「あまいキャベツ」 の関連商品を含む検索結果 6件

【種子】あまいキャベツあまみさきトーホクのタネ

Ivy

486

【種子】あまいキャベツあまみさきトーホクのタネ

コメント 夏に苗を作り気温の下がる頃収穫するキャベツです。 やわらかく多汁のおいしいキャベツになります。 育て方 春まきもできますが、夏まき冬どりすると極めて甘みが増すおいしい品種です。非常に揃いも良く、綺麗な玉になります。箱に筋蒔きして本葉2枚程度でポットに植えると無駄が少なくて済みます。虫害に遭いやすいので寒冷紗などで予防しましょう。 内容量 2ml(1袋で100〜150苗分です) 味わい方 生食、煮物、油炒め 発芽適温 約25℃ 播種時期 春:冷涼地 3月中旬〜5月中旬 中間地 2月中旬〜4月中旬 暖地 2月中旬〜4月中旬 秋:冷涼地 5月中旬〜6月中旬 中間地 7月中旬〜8月中旬 暖地 7月中旬〜8月中旬 定植目安 株間40cm うね幅60cm 備考 ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ・モニターの設定等により実物と色が違って見えることがあります。

【代引不可】【5袋まで送料80円】 □あまいキャベツあまみさき

錦幸園 楽天市場店

486

【代引不可】【5袋まで送料80円】 □あまいキャベツあまみさき

■ポイント!!: 春まきもできますが、夏にまいて冬どりするときわめて甘みを増すおいしい品種です。キレイな球で非常に良く揃い、生食や油いためなどに適します。ポットに種をまき、本葉5枚頃に定植します。水はけを良くするために、高うねにして下さい。 ■種蒔き期限について: 種蒔きには期限があり、下記に表記しています。期限を過ぎての種蒔きは、発芽率の低下につながりますので、ご確認の上、お買い求めください。 ■生産地: オーストラリア ■内容量: 2ml ■農薬の使用: なし ■収穫期(花期): 10〜12月 ■種蒔き期限(中間地基準): 8月まで ■【メール便】商品について: 【メール便】商品は代引き決済が対応できません。種子類の送料は5袋ごとに1送料で計算いたします。 ■発芽温度: 15から30℃ 【メール便】商品を、お求めになる前に、必ずこちらの注意事項をお読みください。【DM便】でお届けする種子類は、代金引き換え決済および時間指定がご利用になれません。代金引き換えをご利用になった場合は、ご注文をキャンセルさせて頂きます。ご注意の上、お手続き下さいませ。コンビニ決済、クレジット決済がおススメです。

種からはじめる野菜作りトーホク あまいキャベツ あまみさき(F1・交配種)夏にまいて冬どりすると甘みを増す美味しい品種サラダや油炒めに最適!(家庭菜園・キャベツのタネ)

ガーデン・キッチン雑貨Vege-Style

449

種からはじめる野菜作りトーホク あまいキャベツ あまみさき(F1・交配種)夏にまいて冬どりすると甘みを増す美味しい品種サラダや油炒めに最適!(家庭菜園・キャベツのタネ)

□その他のキャベツの種はこちらから □春からまく野菜の種はこちらから □秋からまく野菜の種はこちらからCABBAGE/キャベツ キャベツ キャベツは世界中でもっとも栽培されている野菜のひとつ。 ビタミンCや各種ミネラルのほか、キャベツにもっとも多く含まれる ビタミンU(別名キャベジン)、胃腸の働きを整えてくれる成分が豊富に含まれています。 夏に種をまき、秋から冬にかけて収穫する作型がおすすめです。 栽培カレンダー 科名:アブラナ科 食用部分:葉 生育適温:15〜20℃ 発芽適温:約25℃ ・冷涼地/北海道、東北地方、新潟県、富山県、石川県、高冷地 ・中間地/関東、中部、近畿、中国、北陸(一部の高冷地を除く) ・暖地/四国・九州、沖縄県 ※上記の地域区分はあくまでも目安です。お住まいの気候条件に合わせて栽培してください。 あまいキャベツ あまみさきの特徴 春まきもできますが、夏にまいて冬どりすると甘みを増す美味しい品種です。 きれいな球で非常によくそろい、やわらかくて甘い品種ですので、サラダや油炒めに最適です。

こちらの関連商品はいかがですか?

【種子】富士早生キャベツ味幅 トーホクのタネ

Ivy

432

【種子】富士早生キャベツ味幅 トーホクのタネ

コメント 秋まき用で、翌春収穫するキャベツです。 やわらかく多汁のおいしいキャベツになります。とう立ちしにくく、年内収穫も出来ます。 作り方 ・たねまきが早すぎると年内に大株になり、翌春とう立ちしやすくなるので注意します。・箱に筋蒔きして本葉2枚程度でポットに植えると無駄が少なくて済みます。虫害に遭いやすいので寒冷紗などで予防しましょう。 内容量 2ml 1袋で約50〜65本分です。 味わい方 生食、煮物、油炒め 発芽適温 15〜30℃ 播種時期 夏:冷涼地 4月上旬〜7月上旬 中間地 6月中旬〜8月上旬 暖地 6月中旬〜8月上旬 秋:冷涼地 8月下旬〜9月中旬 中間地 9月上旬〜10月上旬 暖地 9月中旬〜10月中旬 定植目安 株間40cm うね幅60cm 備考 ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ・モニターの設定等により実物と色が違って見えることがあります。

【種子】ソラマメ お多福豆トーホクのタネ

Ivy

324

【種子】ソラマメ お多福豆トーホクのタネ

コメント: 形がオカメに似ていることからお多福豆と呼ばれています。 味は濃厚で深みがあり、食感はほくほくして上品な甘みがあります。 学名、科名: Vicia faba L. マメ科ソラマメ属 英名: Broad bean , Fava bean 種類: 1年草 別名: 一寸豆 和名: 野良豆(ノラマメ)、夏豆(ナツマメ)、天豆(テンマメ)、四月豆(シガツマメ)、高野豆(コヤマメ) 味わい方: ゆで豆 播種時期: 冷涼地:5月上旬〜5月中旬(北海道)、10月上旬〜11月上旬 中間地:10月上旬〜11月中旬 暖地:10月上旬〜12月上旬 収穫時期: 冷涼地:7月中旬〜7月下旬(北海道)、翌年5月中旬〜6月下旬 中間地:翌年5月上旬〜6月中旬 暖地:翌年4月中旬〜5月下旬 発芽適温: 約15〜20℃ 発芽日数: 播種深さ: 生産地: アメリカ 内容量: 45ml 発芽率: 約80%以上 おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 撒き方: 菜園にタネを直接まくか、ポットで苗を作って畑に植えます。 種の黒い筋のある部分を下にして土に差し込み、種の一部が地上に出ている状態にまきます。 発芽したら間引いて1カ所1株にします。 北風を避けるようにし越冬させましょう。 育て方: 畑には1平方メートル当たりたい肥2kg、苦土石灰120g、化成肥料50gを施します。 莢が成り始めたら40gの化成肥料を施します。 連作を嫌うので一度作ったら3〜4年は同じ場所で作らないようにしましょう。 苗を育てる時は寒冷紗をかけてアブラムシを防除します。 生育の遅い茎は早めに取り除いて1株5〜6本にします。 サヤがやや下向きになった頃が収穫適期です。 備考: ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光...

【種子】ローズかすみ草 トーホクのタネ

Ivy

162

【種子】ローズかすみ草 トーホクのタネ

コメント: 脇役で有名な花ですが、実は結構人気があったりします。 多花性で花が株一面に広がります。 1年草のカスミソウになります。 科名: Gypsophila muralis ナデシコ科ギプソフィラ属 英名: Cushion Gypsophila 種類: 耐寒性一年草 別名: ギプソフィラ、シプソフィラ 和名: かすみ草 草丈: 約40〜60cm 花色: ピンク 用途: 花壇、切花、プランター 播種時期: 春まき:4月上旬〜5月下旬(冷涼地) 秋まき:9月上旬〜10月下旬 開花時期: 春まき:6月中旬〜9月中旬 秋まき:翌4月上旬〜6月下旬 発芽適温: 15〜20℃ 発芽日数: 播種深さ: 2〜3mm 開花までの日数: 80〜100日 花言葉: 「思えば慕われる」 生産地: オランダ 内容量: 0.5ml 発芽率: 約60%以上おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 撒き方: 湿らせた土に4〜5粒ずつまく。 発芽まで乾燥させないように。 育て方: 「Gypsophila(石灰を好む)」という学名の通り、石灰質の土壌を好みます。 移植を嫌うので、根を崩さないように移植してください。 花がつきにくくなるため多肥はしないようにしましょう。 摘心をすると分枝して花数も多くなります。 日当たりと水はけのよい場所で栽培します。 日当たりを好むわりに、夏の暑さを嫌がります。 直射日光を避け、明るめの日陰で育てるといいでしょう。 寒さには強いです。乾燥気味に育てます。 <備考> ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。...

【種子】タイム トーホクのタネ

Ivy

216

【種子】タイム トーホクのタネ

コメント 淡い桃色の小花をたくさん咲かせ、花としても楽しめるハーブです。コモンタイム(立性)と呼ばれる品種で、よく枝分かれする茎は木質化し、枝先に短い花穂をつけます。鶏肉や牛肉の煮込み料理に枝ごと入れてにおい消し、香りづけに使用するほか、ハーブティーなどにも利用されます。 収穫 若葉を摘んで利用します。乾燥させて使用するときはつぼみが開き始めたら地上から5cm位の所で刈り取り陰干しします。冷凍して使用することも出来ます。 草丈 10〜30cm 発芽適温 15〜25℃ 播種時期 春まき:3月下旬〜5月下旬 秋まき:9月中旬〜10月上旬 収穫時期 春まき:7月中旬〜10月中旬 秋まき:5月中旬〜10月上旬 花言葉 活動、勇気 内容量 0.2ml 1袋で約200本分です。 育て方 丈夫なハーブで、日当たりを好みますが日陰でも生育に問題はありません。できるだけ風通しのよい場所が理想的です。乾燥気味の土壌を好みます。 備考 ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。 商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ・モニターの設定等により実物と色が違って見えることがあります。うっすらとしたピンクが可愛い花ですハーブとして利用するだけでなく観賞用としても楽しめます!細かく美しいグリーンの葉と可憐な花はお庭を素敵に彩ってくれます

【種子】王城白菜トーホクのタネ

Ivy

378

【種子】王城白菜トーホクのタネ

コメント 病気に強く作りやすい品種です。中生種で80日位で収穫できます。大き目の球で、緑が濃い白菜になります。 作り方 直接畑にも種まきできますが、箱まきにしてポット苗を作り畑に植えたほうが効率よく栽培できます。早まきは避けましょう。虫害の予防のために寒冷紗などでカバーするといいです。ワラやマルチなどを利用するときれいに栽培できます。 畑に移植して15日位と葉がまき始める少し前の葉が立つころに追肥をします。 内容量 3ml 1袋で約60〜80本分です。 味わい方 浅付け、炒め物、鍋物 発芽適温 20〜25℃ 播種時期 冷涼地 7月上旬〜8月下旬 中間地 8月中旬〜9月中旬 暖地 8月中旬〜9月上旬 定植目安 株間45cm うね幅70cm 備考 ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。 商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ・モニターの設定等により実物と色が違って見えることがあります。

【種子】下仁田ねぎトーホクのタネ

全2商品

216

【種子】下仁田ねぎトーホクのタネ

コメント 群馬県下仁田特産のねぎです。 白くなる部分が太くて短い独特なねぎで、殿様ネギとも呼ばれます。煮食、特にスキヤキにすると繊維質を感じず、甘みとコクがありすばらしい味になります。 家庭菜園にもどうぞ。 作り方 春まきと秋まきができます。秋まきのほうがよいネギが収穫できます。肥料をあげながら3〜4回土を寄せてください。寒くなるとさび病がつきやすくなるので注意してください。 内容量 5ml 味わい方 煮物、汁の実、薬味 発芽適温 15~25℃ 播種時期 春:冷涼地 3月下旬〜5月上旬 中間地 3月中旬〜4月下旬 暖地 3月上旬〜4月下旬 秋:冷涼地 8月中旬〜9月中旬 中間地 8月下旬〜9月下旬 暖地 9月上旬〜10月上旬 定植目安 株間5cm うね幅80cm 備考 ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。 商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ・モニターの設定等により実物と色が違って見えることがあります。

【種子】ひなげしトーホクのタネ

Ivy

162

【種子】ひなげしトーホクのタネ

コメント 八重と一重の花が咲き、群生させると非常に見事です。ケシ属に属します。ポピーは、眠りと忘却のシンボルで、ギリシャ神話によれば眠りの神ソムヌスが、実りの女神の疲労を取り除いて豊作にするためにポピーを作ったということです。 用途 花壇、プランター、切花 花色 赤、桃、白などの混合 草丈 60〜80cm 発芽適温 15〜20℃ 播種時期 春まき:4月上旬〜5月上旬秋まき:9月中旬〜1月上旬 開花時期 春まき:6月上旬〜8月下旬秋まき:3月中旬〜6月中旬 開花までの日数 60〜80日 内容量 0.2ml 花言葉 なぐさめ 育て方 ひなげしの種はとにかく細かいので、スプーンですくって移植します。種は砂と混ぜてからまくと一箇所に固まらずにすみます。上から直接水を撒くと種が偏ってしまうので、受け皿に水を蓄えておくようにしましょう。 備考 ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ・モニターの設定等により実物と色が違って見えることがあります。

【種子】わすれな草トーホクのタネ

Ivy

216

【種子】わすれな草トーホクのタネ

コメント 草丈20〜30cmの矮性種です。耐寒性が高く、雪の下で越冬します。高温多湿には弱く、夏越しがポイントです。株一杯に小さな青い花をつけてくれます。プランターにも向いています。 用途 花壇、プランター 花色 青色 草丈 20〜30cm 発芽適温 15℃〜20℃ 播種時期 春まき:4月上旬〜5月下旬(寒冷地) 秋まき:8月下旬〜10月下旬 開花時期 春まき:5月中旬〜7月下旬(翌年) 秋まき:2月下旬〜6月上旬(翌年) 開花までの日数 翌年咲きです 内容量 0.2ml1袋で100〜150本の苗がとれます。(環境、状態により発芽率は変わります) 花言葉 私を忘れないで 育て方 日当たりの良い場所を好みます。高温多湿は苦手です。開花に低温を必要とするため、秋まきの方が向いています。あまり多肥にすると花のつきが悪くなります。 備考 ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ・モニターの設定等により実物と色が違って見えることがあります。

【種子】野沢菜トーホクのタネ

Ivy

162

【種子】野沢菜トーホクのタネ

コメント 野沢菜漬けで有名な野菜です。種まき後70日ほどで収穫できます。霜が2〜3回降りてからの方が“のり”が出て美味しくなります。シャキシャキとした味わいが長期漬けに最適です。Ivyのある飯山市は野沢から10分程のところなので沢山栽培していますよ。春の菜の花祭りは有名です。 作り方 ・畑に直接たねまきをします。うね幅30cmほどですじまきをします。間引きをして株間を15cmにします。間引きした苗はおひたしにすると美味しいですよ。若苗の頃はべと病にかかりやすいので注意しましょう。 容量 10ml 1袋で40苗分です。 味わい方 漬け物 発芽適温 20〜25℃ 播種時期 冷涼地 7月中旬〜9月中旬 中間地 8月中旬〜10月中旬 暖地 8月中旬〜10月下旬 定植目安 株間15cm うね幅30cm 備考 ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ・モニターの設定等により実物と色が違って見えることがあります。

【種子】一寸そら豆トーホクのタネ

Ivy

324

【種子】一寸そら豆トーホクのタネ

コメント: ビールのつまみとしておなじみの、大粒のそら豆です。 草丈1m近くなり、1株で5〜6本の茎が伸び、1莢に3粒位入っています。 学名、科名: Vicia faba L. マメ科ソラマメ属 英名: Broad bean , Fava bean 種類: 1年草 別名: 一寸豆 和名: 野良豆(ノラマメ)、夏豆(ナツマメ)、天豆(テンマメ)、四月豆(シガツマメ)、高野豆(コヤマメ) 味わい方: ゆで豆 播種時期: 冷涼地:3月上旬〜4月中旬、5月上旬〜5月中旬(北海道)、10月上旬〜11月上旬 中間地:10月上旬〜11月中旬 暖地:10月上旬〜12月上旬 収穫時期: 冷涼地:6月中旬〜7下中旬、7月中旬〜7月下旬(北海道)、翌年5月中旬〜6月下旬 中間地:翌年5月上旬〜6月中旬 暖地:翌年4月中旬〜5月下旬 発芽適温: 約15〜20℃ 発芽日数: 播種深さ: 採種国: アメリカ 内容量: 45ml 発芽率: 約80%以上 おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 撒き方: 菜園にタネを直接まくか、ポットで苗を作って畑に植えます。 種の黒い筋のある部分を下にして土に差し込み、種の一部が地上に出ている状態にまきます。 発芽したら間引いて1カ所1株にします。 北風を避けるようにし越冬させましょう。 育て方: 畑には1平方メートル当たりたい肥2kg、苦土石灰120g、化成肥料50gを施します。 莢が成り始めたら40gの化成肥料を施します。 連作を嫌うので一度作ったら3〜4年は同じ場所で作らないようにしましょう。 苗を育てる時は寒冷紗をかけてアブラムシを防除します。 生育の遅い茎は早めに取り除いて1株5〜6本にします。 サヤがやや下向きになった頃が収穫適期です。 <備考> ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ...

【種子】白花かすみ草 トーホクのタネ

Ivy

162

【種子】白花かすみ草 トーホクのタネ

コメント: 脇役で有名な花ですが、実は結構人気があったりします。 多花性で花が株一面に広がります。 1年草のカスミソウになります。 科名: Gypsophila muralis ナデシコ科ギプソフィラ属 英名: Cushion Gypsophila 種類: 耐寒性一年草 別名: ギプソフィラ、シプソフィラ 和名: かすみ草 草丈: 約40〜60cm 花色: 白 用途: 花壇、切花、コンテナ 播種時期: 春まき:4月上旬〜5月下旬(冷涼地) 秋まき:9月上旬〜10月下旬 開花時期: 春まき:6月中旬〜9月中旬 秋まき:翌4月上旬〜6月下旬 発芽適温: 15〜20℃ 発芽日数: 播種深さ: 2〜3mm 開花までの日数: 80〜100日 花言葉: 「思えば慕われる」 生産地: フランス 内容量: 1ml 発芽率: 約60%以上おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 撒き方: 湿らせた土に4〜5粒ずつまく。 発芽まで乾燥させないように。 育て方: 「Gypsophila(石灰を好む)」という学名の通り、石灰質の土壌を好みます。 移植を嫌うので、根を崩さないように移植してください。 花がつきにくくなるため多肥はしないようにしましょう。 摘心をすると分枝して花数も多くなります。 日当たりと水はけのよい場所で栽培します。 日当たりを好むわりに、夏の暑さを嫌がります。 直射日光を避け、明るめの日陰で育てるといいでしょう。 寒さには強いです。乾燥気味に育てます。 <備考> ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。...

【種子】かき菜トーホクのタネ

Ivy

162

【種子】かき菜トーホクのタネ

コメント: 北関東両毛地方で育てられた「とう」を食べるかき菜です。 翌春の3〜4月に収穫し、やわらかく風味があります。 早春の両毛地方になくてはならない野菜です。 学名、科名: Brassica napus L. アブラナ科アブラナ属 英名: rapeseed, rape colza, rapa 種類: 越年草 別名: のらぼう菜、トウ立ち菜、茎立ち菜、折り菜、芯摘み菜 和名: ナタネ、西洋油菜、洋種菜種、黒種 味わい方: おひたし、胡麻和え、バター炒め、マヨネーズ和え、味噌汁の具など 播種時期: 冷涼地:8月中旬〜10月上旬 中間地:8月下旬〜11月上旬 収穫時期: 冷涼地:翌年4月中旬〜5月上旬 中間地:翌年3月下旬〜4月下旬 発芽適温: 20〜25度 発芽日数: 播種深さ: 生産地: アメリカ 内容量: 10ml 発芽率: 約90%以上 おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 撒き方: 主に苗を育てて移植しますが、畑に直接まくこともできます。 苗作りは土を充分に湿らせて幅30cm位にうすくすじまきし、かるく土をかけます。 育て方: 生育に応じて順次間引きします。 さらに霜の降りる頃までに幅60cm、株間40cmに定植します。 畑には1平方メートル当たりたい肥3kg、苦土石灰100g、化成肥料100gを施しておき、1回目の「とう」を収穫したら80gの化成肥料を施します。 秋冬の葉は硬いので食用には向きません。 備考: ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。 商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ...

【種子】大輪ききょうトーホクのタネ

Ivy

162

【種子】大輪ききょうトーホクのタネ

コメント 秋の七草のひとつで、毎年花を咲かせる宿根草です。青紫と白の混合品種の桔梗で大輪性なので、花姿はとても見事です。2年目以降は株が充実し、花数多く咲いてくれます。 用途 花壇、プランター、切花 花色 青紫、白などの混合 草丈 40〜70cm 発芽適温 15℃〜20℃ 播種時期 春まき:3月下旬〜6月上旬 秋まき:8月下旬〜10月中旬 開花時期 春まき:5月上旬〜7月下旬(翌年) 秋まき:5月上旬〜7月下旬(翌年) 開花までの日数 翌年咲きです 内容量 0.4ml 花言葉 変わらぬ愛 育て方 日当たりと水はけのよい場所に定植します。土は腐葉土を多めに入れるのがコツ。幼苗期は半日陰で管理してください。 備考 ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ・モニターの設定等により実物と色が違って見えることがあります。☆ 春まき、秋まきの花の種 秋の七草のひとつ 桔梗 学 名 Platycodon 別 名 おかととき バルーンフラワー 科 名 キキョウ科 属 名 キキョウ属 性 状 耐寒性多年草 原産国 日本、朝鮮半島 花言葉 清楚、気品 キキョウは秋の七草のひとつです。秋のイメージが強いようですが、花は梅雨の頃です。明智光秀の家紋に使われたり、万葉集で歌われたりと昔から愛されている花です。最近は品種改良により様々な色、形の花が増えてきました。

【種子】スナップエンドウつるあり あまいえんどうトーホクのたね

花まるマーケット

216

【種子】スナップエンドウつるあり あまいえんどうトーホクのたね

草丈2m位になるつるありタイプで、スナップえんどうとも呼ばれています。莢が甘くてやわらかく歯ざわりが良くサラダに最適です。 ◇蒔き方◇ ・菜園にタネを直接まき、発芽したら間引いて1カ所2株にします。 ・秋まきの場合は、本葉2〜3枚で北風を避けるようにして越冬させます。春まきの場合は、霜の心配がなくなった頃に蒔きます。 ・畑には1平方メートル当り、たい肥2kg,苦土石灰120g,化成肥料50gを施します。 ・つるなし種ですが1m位の支柱を立て、株が倒れるのを防ぎます。 ・連作を嫌うので、一度作ったら3〜4年は同じ場所では作らないでください。 ・100株に1株の割合で莢の硬い株が発生しますので、抜き取ってください。 ●発芽適温:15〜30℃ ●生育適温:15〜25℃ ●生産地:アメリカ ●数量:30ml ※本種子を食用・飼料に使用しないでください。 また小児の手の届かない所に保管してください。 種子のお届けについてのお知らせ ※メール便に ついて◇◆◇◆◇種子のみご購入のお客様へ◆◇◆◇ 種子のみご購入の場合、お届けはメール便にてお届けになります。メール便でのお届け時には、代金引換決済がご利用いただけません。 代金引換決済をご選択の場合は、通常の送料の金額に変更させていただきます。 送料を変更した金額を、後ほどメールにてお知らせさせていただきますので、ご確認ください。※配送日時に ついて メール便でのお届けは、ポストへの投函での お届けになります。そのため、配送日時のご指定はお受けできません。 ヤマト運輸でのメール便のお届けは、発送日から翌々日以降のお届けになります。 ご予定がある場合は、日程に余裕をもってご注文くださいますようお願いいたします。

【種子】黒キャベツ グルメケールトーホクのタネ

Ivy

400

【種子】黒キャベツ グルメケールトーホクのタネ

コメント: 葉が濃緑で凸凹のある不結球キャベツです。 イタリア原産で食物繊維に富み独特の風味と旨みがあり、ビタミンCや抗酸化力は野菜の中でもトップクラスといわれています。 学名、科名: Brassica oleracea var. capitata アブラナ科アブラナ属 英名: 種類: 多年草 別名: アスパラガスキャベツ・ケール、カーボロネロ 和名: 黒キャベツ・葉キャベツ 味わい方: 煮込み、炒め物、天ぷらなど 播種時期: 冷涼地:3月下旬〜6月下旬 中間地:3月上旬〜8月上旬 暖地:2月中旬〜8月下旬 収穫時期: 冷涼地:5月中旬〜10月下旬 中間地:4月下旬〜12月下旬 暖地:4月中旬〜翌年3月上旬 発芽適温: 約15〜25℃ 発芽日数: 播種深さ: 生産地: アメリカ 内容量: 約0.7ml 発芽率: 約80%以上 おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 撒き方: 中間地や暖地では春〜秋まき、冷涼地では春〜初夏まきします。 ポットにタネをまいて間引きし、本葉5〜6枚になったら株間30〜40cmで50〜60cm間隔に植えます。 育て方: 畑には1平方メートル当たりたい肥3kg、苦土石灰100g、化成肥料200gを施しておきます。 栽培期間が長く乾燥や肥料切れを起こすと葉が傷むので、ときどき化成肥料を施します。 スープやロールキャベツの様な煮込み料理やオリーブオイルを使った炒め物や天ぷらなどに適します。 またプランター栽培もでき、ポタジェガーデン(鑑賞菜園)にも適します。 下葉を順次摘んで収穫します。 備考: ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件...

【種子】カモミール(ジャーマンカモミール)トーホクのタネ

Ivy

216

【種子】カモミール(ジャーマンカモミール)トーホクのタネ

コメント リンゴのような甘い香りを漂わせるハーブです。草丈の低い品種なので、プランターで育てることも出来ます。カモマイル、カミツレとも呼ばれます。観賞用にもどうぞ! 収穫 開花したら収穫し、乾燥して利用します。 切花を生けておくと部屋いっぱいに甘い香りがします。お勧めの天然香料です! 草丈 30〜60cm 発芽適温 15〜25℃ 播種時期 春まき:3月下旬〜5月下旬 秋まき:9月中旬〜10月上旬 収穫時期 春まき:7月中旬〜10月中旬 秋まき:5月中旬〜10月上旬 内容量 0.1ml 1袋で約200本分です。 花言葉 逆境に負けない強さ 育て方 日当たりのよい場所で育てましょう。乾燥に弱いので真夏は直射日光の直接あたる場所に置くのは避けましょう。寒さには強いので、特に冬には防寒などをする必要はありません。 備考 ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ・モニターの設定等により実物と色が違って見えることがあります。カモミール(ジャーマンカモミール)の種が 2月17日(金)更新 (集計日:2月16日)の 楽天デイリーランキング 種子(花)の部門にて第1位に 3月8日(木)更新 (集計日:3月7日)の 楽天デイリーランキング 種子(花)の部門にて第2位に 2月13日(水)更新 (集計日:2月12日)の 楽天デイリーランキング 種子(花)の部門にて第1位に なりました! ありがとうございました!!

【種子】すみれかぶ藤のまいトーホクのタネ

Ivy

432

【種子】すみれかぶ藤のまいトーホクのタネ

コメント: 小かぶから中かぶまで幅広く利用できる紫首カブです。 肉質が柔らかくて光沢があり、病気にも強く、食味の良い品種です。 学名、科名: Brassica rapa L. var. rapa アブラナ科アブラナ属 英名: Turnip 種類: 越年草 別名: カブラ、カブナ、カブラナ、スズナ 和名: 蕪、蕪菁 味わい方: サラダ、生食、浅漬け、汁の実など 播種時期: 冷涼地:4月中旬〜9月上旬 中間地:3月中旬〜6月中旬、8月中旬〜9月下旬 暖地:3月上旬〜5月上旬、8月下旬〜10月上旬 収穫時期: 冷涼地:6月中旬〜11月下旬 中間地:5月中旬〜8月上旬、9月下旬〜1月中旬 暖地:4月下旬〜6月中旬、10月上旬〜1月下旬 発芽適温: 15〜30℃ 発芽日数: 播種深さ: 生産地: アメリカ 内容量: 約3ml 発芽率: 約90%以上 おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 撒き方: 春まきと秋まきができます。 水はけを良くするため高うねにして、よく湿らせた畑に幅25cm、株間15cm位にまき、うすく土をかけます。 育て方: 畑には1平方メートル当たりたい肥2kg、苦土石灰100g、化成肥料100gを施し、石などを取り除いて良く耕しておきましょう。 間引きは2〜3回に分けて順次行い、茎の色が濃い紫色の株を残して1本にします。 早まきする時はポリフィルムなどの保温資材を使いましょう。 何回かに分けてまくと連続して収穫できます。 備考: ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ...

【種子】宿根八重かすみ草トーホクのタネ

Ivy

162

【種子】宿根八重かすみ草トーホクのタネ

コメント 宿根性のカスミソウです。寒さに強く栽培しやすい品種です。多花性で2年目には1年目よりさらに豪華に咲いてくれます。乾燥気味に育ててください。大きくなるので、成長に従って支柱やネットを利用してください。 用途 花壇、プランター、切花 花色 白色 草丈 60〜80cm 発芽適温 15〜20℃ 播種時期 春まき:4月上旬〜5月下旬(冷涼地) 秋まき:9月上旬〜10月下旬 開花時期 春まき:6月中旬〜9月中旬 秋まき:翌4月上旬〜6月下旬 開花までの日数 80〜100日 内容量 0.2ml 花言葉 思えば慕われる 育て方 「Gypsophila(石灰を好む)」という学名の通り、石灰質の土壌を好みます。移植を嫌うので、根を崩さないように移植してください。 花がつきにくくなるため多肥はしないようにしましょう。摘心をすると分枝して花数も多くなります。 日当たりと水はけのよい場所で栽培します。日当たりを好むわりに、夏の暑さを嫌がります。直射日光を避け、明るめの日陰で育てるといいでしょう。寒さには強いです。乾燥気味に育てます。 備考 ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ・モニターの設定等により実物と色が違って見えることがあります。

【種子】ハクサイ郷秋60日トーホクのタネ

Ivy

432

【種子】ハクサイ郷秋60日トーホクのタネ

コメント 60日〜65日位で収穫できる早生の白菜です。やわらかい白菜なので漬物にすると漬け上がりが早く、美味しく食べられます。 作り方 直接畑にも種まきできますが、箱まきにしてポット苗を作り畑に植えたほうが効率よく栽培できます。早まきは避けましょう。虫害の予防のために寒冷紗などでカバーするといいです。ワラやマルチなどを利用するときれいに栽培できます。 畑に移植して15日位と葉がまき始める少し前の葉が立つころに追肥をします。 容量 3ml(1袋で約50〜80本分です。) 味わい方 漬物、炒め物、鍋物 発芽適温 20〜25℃ 播種時期 冷涼地 7月上旬〜8月下旬 中間地 8月上旬〜9月中旬 暖地 8月上旬〜9月中旬 定植目安 株間40cm うね幅60cm 備考 ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ・モニターの設定等により実物と色が違って見えることがあります。

【種子】スターチス(リモニューム)混合トーホクのタネ

Ivy

162

【種子】スターチス(リモニューム)混合トーホクのタネ

コメント “シュニアタ”という品種で切花やドライフラワーに最適な花です。株元から多くの茎が伸び、花色がはっきりとしたカラフルな品種です。 用途 花壇、プランター、切花、ドライフラワー 花色 紫、桃、黄などの混合 草丈 40〜60cm 発芽適温 15〜20℃ 播種時期 春まき:3月下旬〜5月下旬 秋まき:9月中旬〜10月中旬 開花時期 春まき:6月下旬〜10月上旬 秋まき:翌3月下旬〜6月下旬 開花までの日数 80〜100日 内容量 0.3ml 花言葉 永久不変 育て方 日当たりと水はけのよい場所で栽培します。寒さにはあまり強くないので、冬季には霜よけや風除けをします。プランターの場合は陽だまりに移してください。株間30cm位が定植の目安です。 備考 ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。 商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ・モニターの設定等により実物と色が違って見えることがあります。

【種子】タマネギ玉ねぎ 新きぬ 和トーホクのタネ

Ivy

464

【種子】タマネギ玉ねぎ 新きぬ 和トーホクのタネ

コメント: 翌年まで貯蔵でき、300〜350g位になる豊円な甲高種です。 赤胴色に良く揃い、とう立ちや分球が少なく葉も立性の作りやすい品種です。 学名、科名: Allium cepa L. ヒガンバナ科ネギ亜科ネギ属 英名: Onion 種類: 園芸上では一年草もしくは二年草 別名: 和名: 玉葱 味わい方: 油炒め、煮物、天ぷら、サラダなど 播種時期: 冷涼地 8月中旬〜9月上旬 中間地 9月上旬〜9月下旬 暖 地 9月上旬〜10月上旬 収穫時期: 冷涼地 翌年6月下旬〜7月下旬 中間地 翌年6月上旬〜6月下旬 暖 地 翌年5月下旬〜6月下旬 発芽適温: 15〜20℃ 発芽日数: 播種深さ: 生産地: フランス 内容量: 3.5ml 発芽率: 約80%以上 おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 撒き方: タネまきの時期が重要で、早まきとして大苗で冬越しすると春先にトウ立ちしますので注意してください。 良く湿らせた苗床を作り表面を平らにして、10cm間隔にまき溝を作りタネをすじまきします。 薄く土をかけ発芽まで新聞紙で覆います。 発芽まで乾燥させないことが大切です。 育て方: 発芽後50〜60日で定植します 畑には1平方メートル当たりたい肥2.5kg、苦土石灰100g、化成肥料60gを施しておきます。 定植は20cm間隔で2列に、株間は15cm位に植え、翌春に50gの化成肥料を追肥しましょう。 備考: ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ...

【種子】かわいいきんせんか(混合)トーホクのタネ

Ivy

162

【種子】かわいいきんせんか(混合)トーホクのタネ

コメント カレンデュラ、ポットマリーゴールドとも呼ばれるキク科の一年草です。寒さに比較的強いので作りやすい品種です。草丈30〜40cmの矮性種なので寄せ植えなどにも利用できます。 用途 花壇、プランター、鉢 花色 オレンジとイエローの混合 草丈 30〜40cm 発芽適温 15〜20℃ 播種時期 春まき:3月上旬〜4月下旬 秋まき:9月上旬〜10月下旬 開花時期 春まき:6月上旬〜8月中旬 秋まき:翌2月上旬〜6月中旬 開花までの日数 90〜120日 内容量 4ml 花言葉 別れの悲しみ 育て方 アブラムシやうどんこ病が付きやすいので注意しましょう。蒸れないように風通しをよくし、見つけたら早めに防除します。 日当たり、水はけのよいところに定植してください。多肥は避け、遅効性の置き肥を株元におく程度にします。 霜にあたると花弁と葉が痛むので、遅霜などには注意しましょう。苗は0℃くらいまでは耐えられます。 備考 ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。 商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ・モニターの設定等により実物と色が違って見えることがあります。

【種子】巨大輪きんせんかトーホクのタネ

Ivy

162

【種子】巨大輪きんせんかトーホクのタネ

コメント 寒さに比較的強いので作りやすい品種です。草丈40〜60cmで巨大輪の見事な花を咲かせます、黄色と橙黄色の混合品種になります。 用途 花壇、プランター、切花 花色 黄色と橙黄色の混合 草丈 40〜60cm 発芽適温 20℃前後 播種時期 春まき:3月上旬〜4月下旬 秋まき:9月上旬〜10月下旬 開花時期 春まき:6月上旬〜8月中旬 秋まき:翌2月上旬〜6月中旬 開花までの日数 90〜120日 内容量 4ml 花言葉 別れの悲しみ 育て方 アブラムシやうどんこ病が付きやすいので注意しましょう。蒸れないように風通しをよくし、見つけたら早めに防除します。 日当たり、水はけのよいところに定植してください。多肥は避け、遅効性の置き肥を株元におく程度にします。 霜にあたると花弁と葉が痛むので、遅霜などには注意しましょう。苗は0℃くらいまでは耐えられます。 備考 ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。 商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ・モニターの設定等により実物と色が違って見えることがあります。

【種子】大輪アスター(混合)トーホクのタネ

Ivy

216

【種子】大輪アスター(混合)トーホクのタネ

コメント 優雅な菊咲きの大輪花です。切花に最適ですが花壇に群生させても見事です。鉢やプランターでも作れます。花弁が多く非常に見応えがあります。病気にも強いのでとてもつくりやすい花です! 用途 花壇、プランター、切花 花色 紅、白、紫などの混合 草丈 60〜90cm 発芽適温 15〜20℃ 播種時期 春まき:4月上旬〜5月下旬 秋まき:9月上旬〜10月下旬(暖地) 開花時期 春まき:7月上旬〜10月中旬 秋まき:翌5月下旬〜7月下旬 開花までの日数 90〜100日(春まき) 内容量 1ml 花言葉 郷愁 育て方 日当たり、水はけ、風通しのよいところに定植してください。発芽率を高くするため、発芽までは乾かさないように注意します。 備考 ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ・モニターの設定等により実物と色が違って見えることがあります。

【種子】ハクサイ 郷秋70日 トーホクのタネ

Ivy

432

【種子】ハクサイ 郷秋70日 トーホクのタネ

コメント 70日〜75日位で収穫できる中早生の白菜です。郷愁60日よりやや大きめです。やわらかい白菜なので漬物にすると漬け上がりが早く、美味しく食べられます。 作り方 直接畑にも種まきできますが、箱まきにしてポット苗を作り畑に植えたほうが効率よく栽培できます。早まきは避けましょう。虫害の予防のために寒冷紗などでカバーするといいです。ワラやマルチなどを利用するときれいに栽培できます。 畑に移植して15日位と葉がまき始める少し前の葉が立つころに追肥をします。 内容量 3ml(1袋で約60〜80本分です。) 味わい方 漬物、炒め物、鍋物 発芽適温 20〜25℃ 播種時期 冷涼地 7月上旬〜8月下旬 中間地 8月上旬〜9月中旬 暖地 8月上旬〜9月中旬 定植目安 株間40cm うね幅60cm 備考 ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。 商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ・モニターの設定等により実物と色が違って見えることがあります。

【種子】伝統野菜シリーズ桜島大根トーホクのタネ

Ivy

227

【種子】伝統野菜シリーズ桜島大根トーホクのタネ

コメント: 桜島で育った大根です。肉質が非常にち密で甘みがあり、煮物に最高です。桜島以外では大きくなりにくいですが食感は味わえます。 学名、科名: Raphanus sativus 'Sakurajima daikon アブラナ科ダイコン属 種類: 1年草 別名: しまでこん 和名: 桜島大根 味わい方: 煮物、大根おろし、切り干し大根、漬物など 播種時期: 冷涼地:7月中旬〜8月下旬、中間地:8月上旬〜9月上旬、暖地:8月中旬〜9月中旬 収穫時期: 冷涼地:10月中旬〜12月下旬、中間地:11月下〜翌1月中旬、暖地:12月上旬〜翌3月下旬 発芽適温: 約25℃ 発芽日数: 約50〜70日 播種深さ: 約1cm 採種国: イタリア 容量: 12ml 発芽率: 約85% おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 作り方: ●水はけを良くするため高うねにして、1cm位の深さにまきます。●畑には1平方メートル当たりたい肥2kg、苦土石灰10g、化成肥料60gを施し、石などを取り除いてよく耕しておきます。●間引きは2〜3回に分けて順次行い、本葉5〜6枚で1本にします。●さらに風で苗が振り回されないようしっかりと土寄せします。最後の間引きの時に化成肥料を追肥します。●タネまき後に強い雨で土の表面が固まり、芽が出ないこともありますから注意してください。●15〜20kgもの大きさになりますが、そのためには水はけの良い土であることと、冬暖かいことが必要です。 備考: ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。 商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかね...

【種子】恋するパンジー 花まつりトーホクのタネ

Ivy

324

【種子】恋するパンジー 花まつりトーホクのタネ

コメント 秋咲き性のあるパンジーです。トーホクオリジナルの品種で、明るくきれいなものばかり集められています。1袋でたくさんの花色が楽しめます!花径6〜7cmの中大輪でとても多花性です。 用途 花壇、プランター、鉢 花色 ローズ、黄色、レモン、ラベンダー、オレンジなどの混合 草丈 約15cm 発芽適温 15〜20℃ 播種時期 春まき:3月上旬〜4月下旬 秋まき:8月中旬〜10月上旬 開花時期 春まき:5月下旬〜8月下旬 秋まき:11月中旬〜翌6月下旬 開花までの日数 90〜100日 内容量 0.2ml 花言葉 誠実 育て方 種をまくときに土に肥料分があると発芽が悪くなるので避けてください。お盆の頃、涼しい環境で種まきをすると年内に開花させることも出来ます。 移植は本葉が見えてきた頃です。定植時にはポットの中で根が絡まっていますので、崩してから定植してください。 備考 ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ・モニターの設定等により実物と色が違って見えることがあります。

【種子】姫かいざいく トーホクのタネ

全2商品

162

【種子】姫かいざいく トーホクのタネ

コメント 別名を花かんざしともいい、その名の通り美しい髪飾りにふさわしい可愛い花で、ドライフラワーにも最適です。花壇に群生させても見事ですよ。同じ姫かいざいくと呼ばれるものにローダンセという花がありますが、ローダンセとは別の品種になります(本種はアクロクリニウムになります)。 用途 花壇、プランター、ドライフラワー 花色 紅、白の混合 草丈 30〜50cm 発芽適温 約20℃ 播種時期 春まき:3月上旬〜5月中旬 秋まき:9月中旬〜11月上旬 開花時期 春まき:5月上旬〜7月下旬 秋まき:翌2月下旬〜5月下旬 開花までの日数 60〜80日 容量 2.5ml 花言葉 永遠の愛 育て方 日当たりと水はけのよい場所で栽培します。寒さにはあまり強くないので暖かい場所のほうが向きます。 石灰分の多い土壌を好みます。 備考 ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。 商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ・モニターの設定等により実物と色が違って見えることがあります。

【種子】スイートピー(混合)トーホクのタネ

Ivy

216

【種子】スイートピー(混合)トーホクのタネ

コメント ロイヤルという品種になります。花色が豊富で芳香性があり、その春らしい容姿がとても人気の花です。寒さに強いので秋まきに向きます。 用途 花壇、プランター、切花 花色 赤、桃、白など 草丈 50〜120cm 発芽適温 15〜20℃ 播種時期 春まき:3月上旬〜4月下旬 秋まき:9月中旬〜11月上旬 鑑賞時期 春まき:6月上旬〜8月下旬 秋まき:翌3月下旬〜6月下旬 開花までの日数 90〜100日 内容量 3ml 花言葉 上品で繊細な喜び 育て方 日当たり、水はけのよい所で管理します。発芽率を高くするため、発芽までは乾かさないように注意します。移植を嫌うのでなるべく避けます。 育成するに従ってネットや支柱に絡ませましょう。 備考 ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。 商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ・モニターの設定等により実物と色が違って見えることがあります。

【種子】ブロッコリー 緑積トーホクのタネ

Ivy

432

【種子】ブロッコリー 緑積トーホクのタネ

コメント 緑が濃く、蕾がしっかりした品種です。家庭菜園にどうぞ。 中心の花蕾を収穫した後、わき芽が伸びて次々に収穫できます。寒さに強いので、地域にもよりますが越冬して翌年にも収穫できます。 作り方 日当たりと水はけのよい所に植えて下さい。春まきと秋まきが出来ますが夏まきのほうが作りやすいです。 苗を作るとき、畑に植えるまで防虫ネットを張ると虫と強雨の予防になります。 内容量 1.3ml 1袋で約60〜70本分です。 味わい方 温野菜、油炒め 発芽適温 25℃ 播種時期 春:冷涼地 3月上旬〜5月上旬 中間地 2月中旬〜4月上旬 暖地 2月上旬〜4月上旬 秋:冷涼地 6月上旬〜8月上旬 中間地 7月上旬〜9月下旬 暖地 7月中旬〜9月下旬 定植目安 株間45cm うね幅70cm位 備考 ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。 商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ・モニターの設定等により実物と色が違って見えることがあります。

【種子】ペチュニアふしぎ色トーホクのタネ

Ivy

324

【種子】ペチュニアふしぎ色トーホクのタネ

コメント 状況によって斑の入りかたが変わる、とっても不思議なペチュニアです。赤、ローズ、紫、白が不思議に入り乱れます。花の大きさは5〜6cmの中輪です。 用途 花壇、プランター 花色 赤、ローズ、紫、白などの混合 草丈 20〜30cm 発芽適温 20〜25℃ 播種時期 春まき:4月上旬〜6月下旬 秋まき:8月下旬〜9月下旬 開花時期 春まき:7月上旬〜10月中旬 秋まき:翌年4月中旬〜10月中旬 開花までの日数 80〜90日 内容量 0.03ml 花言葉 あなたといると幸せになれる 育て方 種が非常に細かいので、間引きしながら育てます。土かけはしないでください。上から水をかけると種が偏ってしまうので、受け皿に水を入れてください。花が付きだす頃、摘芯してあげると枝が増え、花のつきがよくなります。 備考 ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。 商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ・モニターの設定等により実物と色が違って見えることがあります。

【種子】石倉一本太ねぎトーホクのタネ

Ivy

432

【種子】石倉一本太ねぎトーホクのタネ

コメント 夏の暑さや冬の寒さに強い、冬どり用のネギです。 葉は短めで白い部分が長く、ち密な肉質をしたおいしい品種です。 育て方 ●春まきと秋まきができます。 ●良く湿らせた苗床を作り、15cm間隔にまき溝を作りタネをすじまきします。 ●薄く土をかけ発芽まで新聞紙で覆います。 ●春まきならなるべく早くタネをまき、初夏から夏に幅90cm、深さ15cmの溝に苗を5cm間隔に植え、根が隠れる程度に土をかけてワラを敷きます。 ●秋から冬にかけて肥料をやりながら3〜4回に分けて土寄せします。 ●秋まきは遅めにタネをまき、翌春に苗を春と同じ要領で植えます。 ●畑には1平方メートル当たりたい肥3kg、苦土石灰150g、化成肥料100gを施しておきます。 ●リン酸肥料を多めに施しましょう。 内容量 4.5ml 1袋で135〜160本分です。 味わい方 煮物、汁の実、薬味 発芽適温 15~25℃ 播種時期 春:冷涼地 3月下旬〜5月上旬 中間地 3月中旬〜5月下旬 暖地 3月上旬〜4月下旬 秋:冷涼地 8月中旬〜9月中旬 中間地 8月下旬〜9月下旬 暖地 9月上旬〜10月上旬 定植目安 株間5cm うね幅90cm 備考 ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。 商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ・モニターの設定等により実物と色が違って見えることがあります。

【種子】恋するパンジー さくらさくらトーホクのタネ

Ivy

324

【種子】恋するパンジー さくらさくらトーホクのタネ

コメント 秋咲き性のあるパンジーです。多花性で、ローズ色の花がやわらかなさくら色に変化します。発色がよいので寄せ植えにも活躍してくれますね。花径6〜7cmの中大輪です。数量限定品!お早めに! 用途 花壇、プランター、鉢 花色 ローズ基調の多色咲き 草丈 約15cm 発芽適温 15〜20℃ 播種時期 春まき:3月上旬〜4月下旬 秋まき:8月中旬〜10月上旬 開花時期 春まき:5月下旬〜8月下旬 秋まき:11月中旬〜翌6月下旬 開花までの日数 90〜100日 容量 0.2ml 花言葉 誠実 育て方 種をまくときに土に肥料分があると発芽が悪くなるので避けてください。お盆の頃、涼しい環境で種まきをすると年内に開花させることも出来ます。 移植は本葉が見えてきた頃です。定植時にはポットの中で根が絡まっていますので、崩してから定植してください。 備考 ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。 商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ・モニターの設定等により実物と色が違って見えることがあります。

【種子】くき立ち菜トーホクのタネ

Ivy

162

【種子】くき立ち菜トーホクのタネ

コメント: 「茎立菜」とも書き、その名の通り早春にとうと茎葉を食用にします。 この品種は北国で広く作られ、寒さに強くやわらかく独特の風味があります。 学名、科名: Brassica napus L. アブラナ科アブラナ属 英名: 種類: 越年草 別名: かき菜、雪の下 和名: 菜花、折り菜 味わい方: おひたし、炒め物など 播種時期: 冷涼地:8月上旬〜9月下旬 中間地:9月上旬〜10月中旬 収穫時期: 冷涼地:10月下旬〜翌年5月上旬 中間地:11月下旬〜翌年4月中旬 発芽適温: 15〜25度 発芽日数: 播種深さ: 生産地: イタリア 内容量: 10ml 発芽率: 約90%以上 おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 撒き方: 土を充分に湿らせて、幅30cm位にうすくすじまきし、かるく土をかけます。 育て方: 畑には1平方メートル当たりたい肥2.5kg、苦土石灰100g、化成肥料80gを施しておきます。 年内に充実した株になるよう早めに間引きをし、株間を15cm位にします。 うねは雪解け後に水がたまらないようにやや高めにし、寒風が直接当たらないように株の北側を高くしてやると越冬しやすくなります。 備考: ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ・モニターの設定等により実物と色が違って見えることがあります。  トーホクくき立ち菜の種

【種子】のぞみかぶ しらゆき トーホクのタネ

Ivy

432

【種子】のぞみかぶ しらゆき トーホクのタネ

コメント 小かぶから中かぶまで幅広く利用できるカブです。 肉質がやわらかくて光沢があり、病気にも強く、そろい良い品種です。 育て方 ●春まきと秋まきができます。 ●水はけを良くするため高うねにして、よく湿らせた畑にうね幅60cm、株間20cm位にまき、薄く土をかけます。 ●畑には1平方メートル当たり堆肥2kg、苦土石灰100g、化成肥料100gを施し、石などを取り除いて良く耕しておきましょう。 間引きは2〜3回に分けて順次行い、本葉5〜6枚で1本にすることが大切です。 早まきする時はポリフィルムなどの保湿資材を使いましょう。 何回かに分けてまくと連続して収穫できます。 内容量 3ml 味わい方 浅漬け、汁の実 発芽適温 25℃ 播種時期 春:冷涼地 4月中旬〜9月上旬 中間地 3月中旬〜5月中旬 暖地 3月上旬〜5月中旬 秋:冷涼地 4月中旬〜9月上旬 中間地 8月下旬〜9月下旬 暖地 8月下旬〜10月上旬 栽培目安 うね幅60cm 株間20cm 備考 ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ・モニターの設定等により実物と色が違って見えることがあります。

【種子】四季まき黄金菜トーホクのタネ

Ivy

324

【種子】四季まき黄金菜トーホクのタネ

コメント: やわらかな緑色の葉の作りやすい丸葉山東菜の交配種です。 生育が早く小さい頃から順次収穫できます。 ベビーリーフとしても利用することもできます。 学名、科名: Brassica campestris var. amplexicaulis アブラナ科アブラナ属 英名: Chinese cabbage 種類: 1年草 別名: 山東菜 和名: 味わい方: 漬物、おひたしなど 播種時期: 冷涼地 4月上旬〜9月中旬 中間地 3月中旬〜10月上旬 暖 地 3月上旬〜10月下旬 収穫時期: 冷涼地 5月上旬〜11月中旬 中間地 4月中旬〜11月下旬 暖 地 4月上旬〜12月中旬 発芽適温: 15〜30℃ 発芽日数: 播種深さ: 約5mm 生産地: ニュージーランド 内容量: 8ml 発芽率: 約90%以上 おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 撒き方: 春のチンチョウゲの咲く頃からまくことができます。 天候不順による低温(13℃以下)に当たるととう立ちしやすくなるので、早めに収穫してください。 畑には1平方メートル当たりたい肥2kg、苦土石灰100g、化成肥料80gを施しておきます。 土を十分に湿らせて、幅20cmに薄くすじまきしてかるく土をかけます。 プランターの場合はばらまきします。 育て方: 発芽後、本葉が2〜3枚の頃混みあっている所を株間5cm程度に間引きを行います。 とうもおいしく食べられます。 備考: ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。 商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ...

【種子】レタス ノーブルSPトーホクのタネ

Ivy

270

【種子】レタス ノーブルSPトーホクのタネ

コメント: 安定して球になり、作りやすさ抜群の早生系レタスです。 レタスは虫がつきにくく、無農薬栽培が可能です。 学名、科名: Raphanus sativus キク科アキノノゲシ属 英名: Leaf lettuce、 Cutting lettuce 種類: 1年草扱い(越年草) 別名: 和名: 葉レタス、チリメンチシャ 味わい方: 生食 播種時期: 春まき:3月中旬〜7月上旬 秋まき:8月上旬〜10月中旬 収穫時期: 春まき:5月上旬〜10月中旬 秋まき:10月中旬〜翌年3月上旬 発芽適温: 約20℃前後 発芽日数: 播種深さ: 生産地: オーストラリア 内容量: 約2ml 発芽率: 約85%以上 おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 撒き方: 春まきと秋まきができます。 夏まきは高温のため発芽不良やとう立ちの原因となるので避けてください。 ポットにタネをまき、本葉5〜6枚になったら畑に植えます。 種が小さいのでうすく土をかけしてください。 育て方: 畑には1平方メートル当たりたい肥2kg、苦土石灰100g、化成肥料60gを施しておきます。 水はけを良くするためにうねは高めにします。 ポリフィルムを敷くと土のはね返りが防げます。 球が硬くしまる前に収穫しましょう。 暖地で9月中旬以降にまく場合は、寒さ対策にトンネル栽培をおすすめします。 備考: ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ...

人気の花・ガーデニング用品のあまいキャベツ、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵な庭を演出する花・ガーデニング用品。ガーデニングが素敵になるあまいキャベツが見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい花・ガーデニング用品が充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「あまいキャベツ」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ