「メンズシルク」 の検索結果 15,238件

シルク・スリーシーズンジャケット クレイグ アレクサンダー ジャケット

LightUp

63,720

シルク・スリーシーズンジャケット クレイグ アレクサンダー ジャケット

シルクでありながらドライ。特殊加工で実現した爽快なニット。英国の老舗ニットメーカーや有名ブランドで辣腕を振るってきたクレイグ・アレクサンダー氏は語ります。「かつては、シルクといえば織物であるサテンシルクが一般的でしたが、やがて編み組織であるシルクニットが台頭してきました。しかし、これはあくまでもメリヤスのことで、薄手のカーディガンにしかなりません。そこでまず素材は、手を尽くした中で麻のようにコシのある、日本の特殊な紡績技術で作られたシルクを用いることを思いつきました。清涼感がありつつも、表情の奥行きが感じられ、ジャケットに相応しいハリのあるオリジナルの編み組織を融合しながら、複雑な仕立てを要するテーラーリングのパターンを応用。これで、女性的だったシルクニットのイメージを覆す、立体的で美しいジャケットを完成させることができました。柄は、日本の浴衣に多い「矢絣(やがすり)」を原点とする、爽やかで奥行きのある“矢振り柄”を身頃に使用。肌離れが良く、透け感もあるので春から秋までの3シーズン心地よく着用できます。また繰り返し着用することで、より肌に馴染むようにもなります。シルク100%ならではの贅沢な着心地を、末長くお楽しみください。」

米沢シルク・サッカージャケット イード&レイヴェンスクロフト ジャケット

LightUp

129,600

米沢シルク・サッカージャケット イード&レイヴェンスクロフト ジャケット

稀少な高級番手を惜しみなく使用、比類なき“シルクサッカー”。サッカー地といえばコットン生地が一般的ですが、ロンドン最古のテーラーと称される〈イード&レイヴェンスクロフト〉がこだわったのは、シルク生地によるオリジナルのサッカー地です。絹織物の名産地、山形県米沢市で100年以上の歴史を持つ「鈴吉織物」によるもので、老舗の高度な技術とシルク糸への徹底したこだわりが生んだ逸品。厳しい基準でランク付けされるシルクの生糸の中でも、5%程度しか取れない最高ランクの6Aを使用した、高級和装にも使われる極細240番手の糸で織り上げています。太さと撚りの異なる繊細な2種の経糸を使い、旧式の低速織機でゆっくり織ることで、非常に美しい自然なシボが現れます。凹凸がもたらすさらりとした清涼感や涼やかな透け感、上品な光沢こそ鈴吉織物の真骨頂で、最高級の誇りでもあります。英国王室より3つのワラントを授かる名門〈イード&レイヴェンスクロフト〉のテーラードジャケットは、この上質なシルクサッカー地の特性を最大限に生かしながら大切に仕立てたもの。芯地の工夫で軽量化を行い、ノーパッドでありながらも着くずれしにくい楽な着心地を実現。淡いピンクとブルーのウインドーペーンも秀逸で、英国調のラグジュアリーな装いを演出します。

<グランサッソ>シルクポロシャツ トップス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

39,960

<グランサッソ>シルクポロシャツ トップス

1952年創業という長い歴史を持つ〈グランサッソ〉は、イタリアを代表する老舗ニットブランド。一流ビッグメゾンのニット製品も数多く手がけてきた実力派のブランドです。近年では、ニットウェアづくりを活かしたカットソーづくりも行っており、ニット同様に高いクオリティで人気を博しています。そんな〈グランサッソ〉から、春夏シーズンに活躍するポロシャツが到着しました。シルク100%という贅沢な天竺素材を用いた1枚です。ドレスシャツと同様に台襟付きなので立体感のある首もとが生まれ、前立てはエレガントな3つボタン掛け。襟型はイタリア人が好むカッタウェイカラーを採用しています。イタリアンシャツではおなじみの襟型ですが、ポロシャツで採用されているのは珍しいこと。タイトなシルエットとシルク100%ならではの光沢感によって、ラグジュアリーな雰囲気が生まれています。 ニットウェアの老舗ブランドだからこそ作れる、シルク天竺を使ったエレガントポロ。カラーはインディゴ、シルバー、ブラックの3色をご用意しました。鹿の子編みのスポーティなポロシャツとはひと味違った、大人らしい着こなしが楽しめます。 (LEON 2016年9月号 P.113掲載アイテム)

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「メンズシルク」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ