「エゴノキピンク株立ち」 の関連商品を含む検索結果 2件

【現品】エゴノキピンク 株立ち 1.6m 52259

千草園芸

13,500

【現品】エゴノキピンク 株立ち 1.6m 52259

※写真の商品を御送りします。 写真は17年5月23日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 175c-u 送料はL−2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) (植え付け) 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 直射日光が根元に直接当たる場所では土の高温は根を弱らせ、木を枯らす原因になります。必ずバークなどを厚めに敷き詰め地温の上昇をなくしてやることが大切です。 水はけの悪い場所では深植えするのは禁物で。上からは見えなくても雨が降ると地下水位が上昇して根ぐされをおこします。下の根が根腐れを起こすと根が少なくなり、乾燥に耐えられなくなってそのまま立ち枯れたり、徐々に葉枯れを起こして衰退していきます。根鉢は必ず地面よりも高い位置になるように植えてください。植えおえた後は支柱を立てて、しっかりと固定します。 エゴノキ 【分類】エゴノキ科エゴノキ属 【学名】Styrax japonica Sieb. et Zucc. 【原産】日本、中国 【別名】チシャノキ、チナイ 【用途】庭木、シンボルツリー 【開花】4月〜6月 【結実】10月 【成木】7m〜8m 落葉小高木で、エゴノキの花弁は5枚で先が反り返り、鐘形の小花をたくさんつけ、後に種ができます。 常緑エゴノキもあります。 木には エグイ有毒成分を含む事で、エゴノキと呼ばれたようです。 やさしい樹形が好まれ、自然株立ち樹形のものが庭木として利用されます。 一般的には白花ですが...

【現品】エゴノキピンク 株立ち 1.7m 52258 r

千草園芸

13,500

【現品】エゴノキピンク 株立ち 1.7m 52258 r

※写真の商品を御送りします。 写真は17年5月23日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 175c-u 送料はL−2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) (植え付け) 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 直射日光が根元に直接当たる場所では土の高温は根を弱らせ、木を枯らす原因になります。必ずバークなどを厚めに敷き詰め地温の上昇をなくしてやることが大切です。 水はけの悪い場所では深植えするのは禁物で。上からは見えなくても雨が降ると地下水位が上昇して根ぐされをおこします。下の根が根腐れを起こすと根が少なくなり、乾燥に耐えられなくなってそのまま立ち枯れたり、徐々に葉枯れを起こして衰退していきます。根鉢は必ず地面よりも高い位置になるように植えてください。植えおえた後は支柱を立てて、しっかりと固定します。 エゴノキ 【分類】エゴノキ科エゴノキ属 【学名】Styrax japonica Sieb. et Zucc. 【原産】日本、中国 【別名】チシャノキ、チナイ 【用途】庭木、シンボルツリー 【開花】4月〜6月 【結実】10月 【成木】7m〜8m 落葉小高木で、エゴノキの花弁は5枚で先が反り返り、鐘形の小花をたくさんつけ、後に種ができます。 常緑エゴノキもあります。 木には エグイ有毒成分を含む事で、エゴノキと呼ばれたようです。 やさしい樹形が好まれ、自然株立ち樹形のものが庭木として利用されます。 一般的には白花ですが...

こちらの関連商品はいかがですか?

【現品】エゴノキ 白花 株立ち 1.6m 62751

千草園芸

7,020

【現品】エゴノキ 白花 株立ち 1.6m 62751

写真の商品をお送りします。 写真は17年6月27日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176d-u 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)エゴノキ 【分類】エゴノキ科エゴノキ属 【学名】Styrax japonica Sieb. et Zucc. 【原産】日本、中国 【別名】チシャノキ、チナイ 【用途】庭木、シンボルツリー 【開花】4月〜6月 【結実】10月 【成木】7m〜8m 落葉小高木で、エゴノキの花弁は5枚で先が反り返り、鐘形の小花をたくさんつけ、後に種ができます。 常緑エゴノキもあります。 木には エグイ有毒成分を含む事で、エゴノキと呼ばれたようです。 やさしい樹形が好まれ、自然株立ち樹形のものが庭木として利用されます。 一般的には白花ですが、他の品種に淡紅色の「ピンク チャイム」や枝が垂れ下がる「シダレエゴノキ」などがあります。 たまに新芽が膨らんで菊の花状のムシコブが見られることがあります。 これはイネ科のアシボソに一次寄生する「エゴノネコアシアブラムシ」の2次寄生によって作られたチュウエイです。 秋の終わりには黄色に紅葉します。 ■管理方法■(育て方) 半日陰〜日当たりを好みます。乾燥を嫌うので、植えこむ際は、しっかりと腐葉土を入れ湿度を保ちやすくしましょう。 剪定する際は、枝は根元から切り、保護剤を塗っておきましょう。 ★栽培適地:日本全国 ↑ピンクチャイム ↑常緑エゴノキ ■植え付けについて■ 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろ...

【現品】 マルバノキ 株立ち 1.4m〜

千草園芸

14,040

【現品】 マルバノキ 株立ち 1.4m〜

※写真の商品をお送りします。 写真は16年11月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1611c-u 送料はL−2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 111510 111511 111512 111513 111514 111515 ■栽培方法 半日陰でも育ちますが、日当たりが良いほうがよく育ちます。 水はけの良い場所に植えてください。水はけの悪い場所では育ちませんので、保水性、通気性の良い用土で露地面よりも高めに植えていただくとよく育ちます。 夏場には地温が上昇しないようにマルチなどをして、乾燥にも注意し、水を与えてください。 自然樹形が綺麗なので、剪定はあまり必要ありません。不要な枝を取り除く程度にしてください。マルバノキ 分類: マンサク科マルバノキ属の落葉低木 学名: Disanthus cercidifolius Maxim 原産: 中部、近畿、四国 別名: ベニマンサク(紅万作) 開花期 : 11月 樹高: 3〜4m 栽培敵地: 東北中部〜九州 ハート型の葉が美しく、秋には真っ赤に紅葉することから庭木としてよく用いられます。 小さい赤い花も魅力的です。赤くてマンサクに似た花(あまり似ていません)が咲くことから、ベニマンサクと呼ばれることがあります。 栽培 日当たりと水はけのよい場所を好みます。半日陰でも大丈夫です。 西日の当たる場所、地面に直射が当たり、根元の地温が高くなる場所、夏に乾燥する場所では育ちません。このような場所に植えつける場合は、十分にマルチをして乾燥防止と地温が高くならないようにすることが必要です。 水はけの悪い場所では根グサレしやすく育てることはできません。植え場所を高くして水はけが十分できるようにしてから植えるようにしてください。土には腐葉土などを入れて保水性...

【現品】常緑山法師(ヤマボウシ) 株立ち 1.6m 62005r

千草園芸

7,992

【現品】常緑山法師(ヤマボウシ) 株立ち 1.6m 62005r

写真の商品をお送りします。 写真は17年6月20日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176b-u 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)常緑ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ミズキ属の常緑中高木 【学名】Cornus hongkongensis 【原産】中国 【開花期】5月〜6月 【樹高】4m〜5m 【栽培適地】関東地方以南 花付が大変よく、成長すると開花時には木一面が花で覆われます。秋には、実もたくさんつけます。夏の暑さにも強く、病害虫にも強いです。 常緑性の樹木で暖地では落葉しませんが、関東関西地方ではかなり落葉します。 落葉しても翌年には新たに芽を吹き、夏にはよく茂って開花します。丈夫な性質の樹木で、成長も大変早く、年に1m以上伸びることもあります。 品種では、特に花つきの良い月光、実付きの良いサマーグラッシーなどがあります。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけ・日当たりのよい所を好みます。多少の日陰でもよく育ちますが、少し伸び気味になり、花付も悪くなります。 花付は、木一面を覆うくらいに付きますので、水やりも少し少なめのほうがよいかもしれません。 夏の暑さにも強く、葉も大変よく茂ります。秋にはたくさんの花芽をつけて冬をむかえます。 寒さに弱く-5℃の低温にも耐えると言われていますが、関西では冬はかなり落葉しまます。 防寒するほどではありませんが、寒風のよくあたる場所では落葉樹のように落葉することもあります。 しかし、多少落葉しても春の回復力は強く、5月以降は驚くほどの回復を見せて木一面に花を咲かせます。 積雪の多い地方では積雪対策が必要です。 枝は折れやすいので、剪定をしたりコモなどで覆うなどの対策を行ってください。 ●剪定と病害虫対策● 生育は早く、よく新芽を伸ばしますので...

【現品】常緑山法師 (ヤマボウシ) 株立ち 1.8m 51903

千草園芸

15,120

【現品】常緑山法師 (ヤマボウシ) 株立ち 1.8m 51903

写真の商品をお送りします。 写真は17年5月20日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175c-u 送料はL−3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)常緑ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ミズキ属の常緑中高木 【学名】Cornus hongkongensis 【原産】中国 【開花期】5月〜6月 【樹高】4m〜5m 【栽培適地】関東地方以南 花付が大変よく、成長すると開花時には木一面が花で覆われます。秋には、実もたくさんつけます。夏の暑さにも強く、病害虫にも強いです。 常緑性の樹木で暖地では落葉しませんが、関東関西地方ではかなり落葉します。 落葉しても翌年には新たに芽を吹き、夏にはよく茂って開花します。丈夫な性質の樹木で、成長も大変早く、年に1m以上伸びることもあります。 品種では、特に花つきの良い月光、実付きの良いサマーグラッシーなどがあります。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけ・日当たりのよい所を好みます。多少の日陰でもよく育ちますが、少し伸び気味になり、花付も悪くなります。 花付は、木一面を覆うくらいに付きますので、水やりも少し少なめのほうがよいかもしれません。 夏の暑さにも強く、葉も大変よく茂ります。秋にはたくさんの花芽をつけて冬をむかえます。 寒さに弱く-5℃の低温にも耐えると言われていますが、関西では冬はかなり落葉しまます。 防寒するほどではありませんが、寒風のよくあたる場所では落葉樹のように落葉することもあります。 しかし、多少落葉しても春の回復力は強く、5月以降は驚くほどの回復を見せて木一面に花を咲かせます。 積雪の多い地方では積雪対策が必要です。 枝は折れやすいので、剪定をしたりコモなどで覆うなどの対策を行ってください。 ●剪定と病害虫対策● 生育は早く、よく新芽を伸ばしますので...

【現品】常緑山法師(ヤマボウシ) 株立ち1.8m 51501

千草園芸

10,152

【現品】常緑山法師(ヤマボウシ) 株立ち1.8m 51501

写真の商品をお送りします。 写真は17年5月15日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175c-u 送料はL−3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 耐寒性が強く冬期でも葉面に光沢が有り、東北南部、植栽可能です。 関西北部では冬はほとんど落葉しますが、暖かくなると回復し、夏には花を咲かせます。 花付がよいので非常に観賞価値の有る品種です。小さいうちからよく花を咲かせます。常緑ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ミズキ属の常緑中高木 【学名】Cornus hongkongensis 【原産】中国 【開花期】5月〜6月 【樹高】4m〜5m 【栽培適地】関東地方以南 花付が大変よく、成長すると開花時には木一面が花で覆われます。秋には、実もたくさんつけます。夏の暑さにも強く、病害虫にも強いです。 常緑性の樹木で暖地では落葉しませんが、関東関西地方ではかなり落葉します。 落葉しても翌年には新たに芽を吹き、夏にはよく茂って開花します。丈夫な性質の樹木で、成長も大変早く、年に1m以上伸びることもあります。 品種では、特に花つきの良い月光、実付きの良いサマーグラッシーなどがあります。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけ・日当たりのよい所を好みます。多少の日陰でもよく育ちますが、少し伸び気味になり、花付も悪くなります。 花付は、木一面を覆うくらいに付きますので、水やりも少し少なめのほうがよいかもしれません。 夏の暑さにも強く、葉も大変よく茂ります。秋にはたくさんの花芽をつけて冬をむかえます。 寒さに弱く-5℃の低温にも耐えると言われていますが、関西では冬はかなり落葉しまます。 防寒するほどではありませんが、寒風のよくあたる場所では落葉樹のように落葉することもあります。 しかし、多少落葉しても春の回復力は強く...

【現品】エゴノキ 株立ち ピンク 1.8m 120356 r

全3商品

14,580

【現品】エゴノキ 株立ち ピンク 1.8m 120356 r

※写真の商品を御送りします。 写真は17年5月30日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。 175d-u 送料はL−3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)エゴノキ 【分類】エゴノキ科エゴノキ属 【学名】Styrax japonica Sieb. et Zucc. 【原産】日本、中国 【別名】チシャノキ、チナイ 【用途】庭木、シンボルツリー 【開花】4月〜6月 【結実】10月 【成木】7m〜8m 落葉小高木で、エゴノキの花弁は5枚で先が反り返り、鐘形の小花をたくさんつけ、後に種ができます。 常緑エゴノキもあります。 木には エグイ有毒成分を含む事で、エゴノキと呼ばれたようです。 やさしい樹形が好まれ、自然株立ち樹形のものが庭木として利用されます。 一般的には白花ですが、他の品種に淡紅色の「ピンク チャイム」や枝が垂れ下がる「シダレエゴノキ」などがあります。 たまに新芽が膨らんで菊の花状のムシコブが見られることがあります。 これはイネ科のアシボソに一次寄生する「エゴノネコアシアブラムシ」の2次寄生によって作られたチュウエイです。 秋の終わりには黄色に紅葉します。 ■管理方法■(育て方) 半日陰〜日当たりを好みます。乾燥を嫌うので、植えこむ際は、しっかりと腐葉土を入れ湿度を保ちやすくしましょう。 剪定する際は、枝は根元から切り、保護剤を塗っておきましょう。 ★栽培適地:日本全国 ↑ピンクチャイム ↑常緑エゴノキ ■植え付けについて■ 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてど...

【現品】 イロハモミジ 株立ち 1.8m 06153 落葉樹 紅葉

千草園芸

15,660

【現品】 イロハモミジ 株立ち 1.8m 06153 落葉樹 紅葉

※写真の商品をお送りします。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での 発送となります。 ※樹木の生長によって、樹形を整えるため 剪定させて頂くことが御座います。 ご了承の上ご購入ください。 写真は17年6月15日に撮影しました。 新芽が出てきています。 木の状態は季節によって変化いたします 175d-u 送料はL−3 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10〜15m 【開花期】4月〜5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 上の左が春野芽出し時、右が夏の状態です。 モミジの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 下は滋賀県湖東三山のひとつ金剛輪寺のヤマモミジ2015.11.29...

【現品】ヤマボウシ(山法師)白花 株立ち 1.8m 80402

全2商品

18,360

【現品】ヤマボウシ(山法師)白花 株立ち 1.8m 80402

写真の商品をお送りします。 写真は17年5月8日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175a-u 送料はL−3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ※高さ調節のため、上部を剪定しております。ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ヤマボウシ属の落葉中高木 【学名】Benthamidia japonica 【別名】ヤマグワ 【原産】日本(本州〜琉球)、朝鮮半島、中国 【用途】庭木、公園樹、街路樹等 【開花期】5月〜7月 【結実期】10月 【成木】5m〜10m 【栽培適地】東北中部以南 初夏(5月〜7月)に白い一重の先のとがった4弁の花を咲かせます。 落ち着いた印象の花は色鮮やかにお庭を彩り、シンボルツリーとしても人気の樹木です。 立性で上のほうで枝の広がる樹形を形成する性質から、庭の主木や街路樹としてもよく植栽されます。 横に広がる葉は春の新緑、初夏の花とのコントラスト、秋の紅葉と季節の変化を感じさせてくれます。 花後の10月頃には、色鮮やかな赤い実がなり、食して楽しむこともできます。 特徴的な形をした実は熟すと赤くなり、果肉はマンゴーのようなオレンジ色をしています。 果肉は甘く、ジャムや果実酒としても加工できます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たり・水はけの良い所が適しています。保水性のある肥沃な土壌を好みます。日照が足りないと、花つきが悪くなります。 夏場や直射のあたる場所では、地温の上昇と乾燥を防ぐことが大切です。 土壌に十分な腐葉土や堆肥等の有機物を入れておくことで、保水力を高め根を温度変化から保護することができます。 また、バークなどのマルチをすることで直射による地温の上昇を防ぎ、乾燥を防止することができます。 移植した年の夏には、特に注意が必要で、乾燥させると枯れ枝ができたり...

【現品】白樫(シラカシ) 株立ち 1.8m 41701

千草園芸

7,560

【現品】白樫(シラカシ) 株立ち 1.8m 41701

写真の商品をお送りします。 写真は17年4月26日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。174e-u 送料はL−3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)白樫(シラカシ) 【分類】ブナ科コナラ属の常緑高木 【学名】Quercus myrsinifolia 【分布】本州の福島県以西、四国、九州、済州島、中国中南部 【耐寒温度】-5℃ 【別名】クロガシ 【樹高】 15〜20m 【栽培適地】東北地方中部以南 ●白樫(シラカシ)の特徴● シラカシは、冬でも葉が落ちないこと、寒さに比較的強いことなどから庭園、公園、街路樹、防風林などによく利用されてきました。 素直な形の緑の葉と、立性の幹も美しいので落葉樹ともよく調和します。 涼しげな自然を感じさせる雰囲気と育てやすく剪定にも強いことから、シンボルツリーとしても人気があります。 丈夫な性質の樹木で、成長も早く、樹形も立ち性で葉も美しいので背たけの高い生垣にも利用されます。 ドングリの木としても有名なシラカシは、実を撒いてもよく発芽します。(苗を作るときは、移植に注意が必要です。) シラカシはよく成長しますが、剪定で高さや樹形と整えることも可能です。 間隔を狭く植える生垣の場合には根が抑制され、また樹高を抑えることが出来ますし、 人家の近くでは日照時間も抑制されますからそれほど大きくなりません。 ●育て方と剪定のポイント● 植える場所は、水はけのよい日当たりを好みますが、多少の日陰でもよく育ちます。 剪定はしなくても自然な樹形になりますが、背丈もかなり伸びますので、一般家庭は生育を抑制するためにも剪定が必要です。 どこで木っても芽を吹きやすい木ですから、余り気にせずに剪定していただくことはできます。 普通、夏に伸びすぎた枝と、密集した枝を切り取り、風通しよくしてやります...

【現品】カラスモクレン 株立ち 1.7〜1.8m【厳選3種】

千草園芸

7,560

【現品】カラスモクレン 株立ち 1.7〜1.8m【厳選3種】

写真の商品(現品番号)をお送りします。↓↓ ↓ 02 ↓ ↓ 03 ↓ ↓ 05 ↓ ↑ 02 ↑ ↑ 03 ↑ ↑ 05 ↑ 写真の商品をお送りします。 写真は17年4月13日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。174d-u 送料はL−3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月〜4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3〜15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには、十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、保水性を高めることで解消されます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしまし...

【現品】ヤマボウシ(山法師)赤花 "ミスサトミ" 株立ち 1.8m 80401r

千草園芸

19,440

【現品】ヤマボウシ(山法師)赤花 "ミスサトミ" 株立ち 1.8m 80401r

写真の商品をお送りします。 写真は17年5月6日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175a-u 送料はL−3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ※高さ調節のため、上部を剪定しております。 まだ色がはっきりでていません。↑ 徐々に↓のような色になっていきます。ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ヤマボウシ属の落葉中高木 【学名】Benthamidia japonica 【別名】ヤマグワ 【原産】日本(本州〜琉球)、朝鮮半島、中国 【用途】庭木、公園樹、街路樹等 【開花期】5月〜7月 【結実期】10月 【成木】5m〜10m 【栽培適地】東北中部以南 初夏(5月〜7月)に白い一重の先のとがった4弁の花を咲かせます。 落ち着いた印象の花は色鮮やかにお庭を彩り、シンボルツリーとしても人気の樹木です。 立性で上のほうで枝の広がる樹形を形成する性質から、庭の主木や街路樹としてもよく植栽されます。 横に広がる葉は春の新緑、初夏の花とのコントラスト、秋の紅葉と季節の変化を感じさせてくれます。 花後の10月頃には、色鮮やかな赤い実がなり、食して楽しむこともできます。 特徴的な形をした実は熟すと赤くなり、果肉はマンゴーのようなオレンジ色をしています。 果肉は甘く、ジャムや果実酒としても加工できます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たり・水はけの良い所が適しています。保水性のある肥沃な土壌を好みます。日照が足りないと、花つきが悪くなります。 夏場や直射のあたる場所では、地温の上昇と乾燥を防ぐことが大切です。 土壌に十分な腐葉土や堆肥等の有機物を入れておくことで、保水力を高め根を温度変化から保護することができます。 また、バークなどのマルチをすることで直射による地温の上昇を防ぎ、乾燥を防止することができます。...

【現品】ヤマボウシ(山法師)白花 株立ち 1.8m 50603r

千草園芸

14,040

【現品】ヤマボウシ(山法師)白花 株立ち 1.8m 50603r

写真の商品をお送りします。 写真は17年5月6日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175a-u 送料はL−3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ※高さ調節のため、上部を剪定しておりますヤマボウシ 【分類】ミズキ科ヤマボウシ属の落葉中高木 【学名】Benthamidia japonica 【別名】ヤマグワ 【原産】日本(本州〜琉球)、朝鮮半島、中国 【用途】庭木、公園樹、街路樹等 【開花期】5月〜7月 【結実期】10月 【成木】5m〜10m 【栽培適地】東北中部以南 初夏(5月〜7月)に白い一重の先のとがった4弁の花を咲かせます。 落ち着いた印象の花は色鮮やかにお庭を彩り、シンボルツリーとしても人気の樹木です。 立性で上のほうで枝の広がる樹形を形成する性質から、庭の主木や街路樹としてもよく植栽されます。 横に広がる葉は春の新緑、初夏の花とのコントラスト、秋の紅葉と季節の変化を感じさせてくれます。 花後の10月頃には、色鮮やかな赤い実がなり、食して楽しむこともできます。 特徴的な形をした実は熟すと赤くなり、果肉はマンゴーのようなオレンジ色をしています。 果肉は甘く、ジャムや果実酒としても加工できます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たり・水はけの良い所が適しています。保水性のある肥沃な土壌を好みます。日照が足りないと、花つきが悪くなります。 夏場や直射のあたる場所では、地温の上昇と乾燥を防ぐことが大切です。 土壌に十分な腐葉土や堆肥等の有機物を入れておくことで、保水力を高め根を温度変化から保護することができます。 また、バークなどのマルチをすることで直射による地温の上昇を防ぎ、乾燥を防止することができます。 移植した年の夏には、特に注意が必要で、乾燥させると枯れ枝ができたり...

【6か月枯れ保証】【雑木】ハイノキ株立ち 1.5m

Amazon

15,120

【6か月枯れ保証】【雑木】ハイノキ株立ち 1.5m

【ハイノキ】 読み:はいのき 学名:Symplocos myrtacea ハイノキ科ハイノキ属 常緑高木 【商品情報】 ハイノキは4m程度になる常緑高木です。葉は5cn程度で小さくあまり密に付きません。発色の良い緑色で涼しげです。5~6月に小さな白い花を枝先に咲かせます。木を燃やすと灰が厚く残り、灰を染物の媒染剤に用いたのが名前の由来です。関東以南に自生しています。洋風を初め和風にもあう雰囲気から多大な人気があります。[お知らせ]この樹木は不整形の樹種です。同じようなボリュームの商品をお送りしますが、商品によって樹形にばらつきがありますので予めご了承ください。この商品は一度掘り取り後に、数ヶ月~1年以上仮植している商品です。通常の掘り取り後、即出荷の商品よりも枯れる可能性が大幅に軽減されます。 【育て方】 日があたり適湿な場所を好みます。形を作る樹種ではない為、自然樹形を維持するように剪定は枝を抜く程度にします。 適地=関東以南 日照り=日向or半日陰 樹形=不整形 最終樹高=4m 施肥時期=1~2月 剪定時期=12~2月 開花時期=4~5月 果実=無し 用途=庭木orシンボルツリーor雑木 【その他】 ハイノキは独特の野性味から人気が高く品薄な商品です。ほかの樹木にくらべても高価な商品です。不整形の樹形は良い雰囲気です。

【現品】ミツバツツジ 1.6m 50608

千草園芸

7,776

【現品】ミツバツツジ 1.6m 50608

写真の商品をお送りします。 写真は17年5月8日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175b-u 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ミツバツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【学名】Rhododendron dilatatum 【分布】関東地方から近畿地方東部の太平洋側に分布主にやせた尾根や岩場、里山の雑木林などに生育。トウゴクミツバツツジより、標高の低いところに分布。 【開花期】4〜5月 【性質】栽培しやすい。水はけのよい酸性土壌を好む。 【樹高】 2〜3m 【栽培適地】東北地方中部以南 ●ミツバツツジの特徴● 春を告げる紫の花が印象的な美しいツツジです。秋には紅葉も楽しむことができ、 和風のお庭だけでなく、洋風のお庭も美しく彩ってくれる樹木です。 品種は多岐にわたり、ミツバツツジの白花品種、朱赤色の花が咲くオンツツジなど珍しい品種もあります。 近縁種に トウゴクミツバツツジやサイコクミツバツツジ、コバノミツバツツジ、 ダイセンミツバツツジ、ユキグニミツバツツジ、キヨスミミツバツツジなどがあり、トサノミツバツツジ、ハヤトミツバツツジなどの地方変種もあります。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけのよい酸性土壌が適しています。 夏場は根元に直射日光が当たらないようにマルチなどをして対策を行ってください。 水やりは、土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えてください。土が乾燥する季節以外は、 水のやり過ぎにも注意が必要です。特に剪定の必要はありませんが、剪定は開花後に行ってください。

【現品】エゴノキ 株立ち 2.0m 13152 r

千草園芸

8,424

【現品】エゴノキ 株立ち 2.0m 13152 r

※写真の商品を御送りします。 1枚目の写真は17年5月23日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 175c-u 送料はL−3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)エゴノキ 【分類】エゴノキ科エゴノキ属 【学名】Styrax japonica Sieb. et Zucc. 【原産】日本、中国 【別名】チシャノキ、チナイ 【用途】庭木、シンボルツリー 【開花】4月〜6月 【結実】10月 【成木】7m〜8m 落葉小高木で、エゴノキの花弁は5枚で先が反り返り、鐘形の小花をたくさんつけ、後に種ができます。 常緑エゴノキもあります。 木には エグイ有毒成分を含む事で、エゴノキと呼ばれたようです。 やさしい樹形が好まれ、自然株立ち樹形のものが庭木として利用されます。 一般的には白花ですが、他の品種に淡紅色の「ピンク チャイム」や枝が垂れ下がる「シダレエゴノキ」などがあります。 たまに新芽が膨らんで菊の花状のムシコブが見られることがあります。 これはイネ科のアシボソに一次寄生する「エゴノネコアシアブラムシ」の2次寄生によって作られたチュウエイです。 秋の終わりには黄色に紅葉します。 ■管理方法■(育て方) 半日陰〜日当たりを好みます。乾燥を嫌うので、植えこむ際は、しっかりと腐葉土を入れ湿度を保ちやすくしましょう。 剪定する際は、枝は根元から切り、保護剤を塗っておきましょう。 ★栽培適地:日本全国 ↑ピンクチャイム ↑常緑エゴノキ ■植え付けについて■ 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混...

【現品】ダンコウバイ 1.6m 275

千草園芸

13,500

【現品】ダンコウバイ 1.6m 275

写真は17年2月27日に撮影しました。 木の状態は季節により変化いたします。 173a-u 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 11月の葉の黄葉の様子です。ダンコウバイ 分類: クスノキ科クロモジ属の落葉小高木 学名: Lindera obtusiloba Blume 原産: 中国、朝鮮、本州(新潟県、関東以西)、四国、九州 別名: ウコンバナ 開花: 3-4月 用途: 庭植え、鉢植え 樹高: 3〜7m 栽培敵地: 関東地方以南 種子に強い香りが有り檀香梅と書きます。 雌雄異株で早春に黄色い花を咲かせます。 同じ季節に黄色い花を咲かせるシロモジ、クロモジ、アブラチャンの3種とよく似ています。 3月中旬に黄色い花を咲かせます。雌花と雄花 夏の状態です。 11月に紅葉(黄葉)します。 ダンコウバイの育て方 水はけの良い乾燥しない土壌で日当たりの良い場所から半日陰が適しています。 湿った場所でも停滞水は良くありません。湿潤でも斜面などで、つまり水はけの良い場所で乾燥しない状態が最適なのです。 根元に直射が当たるのは地温が上昇して枯れる原因になりますから、マルチをしくなどの対策が必要です。 決して弱い樹木ではありませんが、少し前記のことに注意して植えつけてください。 腐葉土などは多めに混ぜたほうが良いでしょう。 また、鉢栽培では真夏は暑さで株が弱るので、半日陰の涼しい場所のほうが適しています。 病害虫はほとんどありません。

イロハモミジ 株立ち 1.6m 落葉樹 【お買い得】r

千草園芸

7,344

イロハモミジ 株立ち 1.6m 落葉樹 【お買い得】r

※写真は見本となります。 ※樹形が悪い場合、剪定しお送りすることが御座います。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での 発送となります。ご了承ください。 葉の写真はイメージです。 写真は17年4月22日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします 174d-u 送料はL−3 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10〜15m 【開花期】4月〜5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 上の左が春野芽出し時、右が夏の状態です。 モミジの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 下は滋賀県湖東三山のひとつ金剛輪寺のヤマモミジ2015.11.29 モミジの育て方...

【現品】エゴノキ 株立ち 白花とピンク花の混植 2.2m 13151 r

千草園芸

15,984

【現品】エゴノキ 株立ち 白花とピンク花の混植 2.2m 13151 r

※写真の商品を御送りします。 1・2枚目の写真は17年5月23日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 175c-u 送料はL−3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)エゴノキ 【分類】エゴノキ科エゴノキ属 【学名】Styrax japonica Sieb. et Zucc. 【原産】日本、中国 【別名】チシャノキ、チナイ 【用途】庭木、シンボルツリー 【開花】4月〜6月 【結実】10月 【成木】7m〜8m 落葉小高木で、エゴノキの花弁は5枚で先が反り返り、鐘形の小花をたくさんつけ、後に種ができます。 常緑エゴノキもあります。 木には エグイ有毒成分を含む事で、エゴノキと呼ばれたようです。 やさしい樹形が好まれ、自然株立ち樹形のものが庭木として利用されます。 一般的には白花ですが、他の品種に淡紅色の「ピンク チャイム」や枝が垂れ下がる「シダレエゴノキ」などがあります。 たまに新芽が膨らんで菊の花状のムシコブが見られることがあります。 これはイネ科のアシボソに一次寄生する「エゴノネコアシアブラムシ」の2次寄生によって作られたチュウエイです。 秋の終わりには黄色に紅葉します。 ■管理方法■(育て方) 半日陰〜日当たりを好みます。乾燥を嫌うので、植えこむ際は、しっかりと腐葉土を入れ湿度を保ちやすくしましょう。 剪定する際は、枝は根元から切り、保護剤を塗っておきましょう。 ★栽培適地:日本全国 ↑ピンクチャイム ↑常緑エゴノキ ■植え付けについて■ 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土...

ツリバナ 株立ち H1.5〜1.9m程度(根鉢含まず)シンボルツリーに最適な落葉樹【現品発送】

植木・庭木販売GG(ジージー)

13,300

ツリバナ 株立ち H1.5〜1.9m程度(根鉢含まず)シンボルツリーに最適な落葉樹【現品発送】

◎送料:全国一律2800円 ※北海道・沖縄・離島への発送は別途追加料金が発生致します。 【現品発送】お好きな現品をお選びいただけます 下の写真をクリックすると拡大写真が表示されます。 お好みの樹形の品番を確認し上のチェックボックスにチェックを入れてご注文下さい。 現品ラインナップ ※木の状態は季節により変化いたします。 ツリバナ ツリバナの特徴 吊るされたような花と実が特徴! 春は花、秋は実と紅葉が楽しめ、冬は落葉します。 ツリバナは四季を感じられる木です。 剪定もそれほどする必要ではないし、病気や虫も少ないので、日本庭園に利用されます。 真夏の水やりさえ怠らなければ、育てるのは簡単です。 ツリバナを使ったお庭 見ごろカレンダー 5月 6月 春 夏 秋 冬 準備中です 準備中です 秋には裂けると真っ赤な綺麗な実がなります。 ツリバナは花よりも実に観賞価値のある植物です。 育てやすさチャート(推奨エリア:関東以北) ■植木のプロからのアドバイス ツリバナの育て方 植えつけ環境 日当たりよりも、半日陰を好みます。 水もちの良い環境を好みます。 極端に水はけがよすぎて、すぐに乾燥したり、西日があたって乾燥するよう場所は避けてください。 肥料 2月の真冬に根元へ肥料を混ぜ込んでやります。 植えつけ時期 植え付けの適した時期は落葉時期の秋から春までです。 害虫・消毒など テッポウムシ(カミキリムシの幼虫)の侵入に気をつけて下さい。 根回りにオルトラン粒剤をまいておくと防虫効果があります。 剪定方法 ツリバナの剪定は落葉時期に、邪魔な枝を取り払うようにします。

【6か月枯れ保証】【シンボルツリー常緑】シマトネリコ株立ち 1.0m露地

Amazon

4,860

【6か月枯れ保証】【シンボルツリー常緑】シマトネリコ株立ち 1.0m露地

【シマトネリコ】 読み:しまとねりこ 学名:Fraxinus griffithii モクセイ科トネリコ属 半常緑高木 【商品情報】 シマトネリコは枝葉が粗くなり、明るい印象の樹種です。沖縄や中国など暖かい場所が原産です。耐寒性もありますが葉が寒さで落ちます。萌芽力がとても強くすぐ伸びます。街路樹や店先に良く使われています。ライトアップされていたり観葉植物としても多用されています。【冬季落葉のご注意】シマトネリコは10~3月は半落葉して葉が茶褐色に変色します。春になれば青々とした新芽がでます。冬季のご購入の際はあらかじめ変色して葉が落ちているとお考えください。 【育て方】 日向でも日陰でも成長します。適湿な場所を好みます。積雪には弱く、乾燥した寒風にも弱いですので当たらないところに植えるようにします。萌芽力はとても強いですので強い刈り込みにも耐えます。生垣として利用する場合高さが出やすいので、放任せず芯を止めて枝葉を出すように剪定を行ってください。 適地=関東以南 日照り=日向or半日陰 樹形=卵形 最終樹高=8m 施肥時期=1~2月 剪定時期=3~4月or11~12月 開花時期=7月 果実=9~10月 用途=生垣樹木or庭木orシンボルツリー 【その他】 シマトネリコは独特の柔らかく爽やかなイメージが特徴です。サラサラと葉が風に揺れて涼しげな音もします。キラキラと光沢のある葉が光を反射するのもいいです。

【6か月枯れ保証】【シンボルツリー落葉】カツラ株立ち 1.7m

Amazon

10,800

【6か月枯れ保証】【シンボルツリー落葉】カツラ株立ち 1.7m

【カツラ】(桂) 読み:かつら 学名:Cercidiphyllum japonicum カツラ科カツラ属 落葉高木 別名:コウノキ、オカズラ 【商品情報】 カツラはハート型の葉が特徴です。秋には美しく黄葉します。葉からはカラメルのような甘い香りがあります。樹皮には浅く裂け目が入りうすくはがれます。雌雄異株で種が生るものと生らないものがあります。4~7月に開花します。萌芽力が強く寒さにも暑さにも強い品種です。日本全国で生育できます。乾燥地でも成長しますが枝が大きくはります。和風洋風にかかわらずシンボルツリーに人気がある品種です。 【育て方】 日当たりがよく適湿な場所を好みます。乾燥地でが枝が広がります。特に害虫もなく手がかかる品種ではありません。萌芽力が強いため伸びすぎたときは剪定をおこなってください。自然樹形を楽しむために不要枝を整理する程度がいいでしょう。 適地=全国 日照り=日向or半日陰 樹形=傘形 最終樹高=12m 施肥時期=2~3月 剪定時期=6~7月or12~3月 開花時期=4~5月 果実=10月 用途=庭木orシンボルツリー 【その他】 カツラはハート型の葉が特徴です。葉の甘い香りはよく香ります。葉がある時期は明るいイメージです。最近シンボルツリーとして人気が出てきた品種で品薄状態が続いています。

【6か月枯れ保証】【シンボルツリー落葉】エゴノキ株立ち 1.2m

Amazon

6,480

【6か月枯れ保証】【シンボルツリー落葉】エゴノキ株立ち 1.2m

【エゴノキ】(野茉莉) 読み:えごのき 学名:Styrax japonica エゴノキ科エゴノキ属 落葉高木 別名:チシャノキ、チサノキ、ロクロギ、シャボンノキ 【名前の由来】 実に毒があり食べた時にエグイ味がすることから。 【商品情報】 エゴノキは野山や原野や雑木林に自生しています。手入をしなくても比較的整った樹形になります。5~6月新しい枝の端から3cmほどのスズランのような小さい花をつけます。9~10月ごろには1cmぐらいの小さい実がなります。葉は淡緑色です。エゴノキ自体に『エゴサポニン』という毒を持っています。昔はこの毒で魚を取っていたりしたそうです。葉や実にも毒があります。子供が食べないように注意が必要です。食べたりしない分には無害です。自然風の雰囲気でシンボルツリーに人気です。 【育て方】 日向から半日陰を好みます。適湿の場所を好みます。成長は早いですが萌芽力が弱い為剪定は控えめにしましょう。枝が込み合っている所は間引きましょう。放任していてもわりと樹形は整います。肥料は1~2月に与えてください。 適地=北海道南部以南 日照り=日向or半日陰 樹形=卵形 最終樹高=6m 施肥時期=1~2月 剪定時期=1~2月 開花時期=5~6月 果実=9~10月 用途=庭木orシンボルツリーor花木 【その他】 エゴノキはかわいい花を咲かせます。スズランのような下に垂れる花で下から見て楽しんでください。近年ではよくシンボルツリーとして人気があります。自然風の樹形を楽しんでください。

【6か月枯れ保証】【雑木】ハイノキ株立ち 1.5m 10本セット

Amazon

190,000

【6か月枯れ保証】【雑木】ハイノキ株立ち 1.5m 10本セット

【ハイノキ】 学名:Symplocos myrtacea ハイノキ科ハイノキ属 常緑高木 【商品情報】 ハイノキは4m程度になる常緑高木です。葉は5cn程度で小さくあまり密に付きません。発色の良い緑色で涼しげです。5~6月に小さな白い花を枝先に咲かせます。木を燃やすと灰が厚く残り、灰を染物の媒染剤に用いたのが名前の由来です。関東以南に自生しています。洋風を初め和風にもあう雰囲気から多大な人気があります。[お知らせ]この樹木は不整形の樹種です。同じようなボリュームの商品をお送りしますが、商品によって樹形にばらつきがありますので予めご了承ください。この商品は一度掘り取り後に、数ヶ月~1年以上仮植している商品です。通常の掘り取り後、即出荷の商品よりも枯れる可能性が大幅に軽減されます。 【育て方】 日があたり適湿な場所を好みます。形を作る樹種ではない為、自然樹形を維持するように剪定は枝を抜く程度にします。 適地=関東以南 日照り=日向or半日陰 樹形=不整形 最終樹高=4m 施肥時期=1~2月 剪定時期=12~2月 開花時期=4~5月 果実=無し 用途=庭木orシンボルツリーor雑木 【その他】 ハイノキは独特の野性味から人気が高く品薄な商品です。ほかの樹木にくらべても高価な商品です。不整形の樹形は良い雰囲気です。

【6か月枯れ保証】【シンボルツリー落葉】イロハモミジ株立ち 1.7m 20本セット

Amazon

180,000

【6か月枯れ保証】【シンボルツリー落葉】イロハモミジ株立ち 1.7m 20本セット

【イロハモミジ】 学名:Acer palmatum カエデ科カエデ属 落葉高木 【商品情報】 モミジは秋に紅葉する代表的な品種です。モミジとはカエデの別名です。一般的に葉が手のひらのように裂けているものが『モミジ』といわれ、根本まで裂けていないものを『カエデ』と呼びます。樹皮は縦に割れ目が入ります。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、園芸品種は120種類以上存在します。代表的な品種はイロハモミジ、オオモミジ、ヤマモミジ、イタヤカエデ、メグスリノキなどがあります。イロハモミジは春は新緑、夏は緑、秋は赤に季節折々変化します。とても紅葉は美しいです。 【育て方】 日陰でも成長しますが綺麗な紅葉には夏の日照時間、昼夜の温度差、土地の乾燥が大きく関わります。出来るだけ日向で水はけがいい場所に植えるようにしましょう。カミキリムシが発生しやすいので見つけ次第捕殺します。幹に穴が開いた場合は殺虫剤を注入し殺虫してください。 適地=全国 日照り=日向 樹形=不整形 最終樹高=10m 施肥時期=1~2月or6月 剪定時期=11~2月 開花時期=4月 果実=無し 用途=庭木orシンボルツリー 【その他】 イロハモミジは紅葉の代表的な品種です。秋に真っ赤に紅葉する様はとても優雅にきれいです。成長が早い為、大きくしたくない場合は落葉後に思いっきり刈り込んでください。

【6か月枯れ保証】【シンボルツリー常緑】シマトネリコ株立ち 1.5m

Amazon

6,480

【6か月枯れ保証】【シンボルツリー常緑】シマトネリコ株立ち 1.5m

【シマトネリコ】 読み:しまとねりこ 学名:Fraxinus griffithii モクセイ科トネリコ属 半常緑高木 【商品情報】 シマトネリコは枝葉が粗くなり、明るい印象の樹種です。沖縄や中国など暖かい場所が原産です。耐寒性もありますが葉が寒さで落ちます。萌芽力がとても強くすぐ伸びます。街路樹や店先に良く使われています。ライトアップされていたり観葉植物としても多用されています。【冬季落葉のご注意】シマトネリコは10~3月は半落葉して葉が茶褐色に変色します。春になれば青々とした新芽がでます。冬季のご購入の際はあらかじめ変色して葉が落ちているとお考えください。 【育て方】 日向でも日陰でも成長します。適湿な場所を好みます。積雪には弱く、乾燥した寒風にも弱いですので当たらないところに植えるようにします。萌芽力はとても強いですので強い刈り込みにも耐えます。生垣として利用する場合高さが出やすいので、放任せず芯を止めて枝葉を出すように剪定を行ってください。 適地=関東以南 日照り=日向or半日陰 樹形=卵形 最終樹高=8m 施肥時期=1~2月 剪定時期=3~4月or11~12月 開花時期=7月 果実=9~10月 用途=生垣樹木or庭木orシンボルツリー 【その他】 シマトネリコは独特の柔らかく爽やかなイメージが特徴です。サラサラと葉が風に揺れて涼しげな音もします。キラキラと光沢のある葉が光を反射するのもいいです。

【6か月枯れ保証】【シンボルツリー落葉】イロハモミジ株立ち 1.5m 20本セット

Amazon

160,000

【6か月枯れ保証】【シンボルツリー落葉】イロハモミジ株立ち 1.5m 20本セット

【イロハモミジ】 学名:Acer palmatum カエデ科カエデ属 落葉高木 【商品情報】 モミジは秋に紅葉する代表的な品種です。モミジとはカエデの別名です。一般的に葉が手のひらのように裂けているものが『モミジ』といわれ、根本まで裂けていないものを『カエデ』と呼びます。樹皮は縦に割れ目が入ります。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、園芸品種は120種類以上存在します。代表的な品種はイロハモミジ、オオモミジ、ヤマモミジ、イタヤカエデ、メグスリノキなどがあります。イロハモミジは春は新緑、夏は緑、秋は赤に季節折々変化します。とても紅葉は美しいです。 【育て方】 日陰でも成長しますが綺麗な紅葉には夏の日照時間、昼夜の温度差、土地の乾燥が大きく関わります。出来るだけ日向で水はけがいい場所に植えるようにしましょう。カミキリムシが発生しやすいので見つけ次第捕殺します。幹に穴が開いた場合は殺虫剤を注入し殺虫してください。 適地=全国 日照り=日向 樹形=不整形 最終樹高=10m 施肥時期=1~2月or6月 剪定時期=11~2月 開花時期=4月 果実=無し 用途=庭木orシンボルツリー 【その他】 イロハモミジは紅葉の代表的な品種です。秋に真っ赤に紅葉する様はとても優雅にきれいです。成長が早い為、大きくしたくない場合は落葉後に思いっきり刈り込んでください。

【現品】コバノミツバツツジ 1.4m 【厳選6種】

千草園芸

9,180

【現品】コバノミツバツツジ 1.4m 【厳選6種】

写真の商品(現品番号)をお送りします。↓↓ ↓ 01 ↓ ↓ 02 ↓ ↓ 03 ↓ ↓ 04 ↓ ↓ 05 ↓ ↓ 06 ↓ 写真の商品をお送りします。 写真は17年4月12日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。172a-u 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ミツバツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【学名】Rhododendron dilatatum 【分布】関東地方から近畿地方東部の太平洋側に分布主にやせた尾根や岩場、里山の雑木林などに生育。トウゴクミツバツツジより、標高の低いところに分布。 【開花期】4〜5月 【性質】栽培しやすい。水はけのよい酸性土壌を好む。 【樹高】 2〜3m 【栽培適地】東北地方中部以南 ●ミツバツツジの特徴● 春を告げる紫の花が印象的な美しいツツジです。秋には紅葉も楽しむことができ、 和風のお庭だけでなく、洋風のお庭も美しく彩ってくれる樹木です。 品種は多岐にわたり、ミツバツツジの白花品種、朱赤色の花が咲くオンツツジなど珍しい品種もあります。 近縁種に トウゴクミツバツツジやサイコクミツバツツジ、コバノミツバツツジ、 ダイセンミツバツツジ、ユキグニミツバツツジ、キヨスミミツバツツジなどがあり、トサノミツバツツジ、ハヤトミツバツツジなどの地方変種もあります。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけのよい酸性土壌が適しています。 夏場は根元に直射日光が当たらないようにマルチなどをして対策を行ってください。 水やりは、土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えてください。土が乾燥する季節以外は、 水のやり過ぎにも注意が必要です。特に剪定の必要はありませんが、剪定は開花後に行ってください。 コバノミツバツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【学名...

【6か月枯れ保証】【雑木】アブラチャン株立ち 2.0m

Amazon

15,984

【6か月枯れ保証】【雑木】アブラチャン株立ち 2.0m

【アブラチャン】(油瀝青) 読み:あぶらちゃん 学名:Parabenzoin praecox クスノキ科クロモジ属 落葉高木 別名:ムラダチ、ズサ、ヂシャ、ゴロハラ、イヌムラダチ 【名前の由来】 樹皮や種子に油分が多く、生木でもよく燃えることから。 【商品情報】 アブラチャンは自然樹形が美しい品種です。葉や枝に独特の芳香があります。春に葉が出るのと同時に、黄色い小さな花が咲きます。秋になると綺麗な黄葉になります。10月ごろに1~3cmの小さな実がなります。幹は粘り強く杖や薪の原料にもなります。雌雄異株です。近縁でクロモジ、ダンコウバイ・シロモジなどがンは雄と雌の木があります。この商品は種子から生育しているため、性別が分かりません。そのため雄雌の指定が出来ません。予めご了承ください。 【育て方】 あまり土壌は選びません。生命力があり、芽吹きやすい育てやすい品種です。切り戻して新しく芽吹かせることも出来ます。害虫などはあまりつきません。 適地=北海道以南 日照り=日向or半日陰 樹形=株立ち 最終樹高=4m 施肥時期=1~3月 剪定時期=2月or6~7月 開花時期=4月 果実=10月 用途=シンボルツリーor雑木 【その他】 アブラチャンは自然系の樹形が人気の樹種です。誇張しすぎない独特の風情があります。枝はよい香りがあります。名前が特徴的です。 スズランのような下に垂れる花で下から見て楽しんでく

【現品】赤南天 1.6m 05235 r

千草園芸

10,584

【現品】赤南天 1.6m 05235 r

※写真の商品をお送りします。 ※寄せ株となります。 写真は17年5月23日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175c-u 送料はL−2サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植 【開花】5月〜7月 【結実】10月〜1月 【栽培敵地】東北以南 南天の特徴 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。 葉は料理の飾りつけにも利用されます。 暖地性の樹木で、あまり寒さには強くありません。 寒風の当たる場所では冬は落葉します。 また、積雪が多い地方では葉茎が折れやすいです。 寒さで多少痛んでも初夏には新芽を出して元気に生育します。 しかし2月から5月上旬までは葉の少ない季節があります。 南天の育て方 日陰から日当たりと大変適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。 また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 緑の葉にしておくには木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。 ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われています。 寒い季節に移植をすると葉を落とすことがありますが、春には新たに芽を出して元気に生育します。 剪定 葉や枝が込み合ってきたら剪定します。 枝の途中から切っても切り口から芽を出しますが、剪定は込み合った枝を根元から間引くように...

シマトネリコ 株立ち 苗 H2.0〜2.4m程度(根鉢含まず)シンボルツリーに最適な常緑樹【現品発送】【枯れ保証6ヶ月】

全4商品

9,100

シマトネリコ 株立ち 苗 H2.0〜2.4m程度(根鉢含まず)シンボルツリーに最適な常緑樹【現品発送】【枯れ保証6ヶ月】

◎送料:全国一律2800円 ※北海道・沖縄・離島への発送は別途追加料金が発生致します。 【現品発送】お好きな現品をお選びいただけます 下の写真をクリックすると拡大写真が表示されます。 お好みの樹形の品番を確認し上のチェックボックスにチェックを入れてご注文下さい。 現品ラインナップ ※木の状態は季節により変化いたします。 シマトネリコ シマトネリコの特徴 軽やかな雰囲気とキラキラと光る小さな葉がさわやか! シマトネリコは常緑樹には珍しく軽やかな雰囲気とキラキラと光る小さな葉が特徴です。 洋風・和風の建物どちらにもとてもマッチしますので、非常に人気の高い樹木です。 シマトネリコを使ったお庭 見ごろカレンダー(花:5月) 5月 春 夏 秋 冬 準備中です 準備中です 1年を通して緑が楽しめます。 5月下旬から7月にかけて、枝先に小さな白花が房のように咲き、やがて結実して白色の翼(よく)をもった実をつけます。 実は樹上に長くついているので、遠目に見ると花が咲き続けているようにも見えます。 育てやすさチャート(推奨エリア:関東以南) 病害虫にも強く、お手入れがとっても簡単です! ■植木のプロからのアドバイス シマトネリコは半常緑樹の為、環境によっては冬の寒さで全ての葉を落とすことがあります。 耐寒性のものは、冬紅葉したまま落葉せず終わることがありますが、春になり葉の入れ替えがある時期に大量に落葉する場合があります。 これは根の成長とともにその症状は見られなくなっていきます。 シマトネリコは萌芽力が強いため、落葉しても6月頃には葉が芽吹いて前の状態に戻ります。 12月以降はお届けする商品の葉が落葉していたり、定植後に大量に落葉したりする場合があります。 品質に問題はありませんが、そのような状態になることを十分留意いただいたうえでお買い求めください...

【1年間枯れ保証】【雑木】ハイノキ株立ち 2.3m露地

Amazon

48,384

【1年間枯れ保証】【雑木】ハイノキ株立ち 2.3m露地

【ハイノキ】 読み:はいのき 学名:Symplocos myrtacea ハイノキ科ハイノキ属 常緑高木 【商品情報】 ハイノキは4m程度になる常緑高木です。葉は5cn程度で小さくあまり密に付きません。発色の良い緑色で涼しげです。5~6月に小さな白い花を枝先に咲かせます。木を燃やすと灰が厚く残り、灰を染物の媒染剤に用いたのが名前の由来です。関東以南に自生しています。洋風を初め和風にもあう雰囲気から多大な人気があります。[お知らせ]この樹木は不整形の樹種です。同じようなボリュームの商品をお送りしますが、商品によって樹形にばらつきがありますので予めご了承ください。この商品は一度掘り取り後に、数ヶ月~1年以上仮植している商品です。通常の掘り取り後、即出荷の商品よりも枯れる可能性が大幅に軽減されます。 【育て方】 日があたり適湿な場所を好みます。形を作る樹種ではない為、自然樹形を維持するように剪定は枝を抜く程度にします。 適地=関東以南 日照り=日向or半日陰 樹形=不整形 最終樹高=4m 施肥時期=1~2月 剪定時期=12~2月 開花時期=4~5月 果実=無し 用途=庭木orシンボルツリーor雑木 【その他】 ハイノキは独特の野性味から人気が高く品薄な商品です。ほかの樹木にくらべても高価な商品です。不整形の樹形は良い雰囲気です。

【現品】紅花キンモクセイ「フレグランスレッド」1.6m 52602

千草園芸

11,880

【現品】紅花キンモクセイ「フレグランスレッド」1.6m 52602

写真の商品をお送りします。 写真は17年5月26日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175d-u 送料はL−3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)キンモクセイ 【分類】モクセイ科モクセイ属の常緑小高木 【学名】Osmanthus fragrans Lour.var.aurantiacas Makino 【原産】中国南西部 【開花期】9〜10月 【樹高】4m 【栽培適地】関東地方以南 ●特徴と育て方のポイント● 玄関先のシンボルツリーとしても人気のキンモクセイですが、成長が遅く節が詰まっているので生垣などにも利用できます。 雌雄異株ですが、日本には雄株しか導入がなく、種をつけることはありません。 香りの強いことで知られ、分類上はギンモクセイの変種とされています。 植える場所は、水はけの良い日当たりを好みます。寒さには弱いので、寒地での栽培には適していません。関東地方以南での露地植えが可能です。 生育は遅めで、背丈は年に20cmくらいしか大きくなりません。 性質が強く、通常の庭木として気を使うこともなく栽培できます。 水やりは、表土が乾いたらたっぷりと与えてあげましょう。 肥料は骨粉や鶏糞、草木灰などリン酸やカリの多い肥料を与えます。 窒素分の多い肥料を与えすぎると花付が悪くなりますので注意しましょう。 ●剪定と病害虫対策● 新芽のふく春前に形を整え、風通しをよくしてあげましょう。病気は特にありませんが、アブラムシ、カイガラムシが付くことがあります。 あまり発生はありませんので、見つけたら殺虫剤を散布します。また、新芽の展開時期にはハマキムシ、シンクイムシ、アオムシ類が発生することもあります。 この時期にオルトラン粒剤を根元にまいておくと予防できます。夏場には、蓑虫が付いていることがあるので取り除いてくだ...

【1年間枯れ保証】【雑木】ツリバナ株立ち 1.5m露地

Amazon

25,920

【1年間枯れ保証】【雑木】ツリバナ株立ち 1.5m露地

【ツリバナ】(吊花) 読み:つりばな 学名:Euonymus oxyphyllus ニシキギ科ニシキギ属 落葉低木 別名:エリマキ 【名前の由来】 花が垂れ下がっていることから。 【商品情報】ツリバナは3.5mになる落葉低木です。日本が原産です。葉は対生し卵形で縁には鋸歯があります。花は両性花で淡い紫色の花を垂れ下がるように咲かせます。幹は果実は枝にぶら下がってなり熟すと割れて赤い種子が露わになります。水辺に自生し水をよく好む樹種です。花の中央部は花托の一部が肥大化した花盤と呼ばれる構造を持っています。鳥媒花で熟した赤い種子は果皮から離れにくいです。四季折々違う姿を見せることから日本庭園利用されることもあります。 【育て方】 日当たりの良い場所に植えます。自然に伸びる姿が美しいので積極的に剪定する必要はありません。比較的日陰にも強いですが、花や実の色付きが悪くなるのでなるべく日の当たる場所に植え付けます。水を多く必要とする樹種なので、夏は乾燥したらたっぷりと水を与えます。 適地=全国 日照り=日向or半日陰 樹形= 最終樹高=3.5m 施肥時期=2月 剪定時期=不要 開花時期=5~6月 果実=9~10月 用途= 【その他】 ツリバナは花がつり下がる品種です。果実は秋になると割れ中から真っ赤な種子が見え美しいです。

【現品】常緑ヤマボウシ「サマーグラッシー」1.6m 62007

千草園芸

15,120

【現品】常緑ヤマボウシ「サマーグラッシー」1.6m 62007

写真の商品をお送りします。 写真は17年6月20日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176b-u 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)常緑ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ミズキ属の常緑中高木 【学名】Cornus hongkongensis 【原産】中国 【開花期】5月〜6月 【樹高】4m〜5m 【栽培適地】関東地方以南 花付が大変よく、成長すると開花時には木一面が花で覆われます。秋には、実もたくさんつけます。夏の暑さにも強く、病害虫にも強いです。 常緑性の樹木で暖地では落葉しませんが、関東関西地方ではかなり落葉します。 落葉しても翌年には新たに芽を吹き、夏にはよく茂って開花します。丈夫な性質の樹木で、成長も大変早く、年に1m以上伸びることもあります。 品種では、特に花つきの良い月光、実付きの良いサマーグラッシーなどがあります。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけ・日当たりのよい所を好みます。多少の日陰でもよく育ちますが、少し伸び気味になり、花付も悪くなります。 花付は、木一面を覆うくらいに付きますので、水やりも少し少なめのほうがよいかもしれません。 夏の暑さにも強く、葉も大変よく茂ります。秋にはたくさんの花芽をつけて冬をむかえます。 寒さに弱く-5℃の低温にも耐えると言われていますが、関西では冬はかなり落葉しまます。 防寒するほどではありませんが、寒風のよくあたる場所では落葉樹のように落葉することもあります。 しかし、多少落葉しても春の回復力は強く、5月以降は驚くほどの回復を見せて木一面に花を咲かせます。 積雪の多い地方では積雪対策が必要です。 枝は折れやすいので、剪定をしたりコモなどで覆うなどの対策を行ってください。 ●剪定と病害虫対策● 生育は早く、よく新芽を伸ばしますので...

【現品】黄花モクレン エリザベス 1.6m 51701

千草園芸

7,020

【現品】黄花モクレン エリザベス 1.6m 51701

写真の商品をお送りします。 写真は17年5月17日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175a-u 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月〜4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3〜15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 強い風の当たる場所などでは、支柱を3本立てて固定します。一年目は、植え付け後の最初の夏越しが大変重要です。 まだ根が十分伸びていないことで水枯れを起こしやすいからです。 それをなくすためには、十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、保水性を高めることで解消されます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は、開花後または落葉期におこなってください。落葉期は、蕾がついている枝に注意しましょう。 モクレンは成長の早い樹木です...

【現品】カリン(花梨) 1.6m 32702

千草園芸

8,640

【現品】カリン(花梨) 1.6m 32702

※写真の商品をお送りします。 写真は17年3月27日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。173e-u 送料はL−3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)カリン 分類: バラ科プセウドキドニア属の落葉樹 学名: Pseudocydonia sinensis 原産: 中国 別名: カリントウ 開花: 4月〜5月果実熟期 9月〜10月 用途: 庭植え、鉢植え 樹高: 6m-8m 栽培敵地: 東北地方以南 春に咲くピンクの花、秋の果実等を鑑賞でき、においのよい果実は室内に置くと部屋に良い香りが漂います。 果実は固くて渋いのでそのまま生で食べることはありませんが、咳止めの民間薬として焼酎に漬け込んで「カリン酒」にしたり 砂糖や蜂蜜漬けにして利用します。 木が太くなると幹に現れる模様はその木の価値を高めます。 上の写真は太くなったときに幹に現われる模様です。 カリンの育て方 水はけの良い肥沃な土壌で日当たりの良い場所が適しています。 春の4月ころからピンクの雄花と雌花を咲かせます。 左が雌花、右が雄花です。 肥料が少なかったり、鉢植えでは根詰まりをしていたりして木に元気がないときは雄花ばかりしか咲かせません。 路地植えでは雌花が咲かないことはあまりありませんが、鉢植えでは良くあります。 落葉期に植え替えをして十分な肥料を与えておくと雌花がたくさん咲くようになります。 1本でも雌花が咲けば結実します。 よく枝が伸びますから、適度に剪定が必要です。 伸びきらない新芽が翌年はとげになり、危険ですから、剪定などは注意して行いましょう。 太い幹についたとげ状の枝も切っておいたほうがきれいな幹になりやすいです。 病害虫 赤星病になることがあります。葉の表に直径2mmくらいの黄色い斑点が生じ...

【現品】 イタヤモミジ(カエデ) 1.6m 31605 新緑と紅葉を楽しめます。

千草園芸

9,180

【現品】 イタヤモミジ(カエデ) 1.6m 31605 新緑と紅葉を楽しめます。

※写真の商品をお送り致します。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での発送となります。ご了承ください。 葉のある写真は17年4月24日撮影です。 その他の写真は17年3月17日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。174d-u ※送料はL-3サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10〜15m 【開花期】4月〜5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 それらの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。...

エゴノキ・ピンク 株立ち 1.6m r

全2商品

12,960

エゴノキ・ピンク 株立ち 1.6m r

※写真は見本品です。 全体写真は17年5月23日に撮影しました。 木の状態は季節により変化いたします。 175c-u 送料はL−2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)エゴノキ 【分類】エゴノキ科エゴノキ属 【学名】Styrax japonica Sieb. et Zucc. 【原産】日本、中国 【別名】チシャノキ、チナイ 【用途】庭木、シンボルツリー 【開花】4月〜6月 【結実】10月 【成木】7m〜8m 落葉小高木で、エゴノキの花弁は5枚で先が反り返り、鐘形の小花をたくさんつけ、後に種ができます。 常緑エゴノキもあります。 木には エグイ有毒成分を含む事で、エゴノキと呼ばれたようです。 やさしい樹形が好まれ、自然株立ち樹形のものが庭木として利用されます。 一般的には白花ですが、他の品種に淡紅色の「ピンク チャイム」や枝が垂れ下がる「シダレエゴノキ」などがあります。 たまに新芽が膨らんで菊の花状のムシコブが見られることがあります。 これはイネ科のアシボソに一次寄生する「エゴノネコアシアブラムシ」の2次寄生によって作られたチュウエイです。 秋の終わりには黄色に紅葉します。 ■管理方法■(育て方) 半日陰〜日当たりを好みます。乾燥を嫌うので、植えこむ際は、しっかりと腐葉土を入れ湿度を保ちやすくしましょう。 剪定する際は、枝は根元から切り、保護剤を塗っておきましょう。 ★栽培適地:日本全国 ↑ピンクチャイム ↑常緑エゴノキ ■植え付けについて■ 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜて...

【現品】ナツハゼ 1.1m 32662

千草園芸

7,020

【現品】ナツハゼ 1.1m 32662

※写真の商品をお送りします。 1、2枚目の葉の茂った写真は16年9月2日に撮影。 3枚目の落葉期の写真は16年3月25日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 162d-u 送料はL−1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ナツハゼ 【分類】ツツジ科スノキ属の落葉低木 【学名】Vaccinium oldhamii 【原産】北海道〜九州 【開花期】5月〜6月 【別名】ヤマナスビ 【結実期】10月〜11月 【樹高】1〜2m ●ナツハゼの特徴● 日本原産のブルーベリーの仲間です。実を観賞するほか、趣のある樹形を形成する性質から、庭の脇役として、植栽されます。 5月頃、枝先に長い花序を形成し、下向きにたくさんの釣鐘状の花を咲かせます。 小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋から冬には黒い実を付け、葉は紅葉して季節の変化を楽しめます。 ハゼの名前がついているが、ハゼの仲間ではなく初夏に紅葉しているように見えることから秋に紅葉するハゼになぞらえて付けられたようです。 ブルーベリーに近い仲間で、黒くてすっぱい実は果実酒などに利用されます。 ●育て方のポイント● 植える場所は水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。日当たりの良い分、紅葉は美しく色づきます。 剪定は、詰まった枝や間延びした枝を間引きます。病害虫はコガネムシの被害のある場合があります。

コハウチワカエデ 株立ち H2.0〜2.4m程度(根鉢含まず)シンボルツリーに最適な落葉樹【現品発送】

植木・庭木販売GG(ジージー)

15,300

コハウチワカエデ 株立ち H2.0〜2.4m程度(根鉢含まず)シンボルツリーに最適な落葉樹【現品発送】

◎送料:全国一律2800円 ※北海道・沖縄・離島への発送は別途追加料金が発生致します。 【現品発送】お好きな現品をお選びいただけます 下の写真をクリックすると拡大写真が表示されます。 お好みの樹形の品番を確認し上のチェックボックスにチェックを入れてご注文下さい。 現品ラインナップ ※木の状態は季節により変化いたします。 コハウチワカエデ コハウチワカエデの特徴 野趣あふれる樹形と紅葉が魅力! コハウチワカエデの葉はハウチワカエデの半分程度と小さいのでこう呼ばれます。 別名のイタヤメイゲツのイタヤは、葉がイタヤカエデと同様に、板で葺いた屋根のように向こうが見えないほど、びっしりと生い茂り、美しい丸い葉を月に見立てたものだそうです。 葉は3つ〜9つ、多くは5つ〜7つに分かれて、裂片の先は細長く尾状にとがっているのが特徴です。 コハウチワカエデを使ったお庭 見ごろカレンダー 4月 5月 10月 11月 春 夏 秋 冬 準備中です 準備中です 花期は4月〜5月、葉の展開に先駆けて開花しはじめます。 1つ1つの花の直径は5mm程度のもので黄緑色で春の景色によく似合う色合いです。 雄花と両性花が同じ株につく雌雄同株。秋の紅葉は赤ではなく、美しく鮮やかな黄葉です。 育てやすさチャート(推奨エリア:関東以北) ■植木のプロからのアドバイス コハウチワカエデの育て方 植えつけ環境 水はけの良い、肥沃な土壌に植えてください。 日当たりを好みますが、乾燥に弱く、耐陰性があることから半日陰が適しています。 日当たりが悪くなるにつれ、葉色が本来の美しさを発揮できなくなります。 肥料 肥料は開花前に寒肥として油かすと腐葉土や堆肥を株周りに穴を掘り与えます。 植えつけ時期 基本的に移植や植え付けは10月〜入梅までに行います。 寒冷地では12月...

【1年間枯れ保証】【雑木】マルバノキ株立ち 2.0m露地

Amazon

37,584

【1年間枯れ保証】【雑木】マルバノキ株立ち 2.0m露地

【マルバノキ】 読み:まるばのき 学名:Disanthus cercidifolius マンサク科マルバノキ属 落葉低木 別名:ベニマンサク 【名前の由来】 丸いハート型に見える葉から。 【商品情報】マルバノキは4mになる落葉低木です。日本が原産です。葉は丸みを帯びています。花は2つの花が背中合わせにつきます。丸みを帯びたハート型の葉を持っています。秋には美しい紅葉を見せてくれます。紅葉は葉の色が黄色く染まり次第に赤色に代わります。花は赤く色づいた葉が散り始めた頃に咲き始めます。マンサクのような形をした小さな2つの花が背中合わせに咲きます。シンボルツリーや庭木として人気があります。 【育て方】 日当たりが良い場所で管理をしましょう。日当たりが良い場所を好みますが日陰でも生育します。適湿地を好み乾燥を嫌うため西日は避けましょう。夏場は乾燥しないよう注意しましょう。土の表面が乾いたらお水をたっぷりと与えましょう。 適地=全国 日照り=日向or半日陰 樹形= 最終樹高=4m 施肥時期=1~3月 剪定時期=11~2月 開花時期=11月 果実= 用途=庭木 【その他】 マルバノキは可愛らしい丸みを帯びたハート型の葉を持っています。和風の庭だけでなく洋風の庭にもよく合います。

【1年間枯れ保証】【雑木】ツリバナ株立ち 2.5m露地

Amazon

67,824

【1年間枯れ保証】【雑木】ツリバナ株立ち 2.5m露地

【ツリバナ】(吊花) 読み:つりばな 学名:Euonymus oxyphyllus ニシキギ科ニシキギ属 落葉低木 別名:エリマキ 【名前の由来】 花が垂れ下がっていることから。 【商品情報】ツリバナは3.5mになる落葉低木です。日本が原産です。葉は対生し卵形で縁には鋸歯があります。花は両性花で淡い紫色の花を垂れ下がるように咲かせます。幹は果実は枝にぶら下がってなり熟すと割れて赤い種子が露わになります。水辺に自生し水をよく好む樹種です。花の中央部は花托の一部が肥大化した花盤と呼ばれる構造を持っています。鳥媒花で熟した赤い種子は果皮から離れにくいです。四季折々違う姿を見せることから日本庭園利用されることもあります。 【育て方】 日当たりの良い場所に植えます。自然に伸びる姿が美しいので積極的に剪定する必要はありません。比較的日陰にも強いですが、花や実の色付きが悪くなるのでなるべく日の当たる場所に植え付けます。水を多く必要とする樹種なので、夏は乾燥したらたっぷりと水を与えます。 適地=全国 日照り=日向or半日陰 樹形= 最終樹高=3.5m 施肥時期=2月 剪定時期=不要 開花時期=5~6月 果実=9~10月 用途= 【その他】 ツリバナは花がつり下がる品種です。果実は秋になると割れ中から真っ赤な種子が見え美しいです。

人気の花・ガーデニング用品のエゴノキピンク株立ち、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵な庭を演出する花・ガーデニング用品。ガーデニングが素敵になるエゴノキピンク株立ちが見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい花・ガーデニング用品が充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「エゴノキピンク株立ち」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ