「団扇」 の検索結果 686件

[ネコポスOK] 手ぬぐい 団扇に花火

雑貨のお店セレクト・ペンギン

1,080

[ネコポスOK] 手ぬぐい 団扇に花火

※同商品のみでのネコポス可能枚数は4点までです。 和モダンなインテリアにもよく合う手ぬぐい サイズ(cm) 98x37 素材 綿100% 備考 日本製 ご注意 染物の為、使い始めに汗や摩擦で色移りすることがあります。 色むらやにじみがみられる場合がございますが、染めの特徴となります。 洗濯時に色落ちするため、単独でお洗濯してください。 切りっぱなしの為はじめのうちはほつれが生じます。 再入荷情報 2012.06.05手ぬぐい 団扇に花火 手ぬぐい、その他の柄はこちら ●使っても飾っても素敵な日本の手拭い 薄くさらさらとした触り心地のさらし生地が気持ちのいい手拭い。 何にでも使える用途の広さとデザインの豊富さが魅力です。 綿100%なので吸水性も良く、使う程にやわらかくなっていくので、タオルの代わりに持ってもかさばりません。 タペストリーやかごバッグの目隠しとして使ったり、テーブルセンターとして敷けば簡単に和モダンな食卓を演出できそう。 額に入れてインテリアとして飾っても素敵です。 ●注染ならではの味わい 綿布に型紙をのせ、染料を注ぎ込む昔ながらの技法「注染(ちゅうせん」 表裏がなく、どちらから見ても同じ絵柄が見えるのが特徴です。 液体の染料を用いる為染めた部分の生地が硬くならず吸水性に優れています。染色の特性上、若干のにじみやムラが出ることもありますが、独特の柔らかな風合いに染め上がります。注染のてぬぐいは、使えば使うほどふわふわの触りごこちになって、色もなじんでいい具合になっていきます。 ●なぜ切りっぱなしなのか? 日本手ぬぐいは両端が切りっぱなしになっています。 端を縫っていないので乾きが早く衛生的です。 また縫い目がないため、結んだり切って使う時などにも扱いやすく便利です。新品のてぬぐいは最初のうち両端からほつれますが...

黒竹団扇立て

虎斑竹専門店 竹虎

5,076

黒竹団扇立て

虎竹和紙渋引団扇黒竹うちわとうちわ立て虎竹巾着籠虎竹かんざし竹の風鈴(糸車)竹の風鈴虎竹スタンドライト(丸傘)竹のフロアライト 睡蓮虎竹スツール■黒竹団扇立て■サイズ:W22×H19.5×D7cm■素材:虎竹、黒竹■原産国:日本製・国産 団扇立ては昔ながらの夏のインテリア。団扇を立てとしては、もちろん、団扇を入れていなくとも綺麗な竹の曲線美をお楽しみいただけます。 厳選した黒竹を山の頂上に節をもってきます。細い黒竹は節の部分と節の間では硬さが違うので、熱の当て方に注意しながら、ゆっくりと曲げていく作業が腕のみせどころ。美しい円弧をえがく黒竹団扇立ては、竹の特性とクセを知り尽くした竹職人の匠の技なのです。 足元の丸竹は通常そのままなのですが、ちょっと目隠しして竹の切断面にもオイルステンで塗るとスッキリ。目隠しには、虎竹を使いました。 うちわ立ての片側には柄をのせる横ひごがあって、うちわを置いた時の格好がより良いよう工夫がされています。横ひご、足部分の2本の張りとも太い竹をけずった竹ひごを黒目に染めています。 2015年7月23日 百年団扇今度の虎竹和紙団扇は全体的な方がまずエイ、そして、持ち手の竹部分も、ふっくらと優しい作りで持ちやすく、暑い夜にゆっくり、ゆっくり扇いでも疲れにくそ 2015年6月12日 感激!虎竹和紙団扇の試作完成5月30日のブログでもお話しさせて頂いちょりましたが、今年の虎竹は、どういう理由か分かりませんが和紙に漉ける繊維質になるのに普段の数倍の時間が 2015年5月30日 虎竹和紙作り「竹虎さん、こりゃあ和紙にならんぜよ~」土佐和紙製造会社の社長さんに、こじゃんと怒られよりますぞね。虎竹を和紙にするためには長期間水槽で水に浸 2015年4月7日 虎竹和紙の新団扇(うちわ)虎竹を繊維にして和紙にしているお話は前にも...

新作ファッションアイテムの団扇、発売中!有名ブランドからカジュアルまで♪いま大流行りのファッションアイテム。豊富なサイズ・カラー・デザインから、ぴったりの団扇が見つかる!流行ものから定番ものまで、自分だけのお気に入りを選ぼう。

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、ファッション関連商品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいファッションアイテムが充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「団扇」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ