「ディノス」 の検索結果 2,871件

麦わら帽子 アデル/Adele[田中帽子/女性用]

ディノス

7,560

麦わら帽子 アデル/Adele[田中帽子/女性用]

職人の手仕事が生み出す、日本製の麦わら帽子。伝統工芸としての手仕事はそのままに、デザインを現代風に取り入れて製品化しました。クオリティの高さと品格ある上質なかわいらしさが、夏をすがすがしく感じさせます。 毎年暑さの厳しい夏が続き、頭部を守る「夏の帽子」が注目されています。なかでも天然素材で、昔ながらの麦わら帽子が大人気です。この麦わら帽子は、今巷で話題の、丸いシルエットに深く広いつばのついたファッショナブルなデザインです。海外製品と違って、日本人の木型で製造されているのでフィット感が抜群です。■100年の歴史と伝統の田中帽子 〜5代目に引き継がれた老舗の麦わら帽子〜1世紀以上の伝統を持つ老舗帽子店の創業は明治13年。埼玉県の春日部市は古くから麦の集散地として知られてきました。麦わらを漂白して平たくつぶし、編み上げた「麦わら真田」の生産は農家の副業でした。田中帽子店は、明治13年頃から農家の副業として始め、麦を編み込んで組み紐状態にした「真田(サナダ)」を作り始めたが発端。明治30年ごろからは麦わら真田を改良し、現在のような麦わら帽子が生産されるようになりました。■伝統は5代目田中英雄氏にに継承現在は、5代目の田中英雄さんが事業を引き継ぎ、伝統を継承しながらも新たな流行も取り込み生産しています。4代目の田中行雄さんも現役の職人として日々、帽子を作り続けています。

風を感じる天然帽子 中折れハット[田中帽子]

ディノス

7,020

風を感じる天然帽子 中折れハット[田中帽子]

真夏の日差しから頭部を守る強い味方の麦わら帽子。職人の手仕事が生み出す麦わら帽子は日本製の誇りと伝統を継承して、上質なクオリティと品格ある仕上がりを楽しめます。おりタタミ可能で使いやすいアイテムです。 毎年暑さの厳しい夏が続き、頭部を守る「夏の帽子」が注目されています。■100年の歴史と伝統の田中帽子1世紀以上の伝統を持つ老舗帽子店の創業は明治13年。農家の副業として始め、麦を編み込んで組み紐状態にした「真田(サナダ)」を作り始めたが発端。明治30年ごろからは麦わら真田を改良し、帽子の生産を始めました。■手作業での工法は5代目の田中英雄さんが引き継ぎ、伝統を継承しながらも新たな流行も取り込み生産しています。4代目の田中行雄さんも現役の職人として日々、帽子を作り続けています。■素材は天然素材のヨリカンピを再生して主素材として使用。日本で親しみにあるイグサに似た色合いと素材感で人気の素材に定番の中折れモデルで作り上げました。つばの長さが約4cmと抵抗なく被れるタイプで、夏のどんな装いにもマッチします。■ポリワイヤー素材をヘム部分に使用しているので、型崩れが少ないのが特徴です。■牛革ベルトで巻いて持ち運び可能ハットには、アクセントとなる牛革のベルトがサイドに付いています。このベルトは、ホックで取り外し可能で、ハットを丸めてベルトで止めて携帯することが出来ます。■汗止め内部には面ファスナーでのサイズ調節が可能です。

風を感じる天然帽子 ゴルフハット[田中帽子]

ディノス

7,020

風を感じる天然帽子 ゴルフハット[田中帽子]

真夏の日差しから頭部を守る強い味方の麦わら帽子。職人の手仕事が生み出す麦わら帽子は日本製の誇りと伝統を継承して、上質なクオリティと品格ある仕上がりを楽しめます。 毎年暑さの厳しい夏が続き、頭部を守る「夏の帽子」が注目されています。■100年の歴史と伝統の田中帽子1世紀以上の伝統を持つ老舗帽子・田中帽子店の創業は明治13年。農家の副業として始め、麦を編み込んで組み紐状態にした「真田(サナダ)」を作り始めたが発端。明治30年ごろからは麦わら真田を改良し、帽子の生産を始めました。■伝統的な工法は長い時を経て継承され、現在は5代目の田中英雄さんが引き継ぎ、新たな流行も取り込み生産しています。4代目の田中行雄さんも現役の職人として日々、帽子を作り続けています。■素材は天然素材のヨリカンピを再生して使用。日本で親しみにあるイグサに似た色合いと素材感で人気の素材を定番デザインにした中折れモデルタイプ。つばの長さが約4cmと抵抗なく被れるタイプで、夏のどんな装いにもマッチします。■ポリワイヤーがつば先に縫い込まれており、丸めて携行することができ、再度被っても型崩れが少ないのが特徴です。■牛革ベルトで巻いて持ち運び可能ハットには、アクセントとなる牛革のベルトがサイドに付いています。このベルトは、ホックで取り外し可能で、ハットを丸めてベルトで止めて携帯することが出来ます。■汗止め内部には面ファスナーでのサイズ調節が可能です。

女優帽[ORIHARA STYLE/ オリハラスタイル]

ディノス

7,560

女優帽[ORIHARA STYLE/ オリハラスタイル]

東京・代官山ショップから流行した話題の女優帽。アレンジ自由自在のデザインは、オートクチュールのような存在感です。 一般的に女優帽と言えばつばの広いエレガントな帽子を想像します。しかし、この帽子はプライベートで購入した芸能人やモデルさんの口コミで人気になった本当の意味での女優帽です。帽子の形状がユニークで、深くかぶることができ、すっぴんで外出するときなどあまり顔を見られたくないときにおすすめです。●ユニークな形状でアレンジも自由自在山なりに奥深い袋状で、つばを上げ下げすることにより深くかぶったり、浅くかぶったりすることが出来るユニークなデザインです。長い髪もすっきり帽子の中に納まります。後ろに垂れ下げたり、ベレー帽のように横に垂れ下げたりとアレンジも自由自在です。軽いポリエステル素材で、ベージュとブラックの2色をご用意。インナーは吸汗速乾に優れたアクアステルスのメッシュ素材を使用。汗止めもCOOLMAX(クールマックス)素材で快適です。●立体成型を得意とするデザイナー折原尚氏東京生まれ。1897年から続く帽子製造業を営む両親のもとで育ちます。1991年に服飾専門学校のデザイン科卒業後、アパレルメーカーに入社し、商品企画開発に始まり、デザイン、パタンナー、バイヤーを経て、帽子デザイナーになります。その後、父親の弟子として、職人としての修業を経た後、2003年に自身の会社である「ラプト・トゥーコンプレックス有限会社」を立ち上げます。」以降、自身のブランドを立ち上げ、帽子専門店を都内に出店。また、アーティストやタレント、スポーツ選手等の帽子のデザインも手掛け、その中で新しい形の「女優帽」が口コミでヒット商品となっています。折原氏の得意とし、採用している3Dパターン製図は立体から製図を設計。オートクチュールやオーダーメイドの方式で...

中折れラフィア帽

ディノス

18,144

中折れラフィア帽

しっかり日除けしながら自分らしいお洒落を演出してくれる かぶり心地◎のラフィア帽はいかが。 ラフィア素材ならではのツヤのある風合いがお洒落自分なりのかぶり方を探して 帽子は、ファッションをワンランク上げてくれるアイテム。ぜひ今年は、トレンドのラフィア帽で日除けしながらお洒落を楽しんで。実は今回、METHODスタッフがオリジナル帽を考案。こちらはラフィアのカギ編みの中折れ帽。オールハンドメイドで、カジュアル過ぎず、マニッシュ過ぎないありそうでなかったデザインです。かぶるほどに頭になじんでくる柔らかい質感はラフィアならでは。かぶり方は自己流で。天然素材ラフィアとは マダガスカルに生息するラフィア椰子の葉。天然樹脂を豊富に含んでいるので、使い込むほどに特有のツヤと質感が生まれる、耐久性の高い素材として、バッグにも使われています。柔軟性があるので、自由に形を作れるのも魅力。型崩れしにくく、長く楽しめます。ー良い帽子は素材を生かせる職人の技術力があってこそ!ー今回、オリジナル帽を製作した東ハットは、昭和8年に創業された、フェルト帽、麦わら帽子のメーカー。東京都北区に自社工場を持ち、20人の熟練の職人たちが一つ一つ手作業で、確かな技術に裏打ちされた美しい帽子を次々生み出しています。「型物」と呼ばれる、無縫製の帽子作りが中心で、特殊な設備と技術を必要とするため、都内でも型物の帽子を製造しているのはここだけだとか。帽子の土台となる型の種類を数多く持ち、さまざまな形の帽子を作ることが可能。その確かなクオリティから、有名ファッションブランドからのオーダーも多いそうです。柔らかい素材でありながら、型崩れしにくい中折れラフィア帽は、この熟練した職人技術があってこそ完成しました!

麦わら帽子 カサブランカ[田中帽子/女性用]

ディノス

10,800

麦わら帽子 カサブランカ[田中帽子/女性用]

女性らしさを引き出す美しいデザイン。内側にやさしく丸みのあるシルエットは優雅な印象を与えます。さりげなく絵になる日本製ならではのデザインは、季節を楽しく叶える華やかなアイテムです。 くるんと内側に丸まった大きなつばが特徴。春夏ファッションを彩る定番帽子、カサブランカです。丸みのある柔らかなシルエットが女性らしさを印象づけ、かぶるだけで映画女優のような優雅な雰囲気に。つばが広いので、小顔効果も期待できます。太いリボンを付けたタイプが多いなかで、細いリボンと短くカットした結び目がすっきりと洗練された印象に。インパクト控え目で、初めての方も気負いなくかぶれます。帽子は、被る深さによって印象がかわるアイテム。深めに被ってクールに、浅めに被って可愛らしく。様々な表情をお楽しみください。◆エレガントな実用品春から夏の季節には陽射し対策として注目が集まる帽子。特に、日差しが強まる春先からは、通気性の良さも重要です。麦わら素材のカサブランカハットなら頭皮の蒸れを防ぎ、つば広内巻きのフォルムで陽射しもしっかりカットします。◆麦の茎を7本で編み上げた真田が材料麦わら帽子の材料は真田と呼ばれる7本の麦で編んだものが使われています。1本1本手で編み上げられた真田を霧吹きで湿らして縫製していきます。その後、型入れして天日で水分を飛ばし乾燥させて装飾します。縫製・型入れ・装飾を3人の分業により1つの帽子に仕上げていきます。■面ファスナーでサイズ調節可能面ファスナーによる微妙なサイズ調節が可能です。年配の方や頭周りが小さい方もご利用になれます。■100年の歴史と伝統の田中帽子 〜5代目に引き継がれた老舗の麦わら帽子〜1世紀以上の伝統を持つ老舗帽子・田中帽子店の創業は明治13年。埼玉県の春日部市は古くから麦の集散地として知られてきました...

麦わら帽子 細編ラフィア エッジアップ[田中帽子/女性用]

ディノス

11,880

麦わら帽子 細編ラフィア エッジアップ[田中帽子/女性用]

つば先の上がった清楚さ漂うエッジアップハット。スタイルアップできるやさしいチャーミングな帽子です。 巻き上がったブリムのエッジと丸いクラウンが特徴で、麦わらならではの優しいカーブを描くつば先は、ほどよくエレガント。顔の印象を明るくし、きちんとした印象を与えます。フェミニンにもマニッシュにもどんなファッションにもはまるアイテムです。頭頂部のなだらかな、つば広セーラー帽のようなデザインなので、マリンスタイルにもよく似合います。深めに被ってクールに、浅めに被って可愛らしく。様々な表情をお楽しみいただけます。今回使用したラフィア編み方は通常出回っているものではなく、特別な職人が手で編んだものです。とても細かいので、熟練の職人が作っても一日に帽子2個半分の量しかできません。ラフィアの利点はとても軽く、風通しがいいので蒸れません。室内に入ったときなどは、くるっと丸めて鞄の中へポンと入れておけます。UV対策として日除けにもぴったり。裏に汗止めもしっかりと縫い付けてあるので快適です。■面ファスナーでサイズ調節可能面ファスナーによる微妙なサイズ調節が可能です。年配の方や頭周りが小さい方もご利用になれます。■100年の歴史と伝統の田中帽子 〜5代目に引き継がれた老舗の麦わら帽子〜1世紀以上の伝統を持つ老舗帽子・田中帽子店の創業は明治13年。埼玉県の春日部市は古くから麦の集散地として知られてきました。麦わらを漂白して平たくつぶし、編み上げた「麦わら真田」の生産は農家の副業でした。田中帽子店は、明治14年頃から農家の副業として始め、麦を編み込んで組み紐状態にした「真田(サナダ)」を作り始めたが発端。明治30年ごろからは麦わら真田を改良し、現在のような麦わら帽子が生産されるようになりました。

麦わら帽子 マノン[田中帽子/女性用]

ディノス

11,880

麦わら帽子 マノン[田中帽子/女性用]

職人の手仕事が生み出す、日本製の麦わら帽子。伝統工芸としての手仕事はそのままに、デザインを現代風に取り入れて製品化しました。クオリティの高さと品格ある上質なかわいらしさが、夏をすがすがしく感じさせます。 毎年暑さの厳しい夏が続き、頭部を守る「夏の帽子」が注目されています。なかでも天然素材で、昔ながらの麦わら帽子が大人気です。■100年の歴史と伝統の田中帽子 〜5代目に引き継がれた老舗の麦わら帽子〜1世紀以上の伝統を持つ老舗帽子店の創業は明治13年。埼玉県の春日部市は古くから麦の集散地として知られてきました。麦わらを漂白して平たくつぶし、編み上げた「麦わら真田」の生産は農家の副業でした。田中帽子店は、明治13年頃から農家の副業として始め、麦を編み込んで組み紐状態にした「真田(サナダ)」を作り始めたが発端。明治30年ごろからは麦わら真田を改良し、現在のような麦わら帽子が生産されるようになりました。■伝統は5代目田中英雄氏にに継承現在は、5代目の田中英雄さんが事業を引き継ぎ、伝統を継承しながらも新たな流行も取り込み生産しています。4代目の田中行雄さんも現役の職人として日々、帽子を作り続けています。

麦わら帽子 マラン・フェム[田中帽子/女性用]

ディノス

8,640

麦わら帽子 マラン・フェム[田中帽子/女性用]

職人の手仕事が生み出す、日本製の麦わら帽子。伝統工芸としての手仕事はそのままに、デザインを現代風に取り入れて製品化しました。クオリティの高さと品格ある上質なかわいらしさが、夏をすがすがしく感じさせます。 毎年暑さの厳しい夏が続き、頭部を守る「夏の帽子」が注目されています。なかでも天然素材で、昔ながらの麦わら帽子が大人気です。■100年の歴史と伝統の田中帽子 〜5代目に引き継がれた老舗の麦わら帽子〜1世紀以上の伝統を持つ老舗帽子・田中帽子店の創業は明治13年。埼玉県の春日部市は古くから麦の集散地として知られてきました。麦わらを漂白して平たくつぶし、編み上げた「麦わら真田」の生産は農家の副業でした。田中帽子店は、明治13年頃から農家の副業として始め、麦を編み込んで組み紐状態にした「真田(サナダ)」を作り始めたが発端。明治30年ごろからは麦わら真田を改良し、現在のような麦わら帽子が生産されるようになりました。■伝統は5代目田中英雄氏にに継承現在は、5代目の田中英雄さんが事業を引き継ぎ、伝統を継承しながらも新たな流行も取り込み生産しています。4代目の田中行雄さんも現役の職人として日々、帽子を作り続けています。

麦わら帽子 ブルーノ[田中帽子/男性用]

ディノス

7,560

麦わら帽子 ブルーノ[田中帽子/男性用]

真夏の日差しから頭部を守る強い味方の麦わら帽子。職人の手仕事が生み出す麦わら帽子は日本製の誇りと伝統を継承して、上質なクオリティと品格ある仕上がりを楽しめます。 毎年暑さの厳しい夏が続き、頭部を守る「夏の帽子」が注目されています。なかでも天然素材で、昔ながらの麦わら帽子が大人気です。◆日本の麦わら帽子にワイルドなテンガロンハット日本の伝統的な夏の帽子といえば麦わら帽子。その”麦わら”で、田中帽子が新たに作ったのがアメリカンテイストの日本製テンガロンハット。長いツバのサイドを反り上げたデザインが特長。あご紐付きなので、アウトドアのほかフィッシングやヨット、ゴルフとスポーツにもおすすめです。100年以上の歴史を持つ田中帽子だからこそ可能にした逸品です。革のベルトがよりワイルドなイメージを醸し出す帽子には本牛革のベルトとアンティックゴールドのバックルがついており、カジュアルな中にも大人の雰囲気が漂います。夏のカジュアルスタイルにマッチする帽子です。麦の茎を7本で編み上げた真田が材料麦わら帽子の材料は真田と呼ばれる7本の麦で編んだものが使われています。1本1本手で編み上げられた真田を霧吹きで湿らして縫製していきます。その後、型入れして天日で水分を飛ばし乾燥させて装飾します。縫製・型入れ・装飾を3人の分業により1つの帽子に仕上げていきます。

エスカルゴ帽[ORIHARA STYLE/ オリハラスタイル]

ディノス

8,640

エスカルゴ帽[ORIHARA STYLE/ オリハラスタイル]

オートクチュールのようなシルエットが魅力! 素材は、涼しげな麻素材を使用。シャリ感があり、夏の装いにぴったり。エスカルゴ帽の名に相応しく、円を描く様に生地を裁断しエスカルゴの殻のように縫製。大変贅沢な生地の使い方は3D製図と呼ばれる、本来オートクチュールなどで使われる技法。それは、日本人の頭型模型に針を入れ、立体で型紙を作る手法。通常の平面製図とは違って、より日本人に合ったシルエットの実現を可能にしました。◆「エスカルゴ帽」正面から見るとスッキリとした印象を与えるが、横から見るとしっかりと顔全体を覆い隠し、日差しから守ってくれるデザイン。エレガントながらナチュラルな麻素材はどんな装いにも合い、旅行やショッピングにもおすすめ。内側もメッシュ素材を使っているので通気性も抜群。帽子デザイナーであり、職人でもある折原尚氏率いるラプト・トゥーコンプレックス社による日本製。◆ORIHARA STYLE/プロフィールDesigner : 折原 尚東京生まれ。1897年から続く帽子製造業を営む両親のもとで育つ。1991年に服飾専門学校のデザイン科卒業後、アパレルメーカーに入社し、商品企画開発に始まり、デザイン、パタンナー、バイヤーを経て、帽子デザイナーになる。その後、父親の弟子として、職人としての修業を経た後、2003年に自身の会社である「ラプト・トゥーコンプレックス有限会社」を立ち上げる。以降、自身のブランドを立ち上げ、帽子専門店を都内に出店。また、アーティストやタレント、スポーツ選手等の帽子のデザインも手掛け、その中で新しい形の「女優帽」が口コミでヒット商品となっています。折原氏の得意とし、採用している3Dパターン製図は立体から製図を設計。オートクチュールやオーダーメイドの方式で、絶妙なシルエットラインが特長です。現在は...

麦わら帽子 マラン・オム ストライプ[田中帽子/男性用]

ディノス

8,640

麦わら帽子 マラン・オム ストライプ[田中帽子/男性用]

真夏の日差しから頭部を守る強い味方の麦わら帽子。職人の手仕事が生み出す麦わら帽子は日本製の誇りと伝統を継承して、上質なクオリティと品格ある仕上がりを楽しめます。 毎年暑さの厳しい夏が続き、頭部を守る「夏の帽子」が注目されています。なかでも天然素材で、昔ながらの麦わら帽子が大人気です。■100年の歴史と伝統の田中帽子 〜5代目に引き継がれた老舗の麦わら帽子〜1世紀以上の伝統を持つ老舗帽子店の創業は明治13年。埼玉県の春日部市は古くから麦の集散地として知られてきました。麦わらを漂白して平たくつぶし、編み上げた「麦わら真田」の生産は農家の副業でした。田中帽子店は、明治13年頃から農家の副業として始め、麦を編み込んで組み紐状態にした「真田(サナダ)」を作り始めたが発端。明治30年ごろからは麦わら真田を改良し、現在のような麦わら帽子が生産されるようになりました。■伝統は5代目田中英雄氏にに継承現在は、5代目の田中英雄さんが事業を引き継ぎ、伝統を継承しながらも新たな流行も取り込み生産しています。4代目の田中行雄さんも現役の職人として日々、帽子を作り続けています。

麦わら帽子マラン・オム ブラック[田中帽子/男性用]

ディノス

8,640

麦わら帽子マラン・オム ブラック[田中帽子/男性用]

真夏の日差しから頭部を守る強い味方の麦わら帽子。職人の手仕事が生み出す麦わら帽子は日本製の誇りと伝統を継承して、上質なクオリティと品格ある仕上がりを楽しめます。 毎年暑さの厳しい夏が続き、頭部を守る「夏の帽子」が注目されています。なかでも天然素材で、昔ながらの麦わら帽子が大人気です。■100年の歴史と伝統の田中帽子 〜5代目に引き継がれた老舗の麦わら帽子〜1世紀以上の伝統を持つ老舗帽子店の創業は明治13年。埼玉県の春日部市は古くから麦の集散地として知られてきました。麦わらを漂白して平たくつぶし、編み上げた「麦わら真田」の生産は農家の副業でした。田中帽子店は、明治13年頃から農家の副業として始め、麦を編み込んで組み紐状態にした「真田(サナダ)」を作り始めたが発端。明治30年ごろからは麦わら真田を改良し、現在のような麦わら帽子が生産されるようになりました。■伝統は5代目田中英雄氏にに継承現在は、5代目の田中英雄さんが事業を引き継ぎ、伝統を継承しながらも新たな流行も取り込み生産しています。4代目の田中行雄さんも現役の職人として日々、帽子を作り続けています。

新作ファッションアイテムのディノス、発売中!有名ブランドからカジュアルまで♪いま大流行りのファッションアイテム。豊富なサイズ・カラー・デザインから、ぴったりのディノスが見つかる!流行ものから定番ものまで、自分だけのお気に入りを選ぼう。

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、ファッション関連商品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいファッションアイテムが充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「ディノス」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ