「ワークシャツ」 の検索結果 7,544件

播州植山シャトル織機の綿ウール・ワークシャツ 植山織物 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

全2商品

16,200

播州植山シャトル織機の綿ウール・ワークシャツ 植山織物 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

こだわりの綿ウールシャツ登場。ヴィンテージシャツのような豊かな風合いと優しい温かみに満ち、肌触りも格別なワークシャツ。こちらを手がけたのは「播州織」の名産地として知られる兵庫県多可郡の〈植山織物〉です。機屋は既製の糸を仕入れて生地を織るのが一般的ですが、〈植山織物〉は糸そのものの開発から行っているのが特徴です。ご紹介する「播州植山シャトル織機の綿ウール・ワークシャツ」も、糸から独自に製作しています。通常、綿とウールを混紡する際は、ウールの繊維を切り刻むのですが、これだと毛の断面が増え、チクチクと感じる原因になります。〈植山織物〉はウールを刻まず、引き延ばして綿と混紡。この糸を緯糸に、経糸に綿糸を使い、昔ながらのシャトル織機でゆっくり空気を含むようにふっくらと織り上げました。今回のようなふっくらとした緯糸をシャトル織機で織る場合、一本のくだ巻きで織れる生地の長さが短くなります。その都度くだ巻きが替わっていきますが、継ぎ目からキズが生まれるリスクが高く、それを修復するコストもかかります。「ムラや風合いにこだわった糸は織りにくく、よその職人だとあまりやりたがらないかもしれません。しかし理解のある職人たちが〈植山織物〉こだわりの生地を支えているのです」と、〈植山織物〉織物部の荒木英治部長は語ってくれました。こうして織られた生地の風合いを大切に、コーティング剤に頼らず丁寧に洗うことで防縮加工を行い、定番のボタンダウン仕様のシャツに仕立てました。ウール混なので暖かく着られます。

<REMI RELIEF>メランジスーパー度詰め天竺ヘンリーネックTシャツ トップス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

8,424

<REMI RELIEF>メランジスーパー度詰め天竺ヘンリーネックTシャツ トップス

色落ち加工やヴィンテージ加工で、本物の古着のような味わいが愉しめる〈REMI RELIEF〉のコレクション。古き良き時代のアメリカンクローズがベースになっており、日本人向けにアレンジされたフィッティングで人気を博しています。そんな〈REMI RELIEF〉の春夏コレクションとして新登場したのが、今回お届けするヘンリーネックTシャツ。生地にはしっかりと度詰めした天竺素材を使用。杢調のメランジになっており、へたりにくいのでアウターとしても着用することができ、生地には洗い加工をかけているためソフトな肌触りです。通常のヘンリーネックよりも深めの3つボタン、胸には便利なポケットが付き、裾はポロシャツのように後ろ身頃が長いスリット仕様になっています。首まわりは、昔のアメリカ製Tシャツでよく見かけたフラットロックステッチになっているのもポイントです。 カラーはオートミール、ヘザーグレー、ネイビーの3色をご用意しました。ヘンリーネックで一番目立つ前立てには、アメリカのワークウェアで見かけるネコ目ボタンを使用。こんな細部にまでこだわったワードローブの定番アイテムが完成しました。

ウォッシュドリネン・オーバーシャツ サージュデクレ シャツ/ベスト 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

21,600

ウォッシュドリネン・オーバーシャツ サージュデクレ シャツ/ベスト 【ライトアップショッピングクラブ】

ブルゾン感覚で羽織る、涼やかなリネンシャツ。紳士服の歴史的な背景や伝統を重んじながらも、既成概念にとらわれないもの作りで洗練されたカジュアルスタイルを発信する〈サージュデクレ〉。ワーク、ミリタリー、トラッドこそメンズウェアの基本であると考え、服飾に対する造詣が深いデザイナー、千田仁寿氏が創造するアイテムは世代を超えて注目を浴びています。ご紹介するのは、古き良き時代に思いを馳せながら、そこに現代の空気感を重ねる「ノスタルジア」をテーマに作り上げたシャツです。デザインはシャツをベースにしながら、アメリカンヴィンテージの定番コーチジャケットのディテールを取り入れ、ブルゾン感覚で羽織れるアイテムに仕上げました。スクエアにカットした裾はドローコードで絞ることができ、すっきりと着こなせます。素材には、涼やかで軽やかなリネンを使用。製品洗いを施しているので柔らかく、心地よく身体に馴染みます。Tシャツなどの上に気軽に羽織るだけで洒脱な印象になり、夏場の冷房対策にも重宝する使い勝手の良い一枚です。

亀田縞・清涼リネン混シャツ 和の匠 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

16,200

亀田縞・清涼リネン混シャツ 和の匠 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

清涼素材で仕立てた亀田縞の風情新潟平野を流れる信濃川、阿賀野川とその支流に囲まれた亀田地区。かつて泥田に覆われていた地で、江戸時代中期、厳しい農作業に耐えるワークウェアとして発展した綿織物が亀田縞です。その亀田縞を現代に甦らせているのが、〈中営機業〉の中林照雄さん。時代の流れで一旦は姿を消した亀田縞だが、かつての資料をもとに最新の技術を駆使し、現代に即した織物に仕立てています。お届けするシャツは、伝統の亀田縞を夏仕様のコットンリネン素材で仕立てた一枚。従来の亀田縞は20番手クラスの糸を使ったやや地厚な生地ですが、こちらはその風合いを残しつつも爽やかな夏向きの薄い生地にするため改良に苦心したといいます。綿の特徴である吸湿性に麻の持つ通気性がプラスされ、サラリと心地よい肌触り。天日干ししたようなソフトな風合いも魅力です。カラーネイビーは6色、グレーは3色の色糸を使って縞模様を表現。色ムラやネップが味わい深く、和の雰囲気を醸し出しています。隠しボタンダウン仕様のデザインなので、ノータイでも襟元が崩れないのが嬉しい。着るほどに増す風合いに、愛着も湧いてくるシャツです。

<ビッグヤンク>SMOKERS SHIRT トップス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

23,760

<ビッグヤンク>SMOKERS SHIRT トップス

1919年にアメリカで生まれた〈ビッグヤンク〉。通称「ガチャポケ」と呼ばれるシガレットポケットが有名なワークウェアのブランドで、現在は日本のプロデュースにより復刻されています。今回ご紹介するのは、人気デザイナーやクリエイターとのコラボレーションで話題の「The Third Edition 2nd Collection」。主婦と生活社「LEON」編集長代理、石井洋さんが提案する現代版の「スモーカーズシャツ」です。〈ビッグヤンク〉の特徴でもあるシガレットポケットに着目し、「Man Smoking a……」をテーマにした一枚は、ポケットの配置がポイント。両胸ポケットだけでなく、右裾にもポケットを付け、シャツでは珍しく内側にも小さなポケットが付いています。胸ポケットはたばこや葉巻とライターを入れることができ、現代版のスモーカーズシャツらしく電子たばこを入れるのにも最適な大きさ。フラットな開襟なので、キューバシャツやサファリシャツのような着こなしを愉しめます。 コロニアルなスタイリングにもおすすめしたいビッグヤンクプロデュースのスモーカーズシャツ。涼しげなオフホワイト、雰囲気のあるベージュ、大人の夏をイメージさせるパープルをご用意しています。リネン100%の生地なので、3色ともスモーキーな色合いに仕上がっています。

<ビッグヤンク>MICKEY MOUSE ON 1966 トップス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

28,080

<ビッグヤンク>MICKEY MOUSE ON 1966 トップス

1919年にアメリカで生まれた〈ビッグヤンク〉。通称「ガチャポケ」と呼ばれるシガレットポケットが有名なワークウェアのブランドで、現在は日本のプロデュースにより復刻されています。今回ご紹介するのは、人気デザイナーやクリエイターとのコラボレーションで話題の「The Third Edition 2nd Collection」。「Fantastic Plastic Machine」の田中知之氏が提案する「MICKEY MOUSE ON 1966」と題されたシャンブレーシャツです。背中に描かれるミッキーマウスのプリントは、〈ビッグヤンク〉とDisney®のコラボレーションとなっています。田中氏の誕生年であろう〈ビッグヤンク〉のヴィンテージモデルに、同じ年代をイメージしたミッキーマウスを背面にプリント。猫目ボタンやカフスのデザイン、頑強なトリプルステッチやかんぬき止めのカラードステッチなど、当時のディテールも再現されています。 ヴィンテージウェアのコレクターとして経験と直感に重きを置くこの企画。1960年代当時の雰囲気を、シャンブレーシャツで見事に表現しています。背面のプリントはDisney®のオーソライズを受けているというのもポイントです。

giannetto(ジャンネット) シャンブレー ステンカラー シャツコート

TOKYOlife

45,360

giannetto(ジャンネット) シャンブレー ステンカラー シャツコート

giannetto(ジャンネット)より春に向けた軽快なシャツコートをご紹介です。今ではイタリアンシャツのメジャーブランドとして頭角を現したgiannetto(ジャンネット)。今シーズンは同ブランド初となるシャツアウターが登場です。イタリアンサルトの技術をベースに丁寧に仕立てた一着は軽やかな着心地が魅力の一着。生地にはブリーチのかかった淡いカラーリングが渋〜くキマッたシャンブレーを採用。非常に柔らかなシャツ生地で仕立てたコートは、軽い羽織りモノとしてカットソーやシャツの上から気軽に着込める一着に。また、各ディティールワークもgiannetto(ジャンネット)らしさが演出されています。襟のカッティングは開きのあるレギュラーシルエットとなっており、羽織った時にやや前傾にスッと降りてくるのがポイント。軽めに襟を立てて、首元にボリュームを出すのもオススメですね。背中にはアンブレラヨークを採用し、シャツアウターというライトなアウターながらもバックシルエットに存在感をプラス。シルエットはやや細身で、giannetto(ジャンネット)らしくスリムなフィッティングとなっています。胸囲やウェスト周り、アームホールなども細め。シャツブランドが提案するシャツアウターですから、インナーにはジレやカットソーなどの上からフィットさせるとジャストサイズで楽しんで頂けます。ジャケットの上から羽織るイメージであれば、ワンサイズアップでもOK。giannetto(ジャンネット)のシャツアウターは、HERNOやPEUTERYなどのビジネスに傾倒したコートではなく、カジュアルに着流せる大人の一着として長く付き合える仕上がりとなっています。今シーズンも新たな提案で我々をワクワクさせてくれるgiannetto(ジャンネット)で、春夏のカジュアルスタイリングにプラスワンのアクセント...

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「ワークシャツ」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ