「デニム着こなしメンズ」 の検索結果 1,240件

<KURO>Graphite Black One Wash ボトムス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

9,720

<KURO>Graphite Black One Wash ボトムス

メイド・イン・ジャパンのデニムづくりに徹底してこだわり続ける〈KURO〉。デニムの生地はもちろん、縫製やヴィンテージ加工など、いずれの工程においても日本国内で行なうことで、高いクオリティを保つデニム製品を生み出し続けています。数あるラインナップの中でも〈KURO〉を代表するモデルといえば「Graphite」が有名ですが、今回お届けするのは、よりシャープな雰囲気に仕上がったブラックデニム版のグラファイト。吉河織物製のセルビッジ付きブラックデニムを使用した、クールな雰囲気あふれる一本になっています。縫製には及川デニム、洗いは岡山にある美東の手で施されました。“やりすぎない”ワンウォッシュなので、クリーンなスタイリングも楽しめます。 細身のシルエットで定評のあるグラファイトによく似合うブラックデニム。ホワイトシャツやカットソーでモノトーンのスタイリングにまとめたり、春先に良く映えるペールトーンの春ニットに合わせることで、着こなしを引き締めたりと自在な穿きまわしが楽しめます。こちらも穿き込み続けることでインディゴブルーと同じように色合いが褪せてゆくので、色落ちを作り出す楽しみもあります。ステッチの糸にはグレーを使い、セルビッジの赤耳やヒップポケットの赤ステッチとともに、クールなブラックデニムのアクセントにもなっています。

<KURO>Aulick/ヴィンテージウォッシュ18・マーベルト ボトムス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

14,256

<KURO>Aulick/ヴィンテージウォッシュ18・マーベルト ボトムス

デニムの染色、縫製、加工に至るすべての工程を、日本国内で行なうことにこだわっている〈KURO〉。日本全国に散らばる工場や職人たちの技術力を集結させた〈KURO〉のデニムウェアは、海外でも高い評価を集めています。Aulickというモデルは、ディープテーパードと呼ばれるシルエットで、浅過ぎない股上と、ゆとりを持たせたヒップ周り、膝から裾にかけてはテーパードをしっかりと効かせることで、シャープな見た目と締め付けの少ないはき心地を味わえるようになっています。前立てはジップフライ、内側にはスラックスのようなマーベルトを付けることで、フィット感を高める工夫が施されています。加工はヴィンテージウォッシュ18を採用。濃いめのインディゴ色なのできれいめな着こなしに合わせやすくなっています。 吉河織物社製の13オンス生地を用い、縫製はオイカワデニムが担当。フロントポケットやバックポケットの口部分はオイカワデニムの特殊な縫製技術によって膨らみを出し、水洗いをしたときにパッカリングが強く出るように工夫されています。ローライズデニムのはき心地に慣れないという方には、〈KURO〉の定番であるGRAPHITE(スリムストレート)やDEMPSEY(テーパード)よりも、Aulickモデルがおすすめです。

江戸黒染めデニム・寛ぎベスト/男女兼用 坂本デニム 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

25,380

江戸黒染めデニム・寛ぎベスト/男女兼用 坂本デニム 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

深みのある“江戸黒”から覗く粋な柄明治25年創業の〈坂本デニム〉の三代目であり、日本デニム染色の先駆け的存在の坂本恭士さんが取り組んだのが「江戸黒染めデニム」。“江戸黒”とは、江戸時代に火消しや鳶が着ていた濃い藍染めの仕事着の色を指します。当時“黒”は自然の染料の中になく、藍を何度も繰り返し染めることで「黒に見える紺」を作り出していました。坂本さんは、この“江戸黒”をアメリカのワークウェアを発祥とするジーンズに採用。新感覚のデニムウェアを発案しました。今回ご紹介する「江戸黒染めデニム・寛ぎベスト」は、一見黒に見えるほど深みのある濃紺が、坂本さんこだわりの色なのです。綿にポリウレタンを加えることで、デニム特有のゴワゴワ感を軽減。着た途端にすんなりと肌に馴染むのも魅力です。薄い中わたのキルティングを施しているので、肌寒い今の時季の重ね着に重宝します。また、前合わせがボタンなので着こなしやすいのも嬉しい。裏地の鮮やかな柄合わせにもご注目下さい。江戸の庶民は奢侈禁止令のもと正絹や派手な色の着物を禁じられていましたが、裏地に趣向を凝らしてお洒落を愉しんでいたといいます。この一着で大人のカジュアルスタイルをぜひ堪能して下さい。

<KURO>Graphite Vintage Wash 04 ボトムス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

15,876

<KURO>Graphite Vintage Wash 04 ボトムス

デニムづくりにおいて世界最高峰と謳われる日本のクラフトマンシップに基づき、「メイド・イン・ジャパン」にこだわったコレクションを送りだすデニムブランド〈KURO〉。ご紹介するのは同ブランド中もっとも細いシルエットを誇る「Graphite」。〈KURO〉の根幹を成すモデルで、ヒップ周りと股上のバランスなど、足を長くみせるべく計算されたパターンが絶妙。デニム地は吉河織物製で、力織機で織られた13ozの生地は、オンスが軽く細身シルエットとの相性も抜群。縦方向の色落ちも綺麗に生まれます。コインポケット部などにハンドメイド風のステッチを施したり、洗いをかけた際にパッカリング(縫い縮みやひきつれによる生地のゆがみ)を出やすくするなど、随所にデニム好きの食指をくすぐる仕掛けが。その徹底ぶり、ぜひ大きな画像でご確認を。 今作“Vintage Wash 04”は、アタリの強めに出た味わい深い表情が魅力。Tシャツにざっくり合わせるだけで雰囲気のある着こなしになることうけあいの、デニム好きにはたまならない一本です。さらに、いぶされたような風合いのリベットをはじめ、ベルトループのステッチ間に山ができるような縫製を採用したり、糸の太さやステッチ幅を要所で変えることで立体的に見えるようにするなど、目利きの視線が集中する巧みなディテールが随所に。お尻のポケット位置を高くとる事で脚が長く見えるように工夫された美しいパターンも注目のポイントです。別ページにて、より綺麗めな表情で穿いていただける“Vintage Wash 02”もご紹介しています。そちらもぜひチェックしてみてください。

<ボルゾネッラ>ブロークンツイルウェスタンシャツ/ジャパンフィット トップス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

17,820

<ボルゾネッラ>ブロークンツイルウェスタンシャツ/ジャパンフィット トップス

いま話題のシャツブランド〈ボルゾネッラ〉から、日本人向けのフィッティングに仕上がったシャツが到着しました。カウボーイが着用していたウエスタンシャツをベースに、イタリアらしくアレンジを加えた一枚。生地はブロークンツイルのデニム生地を使用。洗い加工などによって、インディゴらしい色落ちやアタリが生まれています。両胸に付くフラップポケット、ボタンにはウエスタンシャツではおなじみのパールドットボタンを用い、トップボタンや剣ボロに使われるパールドットボタンには、ブランドのアイコンを描き、カフス部分にもアイコンをワンポイントで刺繍。こんなさり気ない遊び心が、イタリアらしさを感じさせています。 サイズの大きなアメリカ製ウエスタンシャツとはひと味違う、ドレススタイルにも合わせやすい仕上がり。日本人向けのタイトなフィッティングなので、ジャストサイズによる着こなしが楽しめます。襟型もウエスタンシャツでは珍しいホリゾンタルカラーなので、ドレスジャケットのインに合わせるのもおすすめです。 (LEON 2016年6月号 P.192掲載アイテム)

新作ファッションアイテムのデニム着こなしメンズ、発売中!有名ブランドからカジュアルまで♪いま大流行りのファッションアイテム。豊富なサイズ・カラー・デザインから、ぴったりのデニム着こなしメンズが見つかる!流行ものから定番ものまで、自分だけのお気に入りを選ぼう。

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、ファッション関連商品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいファッションアイテムが充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「デニム着こなしメンズ」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ