「ハイビスカス苗」 の検索結果 62件

ハイビスカス ローゼル 〜実とハーブティーを楽しむハイビスカス〜(10.5cmポット)

日本花キ流通

430

ハイビスカス ローゼル 〜実とハーブティーを楽しむハイビスカス〜(10.5cmポット)

アフリカ西南部原産の植物で、ハイビスカスと同じアオイ科ヒビスク属の植物です。 食用を中心とした様々な目的で原産地をはじめ東南アジアやその他の熱帯、亜熱帯で幅広く栽培されています。 茎は紅紫色になるものと淡い緑色のものがあり、11月〜12月にかけて葉の付け根に直径10cmほどの花を咲かせます。花色は赤みがかったものとクリーム色のものがあり、いずれも中心が褐色になります。 花後は果実を包む鮮やかな紅紫色のガクが厚く肥大します。 熟したガクは多汁質でクエン酸や酒石酸を多く含み、乾燥させたものがハイビスカスティーの原料となります。 ハーブティーにする以外には爽やかな酸味と美しい紅色を活かしてお酒に浸けてローゼル酒にしたり、砂糖で煮てジャムにしたり、料理のソースにします。花以外の部位としては、若葉をカレーの風味付けに利用します。また種子は煎って食用にでき、茎は繊維の原料にもなります。 草丈は高くなるものが多く、花壇や鉢植えの他、切り花にも利用されます。 ローゼルという名前は花の形がバラに似ているところから来ているそうです。 10.5cmポットでお届けします。 ラベルのデザインなど変更になる場合がございます。日当たり 日当たりの良い場所を好みます。 温度 耐寒性は強くありません。 水やり 土の表面が乾いたら与えてください。

庭木苗:ムクゲ 品種お選びください!A群 ちょうど良い大きさ!

遊恵盆栽 楽天市場店

1,296

庭木苗:ムクゲ 品種お選びください!A群 ちょうど良い大きさ!

商品情報 樹種:むくげ(木槿)品種:白祇園守、夏空、大徳寺花笠、赤祇園守、平家山、ザ・バナー、白花笠、キジバト他の品種はこちら撮影日:6月 落葉低木樹。 ハイビスカスの仲間で初夏から秋にかけて断続的に長くお花を咲かせます。夏のよく乾燥にもよく耐え、強健な樹種ですので、庭木や街路樹として良く利用されたり、茶花としても有名です。 *ポットでのお届けとなります。*数量ものの為、写真と若干形状が異なる場合がございます。 サイズ 樹高(根鉢を含まない):約80cm 鉢径:約15cm 手入れ まず、深さ50cm、幅は植える大きさの2-3倍ほど掘ります。土が固すぎる、もしくは砂地である場合は、腐葉土やバークを1割ほど混ぜておく。根巻きはビニール紐は取り除きますが、巻いている布のようなものは腐るものですので、そのままつけて植えます。植えた直後にしっかり、たっぷりとお水をあげます。特に晩春から秋ごろは植え付け後1ヶ月は鉢植えと同じように乾き具合を見て、乾いていたら毎日でも水遣りをします。簡単な育て方説明書がご入用の方は、備考欄にお書き下さい。 詳しい手入れ方法を知りたい方は、メール等でお問い合わせ下さい。 納期 配達ご希望日時のご指定ができます。 お急ぎの場合は午前中までにご注文の場合、即日発送も可能です。※当店の在庫状況により ご指定日にお送りできないこともございます。 もし発送が遅延する際は別途メール、お電話にてご連絡させて頂きますので ご了承の程よろしくお願い致します。 送料 全国一律 600円 (北海道・沖縄は1,200円になります) 詳しくはこちら。 商品代金合計が1万円以上の場合、送料無料になります。 むくげ、ムクゲ、木槿、八重咲、八重咲き

草花の苗/ハイビスカス:アーノッティアヌス3号ポット

園芸ネット プラス

801

草花の苗/ハイビスカス:アーノッティアヌス3号ポット

ハワイ原産の原種、アーノッティアヌスは、ややピンクがかった白色の花弁が美しく、赤い花柱が目立ち、葉は淡い緑で、これまでのハイビスカスとは全く趣を異にします。原種とは思えないほど大きな花が魅力です。ホワイト・オアフ・ハイビスカスと呼ばれ、オアフ島とモロカイ島に自生します。葉の表面に光沢があるのが特徴です。ハイビスカスは夏には欠かせない代表的な熱帯花木です。次々に花を咲かせ、花色もバラエティに富んでいます。★苗の状態でのお届けですが、お届け後5号以上の大き目の鉢に植え替えていただくと、1〜1.5ヶ月後に咲き始めます。タイプ:アオイ科の非耐寒性常緑低木栽培適地:日本全国(鉢植えにして、10月〜4月は室内にて管理)開花期:6〜10月日照:日向むき栽培方法:お届けした苗(直径9cmポット入り)は4〜5号(直径12〜15cm)の鉢に植え替えてください。市販の培養土または赤玉土6対腐葉土3対堆肥1の用土を使用し、緩効性化成肥料を混ぜて植えつけます。5月から9月までは戸外の日当たりのよい場所に置きます。ただし日本の高温多湿の夏はあまり得意ではないので、日中は涼しい日かげに置くと真夏でも花を楽しむことができます。夏の間は水を切らさないように注意して、1週間に1度液肥を規定倍率に薄めて与え、2ヶ月に1度緩効性固形肥料を3個ずつ施してください。生育期を通してアブラムシ類が発生します。アセフェート粒剤など、浸透移行性の殺虫剤を鉢土の表面に散布すると防除できます。9月中旬以降涼しくなってきたら、また日当たりのよい場所に移動します。10月になったら室内のよく日のあたる場所に移しますが、よく生育して大株になってしまった場合は、室内に取り込む前にすべての枝を葉を2〜3枚残して剪定します。あるいは、9月ころに挿し木で苗を作り、株を更新してください。写真は成長時...

草花の苗/ハイビスカス:アドニス(ピンク)4号ポット

園芸ネット プラス

712

草花の苗/ハイビスカス:アドニス(ピンク)4号ポット

グラフハイビスカスは従来のハイビスカスに比べ、非常に花持ちの良いコンパクトタイプのハイビスカスです。花芽が一度にたくさんたまるので次々に花が楽しめます。ヨーロッパで人気な品種です。花保ち抜群の品種で、従来は1日花(朝開花して夕方しぼむ)のハイビスカスですが、この品種は2〜3日間開花したまま。1つの花が長く楽しめます。また、従来の品種に比べて耐陰性が優れ、樹形もコンパクトなので、室内の窓辺などの明るい場所で楽しめます。長い期間にわたって次々と大きく華やかに咲く花が、南国気分を盛り上げてくれます。開花期:初夏〜秋<置き場所>適温 : 15〜25度室内 : 日当たりの良い窓際でも楽しむことができます。暗い場所では蕾が咲かない場合があります。屋外 : 日当たりの良い場所(真夏は明るく涼しい場所)。植え替えはすぐにしなくても大丈夫です。花が終わったら、花がらを摘みながら蕾が咲くのを待ちます。 開花期が終わったら寒くなる前に伸びすぎた株を切り戻してください。冬は霜の当たらない室内で管理してください。春先にはまた新しい花が楽しめます。<水やり>受け皿等を利用して10分〜20分間底から水を吸い上げる方法が理想です。底から吸い上げられない場合は、なるべく植物に水がかからないよう直接土に水をあげてください。夏の場合、1日1回、春と秋は2〜3日に1回、冬は5〜6日に1回ぐらいが目安です。やりすぎも根腐れの元ですが,水をやり忘れるとしおれます。一番分かりやすいのは,鉢の重さを覚えてください。水をあげる前とあげたあとに鉢を持ち上げて、重さを覚えてしまえば、水やりが必要かどうかは分かるようになります。<肥料>ハイビスカスは肥料が大好きな植物です。肥料が少ないと、花つきが悪くなったり、花が小さく花色が薄くなったりします。蕾が落ちたり...

草花の苗/ハイビスカス:アドニスマンゴーIROIRO-2・4号ポット

園芸ネット プラス

712

草花の苗/ハイビスカス:アドニスマンゴーIROIRO-2・4号ポット

グラフハイビスカスは従来のハイビスカスに比べ、非常に花持ちの良いコンパクトタイプのハイビスカスです。花芽が一度にたくさんたまるので次々に花が楽しめます。ヨーロッパで人気な品種です。花保ち抜群の品種で、従来は1日花(朝開花して夕方しぼむ)のハイビスカスですが、この品種は2〜3日間開花したまま。1つの花が長く楽しめます。また、従来の品種に比べて耐陰性が優れ、樹形もコンパクトなので、室内の窓辺などの明るい場所で楽しめます。長い期間にわたって次々と大きく華やかに咲く花が、南国気分を盛り上げてくれます。開花期:初夏〜秋<置き場所>適温 : 15〜25度室内 : 日当たりの良い窓際でも楽しむことができます。暗い場所では蕾が咲かない場合があります。屋外 : 日当たりの良い場所(真夏は明るく涼しい場所)。植え替えはすぐにしなくても大丈夫です。花が終わったら、花がらを摘みながら蕾が咲くのを待ちます。 開花期が終わったら寒くなる前に伸びすぎた株を切り戻してください。冬は霜の当たらない室内で管理してください。春先にはまた新しい花が楽しめます。<水やり>受け皿等を利用して10分〜20分間底から水を吸い上げる方法が理想です。底から吸い上げられない場合は、なるべく植物に水がかからないよう直接土に水をあげてください。夏の場合、1日1回、春と秋は2〜3日に1回、冬は5〜6日に1回ぐらいが目安です。やりすぎも根腐れの元ですが,水をやり忘れるとしおれます。一番分かりやすいのは,鉢の重さを覚えてください。水をあげる前とあげたあとに鉢を持ち上げて、重さを覚えてしまえば、水やりが必要かどうかは分かるようになります。<肥料>ハイビスカスは肥料が大好きな植物です。肥料が少ないと、花つきが悪くなったり、花が小さく花色が薄くなったりします。蕾が落ちたり...

ハーブの苗/ローゼル(ハイビスカスティー)3号ポット 2株セット

園芸ネット プラス

820

ハーブの苗/ローゼル(ハイビスカスティー)3号ポット 2株セット

ローゼルは主にハイビスカスティーの原料となる植物で、特にアントシアニンやビタミンC、クエン酸を多く含み、その豊富な栄養価からも注目されています。一般のローゼルは短日期(11月頃)に淡黄色または淡桃色(個体差があります)の花を咲かせます。果実(花びらが落ちた後のガク片や総苞片)を生でジュースやジャム、サラダに。また、乾燥させればハーブティーに利用できます。さわやかな酸味と、美しいバラ色のハイビスカスティーは美容効果も抜群です。若葉や若芽も、サラダやおひたしとして食用できます。寒さに弱いため、日本では一年草扱いですが、冬季鉢植えにして室内に取り込めば冬越しできます。学名:Hibiscus sabdariffaタイプ:アオイ科フヨウ属の非耐寒性多年草草丈:150〜200cm開花期:11〜12月(秋以降)植え付け適期:6〜7月用途:ティー、ジャム、サラダ日照:日向栽培方法:日当たりの良い場所で育てます。油粕などの有機質肥料を2ヶ月に1回位を施します。特に初夏より生育が旺盛になるので、肥料不足にならないようにします。また、草丈が高くなってきますと折れやすくなるので支柱を立ててください。酸性土に弱いので、雨の多いときには石灰などで酸性を中和してください。真夏は地温が上がるので遮光し涼しく管理します。収穫・利用方法:利用部分は成熟した果実(赤く色づいたガク片や総苞片)で、天日干しにしてよく乾燥させ、細かくちぎって熱湯を注ぎ5分ほどで真紅のティーを楽しめます。お届けする苗は3号(直径9cm)ポット入りです。写真は成長時のイメージです。ローゼル(ハイビスカスティー)3号ポット 2株セットの栽培ガイド11月のハーブのお手入れ10月のハーブのお手入れ9月のハーブのお手入れ8月のハーブのお手入れ8月のハーブのお手入れ7月のハーブのお手入れ12月のハーブのお手...

ハイビスカス おまかせ3ポット苗セットお買い得販売♪夏の代表♪自分流のガーデニングに仕上げて下さい♪植え替え・寄せかご・寄せ植えなどに♪

癒し空間 One’s Garden&Plants

1,814

ハイビスカス おまかせ3ポット苗セットお買い得販売♪夏の代表♪自分流のガーデニングに仕上げて下さい♪植え替え・寄せかご・寄せ植えなどに♪

ΦΦΦΦΦΦΦ 商品説明 ΦΦΦΦΦΦΦ 【植物の内容】 植物名 ハイビスカス 大株3ポット(苗)お買い得セット販売 ※色は当店おまかせセットとなります。 全体の大きさ 高さ 約25センチ 横 約20センチ 3.5号苗(ビニール) 10.5センチポット その他 寄せ植えや地植え、寄せカゴなど自分流に仕立てるのも良いと思います。 育てやすい植物です。 管理方法 【置く場所】 戸外の日の当たる場所に置いて下さい。 次々とツボミが付いてきますので楽しましてくれます。 ※日光不足は花が咲きません 冬は基本的に室内の明るいところ(窓辺)に置いて下さい。 ※霜などに当ててしまうと枯れてしまいますので気をつけて下さい。 春からは戸外で直射日光に当てて管理するようにして下さい。 【水の与え方】 1日1回タップリと鉢の下からこぼれるぐらい与えて下さい。日照りのキツイ日は朝と夕方にタップリ与えるようにお願い致します。 【肥料】 ハイビスカスは非常に肥料が大好きです。長くお楽しみ頂くために肥料をオススメ致します。 【日常管理】 咲き終わったはこまめに花首から取り除くと長くお楽しむことができます。ハイビスカスは朝に咲いて夕方には萎んでしまいます。萎んだ花は取り除いて下さい。 ハイビスカスは非常に根っこの成長が早いです。根づまりを起こすと水持ちも悪くなり、株が弱ってきます。成長に伴い、ひとまわり大きい鉢に植え替えをすると、とても長くお楽しみ頂けます。 【お届けに関して】 お届けする太陽好きのハイビスカスは輸送中、日が当たらない状態での配送となります。ご到着の際、どうしても花が咲いていないこともあるかと思います。ご了承下さい。 ツボミはたくさん付いている状態ですので、ご到着後は日の当たる場所に置くようにして下さい。 こちら←土・肥料 ...

花木 庭木の苗/ガーデンハイビスカス:ロコガール(ホワイト)3号ポット

園芸ネット プラス

457

花木 庭木の苗/ガーデンハイビスカス:ロコガール(ホワイト)3号ポット

暑さに強く、インパクトのある大きな花が特徴のガーデンタイプのハイビスカス。1日花ですが、毎日次々と咲く花付きの良さが魅力。通常品種は1.5mを超え、扱いにくいものが多いですが、ロコガールは非常にコンパクトで、株が自然とドーム状にまとまります。コンテナやプランターでも適度な大きさで楽しめます。純白の花に中心の紅が印象的な品種です。タイプ:アオイ科の非耐寒性常緑低木栽培適地:日本全国(鉢植えにして、10月〜4月は室内にて管理)開花期:7〜9月草丈:約50cm日照:日向むき栽培方法:お届けした苗(直径9cmポット入り)は4〜5号(直径12〜15cm)の鉢に植え替えてください。市販の培養土または赤玉土6対腐葉土3対堆肥1の用土を使用し、緩効性化成肥料を混ぜて植えつけます。5月から9月までは戸外の日当たりのよい場所に置きます。ただし日本の高温多湿の夏はあまり得意ではないので、日中は涼しい日かげに置くと真夏でも花を楽しむことができます。夏の間は水を切らさないように注意して、1週間に1度液肥を規定倍率に薄めて与え、2ヶ月に1度緩効性固形肥料を3個ずつ施してください。生育期を通してアブラムシ類が発生します。アセフェート粒剤など、浸透移行性の殺虫剤を鉢土の表面に散布すると防除できます。9月中旬以降涼しくなってきたら、また日当たりのよい場所に移動します。10月になったら室内のよく日のあたる場所に移しますが、よく生育して大株になってしまった場合は、室内に取り込む前にすべての枝を葉を2〜3枚残して剪定します。あるいは、9月ころに挿し木で苗を作り、株を更新してください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗です。お届け時には個体差があります。樹高は入荷時期により多少変動することがありますので、ご了承ください。※成長が早い品種です...

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「ハイビスカス苗」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ