「ニラの苗」 の関連商品を含む検索結果 14件

植物の苗/コンパニオンプランツ:大葉ニラ3号ポット6個セット

園芸ネット プラス

1,388

植物の苗/コンパニオンプランツ:大葉ニラ3号ポット6個セット

ニラの根に繁殖する菌がトマト、ナス、キュウリ、ピーマン、イチゴ、スイカなどの病原菌の予防ができるといわれています。ニラは一度育てれば同じ株から10年くらいは繰り返し収穫できる便利な野菜です。収穫後は傷みやすいので、必要な都度収穫できる家庭での栽培にはおすすめの品種。とりたての風味は格別です。英国ではチャイブと同様にハーブの1種として扱われ、サラダやスープの浮き実に使われます。炒め物や中華料理にお使い下さい。夏には白いかわいい花も咲かせるので、キッチンガーデンにもおすすめです。また、アブラムシよけとして花壇などにも利用できます。タイプ:耐寒性宿根草草丈:35cm 日照:日向むき栽培方法:よく日のあたる場所に堆肥などをすきこみ、植えつけます。収穫:成長に応じて根元から少しずつ切り取ってご利用ください。頻繁に収穫すると、新しい葉が次々に出てきます。 お届け時には個体差があります。写真、サイズと異なることがあります。写真は成長時のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。コンパニオンプランツ:大葉ニラ3号ポット6個セットの栽培ガイドコンパニオンプランツ苗類のお届け形態について

野菜の苗/花ニラ3号ポット 6ポットセット

園芸ネット プラス

1,956

野菜の苗/花ニラ3号ポット 6ポットセット

中国野菜のニラの仲間で、若い蕾のついたやわらかいトウを根元から折って収穫し、花茎と蕾を食用にします。花ニラ(ハナニラ)はおいしく、ビタミンA・Cが豊富に含まれていると言われています。栽培方法は普通のニラと同じです。 タイプ:ユリ科の耐寒性多年草草丈:30cm収穫時期:初夏〜晩秋日照:日向むき栽培方法:酸性土を嫌うので植え付けの2週間以上前に1平米当たり苦土石灰約100〜150グラムを畑にすき込み、土を中和します。植え付けの1週間ほど前に堆肥を施します。生育期間が長いので肥料は緩効性のものを使います。冬は地上部が枯れますが、根株で越冬し、春になると萌芽してきます。収穫後に追肥するだけで、年に3〜5回収穫することができます。追肥後、水やりをすると肥料の効きが良くなります。夏は株元に敷きワラをして乾燥を防ぎます。3〜4年経つと株が大きくなり、込み合って葉も細く薄くなってきます。根を切らないように掘り上げて、3本ずつくらいに株分けします。窒素肥料が多すぎると過繁茂になって風通しが悪くなり、病害虫が発生しやすくなります。水はけをよくし、密植を避け、風通しをよくしてさび病や白斑葉枯病などの発生を予防します。病葉は切り取り、持ち出し処分します。アブラムシが5月の乾燥で多発し、葉に群生して生育を阻害することがあります。アブラムシは急速に増加するので、早期発見、早期防除に努めます。収穫:初夏から晩秋にかけてトウが立ち、蕾が緑色で苞が破れる前のやわらかいうちに、摘み取って収穫します。香味野菜として、野菜炒めや肉料理に利用がおすすめです。写真は成長時のイメージですが、お届けの際はまだ苗です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なることがあります。 花ニラ3号ポット 6ポットセットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

【ハーブ】チャイブねぎやニラの代用に♪和・洋・中どの料理でも重宝します!!チャイブ 3号ポット 【料理向けハーブ】

ファーム フローラル

301

【ハーブ】チャイブねぎやニラの代用に♪和・洋・中どの料理でも重宝します!!チャイブ 3号ポット 【料理向けハーブ】

●手入れ 土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。 真夏は乾きやすいので、こまめにチェックしてあげてください。 冬も地上部は枯れていても地下は生きています。庭植の場合は必要ありませんが、 鉢植えの場合は、土を極端に乾かさない程度に水を与えてください。 肥料は土に植え付ける前に化成肥料を混ぜ込みます。それ以降は、 葉がよく生長するように生育期には2ヶ月に1回程度油かすを施しましょう。 ●置き場所 日当たりがよい場所を好みます。ただし、暑さに少々弱い性質なので、 地植の場合は真夏の間は日をさえぎってあげた方が元気に育ちます。 鉢植えの場合は、風通しのよい場所で、棚の上などで管理しましょう。 冬は地上部分が枯れてしまいますが、地下部分は、生きています。 霜などで枯れてしまわないようにしきワラや腐葉土などで土の表面を覆ってあげましょう。 鉢植えの場合は特に必要ありません。 ●用土 有機質に富んだ土を好みます。 赤玉土(小)7:腐葉土3:堆肥1の割合がお勧めです。 地植えの場合、酸性土壌を大変嫌うので、 植え付ける2週間前くらいまでに苦土石灰を混ぜ込んで、酸性を中和させておきましょう。●特徴・利用方法 ハーブの一種で、細長くて中が空洞の葉を付けます。ネギのにおいをいくぶんか柔らかくした香味をもちますが、 他のネギ類に比べ臭みも少なく、万能の香味料として、 またネギやニラの代用として和・洋・中どの料理にも重宝するハーブです。 利用の仕方も普通のネギと同じようにスープなどに刻んで薬味にしたり、 オムレツに混ぜたりして利用します また二年目以降はピンクのネギボウズをつけますが、 この花もサラダやスープに入れたりと利用できます。ただ、花が咲くと葉が固くなってしまうので、 花を収穫する目的がない場合は早めに摘み取りましょう。...

野菜の苗/花ニラ3号ポット 2ポットセット

園芸ネット プラス

686

野菜の苗/花ニラ3号ポット 2ポットセット

中国野菜のニラの仲間で、若い蕾のついたやわらかいトウを根元から折って収穫し、花茎と蕾を食用にします。花ニラ(ハナニラ)はおいしく、ビタミンA・Cが豊富に含まれていると言われています。栽培方法は普通のニラと同じです。 タイプ:ユリ科の耐寒性多年草草丈:30cm収穫時期:初夏〜晩秋日照:日向むき栽培方法:酸性土を嫌うので植え付けの2週間以上前に1平米当たり苦土石灰約100〜150グラムを畑にすき込み、土を中和します。植え付けの1週間ほど前に堆肥を施します。生育期間が長いので肥料は緩効性のものを使います。冬は地上部が枯れますが、根株で越冬し、春になると萌芽してきます。収穫後に追肥するだけで、年に3〜5回収穫することができます。追肥後、水やりをすると肥料の効きが良くなります。夏は株元に敷きワラをして乾燥を防ぎます。3〜4年経つと株が大きくなり、込み合って葉も細く薄くなってきます。根を切らないように掘り上げて、3本ずつくらいに株分けします。窒素肥料が多すぎると過繁茂になって風通しが悪くなり、病害虫が発生しやすくなります。水はけをよくし、密植を避け、風通しをよくしてさび病や白斑葉枯病などの発生を予防します。病葉は切り取り、持ち出し処分します。アブラムシが5月の乾燥で多発し、葉に群生して生育を阻害することがあります。アブラムシは急速に増加するので、早期発見、早期防除に努めます。収穫:初夏から晩秋にかけてトウが立ち、蕾が緑色で苞が破れる前のやわらかいうちに、摘み取って収穫します。香味野菜として、野菜炒めや肉料理に利用がおすすめです。写真は成長時のイメージですが、お届けの際はまだ苗です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なることがあります。花ニラ3号ポット 2ポットセットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

こちらの関連商品はいかがですか?

植物の苗/コンパニオンプランツ:ステビア3〜3.5号ポット6株セット

園芸ネット プラス

2,348

植物の苗/コンパニオンプランツ:ステビア3〜3.5号ポット6株セット

南米原産のキク科の多年草。葉をつまんでかむと強い甘味があります。全草が甘く、砂糖の300倍の甘味をもちながら、カロリーは90分の1、ということで、低カロリーのダイエット向き甘味料として注目されています。ステビアの葉や茎から抽出したエキスを田畑に散布すると植物の健康を促進し、病虫害に強くなり、果物は甘味が増すなどの土壌改良効果がたいへん注目されており、ステビアを使って育てた野菜や果物は「ステビア農産物」としてその品質の高さが認知されつつあります。また、ステビアエキスを使った美容液は肌を美しくし、肝臓病等にも効果があるということで、医薬分野でも活用されています。さらに、ダイオキシンを完全分解するなど、エコロジー面でも注目されています。若干苦味があり、家庭でそのまま砂糖の代わりに利用するのは難しいため、枝ごと切り取って乾燥させ、ハーブティーとして利用したり、枝葉を煮出した抽出液を美容液や土壌改良剤として利用すると良いでしょう。タイプ:キク科の半耐寒性多年草原産地:南米パラグアイ草丈:30〜50cm日照:日向むき栽培方法:暖地では庭植えできます。寒い地域では鉢植えにし、冬は明るい室内に取り込んでください。春から秋はよく日のあたる場所で育てます。元肥えとして堆肥や化成肥料をすきこんで植え付けてください。強健ですが寒さには多少弱いので、冬は根元をワラでマルチングします。冬は多少寒さで地上部が枯れても4〜5月にまた新芽が出てきます。秋に白い小さな花を咲かせます。株分けで殖やすことができます。収穫・利用方法いつでも収穫できますが、8月ころが最も有効成分が多いようです。葉を摘み取って干して利用します。生葉をかじってコーヒーや紅茶を飲んでも良いでしょう。電子レンジに1〜3分かければ手軽にステビア茶を作ることができます。干した葉茎を1日2...

植物の苗/コンパニオンプランツ:サザンウッド3号ポット4株セット

全4商品

1,144

植物の苗/コンパニオンプランツ:サザンウッド3号ポット4株セット

バラ、果樹から害虫を遠ざけます。キャペツやニンジンなどを病気から守ります。ガーデニングの敵、蚊に効果的です。 地中海沿岸・小アジア原産のキク科のアルテミシア属で、学名はArtemisia abrotanum。虫除けのハーブとして有名なワームウッドの1種、サザンウッドです。非常に育てやすいハーブで、オーストラリアでは蚊が嫌がる植物として有名です。アブサンとレモンのかおりがあります。細く青みがかったシルバーリーフを肌にこすりつけたり、切り口から出る樹液を使います。また、蚊以外の不快害虫にも効果があるといわれています。非常に強く、高温多湿にも耐え、宿根草なので耐寒性もあります。学名:Artemisia abrotanumタイプ:キク科アルテミシア属の耐寒性宿根草原産地:南ヨーロッパ草丈:100〜120cm開花期:夏〜秋(寒冷地では咲かない場合があります)花色:黄日照:日なた栽培方法:生育旺盛で日当たりの良い所を好みます。排水性の良い土で育てて下さい。利用方法:葉をこすりつけるほか、ハーブバス、ポプリやリースにします。葉枝を夏までに切り取り、乾燥させ、束ねて吊るします。秋に剪定すると枯れることがあります。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。お届け時には個体差があります。写真、サイズと異なることがありますので、ご了承ください。★★ご注意:ハーブの虫よけ効果について★★自然の植物の発する匂い等の成分による効果ですので、植物の生育状態や植えられる環境、害虫の種類によってはあまり効果が出ない場合もあります。使用農薬(有効成分):ペルメトリン 1回生産地:宮城県コンパニオンプランツ:サザンウッド3号ポット4株セットの栽培ガイドコンパニオンプランツ苗類のお届け形態について

植物の苗/コンパニオンプランツ:スィートバジル3号ポット4株セット

園芸ネット プラス

912

植物の苗/コンパニオンプランツ:スィートバジル3号ポット4株セット

★葉色にややムラがありますので、ご了承ください★もっとも一般的なスイートバジル。イタリア料理やサラダには欠かせない、夏のハーブです。香りのある白い花を咲かせます。栽培は容易で、夏の間繰り返し摘み取って収穫できます。学名:Ocimum basilicumタイプ:シソ科メボウキ属の半耐寒性1年草植付け時期:4月〜5月開花時期:6月〜7月花色:白草丈:60cm栽培方法:日当たり、水はけのよい場所に植えてください。鉢植えも適しています。花が咲くと樹勢が弱るので、種を取る場合以外は摘み取ります。収穫:使用のつど葉を摘みます。乾燥させると香りが変化するので、生葉での利用をおすすめします。夏の挿し芽でふやせます。また種をとることもできます。利用方法:イタリア料理には欠かせないハーブです。肉・魚・野菜料理に。サラダやパスタに入れてください。トマトとはとてもよく合います。3号(直径9cm)ポット入りです。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なることがありますので、ご了承ください。コンパニオンプランツ:スィートバジル3号ポット4株セットの栽培ガイドコンパニオンプランツバジル苗類のお届け形態について

植物の苗/コンパニオンプランツ:ミョウガ3〜3.5号ポット4株セット

園芸ネット プラス

1,600

植物の苗/コンパニオンプランツ:ミョウガ3〜3.5号ポット4株セット

カキ(柿)のコンパニオンプランツと言われています。カキの実の自然落下の防止や株まわりの雑草を抑えることができます。家庭菜園で手軽に作れる強健な野菜です。半日陰でも栽培でき、栽培方法は簡単で、病気もなく、手間もかかりません。 9月に株の根元に生える開花前の蕾を収穫します。また、若茎を軟白したものもミョウガタケとしてお料理のつまなどに利用できます。お庭の隅に、ぜひどうぞ!タイプ:ショウガ科の耐寒性宿根草植付け適期:2〜5月 10〜12月草丈:20〜40cm収穫期:花ミョウガは7月半ば〜9月下旬日照:日向または半日陰栽培方法:涼しい場所を好み、日光をあまり必要としないので、塀の陰や木の下、建物の北側が最適。一度植えつければ毎年収穫できます。元肥として堆肥や腐葉土を十分すきこみ、20〜30cm間隔に植えます。植え放しでも大丈夫ですが、7月と10月に追肥するとたくさん収穫できます。夏に株元が乾燥するようならワラや落ち葉を敷きます。お届けする苗は3〜3.5号(直径9〜10.5cm)ポット入りです。冬季は地上部が枯れている、もしくは地上部がない状態でのお届けとなりますが、根は生きていますのでそのまま育ててください。しばらくすると新しい芽が出てきます。夏場は地上部の見栄えが悪いことがございます。写真は収穫時のイメージです。使用農薬(有効成分):農薬は使用していません。生産地:千葉県コンパニオンプランツ:ミョウガ3〜3.5号ポット4株セットの栽培ガイドコンパニオンプランツ苗類のお届け形態について

植物の苗/コンパニオンプランツ:ヒガンバナ(彼岸花・リコリス ラジアータ):赤3.5号ポット8株セット(花の苗)

園芸ネット プラス

3,741

植物の苗/コンパニオンプランツ:ヒガンバナ(彼岸花・リコリス ラジアータ):赤3.5号ポット8株セット(花の苗)

ヒガンバナは球根植物のリコリスの仲間で、曼珠沙華(マンジュシャゲ)=「天上の花」として知られています。秋に咲く真っ赤な花が楽しめます。葉がない状態で花が咲いた後、晩秋に葉が出てきます。葉は冬中は姿が見られますが、翌春になると枯れ、秋に花が出てくるまで地表には何もない状態となります。モグラよけにもなるので、田畑の土手などによく植えられます。また、アレロパシー作用(他感作用・害虫が嫌がる効果)の強い植物なので、菜園の近くに植えると病虫害を防ぐ効果があると言われています。原産国:中国花期:8月下旬〜9月中旬草丈:30〜50cm日照:日向向き栽培方法:球根の肩が見えるくらいに浅く植えてください。植付時に水をやってから、1週間くらいは水を与えないで下さい。以後、やや乾燥気味に管理してください。庭・花壇・鉢植え・プランターいずれでも大丈夫です。花が咲き終わったら早めに花柄を切り、葉はそのまま伸ばして来年まで球根を太らせます。3.5号(直径10.5cm)ポット入り、1ポット3〜4球植え、8ポットセットです。お届け時期により地上部のない状態、または開花後となりますので、ご了承ください。※開花するサイズの球根でのお届けですが、リコリスは移植を嫌う性質があるため、植え付け当年は開花せず、翌年からの開花となる場合があります。グランドカバーとして植える場合、1平米に20〜36株を目安にしてください。コンパニオンプランツ:ヒガンバナ(彼岸花・リコリス ラジアータ):赤3.5号ポット8株セット(花の苗)の栽培ガイドコンパニオンプランツ苗類のお届け形態について

草花の苗/ニチニチソウ:ミニナツピーチオレ3.5号ポット 6株セット

園芸ネット プラス

3,718

草花の苗/ニチニチソウ:ミニナツピーチオレ3.5号ポット 6株セット

極小輪なのに株が大きくなる!新しいタイプのニチニチソウです。特徴●2cm程度の小さな可愛らしい花を株いっぱいに咲かせる ●花は小さいけど株が大きく生長する新しいタイプのビンカ ●夏の暑さに強く真夏でも次々に花を咲かせる 学名:catharanthus hybrida タイプ:キョウチクト科の非耐寒性多年草(1年草扱い)原産地:熱帯〜亜熱帯(園芸種) 草丈:10〜20cm株張:10〜20cm 開花期:4〜10月 用途 花壇 鉢植え ハンギング 日照:日なた 栽培方法:強い光を好みますので出来るだけ日向で管理してください。冬は室内で日当たりの良い所に置き、室温を15度に保ってください。伸びすぎて花の少なくなった枝は地隙10cmのところで刈り込むと1ヶ月ほどで新しい枝が出てきます。元肥はしっかりと、追肥は週に1回の薄い肥料を与えてください。灰色カビ病に注意します。 温度管理 15〜30度を好みます。水やりは過湿にすると病気が出やすりので注意が必要です。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。お届け時には個体差があります。写真、サイズと異なることがありますので、ご了承ください。 ニチニチソウ:ミニナツピーチオレ3.5号ポット 6株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

草花の苗/ヤブコウジ:斑入りヤブコウジ(白斑)3号ポット6株セット

園芸ネット プラス

2,623

草花の苗/ヤブコウジ:斑入りヤブコウジ(白斑)3号ポット6株セット

ヤブコウジの白斑入り葉品種です。美しい斑と、赤い実のコントラストが魅力。もともと林床に自生する植物なので、日陰〜半日陰のシェードガーデンにもぴったりです。ヤブコウジ(十両)は切れ込みや波打つ葉、斑入りなどの変異が盛んで、江戸時代から愛好者の多い古典植物ですが、この斑入り葉の美しさ、実の愛らしさがは洋風のガーデンにもぴったり。グラウンドカバーとしておすすめです。タイプ:ヤブコウジ科の耐寒性常緑低木栽培適地:北海道南部以南樹高:15cm日照:半日陰むき栽培方法半日陰を好みますので、樹木の下や塀の陰、家の北側などの暗い場所に植えてください。強い日にあたると葉やけを起こしますので注意してください。実生、挿し木によりふやすことができます。3号(直径9cm)ポット植え6株セットです。葉の斑にはいろいろな変異が現れますので、お届けする苗は写真とは違う葉のものとなる場合があります。また、お届け時期により葉がきれいでない状態の場合がありますのでご了承ください。ヤブコウジ:斑入りヤブコウジ(白斑)3号ポット6株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

ハーブの苗/フェンネル:フローレンス3号ポット 6株セット

園芸ネット プラス

1,695

ハーブの苗/フェンネル:フローレンス3号ポット 6株セット

フェンネルは和名をウイキョウといいます。株元、茎、葉、種、すべてを利用できるハーブです。特に魚料理のくさみ消しとして大活躍。繊細な葉を茎ごとつみとってオリーブオイルや、ビネガーに浸けて香りづけしたものはそのままサラダやお料理にかけたり、ドレッシングを作ったりして使います。ハーブティにして飲むと、利尿効果、便秘防止になり、歯ぐきが丈夫になります。ピリッとした風味の種は、カレーなどに。種をかむと空腹を押さえ、消化を良くする働きもあります。切花、ドライフラワーにしても良いです。染料の材料にもなります。フローレンスは、株元が肥大するタイプ。フィノッキオ(finocchio)とも呼ばれ、大きく肥大する株(葉柄の付け根)はとてもおいしく、セロリよりも歯ごたえがよくて少しアニスのような風味があります。魚といっしょにグリルや焼き物、煮物に、あるいは生で刻んでサラダでお召し上がりください。タイプ:セリ科の耐寒性多年草(主に葉柄の付け根を利用するため一年草扱いにも)草丈:50〜150cm日照:日向むき栽培方法:日あたりと水はけのよい場所を選び、肥沃な土で育てます。耐寒性がありますので、戸外で冬越できます。葉や茎はいつでも収穫して利用できます。10〜11月に草木などの灰を与えるとさらに耐寒力が高まります。草丈150〜200センチまで大きくなるので、支柱を立ててあげましょう。写真は成長時のイメージです。お届けする時点では苗ですので、ご了承ください。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なることがありますので、ご了承ください。フェンネル:フローレンス3号ポット 6株セットの栽培ガイド11月のハーブのお手入れ10月のハーブのお手入れ9月のハーブのお手入れ8月のハーブのお手入れ8月のハーブのお手入れ7月のハーブのお手入れ12月のハーブのお手入れ2月の野菜...

草花の苗/エボルブルス:ブルーコーラル3号ポット 6株セット

園芸ネット プラス

2,230

草花の苗/エボルブルス:ブルーコーラル3号ポット 6株セット

花がたくさん咲くアメリカンブルー、「ブルーコーラル」です。従来種のアメリカンブルーの枝変わりを固定させた品種です。立ち性でとても株張りがよく、花数も多く、育成も旺盛です。横に枝を伸ばしながら、初夏から秋までたくさんの花を咲かせます。タイプ:ヒルガオ科エボルブルス属の非耐寒性宿根草開花時期:4月〜10月草丈:10〜30cm用途:花壇、鉢植え、ハンギング、グランドカバー栽培方法:耐寒性は弱く、耐暑性はあります。日照りを好み、夏の間はよく生育して、ほふく枝を伸ばしながら各葉液に花をつけます。乾燥にも強いのですが、生育中は土が乾いたらたっぷりと水を与え、月に1回ぐらい固形肥料を施します。鉢植えは、芽吹きがよいので、刈り込んで形を整えるといいでしょう。挿し芽でふやします。気温の高い夏は容易に発根します。冬になると生育はほとんど止まり、半休眠状態で葉色も悪くなります。凍らせないように注意し、暖かい窓辺や陽だまりで育て、多湿にならないように水やりの回数を減らします。病害虫はほとんど見られないでしょう。お届けする苗は3号(直径9cm)ポット植えです。写真は開花時のイメージです。エボルブルス:ブルーコーラル3号ポット 6株セットの栽培ガイドジャパンフラワーセレクション(JFS)苗類のお届け形態について

ハーブの苗/ミント:ペニーロイヤルミント3号ポット6株セット

園芸ネット プラス

1,826

ハーブの苗/ミント:ペニーロイヤルミント3号ポット6株セット

グランドカバー用に適し、やや耐寒性の劣るミントです。 すべすべした明るい緑色の葉には、強いぺパーミントの香りがあります。アリやノミよけになるので、乾燥葉をサシェにして戸棚やベッドに入れて利用します。猫や犬には布で首輪を作り、中に乾燥葉を仕込んで利用するとよいでしょう。学名:Mentha pulegium英名:Pennyroyal Mintタイプ:シソ科ハッカ属の耐寒性宿根草原産地:ヨーロッパ草丈:10〜30cm用途:鉢植え、グランドカバー日照:日向むき栽培方法:日当たり、水はけもよい場所に植えます。鉢植えの場合は5〜6号鉢、庭植えは株間30cmに植えます。きわめて強健で所構わずはびこり、雑草を駆逐するほどです。庭植えの場合、深さ15〜20cmまで板かレンガなどで囲んで区分しましょう。用土は畑の土に腐葉土や堆肥などを入れたやわらかいものにすると、地下茎も伸びやすくなります。ミント類は生長すると密生するので、梅雨時は蒸れ防止のため、入梅前に刈り込むか、枝を間引いて風通しをよくします。鉢栽培では鉢土がしまりやすいので、腐葉土などを少し多めに混ぜるとよいでしょう。鉢土の表面に腐葉土を敷いてやると乾燥が防げ、生育もよくなります。肥料は10日に1回くらい薄めた液肥を与えます。春か秋、根茎を15cmに切り分け、水平に植え込むか挿芽でふやします。◆写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なる場合がございます。※お届けの季節により見栄えは異なります。・夏季頃は生育が旺盛のため地上部を切り戻して(剪定)または徒長した苗のお届けの場合もございます。・冬季頃は冬芽(葉がなく芽がついた状態または地上部の見栄えが悪いことがございます。◆ハーブ類は...

草花の苗/栄養系コリウス:ランデブー3号ポット 6株セット

園芸ネット プラス

1,516

草花の苗/栄養系コリウス:ランデブー3号ポット 6株セット

コリウスは熱帯・亜熱帯地域原産のシソ科コリウス属に分類される植物です。さまざまな葉色や形があり、暑さにも強く夏場のガーデニングに欠かせない人気の植物です。栄養系コリウスは実生系にくらべ種類が豊富です。小さなタイプから、人の背丈ほどになるものまでいろいろあります。葉の色や形も実生系コリウスに比べバリエーションに富んでいます。暖かいところできちんと管理すれば冬越しも可能です。10度以上に温度管理された環境下であれば冬も越すことができる非耐寒性多年草です。小型種で、鉢植えや花壇の前面におすすめです。(株の高さ約30〜50cm)栄養系コリウスの特徴・葉色が多彩、葉の形もさまざま・生育が早く、丈夫で育てやすい・6〜10月頃まで約半年間楽しめる(関東基準)・使い方、楽しみ方がたくさんある(花壇、コンテナ寄せ植え、ハンギング、トピアリー)タイプ:シソ科コリウス属の非耐寒性多年草(1年草扱い)鑑賞期間:6〜10月用途:花壇、コンテナ日照:日なた〜半日陰向き栄養系コリウスの管理方法:排水性のよい土を用い、少量の緩効性化成肥料を入れて根鉢をくずさず植えてください。 根を傷めると株が弱ることがあります。植え付後1ヶ月過ぎたら、薄い液肥を1〜2週間に1回かけて下さい。戸外の日当たりのよい所で管理します。ただし真夏の強光線下で葉焼けを起こす場合もありますので、様子を見て置き場所を半日陰に変えて下さい。葉色が悪くなってしまっても、秋口になれば再び鮮やかな葉色になります。苗が小さいときは用土が乾き始めたら水やりをして下さい。 多すぎると生育を阻害するので、用土が濡れている時は水やりを控えます。株が大きくなったらタップリと水やりをし、しおれてしまった場合は、すぐに水やりをして下さい。切り戻しはどの位置でしても大丈夫です。伸びた茎をピンチして形を整えることにより...

ハーブの苗/カラミンサ3号ポット6株セット

園芸ネット プラス

1,826

ハーブの苗/カラミンサ3号ポット6株セット

細かな薄紫の花が初夏から晩秋まで咲きつづけ、繊細な印象の宿根草。触れると株全体からはミントの香りがします。丈夫で花期も長く、ボーダーやコンテナの寄せ植え、花は切花としても楽しめます。 花色は白に近いうすい紫です。ミントとタイム、ペッパーを加えたような香りがあり、ハーブとしても利用されます。肉料理や魚介類のオイルソテーやマリネ、マッシュルームや野菜料理に、生葉を刻んでくわえるとよい香りがつきます。タイプ:耐寒性宿根草開花期:7〜11月草丈:30〜60cm 植え付け適期:3〜6月、9月中旬〜11月株分け:春、秋日照:日向、明るい日陰用途:花壇、鉢植え、切花栽培方法:日当たり〜明るい日陰でもよく育ち、土質はそれ程選びませんが水はけの良い弱アルカリ性を好みます。乾燥気味のほうが良く、水やりや施肥はやや控えめに。成長が早く、枝が込みすぎると根元付近が蒸れやすくなるので様子を見ながら随時間引きします。花後、半分位を刈り込みます。こぼれ種からもよく増え、また、初夏にさし芽でふやすこともできます。施肥は3〜4月と9〜11月頃に。写真は成長時のイメージです。お届け時点では苗ですので、ご了承くださいませ。お届け時には個体差があります。写真、サイズと異なることがありますので、ご了承ください。★冬季は冬芽の苗の状態となります。使用農薬(有効成分):マラソン 1回生産地:宮城県カラミンサ3号ポット6株セットの栽培ガイド11月のハーブのお手入れ10月のハーブのお手入れ9月のハーブのお手入れ8月のハーブのお手入れ8月のハーブのお手入れ7月のハーブのお手入れ12月のハーブのお手入れ2月の野菜・ハーブ類のお手入れ3月のハーブのお手入れ4月のハーブのお手入れ5月のハーブのお手入れ6月のハーブのお手入れ苗類のお届け形態について

ハーブの苗/蚊連草(蚊よけ植物かれんそう)3号ポット6株セット

園芸ネット プラス

2,567

ハーブの苗/蚊連草(蚊よけ植物かれんそう)3号ポット6株セット

夏の蚊よけに、話題の蚊よけ植物です。夏は蚊が多くてお庭に出られない、…という方はぜひお試しください。蚊連草は遺伝学者ファンリーニ氏が長年の実験的異種交配により研究開発した植物です。秘密はその「香り」。蚊連草に含まれる「シトロネラール」は蚊に対する忌避効果と蚊の二酸化炭素察知能力を低下させる効果があるといわれています。蚊を全く寄せ付けないわけではありませんが、蚊連草にとまった蚊は炭酸ガスを察知する能力が鈍り、刺しにくくなります。新芽の香りに蚊よけの成分がありますので、適度なところで剪定し、いつも下から新芽が出ているように管理してください。葉の枚数が多いほど香りも強くなります。タイプ:フウロソウ科ゼラニウム属の半耐寒性宿根草草丈:25〜30cm開花期:5月生育適温:18〜30度用途;鉢植え日照:日向むき栽培方法:大きな鉢に植え替えて日光によく当ててください。水やりは、培土が乾いた時に鉢底から水が流れるまでたっぷりあげて下さい。乾燥した土壌を好みますのでいつも湿った状態は避けるように注意してください。日当たりのよい場所で育ててください。肥料はバランスの取れたものが最適です。施肥時期は3月中旬〜7月下旬、9月中旬〜10月下旬に、2〜3週間に一度、化成肥料2〜4gを施してください。霜や地面凍結には耐えられませんので、冬季は日のあたる暖かい室内にとりこんでください。新芽が伸びる際に芳香力が大きくなりますので、適度な間隔で剪定をし、いつも新芽が出ている状態にしてください。冬季は凍らない環境で管理できれば冬越しが可能です。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。お届け時には個体差があります。写真、サイズと異なることがありますので、ご了承ください。 蚊連草(蚊よけ植物かれんそう...

草花の苗/アジュガ レプタンス:エメラルドチップ3〜3.5号ポット6株セット

園芸ネット プラス

2,152

草花の苗/アジュガ レプタンス:エメラルドチップ3〜3.5号ポット6株セット

アジュガは今や最もポピュラーなグランドカバー素材のひとつ。常緑で、日向から半日陰で元気に育ちます。耐寒性も強く、病虫害もないので、一度植えれば全く手間要らず。やせた土地でもどんどん増えるのも魅力です。そして、春には地面が覆われるほどたくさん花を咲かせます。エメラルドチップはつやのある明緑色の葉色。花は青紫色です。タイプ:耐寒性宿根草植え時:9月〜5月開花期:4月草丈:10cm用途:庭植え、花壇、鉢植え、ロックガーデン栽培方法:日向から半日陰に向きます。排水がよく、過湿や乾きすぎにならない場所なら土質は選びません。耐寒性も強く、丈夫に育ち、肥料も不要です。春に株分けで増やして下さい。お届けする苗は3〜3.5号(直径9〜10.5cm)ポット入り6株(6ポット)セットです。夏場の植え付けの場合は、根がつくまで十分に水遣りしてください。また、冬季は地上部の見栄えが悪いこともございます。グランドカバーとして植栽される場合、1平米あたり25〜40株が目安です。写真はイメージです。アジュガ レプタンス:エメラルドチップ3〜3.5号ポット6株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

野菜の苗/アスパラガス:グリーン1年生苗3号ポット 4株セット

園芸ネット プラス

992

野菜の苗/アスパラガス:グリーン1年生苗3号ポット 4株セット

アスパラガスは家庭菜園で手軽に作れる強健な野菜です。収穫の楽しさは格別。そして、新鮮なものは味わい豊かです。 強健で育てやすいグリーンアスパラです。タイプ:耐寒性宿根草植え時:3月下旬〜5月中旬と8〜11月草丈:1m 日照:日向むき栽培方法宿根性の野菜で、植え付けから株が大きくなるまでに1〜2年かかりますが、その後10年ほどは年々株が成長し収量が増えます。根が深く伸びるので、耕土の深い場所をえらんでください。酸性土を嫌うので、定植前に苦土石灰を多めにまき、よく耕してください。日当たり・水はけの良い場所に、堆肥と化成肥料を多めに混ぜて深さ5〜10cmに植えます。株間は40cmほどあけてください。植え替え後、雑草・乾燥よけに株元に敷き藁をします。毎年春先に化成肥料や油粕を十分に追肥し、株を太らせます。5〜6月に出る若芽を根元から切り取りますが、苗が小さいうちは収穫を控えて株を太らせるようにします。収穫:3年目の春から、新芽が地上に15〜20cm出たところで根元から切りとって収穫します。株を育てるため、収穫は3年目で10日間、4年目で20日間、5年目以上で50〜60日間が目安で、それ以降に出る芽は葉として育てるようにします。7月に入ったら収穫は打ち切り、野菜用の肥料を根元に施します。収穫は、若芽を地際から2cmほど残して20〜30cmで切り取って収穫します。全ての茎を収穫するのではなく、翌年のために数本を残して株の養生につとめてください。害虫は少ないですが、まれにヨトウムシやネキリムシが発生することがあります。株分け、実生でふやすことができます。植え付け後は苗を育て、収穫は2〜3年後からにしてください。3年目以降、株が充実してくると、1株から60本ほど収穫できるようになります。3号ポット植え苗です。写真は成長時(収穫時)のイメージですが...

草花の苗/ジャンボコリウス:ゴリラJr.ウォーターメロン3.5号ポット 6株セット

園芸ネット プラス

1,761

草花の苗/ジャンボコリウス:ゴリラJr.ウォーターメロン3.5号ポット 6株セット

草勢が強く、通常のコリウスより大きく育ちながら、伸びすぎずガッチリとした美しい草姿が魅力です。ゴリラシリーズよりは小葉で、基部分枝に優れます。生育が旺盛で夏から秋の花壇におすすめです。草姿がまとまっているため、ハンギングや寄せ植えにも使いやすいです。ウォーターメロンは淡い緑色で中央が濃桃色です。シリーズ中、草丈が伸びやすい品種です。学名:Solenostemon scutellarioides原産地:インドネシアタイプ:シソ科の非耐寒性一年草株張り:草丈60〜100cm×横張60〜100cm植え付け:花壇は30〜50cmの間隔、コンテナは18〜24cmに1株用途:花壇、コンテナ日照:日当たり〜半日陰 栽培方法:日当たりのよい場所を好み、日が当たるほど葉の発色も良くなりますが、直射日光が強すぎると日焼けを起こしやすくなるので、真夏に直射日光が当たらない半日陰で栽培して下さい。大きく育つため、鉢植えの場合は6号(直径18cm)以上の大鉢で、プランターや花壇に植え込む際には30〜50cm間隔で植え込んで下さい。水やりは、土の表面が乾ききらない前に行って下さい。開花が始まると通常のコリウス同様に株の生育が鈍くなるので、株の生育を促し分枝を多く出してより大株に育てるためには、花穂をこまめに摘芯して下さい。ある程度株が大きくなったら、花穂を摘芯せずに開花株を楽しむこともできます。 写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なる場合がございます。★葉色は時期や生育環境により変化する場合があります。ジャンボコリウス:ゴリラJr.ウォーターメロン3.5号ポット 6株セットの栽培ガイド夏のガーデンをコリウスで演出苗類のお届け形態について

ハーブの苗/タイム(ほふく性):ドーンバレータイム3号ポット6株セット

全6商品

1,630

ハーブの苗/タイム(ほふく性):ドーンバレータイム3号ポット6株セット

ドーンバレー・タイムは黄斑レモンタイムともよばれ、レモンの香りが強いほふく性タイムです。夏に淡い紫色の花をたくさんつけます。園芸用、料理用、ハーブティとしてお使いください。秋にはブロンズ色に変わる葉色も楽しめます。タイプ:耐寒性常緑低木草丈:5〜15cm日照:日向むき栽培方法:日当たりのよい、乾いたところを好みます。水はけのよい軽い土に植えてください。横に這うように広がって増えます。株が増えたら株分け、または取り木、挿し木でも増やせます。収穫:いつでも摘み取って利用できます。生葉のままハーブティなどに使っても、また、乾燥保存して料理用などに。花が咲いたら思い切って短く切り、葉を乾燥しておけばいつでも利用できて便利です。お届けする苗は3号(直径9cm)ポット入りです。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。時期によりまして、株が小さい場合がございます。葉色の個体差がございます。使用農薬(有効成分):ニテンビラム1回、マラソン1回生産地:宮城県タイム(ほふく性):ドーンバレータイム3号ポット6株セットの栽培ガイドタイム苗類のお届け形態について

ハーブの苗/ローズマリー(半ほふく性):モーツアルトブルー3号ポット6株セット

全2商品

1,813

ハーブの苗/ローズマリー(半ほふく性):モーツアルトブルー3号ポット6株セット

半ほふく性のローズマリーで、最も濃い紫花。大きめな鉢で栽培すると開花時に見事です。ハンギングバスケットにも適しています。弱耐寒性(—10度まで)なので、鉢植えで冬は軒下など、寒風のあたらない場所においてください。学名:Rosmarinus officinalis'Mozart Blue'タイプ:シソ科マンネンロウ属の半耐寒性常緑低木 開花期:秋から翌春にかけて 草丈:50〜200cm 仕立て方:鉢植え、コンテナ、花壇育て方:日当たりの良い、水はけがよく乾燥気味のやせた軽い土を好みます。根が多湿を嫌うので、排水のよい状態を保つ様にします。5〜6月、成熟した枝先5〜8cmを使って挿木で殖やすことができます。 収穫:葉は使用のつど摘みますが、多量の収穫は3年苗くらいからです。乾燥保存は開花直前に採ります。常緑樹なので栽培している場合は生葉で利用するとよいでしょう。 用途:肉料理の臭み消しによく使われます。肉を焼く前の下ごしらえとして、生か乾燥葉をはりつけてから調理すると効果的です。枝をフライパンの底に敷いてもよく、じゃがいもをゆでたりする時に一枝加え香りをつけたりします。また、花をハーブティーに使うと非常に香りがよいものです。また、サラダの飾り付けにも利用できます。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。お届け時には個体差があります。写真、サイズと異なることがありますので、ご了承ください。使用農薬(有効成分):ペルメトリン1回、MEP1回、マラソン1回生産地:宮城県ローズマリー(半ほふく性):モーツアルトブルー3号ポット6株セット の栽培ガイドローズマリーのスタンダード仕立てローズマリー1月の野菜・ハーブ類のお手入れ苗類のお届け形態について

草花の苗/ジャンボコリウス:ゴリラサーモンピンク3.5号ポット 6株セット

全4商品

1,398

草花の苗/ジャンボコリウス:ゴリラサーモンピンク3.5号ポット 6株セット

大きな葉と草姿が特徴のジャンボコリウス。見応えのある花壇が作れます。サーモンピンクは葉の縁は緑色で、中央が橙桃色となり、中間部は濃緑です。生育が進むにつれて、サーモンピンクの発色が鮮やかになります。学名:Solenostemon scutellarioides原産地:インドネシアタイプ:シソ科の非耐寒性一年草株張り:草丈60〜100cm×横張60〜100cm植え付け:花壇は30〜50cmの間隔、コンテナは18〜24cmに1株用途:花壇、コンテナ日照:日当たり〜半日陰 栽培方法:日当たりのよい場所を好み、日が当たるほど葉の発色も良くなりますが、直射日光が強すぎると日焼けを起こしやすくなるので、真夏に直射日光が当たらない半日陰で栽培して下さい。大きく育つため、鉢植えの場合は6号(直径18cm)以上の大鉢で、プランターや花壇に植え込む際には30〜50cm間隔で植え込んで下さい。水やりは、土の表面が乾ききらない前に行って下さい。開花が始まると通常のコリウス同様に株の生育が鈍くなるので、株の生育を促し分枝を多く出してより大株に育てるためには、花穂をこまめに摘芯して下さい。ある程度株が大きくなったら、花穂を摘芯せずに開花株を楽しむこともできます。 写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なる場合がございます。★葉色は時期や生育環境により変化する場合があります。ジャンボコリウス:ゴリラサーモンピンク3.5号ポット 6株セットの栽培ガイド夏のガーデンをコリウスで演出苗類のお届け形態について

草花の苗/ゆうびポーチュラカ:園(その)ハーモニーファイヤー3.5号ポット 6株セット

園芸ネット プラス

2,087

草花の苗/ゆうびポーチュラカ:園(その)ハーモニーファイヤー3.5号ポット 6株セット

夏に強いポーチュラカの最新品種。ヨーロッパ、全米で認められた世界初の終日咲き品種です。園(その)ハーモニーファイヤーは大輪一重咲き(約直径4〜5cm)で鮮紅色に鮮黄複色が入る花が夕方6時ごろまで開花し、炎天下でもたくさんの花をつける品種です。※ゆうびポーチュラカとはポーチュラカは、夏の花壇を彩る植物として、代表的な花です。高温、乾燥、病気にたいへん強く、春から秋まで たっぷりと咲き続けます。通常のポーチュラカは、午後3時ごろにはしぼみ始めるところ、ゆうびシリーズは夕方までたっぷりと咲き続けるという特徴があります。「ゆうび」という名前の由来は、育成者の名前「裕美」を音読したとのこと。アメリカでは、名前の珍しさもあり、街中に見受けられる大人気の花壇花になっています。学名: Portulaca oleracea 'Sono Harmony Fire' タイプ:スベリヒユ科スベリヒユ属の非耐寒性多年草草丈:10〜20cm開花期:春〜秋植え付け適期:5〜7月用途:花壇、庭植え、鉢植え、グランドカバー日照:日向栽培方法:高温、乾燥、病気に大変強く、春から秋まで長期間咲き続けます。温度と日光があれば勢旺盛で花壇からプランター、鉢植えまで多くの用途があります。用土は水はけがよい土であれば特に選びません。月に1回ピンチや切り戻しを行い、緩効性肥料などを与えます。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なる場合がございます。※ジャパンフラワーセレクションとは、2006年4月からスタートした日本における統一的なお花の新品種のコンテストです。花き業界を代表する方々が、公正な視点で専門的に優秀な品種を選びます。「切花部門」「鉢物部門」「ガーデニング部門」から...

野菜の苗/ナス:秋なすび(中長タイプ)3.5号ポット6株セット

園芸ネット プラス

2,574

野菜の苗/ナス:秋なすび(中長タイプ)3.5号ポット6株セット

植えつけてから30日くらいで収穫できるナスの苗です。おいしい秋ナスに最適の品種。ツヤのある黒紫色の中長タイプ。煮物や漬物などに向く、万能ナスです。・半立性で1mぐらいに成長します!・花数も多く、実付きの良いたくさん収穫できる品種です!・皮は柔らかく、実の締まった大変美味しいなすびです!植えつけ適期:北海道エリア:7月上旬〜8月上旬東北 エリア:7月上旬〜8月中旬甲信越エリア:7月上旬〜8月下旬関東 エリア:7月上旬〜9月上旬中部・関西・中国・四国・九州エリア:7月上旬〜9月中旬沖縄 エリア:7月上旬〜10月上旬科名:ナス科<植え付け>暑い時期の植付けなので、根が張るまで水切れに注意してください。日当たりと風通しの良い場所が理想的です。<植え付け後の管理>暑い時期は、朝晩たっぷりと水を与えます。実付きを良くするために、2週間に1度、肥料を与えてください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なることがありますので、ご了承ください。■中長タイプ使用農薬(有効成分):アミスターオプティフロアブル、アゾキシストロビン4.8%、TPN40%、ダントツ水和剤、クロチアニジン16%、フォリオゴールド、メタラキシルM3.3%、TPN32%、ベストガード粒剤、ニテンピラム1%、ベンレート水和剤、ベノミル50%、スピノエース顆粒水和剤、スピノサド25%アディオン乳剤、ペルメトリン20% 各1回生産地:岡山県ナス:秋なすび(中長タイプ)3.5号ポット6株セット の栽培ガイド苗類のお届け形態について

野菜の苗/モロヘイヤ3号ポット2ポットセット

園芸ネット プラス

528

野菜の苗/モロヘイヤ3号ポット2ポットセット

モロヘイヤはエジプトからやってきた栄養価が非常に高い葉野菜。モロヘイヤとはアラビア語で、「王様の野菜」という意味で、カルシウム、ビタミンが豊富です。葉を摘み取り、湯通ししてサラダや天ぷら、刻んで炒め物やスープなどに最適のねばねば野菜です。ぬめりがありますが、くせのない味で、栽培しやすく美味です。別名をタイワンツナソ、ナガミツナソ、ジュート、シマツナソ(縞綱麻)とも呼ばれます。★1ポットに数株の苗が入っていますので、分けて植え付けてください★ 学名:Corchorus olitoriusタイプ:アオイ科の一年生草本草丈:〜1m収穫 6月〜11月 日照:日向向き栽培方法:日当たりのよい場所に植えてください。至って強健で、温度があればどんどん生育します。追肥は生育と共に、半月に一度程度の割合で行うとやわらかい良品を収穫できます。また、草丈40〜50cmの頃から随時摘芯するとわき芽がでて収穫量が増します。風当たりの強いところでは、支柱を立てます。短日条件で花芽分化、開花し、食味が落ちるので、9月以降は日長が15〜16時間以上になるように電灯照明を行うと、開花させずに良い状態の葉を継続して収穫することができます。ご注意:家庭菜園で栽培する場合には、収穫時期の留意し、種子や莢(さや)を食べないように注意して下さい。種子や莢(さや)に強心配糖体(強心作用のある成分)が含まれており、誤植すると中毒症状がおきます。食用にされている葉には強心配糖体は含まれていないことが、国立医薬食品衛生研究所の調査で確認されています。3号ポットにタネを多粒まきして育てた苗です。菜園やプランターへの植え付けの際に1株ずつに分けて植えてください。モロヘイヤ3号ポット2ポットセットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

果樹の苗/クコ(枸杞):ウルフベリー3号ポット3本セット

園芸ネット プラス

2,164

果樹の苗/クコ(枸杞):ウルフベリー3号ポット3本セット

★葉が少なかったり、黄色くなったりしている場合があります★クコは春の新芽、夏のピンクの花、秋の果実と目も舌も楽しい薬用花木です。古くから強壮薬として愛用され、漢方薬や中国の薬膳料理に利用されています。若芽は香りがあり、おかゆに入れて薬膳粥にしたり、おひたしにすると美味です。クコの葉を乾燥させ、煎じて服用すると高血圧症に効果があるといわれます。また最近では抗がん作用も注目されています。葉は夏に採取し、乾燥させてクコ茶に。紅色のきれいな果実は、果実酒にすると強壮剤に。ドライフルーツにした果実は、ヨーグルトや飲み物に入れても美味です。生育旺盛で育てやすい品種です。枝にはトゲがあります。タイプ:ナス科の耐寒性落葉低木栽培適地:東北地方以南の温暖な地域開花期:8〜10月収穫期:10〜11月樹高:1〜2m日照:日向むき栽培方法:古くから山野に自生し、また以前は田の畦などにも植えられていた低木なので、栽培は容易です。日当たりのよい場所に植えてください。アブラムシがつきやすいので注意してください。お届けする苗は3号(直径9cm)ポット入り、3本セットです。樹高はお届け時期により変わる場合がございます。また春以降などお届け時期により葉が少なかったり、葉が黄色くなったり茶色くなったりしている状態の場合がございます。品種特性上どうしてもそのような症状が出やすく、一度葉を落としてまた新たに葉がでてきますので、植え付けていただければ問題ございません。写真は成長時(結実時)のイメージです。クコ(枸杞):ウルフベリー3号ポット3本セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

ハーブの苗/レモンバーム3〜3.5号ポット6株セット

園芸ネット プラス

1,695

ハーブの苗/レモンバーム3〜3.5号ポット6株セット

★小さい苗となります★レモンに似た香りがあり、香りを生かしてティーやサラダ、ポプリ等に利用できます。また虫さされやすり傷には直接生の葉を貼ります。ミントの仲間で、初夏に小さくて白い花を咲かせ、根がよく広がり増えていきます。また種子からも簡単に栽培できます。タイプ:シソ科セイヨウヤマハッカ属の耐寒性多年草草丈:50cm開花期:6〜8月植付け時期:春または秋栽培方法:熱さにも寒さにも強いので栽培は容易です。よく日のあたる場所に株間30cmほどで定植してください。鉢植えの場合は5号鉢(直径15cm)位に1株が目安です。また、株分けにより殖やすこともできます。冬は地上部が枯れますが、春になるとまた新しい芽が出てきます。収穫・利用方法:葉が伸びてきたら随時摘み取って利用します。生の葉はドレッシングに混ぜたりソースの香り付けに。また、枝葉に発汗作用のある精油を含みますので、地際から刈り取りお風呂に入れるとレモンの香りでリラックスできお肌にも良いです。お届けする苗は、3〜3.5号(直径9〜10.5cm)ポット入りです。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。使用農薬(有効成分):マラソン 1回生産地:宮城県レモンバーム3〜3.5号ポット6株セットの栽培ガイド11月のハーブのお手入れ10月のハーブのお手入れ9月のハーブのお手入れ8月のハーブのお手入れ8月のハーブのお手入れ7月のハーブのお手入れ12月のハーブのお手入れ2月の野菜・ハーブ類のお手入れ3月のハーブのお手入れ4月のハーブのお手入れ5月のハーブのお手入れ6月のハーブのお手入れ苗類のお届け形態について

草花の苗/ベロニカ:レペンス サンシャイン2.5号ポット 6株セット

園芸ネット プラス

1,284

草花の苗/ベロニカ:レペンス サンシャイン2.5号ポット 6株セット

北ヨーロッパ原産の多年草、ベロニカ。山野草のルリトラノオの仲間です。レペンスサンシャインは草丈5cmほどで匍匐するように枝を伸ばし、葉は鮮やかなライムイエローで、やや青みがかった白い花を咲かせます。丈夫で育てやすく、伸びた枝がやや垂れるので、ハンギングバスケットやプランターでのカラーリーフとして重宝します。また、地植えするとマット状になるので、ロックガーデンのグランドカバーとしてもおすすめの品種です。関東以南の暖地では、戸外で冬越しできるくらいの耐寒性があります。学名:Veronica repens sunshineタイプ:ゴマノハグサ科の耐寒性常緑宿根草草丈:5cm、株張り30cm花期:3月〜5月日照:日向むき栽培方法:日当たりを好みますが、半日陰でも栽培できます。水はけがよく、肥沃な場所を好みます。水はけが悪いと枯れるので注意してください。植え場所をよく耕し、腐葉土をすきこんで植えつけます。夏の高温と多湿に弱いので、西日の当たるところは避け、乾燥気味に管理します。春先のアブラムシに注意し、薬剤などで防除してください。2.5号(直径7.5cm)ポット苗です。お届けの際は苗の状態です。ベロニカ:レペンス サンシャイン2.5号ポット 6株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

草花の苗/サントリナ:レモンフィズ2.5号ロングポット 6株セット

園芸ネット プラス

2,349

草花の苗/サントリナ:レモンフィズ2.5号ロングポット 6株セット

レモンフィズは、イエローリーフが美しい種。カラーリーフとして寄せ植えの花材に。さわやかな香りも楽しめますよ。サントリナは、和名はワタスギギク、通称コットンラベンダーですが、ラベンダーとは別品種です。全草が香り高く、空気をさわやかにするハーブとして古くから生垣や花壇に植えられてきました。枝は虫除けになるので乾燥させて棚やたんすの中にいれて利用します。花はドライフラワーにも適しています。写真は一例です。タイプキク科サントリナ属の耐寒性常緑低木草丈30〜50cm開花期春〜秋耐寒温度マイナス5度用途鉢植え日照日なた栽培方法:よく日のあたる場所で、水はけのよい土に植えてください。高温多湿に弱く、多湿では下葉が枯れ上がりやすいので注意が必要です。寒さには強いのですが、冬は根元をわらなどでマルチングしてください。外気がマイナス5度以下になる場所では冬は鉢植えにして室内に取り込むか、フレームかけをして保温します。花後に頭葉を刈り取り、春先に整姿します。サントリナ:レモンフィズ2.5号ロングポット 6株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について寄せ植え用スリム花苗(1)

草花の苗/ゆうびポーチュラカ:サマージョイディープローズ3.5号ポット2株セット

全5商品

686

草花の苗/ゆうびポーチュラカ:サマージョイディープローズ3.5号ポット2株セット

夏に強いポーチュラカの品種。ヨーロッパ、全米で認められた世界初の終日咲き品種です。サマージョイディープローズ(種苗登録第9533号)は超巨大輪一重咲き(約直径5〜7cm)で鮮赤紫色に濃赤色の目が入る花が夕方6時ごろまで開花し、炎天下でもたくさんの花をつける品種です。 ※ゆうびポーチュラカとは夏の花壇を彩る植物として、代表的な花です。高温、乾燥、病気にたいへん強く、春から秋まで たっぷりと咲き続けます。通常のポーチュラカは、午後3時ごろにはしぼみ始めるところ、ゆうびシリーズは夕方までたっぷりと咲き続けるという特徴があります。「ゆうび」という名前の由来は、育成者の名前「裕美」を音読したとのこと。アメリカでは、名前の珍しさもあり、街中に見受けられる大人気の花壇花になっています。※ジャパンフラワーセレクションとは、2006年4月からスタートした日本における統一的なお花の新品種のコンテストです。花き業界を代表する方々が、公正な視点で専門的に優秀な品種を選びます。「切花部門」「鉢物部門」「ガーデニング部門」から、季節ごとの審査会で入賞品種を選び、11月末には、「フラワー・オブ・ザ・イヤー(最優秀賞)」はじめ各賞を決定します。入賞品種は「JFS受賞マーク」が付与されます。このマークが付いている品種は優れた品種と推薦され、私たちが花や緑を購入する際によい品種を選ぶ目安となります。 ●ジャパンフラワーセレクション2007-2008 入賞学名: Portulaca oleracea 'Summer Joy Deep Rose'タイプ:スベリヒユ科スベリヒユ属の非耐寒性多年草草丈:10〜20cm開花期:春〜秋植え付け適期:5〜7月用途:花壇、庭植え、鉢植え、グランドカバー日照:日向栽培方法:高温、乾燥、病気に大変強く、春から秋まで長期間咲き続けます...

草花の苗/ヘデラ へリックス(アイビー):グレーシャー3号ポット2株セット

園芸ネット プラス

847

草花の苗/ヘデラ へリックス(アイビー):グレーシャー3号ポット2株セット

ヘデラ・ヘリックスは常緑性の庭園用アイビーで、カナリエンシスよりも葉が小さい品種です。グレーシャーは白斑アイビーの代表的な品種。性質は強健で庭園のグランドカバーに最適です。また、登はん性も高いので、壁面やトレリスに這わせることもできます。平面のほふく、壁面の吸着登はん、下垂とどんな面も覆うことができる便利な植物です。一年中緑を保ち、日向、半日陰のどちらでも栽培できます。耐寒性も高く、利用しやすい品種です。登はんさせる場合は、ナツヅタと混植すると生長が早くなります。学名:Hedera helix 'Glacier'タイプ:ウコギ科の耐寒性常緑ツル性木本栽培適地:北海道南部以南草丈:2〜30m日照:日向〜半日陰向き使い方(被覆タイプ):グランドカバー、下垂、登はん壁面緑化用に植栽される場合、1mあたり5〜10株が目安です。グランドカバーとして利用される場合、1平米当たり16〜44株を目安に植えてください。栽培方法:日向〜半日陰で栽培します。道路の照り返しが強い場所や西日が強く当たる場所では乾燥による生育障害にご注意ください。肥料は春と秋に各1回緩効性化成肥料を施しますが、多肥にしすぎないよう注意してください。お届けする苗は3号(直径9cm)ポット植え、2株セットです。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なることがありますので、ご了承ください。※写真はイメージです。ヘデラ へリックス(アイビー):グレーシャー3号ポット2株セットの栽培ガイド戸外に植えるツタ類苗類のお届け形態について

野菜の苗/トマト:秋トマト3号ポット12株セット

園芸ネット プラス

5,083

野菜の苗/トマト:秋トマト3号ポット12株セット

夏トマトよりあま〜い秋のミニトマト!秋の日照時間の短い季節でも開花・結実しやすい強健で甘みの強いミニトマトです。日照が短くなってもどんどん花が咲き、実が成ります。樹勢が強く、放任も良く成ります。わき芽を生かせば横に広がり収穫倍増。戸外の日当たりの良い場所で霜が降りるまで収穫できます。科名:ナス科植えつけ適期:北海道エリア:7月上旬〜8月東北 エリア:7月上旬〜8月中旬甲信越エリア:7月上旬〜8月下旬関東 エリア:7月上旬〜9月上旬中部・関西・中国・四国・九州エリア:7月上旬〜9月中旬中国・四国・九州エリア:7月上旬〜9月下旬沖縄 エリア:7月上旬〜10月上旬<植え付け>暑い時期の植え付けなので、根が張るまで水切れに注意してください。日当たりと風通しの良い場所が理想です。最初の肥料はトマト専用肥料を控えめに与えて、第3花房が開花しだしたら、直接根に当たらない場所に追肥をしてあげてください。<植え付け後の管理>収穫期間が短いので「わき芽」を2本程度残して3本仕立てにすると収穫量が増えます。実付きを良くする為に、実が成りだしてから2週間に1度、トマト専用肥料などを与えてください。水やりは控えめの方がより甘くなります。※植え付けから収穫までの期間、大きさなどは目安です。気候や栽培地域により変わることがあります。写真は成長時のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なることがありますので、ご了承ください。使用農薬(有効成分):オルトラン水和剤、モスピラン水溶剤、アファーム乳剤、ダコニール1000、トップジンM水和剤 各1回生産地:兵庫県トマト:秋トマト3号ポット12株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

ハーブの苗/ユーカリ:レモンユーカリ3号ポット2株セット

全2商品

634

ハーブの苗/ユーカリ:レモンユーカリ3号ポット2株セット

オーストラリア・クィーンズランド原産のフトモモ科の木本。葉に強いレモンの香りがあります。観葉樹として芳香を楽しみます。長い葉をもめばレモンの香りがし、乾燥させてポプリなどに使います。成長が早く、乾燥地でも良く育ち、良く繁りますので緑陰樹として植栽されています。暖地では20mくらいになる場合もあります。寒さにはあまり強くありませんので、霜が降りる場所では鉢植えにして冬は室内または南向きの軒下にとりこんでください。タイプ:フトモモ科ユーカリ属の非耐寒性常緑高木植え付け時期:10月〜5月中旬鑑賞時期:通年栽培方法:日当たりと水はけのよい場所に植え付けてください。乾燥地でもよく育ちますので、過湿には注意が必要ですが、木が若いうちは水切れに弱いので水切れをさせないようにしてください。植え替えは4月頃が適期です。冬は最低気温7〜8度を保ってください。5〜6月に挿し木で殖やすことができます。利用方法:葉を摘んで乾燥させ、ハーブティーやポプリにご利用ください。葉を水蒸気蒸留すると芳香性の精油が得られます(ユーカリ油)。これには清涼、防腐の作用があり、リューマチ、神経痛、皮膚病、炎症を和らげる効果があるといわれています。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なる場合がございます。樹高につきましては入荷時期により多少変動することがありますので、ご了承ください。写真は成長時のイメージです。★葉に斑入点が入っている場合がありますが、水不足の生理現象がでている場合があります。生育には問題ありません。使用農薬(有効成分):スピロテトラマト1回、ピメトロジン1回、イソサキチオン1回生産地: 宮城県ユーカリ:レモンユーカリ3号ポット2株セットの栽培ガイドユーカリ11月のハーブのお手入れ1...

草花の苗/ダンシングコレオプシス:チャチャチャ3.5号ポット2株セット

園芸ネット プラス

756

草花の苗/ダンシングコレオプシス:チャチャチャ3.5号ポット2株セット

今にも踊り出しそうな、ダンシングコレオプシス。すっと伸びた繊細な茎にかわいらしい花がダンスを踊るように咲き進みます。●ダンシングコレオプシスの特長・ブローチのようなかわいらしい花・風になびく自然な草姿・寄せ植えに合わせやすい草丈の高さ・切り戻して秋まで花を長く楽しめる学名:Coreopsis hybrid タイプ:キク科コレオプシス属の多年草開花期:初夏〜初冬用途:コンテナ、ハンギングバスケット、花壇日照:日なた栽培方法:日当たり、風通しのよい場所で育てます。 直接霜にあたらないように注意します。暑い時期は風通しのよい場所で管理し多湿にならないように注意します。用土の表面が乾きはじめたら、水を与えてください。多湿を嫌いますので用土が濡れているときは水やりを控えます。特に暑い時期の水やりは注意が必要です。排水のよい用土に緩効性肥料を入れて植え付けます。植え付け後約1ヶ月が過ぎたら、月1回の置肥もしくは週1回の液肥を与えてください。 花がらが目立ってきたら切り戻します。再びきれいに咲き始めて、晩秋まで花を長く楽しめます。お届けする苗は、3.5号(直径10.5cm)ポット入り、2株セットです。写真は成長・開花時のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですのでご了承ください。季節や天候より花色が変化します。ダンシングコレオプシス:チャチャチャ3.5号ポット2株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

野菜の苗/アスパラガス:メリーワシントン3号ポット 2株セット

園芸ネット プラス

494

野菜の苗/アスパラガス:メリーワシントン3号ポット 2株セット

アスパラは、家庭菜園で手軽に作れる強健な野菜です。緑色が濃く、穂先までしっかり締まり、かんたんな調理でおいしく食べられる品種です。収穫の楽しさは格別。そして、新鮮なものは味わい豊かです。 また、葉が美しいので花壇・切花でも楽しめます。タイプ:耐寒性宿根草植え時は3月下旬〜5月中旬と8〜11月収穫期:4〜9月日照:日向むき栽培方法宿根性で、一度植えれば10年ほどは年々株が成長し収量が増えます。食用のみでなく、緑の涼しげな葉はモスグリーンの霞のように美しく、花壇でも楽しめます。植え時は3月下旬〜5月中旬と8〜11月。根が深く伸びるので、耕土の深い場所をえらんでください。酸性土を嫌うので、定植前に苦土石灰を多めにまき、よく耕してください。日当たり・水はけの良い場所に、堆肥と化成肥料を多めに混ぜて深さ5〜10cmに植えます。株間は40cmほどあけてください。植え替え後、雑草・乾燥よけに株元に敷き藁をします。毎年春先に化成肥料や油粕を十分に追肥し、株を太らせます。5〜6月に出る若芽を根元から切り取りますが、苗が小さいうちは収穫を控えて株を太らせるようにします。収穫:3年目の春から、新芽が地上に15〜20cm出たところで根元から切りとって収穫します。株を育てるため、収穫は3年目で10日間、4年目で20日間、5年目以上で50〜60日間が目安で、それ以降に出る芽は葉として育てるようにします。7月に入ったら収穫は打ち切り、野菜用の肥料を根元に施します。収穫は、若芽を地際から2cmほど残して20〜30cmで切り取って収穫します。全ての茎を収穫するのではなく、翌年のために数本を残して株の養生につとめてください。害虫は少ないですが、まれにヨトウムシやネキリムシが発生することがあります。株分け、実生でふやすことができます...

草花の苗/アジュガ レプタンス:バーガンディグロー3号ポット2株セット

園芸ネット プラス

914

草花の苗/アジュガ レプタンス:バーガンディグロー3号ポット2株セット

アジュガは今や最もポピュラーなグランドカバー素材のひとつ。常緑で、日向から半日陰で元気に育ちます。耐寒性も強く、病虫害もないので、一度植えれば全く手間要らず。やせた土地でもどんどん増えるのも魅力です。そして、春には地面が覆われるほどたくさん花を咲かせます。バーガンディグローは白斑入りで中心部がきれいなブロンズ色。常緑のグランドカバーの中ではもっともカラフルな品種です。花は紫青色です。学名:Ajuga reptans 'Burgundy glow'タイプ:シソ科の耐寒性常緑宿根草植え付け最適期:9月〜5月開花期:4月草丈:10〜15cm、開花時15〜20cm用途:庭植え、花壇、鉢植え、ロックガーデン栽培方法:日向から半日陰に向きます。排水がよく、過湿や乾きすぎにならない場所なら土質は選びません。耐寒性も強く、丈夫に育ち、肥料も不要です。春に株分けで増やして下さい。写真は成長時のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があり表示の写真と異なる場合がございます。夏場の植え付けの場合は、根がつくまで十分に水遣りしてください。また、冬季は地上部の見栄えが悪いこともあります。グランドカバーとして植栽される場合、1平米あたり25〜40株が目安です。アジュガ レプタンス:バーガンディグロー3号ポット2株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

草花の苗/アルテルナンセラ:レッドフラッシュ3号ポット 2株セット

園芸ネット プラス

847

草花の苗/アルテルナンセラ:レッドフラッシュ3号ポット 2株セット

赤葉が美しい千日紅の仲間です。短日植物で秋に日が短くなると白く小さなポンポン花を咲かせ、葉色との対比がきれいです。クリスマスの寄せ植えにもぴったり。春から夏はカラーリーフとして寄せ植えや花壇でお楽しみください。多年草ですが寒さに弱く、霜にあたると枯れてしまうので、冬越しさせる場合は鉢植えにして冬季は室内の明るい場所などで管理してください。 タイプ:ヒユ科アルテルナンテラ属の非耐寒性多年草学名:Alternanthera dentata別名:赤葉センニチコウ開花期:10月〜2月 草丈:30〜60cm 日照:日向むき栽培方法:日当たりのよい場所を好みます。寒さに当たると地上部が枯れるので、冬に10度を下回る場所では室内の南向きの窓辺など明るい場所で管理してください。冬は水は控えめにします。冬を越すと夏にはグングン成長します。6月から9月上旬までピンチ(剪定)を繰り返すと草丈低めで10月頃から開花します。剪定することによりわき芽が増えてその芽の上に花が咲きます。肥料は春〜秋の生育期に月1回程度与えてください。短日植物なので、夜も明るいところでは花芽がつかないことがあるので注意してください。9cmポット入りです。※写真はイメージです。アルテルナンセラ:レッドフラッシュ3号ポット 2株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

ハーブの苗/サントリナ:グリーンサントリナ3号ポット2株セット

園芸ネット プラス

594

ハーブの苗/サントリナ:グリーンサントリナ3号ポット2株セット

和名はワタスギギク、通称コットンラベンダーですが、ラベンダーとは別品種です。全草が香り高く、空気をさわやかにするハーブとして古くから生垣や花壇に植えられてきました。枝は虫除けになるので乾燥させて棚やたんすの中にいれて利用します。花はドライフラワーにも適しています。グリーンサントリナは春から夏にかけて明るい黄色の花がたくさん咲きます。タイプ:耐寒性の常緑小低木植付け時期:春または秋開花時期:5月〜6月花色:黄色、オレンジ草丈:40cm栽培方法:よく日のあたる場所で、水はけのよい土に植えてください。株間は45〜60cmあけてください。春または秋に刈り込みます。寒さには強いのですが、冬は根元をわらなどでマルチングしてください。外気がマイナス15度以下になる場所では冬は鉢植えにして室内に取り込むか、フレームかけをして保温します。春か秋に挿木で殖やすことができます。写真は成長時のイメージです。お届け時点では苗ですので、ご了承くださいませ。お届け時には個体差があります。写真、サイズと異なることがありますので、ご了承ください。使用農薬(有効成分):ペルメトリン1回、MEP1回生産地:宮城県サントリナ:グリーンサントリナ3号ポット2株セットの栽培ガイド11月のハーブのお手入れ10月のハーブのお手入れ9月のハーブのお手入れ8月のハーブのお手入れ8月のハーブのお手入れ7月のハーブのお手入れ12月のハーブのお手入れ2月の野菜・ハーブ類のお手入れ3月のハーブのお手入れ4月のハーブのお手入れ5月のハーブのお手入れ6月のハーブのお手入れ苗類のお届け形態について

草花の苗/アジュガ:チョコレートチップ3号ポット4株セット

園芸ネット プラス

1,296

草花の苗/アジュガ:チョコレートチップ3号ポット4株セット

アジュガは最もポピュラーなグランドカバー素材のひとつ。常緑で、日向から半日陰で元気に育ちます。耐寒性も強く、病虫害もないので、一度植えれば全く手間要らず。やせた土地でもどんどん増えるのも魅力です。そして、春には地面が覆われるほどたくさん花を咲かせます。チョコレートチップは深みのあるチョコレート色の葉で草丈10cmほどのわい性種です。葉は春から夏は緑色が強く、寒くなるとチョコレート色が濃く出ます。花は濃い青色です。夏場の植え付けの場合は、根がつくまで十分に水遣りしてください。また、冬季は地上部の見栄えが悪いこともございます。グランドカバーとして植栽される場合、1平米あたり25〜40株が目安です。学名:Ajuga tenorii 'Chocolate Chip'タイプ:耐寒性宿根草植え時:9月〜5月開花期:4月草丈:10cm用途:庭植え、花壇、鉢植え、ロックガーデン栽培方法:日向から半日陰に向きます。排水がよく、過湿や乾きすぎにならない場所なら土質は選びません。耐寒性も強く、丈夫に育ち、肥料も不要です。春に株分けで増やして下さい。写真は開花時のイメージですが、お届け時は苗の状態です。アジュガ:チョコレートチップ3号ポット4株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

草花の苗/アジュガ レプタンス:チョコレートチップ3号ポット2株セット

園芸ネット プラス

648

草花の苗/アジュガ レプタンス:チョコレートチップ3号ポット2株セット

アジュガは最もポピュラーなグランドカバー素材のひとつ。常緑で、日向から半日陰で元気に育ちます。耐寒性も強く、病虫害もないので、一度植えれば全く手間要らず。やせた土地でもどんどん増えるのも魅力です。そして、春には地面が覆われるほどたくさん花を咲かせます。チョコレートチップは深みのあるチョコレート色の葉で草丈10cmほどのわい性種です。葉は春から夏は緑色が強く、寒くなるとチョコレート色が濃く出ます。花は濃い青色です。夏場の植え付けの場合は、根がつくまで十分に水遣りしてください。また、冬季は地上部の見栄えが悪いこともございます。グランドカバーとして植栽される場合、1平米あたり25〜40株が目安です。学名:Ajuga tenorii 'Chocolate Chip'タイプ:耐寒性宿根草植え時:9月〜5月開花期:4月草丈:10cm用途:庭植え、花壇、鉢植え、ロックガーデン栽培方法:日向から半日陰に向きます。排水がよく、過湿や乾きすぎにならない場所なら土質は選びません。耐寒性も強く、丈夫に育ち、肥料も不要です。春に株分けで増やして下さい。写真は開花時のイメージですが、お届け時は苗の状態です。アジュガ レプタンス:チョコレートチップ3号ポット2株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

ハーブの苗/ラベンダー(ラバンディン系):グロッソ3号ポット12株セット

園芸ネット プラス

4,151

ハーブの苗/ラベンダー(ラバンディン系):グロッソ3号ポット12株セット

グロッソは交配種のラバンジンラベンダーの一種です。花つきがよく、ガクや苞葉ともに紫味を帯びるので花穂全体が紫色になり、ボリュームのある美しいタイプです。花穂が長く、強く甘い香りがあります。香料用の主力品種です。株は大株に育ちやや横に広がります。耐暑性が強く、暖地にもおすすめです。学名:Lavandula x intermedia 'Grosso'タイプ:シソ科ラバンデュラ属の耐寒性宿根草草丈:40cm開花期:7〜8月用途;鉢植え、花壇日照:日向むき栽培方法:日当たり、水はけのよい冷涼な場所を好みます。多湿に弱いので、なるべく水はけ良く育ててください。平地なら土盛りをするとよいでしょう。肥料は控えめに、特に窒素分が多いと枯れるのでご注意ください。耐暑性、耐病性がつよく、高温多湿の日本の夏にもよく耐え、初めての方にも育てやすい品種です。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なることがありますので、ご了承ください。★小さい苗となります★使用農薬(有効成分):ペルメトリン1回、ニテンピラム1回、マラソン1回生産地:宮城県ラベンダー(ラバンディン系):グロッソ3号ポット12株セットの栽培ガイド野菜栽培のコンパニオンプランツハーブのお風呂ティ用のハーブハーブの横顔 〜ラベンダー〜ラベンダーの剪定方法苗類のお届け形態についてラベンダースティック(バンドルズ)の作り方

草花の苗/トケイソウ:アメジスト3号ポット 2株セット

園芸ネット プラス

1,178

草花の苗/トケイソウ:アメジスト3号ポット 2株セット

トケイソウ(パッションフラワー)はブラジル原産のつる性宿根草です。花の形が時計の文字盤のように見えることから名づけられました。たいへん品種が豊富で、さまざまな色合いの美しい花を咲かせるため、園芸種としても交配が盛んです。生育旺盛で、巻きひげでフェンスなどにからみつきます。大きな花が長期間にわたって咲き続け、花形の面白さが魅力です。この品種は観賞用なので、実を食用(パッションフルーツ)にはできません。タイプ:トケイソウ科の半耐寒性半常緑性宿根草(つる性) 耐寒温度:−5度開花期:5〜11月花径:9〜11cm栽培方法 : よく日のあたる場所を好みます。冬季にマイナス3度以下にならない場所では地植えできます。それ以外は鉢植えにして、春から秋は戸外で、冬季は明るい室内で育ててください。つる性なので、アーチやトレリス、鉢植えの場合はあんどん仕立てなどにして、つるをからませ、ビニールタイなどで止めてください。こまめに誘引するとつるがうまく登っていきます。水切れに注意して育ててください。鉢植えの場合は特に夏場は乾かさないように管理します。春から秋は2ヶ月に1回根元に緩効性肥料を置き肥します。室内で冬越しさせる場合は冬季も枝が伸びますので、10日に1回程度液肥を施してください。新しいつるに花芽をつけるので、開花がひと段落したらつるを浅く切り戻してください。わき芽が伸びて花が増えます。毎年2月に、余分なつるや弱ったつるを剪定し、元気の良いつるを60〜90センチ残します。晩秋以降は霜害を避けるため、根元を敷き藁で保護してください。ハダニ、アブラムシ、カイガラムシがつくことがありますので、薬剤などで早めに駆除してください。挿し木で殖やせます。春先に混みすぎた枝などを切り戻します。暖かい場所では冬も葉が茂り、目隠しや日覆いとしては最適です...

草花の苗/エボルブルス:ブルーコーラル3号ポット2株セット

全2商品

868

草花の苗/エボルブルス:ブルーコーラル3号ポット2株セット

花がたくさん咲くアメリカンブルー、「ブルーコーラル」です。従来種のアメリカンブルーの枝変わりを固定させた品種です。立ち性でとても株張りがよく、花数も多く、育成も旺盛です。横に枝を伸ばしながら、初夏から秋までたくさんの花を咲かせます。タイプ:ヒルガオ科エボルブルス属の非耐寒性宿根草開花時期:4月〜10月草丈:10〜30cm用途:花壇、鉢植え、ハンギング、グランドカバー栽培方法:耐寒性は弱く、耐暑性はあります。日照りを好み、夏の間はよく生育して、ほふく枝を伸ばしながら各葉液に花をつけます。乾燥にも強いのですが、生育中は土が乾いたらたっぷりと水を与え、月に1回ぐらい固形肥料を施します。鉢植えは、芽吹きがよいので、刈り込んで形を整えるといいでしょう。挿し芽でふやします。気温の高い夏は容易に発根します。冬になると生育はほとんど止まり、半休眠状態で葉色も悪くなります。凍らせないように注意し、暖かい窓辺や陽だまりで育て、多湿にならないように水やりの回数を減らします。病害虫はほとんど見られないでしょう。お届けする苗は3号(直径9cm)ポット植えです。写真は開花時のイメージです。エボルブルス:ブルーコーラル3号ポット2株セットの栽培ガイドジャパンフラワーセレクション(JFS)苗類のお届け形態について

草花の苗/ダイカンドラ:シルバーフォール3号ポット2株セット

園芸ネット プラス

686

草花の苗/ダイカンドラ:シルバーフォール3号ポット2株セット

グランドカバープランツとして人気のダイコンドラ(ディコンドラ)。ほふく茎を長く伸ばし、かわいいハート型の葉がよく茂ります。この品種は葉が美しいシルバーのタイプです。日陰での栽培に適し、吊り鉢仕立てにすると美しくつるが垂れ下がります。寄せ植えの素材として、あるいは観葉植物と同様に室内でお楽しみいただけます。タイプ:ヒルガオ科の常緑耐寒性多年草草丈:3〜5cm(這性)栽培適地:関東地方以南日照:半日陰むき栽培方法:耐陰性、耐湿性が高く、やせ地でも栽培しやすい品種です。芝生の生えにくいじめじめした半日陰の場所などのグランドカバーとして、あるいはお届け時の状態のまま、吊り鉢でも栽培できます。春から秋の生育中は2週間に1回程度液肥を規定倍率に薄めて与えてください。挿し芽、株分けで殖やすことができます。お届けする苗は3号(直径9cm)ポット植えです。写真は成長時の姿ですが、お届け時はまだ苗です。戸外での栽培は関東地方以南で。寒冷地では室内で栽培してください。※写真はイメージですダイカンドラ:シルバーフォール3号ポット2株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

人気の花・ガーデニング用品のニラの苗、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵な庭を演出する花・ガーデニング用品。ガーデニングが素敵になるニラの苗が見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい花・ガーデニング用品が充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「ニラの苗」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ