「アジサイの鉢植え」 の検索結果 167件

アジサイ『ピンクアナベル』10.5cmポット苗

土っ子倶楽部

1,380

アジサイ『ピンクアナベル』10.5cmポット苗

アメリカ原産の手まり咲きのアジサイ「アナベル」のピンク花品種。蕾は赤く、咲きはじめた装飾花は 濃いピンクで、徐々に淡いピンクに変化します。満開を過ぎた緑がかったアンティーク調のピンクはドライフラワーにもしてもステキです。花は春に伸びる新芽につきます。 手毬状になるピンクの花が華やかで、やわらかく優しい印象もあります。思い切って強剪定してあげると見ごたえのある大きな花が咲きやすくなります(*^_^*) ※2017年初夏の開花予定株です。 ※露地栽培の為、葉に斑点や傷みが出ていることがありますが、生育には影響ありません。ご了承お願いいたします。 ※落葉樹です。10月以降は落葉していきます。 《お届け時の状態》 ・ポットサイズ:10.5cm(3.5号)ポット ・お届け時高さ:約30~40cm(容器含む) ※落葉の時期は高さ15cm(容器含む)程でお届けします。 ※時期によって短く剪定してお届けすることがあります。 《育成地》福岡県 《開花》6~7月頃(地域差あり) ※切り戻しによる返り咲きは9月頃まで 《花色》ピンク 《樹高・草丈》鉢植えで0.3~1.5m 《栽培適地》全国栽培可 《科名》ユキノシタ科(アジサイ科) 《園芸分類》耐寒性落葉低木 《用途》鉢、庭、 ※写真はイメージです。気温や栽培環境により色形が写真とは多少異なることがあります。 ※種苗登録出願済み品種ですので、営利栽培はできません。 日当たりを好みますが、半日陰でも植えられます。耐寒性、耐暑性もあり丈夫。寒冷地でも綺麗に咲きます。栽培が容易で、毎年よく開花します。春に伸びた新枝に花が咲くので、 剪定は春芽吹くまで剪定でき、初心者でも管理しやすいアジサイです。弱剪定で花数を多くしても綺麗です。強剪定して 花数を少なくすると花を大きく立派にさかせることができます。...

【花終わり】アジサイ 新品種アナベル 『ピコティ シャルマン』 6号苗【17年入荷株】 (a11)

千草園芸

5,400

【花終わり】アジサイ 新品種アナベル 『ピコティ シャルマン』 6号苗【17年入荷株】 (a11)

※こちらは ★今年の入荷から咲き進み 観賞時期が終わったため、 カットして苗として販売しております。 できる限り新芽が吹いてきているものからお送りします。 (少し古葉が焼けているものもありますが、 新葉がふきますのでご了承ください。 ) (7月29日更新 177d) ※写真は見本品です。 写真は17年6月13日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176c 176a アナベル『ピコティ シャルマン』 アジサイ科アジサイ属 学名:Hydrangea Pharmant 開花期:5月~10月 2017年最新品種のアナベルです 育て方は通常のアナベルと同様です。 咲き進みにつれて徐々に色がピンクがかってきます。 白花にピンクのピコティが入っているため 全体がほんのりピンク色にみえる品種です。 ★使用用途 鉢植え、ギフト、プレゼント、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など 送料 1080より(運送会社により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 2個(季節によって状態も変化します。) 同送可能商品 5号くらいの大きさの苗の場合は約6個 備考 ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アナベル "ピコティシャルマン" ソフトピンクの色合いのアナベルで、高尾光一氏によって作出された新しい品種です。 "ピコティシャルマン"は2015年に品種登録申請され、このシリーズは17年より流通し始めています。 同年から流通し始めたソフトピンクのアナベルは"ル・マニフィーク"と"ル・パルフェ"があります。 本来のアナベルは白が基本ですが、ピンクアナベルが開発され、この種はその中間の品種のように思えます。 鉢植えでは弱々しい印象で...

アナベル鉢植え 素焼き鉢セット 6月開花 アナベル

Amazon

2,980

アナベル鉢植え 素焼き鉢セット 6月開花 アナベル

アナベルアジサイの 特徴 アナベルの花はいつできるの ? とても人気のあるアナベルアジサイ アナベルは花芽は 新しく生えてくる枝に付くので、新芽がでる 4月以降に剪定を行わなければ、いつでも剪定ができます 特に 多く雪の降る場所でも 積雪の対策としても アナベルの花が終わったら(11月~12月)、枝をバッサリと10センチ~20センチくらいまで切り戻しても 大丈夫です。 アナベルの特徴 アナベルは花芽は新芽に花がつく。 アナベルの古い枝には花がつかない。 古い枝っていうのは、昨年からある枝のこと。 アナベルの枝は何年かに一度剪定する。 冬の間に古い枝を剪定 アジサイは育てやすい植物ですが、アジサイの花が咲かなくて苦労する場合が時にはあります。 しかし 初心者向きなのがこのアナベル。 白いてまりの アナベルは とっても長く お花が楽しめます。 アナベルの特徴は新枝咲きで、春に花芽ができるので寒冷地 雪の多く降る地域でも綺麗に咲きます。冬に短く切って剪定しておけば雪で折れる心配もありません アナベルの開花は通常のアジサイより 少し遅く六月中旬より 開花します。 梅雨時期に咲く花として有名な花木です。 紫陽花は丈夫で大変育てやすく、日本の風土にあった草木で 自宅の庭先を色とりどりの多種多様の紫陽花で飾るのもいいですよ

【花終わり】【あじさい苗】常緑アジサイ 常山紫陽花【碧のひとみ】(アオノヒトミ) 4号苗

千草園芸

1,026

【花終わり】【あじさい苗】常緑アジサイ 常山紫陽花【碧のひとみ】(アオノヒトミ) 4号苗

こちらは花期が終わり、苗として販売となります。 写真は17年5月31日に撮影しました。季節によって状態は変化します。175d 176a ユキノシタ科 ■特性 6月~7月に白い蕾から10数個の五弁花の 淡いブルーの花を咲かせ実をつけ、10月 ~11月にルリ色に色づきます。 花と実、共に美しい耐寒性もあり、鉢や 庭植え、切り花等で楽しめます。 夏は明るい日陰において育てます。 耐寒性に優れています(0℃~-3℃)ジョウザンアジサイ 分類: アジサイ科ディクロア属(ユキノシタ科ジョウザン属に分類される場合もある)の常緑低木 学名: Dichroa febrifuga 原産: 中国南部、インドネシア、インド 開花期: 6~7月 別名: ディクロア・フェブリフガ、オタフクアジサイ(お多福紫陽花) 利用: 鉢植え、露地植え、根を漢方薬 性質: 半耐寒性 栽培敵地: 関東地方以南 水はけのよい日当たりを好みますが、夏場は半日陰がよいでしょう。冬に凍結する場所は好ましくありません。 つぼみの色は産地などの違いにより、青いものや薄いものがあります。花はコアジサイのように装飾花(ガク)は無く、両性花のみを咲かせます。 背丈は現地では1mくらいになり、花後には青い色の実を付けます。 名前は中国山西省の常山(恒山)にちなむものと思われます。 「碧のヒトミ」と呼ばれるのは常緑アジサイの矮性種で、花後に濃い藍色の実をつける品種です。 6月~7月に白い蕾から10数個の五弁花の淡いブルーの花を咲かせ、その後実をつけ10月~11月に濃いルリ色に色づきます。 花と実、共に美しい耐寒性もあり、鉢や庭植え、切り花等で楽しめます。 夏は明るい日陰において育てます。耐寒性にも優れています(0℃~)

花木 庭木の苗/アジサイ:プリンセス シャーロット3~4号ポット

園芸ネット プラス

2,175

花木 庭木の苗/アジサイ:プリンセス シャーロット3~4号ポット

★この商品は苗木です★手毬咲きの完全八重花で、花弁の中心部に近づくほど色合いが濃くなるグラデーションが特徴的な新品種です。おしべがなく花粉が落ちないので室内でも育てやすく、また株の老化を早めたりすることがないので花持ちよく長い間花を楽しむことができます。鉢植えで育てるとこんもりとした株姿にまとまります。花色はアルカリ土壌ではピンクに、酸性土壌では青く花色が変化します。タイプ:アジサイ(ユキノシタ)科の耐寒性落葉低木樹高:約80~100cm植付け適期:春または秋開花期:5~11月用途:庭植え、鉢植え日照:日向、半日陰栽培方法:あじさいは水を沢山必要とします。表土が乾く前にたっぷり水やりをしてください。鉢底から水が流れ出てくる位まで水を与え、受け皿には水をためないようにします。風通しが良く、日当たり~半日陰の場所で管理します。夏場の直射日光は葉焼けをおこすので避けるようにします。肥料は、緩効性肥料を2週間に1回程度2~3gの置き肥で施すか、週1回2000倍くらいの液肥を与えてください。夏はアブラムシやダニ類が発生しやすくなりますので、葉の裏側を注意してみてください。花びらに茶色い斑点が出てきたらその花びらを摘み取ります。秋に株元から新しい芽が伸びてきます。来年の花芽が形成される時期なので、秋以降の剪定は避けます。耐寒性は中程度なので、冬季は霜よけをして下さい。鉢植えの場合は冬は凍らないよう管理していただき、春になったら一回り大きい鉢に植え替えてください。この品種は土壌の酸度により花色がブルーまたはピンクになります(酸性で青、アルカリ性でピンク)。お届けする苗は3~4号(直径9~12cm)ポット入りです。夏以降は葉がきれいでない状態の場合がございます。冬季は落葉の状態です。写真は成長・開花時のイメージです...

【花終わり】【17年入荷株】アジサイ コンペイトウ 5号苗 a6

千草園芸

2,376

【花終わり】【17年入荷株】アジサイ コンペイトウ 5号苗 a6

※写真は見本品です。 17年4月4日入荷。 木の状態は季節により変化いたします。 174a ★使用用途 ギフト、プレゼント、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など 送料 648より(運送会社により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 2個 同送可能商品 4号くらいの大きさの苗の場合は約6個 備考 ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 母の日 品種 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法...

【花終わり】アジサイ レナータ 6号苗【17年入荷株】 a14

千草園芸

3,456

【花終わり】アジサイ レナータ 6号苗【17年入荷株】 a14

※写真は見本品です。 写真は17年6月20日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176e こちらは苗として販売しております。 来季以降は酸度によって花色は変化します。 ★使用用途 鉢植え、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など ※送料はSサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、...

【花終わり】 アジサイ(紫陽花・あじさい) テマリテマリ 5号【17年入荷株】e4 e6

千草園芸

1,944

【花終わり】 アジサイ(紫陽花・あじさい) テマリテマリ 5号【17年入荷株】e4 e6

※写真は見本品です。 写真は17年6月27日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176e こちらは苗として販売しております。 来季以降は酸度によって花色は変化します。 ★使用用途 鉢植え、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など ※送料はSサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。 よって、すぐに植え替えることをお勧めします。また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、...

花木 庭木の苗/アジサイ:アナベル大株 8号ルートバックまたは根巻き

園芸ネット プラス

5,380

花木 庭木の苗/アジサイ:アナベル大株 8号ルートバックまたは根巻き

【大型送料商品】直立した繊細な茎に大きな手毬状になる真っ白な細かい花が美しいアジサイです。花色は咲き進むにつれ、淡いグリーンに変わっていきます。ハイドランジア(西洋アジサイ)の中でも耐寒性が強い品種です。日向を好みますが、半日陰にも適しています。庭植え、大きな鉢やコンテナ植えでお楽しみください。大株でのお届けです。お庭に植え替えていただくと、今年からたくさんの花をお楽しみいただけます。タイプ:耐寒性落葉低木植付け適期:2月~4月、7月~9月開花期:6~7月樹高:約1.5m日当たりと水はけのよい、肥えた土を好みます。真夏の直射日光には日よけをしてあげてください。花の後、8月の終わりごろまでには、新芽のついた節のすぐ上を剪定します。また、ほかのアジサイとは異なり今年伸びた枝に花芽をつけるので、春先に前年枝を強く剪定しても大丈夫です。冬越しがラクなタイプで、室内に取り込む必要はありません。落葉後は軒下に移動したり、寒冷紗をかぶせておけば安心です。庭木としても鉢植えでも楽しめますが、鉢植えの場合は水切れに注意しましょう。乾燥しすぎると翌年の花が咲かないことがあります。花がらは秋口まで楽しめます。秋には剪定して樹勢を保ってください。お届けする苗は8号(直径24cm)ルートバックまたは根巻き、樹高約40~50cmの大株です。時期によりポットに入った状態でのお届けとなる場合がございます。冬季は落葉状態でのお届けです。また、夏~秋のお届け時は花後の状態、葉の状態がきれいでない場合がございます。写真は成長・開花時のイメージです。■この商品はメーカー直送にてお届けのため、下記サービスについてはお受けできません。・沖縄・離島にはお届けできません。・日曜祝日指定・時間帯指定・メッセージカードの添付・代金引換決済アジサイ:アナベル大株...

花木 庭木の苗/カシワバ(柏葉)アジサイ:ピーウィー6号ポット

園芸ネット プラス

2,862

花木 庭木の苗/カシワバ(柏葉)アジサイ:ピーウィー6号ポット

庭植え・鉢植えに人気の柏葉アジサイ。ピーウィーは従来のカシワバアジサイよりも葉が小さく、コンパクトにまとまる矮性品種です。花は一重咲きでやや丸い形になります。秋から冬にかけては深紅に紅葉し、四季を通じて見どころの多い木です。学名:Hydrangea quercifolia 'Pee Wee'タイプ:アジサイ(ユキノシタ)科の耐寒性落葉低木栽培適地:北海道南部以南樹高:50~100cm開花期:6月上旬頃植付け適期:3~4月、10~11月日照:日向むき栽培方法:日当たり・水はけ・風通しのよい肥えた土を好みますが、半日陰でも育てることができます。真夏の直射日光にあたると傷むので、日よけをするか日陰に移動してください。花後、遅くとも8月末までに花柄を剪定しますが、新芽のついたすぐ上で切ってください。2~3月と花後の7月末に追肥をしてください。コンテナでも育てられます。挿し木で殖やすことができます。冬の寒さで傷むことがありますので、霜よけをするか、鉢植えの場合は南向きの軒下に入れてください。お届けする苗は、6号(直径18cm)ポット入り、樹高約40~60cm前後です。お届け時期により樹高は変動することがあります。また初夏以降~冬季のお届けは葉やけや紅葉等で葉がきれいでない状態の場合がございます。写真は成長・開花時のイメージです。カシワバ(柏葉)アジサイ:ピーウィー6号ポットの栽培ガイド7月の庭木のお手入れアジサイ苗類のお届け形態についてアジサイの花色調整アジサイの分類

【花終わり】アジサイ(紫陽花・あじさい) ブルーステッキ 5号苗【17年入荷株】c9

千草園芸

2,376

【花終わり】アジサイ(紫陽花・あじさい) ブルーステッキ 5号苗【17年入荷株】c9

★入荷から時間が立ち、花が痛み、観賞時期が終わりました。 来年用の苗として、花をカットし手入れした状態です。 (7月21日更新) 写真は17年5月30日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176c ※送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 ★使用用途 鉢植え、地植え、花苗(花壇、寄せ植え)、など ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法...

【花終わり】アジサイ 伊予獅子手まり(イヨシシテマリ) 5号苗【17年入荷株】

千草園芸

3,240

【花終わり】アジサイ 伊予獅子手まり(イヨシシテマリ) 5号苗【17年入荷株】

※写真は見本品です。 ★入荷から時間が立ち、花が痛み、観賞時期が終わりました。 来年用の苗として、花をカットし手入れした状態です。 (7月21日更新) 写真は17年6月07日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176a 176b ※送料はSサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 ★使用用途 鉢植え、地植え、花苗(花壇、寄せ植え)、など ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。イヨシシテマリ 学名・Hydrangea 分類 ユキノシタ科 アジサイ属 原産 日本のヤマアジサイ 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 (栽培) :早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください...

【花終わり】【あじさい苗】【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) シースプレイ 6号苗

千草園芸

3,240

【花終わり】【あじさい苗】【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) シースプレイ 6号苗

こちらは現在花が終わっております。 苗としてご利用ください。 (8月3日更新 177d) ※写真は見本品です。 写真は17年4月21日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。174d シースプレイ ブルー系のテマリ紫陽花の中でも、 水色に近い色を咲かせるテマリ咲きアジサイです。 咲き進むと、少し濃くなってきます。 ★使用用途 ギフト、プレゼント、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など ※送料はMサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは...

【花終わり】アジサイ HBAティファニ- 5号苗【17年入荷株】e7

千草園芸

3,024

【花終わり】アジサイ HBAティファニ- 5号苗【17年入荷株】e7

※写真は見本品です。 こちらは苗として販売しております。 来季以降は酸度によって花色は変化します。 ★使用用途 鉢植え、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など ※送料はSサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では...

人気の花・ガーデニング用品のアジサイの鉢植え、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵な庭を演出する花・ガーデニング用品。ガーデニングが素敵になるアジサイの鉢植えが見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい花・ガーデニング用品が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「アジサイの鉢植え」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ