「ツバキ」 の検索結果 278件

後藤 接ぎ木ハサミ PRO 871033【ポイント10倍】

全14商品

3,462

後藤 接ぎ木ハサミ PRO 871033【ポイント10倍】

【特長】接ぎ木とは、果樹や花木の成長に欠かせない繁殖方法です。近縁の植物に接合癒着させることで、より生育を旺盛にし病害虫にかからないようにすることができます。このように、果樹や花木の成長、病気・害虫の防止のためにも欠かせない「接ぎ木」をご家庭で簡単に作業ができる業務用のハサミです。接ぎ木しやすい形状に切ることで、しっかりとはめ込めるようになります。刃は細い枝用・中太の枝用・太い枝用の3種類付属しています。枝・茎太さが3〜8mmまで対応しており、ウメ、ツバキ、サクラやミカン、リンゴ、ブドウなどに使え、これ以外でも幅広く花木や果樹の接ぎ木ができます。ハサミも装着していますので、剪定鋏としても使用できます。穂木と台木を接合する時は、必ず市販の接ぎ木テープを使用して固定してください。【仕様】●サイズ:約幅12(収納時9)×長さ21.5×厚み4cm●重量:約315g●材質:ナイロン、PVC 、炭素鋼、他 、刃:合金工具鋼●枝・茎の対応サイズ:直径約3〜8mm●付属品:替え刃3枚(細い枝用・太い枝用・中太の枝用●付属品:替え刃3枚(細い枝用・太い枝用・中太の枝用)●生産国:中国●パッケージサイズ:15×28×5cm 380g【送料について】北海道、沖縄、離島は別途送料を頂きます。

ワビスケ・侘助 樹高40cm前後☆ポット苗♪人気のツバキ・椿

Amazon

1,620

ワビスケ・侘助 樹高40cm前後☆ポット苗♪人気のツバキ・椿

ワビスケ(侘助) ツバキ科 常緑高木 商品説明 花が開ききらず筒状にとどまるものがワビスケ系のツバキの特徴です。 ☆コチョウワビ☆ ツバキの品種は多く、 この品種は赤花に白色の絞りが入った小さな花を咲かせます。 和風庭園や茶庭に向きます。 極小輪・一重・猪口咲き。開花は3~4月 ☆シロワビスケ(白侘助)☆ 茶道にもよく使われていてとても美しい高貴な花です。 極小輪~小輪・一重・猪口咲き。開花は11~3月。 ポット苗ですので鉢植えにされても良いでしょう☆ ※お届けします商品は コチョウワビ・シロワビのどちらかになりますのでご了承下さい。 花・実期 紅葉時期 【花期】 上記参考 【実期】 ------ 【紅葉】 ------ 適地・管理 植え付けが最適なのは8月~11月と2月~入梅まで。 植え付け用土は水はけの良い、肥沃な土壌に植え込みます。 日当たりと風通しの良い場所を好みますが、少々日陰でも良く育ちます。 ■剪定■ 放任して育てたほうが花がよく咲きます。 強い剪定はあまりおすすめできません。 ■消毒■ 初夏のもち病はダコニールを用いて駆除し、 チャドクガは捕殺するか殺虫剤で駆除します。 病害虫が発生したらそのつど消毒を定期的に散布して下さい。 用途 庭木・花木・シンボルツリー

(山野草/盆栽)ツバキ(椿)(品種おまかせ) 3号(お買い得3ポットセット)

charm 楽天市場店

1,600

(山野草/盆栽)ツバキ(椿)(品種おまかせ) 3号(お買い得3ポットセット)

※画像はイメージです。お届けはビニールポット苗となります。とても丈夫な日本を代表する花木! 古くから庭木として親しまれている日本を代表する花木のひとつです。数多くの園芸品種が作出され、世界には200種類以上が存在します。名前の由来は、「艶葉木(つやばき)」が転じて「つばき」となったと考えられています。主な開花期は10月〜4月頃。常緑広葉樹。ツバキ(品種おまかせ) 3号(お買い得3ポットセット)セット内容ツバキ(品種おまかせ) 3号ポット × 3商品サイズ(約)●鉢(ポット)径 : 9cm※入荷状況や、生長度合いにより高さは異なります。画像はあくまでも目安としてご覧下さい。鉢の種類プラスチック鉢置き場所日当りの良い明るい場所で育てます。水やり鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。肥料花後から秋にかけて、緩効性の固形肥料を施します。剪定花後の3月〜4月初旬が適期です。6月〜7月頃から花芽が作られ、多くのツバキは9月頃までには花芽が出来ます。ご注意※画像はイメージです。 ※入荷状況により鉢(ポット)の形状及び色が異なる場合もございます。予めご了承下さいませ。※お届け品種は入荷状況により異なります。複数個ご注文の場合、在庫状況により品種が重複する場合もございます。予めご了承下さいませ。 ※お届け時期により、花の有無は異なります。苗木の配送について冬期の配送について冬期は配送時に植物が凍ってしまう恐れがあるため、北海道および積雪が予想される寒冷地域には配送できない可能性がございます。予めご了承ください。ガーデニングの用語一覧葉水(はみず)⇒霧吹きで、葉に水を吹きかけること。空中湿度を保ったり、葉の温度を下げる、などの目的で行います。短日処理(たんじつしょり)⇒暗期が一定時間より長くなると開花が促進される植物(短日植物)に...

ショップオブザイヤー
■ 殺虫剤 ■収穫前日まで使える!ベニカグリーンVスプレー1000ml

ペットエコ&ザガーデン楽天市場店

1,200

■ 殺虫剤 ■収穫前日まで使える!ベニカグリーンVスプレー1000ml

トマト、キュウリ、ナス、イチゴなどにも使える!収穫前日まで散布が可能です。害虫には速効性の殺虫成分ですばやく退治!病気には浸透移行する殺菌成分で予防と治療に効果があります。 逆さ散布可能! ■送料区分:A1 (送料表はこちら) ■ お届け予定 お届けは、ご注文を頂いてから3日後以降になります。離島など一部お届けできない地域があります。 ■ 備 考 殺虫剤 農林水産省登録第22009号 有効成分: フェンプロパトリン・ミクロブタニル・スプレー付容器入。そのままスプレー。 ・登録のある植物:トマト、キュウリ、ナス、イチゴ、バラ、キク、ハボタン、マリーゴールド、カーネーション、花卉類・観葉植物、ヤブツバキ、ツバキ類、ツツジ類、サクラ ・効果のある害虫・病気: [害虫]アブラムシ類、コナジラミ類、ハダニ類、チュウレンジハバチ、アオムシ、ハスモンヨトウ、チャドクガ、ツノロウムシ、ツツジグンバイ、アメリカシロヒトリ [病気]葉かび病、うどんこ病、黒星病、白さび病 *実際に、商品を使用する際は、必ず商品に書いてある説明を よく読んで、記載内容に従ってご使用ください。 お子様の手の届かない所へ保管して下さい。▲その他の殺虫・殺菌・除草剤はこちらから トマト、キュウリ、ナス、イチゴなどにも使える!収穫前日まで散布が可能です。害虫には速効性の殺虫成分ですばやく退治!病気には浸透移行する殺菌成分で予防と治療に効果があります。 逆さ散布可能!

送料無料
【送料無料】ヤブ北茶(お茶の木)樹高0.5m前後【20本組】ポット苗木(緑茶苗木)ヤブキタチャ【あす楽対応_九州】

ガーデンタウン

19,008

【送料無料】ヤブ北茶(お茶の木)樹高0.5m前後【20本組】ポット苗木(緑茶苗木)ヤブキタチャ【あす楽対応_九州】

お茶の木 品種:やぶきたちゃ(緑茶苗木) ツバキ科 ツバキ属 常緑低木 商品説明 早生種で成葉はだ円形で緑が濃い緑葉です。新芽は大きさは中葉色は緑色でさえがあり,葉質は柔らかい。耐寒性が強く芽数型で,収量は‘さえみどり’と同じくらい収穫出来ます。煎茶品質も良く、緑色で香気は‘あさつゆ’に近い芳香です。滋味は渋みが少なくうま味があるとされています。日本茶は欧米でも人気があり、花のない時期に美しい花を咲かせます。お茶の木は世界中で愛されている花木とも言えます。冬場に咲く花はとても可憐です。花は切花でも楽しめ、茶花や一輪挿しにも使えます。お茶の木なので、葉っぱを利用してお茶も作れますが、庭園樹として観賞用にも利用できます。お茶にして飲まなくても、晩秋に咲くツバキに似た白い花だけでも見ごたえがあります。鉢植えでも楽しむことができ、土質も特に選ばないので誰でも簡単に楽しめます。和風なイメージもありますが、洋風のガーデンにもよく合いますよ! 花・実期 紅葉時期 【花期】9月〜11月【実期】5月頃〜【紅葉】-------- 適地・管理 国内で茶の栽培は秋田県まで行われて、おります。寒冷な山間部でなければ、多くの地域でお茶の自家栽培を楽しむことができます。鑑賞用ではなく、飲料用として生育と高品質の茶を生産するために、茶樹にとって毎日少なくとも5時間の日照時間と年平均1,500〜2,000ミリの雨量がある温暖な気候と平均的な温度を必要とするそうです。また、降雨量と併せて、排水の良好な事も重要です。 用途 庭木・切り花・鉢植えなどに!

サザンカ/タチカン赤花 樹高2.5m前後 常緑高木 露地 シンボルツリー 【木曜日発送】

ガーデンタウン

19,440

サザンカ/タチカン赤花 樹高2.5m前後 常緑高木 露地 シンボルツリー 【木曜日発送】

サザンカ・タチカン赤花 ツバキ科 ツバキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 花 ● ● ● ● ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● ● 消毒 ● ● ● ● ● 剪定 ● ● ● 栽培適地 東北南部以南 植栽適期 3〜4月・9〜10月 開花時期 10〜3月 施肥時期 1〜2月・6〜7月 果実熟期 無し 最終樹高 8m 花 色 つつじ色・赤紫色 用 途 生垣樹木・庭木・シンボルツリー・花木 樹木の特徴 ☆冬の庭を鮮やかに彩ります☆ 生垣におすすめ!! サザンカはその年に伸びた枝の先端近くに花芽をつけます。花の少ない晩秋〜冬に花をつける貴重な樹種です。 古くから日本人に親しまれてきたサザンカは、今ではおよそ300種類もの品種が作り出されています。 日向を好みますが、日陰でも育つ事ができます。(日陰の場合は、花付きが良くありません。) 耐寒性があまりないので、冬の乾いた風には当たらないようにし、冬には防寒対策を施してあげてください。 刈り込みにも強く生垣に最適です。木の成長を促したい場合は、つぼみが発生したら出来るだけ早く摘み取ります。放任しても比較的に樹形が整います。 開花後は花が落ちますので、掃除が必要になります。

【美しい幹が魅力】ヒメシャラ 株立ち!樹高2.5m前後【木曜日発送】

ガーデンタウン

24,624

【美しい幹が魅力】ヒメシャラ 株立ち!樹高2.5m前後【木曜日発送】

シャラノキ(ナツツバキ)ツバキ科 ナツツバキ属 落葉高木________________________________________________________________________________________________________________________梅雨時に咲く花は涼味満点。しっとりとした風情は洋風の庭にもよく似合う。梅雨の頃に、花径5〜7cm、白色一重の清楚な花を咲かせます。花は短命な一日花で、淡い緑の葉、灰褐色の樹皮も美しく、秋の紅葉も味わいがあります。四季の移ろいに敏感で侘び寂びの趣を重んじる日本人にぴったりの花木と言えるでしょう。【特徴】樹皮は滑らかで光沢があり、幹がとても美しく有名な樹木です。シャラノキ日本三大美幹の1種で、秋には美しく紅葉します。洋風にも和風にも良く合います。おすすめ品種・ヒメシャラナツツバキの近品種で高木ですが、葉も花も小さく幹肌が赤みを帯びて美しい品種です。植え付け落葉樹なので2〜3月上旬、11〜12月が適期です。基本的に真夏を除いて年中植えつけが可能です。日当たりが良い場所を好みます。植え穴は大きめに掘り、植え穴底に堆肥か腐葉土を多めに入れて少し高めに植えつけます。剪定・管理シャラやヒメシャラは大きくなるので、剪定は欠かせません。大きくなってから強く切り詰めると枯れ込みが生じるので、小さいうちから伸びを抑えていくようにします。枝は途中で切り詰めることは避け、必ず付け根で切り取ります。自然樹形を損なわないように不要な枝を抜いていくことが基本です。少し太めの切り口は保護材を塗って枯れ込みを防ぐのも大切です。【肥料】普通の土質であれば施肥の必要はありませんが、痩せ地で生育が思わしくないようなら、2月と8月下旬に油粕と骨粉を根元に施します...

モッコク樹高1.5m 花と果実も楽しめる常緑樹【あす楽対応_九州】

ガーデンタウン

8,640

モッコク樹高1.5m 花と果実も楽しめる常緑樹【あす楽対応_九州】

モッコク(別名:ポッポユス) ツバキ科 モツコク属 常緑高木________________________________________________________________________________________________________________________美し い照り葉と秋の果実が見事!庭木の王様と呼ばれてきた名木。モッコクは庭木の王と呼ばれてきた名木で樹齢を経るにつれ品格がまします。昔はモチノキ、モクセイと共に庭 づくりに欠かせない樹種のひとつでした。へら状の葉は光沢のある厚革質で枝先に輪正状の互生し、秋の果実も鑑賞の価値の高いです。日本庭園で見かける仕立て樹形のイメージが強いですが、 仕立て次第では洋風のお庭にもよくマッチします。また、剪定にも強く、よく芽吹くので狭い場所でも十分に生育します。潮風にも耐え、また大気汚染に強いのも長所です。やや寒さに弱い樹種です が、関東地方以西なら問題なく育ちます。植え付け4〜5月中旬くらいまでが適期。真夏を除いては年中植えつけが可能。風通しと日当たりがよく、水はけがよい場所を好み ます。植え穴は大きめに掘り、腐葉土をよく混ぜて植え付けます。植え付けの際には根鉢を崩さないように気をつけます。植え付け後は必要に応じて支柱を取り付けます。 剪定・管理剪定は6月下旬〜7月と12月に行います。丁寧に行う場合は輪生する小枝を間引き、残した枝も1枚ずつ切り詰めていきますが刈り込みの可能です。肥料は2月と8月下旬に 油粕と粒状化成肥料を等量ずつ混ぜたものを施します。病害虫風通しが悪いとカイガラムシ、夏〜秋にハマキムシ、またすす病が見られる場合があるので的確に駆除します。 ________________________________________________...

ナツツバキ単木!樹高2.5m前後【美しい幹が魅力】【シャラノキ/夏椿】【木曜日発送】

ガーデンタウン

19,440

ナツツバキ単木!樹高2.5m前後【美しい幹が魅力】【シャラノキ/夏椿】【木曜日発送】

シャラノキ(ナツツバキ)ツバキ科 ナツツバキ属 落葉高木________________________________________________________________________________________________________________________梅雨時に咲く花は涼味満点。しっとりとした風情は洋風の庭にもよく似合う。梅雨の頃に、花径5〜7cm、白色一重の清楚な花を咲かせます。花は短命な一日花で、淡い緑の葉、灰褐色の樹皮も美しく、秋の紅葉も味わいがあります。四季の移ろいに敏感で侘び寂びの趣を重んじる日本人にぴったりの花木と言えるでしょう。【特徴】樹皮は滑らかで光沢があり、幹がとても美しく有名な樹木です。シャラノキ日本三大美幹の1種で、秋には美しく紅葉します。洋風にも和風にも良く合います。おすすめ品種・ヒメシャラナツツバキの近品種で高木ですが、葉も花も小さく幹肌が赤みを帯びて美しい品種です。植え付け落葉樹なので2〜3月上旬、11〜12月が適期です。基本的に真夏を除いて年中植えつけが可能です。日当たりが良い場所を好みます。植え穴は大きめに掘り、植え穴底に堆肥か腐葉土を多めに入れて少し高めに植えつけます。剪定・管理シャラやヒメシャラは大きくなるので、剪定は欠かせません。大きくなってから強く切り詰めると枯れ込みが生じるので、小さいうちから伸びを抑えていくようにします。枝は途中で切り詰めることは避け、必ず付け根で切り取ります。自然樹形を損なわないように不要な枝を抜いていくことが基本です。少し太めの切り口は保護材を塗って枯れ込みを防ぐのも大切です。【肥料】普通の土質であれば施肥の必要はありませんが、痩せ地で生育が思わしくないようなら、2月と8月下旬に油粕と骨粉を根元に施します...

【送料無料】ヒサカキ樹高0.3m前後 50本セット【あす楽対応_九州】

ガーデンタウン

24,300

【送料無料】ヒサカキ樹高0.3m前後 50本セット【あす楽対応_九州】

ヒサカキ(イチサカキ/ヒサギ)ツバキ科 ヒサカキ属 常緑高木________________________________________________________________________________________________________________________日陰に強く、枝葉が密に繁り刈り込みに耐える重宝な木樹勢が強く日陰にも強く、細かい枝葉を密生し、また強い刈り込みにも耐えます。萌芽力が強いため、庭木として使いやすい樹木です。葉は緑色で光沢があります。4月頃に白〜黄色の小さな花を咲かせ、同じ近種のハマヒサカキ同様、秋から冬にかけて種が黒紫色に熟します。葉は昔から切枝として今でも神棚にお供えされています。サカキ類のホンサカキも同じく神棚に供えられる縁起木として有名です。植え付け植え付けは、暖かくなった4〜5月頃までが適期。真夏の植栽は避けましょう。土質はあまり選びませんが肥沃で適湿な場所が望ましいです。植え穴には堆肥を入れ、土とよく混ぜて高めに植え付けします。整枝・剪定強い刈り込みにも耐えます。刈り込みは6月下旬〜7月および12月に行います。四季の管理油粕と粒状化成肥料を等量に混ぜ合わせたものを2月と9月に施します。病害虫風通しが悪いとカイガラムシがよく発生します。カダンK液などの殺虫剤を2〜3回散布して駆除します。________________________________________________________________________________________________________________________栽培適地:沖縄〜東北中部以南花期:4月果実:6〜7月果実熟期:10〜12月樹高:3〜6m用途:切花、添景樹、生垣◇ガーデンタウン◇

椿(ツバキ)プリンセスマサコ 5号

千草園芸

1,620

椿(ツバキ)プリンセスマサコ 5号

写真は16年1月19日。木の状態は季節により変化いたします。161cツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。 幼虫は脱皮を繰り返すので...

椿(ツバキ)プリンセスマサコ 6号

千草園芸

2,160

椿(ツバキ)プリンセスマサコ 6号

写真は見本品です。 写真は16年10月28日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1610e-u 送料はLサイズです。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず...

西洋椿(セイヨウツバキ) エキクストラギガンザ 5号苗

千草園芸

1,512

西洋椿(セイヨウツバキ) エキクストラギガンザ 5号苗

写真は見本品です。 写真は17年2月24日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。172e-uツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。...

椿(ツバキ)かぎろひ 5号

千草園芸

3,240

椿(ツバキ)かぎろひ 5号

※写真は見本品です。 写真は17年2月28日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 172e-uツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります...

椿(ツバキ)マーガレットデイビス 5号

千草園芸

2,700

椿(ツバキ)マーガレットデイビス 5号

写真は17年2月24日。木の状態は季節により変化いたします。172eツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。 幼虫は脱皮を繰り返すので...

椿(ツバキ)トムタム 5号

千草園芸

2,700

椿(ツバキ)トムタム 5号

写真は17年2月21日。木の状態は季節により変化いたします。172dツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。 幼虫は脱皮を繰り返すので...

椿(ツバキ) タマアメリカーナ 5号

千草園芸

2,754

椿(ツバキ) タマアメリカーナ 5号

写真は見本品です。 写真は17年2月4日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 172a-uツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。...

椿(ツバキ) 羽衣(ハゴロモ) 5号

千草園芸

2,592

椿(ツバキ) 羽衣(ハゴロモ) 5号

写真は17年2月4日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 172a-u ■ツバキ"羽衣" 15枚ほどの対樋状弁が4.5重に重なり、上半部が外方にゆるく反曲し、弁間に透き間ができて美しい蓮華咲きととなり、最も人気の高い名花のひとつです。 ツバキは常緑ですが、花後の春には古い葉を落とします。木の葉は病気のように見えます。 ある種の菌に犯されているわけですが、落葉する葉を雑菌から守る必要が無くなったとも考えられます。落葉後は新芽が出て綺麗になります。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また...

椿(ツバキ)マーガレットデイビス 4号

千草園芸

1,998

椿(ツバキ)マーガレットデイビス 4号

写真は17年2月21日。木の状態は季節により変化いたします。172dツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。 幼虫は脱皮を繰り返すので...

椿(ツバキ) 吾妻絞(アズマシボリ)

千草園芸

3,240

椿(ツバキ) 吾妻絞(アズマシボリ)

※写真は見本品です。 写真は17年3月17日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 173d-u 送料はL−1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。...

【現品】椿(ツバキ)黒椿(クロツバキ)2.1m 31664 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

30,240

【現品】椿(ツバキ)黒椿(クロツバキ)2.1m 31664 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 一枚目・二枚目の写真は17年4月24日に撮影。 三枚目・四枚目の写真は17年3月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 174d-u 送料はL−3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもありま...

椿(ツバキ)春の台(ハルノウテナ) 6号苗

千草園芸

2,700

椿(ツバキ)春の台(ハルノウテナ) 6号苗

※写真は見本品です。 写真は17年3月31日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 173e-u 花期:4月ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので...

椿(ツバキ) 隠れ磯 (カクレイソ) 5号

千草園芸

2,754

椿(ツバキ) 隠れ磯 (カクレイソ) 5号

写真の商品をお送りします。 写真は17年2月4日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 172a-u 送料はmサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:11月〜2月 ■ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。...

椿(ツバキ)貴婦人(キフジン) 4号

千草園芸

1,836

椿(ツバキ)貴婦人(キフジン) 4号

写真は17年2月21日。木の状態は季節により変化いたします。172dツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。 幼虫は脱皮を繰り返すので...

椿(ツバキ)五色八重散椿(ゴシキヤエチリツバキ)5号苗

千草園芸

2,700

椿(ツバキ)五色八重散椿(ゴシキヤエチリツバキ)5号苗

写真は17年2月4日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 172a-u五色八重散椿 学名: Camellia japonica 'Goshiki-yae-chiritsubaki' 開花期: 3月中旬〜4月 淡い紅色、薄い桃色に赤の絞り、桃色一色などに咲き分ける八重咲き中〜大輪咲き。 通常、椿は、花が丸ごと地面に落ちるのですが、花弁が離れやすく落ちるとばらばらに散る椿です。 花は抱え性の八重で、花色は白地に濃いピンクの立て絞りが基本色ですが、ある程度の大きさになると白、紅色、桃色等に咲き分けます。 安土桃山時代、朝鮮に出兵した加藤清正が蔚山城(うるさんじょう)から持ち帰ったとされています。 椿の花は首からボトリと落ちる花とされ、昔、武士は首が落ちるので縁起が悪いとして、屋敷にツバキを植えなかったそうです。 ぱらぱら散るチリツバキが珍重され、武家も好んでこれを植えるようになったことがあったそうです。 京都の椿寺・地蔵院、旧家・奥村邸等の五色八重散椿は有名です。 京都地蔵院の五色八重散椿 京都の街中の駐車場に車を止め、カーナビのさしていた方に向かうとそのお寺はすぐに見つかりました。 前から後ろまで見通せる小さいお寺にそれらしい椿は表からでも見渡せます。 門をくぐると目いっぱいに枝を張った椿がありました。 加藤清正が朝鮮出兵の際に持ち帰り、豊臣秀吉に献上し、北野大茶会で当寺に寄進された銘椿であったが、惜しくも昭和58年に枯死し、現在は樹齢120年ほどの二代目。 この寺は、729年、聖武天皇の勅願により、行基が摂津国に創建した「地蔵院」がはじまりと伝わる。 平安時代、衣笠山南麓に移され七堂伽藍が整備された。 明徳の乱(内野合戦)の兵火で伽藍を焼失したが、足利義満が金閣寺建立の余財で再建した。 その後...

【現品】椿(ツバキ) マリーホープテイラー 1.8m 30651

全3商品

7,560

【現品】椿(ツバキ) マリーホープテイラー 1.8m 30651

※写真の商品を御送りします。 写真は17年3月3日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 172a-u 送料はL−3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) この商品はヤマト便での配達となります。 宅配便ではなく普通便扱いになりますので、 指定日の指定はできますが、お届け時間帯指定ができません。 鉢に仮植えしていますが、根巻きの状態でお届けいたします。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫...

椿(ツバキ)紅都鳥(ベニミヤコドリ) 4号苗

千草園芸

1,242

椿(ツバキ)紅都鳥(ベニミヤコドリ) 4号苗

写真は17年2月21日。木の状態は季節により変化いたします。172dツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。 幼虫は脱皮を繰り返すので...

椿(ツバキ)黄の御前(キノゴゼン) 5号(g9)

千草園芸

2,160

椿(ツバキ)黄の御前(キノゴゼン) 5号(g9)

写真は見本品です。 写真は16年10月25日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1610e-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ■御前の雪に金花茶を交配させた品種です、小輪咲き、淡黄色で一重の花を咲かせます。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉...

椿(ツバキ)春の台(ハルノウテナ) 4号苗

千草園芸

1,458

椿(ツバキ)春の台(ハルノウテナ) 4号苗

※写真は見本品です。 写真は17年3月31日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 173e-u 花期:4月ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので...

椿(ツバキ) 太神楽(ダイカグラ)4.5号

千草園芸

1,458

椿(ツバキ) 太神楽(ダイカグラ)4.5号

写真は16年10月18日。木の状態は季節により変化いたします。1610d ※各1袋ずつでしたら、同じ送料で同梱できます。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず...

西洋椿(セイヨウツバキ)ブラックマジック 5号苗

千草園芸

3,024

西洋椿(セイヨウツバキ)ブラックマジック 5号苗

17年3月16日に撮影しました。植物の状態は季節により変化いたします。173c 用途:地植え、鉢植え 開花:10月〜5月 植え場所:日当たりのよい、やや湿り気のある軽い土壌を好みます。過湿はよくありません。 水遣り:鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら、与えます。 庭植えの場合は、ひどく乾燥しない限り不要です。 肥料:開花後のお礼肥に緩効性肥料を与え、11〜2月ころに寒肥として有機質肥料を施します。 ツバキは常緑ですが、花後の春には古い葉を落とします。木の葉は病気のように見えます。 ある種の菌に犯されているわけですが、落葉する葉を雑菌から守る必要が無くなったとも考えられます。落葉後は新芽が出て綺麗になります。 送料 630より(運送会社により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 6個 同送可能商品 5号ポット苗の場合は約5個 ※各1袋ずつでしたら、同じ送料で同梱できます。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多...

椿(ツバキ) 錦キリン(ニシキキリン)4号

千草園芸

1,296

椿(ツバキ) 錦キリン(ニシキキリン)4号

17年2月14日入荷。木の状態は季節により変化いたします。172cツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。 幼虫は脱皮を繰り返すので...

タイワンツバキ(台湾椿)H2.0〜2.4m程度(根鉢含まず)庭木に最適な常緑樹【現品発送】【枯れ保証6ヶ月】

植木・庭木販売GG(ジージー)

9,100

タイワンツバキ(台湾椿)H2.0〜2.4m程度(根鉢含まず)庭木に最適な常緑樹【現品発送】【枯れ保証6ヶ月】

◎送料:全国一律2800円 ※北海道・沖縄・離島への発送は別途追加料金が発生致します。 【現品発送】お好きな現品をお選びいただけます 下の写真をクリックすると拡大写真が表示されます。 お好みの樹形の品番を確認し上のチェックボックスにチェックを入れてご注文下さい。 現品ラインナップ ※木の状態は季節により変化いたします。 タイワンツバキ タイワンツバキの特徴 冬場に咲く白い花が特徴! タイワンツバキは中国南部、台湾、ベトナムを原産とする常緑の高木です。 ツバキ科ですが属が異なり、属名のゴードニアの名前で呼ばれることもあります。 寒さにやや弱く、花は強い霜にあうと傷みます。 タイワンツバキは薄いコルク質の樹皮に覆われ、葉は楕円形で全縁または中程から先端にかけて浅い鋸歯があります。 花は枝の先端に付きます。 タイワンツバキを使ったお庭 見ごろカレンダー 3月 4月 10月 11月 12月 1月 2月 春 夏 秋 冬 準備中です 準備中です 育てやすさチャート(推奨エリア:関東以南) ■植木のプロからのアドバイス タイワンツバキの育て方 植えつけ環境 肥料 植えつけ時期 冬の冷たい風や乾燥を避けます。植え替え・植え付け共に、真夏や真冬、新梢の生育期を除く開花後の3〜4月、梅雨の時期、秋の彼岸過ぎが適期です。 害虫・消毒など 剪定方法 枝がたくさん伸びてくるので、剪定が必要となります。剪定は開花後なるべく早い時期がよいです。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「ツバキ」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ