「股上浅め」 の検索結果 1,069件

galliano(ガリアーノ) ジーンズ スキニー あせデニム・スケアクロウ 股上浅め

JIGSAW

21,800

galliano(ガリアーノ) ジーンズ スキニー あせデニム・スケアクロウ 股上浅め

john galliano のセカンドラインである"galliano"のジーンズです。 ウォッシュのかかったデニムをベースに、左モモ当たりにハートの雨をよけるスケアクロウ(かかし)を描いています(光の当たり具合やパソコン環境などにより見え方は変化し、物によりロゴの位置なども若干ですが異なります)。 股上を浅めに設定し、後ろポケットにナナメの切り替えしを入れることにより、ヒップアップ効果と小尻効果が期待できます! スキニーとしてそのままはもちろん、サンダルやパンプスにも、是非ご多用下さい。ジョン・ガリアーノ 1960年、イギリス領ジブラルタルで生まれ、その後6歳でロンドンへ移住。 1984年、デザイン学校モード科を主席で卒業し、卒業制作のコレクションがロンドンの有名セレクトショップ「Rrowns」のショーウィンドウを飾り、好評を得たことで、ブラウンズと専属契約を結ぶ。 1985年ロンドン、1989年パリ、と華々しくデビューした後の活躍はすさまじく、世界的ファッション誌Vogueのエディター等により選ばれる「British Designer of the year」の4度にもわたる受賞を始め、 1995年には「GIVENCHY(ジバンシィ)」、1996年には「Christian Dior(クリスチャン・ディオール)」の主任デザイナーとなる。 民族服飾史・異国服飾史を華麗に読み替える世紀末的作風が多く、クチュール的な技術の高さや徹底的な調査にも定評がある。 ミスマッチ、前衛的、歴史主義といったワードに関連する作品を数多く提出し、特にデビュー当初はジャケットをボトムに使った「さかさまの服」、ジャケットを逆さまにそして裏返しに着たデザインなど、アヴァンギャルドさが話題を集めた。 あまりにも革新的・先駆者過ぎる彼のコレクションは、「売れない服」...

<リングヂャケット>S130’S・シャドーストライプ・ウールスーツ アウター

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

92,880

<リングヂャケット>S130’S・シャドーストライプ・ウールスーツ アウター

〈リングヂャケット〉がジャケットリクワイヤードのために仕立てたスーツが到着しました。生地には毛織物がさかんなイタリア・ビエッラに拠点を構える「DRAGO社」のスーパー130’sウールを使用。遠目では無地のように見えますが、同系色でストライプ柄を表現しています。ジャケットパターンはジャケットリクワイヤードの別注モデルだけに使われる「BYJ-11」を採用。ステッチやいせ込みなど職人による手作業の工程を多く盛り込んだ仕立てで、ジャケットを作る上で最も高度な技術を要する袖付けは、いせ込み量を増やし立体的に仕上げ、着用したときに肩まわりが自然と丸みを帯びるようになっています。 高めのゴージライン、段返りの3つ掛けボタン、バルカポケット、ドレッシーなフラップポケット、背面はサイドベンツとなり、袖口4つボタンの重ね仕様。裏地は総裏仕上げという贅沢な作りになっています。パンツはやや浅めの股上とジャケットに合わせやすいテーパードシルエットの「S-166」を組み合わせました。2本の持ち出しベルトや天狗、マーベルトや袴タックなど、機能的かつ贅沢なつくりに仕上がっています。

<インコテックス>撥水ツイードスラックス/J35 ボトムス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

38,880

<インコテックス>撥水ツイードスラックス/J35 ボトムス

スローウエアグループの中核として世界のメンズファッションを牽引する〈インコテックス〉。今回お届けするのは、美脚スラックスの代名詞として支持されつつも、2014年に廃盤となった「J35」を、ジャケットリクワイヤードのリクエストによって復活させた一本。毛羽のある紡毛糸に毛羽の少ない梳毛糸をブレンドすることで、上品な表情とソフトな風合いを実現したウールツイード地に撥水加工を施した生地を使用したスペシャルモデルです。インポートスラックスとしては珍しく機能性を備えた一本で、雨の多い日本の気候条件に適しており、メンテナンス性の高さも魅力です。 日本人の体型にフィットすることを考慮して生まれた「J35」は、股上を浅めにすることで脚を長くすっきりと見せながらも、快適なはき心地が得られるのがポイント。現行型の「N35」や「30」に比べると裾幅が1cm程広く、タイト過ぎないシルエットは流行に左右されることなく、長い間ご愛用いただけます。カラーはビジネスシーンで使いやすいグレーとネイビーの2色をご用意しました。さりげなくトレンドを盛り込みつつ、機能性とシルエットにこだわった一本です。

<リングヂャケット>S140’Sグレンチェック・ウールスーツ アウター

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

92,880

<リングヂャケット>S140’Sグレンチェック・ウールスーツ アウター

〈リングヂャケット〉がジャケットリクワイヤードのために仕立てたスーツが到着しました。〈リングヂャケット〉がオリジナルで開発した生地は、同ブランドのシーズンテーマである“英国”に沿ったグレンチェック柄。スーパー140’sウールを使用しヌメリのある手触りと美しい光沢感を兼ね備えています。ジャケットパターンはジャケットリクワイヤードの別注モデルだけに使われる「BYJ-11」を採用。ステッチやいせ込みなど職人による手作業の工程を多く盛り込んだ仕立てで、ジャケットを作る上で最も高度な技術を要する袖付けは、いせ込み量を増やし立体的に仕上げ、着用したときに肩まわりが自然と丸みを帯びるようになっています。 高めのゴージライン、段返りの3つ掛けボタン、バルカポケット、ドレッシーなフラップポケット、背面はサイドベンツとなり、袖口4つボタンの重ね仕様。裏地は総裏仕上げという贅沢な作りになっています。パンツはやや浅めの股上とジャケットに合わせやすいテーパードシルエットの「S-166」を組み合わせました。2本の持ち出しベルトや天狗、マーベルトや袴タックなど、機能的かつ贅沢なつくりに仕上がっています。 (MEN'S EX 2017年2月号 P.31掲載アイテム)

<タリアトーレ>コットンスーツ/ヴェスヴィオ アウター

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

113,400

<タリアトーレ>コットンスーツ/ヴェスヴィオ アウター

イタリア語で「裁断士」という意味を持つ〈タリアトーレ〉。リバイバル・プロジェクトでドレス部門を担当していたピーノ・レラリオ氏が指揮を執る人気ブランドです。今回お届けするのは、「ヴェスヴィオ」シリーズのスーツ。春夏向けにぴったりなコットン素材で仕立てたセットアップです。ノッチドラペルの2つ掛けジャケットと、細身のスラックスによるセットアップは、幅広いシチュエーションでお使いいただけます。サテンのような光沢感のあるコットン生地を用いているため、盛夏でも快適に過ごせるのが特徴。裏地を使わない一重仕立てですが、袖裏が付いているため腕通しは滑らか。スラックスは細身のノータックで、浅めの股上でスタイリッシュにはくことが可能。セットアップだけでなく、上下それぞれを別にしたコーディネートも楽しめます。 人気の高い〈タリアトーレ〉のお得なスーツ。カラーはネイビー、ブルー、ベージュの3色をご用意しています。ベーシックな色ばかりでなく、遊び心のあるカラーも揃っていますので、オンオフ自由にお使いいただける便利なセットアップ。出かける場面やシチュエーションで、スーツにしたり単品でコーディネートしたりと、フレキシブルな着こなしが楽しめます。

YANUK(ヤヌーク) スリムストレートデニム【MICHEL】

全2商品

24,840

YANUK(ヤヌーク) スリムストレートデニム【MICHEL】

コンフォータブルな履き心地を極めた、上質なヴィンテージデニムをコンセプトにレディースで火が付いたブランドの待望のメンズライン登場。しっかりとした地厚感がありながら、身体に馴染む柔らかさや肌あたりの良さを追求した12.75ozオリジナルデニム。糸番手や打ち込みの調整によりストレッチデニムでありながらヴィンテージなどの14oz級綿100%デニムのような表情に。ヨコ糸に再生セルロース繊維のリヨセルを入れ込んだ混紡糸を使用することでソフトな風合いと弾力性。まるで実際に穿きこんだかのようなリアルな色落ち感を表現。それぞれに半年、2年、4年の着用をイメージ。年数に応じて変化を付けたヒゲや擦り感のコントラストもコダワリの一つ。シームを跨いだヒゲや自然な裾のシワ感など、全体を立体的に表現した加工が魅力。広い年代が履いてキレイに見えるスリムストレート型の「MICHEL」。少し広めに設定された裾巾で、ももから裾にかけてストンとしたシルエットが脚長効果を生み出す。浅めに設定された前股上としっかりと取られた深めの後股上がルックスと穿き心地の両方をカバー。ジャケット合わせなどのONスタイルにもTシャツ1枚のようなラフなOFFスタイルにも様になる普遍的シルエット。特殊縫製、特殊パターンにより腰帯が伸びる仕様になっている為、ウエストの圧迫感や急激な体型変化にも対応。気になるお腹周りを気にする事無くキレイなシルエットで選べるのもポイント。長年使った愛着のある革小物のような飴色の革パッチ、配色使いのステッチや縫製箇所によって運針を変えるなどのこだわりはもちろん、YANUKのアイコンである6ポケットや小さなYのバックステッチは健在。デニムがトレンドとしても復活の兆しの中、感度の高い女性を虜にしてきたヤヌークが手掛ける新たなメンズライン。間違いなくヒットの予感。そして...

<インコテックス>ナノテク撥水ウールフランネルスラックス/J35 ボトムス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

42,120

<インコテックス>ナノテク撥水ウールフランネルスラックス/J35 ボトムス

パターンと縫製を工夫し、効果的に脚を長く腰まわりをすっきりと見せる〈インコテックス〉のスラックス。今回お届けするのは、2014年に廃番となった、美脚スラックスの代名詞として多くのファンをもつ「J35」を、ジャケットリクワイヤードのリクエストによって特別に復活させた一本。日本人の体型にフィットすることを考慮して生まれた「J35」は、股上を浅めにすることで脚を長くすっきりと見せながらも、計算されたつくりにより安心感のあるはき心地が得られるのがポイント。現行型の「N35」や「30」に比べると裾幅は1cm程広く、タイト過ぎないシルエットは流行に左右されることなく、長い間愛用いただけます。ウエスト左右の動きに対応して窮屈感を軽減するバックスリット、ウエストのフィット感を高めるテング鼻と三点留めボタン、ベルトを外した際のバックルの脱落を防止するベルトピンループをはじめ、快適性を高める工夫も満載。細部まで〈インコテックス〉の妥協なきパンツづくりの魂が宿っています。 さらに注目すべきは素材で、上質なウールフランネルそのままの風合いながら、ナノテクレベルの撥水加工を施すことで高い撥水性を実現しています。雨の多い日本の気候条件に適しており、メンテナンス性の高さも魅力です。カラーはビジネスシーンで使いやすいネイビーとグレーの2色をご用意しました。さりげなくトレンドを盛り込みつつ、機能性とシルエットにこだわった一本です。 (MEN'S EX 2016年9月号 P.117掲載アイテム)

<インコテックス>チノリーノスラックス/J35 ボトムス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

38,880

<インコテックス>チノリーノスラックス/J35 ボトムス

人体の膨大な研究データを基にミリ単位の黄金値を設定し、幾度もの改良を経て生み出されたシルエットをもち〝パンツの完成形〟へと辿り着いた〈インコテックス〉のマスターピース「J35」。2年前に廃番となりましたが、美しいスタイルと格別のはき心地を惜しむ声にお応えするためにスローウエア社と何度も交渉を重ね、当社限定で復活。その特別企画の今季モデルをご紹介します。「J35」のエレガントなシルエットはそのままに、〈インコテックス〉の春夏用素材のベストセラーのひとつである“チノリーノ”を使用。リネン特有のドライタッチ感を引き出しつつ、コットンのソフトな風合いを絶妙なバランスでブレンドした傑作素材です。滑らかな肌ざわりと軽やかなはき心地は垂涎の的。製品染めによる独特の色合いにも魅了される一本です。 はいた瞬間から心地よいフィット感に包まれる「J35」。股上を浅めにすることで脚を長くすっきりと見せながらも、計算されたつくりにより安心感のあるはき心地が得られます。ウエスト左右の動きに対応して窮屈感を軽減するバックスリット、ウエストのフィット感を高めるテング鼻と三点留めボタン、ベルトを外した際のバックルの脱落を防止するベルトピンループをはじめ、快適性を高める工夫も満載。細部まで〈インコテックス〉の妥協なきパンツづくりの魂が宿っています。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「股上浅め」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ