「コリンキー」 の関連商品を含む検索結果 6件

かぼちゃ 種 【コリンキー】 20ml ( 種 野菜 野菜種子 野菜種 ) ★

農業屋

972

かぼちゃ 種 【コリンキー】 20ml ( 種 野菜 野菜種子 野菜種 ) ★

まとめ買いについて:メール便で10袋まで同梱できます。合計10袋で送料無料! (買い物かごに入れた時点では送料無料となりませんが、ご注文後に当店側で修正して送料無料とさせていただきます)種子の責任について植え付け後の栽培条件や天候などにより結果が異なります。商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 また商品の性質上、結果不良につきましてはお買い上げ範囲内とさせていただきます。(お客様の栽培管理や気象条件による結果不良につきましては、その責任を負いかねます。)収穫物については、品種の特性や栽培条件などにより生育に差が生じることがあり、収穫物のサイズ、重量、味などは掲載表現と異なる場合があります。コリンキー果皮は鮮やかなレモン色。和・洋・中華・漬物いずれにも使える日本では珍しい変わりカボチャです。果実は鮮やかなレモン色、皮ごと食べられ、歯ざわりよく、くせがないのでサラダや浅漬けによく適します。とり遅れたらジャムにしておいしくいただけます。 地域 蒔き時期(露地) 蒔き時期(ハウス・トンネル等) 寒地・冷涼地 4月中〜5月中(キャップ) − 中間地 3月中〜4月(育苗)(キャップ)、4月下〜5月下(直播)(キャップ) − 暖地 2月中〜3月(育苗)(キャップ)、4月中〜5月中・8月中(直播)(キャップ) − 小袋種子の内容量表記について農作物である商品の特性上、小袋パッケージの商品に関しましては、販売時期により、内容量が変更になる場合があります。商品名に内容量が記載されている場合がございますが、あくまで目安であり、1mlほど前後するものとお考え下さい。また、内容量が増減したことによる価格の変更もありません。あらかじめご了承いただいた上で、ご注文をお願いいたします。

お買い物マラソン

こちらの関連商品はいかがですか?

ハーブ 種 ディル サカタのタネ 小袋 サカタ 種 野菜の種

e-たねや

216

ハーブ 種 ディル サカタのタネ 小袋 サカタ 種 野菜の種

【ハーブ種子】ディル (サカタのタネ) 【特長】 細い糸のような葉をもち、夏には傘を開いたような黄色い花をつけます。セリ特有の強い香りがあり、葉・花房・タネともにピクルスに利用されます。葉を使うとマイルドに仕上がり、タネを使うと強い香りがつきます。  【栽培環境】 暑さ寒さともに強い1年草で、日当たりと水はけのよい場所ならば、特に土質を選びません。根は直根性で深く伸びるため、よく耕した場所で育てます。露地植えは前もって1当り苦土石灰100g、完熟堆肥2kg、有機質肥料100gを施しておきます。フェンネルとは交雑する可能性があるので、タネをとる場合は近くに植えないようにします。  【タネまき〜植えつけ】 タネまき時期は、暖かい地域では4〜6月と9〜10月、寒い地域では4〜6月と9月です。発芽適温(地温)は20℃前後で、発芽までは10日前後かかります。移植を嫌うため条間20cmでスジまきし、発芽後に込み合うところを間引いて、最終的に株間20cmにします。またはジフィーセブンや9cmポットに、タネを2〜3粒ずつまいて5mmほど土をかけます。発芽して本葉が見え始めたころに、よい苗1本を残して育てます。生育適温は15〜20℃です。根がポット内によく伸びたころ、根を傷めないよう丁寧に植えつけます。露地植えは20cm間隔で植えつけます。コンテナは18〜21cm鉢に1株、65cmプランターで2〜3株を植えつけます。  【管理のポイント】 ディルは寒さに強く、関東以西の平野部では、冬も防寒の必要はありません。小苗や寒さの厳しい地域では、敷ワラや不織布をかけて保護します。葉が多くなったら、下の方から順に収穫します。草丈が20cm以上に育ったころ、倒れないように支柱を添えます。直根性で草丈100〜150cmと高く、5月ころから急速に草丈が伸びてきます...

お買い物マラソン
ハーブ 種 サカタ 種 ラベンダー (サカタのタネ) 小袋 ハーブ種子 野菜の種

全10商品

216

ハーブ 種 サカタ 種 ラベンダー (サカタのタネ) 小袋 ハーブ種子 野菜の種

【ハーブ種子】ラベンダー (サカタのタネ) 【特長】 香りが素晴らしく、香水の原料として有名です。家庭や、公園、各地の観光地でつくられています。数多くの種類がありますが本種は寒さに強い一般種です。  【栽培環境】 地中海原産の多年草で、日当たりと水はけのよいところに自生しています。銀白色の葉と、植物名のラベンダー色の花穂とのコントラストが美しく、ハーブの代表として親しまれています。水はけが悪く酸性の土壌では、生育が悪いので、苦土石灰で酸度調節をして、露地植えは高うねで育てます。前もって1当たり苦土石灰50g、完熟堆肥2kg、有機配合肥料60gを目安に施しておきます。  【タネまき〜植えつけ】 タネまきの適期は暖かい地域で3〜7月と9〜11月、寒い地域は5〜7月と9月です。ピートバンまたはタネまき用土を入れた育苗箱にタネをまき、厚さ5mmにまき土をかけます。発芽適温(地温)は20℃前後、発芽までは15〜20日と長いので、発芽するまでまき土が乾かないようにします。発芽したら、まき土をやや乾き気味にします。生育適温は15〜20℃です。小苗のうちは生育が遅いですが、本葉が4〜6枚になった苗から植え替えます。水はけのよい培養土で、9cmポットに1本ずつ植えます。ポットに根がしっかりと伸びたら、株間25〜30cmで植えつけます。露地植えは秋または春が植えつけ適期です。コンテナ栽培は9cmポットの苗を、15〜18cm鉢に植えます。65cmプランターには2〜3ポットを植えます。  【管理のポイント】 1年中屋外で育てますが、高温多湿を嫌うので、コンテナ栽培は梅雨期には軒下など、雨の当たらないところで育てます。株が小さな鉢植えは、冬は日だまりの地面に鉢ごと埋めておきます。冬の乾燥は株が傷むので、露地植え、コンテナ植えともに...

ミニカリフラワー種子 野菜の種 美星(みせい)(サカタのタネ)小袋 【サカタ 種】

e-たねや

432

ミニカリフラワー種子 野菜の種 美星(みせい)(サカタのタネ)小袋 【サカタ 種】

コンパクトで密植のできる早生カリフラワー 【ミニカリフラワー】 美星(みせい) (サカタのタネ) 【特長】 コンパクトで密植のできる早生カリフラワーです。生育力があり、葉が花蕾を包むように育つため、花蕾はきめが細かく純白です。重さ350gくらいの使いきりサイズで生食にも適します。  【栽培環境】 カリフラワーは湿害に弱い作物なので、水はけのよい畑を選びます。植えつけの2週間ほど前に1当たり苦土石灰100〜150g、1週間ほど前に完熟堆肥2kg、有機配合肥料100gを目安に施します。  【タネまき〜植えつけ】 128穴のセルトレーに1〜2粒ずつまき、本葉1.5枚程度の時期に1本立ちにします。セルトレーでは肥料切れなどで老化苗になりやすいので、あまり大きな苗にしないほうがよいです。育苗箱にま場合は、10cm間隔でスジまきにし、本葉2枚で苗床に植え替えます。植えつける本数が少なくて直接ポリ鉢にまく場合は、本葉2枚で1本に間引きます。本葉が4〜5枚になったころにうね間60cm、株間25〜30cmを目安として畑に植えつけます。通常のカリフラワーより密植して植えつけます。  【管理のポイント】 追肥は本葉8〜10枚のころと花蕾のできる直前に、1当たり20gを目安に施します。窒素分の多用は葉ばかり繁茂し、花蕾のゆるみ、品質低下を招きやすいので、リン酸・カリ分もバランスよく施して、がっちりした株にします。  【病害虫・生理障害】 生育初期にアオムシやコナガに葉を食べられると、十分に株が大きくならず、よい花蕾が収穫できないので、早めに防除することが重要です。立枯病や黒腐病などが発生した場合は、周りに広がる可能性があるので、早めに抜いて処理します。  【収穫・保存・利用】 花蕾に日光が当たると黄色くなり、光沢もなくなります。外葉を結束するか、葉2...

お買い物マラソン
【カブ種子】あやめ雪 (サカタのタネ) 小袋【野菜の種】

e-たねや

432

【カブ種子】あやめ雪 (サカタのタネ) 小袋【野菜の種】

極立性で玉ぞろいのよい紫白カブ 【カブ種子】あやめ雪 (サカタのタネ) 【特長】 紫と白の色合いがきれいな小カブです。盛夏期を除いて、若どりでも球形がまとまり、紫色も入ります。ち密な肉質で甘みが強く、サラダや酢漬けにおすすめです。  【栽培環境・土づくり】 地力の低下は病気、障害の発生につながり、品質低下の原因となります。完熟堆肥やバイオエースなどの有機質肥料を積極的に施して土づくりをします。植えつけの2 週間前に1当たり苦土石灰100g、有機配合肥料100g(春、夏は少なめに)を目安として施します。  【タネまき〜植えつけ】 条間、株間とも12〜15cmが標準です。高温時は広めにとり、通気をよくすることで徒長や病気を抑えます。深さ1cmくらいで1か所に3〜5粒タネまきします。本葉が3枚くらいになるまでに間引きます。水やりにむらがあると発芽がそろわず生育が不ぞろいになります。直径2cmほどのミニサイズで収穫する場合は株間7cmで栽培します。  【管理のポイント】 間引きと同時に中耕と土寄せを行います。中耕と土寄せの目的は、除草、根部に酸素を供給して生長を促すこと、株元を固定して強風によって回されないようにすることなどです。根の肥大期に乾燥させると、裂根の原因になります。  【病害虫・生理障害】 とくに害虫が問題となる高温期は、生育期間が短く、農薬は残留する可能性があります。コナガ、アブラムシなどの害虫は、寒冷紗などのトンネル被覆を行い、物理的に防除します。農薬を使用する際はラベルをよく読み、間違いのないようにします。  【収穫・保存・利用】 春・秋まきで50日、冬まきで100日前後が収穫の目安です。サラダなどの色どりに楽しめます。酢漬けにすると2日ほどで表面の紫色が肉全体にまわります。また、直径2cmほどのミニサイズでも収穫でき...

お買い物マラソン
【大根】 冬みね (サカタのタネ)小袋【野菜の種】

e-たねや

432

【大根】 冬みね (サカタのタネ)小袋【野菜の種】

2〜3月どり、暖地露地越冬用の青首ダイコン  【大根】 冬みね (サカタのタネ) 特長    1. 晩抽系の青首ダイコンであり、品質、外観とも秋系大根にちかく、ス入りも遅い。3月下旬くらいまでは抽だいの心配なく収穫できます。 2. やや黒葉のつまり葉、とくに耐寒性が強く、暖地無霜地帯での密植型露地越冬栽培および温暖地の霜よけトンネル栽培に最適です。 3. 根部は根長37、根径7で肌にテリがあり、尻部の肉づきがよいです。 4. 首部内部の青肉になりにくいです。 適応性  とくに暖地無霜地帯の露地越冬栽培に向いており、この作型では10a当たり10,000本以上の密植栽培になります。播種は9月下〜10月中旬で、収穫が2月上〜3月中旬となる。 また温暖地の霜よけトンネル栽培は9月下〜10月中旬に播種し、途中12月に入って霜が降りるころにすそ換気の霜よけトンネルをかけます。収穫は1月中〜2月下旬となり、秋ダイコンと春ダイコンのつなぎ役となり  タネまき〜植えつけ  畝間45〜50、株間20ぐらいの1条畝が標準となり、極密植栽培になります。 施肥  堆廐肥は前作のときに入れておきます。十分分解させないと岐根の原因となるので注意します。苦土石灰は10a当たり60を全面に散布し、耕起しておきます。肥料は成分量で10a当たり窒素10、リン酸13、カリ10を標準とし、元肥として全面に施します。露地越冬栽培の場合、生育途中の12月と2月ごろに2回追肥をします。追肥の量は1回当たり窒素3、カリ3とします。 管理 〔暖地露地越冬栽培〕 この栽培は極密植することによりお互いの葉が重なりあい寒害を防いでいます。また生育期間が長く、肥料切れを起こしやすいので注意します。 寒くなる前の12月に追肥をし、葉を丈夫 につくり、気温上昇期前の2月には根や葉の生育を促進するた...

お買い物マラソン
[サカタ 野菜タネ]かぼちゃ:プッチィーニ

園芸ネット プラス

349

[サカタ 野菜タネ]かぼちゃ:プッチィーニ

レンジで簡単調理、美味しいミニカボチャ!甘くて美味しい手のひらサイズの可愛いミニカボチャです。果実は黄橙色、200〜300g、1つるに3〜4果つきます。まき時:寒地4〜5月頃、温暖地3〜5月頃、暖地2〜5月頃収穫:寒地8〜9月頃、温暖地7〜8月頃、暖地6〜7月内容量:7粒 [タネまき〜植えつけ]育苗は10.5cmポットに2粒まきして本葉1枚のころに、直まきは3〜5粒まきし、本葉3〜5枚までに1株にします。本葉5〜6枚で摘芯し2本仕立てにし、3mのうねに株間75〜100cm間隔に植えつけます。[畑づくりと栽培管理]1平方メートル当り苦土石灰100g、完熟堆肥3kgと化成肥料150gを施しよく耕します。6節までのわき芽と雌花を取り除き、以後は放任にします。ウィルス病にかからないように防御します。[収穫]開花後35〜40日で果実が濃い黄橙色になり、オレンジ色の縦じまが濃くなったときが収穫の適期です。きれいな外観なので、かざりカボチャとしても利用できます。[サカタ 野菜タネ]かぼちゃ:プッチィーニの栽培ガイド種まきのコツ手作りのシード・テープ春から始める、ベランダ菜園種まきの方法:容器の選び方夏野菜作型表種まきの方法:色々なタネ

お買い物マラソン
スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「コリンキー」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ