「メンズフリースジャケット」 の検索結果 3,275件

and wander(アンドワンダー) ツイル フリース ジャケット【twill fleece jacket】

TOKYOlife

39,960

and wander(アンドワンダー) ツイル フリース ジャケット【twill fleece jacket】

2011年にスタートしたばかりの日本発の新進気鋭アウトドアウェアブランド“and wander(アンドワンダー)”。TOKYO Wheelsでの取り扱い開始し以降、定評のあるフリースとナイロンのコンビジャケットです。しっかりとした生地感で裏地が起毛したツイルフリースをメインファブリックに、ライディング時に風を受けやすい胸部や首周りを中心に、肩から上腕部分にまでナイロンを配したジャケット。このナイロンは、軽くてしなやかな「PERTEX MICROLIGHT(パーテックス)」という高強力ナイロン糸を高密度で織り上げた素材で、防風性、撥水性に加え強度・耐久性に優れています。そして、このナイロンの中には「PrimaLoft(プリマロフト)」という高機能中綿をインサート。このプリマロフトというインサレーションは、速乾性や撥水性、保温性に加え、高い圧縮復元力を合わせ持っているので、突然の雨に濡れてもその機能を失いません。高く設定された襟元が風の侵入を防ぎ、フードまで中綿が入っているので非常に暖かいのが特徴です。前身ごろの着丈は短く、後身ごろはしっかりと長くとられているので、ライディング姿勢をとっても背中が出にくいサイクリストには嬉しいデザイン。フロントのポケットは、腹部まで伸びたナイロン部分に設けられており、インサレーションの中に手が入るよう設計されているので、ハンドウォーマーとしても最適です。また、ナイロン素材はどうしても伸縮性がありませんが、稼動させることの多いヒジ部分を立体的なカッティングにすることで、その動きにくさを解消しスムーズに動かすことができます。また前面のブランドロゴもリフレクトプリントにするなど、細部までこだわったユーモア溢れるデザインセンスは流石です。フリースとナイロンの異素材コンビというのも新しく...

VULPINE(ヴァルパイン) フリースパーカー【HOY Vulpine Men's Cortado Fleece Hoody】

TOKYOlife

17,280

VULPINE(ヴァルパイン) フリースパーカー【HOY Vulpine Men's Cortado Fleece Hoody】

イギリスの自転車界において、「ブラッドリー・ウィギンス」と並んで、いや、もしかしたらウィギンス以上に知名度があり、人気の高いトラック競技選手かもしれない「サー・クリス・ホイ」。ロンドンオリンピックの開会式ではイギリス選手団の旗手を務めたホイ。彼のその圧倒的な強さはイギリス国内では非常に有名で、北京オリンピックではスプリント・チームスプリント・ケイリンの三冠(トリプルクラウン)を達成する偉業を成し遂げた選手。その他、世界選手権では1kmTTやケイリンでことごとく金メダルを獲得するなど、とにかくその強さは圧巻でした。そんなクリス・ホイとVulpine(ヴァルパイン)のCEOであるニックがタッグを組み、登場したのが【HOY Vulpine】コレクションです。サイクルカジュアルウェアを展開する【Vulpine】と、自転車競技のノウハウを持つクリス・ホイが一緒に商品をつくり、よりライディングに特化したアイテムを送りだしています。このフリースパーカーは、シンプルなデザインながら、ネック部分を少し高くして風の侵入を防ぐ仕様に。全体をフラットロックシームとすることで、縫い目が肌を刺激しないようにしています。裏地がフリース素材ですので、優しい肌触り。また、生地にクールマックスが含まれているので、汗の乾きも早く、汗っかきのサイクリストには嬉しいポイントです。アフターライドのウェアとしてだけでなく、カジュアルなタウンユースウェアとしてもお使いいただけるアイテムです。

ASSOS(アソス) ロングスリーブジャージ【ASSOS iJ.haBu.5 profBlack】

TOKYOlife

48,600

ASSOS(アソス) ロングスリーブジャージ【ASSOS iJ.haBu.5 profBlack】

※こちらはロングスリーブジャージ【ASSOS IJ.HABU.5】とカラーのみ大幅に異なりますが、基本的には同じ製品となります。春秋用の長袖ジャージに限界を感じ始めた方や、「一番寒い1月〜2月は乗らないから、そこまでしっかりしたジャケットは不要」なんて方にオススメなのがこちらのジャケット。いわゆる「ウィンタージャケット」と言われる部類のもので、生地感は「IJ.TIBURU」や「Intermadiate」に比べてやや厚めながら、ゴワツキもなく、冬用とは思えないほど軽くて薄いジャケットです。前面には防風素材を使用し、寒い時期の冷たい風から体幹をしっかり守ってくれます。前面裏側にはフリース素材が張られていませんが、背中側は薄手のフリース生地一枚で仕立てられているため、ウェア内にこもった蒸れをすぐに背中側から逃がしてくれる役割を持ちます。そのため、非常に高強度なライディングならば、真冬でも過ごせてしまうレベルのジャケットですので、温暖な地域にお住まいの方や、冬でもノンストップで走り続けるような方にオススメのジャケットです。右袖上腕部分には、メッシュ状のポケットが配され、スマホやすぐに取り出したいアイテムを入れておくのに最適。また、左袖の肩・脇部分には、サングラスの柄がちょうど収まるループが付いているので、外したサングラスを差しておくのに便利なギミックです。非常にシンプルなデザインなので、難しいコーディネートを考えず気軽に羽織ってライドに出られるのもうれしいポイントです。----- prof.Blackとは? -2016年秋冬のASSOS。数々のNEWモデルが登場していますが、特に注目していただきたいのが、これまでのASSOSにはあまり見られなかった、オールブラックモデル『prof.Black』シリーズの登場です...

ASSOS(アソス) ロングスリーブジャージ【ASSOS IJ.HABU.5】

TOKYOlife

44,496

ASSOS(アソス) ロングスリーブジャージ【ASSOS IJ.HABU.5】

春秋用の長袖ジャージに限界を感じ始めた方や、「一番寒い1月〜2月は乗らないから、そこまでしっかりしたジャケットは不要」なんて方にオススメなのがこちらのジャケット。いわゆる「ウィンタージャケット」と言われる部類のもので、生地感は「IJ.TIBURU」や「Intermadiate」に比べてやや厚めながら、ゴワツキもなく、冬用とは思えないほど軽くて薄いジャケットです。前面には防風素材を使用し、寒い時期の冷たい風から体幹をしっかり守ってくれます。前面裏側にはフリース素材が張られていませんが、背中側は薄手のフリース生地一枚で仕立てられているため、ウェア内にこもった蒸れをすぐに背中側から逃がしてくれる役割を持ちます。そのため、非常に高強度なライディングならば、真冬でも過ごせてしまうレベルのジャケットですので、温暖な地域にお住まいの方や、冬でもノンストップで走り続けるような方にオススメのジャケットです。右袖上腕部分には、メッシュ状のポケットが配され、スマホやすぐに取り出したいアイテムを入れておくのに最適。また、左袖の肩・脇部分には、サングラスの柄がちょうど収まるループが付いているので、外したサングラスを差しておくのに便利なギミックです。非常にシンプルなデザインなので、難しいコーディネートを考えず気軽に羽織ってライドに出られるのもうれしいポイントです。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「メンズフリースジャケット」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ