「パキポディウム販売」 の関連商品を含む検索結果 2件

こちらの関連商品はいかがですか?

(決算セール)(種) 熱帯スイレンの種(ミックス) 100粒【水槽/熱帯魚/観賞魚/飼育】【生体】【通販/販売】【アクアリウム】

ネオス楽天市場店

720

(決算セール)(種) 熱帯スイレンの種(ミックス) 100粒【水槽/熱帯魚/観賞魚/飼育】【生体】【通販/販売】【アクアリウム】

熱帯スイレン 熱帯スイレンの発芽は簡単です。種から育てるメリットのひとつにオリジナル新種のハイブリッド色を得るチャンスがあります! 古代エジプトよりナイル河畔を彩る美しさから“ナイルの花嫁”と愛される 熱帯スイレン(Tropical water lily)は1920年代、アメリカで品種改良が始まりました。 中でもブルーの“Nymphaea Caeruleaニンファーエア・カエルレア”は最も香りが良く古代エジプト、睡蓮の神“Nefertemネフェルトゥム”の象徴でもあるのです。 温帯スイレンとは異なり、水面から高く伸びて花が咲き、香りも圧倒的に熱帯スイレンの方が強く、トロピカルな気分に浸らせてくれます♪ いまだ日本では栽培が難しいと誤解をされていますが、越冬も手順を守れば(水を張ったバケツ等に鉢ごと沈ませて室内で管理するだけですが..)初心者でも温帯スイレンより容易に美しい花を咲かせることができると欧米でもたいへん人気があります。 熱帯種はちょっとロマンチックな『Night water lily』という夜咲き種があり、カラーも様々です♪開花時期(栽培地で異なりますが、気温20℃あれば十分開花可能)は5月〜10月を目安にしてください。 また、盆栽のように鉢のサイズに応じて成長いたしますので、ミニサイズ〜ビッグサイズ(種類や環境により変化いたしますが、花は直径3cm〜5cm位になります)まで育てることが出来ます♪ ※販売種子はできるかぎり鮮度のよい物を仕入れていますが、発芽率は育成条件によっても変化し、かならず発芽をお約束するものではありませんことをご了承下さい。 ・種子のみの販売となります。

【多肉植物/塊根植物】Pachypodium Decaryi★パキポディウム デカリュイ/デカリー 種子5粒◎白花の希少種♪ 塊根植物 コーデックス (decaryi) [並行輸入品]

Amazon

1,480

【多肉植物/塊根植物】Pachypodium Decaryi★パキポディウム デカリュイ/デカリー 種子5粒◎白花の希少種♪ 塊根植物 コーデックス (decaryi) [並行輸入品]

学名 : Phachypodium decaryi の種子、5粒です。 欧州より輸入したマダガスカル産の種子です。 【置き場所】 一年を通して直射日光のよくあたる場所で管理します。 パキポディウムの仲間を栽培する上で日光はとても重要です。 日光が不足すると幹や枝が徒長しやすくなり、日光不足の状態で長時間栽培すると根腐れを起こしたり、株の内部から腐敗しやすくなります。 特にパキポディウム・デカリーは寒さに弱いので、冬場でも日光のよく当たる場所で管理し、寒さに当てないようにします。 また、風通しの悪い場所ではカイガラムシ等の害虫が発生しやすくなります。 硬く締まった株に育てるためにも日当たりや風通しに特に注意しましょう。 【水やり】 成長期の夏は土が乾いたらたっぷりと水やりします。 直射日光の当たる場所では真夏は毎日水やりしても問題ありません。 むしろ梅雨明け以降は雨ざらしにし、雨風に当てた方が調子よく育ちます。 秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは完全に断水します。 春になると葉や花芽が徐々に展開し始めますが、いきなり沢山水やりせず、少しづつ水やりの回数と量を増やしていきます。 梅雨が明けるまでは、土が完全に乾いて数日おいてから天気の良い日に水やりするようにします。 【肥料】 成長期の夏に薄めた液肥を与えます。 用土によく醗酵した有機質肥料や、マグァンプKなどの緩効性肥料をごく少量混ぜ込んでおいても良いと思います。 【適温】 パキポディウム・ゲアイーは寒さに弱いため、冬は暖かいところで管理します。 葉を落とした後の休眠期も、表皮の下の葉緑素で光合成を行って寒さに対する体力を静かにつけています。 休眠中もなるべく日光にあて、日中に鉢内と植物自体の温度を上げると耐寒性も増します。

【多肉植物/種子】Pachypodium★パキポディウム ミケア(Mikea) [並行輸入品]

Amazon

280

【多肉植物/種子】Pachypodium★パキポディウム ミケア(Mikea) [並行輸入品]

【置き場所】 一年を通して直射日光のよくあたる場所で管理します。 パキポディウムの仲間を栽培する上で日光はとても重要です。 日光が不足すると幹や枝が徒長しやすくなり、日光不足の状態で長時間栽培すると根腐れを起こしたり、株の内部から腐敗しやすくなります。 パキポディウムは寒さに弱いので、冬場でも日光のよく当たる場所で管理し、寒さに当てないようにしましょう。 また、風通しの悪い場所ではカイガラムシが発生しやすくなります。 硬く締まった株に育てるためにも日当たりや風通しには特に注意しましょう。 【水やり】 成長期の夏は土が乾いたらたっぷりと水やりします。 直射日光の当たる場所では真夏は毎日水やりしても問題ありません。 むしろ梅雨明け以降は雨ざらしにし、雨風に当てた方が調子よく育ちます。 秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは完全に断水します。 春になると葉や花芽が徐々に展開し始めますが、いきなり沢山水やりせず、少しづつ水やりの回数と量を増やしていきます。 梅雨が明けるまでは、土が完全に乾いて数日おいてから天気の良い日に水やりするようにします。 【肥料】 成長期の夏に薄めた液肥を与えます。 用土によく醗酵した有機質肥料や、マグァンプKなどの緩効性肥料をごく少量混ぜ込んでおいても良いと思います。 【適温】 パキポディウムは寒さに弱いため、冬は暖かいところで管理します。 葉を落とした後の休眠期も、表皮の下の葉緑素で光合成を行って寒さに対する体力を静かにつけています。 休眠中もなるべく日光にあて、日中に鉢内と植物自体の温度を上げると耐寒性も増します。

【多肉植物/種子】Pachypodium Lamerei★パキポディウム ラメレイ/ラメリー [並行輸入品]

Amazon

280

【多肉植物/種子】Pachypodium Lamerei★パキポディウム ラメレイ/ラメリー [並行輸入品]

【置き場所】 一年を通して直射日光のよくあたる場所で管理します。 パキポディウムの仲間を栽培する上で日光はとても重要です。 日光が不足すると幹や枝が徒長しやすくなり、日光不足の状態で長時間栽培すると根腐れを起こしたり、株の内部から腐敗しやすくなります。 冬場でも日光のよく当たる場所で管理し、寒さに当てないようにします。 また、風通しの悪い場所ではカイガラムシ等の害虫が発生しやすくなります。 硬く締まった株に育てるためにも日当たりや風通しに特に注意します。 【水やり】 成長期の夏は土が乾いたらたっぷりと水やりします。 直射日光の当たる場所では真夏は毎日水やりしても問題ありません。 むしろ梅雨明け以降は雨ざらしにし、雨風に当てた方が調子よく育ちます。 秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは完全に断水します。 春になると葉や花芽が徐々に展開し始めますが、いきなり沢山水やりせず、少しづつ水やりの回数と量を増やしていきます。 梅雨が明けるまでは、土が完全に乾いて数日おいてから天気の良い日に水やりするようにします。 【肥料】 成長期の夏に薄めた液肥を与えます。 用土によく醗酵した有機質肥料や、マグァンプKなどの緩効性肥料をごく少量混ぜ込んでおいても良いと思います。 【適温】 寒さに弱いため、冬は暖かいところで管理します。 葉を落とした後の休眠期も、表皮の下の葉緑素で光合成を行って寒さに対する体力を静かにつけています。 休眠中もなるべく日光にあて、日中に鉢内と植物自体の温度を上げると耐寒性も増します。

【多肉植物/種子】Pachypodium Sofiense★パキポディウム ソフィエンセ [並行輸入品]

Amazon

480

【多肉植物/種子】Pachypodium Sofiense★パキポディウム ソフィエンセ [並行輸入品]

【置き場所】 一年を通して直射日光のよくあたる場所で管理します。 パキポディウムの仲間を栽培する上で日光はとても重要です。 日光が不足すると幹や枝が徒長しやすくなり、日光不足の状態で長時間栽培すると根腐れを起こしたり、株の内部から腐敗しやすくなります。 パキポディウムは寒さに弱いので、冬場でも日光のよく当たる場所で管理し、寒さに当てないようにしましょう。 また、風通しの悪い場所ではカイガラムシが発生しやすくなります。 硬く締まった株に育てるためにも日当たりや風通しには特に注意しましょう。 【水やり】 成長期の夏は土が乾いたらたっぷりと水やりします。 直射日光の当たる場所では真夏は毎日水やりしても問題ありません。 むしろ梅雨明け以降は雨ざらしにし、雨風に当てた方が調子よく育ちます。 秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは完全に断水します。 春になると葉や花芽が徐々に展開し始めますが、いきなり沢山水やりせず、少しづつ水やりの回数と量を増やしていきます。 梅雨が明けるまでは、土が完全に乾いて数日おいてから天気の良い日に水やりするようにします。 【肥料】 成長期の夏に薄めた液肥を与えます。 用土によく醗酵した有機質肥料や、マグァンプKなどの緩効性肥料をごく少量混ぜ込んでおいても良いと思います。 【適温】 寒さに弱いため、冬は暖かいところで管理します。 葉を落とした後の休眠期も、表皮の下の葉緑素で光合成を行って寒さに対する体力を静かにつけています。 休眠中も日光にあて、日中に鉢内と植物自体の温度を上げると耐寒性も増します。

【多肉植物/種子】Pachypodium Lamerei var. Ramosum★パキポディウム ラモスム(ラモーサム) [並行輸入品]

Amazon

380

【多肉植物/種子】Pachypodium Lamerei var. Ramosum★パキポディウム ラモスム(ラモーサム) [並行輸入品]

【置き場所】 一年を通して直射日光のよくあたる場所で管理します。 パキポディウムの仲間を栽培する上で日光はとても重要です。 日光が不足すると幹や枝が徒長しやすくなり、日光不足の状態で長時間栽培すると根腐れを起こしたり、株の内部から腐敗しやすくなります。 パキポディウムは寒さに弱いので、冬場でも日光のよく当たる場所で管理し、寒さに当てないようにしましょう。 また、風通しの悪い場所ではカイガラムシが発生しやすくなります。 硬く締まった株に育てるためにも日当たりや風通しには特に注意しましょう。 【水やり】 成長期の夏は土が乾いたらたっぷりと水やりします。 直射日光の当たる場所では真夏は毎日水やりしても問題ありません。 むしろ梅雨明け以降は雨ざらしにし、雨風に当てた方が調子よく育ちます。 秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは完全に断水します。 春になると葉や花芽が徐々に展開し始めますが、いきなり沢山水やりせず、少しづつ水やりの回数と量を増やしていきます。 梅雨が明けるまでは、土が完全に乾いて数日おいてから天気の良い日に水やりするようにします。 【肥料】 成長期の夏に薄めた液肥を与えます。 用土によく醗酵した有機質肥料や、マグァンプKなどの緩効性肥料をごく少量混ぜ込んでおいても良いと思います。 【適温】 パキポディウムは寒さに弱いため、冬は暖かいところで管理します。 葉を落とした後の休眠期も、表皮の下の葉緑素で光合成を行って寒さに対する体力を静かにつけています。 休眠中もなるべく日光にあて、日中に鉢内と植物自体の温度を上げると耐寒性も増します。

【多肉植物/種子】Pachypodium densiflorum★パキポディウム デンシフローラム★シバ女王の玉櫛(Densiflorum) [並行輸入品]

Amazon

480

【多肉植物/種子】Pachypodium densiflorum★パキポディウム デンシフローラム★シバ女王の玉櫛(Densiflorum) [並行輸入品]

【置き場所】 一年を通して直射日光のよくあたる場所で管理します。 パキポディウムの仲間を栽培する上で日光はとても重要です。 日光が不足すると幹や枝が徒長しやすくなり、日光不足の状態で長時間栽培すると根腐れを起こしたり、株の内部から腐敗しやすくなります。 パキポディウムは寒さに弱いので、冬場でも日光のよく当たる場所で管理し、寒さに当てないようにしましょう。 また、風通しの悪い場所ではカイガラムシが発生しやすくなります。 硬く締まった株に育てるためにも日当たりや風通しには特に注意しましょう。 【水やり】 成長期の夏は土が乾いたらたっぷりと水やりします。 直射日光の当たる場所では真夏は毎日水やりしても問題ありません。 むしろ梅雨明け以降は雨ざらしにし、雨風に当てた方が調子よく育ちます。 秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは完全に断水します。 春になると葉や花芽が徐々に展開し始めますが、いきなり沢山水やりせず、少しづつ水やりの回数と量を増やしていきます。 梅雨が明けるまでは、土が完全に乾いて数日おいてから天気の良い日に水やりするようにします。 【肥料】 成長期の夏に薄めた液肥を与えます。 用土によく醗酵した有機質肥料や、マグァンプKなどの緩効性肥料をごく少量混ぜ込んでおいても良いと思います。 【適温】 パキポディウムは寒さに弱いため、冬は日差しの良い暖かいところで管理します。 葉を落とした後の休眠期も、表皮の下の葉緑素で光合成を行って寒さに対する体力を静かにつけています。 休眠中もなるべく日光にあて、日中に鉢内と植物自体の温度を上げると耐寒性も増します。

【多肉植物/種子】Pachypodium Geayi★パキポディウム ゲアイー★亜阿相界(Geayi) [並行輸入品]

Amazon

380

【多肉植物/種子】Pachypodium Geayi★パキポディウム ゲアイー★亜阿相界(Geayi) [並行輸入品]

【置き場所】 一年を通して直射日光のよくあたる場所で管理します。 パキポディウムの仲間を栽培する上で日光はとても重要です。 日光が不足すると幹や枝が徒長しやすくなり、日光不足の状態で長時間栽培すると根腐れを起こしたり、株の内部から腐敗しやすくなります。 パキポディウム・ゲアイーは寒さに弱いので、冬場でも日光のよく当たる場所で管理し、寒さに当てないようにしましょう。 また、風通しの悪い場所ではカイガラムシが発生しやすくなります。 硬く締まった株に育てるためにも日当たりや風通しには特に注意しましょう。 【水やり】 成長期の夏は土が乾いたらたっぷりと水やりします。 直射日光の当たる場所では真夏は毎日水やりしても問題ありません。むしろ梅雨明け以降は雨ざらしにし、雨風に当てた方が調子よく育ちます。 秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは完全に断水します。 春になると葉や花芽が徐々に展開し始めますが、いきなり沢山水やりせず、少しづつ水やりの回数と量を増やしていきます。 梅雨が明けるまでは、土が完全に乾いて数日おいてから天気の良い日に水やりするようにします。 【肥料】 成長期の夏に薄めた液肥を与えます。 用土によく醗酵した有機質肥料や、マグァンプKなどの緩効性肥料をごく少量混ぜ込んでおいても良いと思います。 【適温】 パキポディウム・ゲアイーは寒さに弱いため、冬は暖かいところで管理します。 葉を落とした後の休眠期も、表皮の下の葉緑素で光合成を行って寒さに対する体力を静かにつけています。 休眠中もなるべく日光にあて、日中に鉢内と植物自体の温度を上げると耐寒性も増します。

エアプランツ キセログラフィカ(Lサイズ・20〜23cm)【エアプランツ/エアープランツ】【エアプランツ/エアープランツ】

ふらここ

6,480

エアプランツ キセログラフィカ(Lサイズ・20〜23cm)【エアプランツ/エアープランツ】【エアプランツ/エアープランツ】

【正式名称/学名/種別】 ティランジア・キセログラフィカ/Tillandsia xerographica/銀葉種 【サイズ】 φ20〜23cm×H15cm 個体により形や大きさは異なります。 【特長】 メキシコ〜グアテマラ原産 丸くカールした白い葉が美しい大型のティランジアです。ワシントン条約の2類になりますが、グアテマラで大量に生産されているので、国内では比較的簡単に入手できます。 乾燥しやすい環境なら、株元に水を溜めて管理もできます。その際は、風通しと日照に注意して下さい。共に不足すると根元が腐ることもあります。 【植物は生きています】 エアプランツはSサイズのものでも実生(みしょう)からだと10年近く経っており、その間に様々な出来事があります。10年もの間、全ての葉が完璧にキズ一つ無く育つことは皆無と言っても良いでしょう。 葉が途中で切れているもの、キズが入っているもの、葉が折れているもの、葉先が枯れていたりなど、生き物なので多少はございます。 例えば、一部の葉が途中でカットされているものもあります。当店のエアプランツは中米のグァテマラから来ているものが多いですが、現地生産者が生産の際に枯れた一部をカットする場合もあれば、日本の輸入・生産者が国内で順化の際にカットすることもあります。また、当社へ到着した際に見苦しい部分をトリミングすることもあります。 【エアプランツは環境の変化に比較的強い植物です】 枯れや傷は、取り除いてもまた新しい葉が生えてくるのでご安心ください。 【エアプランツにも個性があります】 このように、人の個性と同様に、エアプランツにも個性があります。 なるべく、お気に召していただけるようなエアプランツをお届けできるよう心がけておりますが、画像と異なる場合もございます。少し「イメージと違うかも?」と感じた時も、...

エアプランツ・カップ(エアプランツ1個付)【観葉植物 チランジア ディスプレイ インテリア オフィス デスク プレゼント】【エアプランツ/エアープランツ】

ふらここ

529

エアプランツ・カップ(エアプランツ1個付)【観葉植物 チランジア ディスプレイ インテリア オフィス デスク プレゼント】【エアプランツ/エアープランツ】

ご希望のエアプランツがある場合は、買い物カゴの「備考欄」にご希望の品種を記入して下さい。 記入がない場合は、こちらで選んでお届けいたします。 【セット内容】エアプランツS1個 【サイズ】H10.2×φ6.5cm 【材質】ポリスチレン 【備考】帯に品種説明、育て方の記載があります。 【エアプランツとは】 空気中の水分を吸収し土がなくても生育するとっても不思議な植物です。 【置き場所】 直射日光のあたらない明るい室内に置いてください。エアプランツの生育適温は、15〜25℃。温度差の激しい場所は避けてください。 あまり日陰にならないリビングやデスクまわりで楽しむのがオススメです。 【エアプランツの水やリ】 週1〜2回霧吹きを使用し水分を与えるか、水を張った容器に30秒〜1分間沈め水を十分にきります。 エアプランツは夜になると葉の表面の気孔が開いて空気中の水分や微量要素を吸収しようとする性質があるため、夕方の水やリがオススメです。空気中の水分を吸って生きているエアプランツを、デスクやリビングまわりなどでお楽しみいただけます。お部屋のインテリアのアクセントにオススメです♪ 気になるセットの内容は、ポリスチレン製カップにエアプランツを入れてのセットとなります。 日本でよく「エアプランツ」と言われているのは、ブロメリア科ティランジア属に属する植物です。 アメリカ大陸に広く分布しています。 ブロメリア科は日本ではパイナップル科と呼ばれることもあるように、パイナップルに近い仲間です。そう言われてみると、少し形が似ているものもありますね。 変種を入れると600種以上あり様々な形をしています。 他の樹木などに着生して成長するものが多く、水分は雨や霧などで濡れた葉や根から吸収して育ちます。 土に根を張らずに空気だけで成長するように見えることから...

エアプランツ イオナンタ・ルブラ(Sサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

ふらここ

378

エアプランツ イオナンタ・ルブラ(Sサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

【正式名称/学名/種別】 ティランジア・イオナンタ・ルブラ/Tillandsia ionantha Rubra/銀葉種 【サイズ】 幅:3〜5cm エアプランツホルダーに収まるサイズです。固体により大きさや状態が異なります(写真はイメージです)。 【特長】 イオナンタとは「紫色」という意味で、開花すると筒状の紫色の花を咲かせることから命名されました。グアテマラ産の栽培品種で、バランスの良い容姿が特徴です。白い鱗片(トリコーム)が少ないため、ピンクがかった葉の鮮やかさが際立ちます。イオナンタの種類の中でも特に栽培が容易だといわれています。 水遣りは週に2回程度を目安に。たっぷり水遣りをした後は逆さにして振るなど、水をきり、通気の良い場所で管理してください。 【植物は生きています】 エアプランツはSサイズのものでも実生(みしょう)からだと10年近く経っており、その間に様々な出来事があります。10年もの間、全ての葉が完璧にキズ一つ無く育つことは皆無と言っても良いでしょう。 葉が途中で切れているもの、キズが入っているもの、葉が折れているもの、葉先が枯れていたりなど、生き物なので多少はございます。 例えば、一部の葉が途中でカットされているものもあります。当店のエアプランツは中米のグァテマラから来ているものが多いですが、現地生産者が生産の際に枯れた一部をカットする場合もあれば、日本の輸入・生産者が国内で順化の際にカットすることもあります。また、当社へ到着した際に見苦しい部分をトリミングすることもあります。 【エアプランツは環境の変化に比較的強い植物です】 枯れや傷は、取り除いてもまた新しい葉が生えてくるのでご安心ください。 【エアプランツにも個性があります】 このように、人の個性と同様に、エアプランツにも個性があります。 なるべく...

【多肉植物/種子】Pachypodium Baronii★パキポディウム バロニー☆深紅の超希少種 [並行輸入品]

Amazon

880

【多肉植物/種子】Pachypodium Baronii★パキポディウム バロニー☆深紅の超希少種 [並行輸入品]

【置き場所】 一年を通して直射日光のよくあたる場所で管理します。 パキポディウムの仲間を栽培する上で日光はとても重要です。 日光が不足すると幹や枝が徒長しやすくなり、日光不足の状態で長時間栽培すると根腐れを起こしたり、株の内部から腐敗しやすくなります。 パキポディウムは寒さに弱いので、冬場でも日光のよく当たる場所で管理し、寒さに当てないようにしましょう。 また、風通しの悪い場所ではカイガラムシが発生しやすくなります。 夜間の最低気温が15度を上回る場合は、遮光やUVカット等のない屋外で直射日光や風に当てたほうが、より締まったコンパクトな樹形に育ちます。 硬く締まった株に育てるためにも日当たりや風通しには特に注意しましょう。 【水やり】 成長期の初夏から秋にかけては、用土が乾燥してからたっぷりと水やりします。 直射日光の当たる場所では真夏は毎日水やりしても問題ありません。 むしろ梅雨明け以降は雨ざらしにし、雨風に当てた方が調子よく育ちます。 秋に入り涼しくなってきたら徐々に水やりの回数と量を減らし、葉が落ち始めた頃から春までは完全に断水します。 小さな株や、活着前の株は長期間断水すると株が弱る場合があります。 また休眠中も月に数回、軽く用土を湿らせる程度に水やりすると、細根が完全に枯死することを防げる場合があります。 寒い時期に水やりする場合は好天の続く気温が高い日を狙って午前中にごく少量の水やりし、気温の下がる夜間までにはほぼ乾いている程度にします。 春になると葉や花芽が徐々に展開し始めますが、いきなり沢山水やりせず、少しづつ水やりの回数と量を増やしていきます。 【肥料】 パキポディウム・バロニーは肥料をあげると旺盛に葉を展開しますが、枝が伸びやすくなり、トゲの生える間隔や密度も広がってしまいます。 なるべく肥料は控え...

エアプランツ コルビー(Sサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

ふらここ

378

エアプランツ コルビー(Sサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

【正式名称/学名/種別】 ティランジア・コルビー/Tillandsia kolbii/銀葉種 【サイズ】 高さ:5〜6cm エアプランツホルダーに収まるサイズです。固体により大きさや状態が異なります(写真はイメージです)。 【特長】 メキシコ〜中米原産。 イオナンタに似た形状ですが、一方向に葉先が曲がっているほうきのような形状が特徴です。水気を好む反面、蒸れには弱いので通気には気をつけましょう。開花するとピンクから紫のキレイなグラデーションの花が咲きます。 【植物は生きています】 エアプランツはSサイズのものでも実生(みしょう)からだと10年近く経っており、その間に様々な出来事があります。10年もの間、全ての葉が完璧にキズ一つ無く育つことは皆無と言っても良いでしょう。 葉が途中で切れているもの、キズが入っているもの、葉が折れているもの、葉先が枯れていたりなど、生き物なので多少はございます。 例えば、一部の葉が途中でカットされているものもあります。当店のエアプランツは中米のグァテマラから来ているものが多いですが、現地生産者が生産の際に枯れた一部をカットする場合もあれば、日本の輸入・生産者が国内で順化の際にカットすることもあります。また、当社へ到着した際に見苦しい部分をトリミングすることもあります。 【エアプランツは環境の変化に比較的強い植物です】 枯れや傷は、取り除いてもまた新しい葉が生えてくるのでご安心ください。 【エアプランツにも個性があります】 このように、人の個性と同様に、エアプランツにも個性があります。 なるべく、お気に召していただけるようなエアプランツをお届けできるよう心がけておりますが、画像と異なる場合もございます。少し「イメージと違うかも?」と感じた時も、“ひとつの出会い”ととらえて、大切に育てていただけますと幸いです...

エアプランツ イオナンタ・イオナンタ(Sサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

ふらここ

378

エアプランツ イオナンタ・イオナンタ(Sサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

【正式名称/学名/種別】 ティランジア・イオナンタ・イオナンタ/Tillandsia ionantha var.ionantha/銀葉種 【サイズ】 高さ:3〜5cm エアプランツホルダーに収まるサイズです。固体により大きさや状態が異なります(写真はイメージです)。 【特長】 ティランジアと言えばイオナンタと言われるほどの代表種です。イオナンタ・イオナンタはイオナンタの基本種で、バランスの良い草姿が美しい人気の植物です。 イオナンタとはラテン語で「すみれ色」という意味で、筒状に咲く花の色が紫色であることから名付けられています。開花の時に、葉の色が真っ赤になったり、黄色くなったりと、全体の色が驚くほど変わるのも魅力です。 中米に広く分布しているために、地域によって異なることも多く、また、変種もたくさんあります。 【植物は生きています】 エアプランツはSサイズのものでも実生(みしょう)からだと10年近く経っており、その間に様々な出来事があります。10年もの間、全ての葉が完璧にキズ一つ無く育つことは皆無と言っても良いでしょう。 葉が途中で切れているもの、キズが入っているもの、葉が折れているもの、葉先が枯れていたりなど、生き物なので多少はございます。 例えば、一部の葉が途中でカットされているものもあります。当店のエアプランツは中米のグァテマラから来ているものが多いですが、現地生産者が生産の際に枯れた一部をカットする場合もあれば、日本の輸入・生産者が国内で順化の際にカットすることもあります。また、当社へ到着した際に見苦しい部分をトリミングすることもあります。 【エアプランツは環境の変化に比較的強い植物です】 枯れや傷は、取り除いてもまた新しい葉が生えてくるのでご安心ください。 【エアプランツにも個性があります】 このように、人の個性と同様に...

エアプランツ ベイレイ(Mサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

ふらここ

540

エアプランツ ベイレイ(Mサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

【正式名称/学名/種別】 ティランジア・ベイレイ/Tillandsia Baileyi/緑葉種 【サイズ】 長さ:17〜18cm Mサイズの株です。インテリアやディスプレイなどにどうぞ。固体により大きさや状態が異なります(写真はイメージです)。 【特長】 アメリカのテキサス以南からニカラグアなどの中米域で分布しているベイレイ。株元が膨らんでいる壷型といわれるタイプの代表種です。成長が早く、管理も楽。しかも子株を出しやすいので初心者にもオススメの品種です。 お水を好むので週に2回はお水をあげるようにしましょう。開花すると赤い花苞から紫色の細長い花が咲きます。 【植物は生きています】 エアプランツはSサイズのものでも実生(みしょう)からだと10年近く経っており、その間に様々な出来事があります。10年もの間、全ての葉が完璧にキズ一つ無く育つことは皆無と言っても良いでしょう。 葉が途中で切れているもの、キズが入っているもの、葉が折れているもの、葉先が枯れていたりなど、生き物なので多少はございます。 例えば、一部の葉が途中でカットされているものもあります。当店のエアプランツは中米のグァテマラから来ているものが多いですが、現地生産者が生産の際に枯れた一部をカットする場合もあれば、日本の輸入・生産者が国内で順化の際にカットすることもあります。また、当社へ到着した際に見苦しい部分をトリミングすることもあります。 【エアプランツは環境の変化に比較的強い植物です】 枯れや傷は、取り除いてもまた新しい葉が生えてくるのでご安心ください。 【エアプランツにも個性があります】 このように、人の個性と同様に、エアプランツにも個性があります。 なるべく、お気に召していただけるようなエアプランツをお届けできるよう心がけておりますが、画像と異なる場合もございます。少し...

エアプランツ マグヌシアナ(Mサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

ふらここ

864

エアプランツ マグヌシアナ(Mサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

【正式名称/学名/種別】 ティランジア・マグヌシアナ/Tillandsia magnusiana/銀葉種 【サイズ】 幅:8〜9cm Mサイズの株です。インテリアやディスプレイなどにどうぞ。固体により大きさや状態が異なります(写真はイメージです)。 【特長】 メキシコを中心とした中米に分布する柔らかな葉が特徴の銀葉種です。水遣りは2〜3日に一度くらい。日照はカーテン越しくらいがいいでしょう。乾燥しすぎると葉先から枯れてくるので、お水をあげるときの目安にしてもいいでしょう。蒸れが苦手なのでお水をあげた後は逆さにして振るなど、水気をよく切って、風通しのいい場所で管理してください。 【植物は生きています】 エアプランツはSサイズのものでも実生(みしょう)からだと10年近く経っており、その間に様々な出来事があります。10年もの間、全ての葉が完璧にキズ一つ無く育つことは皆無と言っても良いでしょう。 葉が途中で切れているもの、キズが入っているもの、葉が折れているもの、葉先が枯れていたりなど、生き物なので多少はございます。 例えば、一部の葉が途中でカットされているものもあります。当店のエアプランツは中米のグァテマラから来ているものが多いですが、現地生産者が生産の際に枯れた一部をカットする場合もあれば、日本の輸入・生産者が国内で順化の際にカットすることもあります。また、当社へ到着した際に見苦しい部分をトリミングすることもあります。 【エアプランツは環境の変化に比較的強い植物です】 枯れや傷は、取り除いてもまた新しい葉が生えてくるのでご安心ください。 【エアプランツにも個性があります】 このように、人の個性と同様に、エアプランツにも個性があります。 なるべく、お気に召していただけるようなエアプランツをお届けできるよう心がけておりますが...

エアプランツ フックシー(Mサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

ふらここ

540

エアプランツ フックシー(Mサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

【正式名称/学名/種別】 ティランジア・フックシー/Tillandsia fuchsii/銀葉種 【サイズ】 幅:7〜8cm Mサイズの株です。インテリアやディスプレイなどにどうぞ。固体により大きさや状態が異なります(写真はイメージです)。 【特長】 フックシーとして通常流通しているものは、フックシー・グラシリス (T. fuchsii forma gracilis)と呼ばれているもので、「グラシリス=繊細」なという名の通り、基本種よりもより細い葉をしています。基本種のフックシー・フックシーはグラシリスよりも葉幅が広く、成長は若干遅めです。 栽培は簡単ですが、湿度が不足すると葉の先から枯れてくるので、エアプランツの水やりや湿度の管理の目安にしてもおススメです。 葉先が枯れたり葉が曲がらずに、葉の根元から先端までまっすぐきれいに伸びていたら、よい環境で育てている証拠です。細いために乾燥しやすく、葉先から枯れ込みやすいので、こまめな霧吹きが必要です。 フックシーという名は、栽培家のF.フックス氏という人の名前が由来だそうです。 【植物は生きています】 エアプランツはSサイズのものでも実生(みしょう)からだと10年近く経っており、その間に様々な出来事があります。10年もの間、全ての葉が完璧にキズ一つ無く育つことは皆無と言っても良いでしょう。 葉が途中で切れているもの、キズが入っているもの、葉が折れているもの、葉先が枯れていたりなど、生き物なので多少はございます。 例えば、一部の葉が途中でカットされているものもあります。当店のエアプランツは中米のグァテマラから来ているものが多いですが、現地生産者が生産の際に枯れた一部をカットする場合もあれば、日本の輸入・生産者が国内で順化の際にカットすることもあります。また...

エアプランツ ジュンセア(Mサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

ふらここ

540

エアプランツ ジュンセア(Mサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

【正式名称/学名/種別】 ティランジア・ジュンセア/Tillandsia Juncea/銀葉種 【サイズ】 長さ:15〜16cm Mサイズの株です。インテリアやディスプレイなどにどうぞ。固体により大きさや状態が異なります(写真はイメージです)。 【特長】 原産はメキシコからブラジルにかけての広い地域。表面の白い鱗片(トリコーム)が少ないため、緑葉種のようにも見えますが、立派な銀葉種です。寒さにも強く、成長は遅いですが、育てばかなりの大きさ(30cm程度)にもなります。強健な種なので初心者の方にもお勧めです。開花時には紫の可憐な花を咲かせます。 水遣りは週に2回くらいがお勧めですが、葉先がカールしてきたり、しわがよってきたら水遣りのサイン。もちろん通気は確保してください。 【植物は生きています】 エアプランツはSサイズのものでも実生(みしょう)からだと10年近く経っており、その間に様々な出来事があります。10年もの間、全ての葉が完璧にキズ一つ無く育つことは皆無と言っても良いでしょう。 葉が途中で切れているもの、キズが入っているもの、葉が折れているもの、葉先が枯れていたりなど、生き物なので多少はございます。 例えば、一部の葉が途中でカットされているものもあります。当店のエアプランツは中米のグァテマラから来ているものが多いですが、現地生産者が生産の際に枯れた一部をカットする場合もあれば、日本の輸入・生産者が国内で順化の際にカットすることもあります。また、当社へ到着した際に見苦しい部分をトリミングすることもあります。 【エアプランツは環境の変化に比較的強い植物です】 枯れや傷は、取り除いてもまた新しい葉が生えてくるのでご安心ください。 【エアプランツにも個性があります】 このように、人の個性と同様に、エアプランツにも個性があります。...

エアプランツ ジュンシフォリア(Mサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

ふらここ

540

エアプランツ ジュンシフォリア(Mサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

【正式名称/学名/種別】 ティランジア・ジュンシフォリア/Tillandsia juncifolia/銀葉種 【サイズ】 長さ:17〜18cm Mサイズの株です。インテリアやディスプレイなどにどうぞ。固体により大きさや状態が異なります(写真はイメージです)。 【特長】 原産はメキシコからブラジルにかけての広い地域に分布します。細長い葉が密生しているこの種はグラス系とも言われ、類似種にはジュンセアなどがあります。本種は表面の白い鱗片(トリコーム)がジュンセアよりも少なく、緑葉種のようにも見えますが、立派な銀葉種です。寒さにも強く、成長は遅いですが強健な種なので初心者の方にもお勧めです。繁殖力が強いのでクランプにして楽しむこともできます。 水遣りは週に2回くらいがお勧めですが、葉先がカールしてきたり、しわがよってきたら水遣りのサイン。もちろん通気は確保してください。 【植物は生きています】 エアプランツはSサイズのものでも実生(みしょう)からだと10年近く経っており、その間に様々な出来事があります。10年もの間、全ての葉が完璧にキズ一つ無く育つことは皆無と言っても良いでしょう。 葉が途中で切れているもの、キズが入っているもの、葉が折れているもの、葉先が枯れていたりなど、生き物なので多少はございます。 例えば、一部の葉が途中でカットされているものもあります。当店のエアプランツは中米のグァテマラから来ているものが多いですが、現地生産者が生産の際に枯れた一部をカットする場合もあれば、日本の輸入・生産者が国内で順化の際にカットすることもあります。また、当社へ到着した際に見苦しい部分をトリミングすることもあります。 【エアプランツは環境の変化に比較的強い植物です】 枯れや傷は、取り除いてもまた新しい葉が生えてくるのでご安心ください。 ...

エアプランツ カピタータ(Sサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

ふらここ

378

エアプランツ カピタータ(Sサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

【正式名称/学名/種別】 ティランジア・カピタータ/Tillandsia capitata/銀葉種 【サイズ】 高さ:7〜8cm、幅:10〜11cm エアプランツホルダーに収まるサイズです。固体により大きさや状態が異なります(写真はイメージです)。 【特長】 メキシコ原産のティランジアで、赤みがさした大振りの葉が特徴です。比較的強健でSサイズでも大きめなので初心者の方にもおすすめです。 開花の際には15cmを超える大きさになり、紫の筒状の花が咲きます。 【植物は生きています】 エアプランツはSサイズのものでも実生(みしょう)からだと10年近く経っており、その間に様々な出来事があります。10年もの間、全ての葉が完璧にキズ一つ無く育つことは皆無と言っても良いでしょう。 葉が途中で切れているもの、キズが入っているもの、葉が折れているもの、葉先が枯れていたりなど、生き物なので多少はございます。 例えば、一部の葉が途中でカットされているものもあります。当店のエアプランツは中米のグァテマラから来ているものが多いですが、現地生産者が生産の際に枯れた一部をカットする場合もあれば、日本の輸入・生産者が国内で順化の際にカットすることもあります。また、当社へ到着した際に見苦しい部分をトリミングすることもあります。 【エアプランツは環境の変化に比較的強い植物です】 枯れや傷は、取り除いてもまた新しい葉が生えてくるのでご安心ください。 【エアプランツにも個性があります】 このように、人の個性と同様に、エアプランツにも個性があります。 なるべく、お気に召していただけるようなエアプランツをお届けできるよう心がけておりますが、画像と異なる場合もございます。少し「イメージと違うかも?」と感じた時も、“ひとつの出会い”ととらえて、大切に育てていただけますと幸いです...

エアプランツ ブッツィー(Sサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

ふらここ

378

エアプランツ ブッツィー(Sサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

【正式名称/学名/種別】 ティランジア・ブッツィー/Tillandsia butzii/緑葉種 【サイズ】 高さ:10〜11cm エアプランツホルダーに収まるサイズです。固体により大きさや状態が異なります(写真はイメージです)。 【特長】 メキシコからパナマを中心とした中米に分布する壷型の緑葉種です。筒状の葉がくねるように伸びる独特の美しい形状が特徴です。多湿の環境を好むため、一週間に3回以上の水遣りを心がけてください。 【植物は生きています】 エアプランツはSサイズのものでも実生(みしょう)からだと10年近く経っており、その間に様々な出来事があります。10年もの間、全ての葉が完璧にキズ一つ無く育つことは皆無と言っても良いでしょう。 葉が途中で切れているもの、キズが入っているもの、葉が折れているもの、葉先が枯れていたりなど、生き物なので多少はございます。 例えば、一部の葉が途中でカットされているものもあります。当店のエアプランツは中米のグァテマラから来ているものが多いですが、現地生産者が生産の際に枯れた一部をカットする場合もあれば、日本の輸入・生産者が国内で順化の際にカットすることもあります。また、当社へ到着した際に見苦しい部分をトリミングすることもあります。 【エアプランツは環境の変化に比較的強い植物です】 枯れや傷は、取り除いてもまた新しい葉が生えてくるのでご安心ください。 【エアプランツにも個性があります】 このように、人の個性と同様に、エアプランツにも個性があります。 なるべく、お気に召していただけるようなエアプランツをお届けできるよう心がけておりますが、画像と異なる場合もございます。少し「イメージと違うかも?」と感じた時も、“ひとつの出会い”ととらえて、大切に育てていただけますと幸いです...

エアプランツ メラノクラテルトリコロール(Mサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

ふらここ

540

エアプランツ メラノクラテルトリコロール(Mサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

【正式名称/学名/種別】 ティランジア・トリコロール・メラノクラテル/Tillandsia tricolor var. Melanocrater/緑葉種 【サイズ】 長さ:13〜14cm Mサイズの株です。インテリアやディスプレイなどにどうぞ。固体により大きさや状態が異なります(写真はイメージです)。 【特長】 メキシコ〜中米原産。 開花時には花序が赤、花序の先端が黄色、花が紫色の3色になることからトリコロールと呼ばれています。 流通しているもののほとんどは、グアテマラ産のメラノクラテルという変種です。とても固くスッと伸びる葉が特徴です。 十分な日照で育てると緑の葉が赤く色付きます。 株元に水を貯められるので、鉢に軽石などで植え付け、株元に水を貯めて明るい場所で管理するとよく育ちます。 水を貯めて管理する場合は、風通しと日照に注意して下さい。共に不足すると根元が腐ることもあります。 【植物は生きています】 エアプランツはSサイズのものでも実生(みしょう)からだと10年近く経っており、その間に様々な出来事があります。10年もの間、全ての葉が完璧にキズ一つ無く育つことは皆無と言っても良いでしょう。 葉が途中で切れているもの、キズが入っているもの、葉が折れているもの、葉先が枯れていたりなど、生き物なので多少はございます。 例えば、一部の葉が途中でカットされているものもあります。当店のエアプランツは中米のグァテマラから来ているものが多いですが、現地生産者が生産の際に枯れた一部をカットする場合もあれば、日本の輸入・生産者が国内で順化の際にカットすることもあります。また、当社へ到着した際に見苦しい部分をトリミングすることもあります。 【エアプランツは環境の変化に比較的強い植物です】 枯れや傷は、取り除いてもまた新しい葉が生えてくるのでご安心くださ...

エアプランツ ブラキカウロス(Mサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

ふらここ

540

エアプランツ ブラキカウロス(Mサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

【正式名称/学名/種別】 ティランジア・ブラキカウロス/Tillandsia brachycaulos/緑葉種 【サイズ】 幅:9〜10cm Mサイズの株です。インテリアやディスプレイなどにどうぞ。固体により大きさや状態が異なります(写真はイメージです)。 【特長】 メキシコ〜中米原産。 開花時には緑の葉の全体が真っ赤になりとても綺麗です。緑葉種で水を好みます。常に高い湿度を保っているとよく育ちます。 【植物は生きています】 エアプランツはSサイズのものでも実生(みしょう)からだと10年近く経っており、その間に様々な出来事があります。10年もの間、全ての葉が完璧にキズ一つ無く育つことは皆無と言っても良いでしょう。 葉が途中で切れているもの、キズが入っているもの、葉が折れているもの、葉先が枯れていたりなど、生き物なので多少はございます。 例えば、一部の葉が途中でカットされているものもあります。当店のエアプランツは中米のグァテマラから来ているものが多いですが、現地生産者が生産の際に枯れた一部をカットする場合もあれば、日本の輸入・生産者が国内で順化の際にカットすることもあります。また、当社へ到着した際に見苦しい部分をトリミングすることもあります。 【エアプランツは環境の変化に比較的強い植物です】 枯れや傷は、取り除いてもまた新しい葉が生えてくるのでご安心ください。 【エアプランツにも個性があります】 このように、人の個性と同様に、エアプランツにも個性があります。 なるべく、お気に召していただけるようなエアプランツをお届けできるよう心がけておりますが、画像と異なる場合もございます。少し「イメージと違うかも?」と感じた時も、“ひとつの出会い”ととらえて、大切に育てていただけますと幸いです。メキシコ〜中米原産。...

エアプランツ ベルティナ(Sサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

ふらここ

378

エアプランツ ベルティナ(Sサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

【正式名称/学名/種別】 ティランジア・ヴェルティナ/Tillandsia velutina /銀葉種 【サイズ】 高さ:5〜6cm エアプランツホルダーに収まるサイズです。固体により大きさや状態が異なります(写真はイメージです)。 【特長】 中米原産。 ブラキカウロス・ムルチフローラ(T.brachycaulos var. multiflora)の名前で流通しているものも多くあります。 管理も簡単で育てやすい品種です。 【植物は生きています】 エアプランツはSサイズのものでも実生(みしょう)からだと10年近く経っており、その間に様々な出来事があります。10年もの間、全ての葉が完璧にキズ一つ無く育つことは皆無と言っても良いでしょう。 葉が途中で切れているもの、キズが入っているもの、葉が折れているもの、葉先が枯れていたりなど、生き物なので多少はございます。 例えば、一部の葉が途中でカットされているものもあります。当店のエアプランツは中米のグァテマラから来ているものが多いですが、現地生産者が生産の際に枯れた一部をカットする場合もあれば、日本の輸入・生産者が国内で順化の際にカットすることもあります。また、当社へ到着した際に見苦しい部分をトリミングすることもあります。 【エアプランツは環境の変化に比較的強い植物です】 枯れや傷は、取り除いてもまた新しい葉が生えてくるのでご安心ください。 【エアプランツにも個性があります】 このように、人の個性と同様に、エアプランツにも個性があります。 なるべく、お気に召していただけるようなエアプランツをお届けできるよう心がけておりますが、画像と異なる場合もございます。少し「イメージと違うかも?」と感じた時も、“ひとつの出会い”ととらえて、大切に育てていただけますと幸いです。中米原産。ブラキカウロス...

エアプランツ カプトメドゥーサエ(Sサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

ふらここ

378

エアプランツ カプトメドゥーサエ(Sサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

【正式名称/学名/種別】 ティランジア・カプトメデューサエ/Tillandsia capt-medusae/銀葉種 【サイズ】 高さ:7〜8cm エアプランツホルダーに収まるサイズです。固体により大きさや状態が異なります(写真はイメージです)。 【特長】 カプトメデューサエとは「メデューサの頭」という意味で、ギリシャ神話に登場するヘビの頭髪を持つ怪物、メデューサに似ていることから種名として付けられました。ヘビのようにくねくねと曲がった独特の草姿をしており、妖艶さを感じさせる美しい品種です。 赤い花苞に紫の筒状の花が咲きます。ティランジアの中ではかなり丈夫な性質で、花付きも良いので初心者にもおすすめです。 【植物は生きています】 エアプランツはSサイズのものでも実生(みしょう)からだと10年近く経っており、その間に様々な出来事があります。10年もの間、全ての葉が完璧にキズ一つ無く育つことは皆無と言っても良いでしょう。 葉が途中で切れているもの、キズが入っているもの、葉が折れているもの、葉先が枯れていたりなど、生き物なので多少はございます。 例えば、一部の葉が途中でカットされているものもあります。当店のエアプランツは中米のグァテマラから来ているものが多いですが、現地生産者が生産の際に枯れた一部をカットする場合もあれば、日本の輸入・生産者が国内で順化の際にカットすることもあります。また、当社へ到着した際に見苦しい部分をトリミングすることもあります。 【エアプランツは環境の変化に比較的強い植物です】 枯れや傷は、取り除いてもまた新しい葉が生えてくるのでご安心ください。 【エアプランツにも個性があります】 このように、人の個性と同様に、エアプランツにも個性があります。 なるべく、お気に召していただけるようなエアプランツをお届けできるよう心がけて...

エアプランツ マグヌシアナ(Sサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

ふらここ

378

エアプランツ マグヌシアナ(Sサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

【正式名称/学名/種別】 ティランジア・マグヌシアナ/Tillandsia magnusiana/銀葉種 【サイズ】 幅:7〜8cm エアプランツホルダーに収まるサイズです。固体により大きさや状態が異なります(写真はイメージです)。 【特長】 メキシコを中心とした中米に分布する柔らかな葉が特徴の銀葉種です。水遣りは2〜3日に一度くらい。日照はカーテン越しくらいがいいでしょう。乾燥しすぎると葉先から枯れてくるので、お水をあげるときの目安にしてもいいでしょう。蒸れが苦手なのでお水をあげた後は逆さにして振るなど、水気をよく切って、風通しのいい場所で管理してください。 【植物は生きています】 エアプランツはSサイズのものでも実生(みしょう)からだと10年近く経っており、その間に様々な出来事があります。10年もの間、全ての葉が完璧にキズ一つ無く育つことは皆無と言っても良いでしょう。 葉が途中で切れているもの、キズが入っているもの、葉が折れているもの、葉先が枯れていたりなど、生き物なので多少はございます。 例えば、一部の葉が途中でカットされているものもあります。当店のエアプランツは中米のグァテマラから来ているものが多いですが、現地生産者が生産の際に枯れた一部をカットする場合もあれば、日本の輸入・生産者が国内で順化の際にカットすることもあります。また、当社へ到着した際に見苦しい部分をトリミングすることもあります。 【エアプランツは環境の変化に比較的強い植物です】 枯れや傷は、取り除いてもまた新しい葉が生えてくるのでご安心ください。 【エアプランツにも個性があります】 このように、人の個性と同様に、エアプランツにも個性があります。 なるべく、お気に召していただけるようなエアプランツをお届けできるよう心がけておりますが、画像と異なる場合もございます...

エアプランツ・シリンダー80/アンモナイト(エアプランツ1個/デコ砂利/アンモナイト化石)【観葉植物 チランジア ディスプレイ インテリア オフィス デスク プレゼント】【エアプランツ...

ふらここ

1,382

エアプランツ・シリンダー80/アンモナイト(エアプランツ1個/デコ砂利/アンモナイト化石)【観葉植物 チランジア ディスプレイ インテリア オフィス デスク プレゼント】【エアプランツ...

※ご希望のエアプランツを選んで、カートに入れて下さい。 記入がない場合は、こちらで選んでお届けいたします。 【セット内容】ガラスシリンダー・デコ砂利(瓦)・エアプランツS1個・アンモナイト(化石) 【サイズ】φ6×H8cm 【材質】ガラス 【備考】帯に品種説明、育て方の記載があります。 【エアプランツとは】 空気中の水分を吸収し土がなくても生育するとっても不思議な植物です。 【置き場所】 直射日光のあたらない明るい室内に置いてください。エアプランツの生育適温は、15〜25℃。温度差の激しい場所は避けてください。 あまり日陰にならないリビングやデスクまわりで楽しむのがオススメです。 【エアプランツの水やリ】 週1〜2回霧吹きを使用し水分を与えるか、水を張った容器に30秒〜1分間沈め水を十分にきります。 エアプランツは夜になると葉の表面の気孔が開いて空気中の水分や微量要素を吸収しようとする性質があるため、夕方の水やリがオススメです。空気中の水分を吸って生きているエアプランツを、デスクやリビングまわりなどでお楽しみいただけます。お部屋のインテリアのアクセントにオススメです♪ 気になるセットの内容は、ガラス製シリンダーにデコ砂利(瓦)を敷き、エアプランツを入れ、さらにアンモナイトの化石が入ったセットとなります。 日本でよく「エアプランツ」と言われているのは、ブロメリア科ティランジア属に属する植物です。 アメリカ大陸に広く分布しています。 ブロメリア科は日本ではパイナップル科と呼ばれることもあるように、パイナップルに近い仲間です。そう言われてみると、少し形が似ているものもありますね。 変種を入れると600種以上あり様々な形をしています。 他の樹木などに着生して成長するものが多く、水分は雨や霧などで濡れた葉や根から吸収して育ちます。...

エアプランツ カプトメドゥーサエ(Mサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

ふらここ

540

エアプランツ カプトメドゥーサエ(Mサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

【正式名称/学名/種別】 ティランジア・カプトメデューサエ/Tillandsia capt-medusae/銀葉種 【サイズ】 長さ:10〜11cm Mサイズの株です。インテリアやディスプレイなどにどうぞ。固体により大きさや状態が異なります(写真はイメージです)。 【特長】 カプトメデューサエとは「メデューサの頭」という意味で、ギリシャ神話に登場するヘビの頭髪を持つ怪物、メデューサに似ていることから種名として付けられました。ヘビのようにくねくねと曲がった独特の草姿をしており、妖艶さを感じさせる美しい品種です。 赤い花苞に紫の筒状の花が咲きます。ティランジアの中ではかなり丈夫な性質で、花付きも良いので初心者にもおすすめです。 【植物は生きています】 エアプランツはSサイズのものでも実生(みしょう)からだと10年近く経っており、その間に様々な出来事があります。10年もの間、全ての葉が完璧にキズ一つ無く育つことは皆無と言っても良いでしょう。 葉が途中で切れているもの、キズが入っているもの、葉が折れているもの、葉先が枯れていたりなど、生き物なので多少はございます。 例えば、一部の葉が途中でカットされているものもあります。当店のエアプランツは中米のグァテマラから来ているものが多いですが、現地生産者が生産の際に枯れた一部をカットする場合もあれば、日本の輸入・生産者が国内で順化の際にカットすることもあります。また、当社へ到着した際に見苦しい部分をトリミングすることもあります。 【エアプランツは環境の変化に比較的強い植物です】 枯れや傷は、取り除いてもまた新しい葉が生えてくるのでご安心ください。 【エアプランツにも個性があります】 このように、人の個性と同様に、エアプランツにも個性があります。 なるべく、お気に召していただけるようなエアプランツをお届...

エアプランツ ブルボーサ(Sサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

ふらここ

378

エアプランツ ブルボーサ(Sサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

【正式名称/学名/種別】 ティランジア・ブルボーサ/Tillandsia bulbosa/緑葉種 【サイズ】 高さ:6〜7cm エアプランツホルダーに収まるサイズです。固体により大きさや状態が異なります(写真はイメージです)。 【特長】 中米から南米にかけて広く分布するポピュラーな種です。つぼ状の基部から筒状の葉をくねらせながら伸ばす特異なルックスが人気の種です。緑葉種なので乾燥には弱いので水遣りをこまめに、週3回は最低でも確保してください。それでも心配な場合は水ゴケなどと一緒に鉢植えにして湿度が維持されるように心がけてください。もちろん通気は大切なので忘れずに。 成長すると真っ赤なつぼみから紫色の花が顔を覗かせます。 【植物は生きています】 エアプランツはSサイズのものでも実生(みしょう)からだと10年近く経っており、その間に様々な出来事があります。10年もの間、全ての葉が完璧にキズ一つ無く育つことは皆無と言っても良いでしょう。 葉が途中で切れているもの、キズが入っているもの、葉が折れているもの、葉先が枯れていたりなど、生き物なので多少はございます。 例えば、一部の葉が途中でカットされているものもあります。当店のエアプランツは中米のグァテマラから来ているものが多いですが、現地生産者が生産の際に枯れた一部をカットする場合もあれば、日本の輸入・生産者が国内で順化の際にカットすることもあります。また、当社へ到着した際に見苦しい部分をトリミングすることもあります。 【エアプランツは環境の変化に比較的強い植物です】 枯れや傷は、取り除いてもまた新しい葉が生えてくるのでご安心ください。 【エアプランツにも個性があります】 このように、人の個性と同様に、エアプランツにも個性があります。 なるべく、お気に召していただけるようなエアプランツをお届けで...

エアプランツ ベイレイ(Sサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

ふらここ

378

エアプランツ ベイレイ(Sサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

【正式名称/学名/種別】 ティランジア・ベイレイ/Tillandsia Baileyi/緑葉種 【サイズ】 高さ:9〜11cm エアプランツホルダーに収まるサイズです。固体により大きさや状態が異なります(写真はイメージです)。 【特長】 アメリカのテキサス以南からニカラグアなどの中米域で分布しているベイレイ。株元が膨らんでいる壷型といわれるタイプの代表種です。成長が早く、管理も楽。しかも子株を出しやすいので初心者にもオススメの品種です。 お水を好むので週に2回はお水をあげるようにしましょう。開花すると赤い花苞から紫色の細長い花が咲きます。 【植物は生きています】 エアプランツはSサイズのものでも実生(みしょう)からだと10年近く経っており、その間に様々な出来事があります。10年もの間、全ての葉が完璧にキズ一つ無く育つことは皆無と言っても良いでしょう。 葉が途中で切れているもの、キズが入っているもの、葉が折れているもの、葉先が枯れていたりなど、生き物なので多少はございます。 例えば、一部の葉が途中でカットされているものもあります。当店のエアプランツは中米のグァテマラから来ているものが多いですが、現地生産者が生産の際に枯れた一部をカットする場合もあれば、日本の輸入・生産者が国内で順化の際にカットすることもあります。また、当社へ到着した際に見苦しい部分をトリミングすることもあります。 【エアプランツは環境の変化に比較的強い植物です】 枯れや傷は、取り除いてもまた新しい葉が生えてくるのでご安心ください。 【エアプランツにも個性があります】 このように、人の個性と同様に、エアプランツにも個性があります。 なるべく、お気に召していただけるようなエアプランツをお届けできるよう心がけておりますが、画像と異なる場合もございます。少し...

エアプランツ ブルボーサ(Mサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

ふらここ

540

エアプランツ ブルボーサ(Mサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

【正式名称/学名/種別】 ティランジア・ブルボーサ/Tillandsia bulbosa/緑葉種 【サイズ】 長さ:11〜12cm Mサイズの株です。インテリアやディスプレイなどにどうぞ。固体により大きさや状態が異なります(写真はイメージです)。 【特長】 中米から南米にかけて広く分布するポピュラーな種です。つぼ状の基部から筒状の葉をくねらせながら伸ばす特異なルックスが人気の種です。緑葉種なので乾燥には弱いので水遣りをこまめに、週3回は最低でも確保してください。それでも心配な場合は水ゴケなどと一緒に鉢植えにして湿度が維持されるように心がけてください。もちろん通気は大切なので忘れずに。 成長すると真っ赤なつぼみから紫色の花が顔を覗かせます。 【植物は生きています】 エアプランツはSサイズのものでも実生(みしょう)からだと10年近く経っており、その間に様々な出来事があります。10年もの間、全ての葉が完璧にキズ一つ無く育つことは皆無と言っても良いでしょう。 葉が途中で切れているもの、キズが入っているもの、葉が折れているもの、葉先が枯れていたりなど、生き物なので多少はございます。 例えば、一部の葉が途中でカットされているものもあります。当店のエアプランツは中米のグァテマラから来ているものが多いですが、現地生産者が生産の際に枯れた一部をカットする場合もあれば、日本の輸入・生産者が国内で順化の際にカットすることもあります。また、当社へ到着した際に見苦しい部分をトリミングすることもあります。 【エアプランツは環境の変化に比較的強い植物です】 枯れや傷は、取り除いてもまた新しい葉が生えてくるのでご安心ください。 【エアプランツにも個性があります】 このように、人の個性と同様に、エアプランツにも個性があります。 なるべく...

エアプランツ カピタータ(Mサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

ふらここ

540

エアプランツ カピタータ(Mサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

【正式名称/学名/種別】 ティランジア・カピタータ/Tillandsia capitata/銀葉種 【サイズ】 幅:10〜11cm Mサイズの株です。インテリアやディスプレイなどにどうぞ。固体により大きさや状態が異なります(写真はイメージです)。 【特長】 メキシコ原産のティランジアで、赤みがさした大振りの葉が特徴です。比較的強健でSサイズでも大きめなので初心者の方にもおすすめです。 開花の際には15cmを超える大きさになり、紫の筒状の花が咲きます。 【植物は生きています】 エアプランツはSサイズのものでも実生(みしょう)からだと10年近く経っており、その間に様々な出来事があります。10年もの間、全ての葉が完璧にキズ一つ無く育つことは皆無と言っても良いでしょう。 葉が途中で切れているもの、キズが入っているもの、葉が折れているもの、葉先が枯れていたりなど、生き物なので多少はございます。 例えば、一部の葉が途中でカットされているものもあります。当店のエアプランツは中米のグァテマラから来ているものが多いですが、現地生産者が生産の際に枯れた一部をカットする場合もあれば、日本の輸入・生産者が国内で順化の際にカットすることもあります。また、当社へ到着した際に見苦しい部分をトリミングすることもあります。 【エアプランツは環境の変化に比較的強い植物です】 枯れや傷は、取り除いてもまた新しい葉が生えてくるのでご安心ください。 【エアプランツにも個性があります】 このように、人の個性と同様に、エアプランツにも個性があります。 なるべく、お気に召していただけるようなエアプランツをお届けできるよう心がけておりますが、画像と異なる場合もございます。少し「イメージと違うかも?」と感じた時も、“ひとつの出会い”ととらえて、大切に育てていただけますと幸いです...

エアプランツ ブッツィー(Mサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

ふらここ

540

エアプランツ ブッツィー(Mサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

【正式名称/学名/種別】 ティランジア・ブッツィー/Tillandsia butzii/緑葉種 【サイズ】 長さ:14〜15cm Mサイズの株です。インテリアやディスプレイなどにどうぞ。固体により大きさや状態が異なります(写真はイメージです)。 【特長】 メキシコからパナマを中心とした中米に分布する壷型の緑葉種です。筒状の葉がくねるように伸びる独特の美しい形状が特徴です。多湿の環境を好むため、一週間に3回以上の水遣りを心がけてください。 【植物は生きています】 エアプランツはSサイズのものでも実生(みしょう)からだと10年近く経っており、その間に様々な出来事があります。10年もの間、全ての葉が完璧にキズ一つ無く育つことは皆無と言っても良いでしょう。 葉が途中で切れているもの、キズが入っているもの、葉が折れているもの、葉先が枯れていたりなど、生き物なので多少はございます。 例えば、一部の葉が途中でカットされているものもあります。当店のエアプランツは中米のグァテマラから来ているものが多いですが、現地生産者が生産の際に枯れた一部をカットする場合もあれば、日本の輸入・生産者が国内で順化の際にカットすることもあります。また、当社へ到着した際に見苦しい部分をトリミングすることもあります。 【エアプランツは環境の変化に比較的強い植物です】 枯れや傷は、取り除いてもまた新しい葉が生えてくるのでご安心ください。 【エアプランツにも個性があります】 このように、人の個性と同様に、エアプランツにも個性があります。 なるべく、お気に召していただけるようなエアプランツをお届けできるよう心がけておりますが、画像と異なる場合もございます。少し「イメージと違うかも?」と感じた時も、“ひとつの出会い”ととらえて、大切に育てていただけますと幸いです...

エアプランツ メラノクラテルトリコロール(Sサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

ふらここ

378

エアプランツ メラノクラテルトリコロール(Sサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

【正式名称/学名/種別】 ティランジア・トリコロール・メラノクラテル/Tillandsia tricolor var. Melanocrater/緑葉種 【サイズ】 高さ:8〜10cm エアプランツホルダーに収まるサイズです。固体により大きさや状態が異なります(写真はイメージです)。 【特長】 メキシコ〜中米原産。 開花時には花序が赤、花序の先端が黄色、花が紫色の3色になることからトリコロールと呼ばれています。 流通しているもののほとんどは、グアテマラ産のメラノクラテルという変種です。とても固くスッと伸びる葉が特徴です。 十分な日照で育てると緑の葉が赤く色付きます。 株元に水を貯められるので、鉢に軽石などで植え付け、株元に水を貯めて明るい場所で管理するとよく育ちます。 水を貯めて管理する場合は、風通しと日照に注意して下さい。共に不足すると根元が腐ることもあります。 【植物は生きています】 エアプランツはSサイズのものでも実生(みしょう)からだと10年近く経っており、その間に様々な出来事があります。10年もの間、全ての葉が完璧にキズ一つ無く育つことは皆無と言っても良いでしょう。 葉が途中で切れているもの、キズが入っているもの、葉が折れているもの、葉先が枯れていたりなど、生き物なので多少はございます。 例えば、一部の葉が途中でカットされているものもあります。当店のエアプランツは中米のグァテマラから来ているものが多いですが、現地生産者が生産の際に枯れた一部をカットする場合もあれば、日本の輸入・生産者が国内で順化の際にカットすることもあります。また、当社へ到着した際に見苦しい部分をトリミングすることもあります。 【エアプランツは環境の変化に比較的強い植物です】 枯れや傷は、取り除いてもまた新しい葉が生えてくるのでご安心ください。 ...

エアプランツ フックシー(Sサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

ふらここ

378

エアプランツ フックシー(Sサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

【正式名称/学名/種別】 ティランジア・フックシー/Tillandsia fuchsii/銀葉種 【サイズ】 高さ:3〜5cm エアプランツホルダーに収まるサイズです。個体により大きさは異なります。 【特長】 フックシーとして通常流通しているものは、フックシー・グラシリス (T. fuchsii forma gracilis)と呼ばれているもので、「グラシリス=繊細」なという名の通り、基本種よりもより細い葉をしています。基本種のフックシー・フックシーはグラシリスよりも葉幅が広く、成長は若干遅めです。 栽培は簡単ですが、湿度が不足すると葉の先から枯れてくるので、エアプランツの水やりや湿度の管理の目安にしてもおススメです。 葉先が枯れたり葉が曲がらずに、葉の根元から先端までまっすぐきれいに伸びていたら、よい環境で育てている証拠です。細いために乾燥しやすく、葉先から枯れ込みやすいので、こまめな霧吹きが必要です。 フックシーという名は、栽培家のF.フックス氏という人の名前が由来だそうです。 【植物は生きています】 エアプランツはSサイズのものでも実生(みしょう)からだと10年近く経っており、その間に様々な出来事があります。10年もの間、全ての葉が完璧にキズ一つ無く育つことは皆無と言っても良いでしょう。 葉が途中で切れているもの、キズが入っているもの、葉が折れているもの、葉先が枯れていたりなど、生き物なので多少はございます。 例えば、一部の葉が途中でカットされているものもあります。当店のエアプランツは中米のグァテマラから来ているものが多いですが、現地生産者が生産の際に枯れた一部をカットする場合もあれば、日本の輸入・生産者が国内で順化の際にカットすることもあります。また、当社へ到着した際に見苦しい部分をトリミングすることもあります。 ...

エアプランツ ジュンシフォリア(Sサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

ふらここ

378

エアプランツ ジュンシフォリア(Sサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

【正式名称/学名/種別】 ティランジア・ジュンシフォリア/Tillandsia juncifolia/銀葉種 【サイズ】 高さ:10〜12cm エアプランツホルダーに収まるサイズです。固体により大きさや状態が異なります(写真はイメージです)。 【特長】 原産はメキシコからブラジルにかけての広い地域に分布します。細長い葉が密生しているこの種はグラス系とも言われ、類似種にはジュンセアなどがあります。本種は表面の白い鱗片(トリコーム)がジュンセアよりも少なく、緑葉種のようにも見えますが、立派な銀葉種です。寒さにも強く、成長は遅いですが強健な種なので初心者の方にもお勧めです。繁殖力が強いのでクランプにして楽しむこともできます。 水遣りは週に2回くらいがお勧めですが、葉先がカールしてきたり、しわがよってきたら水遣りのサイン。もちろん通気は確保してください。 【植物は生きています】 エアプランツはSサイズのものでも実生(みしょう)からだと10年近く経っており、その間に様々な出来事があります。10年もの間、全ての葉が完璧にキズ一つ無く育つことは皆無と言っても良いでしょう。 葉が途中で切れているもの、キズが入っているもの、葉が折れているもの、葉先が枯れていたりなど、生き物なので多少はございます。 例えば、一部の葉が途中でカットされているものもあります。当店のエアプランツは中米のグァテマラから来ているものが多いですが、現地生産者が生産の際に枯れた一部をカットする場合もあれば、日本の輸入・生産者が国内で順化の際にカットすることもあります。また、当社へ到着した際に見苦しい部分をトリミングすることもあります。 【エアプランツは環境の変化に比較的強い植物です】 枯れや傷は、取り除いてもまた新しい葉が生えてくるのでご安心ください。 ...

エアプランツ ベルティナ(Mサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

ふらここ

540

エアプランツ ベルティナ(Mサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

【正式名称/学名/種別】 ティランジア・ヴェルティナ/Tillandsia velutina /銀葉種 【サイズ】 幅:8〜9cm Mサイズの株です。インテリアやディスプレイなどにどうぞ。固体により大きさや状態が異なります(写真はイメージです)。 【特長】 中米原産。 ブラキカウロス・ムルチフローラ(T.brachycaulos var. multiflora)の名前で流通しているものも多くあります。 管理も簡単で育てやすい品種です。中米原産。ブラキカウロス・ムルチフローラ(T.brachycaulos var. multiflora)の名前で流通しているものも多くあります。管理も簡単で育てやすい品種です。 よく「空気中の水分を吸って生きている」と表されているので、水を与えなくてもいいと勘違いしやすいのですが、エアプランツに水やリは欠かせません! でもどうやって水を吸うの?育てるの難しいんじゃないかな・・・そんな疑問にお答えします。 日本でよく「エアプランツ」と言われているのは、ブロメリア科ティランジア属に属する植物です。 アメリカ大陸に広く分布しています。 ブロメリア科は日本ではパイナップル科と呼ばれることもあるように、パイナップルに近い仲間です。そう言われてみると、少し形が似ているものもありますね。 変種を入れると600種以上あり様々な形をしています。 他の樹木などに着生して成長するものが多く、水分は雨や霧などで濡れた葉や根から吸収して育ちます。 土に根を張らずに空気だけで成長するように見えることから、エアプランツ(Air Plants)と呼ばれるようになりました。 そんなブロメリア科の中でもティランジア属は、南米から北米の南部まで広範囲に分布しているため、 自生している環境も様々です。 雨の少ない乾燥地帯、雨が多い熱帯雨林...

エアプランツ コルビー(Mサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

ふらここ

540

エアプランツ コルビー(Mサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

【正式名称/学名/種別】 ティランジア・コルビー/Tillandsia kolbii/銀葉種 【サイズ】 長さ:7〜8cm Mサイズの株です。インテリアやディスプレイなどにどうぞ。固体により大きさや状態が異なります(写真はイメージです)。 【特長】 メキシコ〜中米原産。 イオナンタに似た形状ですが、一方向に葉先が曲がっているほうきのような形状が特徴です。水気を好む反面、蒸れには弱いので通気には気をつけましょう。開花するとピンクから紫のキレイなグラデーションの花が咲きます。 【植物は生きています】 エアプランツはSサイズのものでも実生(みしょう)からだと10年近く経っており、その間に様々な出来事があります。10年もの間、全ての葉が完璧にキズ一つ無く育つことは皆無と言っても良いでしょう。 葉が途中で切れているもの、キズが入っているもの、葉が折れているもの、葉先が枯れていたりなど、生き物なので多少はございます。 例えば、一部の葉が途中でカットされているものもあります。当店のエアプランツは中米のグァテマラから来ているものが多いですが、現地生産者が生産の際に枯れた一部をカットする場合もあれば、日本の輸入・生産者が国内で順化の際にカットすることもあります。また、当社へ到着した際に見苦しい部分をトリミングすることもあります。 【エアプランツは環境の変化に比較的強い植物です】 枯れや傷は、取り除いてもまた新しい葉が生えてくるのでご安心ください。 【エアプランツにも個性があります】 このように、人の個性と同様に、エアプランツにも個性があります。 なるべく、お気に召していただけるようなエアプランツをお届けできるよう心がけておりますが、画像と異なる場合もございます。少し「イメージと違うかも?」と感じた時も、“ひとつの出会い”ととらえて...

エアプランツ ジュンセア(Sサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

ふらここ

378

エアプランツ ジュンセア(Sサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

【正式名称/学名/種別】 ティランジア・ジュンセア/Tillandsia Juncea/銀葉種 【サイズ】 高さ:10〜12cm エアプランツホルダーに収まるサイズです。固体により大きさや状態が異なります(写真はイメージです)。 【特長】 原産はメキシコからブラジルにかけての広い地域。表面の白い鱗片(トリコーム)が少ないため、緑葉種のようにも見えますが、立派な銀葉種です。寒さにも強く、成長は遅いですが、育てばかなりの大きさ(30cm程度)にもなります。強健な種なので初心者の方にもお勧めです。開花時には紫の可憐な花を咲かせます。 水遣りは週に2回くらいがお勧めですが、葉先がカールしてきたり、しわがよってきたら水遣りのサイン。もちろん通気は確保してください。 【植物は生きています】 エアプランツはSサイズのものでも実生(みしょう)からだと10年近く経っており、その間に様々な出来事があります。10年もの間、全ての葉が完璧にキズ一つ無く育つことは皆無と言っても良いでしょう。 葉が途中で切れているもの、キズが入っているもの、葉が折れているもの、葉先が枯れていたりなど、生き物なので多少はございます。 例えば、一部の葉が途中でカットされているものもあります。当店のエアプランツは中米のグァテマラから来ているものが多いですが、現地生産者が生産の際に枯れた一部をカットする場合もあれば、日本の輸入・生産者が国内で順化の際にカットすることもあります。また、当社へ到着した際に見苦しい部分をトリミングすることもあります。 【エアプランツは環境の変化に比較的強い植物です】 枯れや傷は、取り除いてもまた新しい葉が生えてくるのでご安心ください。 【エアプランツにも個性があります】 このように、人の個性と同様に、エアプランツにも個性があります。 なるべく...

エアプランツ ブラキカウロス(Sサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

ふらここ

378

エアプランツ ブラキカウロス(Sサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

【正式名称/学名/種別】 ティランジア・ブラキカウロス/Tillandsia brachycaulos/緑葉種 【サイズ】 高さ:5〜6cm エアプランツホルダーに収まるサイズです。固体により大きさや状態が異なります(写真はイメージです)。 【特長】 メキシコ〜中米原産。 開花時には緑の葉の全体が真っ赤になりとても綺麗です。緑葉種で水を好みます。常に高い湿度を保っているとよく育ちます。 【植物は生きています】 エアプランツはSサイズのものでも実生(みしょう)からだと10年近く経っており、その間に様々な出来事があります。10年もの間、全ての葉が完璧にキズ一つ無く育つことは皆無と言っても良いでしょう。 葉が途中で切れているもの、キズが入っているもの、葉が折れているもの、葉先が枯れていたりなど、生き物なので多少はございます。 例えば、一部の葉が途中でカットされているものもあります。当店のエアプランツは中米のグァテマラから来ているものが多いですが、現地生産者が生産の際に枯れた一部をカットする場合もあれば、日本の輸入・生産者が国内で順化の際にカットすることもあります。また、当社へ到着した際に見苦しい部分をトリミングすることもあります。 【エアプランツは環境の変化に比較的強い植物です】 枯れや傷は、取り除いてもまた新しい葉が生えてくるのでご安心ください。 【エアプランツにも個性があります】 このように、人の個性と同様に、エアプランツにも個性があります。 なるべく、お気に召していただけるようなエアプランツをお届けできるよう心がけておりますが、画像と異なる場合もございます。少し「イメージと違うかも?」と感じた時も、“ひとつの出会い”ととらえて、大切に育てていただけますと幸いです。メキシコ〜中米原産。 開花時には緑の葉の全体が真っ赤になりとても綺麗です...

エアプランツ イオナンタ・ルブラ(Mサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

ふらここ

540

エアプランツ イオナンタ・ルブラ(Mサイズ)【エアプランツ/エアープランツ】

【正式名称/学名/種別】 ティランジア・イオナンタ・ルブラ/Tillandsia ionantha Rubra/銀葉種 【サイズ】 幅:7〜8cm Mサイズの株です。インテリアやディスプレイなどにどうぞ。固体により大きさや状態が異なります(写真はイメージです)。 【特長】 イオナンタとは「紫色」という意味で、開花すると筒状の紫色の花を咲かせることから命名されました。グアテマラ産の栽培品種で、バランスの良い容姿が特徴です。白い鱗片(トリコーム)が少ないため、ピンクがかった葉の鮮やかさが際立ちます。イオナンタの種類の中でも特に栽培が容易だといわれています。 水遣りは週に2回程度を目安に。たっぷり水遣りをした後は逆さにして振るなど、水をきり、通気の良い場所で管理してください。 【植物は生きています】 エアプランツはSサイズのものでも実生(みしょう)からだと10年近く経っており、その間に様々な出来事があります。10年もの間、全ての葉が完璧にキズ一つ無く育つことは皆無と言っても良いでしょう。 葉が途中で切れているもの、キズが入っているもの、葉が折れているもの、葉先が枯れていたりなど、生き物なので多少はございます。 例えば、一部の葉が途中でカットされているものもあります。当店のエアプランツは中米のグァテマラから来ているものが多いですが、現地生産者が生産の際に枯れた一部をカットする場合もあれば、日本の輸入・生産者が国内で順化の際にカットすることもあります。また、当社へ到着した際に見苦しい部分をトリミングすることもあります。 【エアプランツは環境の変化に比較的強い植物です】 枯れや傷は、取り除いてもまた新しい葉が生えてくるのでご安心ください。 【エアプランツにも個性があります】 このように、人の個性と同様に、エアプランツにも個性があります。...

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「パキポディウム販売」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ