切らさないように管理してください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。お届け時には個体差があります。写真、サイズと異なることがありますので、ご了承ください。使用農薬(有効成分):農薬は使用していません。生産地:岩手県ウルイ(食用ギボウシ・オオバギボウシ)3.5号ポット2株セット の栽培ガイド春の山菜苗類のお届け形態について

野菜の苗/トマト:スイートトマト大苗3.5号ポット2株セット

園芸ネット プラス

1,188

野菜の苗/トマト:スイートトマト大苗3.5号ポット2株セット

5月下旬〜6月植えにぴったりの「サマーポット」シリーズのトマトの苗。スイートトマトはカネコ種苗の人気トマト苗、スイートシリーズの中でもいちばん人気のおやつトマトです。糖度が高く非常に甘いピンポン玉サイズの中玉トマトです。おやつやデザートとして、そのまま召し上がれます。果色は濃赤色で、果重は50g前後です。草勢はやや強く、作りやすい品種です。初めての方でも育てやすい大型ポリポット苗でのお届けです。タイプ: 非耐寒性1年草 植え付け適期: 5月 収穫: 7月〜9月 日当: 日当りを好む 用途: サラダ、グリル、煮物 栽培方法よく日の当たる水はけのよい場所に十分に元肥をほどこし、60cm間隔で定植します。花が咲き始めたら液肥などを継続的に追肥してください。収穫:肥料切れをおこさないようにすると沢山収穫できます。成熟した実を随時収穫しますが、9月末頃、寒くなってきたら緑の未成熟の実も全て収穫します。そのまま涼しい場所に置いておくとだんだん色づき、料理に利用できます。直径10.5cmポット植えです。トマト:スイートトマト大苗3.5号ポット2株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

野菜の苗/紫やまいも3.5号ポット 4株セット

園芸ネット プラス

2,808

野菜の苗/紫やまいも3.5号ポット 4株セット

アントシアニン、ポリフェノールが豊富な、東南アジア原産のやまいもです。熱を加えても色は鮮やかです。紫のとろろ。もちろん油で揚げたり、蒸して食べたり、大変美味しいです。食卓に新しい彩りを与えてくれます。生育力旺盛で成長が早く、よく葉を茂らせるので、「緑のカーテン」(夏の日よけ植物)にも利用できます。学名:Dioscorea alataタイプ:ヤマノイモ科ヤマノイモ属つる性植物生育適温:20〜25℃草丈:〜200cm(つる性)植え付け適期:4〜5月用途:とろろ汁、やまかけ、和菓子他栽培方法:よく肥えた、水はけの良い粘質土壌が最適です。よく耕した場所に45cm位の間隔で10cm位の深さに植え付け、土をかけます。支柱やネットなどに蔓を這わせてください。イモは大きく生育する為、堆肥、油かす、化成肥料などを多めに施します。プランターでも栽培できます。深さ30cm以上ある野菜用のプランターに培養土を入れて植えつけてください。成長に応じて支柱を立てます。収穫は10月頃より行いますが、地上部が枯れてきたら、生育しないので掘り上げてください。3.5号(直径10.5cm)ポット入り苗です。写真は収穫した芋のイメージです。使用農薬(有効成分):農薬は使用していません。生産地:鹿児島県紫やまいも3.5号ポット 4株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について夏を涼しく 緑のカーテンづくり

野菜の苗/モリンガ(わさびの木・マルンガイ)3.5号ポット

園芸ネット プラス

572

野菜の苗/モリンガ(わさびの木・マルンガイ)3.5号ポット

北インドやフィリピンで多く栽培される奇跡の木、モリンガ。1年で数メートルになる驚異の成長力を持っています。約90種の栄養素を持つ健康植物として食用に栽培され、葉、実、花、茎、根など余すところなく利用できます。温暖化対策・食糧支援などさまざまな分野で注目を集めています。薬の木、アジアンスパイスとも呼ばれるモリンガ。葉にはホウレンソウの4倍近いビタミンCを含み、ビタミンA、カリウム、鉄分、カルシウム、タンパク質も豊富なハーブです。葉や新芽花や実も食べられます。スープの薬味や、カレー、チャーハンなどに利用します。熱を加えると辛味がなくなります。花は香水の原料としても使われ、塩漬けにして桜茶のようにフラワーティーとして利用できます。強壮剤としても使われています。生葉はジュースにして飲用すると、血圧と自律神経の安定に効果が。葉を煎じたお茶は糖尿病や高血圧の防止に効果があるといわれています。若い鞘(豆)は高級食材として扱われています。また、二酸化炭素吸収能力も通常の植物の20倍といわれ、地球温暖化防止に役立つ植物としても注目されています。寒さに弱いので、栽培は初夏〜秋が中心となりますが、3ヶ月で170cmも伸びる成長の早さですので、伸びた枝葉を随時切り取ってご利用いただけます。タイプ:ワサビノキ科の非耐寒性常緑低木樹高:3〜5m日照:日向むき栽培方法:なるべく日当たりのよい場所で、6〜7号の大き目の鉢植えで育ててください。有機質に富んだ土を好みます。例として、赤玉7:腐葉土3に元肥を施してください。6〜9月は固形肥料を与えてください。夏は40度近くの高温でも元気ですが、冬季は5度以上必要です。鉢植えにして室内の暖かく明るい場所で管理し、水を極力控えてください。葉は落ちますが冬越しでき、春になるとまた葉が出てきます。3.5号(直径10.5cm...

野菜の苗/料理用イタリアントマト:サンマルツァーノレッドマジック3.5号ポット

全2商品

411

野菜の苗/料理用イタリアントマト:サンマルツァーノレッドマジック3.5号ポット

イタリア・ナポリ近郊のファーメン社の調理用トマトの苗です。イタリアを代表するトマトといえば、細長い形のサンマルツァーノ種が本場の味として珍重されますが、土壌が変わると味が変化し、病気に弱くなる品種でした。そこでファーメン社が15年の歳月をかけて開発した画期的なシリーズがこの調理用トマトです。世界で始めて交配親がどちらもサンマルツァーノ種で、どこで栽培しても本場の味となり、しかも病気に強いF1種です。日本中どこで栽培しても、本場サンマルツァーノの味がお楽しみいただけます。収穫量を増やすため、栽培方法は必ず下記の「ファーメン社の調理用トマトの栽培方法」に従ってください。レッドマジック(Red Magic)は果実の重さ80〜150gの料理用トマト。実の長さは4〜6cmです。細長い形で、煮込みやグリル、トマトソースに最適です。加熱すると格段においしくなるのが特徴です。塩とオリーブオイルで調味するだけで魚や肉でダシをとったよう旨味とコクが生まれます。調理時間は5分ほどと非常に短時間・低カロリーで加熱することにより、リコピンやベータカロチンなどの栄養価が倍増し、体内に吸収されやすい栄養素に変化します。また生食でもおいしく、ぶつ切りにしてEXオリーブオイルと岩塩をからめ、バジルをちょっと混ぜれば独特の風味が楽しめるトマトサラダになります。果実に旨味を蓄積するため、熟すのは遅めです。植え付けの際に、通常のトマト苗の倍量くらい多めに石灰を施していただくと、元気に生育します。タイプ: ナス科の非耐寒性1年草 植え付け適期: 4〜5月 草丈:100〜150cm収穫: 7月〜9月 日当: 日当りを好む 用途: サラダ、グリル、煮物 ファーメン社の調理用トマトの栽培方法:栽培は、大型の鉢(50リットル以上)または畑(露地植え)のどちらでもできます...

野菜の苗/選抜ネマガリダケ3.5号ポット

園芸ネット プラス

915

野菜の苗/選抜ネマガリダケ3.5号ポット

地表の近くで根元が曲がっていることから「根曲竹」と呼ばれ、たけのこの仲間の中では最もおいしく、栄養価にも優れると言われています。北国の高山に生える植物ですが、平地でも栽培できるように耐暑性の強い個体を選抜しました。根元からひねりとったタケノコを早めに調理していただきます。炭焼き、ゆでマヨ、味噌煮どれも最高。別名:チシマザサ 生産地:静岡県株分け養成苗、3〜5芽立株でのお届けです。タイプ:イネ科の常緑樹樹高:50〜100cm収穫期:5〜7月植栽適地:関東地方以南日照:日向〜半日陰むき用途:庭植え、鉢植え栽培方法:日当たりのよい場所に植えてください。鉢植えでも栽培できます。適度な湿り気を好み、耐寒性、耐暑性もあります。乾燥を嫌うので、夏場日照りが続く場合は水遣りしてください。枝が密生し、カイガラムシなどが着きやすいので、古い悍は早めに取り除きましょう。樹高が高くなりすぎる場合は適当な高さで剪定します。移植は容易です。収穫方法:孟宗竹のように地中から掘り出す必要は無く、タケノコが30〜40cmくらいに延びてきたら根元から折り取ります。あく抜きは普通のタケノコと同様に米糠で行いますが、アクが比較的少ないので、収穫したてなら茹でるだけで食べられます。3.5号(直径10.5cm)ポット植えの苗です。収穫までの年数は3〜4年です。お届け後は根を乾かさないように管理し、なるべく早く植えつけてください。品種の性質上、地上部の大きさには個体差があります。※写真はイメージです。選抜ネマガリダケ3.5号ポットの栽培ガイド春の山菜苗類のお届け形態について

野菜の苗/紫アスパラガス養生株3.5号ポット

園芸ネット プラス

518

野菜の苗/紫アスパラガス養生株3.5号ポット

紫色のアスパラ。見た目もさることながら、茎の太さは食べ応え十分です。しかも、やわらかくて食べやすい品種。甘みも強く、文句なしの逸品です。ゆでると茎が深いグリーンに変色します。柔らかくて食べやすく、しかも糖度が高くて、抗酸化物質のアントシアニンやビタミンCが豊富で健康に良いとして注目されている品種。家庭菜園で手軽に作れる強健な野菜です。収穫の楽しさは格別。そして、新鮮なものは味わい豊かです。 また、葉が美しいので花壇・切花でも楽しめます。タイプ:ユリ科の耐寒性宿根草草丈:40〜60cm植え付け適期:3〜5月、8〜11月日照:日向むき栽培方法:宿根性で、一度植えれば10年ほどは年々株が成長し収量が増えます。食用のみでなく、緑の涼しげな葉はモスグリーンの霞のように美しく、花壇でも楽しめます。植え時は3月下旬〜5月中旬と8〜11月。根が深く伸びるので、耕土の深い場所をえらんでください。酸性土を嫌うので、定植前に苦土石灰を多めにまき、よく耕してください。日当たり・水はけの良い場所に、堆肥と化成肥料を多めに混ぜて深さ5〜10cmに植えます。株間は40cmほどあけてください。植え替え後、雑草・乾燥よけに株元に敷き藁をします。毎年春先に化成肥料や油粕を十分に追肥し、株を太らせます。5〜6月に出る若芽を根元から切り取りますが、苗が小さいうちは収穫を控えて株を太らせるようにします。収穫:3年目の春から、新芽が地上に15〜20cm出たところで根元から切りとって収穫します。株を育てるため、収穫は3年目で10日間、4年目で20日間、5年目以上で50〜60日間が目安で、それ以降に出る芽は葉として育てるようにします。7月に入ったら収穫は打ち切り、野菜用の肥料を根元に施します。収穫は、若芽を地際から2cmほど残して20〜30cmで切り取って収穫します...

野菜の苗/2色角オクラ3.5号ポット

園芸ネット プラス

343

野菜の苗/2色角オクラ3.5号ポット

1ポットで2色のオクラが採れるポット苗です。1ポットの中に緑のオクラと赤オクラの苗が数本育っています。このままの状態で畑に植えたり、10号(直径30cm)前後の鉢やプランターに植え付けてください。数本を1ヶ所で育てる「共育ち」で栽培すると、株が大きくなりすぎず、柔らかでおいしいオクラが収穫しやすくなります。タイプ:アオイ科の非耐寒性1年草日照:日向むき栽培方法植付け:日当たりと水はけの良い場所を選びます。元肥の入った土に株間40cm位で植付けます。ポットを崩さないように1ヶ所に植え付けます。オクラは樹勢が強いので1本ごとに育てると大きくなり過ぎて実も早く硬くなってしまう難点があります。水やり:表土が乾き始めたらたっぷり与えます。追肥:最初の花が咲き始めたら適量与え、その後は3週間に1度位与えます。摘葉:風通しを良くする為、収穫後にすぐ下の葉2枚残して切り落とします。収穫:最初の1.2本は実が硬くて食べられません。3番目頃からやわらかな実を収穫します。気温が上がると1日で2cm以上も大きくなります。12〜15cm位が収穫適期です。写真は成長時のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なる場合がございます。使用農薬(有効成分):使用していません。生産地:栃木県2色角オクラ3.5号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

野菜の苗/ウルイ(食用ギボウシ・オオバギボウシ)3.5号ポット4株セット

園芸ネット プラス

2,592

野菜の苗/ウルイ(食用ギボウシ・オオバギボウシ)3.5号ポット4株セット

古くから山菜として食べられ、丈夫で株が殖えやすく、早花も美しいので園芸用にも多く取り扱われているギボウシ。春先に葉柄の柔らかい部分を茹でておひたしや胡麻和え、酢味噌和えでいただきます。耐寒性・耐暑性が強く栽培しやすい品種です。日陰で栽培できる数少ない野菜のひとつです。お庭の片隅にぜひどうぞ。学名:Hosta sieboldianaタイプ:ユリ科の耐寒性宿根草(冬は地上部のない状態)草丈:50〜60cm収穫期:3〜4月開花:6〜8月日照:半日陰〜日陰栽培方法:半日陰〜日陰となる場所で栽培してください。保水性のある、肥沃な場所を好みます。株間30〜50cmに植え付けてください。暑さ、寒さにつよく強健ですので栽培に手間はかかりません。乾燥に弱いので、水を切らさないように管理してください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。お届け時には個体差があります。写真、サイズと異なることがありますので、ご了承ください。使用農薬(有効成分):農薬は使用していません。生産地:岩手県ウルイ(食用ギボウシ・オオバギボウシ)3.5号ポット4株セット の栽培ガイド春の山菜日陰の庭に、おすすめの植物苗類のお届け形態について

野菜の苗/ピーマン&バジルの寄せ植え(メガピーマン)3.5号ポット

園芸ネット プラス

537

野菜の苗/ピーマン&バジルの寄せ植え(メガピーマン)3.5号ポット

ピーマン&バジルの寄植え(3.5号苗)相性の良いピーマンとバジルを一緒に植えると虫よけ効果&ピーマンの生育促進&風味が増す!!●メガピーマン果肉厚く、甘くて食味バツグン!樹勢は旺盛で、草丈はやや高く茎も太い。定植後、約60日くらいで収穫できます。種が少なく食べやすい!長果型の大果種で果長15cm〜、果径4cm〜、果重70g前後で果肉3〜4cmと厚く、甘みがあり食味良好で種が少なく食べやすい。●スイートバジル&ブッシュバジルシソ科のハーブで夏の暑さに強く、水分が大好きで乾燥が苦手。土中の水分をしっかりと吸収するので、乾燥気味に育てた方が甘くなるトマトにとって一緒に植えると相性が良い!また、コナジラミ、ハエ、蚊などが寄り付きにくく、防虫効果もあると言わせています。<植付け準備と植付け>日当たりと水はけの良い場所を選びましょう。元肥として果菜用肥料などを施します。鉢植の場合は野菜用の深めのプリンターに野菜用培養土などを使用し軽く元肥を施してください。植付け時はピーマンとバジルを根鉢を崩さずに寄せ植えのままポットから取り出し、そのまま苗土がやや土の上に出るぐらいに浅植えにして仮支柱を立て、水をやってください。株間はバジルのためにも55〜60cmほど広めに取ります。<植付け後の管理(ピーマン)>最初に咲く花(一番花)の上下にあるわき芽は強く伸びるので伸ばし、3〜4本仕立てにします。その後自然に強い枝が伸びるのは放任して良いですが、貧弱で着果しない側枝(無効枝)は早めに間引いて、株全体日当たりを良くしてやります。水は畝間が常に湿っている程度に管理するのがポイントで、乾いたら十分に水やりをしてやります。追肥は収穫の初めごろから15〜20日おきに果菜用肥料を施すか、水やりを兼ねて野菜用液肥を追肥しても構いません...

野菜の苗/コゴミ(クサソテツ)3.5号ポット

園芸ネット プラス

648

野菜の苗/コゴミ(クサソテツ)3.5号ポット

家庭菜園で手軽に作れる強健なシダ科の山菜です。春先に出てくる若芽を、葉の先がゼンマイ状に巻いているうちに摘み取ります。栽培方法は簡単で、病気もなく、手間もかかりません。 また成長した葉も大変美しく、日向でも日陰でも育てられるので庭の下草としておすすめです。特にシェードガーデンには似合います。お庭の片隅に、ぜひどうぞ!タイプ:ウラボシ科の耐寒性多年草収穫:4月上旬〜6月草丈:50〜100cm日照:日向または半日陰むき栽培方法:涼しい場所を好み、日光をあまり必要としないので、塀の陰や木の下、建物の北側が最適。一度植えつければ毎年収穫できます。元肥として堆肥や腐葉土を十分すきこみ、3月上旬〜5月上旬に20〜30cm間隔に植えます。植え放しでも大丈夫ですが、7月と10月に追肥するとたくさん収穫できます。夏に株元が乾燥するようならワラや落ち葉を敷きます。収穫・利用方法:春に延びてくる若芽を摘みます。茎の根元の固い部分を切り取り、水でよく洗ってそのまま利用します。てんぷらの場合は衣をつけて揚げてください。また、茹でておひたしやごまあえ、煮物にしてもおいしくいただけます。直径10.5cmポット植えです。冬〜春先は葉のない状態でのお届けとなります。使用農薬(有効成分):使用していません。生産地:奈良県コゴミ(クサソテツ)3.5号ポットの栽培ガイド春の山菜苗類のお届け形態について

野菜の苗/コゴミ(クサソテツ)3.5号ポット 2株セット

園芸ネット プラス

1,296

野菜の苗/コゴミ(クサソテツ)3.5号ポット 2株セット

家庭菜園で手軽に作れる強健なシダ科の山菜です。春先に出てくる若芽を、葉の先がゼンマイ状に巻いているうちに摘み取ります。栽培方法は簡単で、病気もなく、手間もかかりません。 また成長した葉も大変美しく、日向でも日陰でも育てられるので庭の下草としておすすめです。特にシェードガーデンには似合います。お庭の片隅に、ぜひどうぞ!タイプ:ウラボシ科の耐寒性多年草収穫:4月上旬〜6月草丈:50〜100cm日照:日向または半日陰むき栽培方法:涼しい場所を好み、日光をあまり必要としないので、塀の陰や木の下、建物の北側が最適。一度植えつければ毎年収穫できます。元肥として堆肥や腐葉土を十分すきこみ、3月上旬〜5月上旬に20〜30cm間隔に植えます。植え放しでも大丈夫ですが、7月と10月に追肥するとたくさん収穫できます。夏に株元が乾燥するようならワラや落ち葉を敷きます。収穫・利用方法:春に延びてくる若芽を摘みます。茎の根元の固い部分を切り取り、水でよく洗ってそのまま利用します。てんぷらの場合は衣をつけて揚げてください。また、茹でておひたしやごまあえ、煮物にしてもおいしくいただけます。直径10.5cmポット植えです。冬〜春先は葉のない状態でのお届けとなります。使用農薬(有効成分):使用していません。生産地:奈良県コゴミ(クサソテツ)3.5号ポット 2株セットの栽培ガイド春の山菜苗類のお届け形態について

野菜の苗/ウルイ(食用ギボウシ・オオバギボウシ)3.5号ポット

園芸ネット プラス

648

野菜の苗/ウルイ(食用ギボウシ・オオバギボウシ)3.5号ポット

古くから山菜として食べられ、丈夫で株が殖えやすく、早花も美しいので園芸用にも多く取り扱われているギボウシ。春先に葉柄の柔らかい部分を茹でておひたしや胡麻和え、酢味噌和えでいただきます。耐寒性・耐暑性が強く栽培しやすい品種です。日陰で栽培できる数少ない野菜のひとつです。お庭の片隅にぜひどうぞ。学名:Hosta sieboldianaタイプ:ユリ科の耐寒性宿根草(冬は地上部のない状態)草丈:50〜60cm収穫期:3〜4月開花:6〜8月日照:半日陰〜日陰栽培方法:半日陰〜日陰となる場所で栽培してください。保水性のある、肥沃な場所を好みます。株間30〜50cmに植え付けてください。暑さ、寒さにつよく強健ですので栽培に手間はかかりません。乾燥に弱いので、水を切らさないように管理してください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なることがありますので、ご了承ください。使用農薬(有効成分):農薬は使用していません。生産地:岩手県ウルイ(食用ギボウシ・オオバギボウシ)3.5号ポット の栽培ガイド春の山菜日陰の庭に、おすすめの植物苗類のお届け形態について

野菜の苗/ふき:ヤマブキ3.5号ポット

園芸ネット プラス

648

野菜の苗/ふき:ヤマブキ3.5号ポット

雪どけとともにふっくらしたかわいいふきのとうの蕾が顔を出します。ふきのとうは蕗の花蕾で、雌花は白色、雄花は黄色で、大形の苞に包まれています。さわやかな緑色のフキは、ほろ苦さと香りが喜ばれ、春の日本料理に欠かせないもの。全国各地の山野で、半日陰のやや湿った土地に生えています。早春にまず花(フキノトウ)が出、その後に葉が出てきます。葉は葉柄が長く30から90cmにもなります。食用にするのはフキノトウと葉柄、葉で、いずれもほろ苦い野の味が楽しめます。学名:Petasites japonicusタイプ:耐寒性多年草草丈:60〜70cm収穫期:4月〜5月日照:日向または半日陰向き栽培方法:丈夫で寒さにも強いので、一度植え付ければ毎年芽を出し増えてくれます。春か秋に地下茎を3〜4節切り取り、土中に植え込みます。半日陰で湿り気のある場所を好むので、お庭の片隅や家の北側や家と塀の間などに植えておくのに最適です。利用方法:春先に出るフキノトウは花が開かないうちにホウごと摘み取り、フキ味噌、てんぷら、汁の実、煮物などに利用します。葉柄は十分に育ったら根元から切り取り、塩ずりしてたっぷりの熱湯で茹で、やわらかくなったら冷水にとってしばらく水にさらし、皮をむきます。煮物、フキご飯、佃煮などにご利用ください。写真は成長時のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですの。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なることがありますので、ご了承ください。ふき:ヤマブキ3.5号ポットの栽培ガイド春の山菜苗類のお届け形態について

野菜の苗/いっぽんわらび(赤こごみ)3.5号ポット

園芸ネット プラス

686

野菜の苗/いっぽんわらび(赤こごみ)3.5号ポット

東北地方で最も美味しいと言われる山菜です。普通のコゴミと違い山で群落を作らない事と、収穫期間が短い為、高級山菜とされています。ゼンマイのような姿ですが、アクがなく料理しやすいです。柔らかく、ぬめり感とコクのある旨みがたまりません。和え物、おひたし、汁物に。※寒い季節は地上部が枯れてありませんが、地下の株、根は生きています。暖かくなると再び芽を出しますので、それまで大切に育ててください。学名:Matteuccia struthiopterisタイプ:オシダ科の耐寒性宿根草草丈:40〜60cm別名:赤クサソテツ原産地:アジア東部、北米、欧州植付け方(庭植え)●庭植え大型なので庭植え向き。涼しい場所を好み日光をあまり必要としないので、塀の陰や木の下、建物の北側が最適。元肥として堆肥や腐葉土を充分すきこみ、 秋〜梅雨位までに20〜30cm間隔に浅く植えます。日当たりの良いところは遮光ネットで、日陰を作りましょう。●鉢植え日向土2、赤玉土4、鹿沼土2、腐葉土2 の割合で混ぜたもの、粒の大きさは2〜5 mm が良いです。6号鉢に1株植えとし鉢底に10〜15mmの軽石等を水はけよくするために3cm程度入れ、先ほどの用土を少し鉢に入れておき、元肥は根に直接触れないよう、株の頭が隠れる程度に植え付けます。根に直接肥料を触れさせない事がポイントです。管理方法●水やり庭植えは極端に乾かない限り必要ありませんが、植付け当初は新たな根がある程度広がるまで水切れには注意します。鉢植えは乾きに応じて、乾く前に与え、春〜秋の成長期にはよく乾くので朝夕に鉢底から水が出るまでたっぷりと与えます。秋から春までの休眠期は乾燥させない程度にします。●追肥植え放しでも大丈夫ですが、追肥するとたくさん収穫できます。4 〜 7 月と9 〜 10...

野菜の苗/コゴミ(クサソテツ)3.5号ポット24株セット

園芸ネット プラス

15,899

野菜の苗/コゴミ(クサソテツ)3.5号ポット24株セット

家庭菜園で手軽に作れる強健なシダ科の山菜です。春先に出てくる若芽を、葉の先がゼンマイ上に巻いているうちに摘み取ります。栽培方法は簡単で、病気もなく、手間もかかりません。 また成長した葉も大変美しく、日向でも日陰でも育てられるのでお庭の下草としておすすめです。特にシェードガーデンには似合います。たくさん植えられる方向けの20株セットです。タイプ:耐寒性多年草収穫:4月上旬〜5月上旬草丈:50〜100cm日照:日向または半日陰むき栽培方法:涼しい場所を好み、日光をあまり必要としないので、塀の陰や木の下、建物の北側が最適。一度植えつければ毎年収穫できます。元肥として堆肥や腐葉土を十分すきこみ、3月上旬〜5月上旬に20〜30cm間隔に植えます。コゴミは乾燥に弱いので、土が乾かなようこまめに灌水して下さい。植え放しでも大丈夫ですが、7月と10月に追肥するとたくさん収穫できます。夏に株元が乾燥するようならワラや落ち葉を敷きます。収穫・利用方法:春に延びてくる若芽を摘みます。茎の根元の固い部分を切り取り、水でよく洗ってそのまま利用します。てんぷらの場合は衣をつけて揚げてください。また、茹でておひたしやごまあえ、煮物にしてもおいしくいただけます。お届けする苗は直径10.5cmポット植え、24株セットです。冬季は地上部がない状態でのお届けとなります。■この商品はメーカー直送にてお届けのため、下記サービスについてはお受けできません。・日曜祝日指定・時間帯指定・メッセージカードの添付・代金引換決済■お届け地域について ・北海道、沖縄、離島へのお届けは、追加送料(実費)をいただく場合があります。 コゴミ(クサソテツ)3.5号ポット24株セットの栽培ガイド春の山菜苗類のお届け形態について

野菜の苗/茶(チャ):サヤマカオリ5号ポット 12株セット

園芸ネット プラス

12,720

野菜の苗/茶(チャ):サヤマカオリ5号ポット 12株セット

サヤマカオリは多収性で耐寒性が強く、製品は形状が細よれしやすく、香気に特徴のある品質秀逸なやや早生の品種です。消費者嗜好の多様化にともない、新たな消費者の開拓に向きます。埼玉県狭山市で育成され香りの強い品種であることから命名されました。品種の来歴と特徴:埼玉県茶業試験場(現埼玉県農林総合研究センター)が「やぶきた」自然交雑実生から選抜育成し、昭和46年に茶農林31号として登録された品種で昭和60年に県奨励品種に採用されました。摘採期は、「やぶきた」より2日程度早いやや早生種で、樹姿は中間型、樹勢強く、成葉はやや光沢の少ない濃緑色で、葉縁の波が大きく着用角度が小さいです。摘採期の新芽は百芽重が大きく、芽数も多いため収量は多収です。耐寒性は赤枯れ、青枯れ及び裂傷型凍害に強く、凍霜害後の回復力にも優れています。耐病性は輪斑病と赤焼病には強いですが炭そ病には極めて弱いです。品質の特性:色沢はやや黒みを帯びやすく、滋味は苦渋味が出やすいですが、特徴的な強い香りを持っています。栽培上の注意点:栽培面の問題点は少ないですが炭そ病に弱いので防除に努める必要があります。加工上の注意点:色沢が黒みを帯び、苦渋味が出やすく、ややくどい製品になりやすいので、蒸熱と揉み込みを十分に行うようにします。普及および栽培適地:県下全域に栽培可能ですが、耐寒性が強く多収のやや早生種として、特に中山間地や県東部に適します。タイプ:耐寒性常緑低木植え時:10中旬〜3月栽培適地:日本全国栽培難易度:やさしい収穫:5月下旬〜栽培方法:日当たりのよい場所で育てます。鉢植えでも育てられます。葉もきれいなので、観葉植物としてもおすすめです。生垣にする場合は、春〜秋に好きな形に刈りこんでください。収穫・利用法:製茶方法は、5月下旬以降夏の間に出てくる新芽(1芯3葉)を摘み取ります...

野菜の苗/メロンの苗:素人メロン・ころあま3.5号ポット

園芸ネット プラス

411

野菜の苗/メロンの苗:素人メロン・ころあま3.5号ポット

家庭で作れるネットメロン。糖度約14度。従来の高級メロン(ネットメロン)は色や形、大きさなど本来の味、以外にも様々求められています。科名:ウリ科日照:日向むき栽培方法植付け:日当たりと水はけの良い場所を選びます。元肥の入った土に株間50cm位で植付けます。プランター栽培の場合は野菜用のものを選びます。水やり:表土が乾き始めたらたっぷり与えます。夏場対策として株元に敷ワラなどをすると良いです。摘芯:本葉が5〜6枚の頃に適芯してわき芽を出させます。そのわき芽が伸び始めたら、勢いの良い芽を3〜4本残して他は取り除きます。(着果まで他のわき芽は取り除きます)人工授粉:確実に実をつける為には、晴れた日の午前中に花粉を直接雌花に付けましょう。※この時、受粉日を記録しておくと収穫の目安になります。追肥:着果が確認できたら適量を株の周りにやります。その後は、3〜4週間に1度与えていきます。摘果:1株に6個まで摘果します。収穫:淡い黄色の果皮にネットが入ったら頃合いです。着果のポイント:実を成らせるのは、定植1ヶ月以降に。早すぎると株が弱ってしまいます。着果は、1株に6果が目安となります。(果重1kg前後)写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なる場合がございます。使用農薬(有効成分):イミダクリプリド水和剤、還元澱粉糖化液剤 各1回生産地:栃木県 メロンの苗:素人メロン・ころあま3.5号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

野菜の苗/トマト:ハニーイエロー4号ポット

園芸ネット プラス

617

野菜の苗/トマト:ハニーイエロー4号ポット

サントリーのあまさセレクト「甘さの質」にこだわって生食トマトのおいしさを追い求めた「あまさセレクト」。タイプの異なるいろいろな甘さがぎゅっと詰まったラインアップです。パリットした果肉にジューシーなゼリー質、食味も食感も優れたミニトマトの決定版。上段部まで着果が安定し、ダブル果房の発生が多く得られ、実割れも少なく、収穫数が多い品種です。糖度:約8〜10度果形:やや縦長球形果重:約15〜20g収穫数目安:約120〜150個程度栽培ポイント:収穫時期の見分け方として、果実全体が黄色くなってから収穫します。内部ゼリー質が緑色に透けるうちはまだ未完熟です。栽培適性:プランター向け・畑向け栽培方法:日当たりが良く、できるだけナス科を連作していない場所を選びましょう。植えつけ2〜3週間前、堆肥2kg/m2、苦土石灰100g/m2を混ぜ、よく耕して土づくりをしておきます。植えつけ1週間前、配合肥料(8−8−8)など100g/m2を混ぜ込み、幅約60cm、高さ20cmほどの畝を作り、マルチフィルムを張って下さい。マルチフィルムを張ることで、雑草や泥ハネを防ぎ、病気にかかりにくくなります。畑の場合、株間50cm以上とします。植えつけ直後は細めの仮支柱を立てます。植えつけ直後は細めの仮支柱を、完全に活着するころには 2mほどの太くて丈夫な本支柱を立てます。コンテナ・プランターの場合は土の容量が25リットル以上の大きめの鉢を目安に選び、1株植えとします。日当たりのよい場所に置きます。1本仕立てをおすすめします。花が咲き始める頃から「わき芽」が目立ってきます。主枝に充分な栄養がいくよう、わき芽を摘み取り、主枝1本仕立てを行います。トマトのわき芽の生長は早いので、毎週忘れずにチェックしましょう。生育期間が長いので適宜追肥をします。1回目の追肥開花後...

野菜の苗/やぐら葱3号ロングポット

園芸ネット プラス

515

野菜の苗/やぐら葱3号ロングポット

宿根性、無坊主、夏取り小葱収穫、秋取り太葱収穫九条葱よりも美味しい!!すこぶる強健。毎年株を増やせます。家庭菜園向き葱苗決定版品種。5月頃、葉の先端にやぐら状の根株をつけます。この根株を6〜7月に定植し夏取りの柔らかい小葱を収穫します。同時に親株は春頃より次第に分結し、秋より太葱を収穫することができます。やぐら状部分も殖増にも使えます。殊芽(しゅが)頂点部分もてんぷらや焼き物にも利用できます。寒い季節は葉が枯れてありませんが、株は生きています。暖かくなると再び芽を出しますので、それまで大切に育てて下さい。タイプ:ユリ科の耐寒性多年草草丈60〜80cm収穫:5〜6月、9月ごろ用途:庭植え植えつけ方(庭植え)日当りの良い場所に植える約2週間前に苦土石灰を1平方メートルあたり約100g、化成肥料を100g、堆肥約3kg をまき、2,3 回耕うんして土壌と良く混ぜます。15〜20cmの間隔で植え付けます。垂直に掘った溝の片側に垂直に立て、根元に5〜6cmと浅く覆土します。土壌害虫防除剤をまいて、その上にワラを厚く敷きます。管理方法(水やり)土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。真夏は乾きやすいので、いくぶん回数を多めにします。雨水が溜まらないように排水には気をつけます。(追肥)草丈が15cm 位になった頃から、追肥と軽く株もとに土寄せをします。株と株の間に化成肥料と油粕を、1株あたり2〜3つまみずつばらまき、竹べらなどで軽く土に混ぜ込みます。2回目の追肥は年末に行い(寒肥)年が明けて3月に追肥をします。ネギは非常に肥料を要しますので、年4 回位こまめに施肥してあげますと、立派に育ちます。●ポイント●・雑草が蔓延しないように常に除草に心がけましょう。ねぎの茎葉にかからない様に除草剤を散布しても良いですが...

野菜の苗/ガーデンハックルベリィ3号ポット4株セット

園芸ネット プラス

1,372

野菜の苗/ガーデンハックルベリィ3号ポット4株セット

欧米では家庭で栽培され、ジャムなどに使われているガーデンハックルベリィ。アメリカなどに自生するツツジ科のハックルベリィとは全く異なり、ナス科の一年草です。ブルーベリーより早く収穫でき、実をたくさん付けます。実を加熱せずにそのまま食べてもおいしくありませんが、砂糖を加えて煮てジャムにするとおいしく、ブルーベリージャムと比較してもこちらのほうがおいしいと評判です。薬効成分でアントシアニン、フラボノイドが豊富で、ブルーベリーと比較するとビタミンA、カロテン、レチノールは約4.7倍、ビタミンB1約3倍、ビタミンB2はほぼ同等、ビタミンC約3倍、カリウム約5.4倍、カルシウムは1.6倍と、育てて食べたくなるベリーです。また未熟果には毒性のソラニン類が含まれているので、熟していない実を大量に摂取しないよう注意してください。タイプ: 非耐寒性1年草 日当: 日当りを好む 栽培方法:有機質に富んだ水はけのよいところで育てます。株間約50〜60cm。植え付けたら苗が倒れない様に支柱を立てます。植え付け前に1平方メートルあたり苦土石灰を100g与えます。元肥は1平方メートルあたり堆肥3kgと有機質肥料100gを目安に与えます。追肥として2ヶ月に1回程度化成肥料又は液肥を与えてください。収獲時期:10月〜ジャムのつくり方:・ガーデンハッツクルベィ 約200g・砂糖(グラニュー糖) 約100g・レモン 半切れ(好みに合わせて)・重曹1、ガーデンハックルベリーのヘタを取り水洗いし鍋に水を入れ8分〜10分ゆでます。アク取りに重曹を入れ煮汁を捨て洗い流す。2、レモン汁と砂糖を入れて煮つめます。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。お届け時には個体差があります。写真、サイズと異なることがありますので、ご了承ください...

野菜の苗/加賀野菜:金時草(キンジソウ・ハンダマ)3.5号ポット20株セット

園芸ネット プラス

5,323

野菜の苗/加賀野菜:金時草(キンジソウ・ハンダマ)3.5号ポット20株セット

加賀百万石の城下町で、代々受け継がれてきた伝統野菜。藩政時代に熊本から渡ってきたものです。特有の香りとぬめりがあり、葉の裏側の赤紫色が特徴的。夏場の滋養強壮に、おひたし等に最適です。ビタミンA、鉄分、カルシウムを多く含み、夏の健康野菜として注目されています。血圧の抑制効果もあります。しぼり汁を使ったシャーベットは香り・色合いがきれいで風味最高です。沖縄では「ハンダマ」と呼ばれるご当地野菜です。栽培方法:生育適温は20〜25℃です。乾燥に弱く湿り気のある土壌を好みます。日向〜半日陰で栽培してください。耐暑性が強く、夏によく繁茂します。半日陰で温度差が大きいと葉の裏の赤紫色がきれいに出ます。定植は4月下旬〜5月上旬が最適です。植え付けの1週間前に化成肥料を1平米あたり100g施し、よく土にすきこみます。大きく育つので、35〜40cmの間隔で植えつけます。定植後50〜60日目ごろから随時収穫してください。草丈が30〜40cmのものから、芽の先端から葉を5〜6枚つけて茎を切って収穫します。わき目が伸びてくるので、また大きくなったら順次切ってください。生育中は肥料を切らさないよう、月1度程度化成肥料を追肥し、草丈70〜80cmを保ちながら収穫してください。冬には地上部が枯れ、1年草として扱いますが、11月頃からトンネルをかけ霜よけすれば冬越しも可能です。写真は成長時のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なることがありますので、ご了承ください。使用農薬(有効成分):ジノテフラン水溶剤1回生産地:埼玉県 加賀野菜:金時草(キンジソウ・ハンダマ)3.5号ポット20株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

野菜の苗/ヤーコン:アンデスの乙女3号ポット

園芸ネット プラス

572

野菜の苗/ヤーコン:アンデスの乙女3号ポット

生でも、調理してもおいしく、栄養価も高くて注目の的!ヤーコンは南米のペルー・エクアドルを原産地とするキク科の根菜です。日本に紹介されて以来、理想の健康野菜として人気は高まる一方です。サツマイモのような根の部分を食用としますが、生で食べれば梨のような風味。野菜のように炒め物や煮物にすればホクホクとしてレンコン以上のおいしさです。各種ビタミン、ミネラルをバランスよく含み、食物繊維が豊富で低カロリーなので、ダイエット食としても理想的。また、血糖値を下げるので糖尿病に効果があるともいわれています。栽培はきわめて容易な強健作物で、日当たりと水はけさえよければ、土質を選ばず、全国どこでも栽培できます。アンデスの雪はヒビが入りにくい品種。食感、味は梨に似ていて、貯蔵性に優れます。フラクトオリゴ糖が多い品種です。農林水産省品種登録第13537号。学名:Polymnia sonchifolia 'Andes-Yuki'草丈:100〜200cm植え付け適期:4月下旬〜6月中旬収穫時期:11〜12月日照:日向むき栽培方法:植えつけは5月から6月中旬です。元肥として、化成肥料と鶏ふんを1株あたり1握り分ほどすき込み、株間60〜70cm間隔で、ていねいに植えつけます。植えつけ後は十分に水遣りします。生育中の乾燥を嫌いますので、渇き気味の場合は随時水遣りします。梅雨開け後は乾燥防止に根元をワラでマルチングするとよいでしょう。夏季には急速に成長しますので、8月下旬に化成肥料などを株間に1握りづつ追肥します。・収穫・利用法11月に入って葉が黒く枯れた頃が収穫期。地場部を刈り取り、掘り上げます。1株から100〜500gの根茎が10個前後収穫できます。風通しの良い日陰で1ヶ月ほど追熟させてから、生食、サラダ、煮物、炒め物に利用します。お届けする苗は3号(直径9cm...

野菜の苗/トマト:こいあじ4号ポット

園芸ネット プラス

617

野菜の苗/トマト:こいあじ4号ポット

サントリーのあまさセレクト「甘さの質」にこだわって生食トマトのおいしさを追い求めた「あまさセレクト」。タイプの異なるいろいろな甘さがぎゅっと詰まったラインアップです。こいあじは濃い味わいの大玉トマト。生食に求められる甘さ、酸っぱさ、うまさ、どれもが「濃い」味わいです。約60〜100g前後の手ごろなサイズで、実り疲れせず、作りやすい品種です。品種情報糖度:7〜9度果形:腰高豊円果重:60〜100g収穫数目安:15〜25個程度栽培ポイント:完熟すると実割れしやすいため、やや早めに収穫します。栽培適性:プランター向け・畑向け栽培方法:日当たりが良く、できるだけナス科を連作していない場所を選びましょう。植えつけ2〜3週間前、堆肥2kg/m2、苦土石灰100g/m2を混ぜ、よく耕して土づくりをしておきます。植えつけ1週間前、配合肥料(8 - 8 - 8)など100g/m2を混ぜ込み、幅約60cm、高さ20cmほどの畝を作り、マルチフィルムを張って下さい。マルチフィルムを張ることで、雑草や泥ハネを防ぎ、病気にかかりにくくなります。畑の場合、株間50cm以上とします。植えつけ直後は細めの仮支柱を立てます。植えつけ直後は細めの仮支柱を、完全に活着するころには 2mほどの太くて丈夫な本支柱を立てます。コンテナ・プランターの場合は土の容量が25L以上の大きめの鉢を目安に選び、1株植えとします。日当たりのよい場所に置きます。1本仕立てをおすすめします。花が咲き始める頃から「わき芽」が目立ってきます。主枝に充分な栄養がいくよう、わき芽を摘み取り、主枝1本仕立てを行います。トマトのわき芽の生長は早いので、毎週忘れずにチェックしましょう。大玉タイプの場合、ひとつひとつの実を大きくするために、1花房あたり4〜5果程度に残して摘果します。開花後...

野菜の苗/ネギニラなかみどり3号ポット

園芸ネット プラス

457

野菜の苗/ネギニラなかみどり3号ポット

栃木県農業試験場で開発された「ねぎにら(なかみどり)」。新聞やニュースなどで紹介された話題の野菜です。地元宇都宮のネギ「新里ネギ」を母親、ニラ「きぬみどり」を父親の胚培養により誕生しました。しゃきしゃきとした歯ごたえと、ニンニクのような香りをもつ新野菜です。おすすめはもちろん餃子の具!その他、おひたし、ぬた、サラダ、漬物、鍋物、炒め物など、さまざまにご利用いただけます。また、花やつぼみも利用できます。蕾はサラダやおひたしに、花はてんぷらにおすすめです。カロチン、鉄分、リン、繊維質、糖質などすべてネギとニラより多く含み、栄養満点です。品種名「なかみどり」は、栃木県を流れる那珂川の「なか」と、父親の「きぬみどり」に由来します。胚培養なので、花は咲きますがタネはできません。タイプ:ユリ科の耐寒性多年草草丈:30cm収穫時期の目安:2月、5月、8月、11月の年4回ほど日照:日向向き栽培方法:日当たりと水はけのよい風通しのよい場所を好みます。植え付けの2週間前に堆肥を1平方メートル当たり約3kg、化成肥料を約50gに混ぜます。株間20cm、畝間40cm間隔に植えつけます。太さが8〜10mm、葉の長さが約40cmぐらいになったら収穫します。収穫後に1平方メートルあたり60g追肥します。プランターでも育てられますが、小ぶりになるので菜園プランター(深型のプランター)で育ててください。冬はワラなどマルチングをしてください。写真は成長時のイメージですが、お届けの際はまだ苗です。植え付けから約1年は収穫を控え、株を育ててください。収穫期間は成株になってから9年ほどです。種はできませんが、分けつ(株分け)で殖やすことができます。使用農薬(有効成分):ランネート 1回生産地: 栃木県 ネギニラなかみどり3号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

野菜の苗/マコモタケ4号ポット*

園芸ネット プラス

1,006

野菜の苗/マコモタケ4号ポット*

中国料理でおなじみのマコモはイネ科の多年草。若い茎の根元が肥大した部分がマコモタケとして食用になります。たけのこのような食感とほのかな甘味が特徴です。低カロリーで食物繊維が豊富なので、ダイエットにおすすめです。水田の転作作物として盛んに生産されている地域もあります。この苗を植えていただいた場合、1年目の収穫は多くても2〜3本までですが、年々大きくなりたくさん収穫できるようになります。タイプ:イネ科の半耐寒性多年草日照:半日陰むき栽培方法:植え付けは4〜5月頃。土は田んぼの土が理想的ですが、なければ黒土に堆肥(たいひ)を2割ほど入れてよく混ぜます。直径50cmくらいの広さと30cmくらいの深さがあり、水をためられるたらいのような容器を用意し、容器の深さ3分の1、10cmの高さまで土を入れ、苗を植えつけます。新芽が隠れるくらいの高さまで水を入れ、日当りのよいところに置きます。水が少なくなったら足して、常に容器の8分目以上あるようにします。雑草が生えたら抜き取ります。めだかを入れておくとボウフラの発生を防止できます。収穫期は9〜10月。株元が膨らみ、白いマコモタケが見えてきたら順次収穫できます。肥大している茎だけをかまで刈り取ります。長く貯蔵できないので、食べる分だけ収穫してください。収穫が遅れるとマコモタケの中に黒い斑点ができることがありますがが問題なく食べられます。1年目は株が小さく、マコモタケができないことがありますが、そのまま栽培すれば、翌年以降、株が大きくなり収穫できます。枯れてきたら葉茎は刈り取り、切り株は残します。冬は休眠するので水を張る必要はありません。ただし、土が乾燥しないようにします。翌年春、新芽が出てきたら水を入れます。大きくなりすぎたら株分けし、ほかの容器に植えます。お届けする苗は4号ポット入り...

野菜の苗/アピオス3号ポット8株セット

園芸ネット プラス

3,024

野菜の苗/アピオス3号ポット8株セット

インディアンが古くから食べているという薬用芋。数珠のようにつながったイモのような塊茎を食用とします。とても甘くてよい香りがし、ゆでたり揚げたりしておいしく召し上がれます。栄養価も非常に高く、健康食品としても注目を集めています。夏に咲く花も美しく、鑑賞価値もあり、摘み取って乾燥させると健康茶として利用できます。栽培は容易な強健作物で、土質を選ばず、全国どこでも栽培できます。タイプ:マメ科の耐寒性宿根草(つる性)草丈:2〜3m植付適期:5〜6月収穫:10〜11月日照:半日陰むき栽培方法:乾燥・排水不良に弱いので、マルチングをしておくと生長がよくなります。蔓が伸び始める頃までに、支柱立てとネット張りをしておきます。花は摘み取って乾燥させると、健康茶として利用できますが、花を咲かせたままにしておくと、イモ(地下茎)が太りにくいので注意します。収穫:霜が降り、地上部が枯れるとイモの肥大も終了しますが、収穫は10月頃から翌年3月頃まで収穫できますので、必要に応じて掘り出します。また根は、株元から1〜2mの範囲に広がるので、掘り残しがないようにします。写真は成長時のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。5月上旬時点では、まだ発芽していない状態、6月以降は伸びすぎたつるをいったん切り戻した状態でのお届けとなる場合があります。表示の写真と異なることがありますので、ご了承ください。使用農薬(有効成分):使用していません。生産地:岐阜県アピオス3号ポット8株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について夏を涼しく 緑のカーテンづくり

野菜の苗/ヤーコン:サラダオカメ3号ポット

園芸ネット プラス

515

野菜の苗/ヤーコン:サラダオカメ3号ポット

生でも、調理してもおいしく、栄養価も高くて注目の的!ヤーコンは南米のペルー・エクアドルを原産地とするキク科の根菜です。日本に紹介されて以来、理想の健康野菜として人気は高まる一方です。サツマイモのような根の部分を食用としますが、生で食べれば梨のような風味。野菜のように炒め物や煮物にすればホクホクとしてレンコン以上のおいしさです。各種ビタミン、ミネラルをバランスよく含み、食物繊維が豊富で低カロリーなので、ダイエット食としても理想的。また、血糖値を下げるので糖尿病に効果があるともいわれています。栽培はきわめて容易な強健作物で、日当たりと水はけさえよければ、土質を選ばず、全国どこでも栽培できます。サラダオカメは塊根の肉色は鮮やかなオレンジ色で、糖度が高く甘いので、生でも食べられます。学名:Polymnia sonchifolia 'Salada-okame'草丈:100〜200cm植え付け適期:4月下旬〜6月中旬収穫時期:11〜12月日照:日向むき栽培方法:植えつけは5月から6月中旬です。元肥として、化成肥料と鶏ふんを1株あたり1握り分ほどすき込み、株間60〜70cm間隔で、ていねいに植えつけます。植えつけ後は十分に水遣りします。生育中の乾燥を嫌いますので、渇き気味の場合は随時水遣りします。梅雨開け後は乾燥防止に根元をワラでマルチングするとよいでしょう。夏季には急速に成長しますので、8月下旬に化成肥料などを株間に1握りづつ追肥します。・収穫・利用法11月に入って葉が黒く枯れた頃が収穫期。地場部を刈り取り、掘り上げます。1株から100〜500gの根茎が10個前後収穫できます。風通しの良い日陰で1ヶ月ほど追熟させてから、生食、サラダ、煮物、炒め物に利用します。お届けする苗は3号(直径9cm)ポット入りです。写真は収穫時のイメージですが...

野菜の苗/加賀野菜:金時草(キンジソウ・ハンダマ)3.5号ポット12株セット

園芸ネット プラス

3,193

野菜の苗/加賀野菜:金時草(キンジソウ・ハンダマ)3.5号ポット12株セット

加賀百万石の城下町で、代々受け継がれてきた伝統野菜。藩政時代に熊本から渡ってきたものです。特有の香りとぬめりがあり、葉の裏側の赤紫色が特徴的。夏場の滋養強壮に、おひたし等に最適です。ビタミンA、鉄分、カルシウムを多く含み、夏の健康野菜として注目されています。血圧の抑制効果もあります。しぼり汁を使ったシャーベットは香り・色合いがきれいで風味最高です。栽培方法:生育適温は20〜25℃です。乾燥に弱く湿り気のある土壌を好みます。日向〜半日陰で栽培してください。耐暑性が強く、夏によく繁茂します。半日陰で温度差が大きいと葉の裏の赤紫色がきれいに出ます。定植は4月下旬〜5月上旬が最適です。植え付けの1週間前に化成肥料を1平米あたり100g施し、よく土にすきこみます。大きく育つので、35〜40cmの間隔で植えつけます。定植後50〜60日目ごろから随時収穫してください。草丈が30〜40cmのものから、芽の先端から葉を5〜6枚つけて茎を切って収穫します。わき目が伸びてくるので、また大きくなったら順次切ってください。生育中は肥料を切らさないよう、適宜追肥し、草丈70〜80cmを保ちながら収穫してください。冬には地上部が枯れ、1年草として扱いますが、11月頃からトンネルをかけ霜よけすれば冬越しも可能です。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。使用農薬(有効成分):ジノテフラン水溶剤1回生産地:埼玉県 加賀野菜:金時草(キンジソウ・ハンダマ)3.5号ポット12株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

野菜の苗/加賀野菜:金時草(キンジソウ・ハンダマ)3.5号ポット3株セット

園芸ネット プラス

858

野菜の苗/加賀野菜:金時草(キンジソウ・ハンダマ)3.5号ポット3株セット

加賀百万石の城下町で、代々受け継がれてきた伝統野菜。藩政時代に熊本から渡ってきたものです。特有の香りとぬめりがあり、葉の裏側の赤紫色が特徴的。夏場の滋養強壮に、おひたし等に最適です。ビタミンA、鉄分、カルシウムを多く含み、夏の健康野菜として注目されています。血圧の抑制効果もあります。しぼり汁を使ったシャーベットは香り・色合いがきれいで風味最高です。沖縄では「ハンダマ」と呼ばれるご当地野菜です。栽培方法:生育適温は20〜25℃です。乾燥に弱く湿り気のある土壌を好みます。日向〜半日陰で栽培してください。耐暑性が強く、夏によく繁茂します。半日陰で温度差が大きいと葉の裏の赤紫色がきれいに出ます。定植は4月下旬〜5月上旬が最適です。植え付けの1週間前に化成肥料を1平米あたり100g施し、よく土にすきこみます。大きく育つので、35〜40cmの間隔で植えつけます。定植後50〜60日目ごろから随時収穫してください。草丈が30〜40cmのものから、芽の先端から葉を5〜6枚つけて茎を切って収穫します。わき目が伸びてくるので、また大きくなったら順次切ってください。生育中は肥料を切らさないよう、月1度程度化成肥料を追肥し、草丈70〜80cmを保ちながら収穫してください。冬には地上部が枯れ、1年草として扱いますが、11月頃からトンネルをかけ霜よけすれば冬越しも可能です。写真は成長時のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。お届け時には個体差があります。写真、サイズと異なることがありますので、ご了承ください。使用農薬(有効成分):ジノテフラン水溶剤1回生産地:埼玉県加賀野菜:金時草(キンジソウ・ハンダマ)3.5号ポット3株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

野菜の苗/ガーデンハックルベリィ3号ポット 24株セット

園芸ネット プラス

7,664

野菜の苗/ガーデンハックルベリィ3号ポット 24株セット

欧米では家庭で栽培され、ジャムなどに使われているガーデンハックルベリィ。アメリカなどに自生するツツジ科のハックルベリィとは全く異なり、ナス科の一年草です。ブルーベリーより早く収穫でき、実をたくさん付けます。実を加熱せずにそのまま食べてもおいしくありませんが、砂糖を加えて煮てジャムにするとおいしく、ブルーベリージャムと比較してもこちらのほうがおいしいと評判です。薬効成分でアントシアニン、フラボノイドが豊富で、ブルーベリーと比較するとビタミンA、カロテン、レチノールは約4.7倍、ビタミンB1約3倍、ビタミンB2はほぼ同等、ビタミンC約3倍、カリウム約5.4倍、カルシウムは1.6倍と、育てて食べたくなるベリーです。また未熟果には毒性のソラニン類が含まれているので、熟していない実を大量に摂取しないよう注意してください。タイプ: 非耐寒性1年草 日当: 日当りを好む 栽培方法:有機質に富んだ水はけのよいところで育てます。株間約50〜60cm。植え付けたら苗が倒れない様に支柱を立てます。植え付け前に1平方メートルあたり苦土石灰を100g与えます。元肥は1平方メートルあたり堆肥3kgと有機質肥料100gを目安に与えます。追肥として2ヶ月に1回程度化成肥料又は液肥を与えてください。収獲時期:10月〜ジャムのつくり方:・ガーデンハッツクルベィ 約200g・砂糖(グラニュー糖) 約100g・レモン 半切れ(好みに合わせて)・重曹1、ガーデンハックルベリーのヘタを取り水洗いし鍋に水を入れ8分〜10分ゆでます。アク取りに重曹を入れ煮汁を捨て洗い流す。2、レモン汁と砂糖を入れて煮つめます。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なることがありますので、ご了承ください...

野菜の苗/ガーデンハックルベリィ3号ポット12株セット

園芸ネット プラス

3,831

野菜の苗/ガーデンハックルベリィ3号ポット12株セット

欧米では家庭で栽培され、ジャムなどに使われているガーデンハックルベリィ。アメリカなどに自生するツツジ科のハックルベリィとは全く異なり、ナス科の一年草です。ブルーベリーより早く収穫でき、実をたくさん付けます。実を加熱せずにそのまま食べてもおいしくありませんが、砂糖を加えて煮てジャムにするとおいしく、ブルーベリージャムと比較してもこちらのほうがおいしいと評判です。薬効成分でアントシアニン、フラボノイドが豊富で、ブルーベリーと比較するとビタミンA、カロテン、レチノールは約4.7倍、ビタミンB1約3倍、ビタミンB2はほぼ同等、ビタミンC約3倍、カリウム約5.4倍、カルシウムは1.6倍と、育てて食べたくなるベリーです。また未熟果には毒性のソラニン類が含まれているので、熟していない実を大量に摂取しないよう注意してください。タイプ: 非耐寒性1年草 日当: 日当りを好む 栽培方法:有機質に富んだ水はけのよいところで育てます。株間約50〜60cm。植え付けたら苗が倒れない様に支柱を立てます。植え付け前に1平方メートルあたり苦土石灰を100g与えます。元肥は1平方メートルあたり堆肥3kgと有機質肥料100gを目安に与えます。追肥として2ヶ月に1回程度化成肥料又は液肥を与えてください。収獲時期:10月〜ジャムのつくり方:・ガーデンハッツクルベィ 約200g・砂糖(グラニュー糖) 約100g・レモン 半切れ(好みに合わせて)・重曹1、ガーデンハックルベリーのヘタを取り水洗いし鍋に水を入れ8分〜10分ゆでます。アク取りに重曹を入れ煮汁を捨て洗い流す。2、レモン汁と砂糖を入れて煮つめます。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なることがありますので、ご了承ください...

野菜の苗/鈴なりパプリカ:らんらん3号ポット

園芸ネット プラス

432

野菜の苗/鈴なりパプリカ:らんらん3号ポット

早生で豊産性のため、初心者でも簡単にたくさんの収穫が見込める小ぶりなパプリカです。1株で最大100個程度、鈴なりに多くの果実をつけます。果実の大きさは4cm程度のベル型で、緑色から黄色に変化しします。黄色の果実は一般的なパプリカ同様にほんのり甘味があり、色づく前の緑色の果実でもおいしくいただけます。栽培方法:株間は60cm以上(鉢の場合は10号以上)。乾燥、肥料切れに敏感なので初期の潅水と元肥はしっかり与えます。整枝は1番花の下から出る強い枝2〜3本を残して他を取り除き、倒伏防止に支柱で枝を補強します。生育中に枝が混み合ってきたら枝切りをして風通しを良くします。植付けは4月中旬以降で、収穫は7月以降になります(果実は緑色でもおいしくいただけます)。炒めもの、肉詰めなどに。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なる場合がございます。使用農薬(有効成分):エマメクチン安息香酸塩、イミダクロプリド、クロラントラニリプロール、TPN、キャプタン各1回、シアゾファミド2回生産地:奈良県鈴なりパプリカ:らんらん3号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について野菜:ピーマン・ししとう・トウガラシの育て方

野菜の苗/ヤーコン:アンデスの雪3号ポット

園芸ネット プラス

457

野菜の苗/ヤーコン:アンデスの雪3号ポット

生でも、調理してもおいしく、栄養価も高くて注目の的!ヤーコンは南米のペルー・エクアドルを原産地とするキク科の根菜です。日本に紹介されて以来、理想の健康野菜として人気は高まる一方です。サツマイモのような根の部分を食用としますが、生で食べれば梨のような風味。野菜のように炒め物や煮物にすればホクホクとしてレンコン以上のおいしさです。各種ビタミン、ミネラルをバランスよく含み、食物繊維が豊富で低カロリーなので、ダイエット食としても理想的。また、血糖値を下げるので糖尿病に効果があるともいわれています。栽培はきわめて容易な強健作物で、日当たりと水はけさえよければ、土質を選ばず、全国どこでも栽培できます。アンデスの雪はヒビが入りにくい品種。食感、味は梨に似ていて、貯蔵性に優れます。フラクトオリゴ糖が多い品種です。農林水産省品種登録第13537号。学名:Polymnia sonchifolia 'Andes-Yuki'草丈:100〜200cm植え付け適期:4月下旬〜6月中旬収穫時期:11〜12月日照:日向むき栽培方法:植えつけは5月から6月中旬です。元肥として、化成肥料と鶏ふんを1株あたり1握り分ほどすき込み、株間60〜70cm間隔で、ていねいに植えつけます。植えつけ後は十分に水遣りします。生育中の乾燥を嫌いますので、渇き気味の場合は随時水遣りします。梅雨開け後は乾燥防止に根元をワラでマルチングするとよいでしょう。夏季には急速に成長しますので、8月下旬に化成肥料などを株間に1握りづつ追肥します。・収穫・利用法11月に入って葉が黒く枯れた頃が収穫期。地場部を刈り取り、掘り上げます。1株から100〜500gの根茎が10個前後収穫できます。風通しの良い日陰で1ヶ月ほど追熟させてから、生食、サラダ、煮物、炒め物に利用します。お届けする苗は3号(直径9cm...

野菜の苗/いっぽんわらび(赤こごみ)3.5号ポット2株セット

園芸ネット プラス

1,345

野菜の苗/いっぽんわらび(赤こごみ)3.5号ポット2株セット

東北地方で最も美味しいと言われる山菜です。普通のコゴミと違い山で群落を作らない事と、収穫期間が短い為、高級山菜とされています。ゼンマイのような姿ですが、アクがなく料理しやすいです。柔らかく、ぬめり感とコクのある旨みがたまりません。和え物、おひたし、汁物に。※寒い季節は地上部が枯れてありませんが、地下の株、根は生きています。暖かくなると再び芽を出しますので、それまで大切に育ててください。学名:Matteuccia struthiopterisタイプ:オシダ科の耐寒性宿根草草丈:40〜60cm別名:赤クサソテツ原産地:アジア東部、北米、欧州植付け方(庭植え)●庭植え大型なので庭植え向き。涼しい場所を好み日光をあまり必要としないので、塀の陰や木の下、建物の北側が最適。元肥として堆肥や腐葉土を充分すきこみ、 秋〜梅雨位までに20〜30cm間隔に浅く植えます。日当たりの良いところは遮光ネットで、日陰を作りましょう。●鉢植え日向土2、赤玉土4、鹿沼土2、腐葉土2 の割合で混ぜたもの、粒の大きさは2〜5 mm が良いです。6号鉢に1株植えとし鉢底に10〜15mmの軽石等を水はけよくするために3cm程度入れ、先ほどの用土を少し鉢に入れておき、元肥は根に直接触れないよう、株の頭が隠れる程度に植え付けます。根に直接肥料を触れさせない事がポイントです。管理方法●水やり庭植えは極端に乾かない限り必要ありませんが、植付け当初は新たな根がある程度広がるまで水切れには注意します。鉢植えは乾きに応じて、乾く前に与え、春〜秋の成長期にはよく乾くので朝夕に鉢底から水が出るまでたっぷりと与えます。秋から春までの休眠期は乾燥させない程度にします。●追肥植え放しでも大丈夫ですが、追肥するとたくさん収穫できます。4 〜 7 月と9 〜 10...

野菜の苗/アシタバ(明日葉)3〜3.5号ポット8株セット

園芸ネット プラス

2,225

野菜の苗/アシタバ(明日葉)3〜3.5号ポット8株セット

関東から紀伊半島にかけての太平洋側の海岸に自生するアシタバ。ビタミン、ミネラルを豊富に含み、カルシウムや鉄分はほうれん草よりも多い健康野菜です。また、体内の水分代謝がよくなるカリウムが豊富で、むくみに効き目がある上、血液の循環を良くし、リンパの流れを促進して老廃物をスムーズに流す作用のあるカルコン成分が含まれているので、脂肪細胞が硬くなった状態の“セルライト”を消す効果がある、と話題になっている植物です。今日摘んでも明日また生える、というほど成長が早いので、「アシタバ」の名前があります。生命力旺盛で、茎が太く、葉は濃緑食で肉質厚く、やわらかい野菜。特有の香りとほろ苦さがあり、てんぷらやおひたし、和え物、汁の実、ジュースなど広く利用できます。栽培適地は関東より南の温暖な地域。日当たりのよい暖かい場所なら1年中成長し、収穫できます。栽培も簡単で、手間がかかりません。半日陰でも成長するので、家と塀の間など、ちょっとした場所にも植えられます。タイプ:セリ科の半耐寒性常緑多年草草丈:50〜120cm収穫時期:5月〜9月日照:日向または半日陰むき栽培方法日向にも植えられますが、半日陰のほうが葉がやわらかくおいしくなります。株間40cmほどに植え付けます。鉢植えでも育てられます。生育適温は25〜32度で、気温が上がるに従い大きく成長しますので、生育期にはときどき液肥や鶏糞を株元にまきます。春先にやわらかい芽先にアブラムシがつくことがありますので、マラソン乳液などで駆除します。寒地では冬に地上部が枯れますので、株の上にわらを敷くなどして保温してやります。収穫・利用法葉が大きくなったら硬くなる前に根元から切り取って利用します。ただし、あまり小さな株は収穫を急がず、十分に太らせるようにします。アクがあるので、塩を入れた熱湯でさっと茹でた後...

野菜の苗/山椒(サンショウ):朝倉(アサクラ)4〜5号ポット*

園芸ネット プラス

2,175

野菜の苗/山椒(サンショウ):朝倉(アサクラ)4〜5号ポット*

庭木としてぜひ1本はほしい日本の落葉低木。新芽は木の芽和えや田楽に利用します。春の花は佃煮、若い果実も佃煮や塩漬けにされます。また、雌木から採れる実を干したものは香辛料や健胃剤になります。葉はアゲハチョウの幼虫の餌となります。朝倉は、トゲが少なく大きい果実。種子が果皮と分離しやすい優良種です。雌株で、雄木がなくても1株で実がつきます。タイプ:ミカン科サンショウ属の耐寒性落葉低木樹高:1〜3m開花期:4月植え付け適期:11〜3月日照:日向または日陰栽培方法:日当たりのよい場所または日陰に、元肥として堆肥や腐葉土を施して植えます。丈夫で、一度根付いてしまえば放任栽培できます。春の芽出し前と夏に化成肥料を株元に施してください。アゲハの幼虫がつきやすいので、見つけ次第捕殺してください。収穫:4月〜5月頃、若芽を随時収穫します。実は9〜10月頃に採りますが、青くて柔らかいうちに収穫するのがポイントです。お届けする苗は4〜5号(直径12〜15cm)ポット入りの接木苗、樹高約50〜100cmです。樹高や樹形につきましては入荷時期により多少変動する場合があります。また苗の特性上、春の芽吹きは遅い場合がございます。雌木ですので、実がつきます。開花結実は1〜2年後からの見込みとなります。夏〜秋のお届けは葉がきれいでない状態や落葉の状態となる場合がございますのでご了承ください。写真は成長・結実時のイメージです。※即席ポット植えの商品は鉢上げして時間が経過していないため、枝数や細根が少なかったりする場合がございますが、生育に問題はございません。山椒(サンショウ):朝倉(アサクラ)4〜5号ポット*の栽培ガイド苗類のお届け形態について

野菜の苗/料理用イタリアトマト:サンマルツァーノレッドマジック3.5号ポット12株セット

園芸ネット プラス

4,598

野菜の苗/料理用イタリアトマト:サンマルツァーノレッドマジック3.5号ポット12株セット

イタリア・ナポリ近郊のファーメン社の調理用トマトの苗です。イタリアを代表するトマトといえば、細長い形のサンマルツァーノ種が本場の味として珍重されますが、土壌が変わると味が変化し、病気に弱くなる品種でした。そこでファーメン社が15年の歳月をかけて開発した画期的なシリーズがこの調理用トマトです。世界で始めて交配親がどちらもサンマルツァーノ種で、どこで栽培しても本場の味となり、しかも病気に強いF1種です。日本中どこで栽培しても、本場サンマルツァーノの味がお楽しみいただけます。収穫量を増やすため、栽培方法は必ず下記の「ファーメン社の調理用トマトの栽培方法」に従ってください。レッドマジック(Red Magic)は果実の重さ80〜150gの料理用トマト。実の長さは4〜6cmです。細長い形で、煮込みやグリル、トマトソースに最適です。加熱すると格段においしくなるのが特徴です。塩とオリーブオイルで調味するだけで魚や肉でダシをとったよう旨味とコクが生まれます。調理時間は5分ほどと非常に短時間・低カロリーで加熱することにより、リコピンやベータカロチンなどの栄養価が倍増し、体内に吸収されやすい栄養素に変化します。また生食でもおいしく、ぶつ切りにしてEXオリーブオイルと岩塩をからめ、バジルをちょっと混ぜれば独特の風味が楽しめるトマトサラダになります。果実に旨味を蓄積するため、熟すのは遅めです。植え付けの際に、通常のトマト苗の倍量くらい多めに石灰を施していただくと、元気に生育します。タイプ: ナス科の非耐寒性1年草 植え付け適期: 4〜5月 草丈:100〜150cm収穫: 7月〜9月 日当: 日当りを好む 用途: サラダ、グリル、煮物 ファーメン社の調理用トマトの栽培方法:栽培は、大型の鉢(50リットル以上)または畑(露地植え)のどちらでもできます...

野菜の苗/食用菊:黄(松風) 2.5号ポット3株セット

全2商品

717

野菜の苗/食用菊:黄(松風) 2.5号ポット3株セット

食用菊は花弁を食用にする菊です。菊は優れた薬効をもつ植物として古くから知らせており、ビタミンB1、ビタミンB2、鉄分などが含まれ、最近の健康志向から需要が高まっています。一般の菊の花はどれも食べられるのですが若干苦味があります。食用に改良された専用の食用菊は苦味がなく、しゃきしゃきと歯ざわりがよく、おいしい品種です。てんぷらや刺身のツマ、または花弁をゆがいて(お湯に食酢を何滴か入れると色鮮やかにゆであがる)おひたしや酢の物でいただくのが一般的ですが、味噌汁や吸い物に浮かせたり、卵焼きの芯にしたり、漬物の彩りに加えたり、ちらしずしにのせてもきれいです。クルミあえにしたり、ツナマヨネーズをのせれば子供や若い人ごのみになります。葉も天ぷらなどにして食べられますので、ぜひお試しください。長期保存には「きくのり」がおすすめです。花弁を蒸しザルに広げ、約1分蒸した後、むしろなどに広げて天日で干して作ります。熱湯で戻して色々なお料理のアクセントとして利用します。「松風」は、人気の高い黄花品種です。タイプ:キク科の耐寒性多年草植え付け適期:4月〜6月中旬開花期:10月下旬から11月上旬日照:日向むき栽培方法(ポイント:食用菊は大型になりますので露地栽培をおすすめします。)・定植(露地栽培)菊は連作を嫌いますので、定植場所は毎年変えるのが理想です。日当たりと水はけのよい場所を選んで、腐葉土や油粕など有機肥料を入れてあらかじめ耕しておき、定植前に床を作ります。植え付け間隔は30〜45cmが適当です。植え付け後は十分水やりをします。・摘芯、芽の整理定植して2週間もすると、活着して葉の色が変わり伸び始めてきます。この頃に下葉を5〜6枚残して先端を摘み取ります。摘芯して20日くらいすると脇芽(側枝)が各節から伸びてきます...

野菜の苗/食用菊:桃(もってのほか) 2.5号ポット 6株セット

全2商品

1,369

野菜の苗/食用菊:桃(もってのほか) 2.5号ポット 6株セット

食用菊は花弁を食用にする菊です。菊は優れた薬効をもつ植物として古くから知らせており、ビタミンB1、ビタミンB2、鉄分などが含まれ、最近の健康志向から需要が高まっています。一般の菊の花はどれも食べられるのですが若干苦味があります。食用に改良された専用の食用菊は苦味がなく、しゃきしゃきと歯ざわりがよく、おいしい品種です。てんぷらや刺身のツマ、または花弁をゆがいて(お湯に食酢を何滴か入れると色鮮やかにゆであがる)おひたしや酢の物でいただくのが一般的ですが、味噌汁や吸い物に浮かせたり、卵焼きの芯にしたり、漬物の彩りに加えたり、ちらしずしにのせてもきれいです。クルミあえにしたり、ツナマヨネーズをのせれば子供や若い人ごのみになります。葉も天ぷらなどにして食べられますので、ぜひお試しください。長期保存には「きくのり」がおすすめです。花弁を蒸しザルに広げ、約1分蒸した後、むしろなどに広げて天日で干して作ります。熱湯で戻して色々なお料理のアクセントとして利用します。「もってのほか」は数ある食用菊の中でも美しい色、独特の香りと味の良さで食用菊の横綱と呼ばれる品種です。しゃきしゃきとした歯ごたえも特徴です。タイプ:キク科の耐寒性多年草開花期:10月下旬草丈:50〜100cm日照:日向むき栽培方法(ポイント:食用菊は大型になりますので露地栽培をおすすめします。)・定植(露地栽培)菊は連作を嫌いますので、定植場所は毎年変えるのが理想です。日当たりと水はけのよい場所を選んで、腐葉土や油粕など有機肥料を入れてあらかじめ耕しておき、定植前に床を作ります。植え付け間隔は30〜45cmが適当です。植え付け後は十分水やりをします。・摘芯、芽の整理定植して2週間もすると、活着して葉の色が変わり伸び始めてきます。この頃に下葉を5〜6枚残して先端を摘み取ります...

野菜の苗/食用菊:桃(もってのほか) 2.5号ポット24株セット

園芸ネット プラス

5,365

野菜の苗/食用菊:桃(もってのほか) 2.5号ポット24株セット

食用菊は花弁を食用にする菊です。菊は優れた薬効をもつ植物として古くから知らせており、ビタミンB1、ビタミンB2、鉄分などが含まれ、最近の健康志向から需要が高まっています。一般の菊の花はどれも食べられるのですが若干苦味があります。食用に改良された専用の食用菊は苦味がなく、しゃきしゃきと歯ざわりがよく、おいしい品種です。てんぷらや刺身のツマ、または花弁をゆがいて(お湯に食酢を何滴か入れると色鮮やかにゆであがる)おひたしや酢の物でいただくのが一般的ですが、味噌汁や吸い物に浮かせたり、卵焼きの芯にしたり、漬物の彩りに加えたり、ちらしずしにのせてもきれいです。クルミあえにしたり、ツナマヨネーズをのせれば子供や若い人ごのみになります。葉も天ぷらなどにして食べられますので、ぜひお試しください。長期保存には「きくのり」がおすすめです。花弁を蒸しザルに広げ、約1分蒸した後、むしろなどに広げて天日で干して作ります。熱湯で戻して色々なお料理のアクセントとして利用します。「もってのほか」は数ある食用菊の中でも美しい色、独特の香りと味の良さで食用菊の横綱と呼ばれる品種です。しゃきしゃきとした歯ごたえも特徴です。タイプ:キク科の耐寒性多年草開花期:10月下旬草丈:50〜100cm日照:日向むき栽培方法(ポイント:食用菊は大型になりますので露地栽培をおすすめします。)・定植(露地栽培)菊は連作を嫌いますので、定植場所は毎年変えるのが理想です。日当たりと水はけのよい場所を選んで、腐葉土や油粕など有機肥料を入れてあらかじめ耕しておき、定植前に床を作ります。植え付け間隔は30〜45cmが適当です。植え付け後は十分水やりをします。・摘芯、芽の整理定植して2週間もすると、活着して葉の色が変わり伸び始めてきます。この頃に下葉を5〜6枚残して先端を摘み取ります...

山菜苗:早生ミョウガ(夏茗荷) 10.5cmポット仮植え苗2ポットセット

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

831

山菜苗:早生ミョウガ(夏茗荷) 10.5cmポット仮植え苗2ポットセット

●商品説明 スーパーでみかけるミョウガの苗です。香りが良く歯触りもシャキシャキで美味しいです。 ミョウガは花が咲く前の蕾の状態です。そのため「花みょうが」とも呼ばれます。夏から初秋が旬の季節となり秋を告げる風味として喜ばれます。晩生ミョウガが秋に収穫、早生ミョウガが夏に収穫できます。土から顔を出したばかりのところを摘み採り食します。 ●お届けについて 夏から開花する植物のため、新芽が出始める時期も初夏頃からとほかの植物に比べ遅めです。岩手県の場合、5月中旬頃より芽吹き始めます。 5月以前にポット苗で購入頂いた場合、芽吹く前の状態でのお届けとなります。芽吹いてからのお届けをご希望の場合は、ご注文の際に備考欄にてお知らせください。 ●科名・特性 ショウガ科ショウガ属 多年草 ●収穫時期 8〜9月 花が咲く前の蕾の状態を摘み取ります 地面から生えてくるため、とても見つけづらく、気づくと花が咲いてしまっていることも多くあります。収穫の時期になったら、葉茎の下をよく観察してみてください。地面から1〜2cm顔を出している頃が収穫適期です。採るときはミョウガ(蕾)にそって土の中に指を入れ、土中の茎を千切るようにもぎ取ります。手でも簡単に収穫することが出来ます。 ●植え付け適期 春(4〜5月)か涼しくなった秋(10〜11月) ●株間 20cm ●育て方 一度適所に植え付けると後は手間いらずで栽培が容易な植物です。夏場涼しく、乾燥しない場所を選び植え付けます。黒土が良いでしょう。大きめの鉢かプランターに腐葉土・堆肥を混ぜ植え付けても育ちます。年々地下茎で増殖するため、植え付ける際は数年後を想定して株間を広めにとることをおすすめします。 【収穫に向けてのアドバイス】 ビニールポットに仮植えの状態でお届けいたします。ポット苗のままですと...

野菜の苗/サツマイモ苗:安納芋3号ポット4株セット

園芸ネット プラス

1,504

野菜の苗/サツマイモ苗:安納芋3号ポット4株セット

知る人ぞ知る、おいしいサツマイモ、安納芋の苗です。焼き芋にした時のあま〜い味が大人気!種子島で古くから栽培されたのが、鹿児島県大隅半島に伝わり、栽培が広がっています。焼き芋で大人気!肉質は粘質で肉色はオレンジ系、カロテン(カロチン)含有が多く(2.08mg/100g)、ダイエット食としても重宝します。特に暖地で栽培すると、甘味・旨味が増すようです。早植えには注意してください。植え付け適期:暖地4月下旬〜九州以北は5月上旬以降収穫期:暖地は9月上旬〜11月下旬、寒地は9月上旬〜10月下旬日照:日向むき栽培方法:そのまま定植する場合は、定植後先端の芽をカットします。側枝を4〜5本出し、それが12節程に延びたら、側枝の元から3節目までと先端の2節を除く部分を土で浅く覆います。切り苗をとる場合は、そのまま定植同様にわき芽を出し、わき芽が5〜7節に伸びたらカットして、3節が土に入るように植え込みます。有機質に富んだ土と、日当たりの良いところで栽培しましょう。水はけが良く、土はやせぎみの場所を選びます。畑で栽培する場合は、植える前に土をよく耕し、肥料を施し幅40cm位のウネを作ります。株間は25〜35cmに植えます。肥料はチッ素が多いと「つるぼけ」と言って、葉やつるだけが良く育ち、芋が大きくならないので、カリ成分の多い肥料を与えます。植えつけてから120日くらいで収穫ができます。九州では9月終わり〜11月末、関東方面では10月始め〜11月はじめが収穫の目安です。株全体の葉が所々黄色味を帯びてきたら掘り上げ適期です。つるをカマなどで刈り、スコップで掘り上げます。イモを傷つけないように、芋の周りを広く深めに掘りおこし、軍手を使い手で掘りおこします。収穫してから2週間以上冷暗所に置いてください。食べる前に1〜2日間...

関連キーワード

サツマイモ 苗
スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「ミョウガ栽培」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ