「リネンチュニック」 の検索結果 1,151件

ベトナム ハンドビーズ刺繍 カフタンチュニック

ディノス

24,800

ベトナム ハンドビーズ刺繍 カフタンチュニック

ベトナム職人の卓越した技をビーズ刺繍で。糸のみを刺していく刺繍の繊細美とは異なる、ビーズやスパンコールを一つ一つ留めた刺繍のなんと華やかなこと!夏の陽射しを受けてキラキラと光の粒を弾き返す煌めきに、誰もが目を奪われることでしょう。ご紹介するチュニックのベースの素材は、ほんのり透ける薄い織り地にリネン特有のフシ感が爽やかな、程よいハリ感のある日本製リネン。デザインは身体をどこも締め付けないストンとしたシルエットを、胸元の深いスリットでシャープに引き締めたカフタン風。エキゾチックなフォルムにベトナム職人の手仕事がよく似合います。色は夏映えするネイビーとホワイト。ネイビーのチュニックにはブルー系のビーズとブロンズ色のスパンコールを、ホワイトのチュニックにはホワイトパールやクリア、シルバーの白い輝きを刺して、胸元いっぱいに広がる更紗柄を表現。生地とスパングルを同系色でまとめているので派手過ぎることがなく、印象はあくまでシック。更紗柄の刺繍は前身頃だけでなく袖口にも控えめにあしらわれ、手の動きをエレガントに見せてくれます。ネックラインに沿ってぐるりと刺したビーズとスパンコールは、顔映りを引き立てると同時に、後ろ姿のさりげないアクセントにも。一着完成させるのに5日かかると言われるベトナムの職人技を是非ご堪能ください。≫ POINT・顔周りにビーズやスパンコールの輝きを添えると、表情まで明るくなるようです。ネイビーのチュニックはブロンズのスパンコールをブルー系のビーズで取り巻いた配色もシック。・ホワイトは、大きさの異なるホワイトパール、クリア、シルバーの3色のスパンコールやビーズ、メタルスパングルを刺して、花やつぼみ、茎を描いた更紗柄。前身頃の上半分に刺繍をあしらうことで視線が上に集まり、スタイルアップ効果も。

洗えるリネン フレア袖 ワンピース

ディノス

26,892

洗えるリネン フレア袖 ワンピース

ドラマティックなフレア袖にイレギュラーヘムのスカートが特徴のワンピース。リネンとは思えないほど、ソフトでしなやかな素材で、夏にぴったりのアイテムをつくりました。衿まわりとウエストはゴム仕様。ロープベルトがマリンライクなテイストも加味しています。素肌にもやさしく心地よいジャパンリネンを求めて細番手の麻糸を平織りした、上等で高価な麻織物が「上布」。新潟県の越後上布、沖縄県の宮古上布、そして滋賀県で生産される近江上布が有名です。豊かな琵琶湖の水源に恵まれ、伝統的な麻織物のバックグラウンドを持ちながら、いまの時代に合った製品をつくるため、日々研究を重ねている滋賀県東近江にある工場を訪問しました。私たちが求めた、蒸し暑い夏も涼しく、素肌に着てもやわらかなリネンを実現してくれたのは、株式会社大長の大橋富美夫さん。代々、織物整理加工業を営み、仕上げた織物は目を見張る美しさです。「糸選び、織り方はもちろん重要ですが、織りあがった布をどう整えるか??。ここからの仕事で、風合いはもちろん、扱いやすさもがらりと変わるんです」と大橋さん。織り上がった原反を機械に入れ、麻特有の繊維の毛羽を火で焼くことで、まずはチクチクしないなめらかな表面に整えます。さらに生地をやさしくたたきほぐす特殊な加工をほどこすことで、リネンの特徴である堅さのある生地感がなめらかに変化。ほのかな光沢をたたえた、ソフトな風合いは見違えるほどです。多くの人の知恵と手間を重ねて生み出された「日常の贅沢」を、ぜひ肌で感じてください。⇒ 洗えるリネンシリーズのアイテムはこちら##>【So close日本最古の布として発掘されたのは、麻の織り物でした。麻本来の個性を生かしながら、現代に合ったリネンをつくるのは、日本各地で研鑽を重ねる職人たち。夏肌に心地よく、くつろげる着心地を約束するアイテムが完成し...

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「リネンチュニック」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ