「日本製パンツ」 の検索結果 12,300件

<KURO>Graphite Vintage Wash 13 ボトムス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

22,680

<KURO>Graphite Vintage Wash 13 ボトムス

デニム開発において世界最高峰と謳われる日本のものづくり。その技術と感性に基づき、「メイド・イン・ジャパン」にこだわったコレクションを送りだすのが〈KURO〉です。今回、ブランド中もっとも細いシルエットの「Graphite」から、奥深いヴィンテージ感が光る加工「Vintage Wash 13」をご紹介。生地は吉河織物製のセルビッジデニムを使用。長年穿きこんできたかのようなリアルなヒゲやアタリが特徴で、使い始めから他にない存在感を主張します。ヒップ周りと股上のバランスなど、足を長くみせるべく計算されたパターンも絶妙。日本人の体型に美しくフィットするシルエットはまさしく圧巻です。また、コインポケット部などにハンドメイド風のステッチを施したり、洗いをかけた際にパッカリングを出やすくするなど、とことん手の込んだ一本です。 長年穿いたことによって自然に生まれたような立体的なヒゲが内股部分にも入るこだわり様の新加工。小さなクラッシュも数箇所に入りヴィンテージ感が色濃く漂う一本に仕上がっています。吉河織物製の力織機で織られた13ozの生地は、オンスが軽く細身シルエットとの相性も抜群。縦方向の色落ちも綺麗に生まれます。さらに、ベルトループのステッチ間に山ができるような縫製を採用したり、糸の太さやステッチ幅を要所で変えることで立体的に見えるようにするなど、デニムのムードを高める巧みな演出が随所に。そのデニムに捧げる徹底した美学を、是非この機会に体感ください。

<KURO>Graphite One Wash ボトムス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

15,120

<KURO>Graphite One Wash ボトムス

世界的にもその優れたクオリティで知られるMADE IN JAPANのデニム。素材、染色、そして色ムラを出す仕上げ加工など、多岐に渡る複雑な工程を重ねて生まれるデニムは、さながら工芸品の如き上質な雰囲気を備えています。そんな日本デニムにこだわるのが、素材や縫製といった工程すべてを日本で行なっている〈KURO〉。今回お届けするのは、インディゴの深い色合いが魅力のベーシックなワンウォッシュ。シルエットはブランド定番の「Graphite」と呼ばれるスリムフィット。吉河織物製のセルビッジデニムを使用、縫製は宮城の及川デニムで行なわれるという、〈KURO〉ならではのこだわりを採用しています。 ローライズながらも穿いたときの腰まわりの落ち着きが良く、日本人の体型でも足を長くスマートに見せるような穿きこなしが可能。ワンウォッシュはテーラードジャケットやドレスシャツと組み合わせてもマッチし、穿き込んで縦落ちの表情が生まれるまで“生地を育てる”愉しみも味わえます。フロントはブラック仕上げの釦フライ、背面パッチには、ランダムな糸使いが魅力的なステッチ使いがあしらわれています。ヒップポケットは珍しいラウンドカット、上部の口には赤いステッチの入るセルビッジデニム特有のディテールが表現されています。ベルトループのステッチには山ができる縫製をあしらい、ステッチ糸の太さやピッチ(間隔)まで細かく計算されるなど、デニムパンツに対する情熱が細部に宿る渾身の一本です。

<KURO>Aulick/ヴィンテージウォッシュ18・マーベルト ボトムス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

23,760

<KURO>Aulick/ヴィンテージウォッシュ18・マーベルト ボトムス

デニムの染色、縫製、加工に至るすべての工程を、日本国内で行なうことにこだわっている〈KURO〉。日本全国に散らばる工場や職人たちの技術力を集結させた〈KURO〉のデニムウェアは、海外でも高い評価を集めています。Aulickというモデルは、ディープテーパードと呼ばれるシルエットで、浅過ぎない股上と、ゆとりを持たせたヒップ周り、膝から裾にかけてはテーパードをしっかりと効かせることで、シャープな見た目と締め付けの少ないはき心地を味わえるようになっています。前立てはジップフライ、内側にはスラックスのようなマーベルトを付けることで、フィット感を高める工夫が施されています。加工はヴィンテージウォッシュ18を採用。濃いめのインディゴ色なのできれいめな着こなしに合わせやすくなっています。 吉河織物社製の13オンス生地を用い、縫製はオイカワデニムが担当。フロントポケットやバックポケットの口部分はオイカワデニムの特殊な縫製技術によって膨らみを出し、水洗いをしたときにパッカリングが強く出るように工夫されています。ローライズデニムのはき心地に慣れないという方には、〈KURO〉の定番であるGRAPHITE(スリムストレート)やDEMPSEY(テーパード)よりも、Aulickモデルがおすすめです。

<KURO>Aulick/ヴィンテージウォッシュ16・マーベルト ボトムス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

31,320

<KURO>Aulick/ヴィンテージウォッシュ16・マーベルト ボトムス

デニムの染色、縫製、加工に至るすべての工程を、日本国内で行なうことにこだわっている〈KURO〉。日本全国に散らばる工場や職人たちの技術力を集結させた〈KURO〉のデニムウェアは、海外でも高い評価を集めています。Aulickというモデルは、ディープテーパードと呼ばれるシルエットで、浅過ぎない股上と、ゆとりを持たせたヒップ周り、膝から裾にかけてはテーパードをしっかりと効かせることで、シャープな見た目と締め付けの少ないはき心地を味わえるようになっています。前立てはジップフライ、内側にはスラックスのようなマーベルトを付けることで、フィット感を高める工夫が施されています。加工はヴィンテージウォッシュ16を採用。ヴィンテージデニムのような美しいライトブルーに仕上がっています。 吉河織物社製の13オンス生地を用い、縫製はオイカワデニムが担当。フロントポケットやバックポケットの口部分はオイカワデニムの特殊な縫製技術によって膨らみを出し、水洗いをしたときにパッカリングが強く出るように工夫されています。ローライズデニムのはき心地に慣れないという方には、〈KURO〉の定番であるGRAPHITE(スリムストレート)やDEMPSEY(テーパード)よりも、AULICKモデルがおすすめです。

<The Chino Revived>三本撚りチノクロスパンツ/スリムフィット ボトムス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

20,520

<The Chino Revived>三本撚りチノクロスパンツ/スリムフィット ボトムス

伝説のチノパンブランド、The Chino(ザ・チノ)が20年の時を経て、企画・生産力を駆使してバージョンアップし「The Chino Revived(ザ・チノ リヴァイブド)」として本格復活。ご紹介するのは、シグネチャーモデルといえるスリムフィットのチノパンツ。日本人の体型をデータ化したイタリアンフィットなので、スリムでも窮屈感がありません。ヒップを立体的に見せるため、背面には深めのバックプリーツが2本も入っています。自社開発したチノクロスは、60番手糸の三本撚りをタテ横に織り上げることでハリのある生地に仕上がっています。表面を微起毛させて製品化したのちにバイオ加工をかけることで、ヴィンテージ感のある風合いが楽しめるのもポイント。フロントボタンは本格ナットボタンを削り出したイタリア製、ジップはスイスriri社、スレーキには細番手双糸のヘリンボーン織りをそれぞれ使用しています。フロントやポケットまわりには、ハンドステッチ調のAMFステッチを贅沢に採用しています。 ベーシックなアイテムに並々ならぬこだわりを凝縮した、〈The Chino Revived〉のチノパン。内側にはシックが付き、内帯(マーベルト)にはグログランテープにレッドパイピング処理をしたものを使用。さらに左右に付くハンガーループは特注で作られたロゴ入りの丸ヒモを使用するなど、ドレススラックスに匹敵するほどの丁寧な仕上がりとなっています。

<KURO>Graphite Black One Wash ボトムス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

16,200

<KURO>Graphite Black One Wash ボトムス

メイド・イン・ジャパンのデニムづくりに徹底してこだわり続ける〈KURO〉。デニムの生地はもちろん、縫製やヴィンテージ加工など、いずれの工程においても日本国内で行なうことで、高いクオリティを保つデニム製品を生み出し続けています。数あるラインナップの中でも〈KURO〉を代表するモデルといえば「Graphite」が有名ですが、今回お届けするのは、よりシャープな雰囲気に仕上がったブラックデニム版のグラファイト。吉河織物製のセルビッジ付きブラックデニムを使用した、クールな雰囲気あふれる一本になっています。縫製には及川デニム、洗いは岡山にある美東の手で施されました。“やりすぎない”ワンウォッシュなので、クリーンなスタイリングも楽しめます。 細身のシルエットで定評のあるグラファイトによく似合うブラックデニム。ホワイトシャツやカットソーでモノトーンのスタイリングにまとめたり、春先に良く映えるペールトーンの春ニットに合わせることで、着こなしを引き締めたりと自在な穿きまわしが楽しめます。こちらも穿き込み続けることでインディゴブルーと同じように色合いが褪せてゆくので、色落ちを作り出す楽しみもあります。ステッチの糸にはグレーを使い、セルビッジの赤耳やヒップポケットの赤ステッチとともに、クールなブラックデニムのアクセントにもなっています。

<KURO>Graphite Vintage Wash 16 ボトムス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

24,840

<KURO>Graphite Vintage Wash 16 ボトムス

デニム開発において世界最高峰と謳われる日本のものづくり。デニムブランド〈KURO〉は、その技術と感性に基づき、「メイド・イン・ジャパン」にこだわったコレクションを送り出し注目を集めています。今回は人気の最細モデル「Graphite」から、強めのアタリ感が味わい深い雰囲気を演出する「Vintage Wash 16」をご紹介します。穿き始めから、まるで長年穿き込んできたかのようなリアルなヴィンテージ感。そして最大の特徴は美しいタテ落ちで表現されたブルーの色味。澄んだ印象のブルーカラーは品の良い色味なのでジャケットスタイルとも好相性。コインポケット部などにハンドメイド風のステッチがあしらわれていたり、洗いをかけた際にパッカリングを出やすくする仕掛けが施されていたり、デニムの奥深さを感じられる演出も満載。生地は吉河織物製のセルビッジデニムを使用。随所に顔をのぞかせる“耳”の表情も、デニム好きの琴線に触れるポイントでしょう。 穿いたときに脚を長く美しくみせてくれるシルエットの妙も〈KURO〉の魅力。ヒップ周りと股上のバランスなど、計算され尽くしたパターンが足をより長くみせ、見事なシルエットを描き出します。お尻のポケット位置を高くとるなど、細かな工夫はそこかしこに窺うことができます。さらに、ベルトループのステッチ間に山ができるような縫製を採用したり、糸の太さやステッチ幅を要所で変えることで立体的に見えるようにするなど、デニムならではの個性と味をさらに引き上げる仕掛けが。そのデニムに捧げる徹底した美学は、穿く度にきっとご体感いただけるでしょう。

<KURO>Graphite White One Wash ボトムス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

16,200

<KURO>Graphite White One Wash ボトムス

メイド・イン・ジャパンのデニムづくりに徹底してこだわり続ける〈KURO〉。デニムの生地はもちろん、縫製やヴィンテージ加工など、いずれの工程においても日本国内で行なうことで、高いクオリティを保つデニム製品を生み出し続けています。数あるラインナップの中でも代表的なデニムパンツといえば「Graphite」が有名ですが、今回お届けするのは、春夏向けに登場した爽やかな雰囲気を醸し出すホワイトデニムのグラファイトです。吉河織物製のセルビッジ付きホワイトデニムを使用。縫製には及川デニム、洗いは岡山にある美東の手で施されました。“やりすぎない”ワンウォッシュなので、クリーンなスタイリングも楽しめます。 細身のシルエットで定評のあるグラファイトの白デニム。今旬ボトムスとしてトレンドの兆しが高いホワイトデニムは、どんなアイテムに合わせてもそれだけで“こなれた”雰囲気になる便利な一本。ラフに着崩してもだらしなくならず、ジャケットに合わせれば洗練された佇まいが完成。さらにデニムパンツなので、白スラックスのような気恥ずかしさもありません。ヴィンテージデニムの延長線で穿きこなすことができるので、ドレススタイルが苦手な方でも自信を持ってトライすることができる一本になっています。シームにはセルビッジデニムらしい“赤耳”がつき、ヒップポケットにも同様の赤ステッチがアクセントに付けられています。

<KURO>Graphite Vintage Wash 04 ボトムス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

22,680

<KURO>Graphite Vintage Wash 04 ボトムス

デニムづくりにおいて世界最高峰と謳われる日本のクラフトマンシップに基づき、「メイド・イン・ジャパン」にこだわったコレクションを送りだすデニムブランド〈KURO〉。ご紹介するのは同ブランド中もっとも細いシルエットを誇る「Graphite」。〈KURO〉の根幹を成すモデルで、ヒップ周りと股上のバランスなど、足を長くみせるべく計算されたパターンが絶妙。デニム地は吉河織物製で、力織機で織られた13ozの生地は、オンスが軽く細身シルエットとの相性も抜群。縦方向の色落ちも綺麗に生まれます。コインポケット部などにハンドメイド風のステッチを施したり、洗いをかけた際にパッカリング(縫い縮みやひきつれによる生地のゆがみ)を出やすくするなど、随所にデニム好きの食指をくすぐる仕掛けが。その徹底ぶり、ぜひ大きな画像でご確認を。 今作“Vintage Wash 04”は、アタリの強めに出た味わい深い表情が魅力。Tシャツにざっくり合わせるだけで雰囲気のある着こなしになることうけあいの、デニム好きにはたまならない一本です。さらに、いぶされたような風合いのリベットをはじめ、ベルトループのステッチ間に山ができるような縫製を採用したり、糸の太さやステッチ幅を要所で変えることで立体的に見えるようにするなど、目利きの視線が集中する巧みなディテールが随所に。お尻のポケット位置を高くとる事で脚が長く見えるように工夫された美しいパターンも注目のポイントです。別ページにて、より綺麗めな表情で穿いていただける“Vintage Wash 02”もご紹介しています。そちらもぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「日本製パンツ」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ