「tシャツブランド」 の検索結果 20,400件

老舗の三子撚りスビン綿・五分袖ポロシャツ IKIJI 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

16,200

老舗の三子撚りスビン綿・五分袖ポロシャツ IKIJI 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

世界屈指の高級素材と三子撚り糸が生み出した、その着心地、まるで“羽衣””ものづくりの街”として栄え、今もなお職人たちの手仕事が受け継がれている東京・墨田。この地で昭和25年に創業し、カットソー専業メーカーとして国内外の名だたるブランドの製品作りも手がけているのが「精巧」です。ご紹介するのは、同社が中心となり立ち上げたブランド〈IKIJI(イキジ)〉による一着です。〈IKIJI〉は”江戸の粋・職人の心意気”をコンセプトに掲げ、江戸の文化、日本人の美意識を現代に活かす”和のモダン化”を提案。墨田が誇る確かな技術力に裏打ちされた、オリジナル製品を生み出しています。「精巧」の代表・近江誠さんは、ブランド設立のきっかけについてこう語っています。「江戸時代、町人はつつましい生活を送っていましたが、そこには人情があり、人々は知恵を絞って愉しく暮らしていました。そんな心の豊かさを、墨田の歴史・文化を通して伝えたかったのです」。高級スビン綿のよさを最大限に引き出す“三子撚り糸”。「精巧」が長い年月をかけて開発に取り組んできたのが「日本人に似合う最高のポロシャツ」です。今回のポロシャツには「最高級の素材と製法を駆使してよそにはないものを創る」という意気込みのもと、素材に世界屈指の高級素材、インド産スビン綿を採用。この稀少な綿のよさを最大限に引き出すため、3本の糸を撚り合わせた“三子撚り糸”に仕上げ、柔らかくふっくらとした上品な風合いの生地を完成させました。「撚り合わせた糸の断面が綺麗な円形になるよう、糸の番手から撚る回数まで細かく指定し、試行錯誤を重ねました。この美しい風合いは、スビン綿のように繊維が長く細い糸でなければ生み出せないものなのです」。試編みを繰り返し3年越しで、完成した“22ゲージ”の編地。生地のゲージ数(編み目の大きさ)にもこだわり...

tilak(ティラック) Teeシャツ【Monk tee】

TOKYOlife

8,640

tilak(ティラック) Teeシャツ【Monk tee】

夏の兆しが垣間見えてくると、世間でよく目にするのが、素材に【麻】を使った衣類。麻素材独特のハリのある質感や、しなやかさ。通気性や吸湿速乾性ともに優れ、さらには抗菌性も期待できるという、まさに至れり尽くせりな素材なのですが、少しだけ弱点がありました。それが、【洗濯後のシワ】と【袖を通したときのチクチク感】優れた機能性を知りながら、これらが気がかりで手を出してこなかった。だなんて方も少なくないハズ。そんな悩みを解消すべくと、チェコの大人気アウトドアブランド【Tilak(ティラック)】がやってくれました。日本の大手繊維事業者である【帝人】が開発した繊維【SOLOTEX Moveit】をMIXさせた全く新しい素材を使用し、麻の優れた魅力はそのままに、麻の弱点のみを払拭。「本当にこのシャツには麻が使われているのか」と疑いを抱くほどに、着心地は快適です。一瞥しただけでも通気性の良さが感じられる薄手のシャツですが、肌が透けるということはありません。ただ、お胸の山岳二つの位置が時折目視で確認できてしまうので、女性の多い場所に着て出かけるならば、肌着の着用を強くお勧めします。シルエットはやや大きめです。胸元もやや広めの作りです。筆者は170cmで少し太身ですが、Sサイズを着用したところ、ワンサイズ大きいMサイズを着ているような感覚でした。なので、タイトに着回したいならば、ワンサイズ小さめをお選びください。一方で、ライド用としてお使いになる場合はワンサイズ大きめがいいかもしれません。筆者が同じくSサイズを着用し、ライド時の前傾姿勢を取った際は、背中の肌が露出してしまいました。とはいえ、着ていて快適なのは事実。あえて、大きめにオーバーサイズで、ジェットキャップを合わせるのが良さそうです。熱い夏場にはサンダルと、これまた緩めのパンツとで合わせれば...

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「tシャツブランド」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ