「インゲン」 の検索結果 270件

つるなしインゲン種子 サクサク王子 1L (サカタのタネ)【野菜の種】

e-たねや

6,000

つるなしインゲン種子 サクサク王子 1L (サカタのタネ)【野菜の種】

丸莢の長莢でシャキシャキしたサラダ食感インゲン!まっすぐで曲がりの無い姿のよさと、その名の通りサクサクッとした食感が特長です。【特長】 まっすぐで曲がりの無い姿のよさと、その名の通りサクサクッとした食感が特長です。歯切れのよさを生かすには、茹で時間は1分前後、水に取らずにそのまま食べます。従来のつるなし種より草勢があり大きく伸びるので誘引を必要とします。 【栽培環境・土づくり】 日当たりと風通しのよいところ栽培し、マメ科作物の連作は避けます。湿害に弱いので、水はけをよくします。植えつけの2週間前に1?当たり苦土石灰100‐150g、1週間前に完熟堆肥2‐3kg、有機配合肥料80gを施します。プランターでも栽培できます。 【タネまき・植えつけ】 つるなし種のため、うね間50‐60cm、株間30‐35cmを標準とします。直まきする場合は、1か所に3‐5粒の点まきにします。覆土は2cm程度とし、軽く手のひらで押さえます。覆土が浅いと皮かぶりになることがあります。育苗栽培では、発芽まで20‐25℃を保ち、3‐4号(9‐12cm)ポリ鉢に3‐4粒まきます。本葉が3枚くらいになるまでに1‐2本立ちにします。 【管理のポイント】 低温に弱いので、地温を確保してからタネまきや定植植えつけを行います。土壌水分や肥料が不足すると、莢が短くなったり曲がったりします。また樹が大きく莢が長いため、水を好む品種です。開花後は乾燥を防ぐために敷きワラと定期的な水やりが必要です。樹が伸びやすい品種なので、花が咲く前に支柱を立てて倒伏を防ぎます。追肥は、開花後に化成肥料を2‐3回、うね肩にバラまきで施し、軽く中耕して土寄せします。 【病害虫・生理障害】 インゲンだけでなく、エダマメやソラマメなどマメ科作物の連作を避け、日当りと風通しと水はけをよくし...

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「インゲン」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ