「名古屋帯紬」 の検索結果 1,430件

送料無料
八寸名古屋帯

創業七十七年老舗伝統呉服の緊縮屋

46,440

八寸名古屋帯

西村織物は、博多織の伝統を受け継ぐ江戸末期創業の老舗で、その織りには定評があります。 この帯は献上と花皿の八寸名古屋帯です。 献上博多帯は、お洒落で締めやすい帯として、根強い人気があります。紬や小紋等のお洒落着に最適で、色無地の上に締めれば粋なこしらえになります。また、献上柄ですので粋な雰囲気も楽しめますが、この帯は優しい色使いですので、粋過ぎない可愛いこしらえもお楽しみいただけます。 季節についてですが、単衣の時期に最も活躍する帯ですが、袷の時期にも締めることができます。また、以前は真夏を除いて締めることができるとされていましたが、最近では、少し高級なゆかたに締める方も増えてきました。 この帯には、博多織工業組合が発行している金証紙が貼られています。金証紙は、経糸・緯糸ともに本絹を使用したものにのみ貼ることができます。 献上博多帯独特の生地の張りと締め心地をお楽しみください。 西村織物の品は全国で人気なので価格に敏感です。 要望により希望価格を表示しておりますが、 下駄進呈の特典を付けました。 国産桐下駄鎌倉彫8100円の品を進呈いたします。 下駄が不要な場合は値引き致します 連絡欄に下駄不要とご記入ください、金額訂正いたします。 ※お仕立ては、国内一級和裁士による手縫い仕立てです。お仕立てには、一週間ほどかかります。 ※実物に近い色合いになるように努力しておりますが、PC環境によって色合い等が実物と多少異なる場合がございます。ご了承ください。

kimono awawa(きもの阿波和) 本場筑前 博多織 名古屋帯 仕立て上がり 正絹 白色の地 黒 献上柄 五献上 黒木織物謹製 伝統工芸 筑前 博多帯 全通柄 金証紙

Amazon

32,700

kimono awawa(きもの阿波和) 本場筑前 博多織 名古屋帯 仕立て上がり 正絹 白色の地 黒 献上柄 五献上 黒木織物謹製 伝統工芸 筑前 博多帯 全通柄 金証紙

【伝統技術×新感覚 本場筑前博多織 名古屋帯】 キュッと締まり結びやすく、着くずれしにくい 本場筑前博多織名古屋帯は、絹の美しい光沢と しゃっきりとした風合いが魅力的な伝統の帯。 キチンと感のある上質な織りの八寸名古屋帯は、 伊勢木綿、阿波しじら織など木綿の着物や紬、 小紋など、カジュアルな普段着に季節を問わず 気軽にコーディネートが出来る。 好みの色や柄を選び、自分なりの粋な着こなしを お楽しみ頂けます。 【品質表示】 種別:博多織 八寸名古屋帯 素材:正絹100% 柄域:全通柄 サイズ:長さ約360cm前後 幅/約31cm 製造:(株)黒木織物 謹製 博多織工業組合の金色証紙付き 【お仕立てについて】 本品は、京都府または徳島県内の和裁士により、 丁寧な「松葉仕立て」を致しております。 ご注文後のお仕立て期間が無い即納品です。 【博多織の献上柄について】 慶長5年(1600年)黒田長政が筑前を領有する ようになってからは、幕府への献上品として 博多織を選び、毎年3月に帯地十筋と生絹三疋 を献上するようになりました。 その模様は仏具の「独鈷」と「華皿」との結合紋様 と中間に縞を配した定格に固定されていました。 それは以前は単に独鈷、華皿浮け柄といわれて いたものが、それ以来「献上」と呼称されるように なったのです。 「独鈷」 密教法具の一つ。真言宗では、煩悩を破砕し、 菩薩心を表す金属製の仏具であり、修法に 用いられます。細長く手に握れるほどの大きさで、 中程がくびれ両端がとがっています。 「華皿」 元来は仏具の一種。仏の供養をするとき、 花を散布するのに用いられる器です。 ※『博多織の献上とは』の文章は博多織工業組合の 利用許諾を受けて掲載しております。 (出所:博多織工業組合HPより)

kimono awawa(きもの阿波和) 本場筑前 博多織 名古屋帯 仕立て上がり 正絹 砧青磁色の地 白 献上柄 五献上 黒木織物謹製 伝統工芸 筑前 博多帯 全通柄 金証紙

Amazon

32,700

kimono awawa(きもの阿波和) 本場筑前 博多織 名古屋帯 仕立て上がり 正絹 砧青磁色の地 白 献上柄 五献上 黒木織物謹製 伝統工芸 筑前 博多帯 全通柄 金証紙

【伝統技術×新感覚 本場筑前博多織 名古屋帯】 キュッと締まり結びやすく、着くずれしにくい 本場筑前博多織名古屋帯は、絹の美しい光沢と しゃっきりとした風合いが魅力的な伝統の帯。 キチンと感のある上質な織りの八寸名古屋帯は、 伊勢木綿、阿波しじら織など木綿の着物や紬、 小紋など、カジュアルな普段着に季節を問わず 気軽にコーディネートが出来る。 好みの色や柄を選び、自分なりの粋な着こなしを お楽しみ頂けます。 【品質表示】 種別:博多織 八寸名古屋帯 素材:正絹100% 柄域:全通柄 サイズ:長さ約360cm前後 幅/約31cm 製造:(株)黒木織物 謹製 博多織工業組合の金色証紙付き 【お仕立てについて】 本品は、京都府または徳島県内の和裁士により、 丁寧な「松葉仕立て」を致しております。 ご注文後のお仕立て期間が無い即納品です。 【博多織の献上柄について】 慶長5年(1600年)黒田長政が筑前を領有する ようになってからは、幕府への献上品として 博多織を選び、毎年3月に帯地十筋と生絹三疋 を献上するようになりました。 その模様は仏具の「独鈷」と「華皿」との結合紋様 と中間に縞を配した定格に固定されていました。 それは以前は単に独鈷、華皿浮け柄といわれて いたものが、それ以来「献上」と呼称されるように なったのです。 「独鈷」 密教法具の一つ。真言宗では、煩悩を破砕し、 菩薩心を表す金属製の仏具であり、修法に 用いられます。細長く手に握れるほどの大きさで、 中程がくびれ両端がとがっています。 「華皿」 元来は仏具の一種。仏の供養をするとき、 花を散布するのに用いられる器です。 ※『博多織の献上とは』の文章は博多織工業組合の 利用許諾を受けて掲載しております。 (出所:博多織工業組合HPより)

kimono awawa(きもの阿波和) 本場筑前 博多織 名古屋帯 仕立て上がり 正絹 生成色の地 生成り 献上柄 五献上 黒木織物謹製 伝統工芸 筑前 博多帯 全通柄 金証紙

Amazon

32,700

kimono awawa(きもの阿波和) 本場筑前 博多織 名古屋帯 仕立て上がり 正絹 生成色の地 生成り 献上柄 五献上 黒木織物謹製 伝統工芸 筑前 博多帯 全通柄 金証紙

【伝統技術×新感覚 本場筑前博多織 名古屋帯】 キュッと締まり結びやすく、着くずれしにくい 本場筑前博多織名古屋帯は、絹の美しい光沢と しゃっきりとした風合いが魅力的な伝統の帯。 キチンと感のある上質な織りの八寸名古屋帯は、 伊勢木綿、阿波しじら織など木綿の着物や紬、 小紋など、カジュアルな普段着に季節を問わず 気軽にコーディネートが出来る。 好みの色や柄を選び、自分なりの粋な着こなしを お楽しみ頂けます。 【品質表示】 種別:博多織 八寸名古屋帯 素材:正絹100% 柄域:全通柄 サイズ:長さ約360cm前後 幅/約31cm 製造:(株)黒木織物 謹製 博多織工業組合の金色証紙付き 【お仕立てについて】 本品は、京都府または徳島県内の和裁士により、 丁寧な「松葉仕立て」を致しております。 ご注文後のお仕立て期間が無い即納品です。 【博多織の献上柄について】 慶長5年(1600年)黒田長政が筑前を領有する ようになってからは、幕府への献上品として 博多織を選び、毎年3月に帯地十筋と生絹三疋 を献上するようになりました。 その模様は仏具の「独鈷」と「華皿」との結合紋様 と中間に縞を配した定格に固定されていました。 それは以前は単に独鈷、華皿浮け柄といわれて いたものが、それ以来「献上」と呼称されるように なったのです。 「独鈷」 密教法具の一つ。真言宗では、煩悩を破砕し、 菩薩心を表す金属製の仏具であり、修法に 用いられます。細長く手に握れるほどの大きさで、 中程がくびれ両端がとがっています。 「華皿」 元来は仏具の一種。仏の供養をするとき、 花を散布するのに用いられる器です。 ※『博多織の献上とは』の文章は博多織工業組合の 利用許諾を受けて掲載しております。 (出所:博多織工業組合HPより)

kimono awawa(きもの阿波和) 本場筑前 博多織 名古屋帯 仕立て上がり 正絹 薄卵色の地 藤鼠 昆布茶 献上柄 五献上 黒木織物謹製 伝統工芸 筑前 博多帯 全通柄 金証紙

Amazon

32,700

kimono awawa(きもの阿波和) 本場筑前 博多織 名古屋帯 仕立て上がり 正絹 薄卵色の地 藤鼠 昆布茶 献上柄 五献上 黒木織物謹製 伝統工芸 筑前 博多帯 全通柄 金証紙

【伝統技術×新感覚 本場筑前博多織 名古屋帯】 キュッと締まり結びやすく、着くずれしにくい 本場筑前博多織名古屋帯は、絹の美しい光沢と しゃっきりとした風合いが魅力的な伝統の帯。 キチンと感のある上質な織りの八寸名古屋帯は、 伊勢木綿、阿波しじら織など木綿の着物や紬、 小紋など、カジュアルな普段着に季節を問わず 気軽にコーディネートが出来る。 好みの色や柄を選び、自分なりの粋な着こなしを お楽しみ頂けます。 【品質表示】 種別:博多織 八寸名古屋帯 素材:正絹100% 柄域:全通柄 サイズ:長さ約360cm前後 幅/約31cm 製造:(株)黒木織物 謹製 博多織工業組合の金色証紙付き 【お仕立てについて】 本品は、京都府または徳島県内の和裁士により、 丁寧な「松葉仕立て」を致しております。 ご注文後のお仕立て期間が無い即納品です。 【博多織の献上柄について】 慶長5年(1600年)黒田長政が筑前を領有する ようになってからは、幕府への献上品として 博多織を選び、毎年3月に帯地十筋と生絹三疋 を献上するようになりました。 その模様は仏具の「独鈷」と「華皿」との結合紋様 と中間に縞を配した定格に固定されていました。 それは以前は単に独鈷、華皿浮け柄といわれて いたものが、それ以来「献上」と呼称されるように なったのです。 「独鈷」 密教法具の一つ。真言宗では、煩悩を破砕し、 菩薩心を表す金属製の仏具であり、修法に 用いられます。細長く手に握れるほどの大きさで、 中程がくびれ両端がとがっています。 「華皿」 元来は仏具の一種。仏の供養をするとき、 花を散布するのに用いられる器です。 ※『博多織の献上とは』の文章は博多織工業組合の 利用許諾を受けて掲載しております。 (出所:博多織工業組合HPより)

送料無料
夏帯 締め分絞り染め 京都丹後産 夏紬 九寸 名古屋帯 // 茶×ベージュ 正絹 日本製 // 夏着物(絽・紗・麻)・夏小紋・夏紬・麻・浴衣 // 名古屋帯・博多帯が充実!【帯専門店おびや】...

帯専門店おびや

65,000

夏帯 締め分絞り染め 京都丹後産 夏紬 九寸 名古屋帯 // 茶×ベージュ 正絹 日本製 // 夏着物(絽・紗・麻)・夏小紋・夏紬・麻・浴衣 // 名古屋帯・博多帯が充実!【帯専門店おびや】...

単衣・夏といった紬のお着物で 尚且つ!(大島紬や結城紬や牛首紬) いったワンランク上の紬着物に合わせて頂きたい夏紬帯として染め上げました! 京都の呉服問屋さんによる 完全別注 絞り染め 限定1本帯! 夏帯 締め分絞り染め 京都丹後産 夏紬 九寸 名古屋帯のご紹介です! こちらの帯は 京都で上質な帯だけを扱われる問屋さんが 完全オリジナルとして作り上げて頂いた帯となり、 この帯を染め上げる前に、、「良い紬のお着物に合わせる帯」 というコンセプトを持ち 染め上げて頂いた帯となり、 紬は紬では ちょっと良い クラスの(大島紬・結城紬・牛首紬)といった お着物の柄のステキさを主役としながら、その雰囲気を壊さず、 溶け込めるクラスの染め帯という ”名わき役!”に徹してくれる帯 となるのですよね♪ 帯地は染める前に一度見せて頂いたのですが、 よくある 「のっぺり」 とした紬地の表情とは違い 細かな線が (たて・よこ)に 不規則な線が施されており よく見ないと分からない程度なのですが、、が!! のっぺりとした帯地よりも 断然! 帯地としての上質感があり 必ずこの帯を見た人に 「上質な帯地」 と一目で感じて頂けるのは 間違い御座いません。 それもそのはず!こちらの帯地は 京都丹後で一軒だけ変わった 上質の帯地だけをおられる機屋さんがおり そこに仕入れにくるお客のほとんどが 高級呉服店か もしくは 有名な作家さんがご自分の作品をよりステキに魅せる為に 質の良い帯地をもとめやってくるほどですので、有りそうで実は出回らない 味のある帯地なのですよね! その帯地の上には お待たせしました!メインの染めですよね♪ 染めも 「手が込んでいるのですよ〜♪」 こちらの染めは京都の老舗の京絞り屋さんにて施して頂いたのですが、 アップの画像でもお分かりのように...

kimono awawa(きもの阿波和) 本場筑前 博多織 名古屋帯 仕立て上がり 正絹 黒色の地 白 献上柄 五献上 黒木織物謹製 伝統工芸 筑前 博多帯 全通柄 金証紙

Amazon

32,700

kimono awawa(きもの阿波和) 本場筑前 博多織 名古屋帯 仕立て上がり 正絹 黒色の地 白 献上柄 五献上 黒木織物謹製 伝統工芸 筑前 博多帯 全通柄 金証紙

【伝統技術×新感覚 本場筑前博多織 名古屋帯】 キュッと締まり結びやすく、着くずれしにくい 本場筑前博多織名古屋帯は、絹の美しい光沢と しゃっきりとした風合いが魅力的な伝統の帯。 キチンと感のある上質な織りの八寸名古屋帯は、 伊勢木綿、阿波しじら織など木綿の着物や紬、 小紋など、カジュアルな普段着に季節を問わず 気軽にコーディネートが出来る。 好みの色や柄を選び、自分なりの粋な着こなしを お楽しみ頂けます。 【品質表示】 種別:博多織 八寸名古屋帯 素材:正絹100% 柄域:全通柄 サイズ:長さ約360cm前後 幅/約31cm 製造:(株)黒木織物 謹製 博多織工業組合の金色証紙付き 【お仕立てについて】 本品は、京都府または徳島県内の和裁士により、 丁寧な「松葉仕立て」を致しております。 ご注文後のお仕立て期間が無い即納品です。 【博多織の献上柄について】 慶長5年(1600年)黒田長政が筑前を領有する ようになってからは、幕府への献上品として 博多織を選び、毎年3月に帯地十筋と生絹三疋 を献上するようになりました。 その模様は仏具の「独鈷」と「華皿」との結合紋様 と中間に縞を配した定格に固定されていました。 それは以前は単に独鈷、華皿浮け柄といわれて いたものが、それ以来「献上」と呼称されるように なったのです。 「独鈷」 密教法具の一つ。真言宗では、煩悩を破砕し、 菩薩心を表す金属製の仏具であり、修法に 用いられます。細長く手に握れるほどの大きさで、 中程がくびれ両端がとがっています。 「華皿」 元来は仏具の一種。仏の供養をするとき、 花を散布するのに用いられる器です。 ※『博多織の献上とは』の文章は博多織工業組合の 利用許諾を受けて掲載しております。 (出所:博多織工業組合HPより)

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「名古屋帯紬」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ