「キンズ」 の関連商品を含む検索結果 2件

こちらの関連商品はいかがですか?

【現品】キンモクセイ(金木犀) 1.4m 05

全3商品

3,780

【現品】キンモクセイ(金木犀) 1.4m 05

写真の番号の商品をお送りします。 写真は17年9月30日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。179e-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)キンモクセイ 【分類】モクセイ科モクセイ属の常緑小高木 【学名】Osmanthus fragrans Lour.var.aurantiacas Makino 【原産】中国南西部 【開花期】9~10月 【樹高】4m 【栽培適地】関東地方以南 ●特徴と育て方のポイント● 玄関先のシンボルツリーとしても人気のキンモクセイですが、成長が遅く節が詰まっているので生垣などにも利用できます。 雌雄異株ですが、日本には雄株しか導入がなく、種をつけることはありません。 香りの強いことで知られ、香水やアロマオイルにも利用されています。分類上はギンモクセイの変種とされています。 植える場所は、水はけの良い日当たりを好みます。寒さには弱いので、寒地での栽培には適していません。関東地方以南での露地植えが可能です。 生育は遅めで、背丈は年に20cmくらいしか大きくなりません。 性質が強く、通常の庭木として気を使うこともなく栽培できます。 水やりは、表土が乾いたらたっぷりと与えてあげましょう。 肥料は骨粉や鶏糞、草木灰などリン酸やカリの多い肥料を与えます。 窒素分の多い肥料を与えすぎると花付が悪くなりますので注意しましょう。 ●剪定と病害虫対策● 新芽のふく春前に形を整え、風通しをよくしてあげましょう。病気は特にありませんが、アブラムシ、カイガラムシが付くことがあります。 あまり発生はありませんので、見つけたら殺虫剤を散布します。また、新芽の展開時期にはハマキムシ、シンクイムシ、アオムシ類が発生することもあります。 この時期にオルトラン粒剤を根元にまいておくと予防できます...

【現品】キンモクセイ(金木犀)  苗木 1.3m 10112r

千草園芸

6,804

【現品】キンモクセイ(金木犀) 苗木 1.3m 10112r

写真の商品をお送りします。 写真は17年10月11日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1711b-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)キンモクセイ 【分類】モクセイ科モクセイ属の常緑小高木 【学名】Osmanthus fragrans Lour.var.aurantiacas Makino 【原産】中国南西部 【開花期】9~10月 【樹高】4m 【栽培適地】関東地方以南 ●特徴と育て方のポイント● 玄関先のシンボルツリーとしても人気のキンモクセイですが、成長が遅く節が詰まっているので生垣などにも利用できます。 雌雄異株ですが、日本には雄株しか導入がなく、種をつけることはありません。 香りの強いことで知られ、香水やアロマオイルにも利用されています。分類上はギンモクセイの変種とされています。 植える場所は、水はけの良い日当たりを好みます。寒さには弱いので、寒地での栽培には適していません。関東地方以南での露地植えが可能です。 生育は遅めで、背丈は年に20cmくらいしか大きくなりません。 性質が強く、通常の庭木として気を使うこともなく栽培できます。 水やりは、表土が乾いたらたっぷりと与えてあげましょう。 肥料は骨粉や鶏糞、草木灰などリン酸やカリの多い肥料を与えます。 窒素分の多い肥料を与えすぎると花付が悪くなりますので注意しましょう。 ●剪定と病害虫対策● 新芽のふく春前に形を整え、風通しをよくしてあげましょう。病気は特にありませんが、アブラムシ、カイガラムシが付くことがあります。 あまり発生はありませんので、見つけたら殺虫剤を散布します。また、新芽の展開時期にはハマキムシ、シンクイムシ、アオムシ類が発生することもあります。 この時期にオルトラン粒剤を根元にまいておくと予防できます。夏場には...

【金木犀(キンモクセイ)】樹高1.5m前後 根巻き苗

植木生産販売専門店 芝樹園

1,998

【金木犀(キンモクセイ)】樹高1.5m前後 根巻き苗

お届けの 商品の状態 樹高1.5m前後(根鉢を含む) 根巻き苗 ★本商品は、西濃運輸でのお届けになり、ご注文時に日本郵便の送料になっていた場合でも、西濃運輸の送料に変更いたしますが、ご了承お願い致します。 今年の開花は終わりましたので、、花につきましては、来年の開花を楽しみに育てください。(2016-11) なお、キンモクセイの花は開花するまでに3~4年程度の年数が必要ですが、一度開花しますと通常は毎年開花します。 商品の写真はお届け商品の見本品を載せております。 商品の特徴 【科属名】 モクセイ科モクセイ属常緑広葉樹 【花期】 10月頃で、香りの良い花を咲かすので有名です。 【用途】 庭園、景観樹、花木、生垣、記念樹などに利用される。 【特徴】 放任状態でも楕円形の整った樹形になるが、 大きさを抑えたい時は刈り込んで整える。 花季は10月頃で、香りの良い花を 咲かすので有名です。 陽地から半日陰で育ちますが、 日あたりの良い方が花つきを良くする。 水はけの良い土地を好む。 移植は容易です。 【剪定】 花後に剪定するか、厳寒期を避けて3月下旬ごろに剪定する。 【水やり】 庭植えの場合は、活着後は夏の極端な乾燥時以外は必要は有りません。 鉢植えは夏季の乾燥に注意してください。 【肥料】 1~2月頃に油かす等の寒肥を施肥するか、3月頃に緩効性の化成肥料を施肥する。 鉢植えの場合は年に2回程度は必要です。 1梱包で 送れる商品数 この商品は、4本までは1梱包に入れて発送できます。 なお、他の商品と同一梱包にて発送できますが、 1梱包に入る本数が変わってくる場合が有ります。

【現品3種】キンモクセイ(金木犀) 1.2~1.3m【数量限定】

千草園芸

3,456

【現品3種】キンモクセイ(金木犀) 1.2~1.3m【数量限定】

お選び頂いた写真の番号の商品をお送りします。 写真は17年9月27日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。179e-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ■キンモクセイは香りの植物として、世界ベスト3に入るといわれています。開花時にはオレンジ色の花が咲き、強い芳香があります。 雌雄異株として知られているが、日本には、雄株しかなく結実は見られません。 またモクセイの仲間として、白花の「銀モクセイ」や葉がギザギザの「ヒイラギモクセイ」や四季咲きの「四季咲きモクセイ」などがあります。キンモクセイ 【分類】モクセイ科モクセイ属の常緑小高木 【学名】Osmanthus fragrans Lour.var.aurantiacas Makino 【原産】中国南西部 【開花期】9~10月 【樹高】4m 【栽培適地】関東地方以南 ●特徴と育て方のポイント● 玄関先のシンボルツリーとしても人気のキンモクセイですが、成長が遅く節が詰まっているので生垣などにも利用できます。 雌雄異株ですが、日本には雄株しか導入がなく、種をつけることはありません。 香りの強いことで知られ、香水やアロマオイルにも利用されています。分類上はギンモクセイの変種とされています。 植える場所は、水はけの良い日当たりを好みます。寒さには弱いので、寒地での栽培には適していません。関東地方以南での露地植えが可能です。 生育は遅めで、背丈は年に20cmくらいしか大きくなりません。 性質が強く、通常の庭木として気を使うこともなく栽培できます。 水やりは、表土が乾いたらたっぷりと与えてあげましょう。 肥料は骨粉や鶏糞、草木灰などリン酸やカリの多い肥料を与えます。 窒素分の多い肥料を与えすぎると花付が悪くなりますので注意しましょう。 ●剪定と病害虫対策...

【現品6種】モクレン 苗木金寿(キンジュ)1.6~1.7m

千草園芸

6,264

【現品6種】モクレン 苗木金寿(キンジュ)1.6~1.7m

写真の商品(現品番号)をお送りします。↓↓ 番号の商品をお送りします。 写真は17年11月17日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1711c-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ※樹形を整え、高さを調節するため剪定をしております。モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月~4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3~15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は、開花後または落葉期におこなってください。落葉期は、蕾がついている枝に注意しましょう。 モクレンは成長の早い樹木です。背丈を抑制したい場合は高く伸びすぎた枝の切り戻...

【金木犀(キンモクセイ)】10号ポット 樹高1.6m前後

植木生産販売専門店 芝樹園

5,918

【金木犀(キンモクセイ)】10号ポット 樹高1.6m前後

お届けの 商品の状態 樹高1.6m前後(根鉢を含む) 10号(直径約30cm)ポット入り ★本商品は、西濃運輸でのお届けになり、ご注文時に日本郵便の送料になっていた場合でも、西濃運輸の送料に変更いたしますが、ご了承お願い致します。 お送りします木につきましては、露地栽培で大きくなった木をポットに入れて栽培している品で、昨年には開花していた木になります。なお、キンモクセイの花は開花するまでに3~4年程度の年数が必要ですが、一度開花しますと通常は毎年開花します。 当店ではヤマト運輸にてお送りしていますので、 高さが1.7m以上の荷物をヤマト運輸ではお送りできませんので、1.7m以上の木は,先端部を剪定してのお届けになります。なお、先端部は剪定しても伸びてきます。 商品の写真はお届け商品の見本品を載せております。 "きんもくせい" 商品の特徴 【科属名】 モクセイ科モクセイ属常緑広葉樹 【花期】 10月頃で、香りの良い花を咲かすので有名です。 【用途】 庭園、景観樹、花木、生垣、記念樹などに利用される。 【特徴】 放任状態でも楕円形の整った樹形になるが、 大きさを抑えたい時は刈り込んで整える。 花季は10月頃で、香りの良い花を 咲かすので有名です。 陽地から半日陰で育ちますが、 日あたりの良い方が花つきを良くする。 水はけの良い土地を好む。 移植は容易です。 【剪定】 花後に剪定するか、厳寒期を避けて3月下旬ごろに剪定する。 【水やり】 庭植えの場合は、活着後は夏の極端な乾燥時以外は必要は有りません。 鉢植えは夏季の乾燥に注意してください。 【肥料】 1~2月頃に油かす等の寒肥を施肥するか、3月頃に緩効性の化成肥料を施肥する。 鉢植えの場合は年に2回程度は必要です。 1梱包で 送れる商品数 この商品は、1梱包に1本での発送になります。

現在花終わりです●毎年咲きます キンモクセイ苗木5号ポット(金木犀)

Fleur Town 吉本花城園

1,260

現在花終わりです●毎年咲きます キンモクセイ苗木5号ポット(金木犀)

【商品内容】 ・キンモクセイ苗木  - 5号ポット(鉢直径15cm)  - 高さ:約50~60cm前後(鉢底より)   ※花芽が付いていない場合がございます。 ※植物のため、樹形等は写真と多少 異なる場合がございます。 ※頂上部を多少剪定してお届けする 場合がございます。 【送 料】 送料:お支払・送料のページをご確認下さい≫ ※1梱包で2本同梱できます。3本以上は梱包数に応じて、送料追加となります。 【お届けについて】 配達希望日や時間帯のご指定が、ある場合は、ご注文時、必ず備考欄にご記入くださいませ。 ※配送の都合によりご希望の時間帯にお届けできない場合もございます。 【お休みについて】 ※通常、土日祝祭日はお休みをいただいております。メールでのお返事やすぐの出荷が対応できない場合がございます。 (事前の注文分の出荷は、土日祝祭日も行なっております。【その他】 ・生き物ですので、在庫がございましても、出荷時、商品状態が悪い場合に、ご注文のキャンセルをお願いする場合がございます。ご了承くださいませ。 ・クレジットカードの承認エラーとなったご注文は、ご連絡の上、キャンセルさせていただきますので、ご了承くださいませ。FleurTown吉本花城園10月になるとどこからともなく、香るキンモクセイ【金木星】の花!写真は玉仕立てのキンモクセイです。垣根などにも時々使われています。 香りは知っていても、お花を見たことない方も多いのでは?小さなオレンジ色の花を沢山咲かせています。花は小さくても、香りはバツグンです。 7号鉢に植え替え済みの商品はコチラ ポット苗でのお届けです。植物のためには大きな鉢やお庭に植え替えてください。 さらに大きな10号鉢(鉢直径約30センチ)への植替えはこちらをご一緒に注文してくだ...

キンモクセイ(金木犀)3号苗木

千草園芸

756

キンモクセイ(金木犀)3号苗木

写真は見本品です。 写真は17年9月22日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。179d-uキンモクセイ 【分類】モクセイ科モクセイ属の常緑小高木 【学名】Osmanthus fragrans Lour.var.aurantiacas Makino 【原産】中国南西部 【開花期】9~10月 【樹高】4m 【栽培適地】関東地方以南 ●特徴と育て方のポイント● 玄関先のシンボルツリーとしても人気のキンモクセイですが、成長が遅く節が詰まっているので生垣などにも利用できます。 雌雄異株ですが、日本には雄株しか導入がなく、種をつけることはありません。 香りの強いことで知られ、香水やアロマオイルにも利用されています。分類上はギンモクセイの変種とされています。 植える場所は、水はけの良い日当たりを好みます。寒さには弱いので、寒地での栽培には適していません。関東地方以南での露地植えが可能です。 生育は遅めで、背丈は年に20cmくらいしか大きくなりません。 性質が強く、通常の庭木として気を使うこともなく栽培できます。 水やりは、表土が乾いたらたっぷりと与えてあげましょう。 肥料は骨粉や鶏糞、草木灰などリン酸やカリの多い肥料を与えます。 窒素分の多い肥料を与えすぎると花付が悪くなりますので注意しましょう。 ●剪定と病害虫対策● 新芽のふく春前に形を整え、風通しをよくしてあげましょう。病気は特にありませんが、アブラムシ、カイガラムシが付くことがあります。 あまり発生はありませんので、見つけたら殺虫剤を散布します。また、新芽の展開時期にはハマキムシ、シンクイムシ、アオムシ類が発生することもあります。 この時期にオルトラン粒剤を根元にまいておくと予防できます。夏場には、蓑虫が付いていることがあるので取り除いてください。 キンモクセイ ...

【金木犀(キンモクセイ)】樹高1.2m前後

植木生産販売専門店 芝樹園

1,490

【金木犀(キンモクセイ)】樹高1.2m前後

お届けの 商品の状態 樹高1.2m前後(根鉢を含む) 根巻き苗 昨年開花していた木で、キンモクセイは開花するまでに3~4年程度の年数が必要ですが、一度開花しますと通常は毎年開花しますが、植え替えの影響で開花しない場合があります。 商品の写真はお届け商品の見本品を載せております。 商品の特徴 【科属名】 モクセイ科モクセイ属常緑広葉樹 【花期】 10月頃で、香りの良い花を咲かすので有名です。 【用途】 庭園、景観樹、花木、生垣、記念樹などに利用される。 【特徴】 放任状態でも楕円形の整った樹形になるが、 大きさを抑えたい時は刈り込んで整える。 花季は10月頃で、香りの良い花を 咲かすので有名です。 陽地から半日陰で育ちますが、 日あたりの良い方が花つきを良くする。 水はけの良い土地を好む。 移植は容易です。 キンモクセイの花は開花するまでに3~4年程度の年数が必要ですが、一度開花しますと通常は毎年開花します。 【剪定】 花後に剪定するか、厳寒期を避けて3月下旬ごろに剪定する。 【水やり】 庭植えの場合は、活着後は夏の極端な乾燥時以外は必要は有りません。 鉢植えは夏季の乾燥に注意してください。 【肥料】 1~2月頃に油かす等の寒肥を施肥するか、3月頃に緩効性の化成肥料を施肥する。 鉢植えの場合は年に2回程度は必要です。 1梱包で 送れる商品数 この商品は、日本郵便での発送の場合は、1梱包に2本までは発送できます。なお、発送可能な梱包のサイズの関係で、梱包の高さが1.2~1.3mになり植木の先端部を剪定したり(先端部は剪定しても伸びてきます)先端部を曲げた状態での梱包になる場合が有りますが、ご了承お願い致します。 西濃運輸での発送の場合は、5本までは1梱包に入れて発送できます。 なお、他の商品と同一梱包にて発送できますが、...

"開花中"【金木犀(キンモクセイ)】14号ポット 樹高1.6m前後

植木生産販売専門店 芝樹園

9,180

"開花中"【金木犀(キンモクセイ)】14号ポット 樹高1.6m前後

お届けの 商品の状態 樹高1.6m前後(根鉢を含む) 14号(直径約42cm)ポット入り ★開花が始まっていますが、殆どが蕾の状態ですが、お届け時には開花が進み落花している場合が有りますが、ご了承お願い致します。(2017/09/24) お送りします木につきましては、露地栽培で大きくなった木をポットに入れて栽培している品で、キンモクセイの花は開花するまでに3~4年程度の年数が必要ですが、一度開花しますと通常は毎年開花します。 高さが1.7m以上の荷物を発送の関係でお送りできませんので、1.7m以上の木は,先端部を剪定してのお届けになります。なお、先端部は剪定しても伸びてきます。 商品の写真はお届け商品の見本品を載せております。 "きんもくせい" 商品の特徴 【科属名】 モクセイ科モクセイ属常緑広葉樹 【花期】 10月頃で、香りの良い花を咲かすので有名です。 【用途】 庭園、景観樹、花木、生垣、記念樹などに利用される。 【特徴】 放任状態でも楕円形の整った樹形になるが、 大きさを抑えたい時は刈り込んで整える。 花季は10月頃で、香りの良い花を 咲かすので有名です。 陽地から半日陰で育ちますが、 日あたりの良い方が花つきを良くする。 水はけの良い土地を好む。 移植は容易です。 【剪定】 花後に剪定するか、厳寒期を避けて3月下旬ごろに剪定する。 【水やり】 庭植えの場合は、活着後は夏の極端な乾燥時以外は必要は有りません。 鉢植えは夏季の乾燥に注意してください。 【肥料】 1~2月頃に油かす等の寒肥を施肥するか、3月頃に緩効性の化成肥料を施肥する。 鉢植えの場合は年に2回程度は必要です。 1梱包で 送れる商品数 この商品は、1梱包に1本での発送になります。

【香りを楽しむ・生垣にも最適】キンモクセイ /金木犀(樹高:1.5m内外)2017.9月撮影

ガーデニングショップ四季の里

8,100

【香りを楽しむ・生垣にも最適】キンモクセイ /金木犀(樹高:1.5m内外)2017.9月撮影

香りを楽しむ植木の代表格・キンモクセイ 香りを楽しみたいなら玄関脇やアプローチの横、常緑樹なので、目隠し木としても最適。 日陰でも十分育つので北側に植えてもOKです。 四季の姿 オレンジ色の花から甘い香が漂います。 商品詳細 商品情報/規格 ■モクセイ科モクセイ属 常緑広葉樹 小高木 ■樹高:1.5m内外 ■花色:オレンジ色 ■花期:9月中~10月中頃 用途 シンボルツリー・コンテナ・生垣・目隠し 手入れ 剪定時期は、6月中~7月中頃及び10月中~11月中頃に行ってください。 新芽を切らないように注意してください。 植え付け 日当たりを好みますが、耐陰性もあります。 土壌の湿りすぎと乾燥に弱いので植える場所に注意してください。 詳しい植え付け方はこちら⇒(もっと詳しく!) 肥料 地植えのものは寒肥として1月中~2月及び施肥として6月~7月にチッ素分を控えたリン酸、カリ主体の化成肥料を施します。 植栽可能地域(庭植え) ※庭植えの目安です。(東北南部~九州) 鉢植えの場合は、基本的に全域で栽培可能です。 育て方などご不明な点がございましたら、0946-22-6442までお気軽にお電話ください。 配送について 送料は980円です。 西濃運輸がお届けいたします。 お時間のご指定は、【午前】【午後】のいずれかでお伺いいたします。なお、一部地域・離島へのお届けは、配達日時指定がお受けできない場合や、 追加送料が発生する場合がございます。その場合は必ずご連絡を差し上げます。

送料無料
【送料無料】【今期、花終わり株】キンモクセイ(金木犀)大きな160センチ級! 10号鉢 鉢植え【ラッピング・メッセージカード不可】苗木 植木 鉢花 鉢植え【代引不可】

ゲキハナ 感激安心のお花屋さん

12,800

【送料無料】【今期、花終わり株】キンモクセイ(金木犀)大きな160センチ級! 10号鉢 鉢植え【ラッピング・メッセージカード不可】苗木 植木 鉢花 鉢植え【代引不可】

商品情報 商品名 【送料無料】キンモクセイ 160センチ 10号鉢 【産地直送品のため他の商品と同梱不可】沖縄に配送できません。 全体の高さ 高さ:鉢底から約160センチ前後 ※植物のため個体差はございます。 お花の状態 基本的には蕾なしでのお届けです。 秋の開花を楽しんでください! 長く楽しむコツ 部屋の中に入れたいところですが、外で咲く樹木の ため、戸外でお楽しみください。 また、路地植えせず、鉢で管理も可能です! 水やりは乾いたらたっぷり。 同梱 大型商品のため同梱不可です。 【産地直送品のため他の商品と同梱不可】 熨斗等 産直品となりますため、メッセージカードや熨斗などのご対応はできません。予めご了承下さい。 その他 ※一つ一つ樹形が異なります。 画像と同じにはなりません。 オンリーワンの鉢植えとしてご理解いただける方にお勧めです。 代引不可となります。金木犀が咲く季節になると、どこからともなくいい香りがして、 周りをきょろきょろ。 キンモクセイ!どこで咲いてるの!?って、探したこと、ありますよね! 僕は小学生のころ、香りがとても良くて気に入ってしまい、 金木犀の木の下に落ちている花をたくさん集めて、家に持ち帰ったことがありました。 でも、落ちてしまった花は、いい香りがしませんでした(笑) 小学生から、大人まで、トリコにしてしまう香りの花、キンモクセイ! ご自宅の玄関前で、ベランダで、気軽に咲かせられるように、 そのまま飾れるように、鉢植えにしちゃいました! 驚きの大きさ!!僕は身長が165センチと小柄です。 でも、同じくらいの背丈の大きな鉢植えになります。 なぜ、こんなにも大きな鉢植えにしたのか。それには理由があります。 小さな木だと、花が異常に少なくなっちゃうんです。だからこそ!しっかり咲かせて楽しんで欲しいから...

【現品】白筑紫(シロツクシ)シャクナゲ 6号(e7)

千草園芸

3,888

【現品】白筑紫(シロツクシ)シャクナゲ 6号(e7)

写真は17年10月25日。木の状態は季節により変化いたします。1710d日本石楠花 ニホンシャクナゲ 日本シャクナゲ 分類: ツツジ科ツツジ属シャクナゲ亜属の常緑低木 学名: Rhododendron 原産: 日本の山岳地帯 開花期: 5月~7月 用途: 庭木、鉢植え 樹高: 3~5m 栽培敵地: 九州以北 日本や中国原産のシャクナゲを西洋で改良されたものを「西洋シャクナゲ」、日本原産のシャクナゲを「二ホンシャクナゲ」と呼びます。 ツツジ属Rhododendronシャクナゲ亜属の中の日本原産の種を指し、以下のように 分類されます。 キバナシャクナゲ R. aureum Georgi 本州~北海道の高山地帯、シベリアから千島列島・カムチャツカ など東アジアの寒冷地に広く分布し、クリーム色の花を咲かせる。 ハクサンシャクナゲ R. brachycarpum G. Don 北海道・本州・四国と朝鮮半島北部の亜高山帯から一部はハイマツ帯 まで分布する。 楕円の形の葉で淡い色の花を咲かせる。 アズマシャクナゲ Rhododendron degronianum Carriere 東北地方から中部地方までの山地・亜高山帯に分布する。花はまとま りのある淡い紅色。 変種に静岡県伊豆半島の山地に分布するアマギシャクナゲ Rhododendron degronianum Carriere var. amagianum があります。 ツクシシャクナゲ Rhododendron japonoheptamerum Kitam. var. ...

送料無料
【現品】【送料無料】 ヘゴシダ(ディクソニア アンタルクティカ) 単幹 10号 2

千草園芸

36,720

【現品】【送料無料】 ヘゴシダ(ディクソニア アンタルクティカ) 単幹 10号 2

写真は17年3月11日。植物の状態は季節により変化いたします。173d-uディクソニア アンタルクティカ 分類 タカワラビ科ディクソニア属の木立性シダ 学名 Dicksonia antarctica 分布 オーストラリア・タスマニア島 樹高 10~15m 栽培適地 関東地方以南 高さが10mを超える大型木性シダ(ヘゴ)で幹は茶褐色の根で覆われています。 ヘゴは沖縄地方以南でも自生していますが、東南アジア原産のものは軸の中心部が空洞で、寒さに弱く、 冬越しには10度以上が必要ですが、このヘゴは芯に空洞は無く、0度くらいまで大丈夫です。 野生では、水分を多く含む湿った森の湿度の高い環境に自生するものですから、乾燥しない場所が適しています。 ディクソニアは非常に成長スピードの遅い植物で日本ではあまり大きくなりません。 耐陰性・耐暑性ともに優れているので関東地方以南での露地栽培が可能です。 下のような状態で1年くらい置いても枯れずに生きています。 生命力の強い植物です。 ディクソニア アンタルクティカの育て方 冬越しの際、寒風に当たると葉は枯れますが、幹の中心と新芽の中心部が凍結しないようにすれば翌春には新芽を出します。 寒い地方では新芽の中心部に藁などを詰め、軸はコモで巻いておくと良いでしょう。 現地の最低気温は-13度まで下がることがあるようですが、しだの生えている森の中がどこまで下がるか不明です。 ただ、寒さにはかなり強いようですが、冬場は葉を落とすようです。 葉は気温15℃以上で成長をはじめます。 多少の直射も大丈夫ですが、夏場の直射日光には当てないほうが良いでしょう。 水は切らさないようにするのがポイントで、土壌は常に湿った状態を保つようにして幹や葉、新芽の中心部に頭から水遣りをするとよく育ってくれます。...

【現品発送】オリーブの木(チプレッシーノ) 樹高2.3-2.5m(根鉢含まず)8号地中ポット

ぐりーんぐりーん

14,800

【現品発送】オリーブの木(チプレッシーノ) 樹高2.3-2.5m(根鉢含まず)8号地中ポット

送料は全国一律2,800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) ※オリーブは根を痛めると弱りやすいですが、8号(24cm)地中ポットの商品となりますので、発送の際根を痛めにくくなっています。ポットを外して鉢か地面に植え付けてください。 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: CP71(2.2m) 新着! 商品番号: CP72(2.1m) 新着! 商品番号: CP73(2.5m) 新着! 商品番号: CP74(2.4m) 新着! 商品番号: CP75(2.4m) 新着! 商品番号: CP76(2.3m) 新着! 商品番号: CP77(2.4m) 新着! 商品番号: CP78(2.4m) 新着! 商品番号: CP79(2.3m) 新着! 商品番号: CP80(2.4m) [S2]オリーブ 地中海の雰囲気 オリーブ(ミッション) オリーブ(ネバディロ・ブランコ) 運がよければ、ハート葉が見つかるかも! オリーブ(ハート葉) オリーブは、葉表は濃緑、葉裏は白と、お庭に植えて頂くととても目立ちます。春の新芽の時期には、萌芽力が強くとても綺麗。自家受粉しないものがほとんどの為、実をつける為には開花時期の近い2品種植えつけてあげるとよい。「ネバディロ・ブランコ」と「ミッション」の2品種を一緒に植えつけてあげると実を楽しむことが出来る。 分類 植栽適地 常緑高木 南関東~沖縄(日本海側を除く) 種類 ネバディロ・ブランコ スペイン系のオイル用の品種。花粉が多く、花の時期が長いので受粉樹として適している。 ミッション カリフォルニア州で発見された、スペイン系の品種。直立性で樹形が整いやすい。 モライオロ イタリア系のオイル用の品種...

モクレン "金寿(キンジュ)" 6号 0.5m

千草園芸

1,944

モクレン "金寿(キンジュ)" 6号 0.5m

写真は見本品です。 写真は17年7月18日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。177c-u 送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月~4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3~15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は、開花後または落葉期におこなってください。落葉期は、蕾がついている枝に注意しましょう。 モクレンは成長の早い樹木です。背丈を抑制したい場合は高く伸びすぎた枝の切り戻しをします。 その他、込みすぎる枝葉を切り取り、伸びすぎた枝などもカットしてください。 また...

【現品】 アカシダレモミジ (赤枝垂れ紅葉) 1.7m 01

千草園芸

8,640

【現品】 アカシダレモミジ (赤枝垂れ紅葉) 1.7m 01

※写真の商品をお送り致します。 写真は17年11月4日に撮影しました。 木の状態は、季節により変化します。 1711c-u 送料はL-3サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)アカシダレモミジ 分類: カエデ科カエデ属の落葉小高木 学名: Acer amoenum var. matsumurae 'Inaba-shidare' 別名: 稲葉枝垂(イナバシダレ) 原産: 北海道、本州に分布 利用: 庭木、材を工芸 樹高: 2~5m 栽培敵地: 北海道~九州 品種の特徴 紅しだれの代表的な品種で、新緑は赤紫、夏は青くなり、秋には赤紫に紅葉します。 やさしい涼しげな葉は西洋でも植栽されているようです。 性質は強く、剪定にも耐えます。 下は春の芽出しの写真です。16.4.24 枝は横に向かって伸びる傾向にありますから、背たけを高くしたい場合は支柱で立ててやるようにします。 アカシダレモミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。 夏に乾燥させると葉の周りが枯れ込んだり、枯れ枝が発生することがあります。 腐葉土などの有機質を含んだ保水力のある土壌に植えることも大切です。 秋に美しく紅葉させるには秋の気温の高低差にもよりますが、初夏のウドンコ病の発生、夏に乾燥させたり、肥料不足などで生育不良にならないようにしておくことが大切です。 病気と害虫対策 病気にはウドンコ病の発生が見られます。 発生前、または発生時にベンレートなどの殺菌剤を散布するか、冬に石灰硫黄合剤の散布が効果的です。 モミジにはテッポウムシ(ゴマダラカミキリ)の被害を受けることがあります。 テッポウムシ対策(上記の「テッポウムシ...

【現品】山法師(ヤマボウシ) ホワイトダスト 01

千草園芸

43,200

【現品】山法師(ヤマボウシ) ホワイトダスト 01

写真の商品をお送りします。 写真は17年10月20日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1710d-u 送料はL-3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ヤマボウシ属の落葉中高木 【学名】Benthamidia japonica 【別名】ヤマグワ 【原産】日本(本州~琉球)、朝鮮半島、中国 【用途】庭木、公園樹、街路樹等 【開花期】5月~7月 【結実期】10月 【成木】5m~10m 【栽培適地】東北中部以南 初夏(5月~7月)に白い一重の先のとがった4弁の花を咲かせます。 落ち着いた印象の花は色鮮やかにお庭を彩り、シンボルツリーとしても人気の樹木です。 立性で上のほうで枝の広がる樹形を形成する性質から、庭の主木や街路樹としてもよく植栽されます。 横に広がる葉は春の新緑、初夏の花とのコントラスト、秋の紅葉と季節の変化を感じさせてくれます。 花後の10月頃には、色鮮やかな赤い実がなり、食して楽しむこともできます。 特徴的な形をした実は熟すと赤くなり、果肉はマンゴーのようなオレンジ色をしています。 果肉は甘く、ジャムや果実酒としても加工できます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たり・水はけの良い所が適しています。保水性のある肥沃な土壌を好みます。日照が足りないと、花つきが悪くなります。 夏場や直射のあたる場所では、地温の上昇と乾燥を防ぐことが大切です。 土壌に十分な腐葉土や堆肥等の有機物を入れておくことで、保水力を高め根を温度変化から保護することができます。 また、バークなどのマルチをすることで直射による地温の上昇を防ぎ、乾燥を防止することができます。 移植した年の夏には、特に注意が必要で、乾燥させると枯れ枝ができたり、枯れ死する場合があります。 具体的な対策としては...

【現品】ドウダンツツジ フレグラー10号鉢植え90803r(b4)

千草園芸

4,320

【現品】ドウダンツツジ フレグラー10号鉢植え90803r(b4)

写真の商品をお送りします。鉢の色はダークブラウンです。 写真は17年11月18日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。179b-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ドウダンツツジ 【分類】ツツジ科ドウダンツツジ属の属落葉低木 【学名】Enkianthus perulatus 【原産】日本(関東以西~九州の限られた山地)台湾 【用途】庭木、生垣、公園樹、街路樹等 【開花期】4月~6月 【成木】2m~3m 【栽培適地】東北中部以南 ●四季折々の姿を見せる「ドウダンツツジ」● 灯台の脚に枝が分枝する姿が似ているところから「灯台ツツジ」と言われ、それが変形し名づけられた「ドウダンツツジ」。春には白い釣鐘状の花を咲かせ、 秋の紅葉も非常にきれいで、日本の風土にもよく合い、全国的に人気のある植物です。ドウダンツツジの中には、ベニサラサドウダンやベニドウダンなど紅花の種類も人気があります。立性でこんもりした樹形を形成する性質から、庭や路地の脇役として幅広く植えられています。枝が密に着き、刈り込んでも芽吹きやすい性質から樹形をコントロールしやすいのが特徴です。丸く刈り込まれて庭などによく植栽されています。小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の真っ赤な紅葉と季節の変化を感じさせます。幹が太くなると見られる模様も趣のあるものです。 春にはたくさんの白い釣鐘状の花を咲かせます。 ⇒ 開花後からは青々と茂ったドウダンを楽しめます。 ⇒ 秋には赤く染まった紅葉がお庭を彩ります。紅葉後は落葉期をむかえます。 ●育て方と剪定のポイント● 植える場所は、日当たり、水はけのよい肥沃な酸性土壌を好みます。耐寒性や耐暑性にも強いので、育てやすい樹木です。 日のあたらない場所では、紅葉が出にくくなったり...

【現品】日本シャクナゲ 隠岐 6号(e7)

千草園芸

4,104

【現品】日本シャクナゲ 隠岐 6号(e7)

写真は17年10月26日。木の状態は季節により変化いたします。1710d日本石楠花 ニホンシャクナゲ 日本シャクナゲ 分類: ツツジ科ツツジ属シャクナゲ亜属の常緑低木 学名: Rhododendron 原産: 日本の山岳地帯 開花期: 5月~7月 用途: 庭木、鉢植え 樹高: 3~5m 栽培敵地: 九州以北 日本や中国原産のシャクナゲを西洋で改良されたものを「西洋シャクナゲ」、日本原産のシャクナゲを「二ホンシャクナゲ」と呼びます。 ツツジ属Rhododendronシャクナゲ亜属の中の日本原産の種を指し、以下のように 分類されます。 キバナシャクナゲ R. aureum Georgi 本州~北海道の高山地帯、シベリアから千島列島・カムチャツカ など東アジアの寒冷地に広く分布し、クリーム色の花を咲かせる。 ハクサンシャクナゲ R. brachycarpum G. Don 北海道・本州・四国と朝鮮半島北部の亜高山帯から一部はハイマツ帯 まで分布する。 楕円の形の葉で淡い色の花を咲かせる。 アズマシャクナゲ Rhododendron degronianum Carriere 東北地方から中部地方までの山地・亜高山帯に分布する。花はまとま りのある淡い紅色。 変種に静岡県伊豆半島の山地に分布するアマギシャクナゲ Rhododendron degronianum Carriere var. amagianum があります。 ツクシシャクナゲ Rhododendron japonoheptamerum Kitam. var. ...

【現品】日本シャクナゲ 五頭錦 6号(e7)

千草園芸

4,104

【現品】日本シャクナゲ 五頭錦 6号(e7)

写真は17年10月26日。木の状態は季節により変化いたします。1710d日本石楠花 ニホンシャクナゲ 日本シャクナゲ 分類: ツツジ科ツツジ属シャクナゲ亜属の常緑低木 学名: Rhododendron 原産: 日本の山岳地帯 開花期: 5月~7月 用途: 庭木、鉢植え 樹高: 3~5m 栽培敵地: 九州以北 日本や中国原産のシャクナゲを西洋で改良されたものを「西洋シャクナゲ」、日本原産のシャクナゲを「二ホンシャクナゲ」と呼びます。 ツツジ属Rhododendronシャクナゲ亜属の中の日本原産の種を指し、以下のように 分類されます。 キバナシャクナゲ R. aureum Georgi 本州~北海道の高山地帯、シベリアから千島列島・カムチャツカ など東アジアの寒冷地に広く分布し、クリーム色の花を咲かせる。 ハクサンシャクナゲ R. brachycarpum G. Don 北海道・本州・四国と朝鮮半島北部の亜高山帯から一部はハイマツ帯 まで分布する。 楕円の形の葉で淡い色の花を咲かせる。 アズマシャクナゲ Rhododendron degronianum Carriere 東北地方から中部地方までの山地・亜高山帯に分布する。花はまとま りのある淡い紅色。 変種に静岡県伊豆半島の山地に分布するアマギシャクナゲ Rhododendron degronianum Carriere var. amagianum があります。 ツクシシャクナゲ Rhododendron japonoheptamerum Kitam. var. ...

【現品】日本シャクナゲ 大和 濃桃 6号(e7)

千草園芸

3,888

【現品】日本シャクナゲ 大和 濃桃 6号(e7)

写真は、17年10月25日。木の状態は、季節により変化します。1710d ニホンシャクナゲの新しい葉は白い真綿、または粉に覆われています。これは寒風から葉を守るためのものと考えられています。 ■栽培方法 このシャクナゲは台木に赤星シャクナゲをしようして接木されたもので、根腐れ病にたいして、抵抗力強い性質をもっています。 用土:軽石と鹿沼土を半々か、または少々軽石を多めに混合した水はけのよい用土を用います。鉢替えは、2年に1回くらい、時期は9月中旬から4月中旬位の間に行います。 肥料:なたね油粕+骨粉を半々に混合したものを春1~2回、秋1回1ヶ所に置き肥とします。 手入れ:梅雨明けの暑くなるまでは日光によく当て、夏期は半日陰とします。水遣りは1日1回くらいにして、やりすぎないように注意します。日本石楠花 ニホンシャクナゲ 日本シャクナゲ 分類: ツツジ科ツツジ属シャクナゲ亜属の常緑低木 学名: Rhododendron 原産: 日本の山岳地帯 開花期: 5月~7月 用途: 庭木、鉢植え 樹高: 3~5m 栽培敵地: 九州以北 日本や中国原産のシャクナゲを西洋で改良されたものを「西洋シャクナゲ」、日本原産のシャクナゲを「二ホンシャクナゲ」と呼びます。 ツツジ属Rhododendronシャクナゲ亜属の中の日本原産の種を指し、以下のように 分類されます。 キバナシャクナゲ R. aureum Georgi 本州~北海道の高山地帯、シベリアから千島列島・カムチャツカ など東アジアの寒冷地に広く分布し、クリーム色の花を咲かせる。 ハクサンシャクナゲ R. brachycarpum G. Don 北海道・本州...

【現品4種】柿苗 瑠璃小町(ルリコマチ) 9号

千草園芸

6,480

【現品4種】柿苗 瑠璃小町(ルリコマチ) 9号

※番号の商品をお送りします。 写真は17年9月29日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 179d-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) (植え付け) 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。根に比べて上の方が大きいので植えおえた後は支柱を3本立ててしっかり固定してください。瑠璃小町 (分類) カキ科の落葉高木 (樹高) 2~5m (収穫) 11~12月(開花5月) (利用) 庭植え、鉢植え (栽培敵地) 関東地方以南 関西地方で発見された柿で、フデガキのような形をしていますが、丸みがあり、フデガキよりも実が付きやすいです。 実はフデガキと同じくらいの小型ですが、熟すと真っ赤な色になります。 熟すと甘みが増しますが、緑のうちは渋が残ります。 自家結実しますので1本で実をつけ非常に実がたくさん付く品種です。 春には下記のようなかわいらしい花を咲かせます。

【現品】長命樹(ムベ・トキワアケビ)10号 601

千草園芸

10,260

【現品】長命樹(ムベ・トキワアケビ)10号 601

写真の商品をお送りします。 写真は17年6月6日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176a-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 別名:長命樹、トキワアケビ 。 学名 Stauntonia hexaphylla 原産 日本、朝鮮半島 分類 アケビ科 栽培適地 東北地方~九州 開花期 5~6月 結実期 9月 特性 葉が年を経るにつれ5枚、7枚と小葉を増していくため、昔から吉祥の木とされている。 果樹は食用にもなります。 商品の高 さ 8号鉢植えで、鉢を含めた高さは約180cmです。 ムベ 【分類】 アケビ科ムベ属のつる性常緑低木(雌雄同株) 【学名】 Stauntonia hexaphylla 【原産】 本州、四国、九州、朝鮮半島、中国 【別名】 トキワアケビ、ウベ 【用途】 鉢植え、庭植え、目隠し 【開花】 4月~5月 【結実】 6月~10月 【栽培適地】東北以南 【成木】 2m~20m ムベは、常緑性でアケビに比べ、実は小さく、果実は熟してもアケビのように裂かれません。また葉は、アケビより光沢があります。 また長寿の樹として知られる縁起きでもあります。 実は食用になりますが、アケビ等に比べて小さく、果肉も甘いが種が多く食べにくいので、商業的価値はあまりありません。 建物の日よけに利用した例。 ■栽培方法 ムベは日当たり、水はけ、肥沃な土壌を好みます。 乾燥しすぎると実つきがよくないので水やりは適宜に行いましょう。 またムベの場合も、1本でも実をつけますが、2本以上一緒に育てたほうが実つきはよくなります。木が若いのときに、花をよく咲かせても実をつけないこともありますが、1~2年成長すれば実がついてくるでしょう。 (植え付け)...

【現品】細葉シャクナゲ 桃 6号(e7)

千草園芸

3,888

【現品】細葉シャクナゲ 桃 6号(e7)

写真は17年10月26日。木の状態は季節により変化いたします。1710d日本石楠花 ニホンシャクナゲ 日本シャクナゲ 分類: ツツジ科ツツジ属シャクナゲ亜属の常緑低木 学名: Rhododendron 原産: 日本の山岳地帯 開花期: 5月~7月 用途: 庭木、鉢植え 樹高: 3~5m 栽培敵地: 九州以北 日本や中国原産のシャクナゲを西洋で改良されたものを「西洋シャクナゲ」、日本原産のシャクナゲを「二ホンシャクナゲ」と呼びます。 ツツジ属Rhododendronシャクナゲ亜属の中の日本原産の種を指し、以下のように 分類されます。 キバナシャクナゲ R. aureum Georgi 本州~北海道の高山地帯、シベリアから千島列島・カムチャツカ など東アジアの寒冷地に広く分布し、クリーム色の花を咲かせる。 ハクサンシャクナゲ R. brachycarpum G. Don 北海道・本州・四国と朝鮮半島北部の亜高山帯から一部はハイマツ帯 まで分布する。 楕円の形の葉で淡い色の花を咲かせる。 アズマシャクナゲ Rhododendron degronianum Carriere 東北地方から中部地方までの山地・亜高山帯に分布する。花はまとま りのある淡い紅色。 変種に静岡県伊豆半島の山地に分布するアマギシャクナゲ Rhododendron degronianum Carriere var. amagianum があります。 ツクシシャクナゲ Rhododendron japonoheptamerum Kitam. var. ...

花木 庭木の苗/キンモクセイ(金木犀)6号ポット

園芸ネット プラス

1,728

花木 庭木の苗/キンモクセイ(金木犀)6号ポット

開花期に強い芳香を漂わせ、庭木として愛される花木です。大型の鉢植えでも栽培できます。常緑性なので生垣にも適しています。花は中国茶に入れてキンモクセイ茶としても楽しめます。縁起木として植えられることも多く、特に結婚や金婚式の記念樹として好まれます。タイプ:耐寒性常緑低木植栽適地:関東地方以南開花期:9月半ば~10月半ば樹高:3~6m植付け適期:9~10月、3~4月日照:日向むき栽培方法:日当たり、水はけのよい場所に腐葉土や堆肥を施して植え付けてください。鉢植えの場合は、樹高1mで8号(直径24cm)くらいが目安です。生垣にする場合は30cm間隔に植え付けます。剪定は開花後の10月半ば~11月はじめ、または3~4月に行います。花芽は4月から伸び始めたその年の新枝に8月頃につきますので、それ以降は枝を切らないようにしてください。つゆの頃に挿し木で殖やすことができます。まれにハダニがつくことがあり、葉の表面が白っぽく変色しますので、ハダニ専用の薬剤で駆除してください。お届けする苗は6号(直径約18cm)ポット入り、樹高約70cm~1mの苗です。樹高は多少変動することがあります。またお届け時期により虫食い穴跡などで葉がきれいでない状態の場合があります。開花は来年以降からとなります。写真は成長・開花時のイメージです。※商品のお取り寄せに数日かかる場合があります。キンモクセイ(金木犀)6号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態についてキンモクセイのお茶

送料無料
庭樹盆栽:金木犀(キンモクセイ)鉢植え*【送料無料】ヤマト便発送!

遊恵盆栽 楽天市場店

6,980

庭樹盆栽:金木犀(キンモクセイ)鉢植え*【送料無料】ヤマト便発送!

商品情報 樹種:金木犀(キンモクセイ) 撮影日:8月 常緑樹。 10月の誕生木です。秋ごろに橙色の小ぶりで可愛い花が咲きます。咲き始めるととても甘い香りが楽しめます。*プラスティック鉢でのお届けとなります。*数量ものの為、写真と若干形状が異なる場合がございます。*露地栽培品を植え替えておりますので、虫食い穴などある場合があります。出荷前にきちんとチェックしてはおりますが多少の虫食いはご了承ください。 サイズ 全高:約120cm 鉢径:約36cm 手入れ ・水遣り・・・用土の表面が乾いたらあげます。目安は春・秋は1日1-2回、夏1日2回、冬2,3日に1回。・置き場所・・・基本的に室外が適しています。日当たり・風通しの良い所。夏は半日陰が良いです。冬は風、霜があたらない陽だまりが良いです。 ☆簡単な育て方説明書をお付けいたします。 ご購入後、詳しい手入れ方法を知りたい方は、メール・電話等でお問い合わせ下さい。 納期 配達日時はご指定できません。 お急ぎの場合は午前中までにご注文の場合、即日発送も可能です。 送料 全国一律 送料無料 (※但、北海道、沖縄、離島へは配送できません。) 詳しくはこちら ) きんもくせい、キンモクセイ、金木犀、謙遜、真実、陶酔、初恋

キンモクセイ(金木犀) 15cmポット苗 5本組

土っ子倶楽部

4,800

キンモクセイ(金木犀) 15cmポット苗 5本組

春の沈丁花、秋の金木犀といます。この花で、モクセイ酒(ホワイトリカーにつける)を作り、風味を楽しみます。病虫害も少なくて刈り込みにも耐えるので、生垣樹にも適します。日当たりのよい方が花付きはよくなりますが、日陰にも強いので色んな用途で植栽できます。1本植えの場合は、自然の状態で楕円形か球状に樹形を作りますが、生垣では、花が終わった直後か3~4月に整枝をします。 ※植え付け間隔:生垣を早めに完成したい場合は、1mに5本植え。じっくり完成させるには、1mに3本植えを目安とします。 15cmポット苗(5個組)でお届けします。高さ;約80~100cm(ポット含む)※5本組1セットです。・植物のため、樹姿はお届け見本写真とは異なることがあります。・商品写真はお届け見本です。また。ポットの色、形は写真とは異なることがあります。・花や実などの写真はイメージです。・開花;9~10月・花色;橙黄色・樹高;庭植えで、2~8m・用途;鉢・庭・モクセイ科・耐寒性常緑中高木・栽培適地・東北以南 単品もチェック! キンモクセイ 15cmポット苗秋空に強い香りを放つキンモクセイ。庭の主木や玄関脇、芝庭の植栽に利用しますが、生垣にしても面白い木です。

キンモクセイ/金木犀(樹高 1.5m内外)

ガーデニングショップ四季の里

7,884

キンモクセイ/金木犀(樹高 1.5m内外)

10月頃には庭全体がキンモクセイの香りに包まれ、香りを楽しむ植木の代表格です。 常緑なので目隠しにも使えます。 香りを楽しみたいなら玄関脇やアプローチの横、 日陰でも十分育つので北側に植えてもOKです。 常緑樹○ つる性- 落葉樹- 地被類- 葉を楽しむ- 生垣向き○ 花が咲く○ 希少樹種- 実がなる- シンボルツリー○ 紅葉を楽しむ- 日向で育てる○ 香りを楽しむ10月 半日陰で育てる○ カラーリーフ・斑入り- 西日OK○ 実がなる(観賞用)- 日陰を好む- 植木に必要な肥料もご一緒にいかがでしょうか ・グリーンそだちEX(化成肥料) ・発酵油かす 固形中粒(有機質肥料) 植えつけ方はこちらをご参照下さい。 ・店長と作る『ナチュラル洋風ガーデン』【こんな風にして生産しています】秋になるとキンモクセイの花のいい香りでいっぱいになります! * ご購入いただきましたお客様のお声をご紹介いたします。 誠にありがとうございます。 予想していたより、枝、葉とも状態が良かったです。しかも蕾も沢山ついてたので、これからの開花がとても楽しみです!豪雪地帯で地植えは無理なので、鉢植えにして大切に育てたいと思います。( vig 様 オススメ度*****) 枝や葉が思ったり少なかったのですが、今後大きくなることを期待しています。花が少しずつ咲き始め、いい香りがしてきています。季節を感じさせる一品かな?( rieyoshimon 様 オススメ度****) 画像のものほど大きいものではありませんが、いい苗が届きました。鉢に植えて楽しんでいます。秋には花が咲くことを期待。( き ゃ ら 様 オススメ度*****)

【現品】黒船ツツジ(クロフネツツジ)0.5m 02

全3商品

5,724

【現品】黒船ツツジ(クロフネツツジ)0.5m 02

写真の商品をお送りします。 写真は17年11月4日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1711a-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 特性・水はけのよい酸性土壌を好みます。鉢植えでは粗い鹿沼土を用います。クロフネツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【学名】Rhododendron schlippenbachii 【原産】中国東北部、ロシア極東部および朝鮮半島 【別名】カラツツジ 【開花】4-5月 【利用】庭植え、鉢植え【樹高】1m-4.5m 【栽培敵地】 北海道中部~九州 大輪の花を咲かせ、「ツツジの女王」と呼ばれることもあります。日本には江戸時代に朝鮮半島から渡来したとされています。 黒船に乗って渡来したとツツジ、黒船来航のころに渡来したツツジから名づけられたようです。 葉の展開後すぐに、淡い桃色の大形の花を咲かせます。 ●育て方のポイント● 耐暑性耐寒性に強く栽培しやすいツツジです。生育は遅く、大きくなるのに年月がかかります。 日当たり、水はけのよい肥沃な酸性土壌を好みます。用土は、水はけの良い土壌に鹿沼土やピートモスを2~3割以上混ぜた用土を使います。鉢植えでもよく生育します。 肥料は、冬と花後に化成肥料または油粕を与えます。 ●病害虫対策● 病気はほとんどありませんが、暖地ではグンバイ虫が発生しがちです。 新芽の展開する5月~6月には、浸透移行性の殺虫剤オルトラン粒剤などを撒いて予防します。

キンモクセイ(金木犀) 10.5cmポット苗 2個組

土っ子倶楽部

1,280

キンモクセイ(金木犀) 10.5cmポット苗 2個組

秋空に強い香りを放つキンモクセイ。庭の主木や玄関脇、芝庭の植栽に利用しますが、生垣にしても面白い木です。 この花で、モクセイ酒(ホワイトリカーにつける)を作り、風味を楽しみます。病虫害も少なくて刈り込みにも耐えるので、生垣樹にも適します。日当たりのよい方が花付きはよくなりますが、日陰にも強いので色んな用途で植栽できます。1本植えの場合は、自然の状態で楕円形か球状に樹形を作りますが、生垣では、花が終わった直後か3~4月に整枝をします。 《お届け時の状態》 ・ポットサイズ:10.5cmポット×2個セット ・お届け時高さ:20~30cm(容器含む) 《開花》9~10月頃(地域差あり) 《花色》橙黄色 《栽培適地》東北以南 《樹高》庭植えで、2~8m 《科名》モクセイ科 《園芸分類》耐寒性常緑中高木 《用途》鉢、庭 ※写真はイメージです。気温や栽培環境により色形が写真とは多少異なることがあります。 ※2株セットでお届けします。 15cmポット苗も!5本セットもチェック! キンモクセイ 15cmポット苗 5本組秋空に映える美しい黄金色。 通りすがりに香るキンモクセイは秋の風物詩。 庭の主木や玄関脇、芝庭の植栽に利用します。 生垣にしても面白い木です。

キンモクセイ(金木犀)樹高約2.0m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

ぐりーんぐりーん

7,300

キンモクセイ(金木犀)樹高約2.0m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

樹高は、約2.0mです(根鉢含まず) 送料は全国一律2,800 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【お任せ品】写真と同等商品の発送となります [S1.5]モクセイ ☆花が美しく香りが良いのが特徴的☆ キンモクセイ ヒイラギモクセイ キンモクセイ(金木犀)は、枝葉が密生し、葉は明るい緑色で光沢がある。香りの良い花をつける樹木の中でも一番です。刈込にも強く、洋風、和風の生垣に利用出来る。 分類 植栽適地 常緑低木 東北~沖縄 種類 キンモクセイ(金木犀) 黄金色の花を咲かせる最も強い芳香をもつ ギンモクセイ(銀木犀) 白色の花色を咲かせる ヒイラギモクセイ(柊木犀) 白色の花色を咲かせる葉には、トゲがある 鑑賞ポイントと時期 10月頃 強い芳香のある花を咲かせる 管理のポイント 植えつけ 日向地で、排水性のよい土壌を好む。日陰でも育つが、花つきがよくない。土質は選びませんが、乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 1月~2月頃に寒肥(有機質肥料)を与える。 基本の剪定 春に延びてきた新しい枝に花芽が出来るので、枝が伸び始める前の2~3月頃と花後の11月頃に刈り込む。

送料無料
【送料無料】【生垣用】キンモクセイ(金木犀) 苗木 1.1~1.3m×4本セット

千草園芸

8,424

【送料無料】【生垣用】キンモクセイ(金木犀) 苗木 1.1~1.3m×4本セット

写真は見本品です。 写真は17年10月5日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1710a-u 北海道や船賃の要る離島と沖縄は別途送料が必要です。 ■キンモクセイは香りの植物として、世界ベスト3に入るといわれています。開花時にはオレンジ色の花が咲き、強い芳香があります。 雌雄異株として知られているが、日本には、雄株しかなく結実は見られません。 またモクセイの仲間として、白花の「銀モクセイ」や葉がギザギザの「ヒイラギモクセイ」や四季咲きの「四季咲きモクセイ」などがあります。キンモクセイ 【分類】モクセイ科モクセイ属の常緑小高木 【学名】Osmanthus fragrans Lour.var.aurantiacas Makino 【原産】中国南西部 【開花期】9~10月 【樹高】4m 【栽培適地】関東地方以南 ●特徴と育て方のポイント● 玄関先のシンボルツリーとしても人気のキンモクセイですが、成長が遅く節が詰まっているので生垣などにも利用できます。 雌雄異株ですが、日本には雄株しか導入がなく、種をつけることはありません。 香りの強いことで知られ、香水やアロマオイルにも利用されています。分類上はギンモクセイの変種とされています。 植える場所は、水はけの良い日当たりを好みます。寒さには弱いので、寒地での栽培には適していません。関東地方以南での露地植えが可能です。 生育は遅めで、背丈は年に20cmくらいしか大きくなりません。 性質が強く、通常の庭木として気を使うこともなく栽培できます。 水やりは、表土が乾いたらたっぷりと与えてあげましょう。 肥料は骨粉や鶏糞、草木灰などリン酸やカリの多い肥料を与えます。 窒素分の多い肥料を与えすぎると花付が悪くなりますので注意しましょう。 ●剪定と病害虫対策● 新芽のふく春前に形を整え...

【現品】枝垂れ花水木(シダレハナミズキ)

千草園芸

9,180

【現品】枝垂れ花水木(シダレハナミズキ)

写真の商品をお送りします。 季節によって状態は変化します。 1611a-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 植え込み前の土壌改良材 + ※1袋でしたら同梱(同じ送料)できます 苗木、植木、庭木 落葉樹 シンボルツリーハナミズキ 分類: ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木学名: Cornus florida L原産: アメリカ東部、メキシコ北東部 別名: アメリカヤマボウシ開花期: 4月下旬~5月上旬樹高: 3m-12m栽培敵地: 日本全国 ハナミズキの育て方 日当たりの良い場所を好みます。 浅根性の植物ですから日が根元に照りつける場所では株元にワラなどを敷いて、できるだけ地温の上昇しないようにしましょう。 夏に水枯れを起すと葉の周りから枯れ込みが進み、木の生育が衰えます。 植え込み時には土の保水性を高めるために腐葉土などの有機質を多めに土に混ぜて植えることが大切です。 かかりやすい病害虫 いろいろな毛虫類、カイガラムシ類、の被害を受けることがあります。 多い場合は殺虫剤の散布が必要です。 病気ではウドンコ病が発生します。 夏以降に発生してもあまり翌年の開花や生育には障害になりませんが、春の新芽に発生すると気が弱るので、殺菌剤の散布が必要です。 冬の落葉時に石灰硫黄合剤の散布は予防に効果的です。 ↑開花期(滋賀県中部4月下旬) ↑結実期(9月下旬)

キンモクセイ(金木犀) 苗木 1m

千草園芸

1,836

キンモクセイ(金木犀) 苗木 1m

写真の商品をお送りします。 写真は17年10月25日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。179d-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)キンモクセイ 【分類】モクセイ科モクセイ属の常緑小高木 【学名】Osmanthus fragrans Lour.var.aurantiacas Makino 【原産】中国南西部 【開花期】9~10月 【樹高】4m 【栽培適地】関東地方以南 ●特徴と育て方のポイント● 玄関先のシンボルツリーとしても人気のキンモクセイですが、成長が遅く節が詰まっているので生垣などにも利用できます。 雌雄異株ですが、日本には雄株しか導入がなく、種をつけることはありません。 香りの強いことで知られ、香水やアロマオイルにも利用されています。分類上はギンモクセイの変種とされています。 植える場所は、水はけの良い日当たりを好みます。寒さには弱いので、寒地での栽培には適していません。関東地方以南での露地植えが可能です。 生育は遅めで、背丈は年に20cmくらいしか大きくなりません。 性質が強く、通常の庭木として気を使うこともなく栽培できます。 水やりは、表土が乾いたらたっぷりと与えてあげましょう。 肥料は骨粉や鶏糞、草木灰などリン酸やカリの多い肥料を与えます。 窒素分の多い肥料を与えすぎると花付が悪くなりますので注意しましょう。 ●剪定と病害虫対策● 新芽のふく春前に形を整え、風通しをよくしてあげましょう。病気は特にありませんが、アブラムシ、カイガラムシが付くことがあります。 あまり発生はありませんので、見つけたら殺虫剤を散布します。また、新芽の展開時期にはハマキムシ、シンクイムシ、アオムシ類が発生することもあります。 この時期にオルトラン粒剤を根元にまいておくと予防できます。夏場には...

【現品】椿(ツバキ)西王母(セイオウボ) 10号鉢植え 1.4m 111452 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

全3商品

4,860

【現品】椿(ツバキ)西王母(セイオウボ) 10号鉢植え 1.4m 111452 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は17年11月14日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1711b-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。...

【現品】富有柿(フユウガキ) 1.4~1.5m【厳選5種】

千草園芸

8,100

【現品】富有柿(フユウガキ) 1.4~1.5m【厳選5種】

写真の商品(現品番号)をお送りします。↓↓ ↑ 現品番号 01番 ↑ ↑ 現品番号 02番 ↑ ↑現品番号 03番 ↑ ↑ 現品番号 04番 ↑ ↑ 現品番号 05番 ↑ 写真の商品をお送りします。 写真は16年11月2日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1611b-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)富有柿(フユウガキ) ■学名■Diospyros kaki 'Fuyu' ■成木の樹高■4~6m ■栽培適地■関東地方~九州 ■開花期■5月 ■結実期■10~11月 ■特性■栽培容易で豊産性の品種です。隔年結実の性質があります。 1857年から岐阜県瑞穂市で栽培された御所系統の柿の木から増殖されたもので、原木は瑞穂市の天然記念物に指定され、現在も健在ということです。変異種の「すなみ柿」、枝変わりの「西村早生」などがあります。 甘みが強く、甘柿で最も生産量が多い柿です。 花は雌花のみが着き、1本でも実が付きますが、他品種の柿と交配(受粉)すると実付がよくなります。 日当たりのよい場所、肥沃な環境で育てると甘味が強くなり、結実が多い場合は、小さいうちに摘果をすると実は大きく甘くなります。 (植え付け) 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。根に比べて上の方が大きいので植えおえた後は支柱を3本立ててしっかり固定してください。

【現品】【盆栽】オリーブの古木 品種:ネバディロブランコ 10号陶器鉢 bg-5

松や植物園 楽天市場支店

64,800

【現品】【盆栽】オリーブの古木 品種:ネバディロブランコ 10号陶器鉢 bg-5

おススメポイントは幹が古いため古木の趣が素晴らしいです。バイヤー自慢の逸品です。オリーブ 古木 8号 根本の幹肌、質感が荘厳で美しい逸品に仕上がっております。 古木ならではの虚がこのサイズで見られるものは中々ございません。 育てやすく常緑なので一年中観賞できます。ご自宅のシンボルツリーとしてお楽しみいただけます。 【サイズ】 全高:70cm 10号陶器鉢 【管理方法】 明るく風通しの良い場所で管理します。屋内でも育てられますが日照不足になると枝が貧弱になりますのでご注意ください。 乾燥気味な環境を好みます。冬は寒さには強いのですが凍らせないように管理します。耐寒温度はマイナス10度です。実をつけるためには異なる品種のオリーブをとなりに置き交配させますが、一本でも実のある品種もあります。例:ピクアル 『鉢植えの場合のみずやり』 鉢植えは、表面の土が乾燥したら、鉢底から流れ出てくるのを目安にたっぷり水やりをしてください。 冬は、土が乾燥してから数日ほど時間をあけてから水やりをします。 ※季節により、落葉や花の状態等が変わりますので写真と状態が変わっている場合が ござますが正常な成育のサイクルですのでご安心下さいませ。 撮影は10月19日です。 【送料区分A(小中型商品)】 北海道・東北地方・沖縄以外は一梱包につき1,080円 北海道・東北地方は一梱包につき2,160円 離島・沖縄へは送れません。 同規格商品なら約2個同梱可能。商品の形状等によります。 細心の注意をはらいますが、輸送によるトゲや葉先の折れなどある場合がございますが ご了承くださいませ。

【現品】紅花キンモクセイ「フレグランスレッド」1.6m 92101

千草園芸

8,424

【現品】紅花キンモクセイ「フレグランスレッド」1.6m 92101

写真の商品をお送りします。 写真は17年9月21日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。179d-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)紅花キンモクセイ"フレグランスレッド" 最新貴重品種で、濃橙色の美しい花を数多くつけるモクセイ科の植物です。 中国で発見された選抜種で、普通のキンモクセイより濃いオレンジ色の花を咲かせます。 フレグランスレッドという名前ですが、赤い花ではなく咲き進むにしたがって次第に濃い橙色になっていきます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけの良い日当たりを好みます。寒さには弱いので、寒地での栽培には適していません。関東地方以南での露地植えが可能です。 生育は遅めで、背丈は年に20cmくらいしか大きくなりません。 性質が強く、通常の庭木として気を使うこともなく栽培できます。 水やりは、表土が乾いたらたっぷりと与えてあげましょう。 肥料は骨粉や鶏糞、草木灰などリン酸やカリの多い肥料を与えます。 窒素分の多い肥料を与えすぎると花付が悪くなりますので注意しましょう。 ●剪定と病害虫対策● 新芽のふく春前に形を整え、風通しをよくしてあげましょう。病気は特にありませんが、アブラムシ、カイガラムシが付くことがあります。 あまり発生はありませんので、見つけたら殺虫剤を散布します。また、新芽の展開時期にはハマキムシ、シンクイムシ、アオムシ類が発生することもあります。 この時期にオルトラン粒剤を根元にまいておくと予防できます。夏場には、蓑虫が付いていることがあるので取り除いてください。 キンモクセイ 日本の庭木として人気の樹木です。芳香のあるオレンジ色の花を咲かせます。 →キンモクセイはこちら ギンモクセイ 樹高は低い性質で、四季咲きモクセイの歪性種です。小さくても開花し...

【現品】紅花キンモクセイ「フレグランスレッド」1.8m 211

千草園芸

7,992

【現品】紅花キンモクセイ「フレグランスレッド」1.8m 211

写真の商品をお送りします。 写真は17年9月21日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。179c-u 送料はL-3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)紅花キンモクセイ"フレグランスレッド" 最新貴重品種で、濃橙色の美しい花を数多くつけるモクセイ科の植物です。 中国で発見された選抜種で、普通のキンモクセイより濃いオレンジ色の花を咲かせます。 フレグランスレッドという名前ですが、赤い花ではなく咲き進むにしたがって次第に濃い橙色になっていきます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけの良い日当たりを好みます。寒さには弱いので、寒地での栽培には適していません。関東地方以南での露地植えが可能です。 生育は遅めで、背丈は年に20cmくらいしか大きくなりません。 性質が強く、通常の庭木として気を使うこともなく栽培できます。 水やりは、表土が乾いたらたっぷりと与えてあげましょう。 肥料は骨粉や鶏糞、草木灰などリン酸やカリの多い肥料を与えます。 窒素分の多い肥料を与えすぎると花付が悪くなりますので注意しましょう。 ●剪定と病害虫対策● 新芽のふく春前に形を整え、風通しをよくしてあげましょう。病気は特にありませんが、アブラムシ、カイガラムシが付くことがあります。 あまり発生はありませんので、見つけたら殺虫剤を散布します。また、新芽の展開時期にはハマキムシ、シンクイムシ、アオムシ類が発生することもあります。 この時期にオルトラン粒剤を根元にまいておくと予防できます。夏場には、蓑虫が付いていることがあるので取り除いてください。 キンモクセイ 日本の庭木として人気の樹木です。芳香のあるオレンジ色の花を咲かせます。 →キンモクセイはこちら ギンモクセイ 樹高は低い性質で、四季咲きモクセイの歪性種です。小さくても開花し...

【現品】紅花キンモクセイ「フレグランスレッド」1.8m 10141

千草園芸

7,020

【現品】紅花キンモクセイ「フレグランスレッド」1.8m 10141

写真の商品をお送りします。 写真は17年10月18日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1710c-u 送料はL-3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)紅花キンモクセイ"フレグランスレッド" 最新貴重品種で、濃橙色の美しい花を数多くつけるモクセイ科の植物です。 中国で発見された選抜種で、普通のキンモクセイより濃いオレンジ色の花を咲かせます。 フレグランスレッドという名前ですが、赤い花ではなく咲き進むにしたがって次第に濃い橙色になっていきます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけの良い日当たりを好みます。寒さには弱いので、寒地での栽培には適していません。関東地方以南での露地植えが可能です。 生育は遅めで、背丈は年に20cmくらいしか大きくなりません。 性質が強く、通常の庭木として気を使うこともなく栽培できます。 水やりは、表土が乾いたらたっぷりと与えてあげましょう。 肥料は骨粉や鶏糞、草木灰などリン酸やカリの多い肥料を与えます。 窒素分の多い肥料を与えすぎると花付が悪くなりますので注意しましょう。 ●剪定と病害虫対策● 新芽のふく春前に形を整え、風通しをよくしてあげましょう。病気は特にありませんが、アブラムシ、カイガラムシが付くことがあります。 あまり発生はありませんので、見つけたら殺虫剤を散布します。また、新芽の展開時期にはハマキムシ、シンクイムシ、アオムシ類が発生することもあります。 この時期にオルトラン粒剤を根元にまいておくと予防できます。夏場には、蓑虫が付いていることがあるので取り除いてください。 キンモクセイ 日本の庭木として人気の樹木です。芳香のあるオレンジ色の花を咲かせます。 →キンモクセイはこちら ギンモクセイ 樹高は低い性質で、四季咲きモクセイの歪性種です。小さくても開花し...

【現品】椿(ツバキ)タロウカジャ(太郎冠者)1.5m 102452《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

8,424

【現品】椿(ツバキ)タロウカジャ(太郎冠者)1.5m 102452《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品をお送りします。 写真は17年10月24日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1710c-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)椿 タロウカジャ(太郎冠者) 学名: Camellia Uraku Kitam 別名: ウラクツバキ(有楽椿) 開花期: 12~4月 ピンク一重の中輪筒咲き~ラッパ咲きで「数奇屋侘助」よりも濃く、紅ワビスケよりも薄いピンク色です。 開花は早咲きで12~4月と長期間咲く品種で日本にはない色素を持っているそうです。 中国から輸入されたツバキ属の原種と、日本のヤブツバキとの間にできた椿と云われていますが、定かではありません。 有楽椿の名は、東京に有楽町の名を残したことでも知られる織田有楽斉長益が茶席の花として愛用したことに由来しています。 有楽斎は織田信長の実弟で、大阪冬の陣では豊臣方に与しましたが、後に堺・京都などに隠棲したそうです。 京都では有楽椿、江戸では太郎冠者の名で呼ばれるようになりました。 昭和27年には、京都大学北村四郎博士が京都東山高台寺月真院にある椿を調査され、日本にはない椿と判明し「Camellia Uraku」の学名がつけられました。 有楽椿は、安土桃山時代(茶人としては千利休が有名)から江戸時代にかけて、茶花としで重宝されたようです。 葉は、先端が細長い長楕円形で、葉質は固く、端は鋸歯状になっています。 現存する古木は、樹齢400年を超える椿が京都「等持院」にあります。 しかし、周りが長年にわたり綺麗にされていて土がやせているようであまり元気な状態ではありません。

【現品】椿(ツバキ)玉之浦(タマノウラ)1.5m 30351 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

5,400

【現品】椿(ツバキ)玉之浦(タマノウラ)1.5m 30351 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※番号の商品を御送りします。 写真は17年3月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 173a-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。...

【現品発送】ハウチワカエデ樹高1.5-1.6m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

ぐりーんぐりーん

17,800

【現品発送】ハウチワカエデ樹高1.5-1.6m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

送料は全国一律2,800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: HW01(1.6m) 新着! 商品番号: HW02(1.6m) 新着! 商品番号: HW03(1.6m) 新着! 商品番号: HW04(1.6m) [S2.0]モミジ・カエデ 紅葉の美しさは一番 モミジ(新緑) モミジ(紅葉) 野村モミジ ハナカエデ(新緑) ハナカエデ(紅葉) “モミジ"は、春の新緑、夏の緑陰と葉影、秋の紅葉と四季を通して庭を楽しませてくれます。4~5月、葉が出ると同時に暗赤色の小さな花が、たれさがって咲く。 “カエデ"は、春から秋まで楽しめる伝統的なカラーリーフツリーです。園芸種により、赤、黄、オレンジ、複色など多彩な色を楽しむ事が出来る。春の新芽の時期も、紅葉と同様にとても美しく魅力の一つです。庭の彩りとして植栽したい植木の一つです。サトウカエデは、カナダの国旗にも使われています。 分類 植栽適地 落葉高木 北海道~九州 鑑賞ポイントと時期 春頃 新緑の時期には、紅葉と同様に魅力的 秋頃 緑色だった葉が深い黄色や赤色に色づいていく様子は、大変美しい 管理のポイント 植えつけ 日向地~半日向地で、排水性のよい土壌を好む。乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。美しい紅葉を楽しむ為には、日当たりがいい所に植えつけてあげる。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 肥料を与える場合は2月頃に寒肥(有機質肥料)を与える。紅葉を楽しみたい場合は、肥料分が秋まで残らないようにする。6月末以降は肥料を与えない...

■掘り出しもの■金木犀 (キンモクセイ) 特大根巻き苗 常緑樹 シンボルツリー 生垣 目隠し 【西濃運輸お届け】【北海道・沖縄・離島不可】

花ひろばオンライン

4,082

■掘り出しもの■金木犀 (キンモクセイ) 特大根巻き苗 常緑樹 シンボルツリー 生垣 目隠し 【西濃運輸お届け】【北海道・沖縄・離島不可】

花ひろばオンラインの配送料金についてこちらの商品の送料区分は・・・通常梱包です。(160サイズ以上 ※小梱包不可) この商品の1梱包に収まる 同梱可能本数は・・・ 1 本 まで。 2本以上 のご注文の場合、送料は 複数梱包 になります。 こちらの商品のまとめ買い時の送料は上記本数でも1本でも同じです。 ※当店の配送料金は1箱 (1梱包あたり) 単位になります。他の商品と複数ごこ購入の際は、商品それぞれに同梱可能本数を設けておりますので、購入時の送料とご請求時の送料が異なる場合がございますので、詳しくはご注文後、当店からの「受付確認メール」を必ずご確認くださいませ。送料についてはこちら同梱可能本数の目安(一覧)はこちらご注文からお届けまでの流れはこちら お届けする商品について 商品について 商品は根巻き苗です。根巻き部分含め高さ約1.6m前後位です。根巻き苗の根を包んでいる麻布や麻紐ははずさずに植えてください。土中で自然分解されます。もしはずしてしまった場合も問題はありませんが、根を崩さないように注意してください。 ※たまに、秋や冬に葉が縮んでいる事がございます。寒さのためでウイルス病などではないのでご安心ください。 モクセイの育て方植え付け・用土基本的に植え付けは4月~入梅までか秋に行います。寒地では春植えをおすすめします。日当たりの良い水はけの良い肥沃な土壌に植えます。堆肥や完熟の腐葉土をすきこんだ土に浅めに植え付けします。 剪定について放任して育てても自然な樹形になりますが、こまめな剪定でコンパクトに楽しむことができます。刈り込みにも強く、剪定は花が終わった直後か3~4月がベスト。冬の剪定は控えめに。 肥料・ポイント2月ごろに寒肥として油粕と腐葉土や堆肥を株周りに穴を掘り与えます。病害虫・消毒風通しが悪いとハダニやカイガラムシが発...

人気の花・ガーデニング用品のキンズ、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵な庭を演出する花・ガーデニング用品。ガーデニングが素敵になるキンズが見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい花・ガーデニング用品が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「キンズ」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ