「留袖用帯」 の関連商品を含む検索結果 25件

送料無料
大阪ぞうり協同組合認定 二石鼻緒 草履・バッグセット Fサイズ 051

Amazon

19,800

大阪ぞうり協同組合認定 二石鼻緒 草履・バッグセット Fサイズ 051

我が国唯一の法人格「大阪ぞうり協同組合」に加盟する製造業者の上品なフォーマル用の 草履バッグセットです。(認定書付) 光沢があり光に煌く質感が上品で、まさに華やいだシーンにふさわしい逸品です。 お着物を美しく見せるデザインでの品格の備わった横長のバッグと、二石鼻緒を採用し、 やわらかくゆとりがあるやさしい履き心地の草履。 バッグの底には鋲が4か所打ってあるので、汚れにくいです。 帯の技法で丹念に織られた意匠は織柄に添い光が走るよう。 洗練された金具が優しい雰囲気を醸し出し印象深いです。 ※二石鼻緒は、二枚重ねの鼻緒のことで格式が現れます。また二枚でも 一枚が薄く、 履いたときの違和感を感じません。 訪問着、黒留袖、色留袖、色無地 一ツ紋、付下げ等の着物に合わせて持っていただけます。 慶事、結婚式、結婚式二次会、入園、入学式、卒園、卒業式、パーティー、お茶会、 あつまり礼装用のバックとして一つ揃えておくと安心です。 草履の底にはスベリ止が付いています。 ■サイズ ・バッグ 横 約27.0cm・高さ 約14cm・巾 約10.0cm (手提げ含まず) ・草履 長さ 約24.0cm・高さ約5.3cm ◇この商品は実店舗と在庫を共有致しております。 ・在庫切れの場合ご容赦下さいますようお願い申し上げます。 ◇画像はできる限り実物に近くなるよう努力しております。 ・環境等により、若干の差異の出ることをご容赦下さいませ。

【ノーブランド品】 金銀祝儀扇-末広(すえひろ)

Amazon

2,083

【ノーブランド品】 金銀祝儀扇-末広(すえひろ)

留袖用金銀祝扇 金銀祝儀扇-末広(すえひろ) 表 裏 和服の礼装にぜひ揃えておきたいアイテムです。 化粧箱入り ※お客様のパソコンやモニタにより、商品写真の色調が実物と若干異なる場合があります。 結婚式の仲人さんやご親族の留袖専用の金銀祝儀扇 黒骨の金銀の祝い扇 表ゴールド・裏シルバーの地紙の金銀祝儀扇です。本来は、既婚女性の慶事の第一礼装の着物である黒留袖専用とされてきましたが、近年では色留袖・訪問着に合わせる方もいらっしゃいます。化粧箱入り。漆塗り黒骨。 金銀扇を帯に挿す時は、要を下、天を上にし、金地を外側に向け、自分から見て左側に挿します。角度は、だいたい上前の襟と平行になるようにし、天の上端は帯から2~3cmぐらい出します。 立位でお出迎えの時は、銀地を外側に向け、右手で要部分を持ち、天を左手で受けます。角度は、水平か天がやや下り気味にします。正座でご挨拶するときは、膝の前に水平に置き挨拶します。相手との間に金銀扇で結界を作り、相手に対して敬意(へりくだる気持ち)を表します。 ※ 本商品金銀祝儀扇(金銀扇)は、和装専用の祝儀用の扇(末広)ですので、日本舞踊や歌舞伎で使う大きめ(長さ約29センチ)の舞扇、茶道で使う小さめ(長さ約15センチ)の茶扇などとは異なる物ですのでご注文の際はご注意ください。 ■素材 地紙:和紙 骨:黒塗りスチール ■サイズ 長さ:18cm ※化粧紙箱入り(箱のデザインは変更となる場合があります) ■重さ 20グラム ■色柄 地紙/表金・裏銀 骨:黒

こちらの関連商品はいかがですか?

扇子 結納 女性用(溜塗・金銀)

Amazon

1,836

扇子 結納 女性用(溜塗・金銀)

なぜ儀式のときに扇子を使うのでしょうか?扇子を開いた姿が末広がりで終わりがなく、大変縁起がよいということは皆さんご存知の通りですが、もっと隠れた秘密が扇子にはあったのです。扇子をよく眺めてみて下さい。サイドの部分に「竹」が使われています。ご存知のように竹は大変強い植物で簡単に切ることなど出来ないものです。昔、日本人がまだ刀を腰に差していた頃、敵に刀で切りつけられたときこの扇子の竹の部分で相手の刀を受け止めることもでき自分の身を守ることも出来た。そんな自分の命を守ることもできる大切な武器(扇子)を、自分の手から離して相手に接するということは敵意のないことを示すことにほかならない。このようなことから大切な正式な儀式の中で扇子が使用されるようになったのです。お茶席でも扇子を使いますよね。まして人生の中で、最も大切な結納の儀式ともなれば、当然のことながら、扇子を使うのが正式となるわけです。扇子は、膝元に置くとき、“要"(止めてある側)を右にします。これは、扇子は武器という話に関係が有ります。普通、刀は左腰に差し、右手で抜きます。このとき、刀の柄(え)は右にきているはずです。扇子も同じこと、右手で持ち刀同様に扱うと・・・自然と要(止めてある側)が右に来るはずです。【右とは】 自分から見て要を右にという意味です。扇子を置いて、相手に向かう場合、扇子は敷居の代わりをします。扇子を境にして、自分はひとつへりくだって相手に向かうわけです。たかが扇子と言うなかれ、扇子ひとつとっても、相手に対する細やかな思いやりの心を表現する繊細な日本人の心が表れているのです。“たかが扇子されど扇子"ってところですね。

新作ファッションアイテムの留袖用帯、発売中!有名ブランドからカジュアルまで♪いま大流行りのファッションアイテム。豊富なサイズ・カラー・デザインから、ぴったりの留袖用帯が見つかる!流行ものから定番ものまで、自分だけのお気に入りを選ぼう。

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、ファッション関連商品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいファッションアイテムが充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「留袖用帯」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ