「チョ」 の関連商品を含む検索結果 1件

こちらの関連商品はいかがですか?

SALE
narifuri(ナリフリ) 撥水スパンライクトラベルジャケット

TOKYOlife

49,680

narifuri(ナリフリ) 撥水スパンライクトラベルジャケット

自転車が生活の中心にあるあなたにとって、ジャケットを選ぶ基準とは何でしょうか?シルエットや細かなディテールはもちろんですが、外せないのは自転車に苦もなく乗れること、では?通勤ライドがより一般化したいま、ジャケットスタイルで乗る方も珍しくなく、ストレスなく乗れるジャケットの選択肢もその数を増やしています。どうせなら没個性にならないよう、拘りたいものです。narifuriが新たにリリースしたこのジャケットは、撥水性とストレッチ性に富む人気のファブリック“スパンライク"素材を採用した、スパイスが効いたモデル。ややビジネスシーンに振りながらも、昨今の大きなトレンドであるスポーツカジュアルにもマッチすることから普段使いもOKです。独特の光沢を放つ生地は、高い撥水性と横・ナナメ方向への適度なストレッチがあるばかりでなく、高級感があり、また視覚的にも立体感を生み、スタイルアップ効果が望めます。裏地には太陽光を吸収して熱変換する“ソーラーセンサー"&起毛メッシュをライニングし、真冬の着用にも対応。2WAYのハンドポケットやインナーポケット(右は大型)、A4サイズまでを収納可能なトラベル対応の内ポケットなど、出張や旅行で重宝する収納性も抜群です。本水牛ボタンやお台場仕立て、本切羽などこだわりぬいたディテールと美しいシルエットにもご注目を。撥水スパンライクトラベルスラックスとのセットアップをお勧めいたします。⇒撥水スパンライクトラベルスラックス

SALE
sisii(シシ) スエード シングルライダース

TOKYOlife

99,360

sisii(シシ) スエード シングルライダース

圧倒的な存在感と上品なセンスを持ち合わせたsisii(シシ)のレザーライダースに新素材が登場!Jediaでも長きに渡りご提案を続けている「大人の為のライダースジャケット」。それがこのsisii(シシ)で御座います。カットソー感覚で羽織れるライダースジャケットして、武骨な革ジャンとは一線を画すデザインと仕立てが特徴のsisii(シシ)。そのスリムなシルエットとオリジナルのウォッシャブルレザーのコンビネーションがなんとも堪らない革の上品な風合いを伝えてくれるのです。また、フィット感が非常にタイトなのもポイントの一つ。sisii(シシ)といえば「極細フィット」と言われる程タイトめなフィッティングの一着。ですが、ただ単に「タイトなレザージャケット」だけでここまで人気のハズがありません。タイトフィットの作りではありますが、着込むほどに体に馴染んでいくのがsisii(シシ)の極上レザー。そしてライニングにはストレッチ混のコットン素材を採用。レザーが馴染むと同時に自然とライニングも身体に寄り添ってくれるので、自分自身にあった唯一無二のフィッティングを味わうことが出来るのです。まさに"レザーを育てる"といった言葉が相応しいsisii(シシ)のレザー。一度馴染めばもう手放せなくなるオリジナルフィッティングで、他では出会えない感動にきっと巡り合えるはず。そんなわけで、バイヤー自信を熱く語らせるほど魅力が深いsisii(シシ)のレザーから新素材【スエード】が登場したのが今回のトピック。微起毛した牛スエードは男臭くもあり、どこか繊細な表情も持ち合わせた一着となっています。もちろんスエードといえど、ウォッシャブル可能な加工もsisii(シシ)ならでは。次はいつ会えるのか?そんな思いを抱きつつのご紹介で御座います。それこそ...

SALE
m's braque(エムズブラック) ウールカシミア ステンカラー ベルテッドコート(18K メッキバックル)

TOKYOlife

103,680

m's braque(エムズブラック) ウールカシミア ステンカラー ベルテッドコート(18K メッキバックル)

身体のラインに沿って流れる美しいドレープが心地良い。m's braque(エムズブラック)より今シーズン登場したのはトレンドのベルテッドをあしらったクラシカルかつモード感のあるステンカラーコート。素材にはウール×カシミアをブレンドした上質でエレガンスな存在感を演出するスペシャルファブリックを採用。起毛感のある生地は非常に柔らかく、尚且つコシがしっかりとあるのも特徴の一つ。さらにm's braque(エムズブラック)といえば、拘りが光るパターンメイキング。そのシルエットにも注目してみましょう。m's braque(エムズブラック)のコートは着用した際に、一番綺麗に美しく見えるようパターンメイキングが施されています。スーっと綺麗に落ちるドレープ感、そして身体を包み込むような立体的なフォルムが特徴で、着丈はクラシカルな雰囲気を感じさせるロング丈となっています。そして、ドロップショルダーにの設計になっているラグランスリーブのパターンが非常に面白いポイント。肩から横方向に腕に向かって切り返しが入っており、通常のパターンにカーブを付けた形になっています。これによって袖通りが良く、肩のラインを柔らかく魅せると同時に、コート全体のエレガンスなイメージを大切にしたスタイリングとなっています。一つ一つのパーツの切り返しや角度に細部まで拘るm's braque(エムズブラック)らしい重要なポイントでもあります。また、ポケットは両サイドについており、収納力のある深くて広い空間も実用性に富んだ嬉しいところですね。さらに、昨今トレンドとしても注目されているベルテッドには18Kメッキゴールドをあしらうことで、ワンポイントでエレガンスな表情を演出。ベルトの絞り方などで独特なウェストのニュアンスを表現できるので、ラフに巻いてスタイリングにアクセントを差して頂くのもオス...

SALE
sisii(シシ) シングルライダース【ホワイト】

TOKYOlife

99,360

sisii(シシ) シングルライダース【ホワイト】

シシらしいアイテムのシングルライダース。待望のニューカラー“ホワイト"が登場です。ウォッシャブルレザーを使用した独自の風合いあるシシのシングルライダース。ここJediaではレザーアイテムの核として、定番展開を続けている、僕らの絶対定番です。肌にすいつくかのようなフィット、インナー使いすら可能にするタイトシルエットは単なるファッションウェアとしてだけでなく、使い続けたくなる極上のアイテムです。待望のニューカラーとして登場したのが、ご紹介のホワイトカラー。そしてカーキ。シャツライクに着こなしたくなるレザーのホワイトは、かなりの男前(笑)。大人の男だからこそ着てほしいクリーンなホワイト。一方、こちらも男っぽい仕上がりのカーキ。上品な色合いのカーキカラーがウォッシャブルレザーとの相性もグッド。ブラック、ネイビーといったソリッドなカラーもクールな印象で決めやすいのですが、大人っぽい色気を醸し出しつつ色んなコーディネートに使えてしまう、この2カラーは、きっと皆さんにも受け入れてもらえるハズです(笑)sisii(シシ)のレザーは独自の手法で作り上げたオリジナルタンニングレザーを使用しており、他のレザーでは味わえない軽くてしなやかな柔らかさをもち、着るたびに体に馴染み、着ている本人の第2の皮膚になっていくような感じです。自然な風合いを保つため、動物が本来持っているシミ、アザ、キズ等がそのまま残っているものもあるがそれも良いアジになっています。生地の加工、染め洗い等の特殊加工を施し、独自の風合いを活かしております。

SALE
SHINICHIRO ARAKAWA(シンイチロウアラカワ) PACKABLE LIGHT BLOUSON

TOKYOlife

20,520

SHINICHIRO ARAKAWA(シンイチロウアラカワ) PACKABLE LIGHT BLOUSON

シンプル&タイトなシルエットに高機能を備える冬の終わると、本格的なツーリング・シーズンが訪れる。だが春は寒暖の差が大きく、ウェア選びが難しい季節でもある。そんな時にオススメしたい着こなしはレイヤード、つまり「重ね着」なのだが、なかでもアウターとインナーの中間に着る"ミドルレイヤー"選びが重要だ。 今回シンイチロウ・アラカワに別注したのは雨、風、寒さによるライダーの負担を和らげるマルチで高機能なブルゾン。表地には耐久撥水性、透湿性、防風性、保温性、ストレッチ性を兼ね備えたライトシェル素材を採用。裏地には太陽光を熱に換えて蓄えるとともに、人が発する熱を反射して体温を保つ「サーモトロン」を使用する。薄手だが軽くて温かい、理想的なミドルレイヤーだ。昼夜の気温差が大きいときや高差の大きいツーリングルートなどでは脱ぎ着することで暑さ寒さに対応することができ、タイトフィットなシルエットなので重ね着しても着膨れしないのが嬉しい。 ジャケットはポケットに収納し、ボール状にまとめることができる。仮眠時の枕として使ったり、ツーリング先でキャッチボールをして身体をほぐしたり(?)と、シンイチロウ・アラカワらしい"遊びゴコロ"も備えた一着なのだ。

SALE
Hevo(イーヴォ) 6者混ツイード ベルテッドダブルコート

TOKYOlife

129,600

Hevo(イーヴォ) 6者混ツイード ベルテッドダブルコート

テキスタイルマジックが光るHevo(イーヴォ)のダブルコートJediaでは3シーズン目となるイタリアの新星Hev(イーヴォ)。Hev(イーヴォ)はイタリアのプーリア州マルティナ・フランカを本拠地とする、南イタリアのコート・アウター専業のブランドです。そんなHev(イーヴォ)ですが、発足は2010年とまだまだ若いブランド。ルールに縛られず、ビスポークの品質を現代的なスタイルに融合させることを念頭にしており、確かな品質と秀逸なパターンメイキングは大手有名メーカーとも真っ向から勝負できるモノとなっています。ちなみにココの魅力はなんといっても相反する要素を巧みにブレンドする非常に現代的なコレクションにあります。トラディショナルでモダン、シンプルでありながら華やか、そして革新性のあるクラシカルなど、次々と新たなハーモニーを現代的解釈によって取り入れるダイナミックなテーラリングは、今までのイタリアンウェアとは違うアプローチとなっています今シーズンご紹介するのはクラシカルな風合いを演出するダブルタイプのクラシカルコート。シルエットはややゆったりとした余裕のあるシルエット。少しばかりオーバーコートの要素をプラスして、現代のトレンドへとフィットさせています。とはいえ、ウェストの絞りなどはしっかりと調整しており、昔ながらの野暮ったさは一切感じさせません。あくまで現代的解釈によって、美しいシルエットを描いているのがポイント。そしてボディに採用された6者混ツイードの表情豊かな存在感が最大の魅力。ブラック×ホワイトで構成されたツイードは、一見するとクセが強く感じますが、そこをエレガンスにいなすのがHevoらしい一面です。大人の色気を最大限に引き出してくれる素材には「綿/毛/ナイロン/モヘア/アルパカ/麻」と、シーズンの枠を超えた秀逸なブレンドを施しています...

SALE
SHINICHIRO ARAKAWA(シンイチロウアラカワ) DOUBLE FIT RIDERS JK

TOKYOlife

135,000

SHINICHIRO ARAKAWA(シンイチロウアラカワ) DOUBLE FIT RIDERS JK

こちらの商品は予約商品となりまして、オーダーから約90日でのお届けとなります。受注生産品につき、ご注文後の返品・キャンセルは承れませんので予めご了承ください。※発送は予定より遅れる場合がございます。発送日の前後については予めご了承下さい。※予約商品と一緒に複数の商品をご注文の場合、お届けは納期の一番遅いものに合わせての発送となりますのでご注意下さい。(決済を別にしていただけますと、その限りではありません)・・・・・・・・受注生産で一着ずつ仕上げる、贅沢な大人のハイパフォーマンス・レザージャケット!スーパースポーツやカフェレーサーのような前傾姿勢のモーターサイクルに乗る際、気になるのがジャケットのフィット感。風をはらんでバタついたり、空気がたまって膨らんでしまうようなウェアではみっともない。とはいえ息苦しいほどタイトでは疲れてしまうだろう。やはり、スポーツライディング時に理想的なのはサイズの合った革ツナギだろうが、街乗りやツーリングにはいささか大げさ過ぎる。そんなライダーのニーズに応えるウェアが、今回「シンイチロウ・アラカワ」にオーダーしたこのライダースジャケット。自身もMVアグスタを所有するデザイナーの荒川眞一郎氏が、乗りながら作り上げた立体的なパターン。さらに前合わせのレザーパーツを脱着式にすることで、ふた通りのフィット感を選べるという驚きの“仕掛け"を備えている。スポーツライドではパーツを外してタイトに、秋冬のツーリングなどではパーツを付けることでシルエットに余裕が生まれ、下に防寒ウェアを着こむことができる。そしてこのジャケット、「クシタニ」が開発した、フッ素を浸透させ撥水加工を施した「エグザリートレザー」を使用する。多少の雨なら気にせず走れ、洗濯も可能なウォッシャブルレザーだ。荒川眞一郎氏とクシタニの関係から生まれた...

SALE
CIRCOLO(チルコロ) 先染めジャージ カシミアタッチジャケット

TOKYOlife

52,920

CIRCOLO(チルコロ) 先染めジャージ カシミアタッチジャケット

業界屈指のジャージー素材にニューモデル登場。CIRCOLO(チルコロ)フリークでなくても思わず手が伸びる完成度の高い究極のベーシックジャケットです。そのシンプルな見た目と洗練されたシルエットは正真正銘CIRCOLO(チルコロ)定番の2Bシングルジャケット。グイーっと伸びるストレッチ具合を加味して仕立てたジャケットは、通常のテーラードよりややタイトなスリムフィット。身体に寄り添いながらビシッと綺麗なラインを魅せるフィッティングパターンは、常にトップセラーであり続けることを証明するかのように、毎シーズン僕らを納得させてくれます。そんな定番のシングルジャケットをベースに、今シーズンは秋冬らしいカシミアタッチの特別なファブリックをピックアップしてのオーダーです。カシミアタッチのジャージー素材は昨年初めて登場し、早々に完売。もちろんリリース直後は業界内でも話題騒然となっており、お問い合わせも非常に多く頂いたのも記憶に新しいところ。さて、そんなカシミアタッチのオリジナル生地ですが、伸縮性抜群のジャージー素材でありながら名前通りカシミアのような、微起毛でふんわりとした優しい肌触りを感じて頂けるはずです。もちろん、普通のカシミア調であればそこまで話題にはならないのですが、これだけは別格なんです。CIRCOLO(チルコロ)が提案するオリジナルテキスタイルは、カシミアのようなリアルなふんわり具合が並外れています。それだけ良く出来た素材ですから、少し触れただけではきっとジャージー素材だとは気づかないでしょう。見た目も微起毛な質感が優しい表情を演出しており、秋冬らしい温かみのあるジャケットに仕上がっています。CIRCOLO(チルコロ)がこの秋冬に提案する最初の一着は、ブランド定番のロングセラーモデルである2Bシングルジャケットの型に...

SALE
SHINICHIRO ARAKAWA(シンイチロウアラカワ) NECK FIT TRACK JACKET

TOKYOlife

19,980

SHINICHIRO ARAKAWA(シンイチロウアラカワ) NECK FIT TRACK JACKET

冬ライド時のレイヤリングに活躍する、スリムなウォームジャケットいよいよ冬本番だが、じつはこのごろのオートバイ乗りには「シーズンオフ」がありません。なぜならライディングウェアの進化やバイク装備の充実(グリップヒーターやシートヒーターなど)により、ウィンターライドがどんどん快適になっているから。それにともない、ライダーの冬ウェアの着こなしも変わってきました。それはアンダーウェア、ミッドウェア、アウターとそれぞれ保温性、防寒性のあるウェアを重ね着する「レイヤリング」と呼ばれる着方です。状況に応じて体温調節が必要なアウトドアウェアと同様なのです。そんなライダー的レイヤリングにぴったりなウェアがこの「シンイチロウアラカワ」の防風トラックジャケット。防風性、保温性に優れた素材を使い、薄手ながら暖かく、さらに前面にナイロン素材を重ねることで風の進入を防ぎます。襟部分をあごのカーブに合わせた形状に仕上げ、ネックウォーマー的な役割ももたせています。冬はインナーウェアとして、春からはアウターとしても着回せる、スタイリッシュなトラックジャケットなのです。※商品の詳細はこちら●背中の刺繍はブランド名である「SHINICHIROARAKAWA」の文字をランダムに並べ替えたもの。荒川眞一郎氏らしいウィットを感じるディテール。●アゴのラインに沿って立体的に仕上げられたエリ。上までジッパーを閉めることで、風の進入を防ぎネックウォーマー的な役割も果たします。●フロント身頃にはナイロン素材を重ね、防風効果をアップさせている。胸元の赤いワンポイントはSHINICHIRO ARAKAWAのトレードマーク。●正面から見ると、エリの立体的なパターンがよくわかる。エリの先が台形になっており、ファスナーを閉じても口に当たりません。●裏地は軽く起毛した素材で肌触りがいい...

SALE
TATRAS(タトラス) Botto Giuseppe(ボットジュゼッペ)社ウールダウンブルゾン【GIACINTO】

TOKYOlife

118,800

TATRAS(タトラス) Botto Giuseppe(ボットジュゼッペ)社ウールダウンブルゾン【GIACINTO】

TATRAS(タトラス)十八番のアーバンに着こなせる極上ダウンをご紹介致します。TATRAS(タトラス)はイタリア・ミラノに拠点を置き、イタリア・ポーランド・日本のコーポレートブランドとして2006年よりスタート。イタリアにデザインチームを置きながら、各拠点も企画に参画する独特な手法がとられています。ブランドを一躍有名とさせたのはドレッシーダウンと称される高級・高品質なダウンジャケット。TATRASのダウンボールは水鳥の胸元のため、通常より軽く柔らかく保温性に優れます。 ダウン自体の反発値を表すフィルパワーは通常「500フィルパワー」が高品質とされますが、TATRASのダウンは「800フィルパワー」となり最高品質となっています。今作はブランド定番にして一番人気のフード付きブルゾンスタイル。まずはダウンジャケットとは思えない程のスマートなシルエットにご注目下さい。ブロックキルトのダウンパックを採用することでダウン特有のボリュームが抑えられ、スポーティーながらエレガントで大人っぽく着こなせる仕上がりです。フードは着脱可能になっており、異なる表情がお楽しみいただけます。フロントはダブルジップ仕様のため、インナーに合わせて締め具合が調整できるのも嬉しいですね。そして表地にはイタリア Botto Giuseppe(ボットジュゼッペ)社のウール素材を使用しています。イタリア・ビエラ地区に位置するBotto Giuseppe(ボットジュゼッペ)社は、その風合いと原料の良さから高級メゾンが重宝することで知られます。繊細な杢調表現が柔和なエレガンスを生み出しており、通勤でも休日でも幅広く対応してくれることでしょう。その上、撥水加工が施されており機能性もバッチリ。その副次的効果として通常のウールより汚れがつきにくくなっています。それ故...

SALE
TAGLIATORE(タリアトーレ) ベルテッド シングルツイルコート【LARS】

TOKYOlife

100,440

TAGLIATORE(タリアトーレ) ベルテッド シングルツイルコート【LARS】

TAGLIATORE(タリアトーレ)は、1960年代に創業したLERARIO(レラリオ)社が母体となり二代目のピーノ・レラリオ氏が立ち上げました。TAGLIATORE(タリアトーレ)はイタリア語で「裁断士」を意味し、卓越したカッティング技術によるウエストを絞った立体的なフォルムが特徴。イタリアらしいファッションを楽しむ気質が感じられるブランドです。今回ご紹介するのは、様々な着こなしに対応するベルテッド シングルツイルコート【LARS】。クラシカルなバルカラータイプがベースで、ラグランスリーブ・セミロング丈・ベルテッドとイマドキな要素をしっかりと押さえています。ラグランスリーブは可動域が広く肩周りのフィット感を考慮すれば実に理想的な袖付けですが、袖幅が広めでスマートさに欠けるのが難点。TAGLIATORE(タリアトーレ)はパターンメーキングに工夫を凝らすことでこの短所を克服し、機能性を維持しながらスッキリ見える理想的な袖を作り上げました。シルエットはウエストベルトでアレンジが可能。敢えてのバックル無し仕様となっており、自由に結んでいただくことができます。ギュッと絞っていただけば颯爽と歩きたくなる気分になること間違いありません。オンにもオフにもマッチするセミロングの着丈は、エレガントなシルエットを引き立てる役割も担っており、紳士の色気を感じさせます。ジャケットの上からでもスタイリッシュで、ストレスを感じさせない絶妙なバランスとなっております。そして素材には厳選したウールのみを贅沢に使い、しなやかで滑らかなタッチを表現。密度が高くしっかりとしたツイル地のためドレープが非常に綺麗で、耐久性も高いのが特徴です。着こむにつれ身体に馴染み愛着が増していくことでしょう。TAGLIATORE(タリアトーレ)らしいモダンなアレンジが加わった...

SALE
Tokyo Motorist(トーキョー・モータリスト) SWEAT RIDERS JACKET

TOKYOlife

34,560

Tokyo Motorist(トーキョー・モータリスト) SWEAT RIDERS JACKET

ライダースジャケットの定番といえば、やはりダブルブレストのあのスタイルを思い浮かべる。タイトなシルエットに、長めにとられた袖丈。前合わせを二重にするというのは防風や防寒、そして安全面を考えても、バイク用ジャケットとして理にかなっている。そして特徴的な襟元は、ジップを開けたり、上まで閉めたり、また襟を立てるなど、何通りにも着こなすことができる。ただしWライダースの問題は、意外に着る場面を選ぶということだ。街乗りで着るにはいささかいかつ過ぎ、ツーリングでは機能面でちょっと物足りなかったりする。そこでこのiDEAでMOTO NAVIと「TOKYO Motorist(トーキョー・モータリスト)」がコラボして作ったのがスウェット素材のWライダース。素材を変えただけでとグッとカジュアルな印象になる。レザーのWライダースを研究した立体的なシルエットに仕上げ、ライディング時の姿勢に対応。高密度に織られた厚手のスウェット素材だから、秋口ならアウターとして、冬には防寒アウターの中に着こむこともできる。身頃には若干のゆとりを持たせため、インナープロテクターなどと合わせて着るのもお勧めだ。もちろんバイクを降りてもサラッと着こなせる。3シーズン、着回せるカジュアル・ライダースなのだ。

SALE
KAPTAIN SUNSHINE(キャプテンサンシャイン) 超撥水マウンテンコート【Mt.Coat】

TOKYOlife

70,200

KAPTAIN SUNSHINE(キャプテンサンシャイン) 超撥水マウンテンコート【Mt.Coat】

40年代のU.S.ARMYの山岳部隊が着用していたマウンテンコートを、“KAPTAIN SUNSHINE(キャプテンサンシャイン)"流に解釈したフーデッドコート。軽やかな一枚仕立てで、ゆったりとしたシルエットと緩やかなAラインは、まさに今の気分にピッタリの一着。アームホールにもゆとりを持たせたラグランスリーブは、いかにもなドロップショルダーにならず、旬でありつつも長く愛用できるスプリングコートです。メインの素材には、エジプト超長綿のギザコットンの中でも特に選りすぐりのフィンクスコットンに、ポリエステルを交織(まぜて織ること)した“KAPTAIN SUNSHINE(キャプテンサンシャイン)"オリジナルのリップストップ生地。リップストップ生地にすることで一枚仕立てでも強度を確保。表面には超撥水加工を施しているため、雨天での活躍も期待できます。上質なコットンの持つ光沢感と、ポリエステルならではのハリ感が織り成す、独特の手触りがなんとも堪りません。デザインはU.S.ARMYのMt.Coatを踏襲した、若干オフセットされたフロントの合わせに大ぶりなボタンがアクセント。ウェスト部分に通った細いベルトを締めて、Aラインとは違ったニュアンスを楽しむこともできます。両サイドのポケットの他に、左前の身頃にはジップ付のマップポケットを装備。幅、深さともにかなり大きくとられているので、現代のMAP的存在であるタブレット端末も収納できてしまいそう。そして実はこのジップポケット、裏返しにすることでジャケット本体を収納できるパッカブル仕様。持ち運ぶ時に嵩張りながちなコートも、このMt.Coatなら旅行や出張にも最適です。意外と後回しにしがちなスプリングコートですが、上質な素材に雨にも強い超撥水、旬でありつつも普遍的なデザインで、この価格...

SALE
SOLIDO(ソリード) 3者混ウールジャージ ジャケット

TOKYOlife

59,400

SOLIDO(ソリード) 3者混ウールジャージ ジャケット

今までの常識を覆すドレス&スポーティな一着です。超度詰めシリーズやコットンマナードシリーズといったオリジナルテキスタイルで独自路線を突き進むSOLIDO(ソリード)。今シーズン新たに登場したオリジナル素材は、ジャージでありながら非常に上品で上質なタッチを実現したウールジャケットです。まず注目はシルエット&フィッティング。ベースとなるモデルは定番の超度詰めジャージジャケットとなっており、スリム&タイトに設定された細身のシルエットとなっています。ウェストはしっかりと絞って着丈はやや短めに設定したシルエットで、カジュアルなスタイリングからドレスシックなスタイリングまで幅広くこなせる汎用性の高さが魅力的。また、素材にはウール×ナイロン×コットンの3者混ストレッチ生地を採用しています。SOLIDOの十八番ともいえる伸縮性抜群のストレッチウールは、肌触りの良い上質なタッチが魅力的。SOLIDO(ソリード)から新たに提案された上品な表情のウールジャージは、今までなかった「シーズン性」を取り入れた一着となっています。SOLIDOの世界観を味わって頂ける至極のジャージジャケットを是非お試しください。

SALE
PALTO(パルト) ベルテッドバルカラー ラグランスリーブコート【BARTOLOMEO/BRIT】

TOKYOlife

105,840

PALTO(パルト) ベルテッドバルカラー ラグランスリーブコート【BARTOLOMEO/BRIT】

普通ならコテコテになってしまうところを絶妙な配色とスタイリングでアレンジ。今シーズンからJediaで展開がスタートしたPALTO(パルト)。【PALTO / パルト】は2013年に若手起業家のルカ・パガネッリ氏が創設したイタリアのブランド。イタリアの伝統的なスタイルの着こなしをコンセプトに、次世代に相応しいモダンなコートを生み出す“コートファクトリー"です。そんな同ブランドから、Jediaで1stコレクションとなるのはブランドを代表するバルカラーコート【BARTOLOMEO/バルトロメオ】。まずは【BARTOLOMEO/バルトロメオ】のスタイリングをチェックです。昨今の流れとしても非常に人気の高いベルテッドタイプのバルカラーロングコートデザインをベースにしたのがBARTOLOMEOモデルの特徴の一つ。膝丈まで伸びるロングレングスはクラシカルで堅牢なスタイリングを強く反映しており、ラグランスリーブのゆるりと落ちる肩のラインは気負いのないこなれたシルエットを演出。ウェストのベルテッドを絞りつつ少しのアクセントを加えることで、今までのステンカラーコートには無かった大人の色気を表現することも出来ます。フィット感は全体的にややタイトフィットな作りになっています。ゆったりとした印象のあるラグランスリーブのバルカラーコートですが、PALTO(パルト)らしくモダンにアレンジされたクラシカルコートは、ウェストラインもしっかりと絞り込んでいます。着用イメージとしてはジャストフィットで着用して頂ければ、肩の力を抜いた雰囲気も味わえますし、同時に綺麗なシルエットで着用頂けるはずです。また、PALTO(パルト)は生地のセレクトにも個性が光ります。素材には上質なウールをベースにした表情のあるハウンドトゥースチェック生地を採用...

SALE
sealup(シーラップ) ウールベルテッドコート【ロロピアーナ レインシステム/ジランダー】

TOKYOlife

183,600

sealup(シーラップ) ウールベルテッドコート【ロロピアーナ レインシステム/ジランダー】

老舗のモノ作りと最先端の素材が見事にシンクロしたクラシカルコート。イタリアンコートの中でもいぶし銀な存在感を放つ老舗sealup(シーラップ)から、「テクニカル」×「クラシカル」というハイブリッドな一着をご紹介。今回ご紹介するコートは、ロロピアーナ社の最先端テキスタイルを採用した一着。まずは注目の素材からチェックしていきましょう。ボディに使われているウール素材は、ロロピアーナ社が厳選した【ジランダー】と呼ばれるニュージーランド産の高品質メリノウールを採用しています。【ジランダー】の特徴は、美しい光沢と柔軟性、そして耐久性といった3つのポイントが挙げられます。さらに繊維自体が軽いのも大きなポイントで、重厚な冬用コートを暖かく包み込みながら、着心地に影響を与えない軽さを実現しています。その特別ファブリック【ジランダー】にプラスされる特別加工が【レインシステム】です。レインシステムは、本来天然のウールでは生まれない強い撥水加工を素材自体に持たせる特殊加工のこと。レインシステム加工を施した素材は、不浸透性が高まり、水滴が素材の表面を滑り落ちるため、ほこりや汚れ、液体のシミが付きづらくなっています。スタイリングには定番のラグランスリーブのステンカラーモデルをセレクトしています。動きの取り易い腕周りと流れるような曲線が美しいラグランスリーブのモデルは、ウェストを適度に絞り込み、長い着丈の裾までスーッとシワのない綺麗なラインを描いています。また全体のサイジングはスリムなフィット感になっており、ゆったりとした見た目に反して、現代的なイタリアンスタイルを踏襲したかのような色気のある存在感が魅力の一つ。ウェストにはベルトを巻く事で、スタイリングにアクセントを取り入れることも可能となっており、フロントを開いた時のファッション的なニュアンスとして楽しんでみて...

SALE
AURALEE(オーラリー) ライトメルトンダブルブレステッドジャケット【LIGHT MELTON DOUBLE-BRESTED JACKET】

TOKYOlife

58,320

AURALEE(オーラリー) ライトメルトンダブルブレステッドジャケット【LIGHT MELTON DOUBLE-BRESTED JACKET】

今やドメスティックブランドの第一線を駆け抜けるAURALEE(オーラリー)から、ライトメルトンを使用したダブルブレステッドのジャケットが登場です。素材には、上質な極細繊維のスーパー130's原料と呼ばれるウールを、これまた極細番手に紡績しています。それを高密度にしっかりと打ち込みながら織り上げた、薄いながらもしっかりとハリのある二重織メルトンを使用しています。そのため着心地は非常に軽やかながら、テロっとせずにしっかりと立体感ある顔つきを持ち合わせます。また、極細番手ならではの独特のぬめりや上品な光沢感、そしてAURALEEらしい落ち感が上手に表現されています。ところで、メルトンでダブルとくると思いつくのはPコートですが、それらのメルトンとはわけが違います。極細番手のライトメルトンの軽さと、ハリを持たせる二重織のおかげで裏地のない一重仕立てを実現させ、肩こりも暑苦しさもありません。あと、ダブルブレステッドって少しオジサンぽかったり、日本人には似合わないモノが多かったりするもの。でもそこはAURALEE、日本人がしっかりと似合う、そして若々しくも上品でキレイなシルエットに仕上げています。同素材のスラックスもご用意しておりますので、セットアップスタイルもお楽しみいただけます。ワントーンコーデも素材の表情が豊かなので単調にならず、また相性の良いキャメルカラーと合わせても上品な着こなしになるコト間違いなし。ふっくらとしたラペル、存在感あるパッチポケット、ストンと流れ落ちる筒袖。そして、メルトンならではの独特なモッチリ感が、きっと病みつきになることでしょう。

SALE
alk phenix(アルクフェニックス) ポケッタブルレインコート【dome coat/EPIC】

TOKYOlife

38,880

alk phenix(アルクフェニックス) ポケッタブルレインコート【dome coat/EPIC】

『ライフスタイルアウトドア』をテーマに掲げ、高い機能性そのものをデザインへと転化。ファッショニスタからも熱い注目を集めるドメスティックブランド、alkphenix(アルクフェニックス)。母体であるスポーツブランドが長年に渡りスキーウェアで培ってきたテクニカルな素材や縫製技術をフィードバックしたウェアを多数リリースする同ブランドの『雨担当』が、この【dome coat/EPIC】です。自転車に乗れる程度の雨なら、超撥水素材EPIC(R)を使用した、このコートの出番。例えば完全に雨を遮断するコートは、デザインも含め、日常ではとても着づらく、持ち運びもしづらいもの。であれば、強い雨は潔くあきらめて、その分、軽さやコンパクトさを追求して携帯性を持たせた方が、その出番は多くあるものです。また、雨の降る降らないに関わらず、純粋なファッションアイテムとしても合格点な、デザイン性の高さも自慢。晴天も雨も、自転車もデートも、シームレスに楽しめます。また、ストレッチ性や、軽量で着脱しやすいプラスチックドットボタン、ブランドのトレードマークである全方位再帰反射プリント、両サイドにコンシール(隠し)ジッパーのポケット、同素材のスタッフサック(収納袋)など、一般的なファッションブランドのコートにはありえない機能性の高さも、alkphenix(アルクフェニックス)ならでは。いつも持ち歩きたくなる、スポーツモードな雰囲気漂うライトウェイト・コートです。

SALE
Soundman(サウンドマン) ベルデッド・ステンカラーコート【Ashley】

TOKYOlife

89,640

Soundman(サウンドマン) ベルデッド・ステンカラーコート【Ashley】

膨大なヴィンテージウェアをコレクションするSoundman(サウンドマン)のデザイナー“今井千尋"氏のアーカイブの中から生み出された、デタッチャブルタイプのステンカラーコート。メインのファブリックには、オイルドコットンで有名な英国ミラレーン社の生地を使用。でも、オイルっぽく見える素材感ながら、実はオイルを使用しておらず、特殊な撥水加工を施したDRIDENというコットン生地を採用しています。なので、オイルドクロス特有の臭いやベタつきはなく、それでいてその雰囲気と撥水性能を持ち合わせた良いとこどりな生地。また、その分軽さもあるので、このモデルはライナーを取り外せるデタッチャブル仕様にしています。ライナーは、身頃にウールメルトン、袖に中綿入りのナイロンキルティング、そして雰囲気を変えられるコーデュロイの襟が一体となったモノ。真冬はライナーを付けて暖かく、秋や春にはライナーを外して普通のステンカラーコートとしてお使いいただけます。また、この“Ashley(アシュレー)"はウェストにベルトが付いたベルテッド仕様となっており、その日の気分でニュアンスを変えて楽しめます。英国らしいハンティングジャケットの様なグランスリーブに、トレンチコートの様な袖のベルトなどなど、ひとえにステンカラーコートと言ってもサウンドマンらしいディテールが落とし込まれています。また、その雰囲気が襟のコーデュロイとバッチリ合ってしまうのも流石と言う他ありません。なので、冬時季は是非ともライナーを装着して、厚手のニットや温かみのあるボトムスを合わせてお楽しみいただきたい。ジャケパンやスーツスタイルに合わせるときは、ライナーを外してシンプルな顔付にするのもアリです。ミラレーンといえばのオリーブカラーは、ベージュやネイビーといった定番カラーのコートにはもう飽きたという方にもオススメ...

SALE
CIRCOLO(チルコロ) パイルストライプシングル2Bジャージージャケット

TOKYOlife

73,440

CIRCOLO(チルコロ) パイルストライプシングル2Bジャージージャケット

CIRCOLO(チルコロ)らしさ溢れる素材で遊ぶジャージージャケット。定番ジャージーアイテムをお持ちの方も、CIRCOLO(チルコロ)デビューな皆さまにもおススメしたい、春夏シーズンを存分に味わえる柔らかなパイルジャージージャケット。エアリーな着心地と伸縮性抜群のCIRCOLO(チルコロ)らしいジャージー素材が巧みにブレンドしている今年注目のアイテム。上質なパイル地は柔らかい独特な表情を与え、ホワイト×ネイビーのストライプを施したトレンドをしっかりとキャッチしている仕上がりは、流石のIRCOLO(チルコロ)。ホワイトカラーの太幅ストライプを採用することで軽快な印象を与え、これ一着でビシっとシーズン感じる装いへと格上げされるのです。各ブランドからの提案も増えてきたカテゴリーではありますが、頭一つ抜けている、といった印象のCIRCOLO(チルコロ)。さすがテキスタイルカンパニーが手掛けているだけあって、コットンジャージーと言えど、上質で滑らかな素材、製品染めされた風合いにも貫録を感じさせてくれます。何より、そのフィッティングには驚愕。色んなブランドのストレッチアイテム、ジャケットに袖を通してきましたが、こちらのアイテムの着心地は吸い付くように滑らかで、細身のフィッティングにも関わらず、全くノンストレス。アウター使いはもちろんとして、アウター、コートのインナーにも使いやすく、そのポテンシャルの高さを感じさせてくれます。まずは、関係者から火がつきましたが、この心地よさ、形、素材の良さを知って納得の傑作ジャケットです。

SALE
PEUTEREY(ピューテリー) ファー付きベルテッドダウンジャケット【HURRICANE/JPFIT】

TOKYOlife

129,600

PEUTEREY(ピューテリー) ファー付きベルテッドダウンジャケット【HURRICANE/JPFIT】

圧巻の防寒性とラグジュアリーな存在感を放つ名作ハリケーン。今回ご紹介するのはPEUTEREY(ピューテリー)を代表する名作アウターの【HURRICANE/ハリケーン】。圧倒的な防寒性を求めながらも、スポーティ×ラグジュアリーを体現する本格派アウターはビジネスシーンでも非常にマッチする一着となっています。まずはそのスタイリングとフィッティング。名作ハリケーンはファー付きのフーデットコートをベースとし、セミロング丈のダウンコートとなっています。フロントジップにはミリタリーの要素を取り入れた防風性のあるダブルクロージャーシステムを採用しており、ダブルファスナーとパラシュートボタン仕様にしているのが特徴的。耐久性の高いパラシュートボタンは強固な作りとなっている為、ラフに扱ってもボタンが取れることがなく、実用性の高い仕様となっています。フィッティングは日本人に向けた特別なパターンスケールで構築された「JAPAN FIT」に変更となっています。ダウンコートとは思えないスリムなフィッティングとシルエットが最大のポイントで、袖の長さはワールドフィットから変更されやや短く修正し、収まりが良くなっています。また、ウェストの絞りとアームホールもスリムフィットになっており、ジャケットなどの上から羽織った際に美しいシルエットを演出できるようになっています。素材は昨年のマット調のナイロンから、過去人気のあった艶アリのナイロンへ変更。撥水加工を施したナイロン素材は派手なシャイニー感は抑えめに、上品な仕上がりとなっています。さらに機能性の面では様々な拘りのオプションを装備しており、この名作ハリケーンを名作たらしめているポイントでもあります。ダウンの中綿には軽量のダウン&フェザーを採用し、非常に保温性が高く厳冬期をしっかりと乗り越えられる実用性を確保...

SALE
Deus ex Machina(デウス エクス マキナ) スタンドカラーキルトジャケット【CARSON】

TOKYOlife

25,920

Deus ex Machina(デウス エクス マキナ) スタンドカラーキルトジャケット【CARSON】

大人の渋味は、色気なり。そんな言葉を体現しているのがこちらのキルトジャケット。表情こそ簡素に仕上げられていますが、ひと手間、ひと工夫が凝らされているのです。まずはディティールからご紹介。絶妙な高さに設定された襟は首回りに絶妙なフィット感を生み出します。野暮ったさが一掃され、クリーンなシルエットを演出。巻物を着用するのにも適したボリューム感になっています。そして袖口は内リブ仕様。冷気の侵入防止はもちろんですが、袖通りが滑らかになり圧迫感も無いので、ノンストレス。長時間の着用も苦にならない配慮がなされています。一枚でさらりと羽織っていただいても様になりますが、寒さが気になる時に活用していただきたいのが裏地の裾部分に配されたドローコード。身頃に絞りを加えられので腰回りの空気の流れをシャットダウン。無論、フロント前立てはジップ&スナップボタンのダブルクロージャー。機能面でも万全の体制を整えております。中綿はポリエステルを採用し、適度なボリューム感によりスマートなフィット感を感じていただけるので着ぶくれは心配ご無用。仕上げに、エンザイム加工にてヴィンテージ感をプラスし、バランス良く拘り抜かれた逸品へと昇華されているのです。シンプルなアイテムにこそ、妥協は許さず、気は抜かずに。円熟味溢れるこの一着をお薦めします。

SALE
DOPPIAA(ドッピアアー) ガーメントコットン ミリタリートレンチ ショートジャケット【ALCESTE/アルセスト】

TOKYOlife

149,580

DOPPIAA(ドッピアアー) ガーメントコットン ミリタリートレンチ ショートジャケット【ALCESTE/アルセスト】

今どきは都会派ミリタリーをサラリと羽織るんです。今シーズンJedia初登場のDOPPIAA(ドッピアアー)。生産は全てイタリアンメイドを貫いており、生地の選定からパターンカッティングまで拘りを強く持っています。トラッドかつエレガンスな要素をイタリアらしく繊細に表現したコレクションは、本来の自分を表現できるモノとして、洋服を着る以上の喜びを与えてくれます。モノが溢れるこの時代に、いかにして洋服と向き合ってブランドを育てていくのか。彼らの拘りはきっとファッションを愛する全ての人の心に響くはずです。さて、Jediaに初登場となるイタリアの新星DOPPIAA(ドッピアアー)から、ブランドの個性が色濃く反映されたモダンなミリタリートレンチ【ALCESTE/アルセスト】をご紹介。まだ日本でも流通量が多くなく、決してメジャーなブランドとは呼べませんが、彼らの醸し出す真面目でありながらも自由奔放なイタリアントラッドは、今の時代にこそ皆様に非常にオススメしたいところです。まず最初に注目したいのはデザイン。ミリタリー系のブルゾンやジャケットは、ここJediaでも数多く提案してきましたが、この一着はそのどれにも当てはまらないインパクトのあるデザインが特徴の一つ。ダブルブレストで仕立てたトレンチテイストのフロントに、ボディに配置された4つのフラップポケット。さらにウェストベルトを取り入れた一着は、M-65とトレンチコートを掛け合わせたような独特なスタイリング。複雑なディティールをもつ二つのアイテムを見事に形にしており、彼らの独自性と洋服への拘りをしっかりと感じて頂けるハズ。また、堂々とした風格のある太幅のラペルは、ミリタリー色の強いデザインに非常にマッチしています。着丈はショート丈になっており、ヒップが少し隠れる程度で...

SALE
PRIVATE WHITE V.C(プライベートホワイト) フロントダブルジップバイカーズジャケット【TWIN PACK】

TOKYOlife

74,520

PRIVATE WHITE V.C(プライベートホワイト) フロントダブルジップバイカーズジャケット【TWIN PACK】

英国人デザイナーであるニック・アシュレイを擁しメイドインマンチェスターで作られるPRIVATE WHITE V.C(プライベートホワイト)。自身もバイカーズライフを嗜むニック氏。自身のライフワークを反映させたかのようなアイコニックなバイカーズジャケットは今やPRIVATE WHITE V.C(プライベートホワイト)を体現するモデルとして定番的にアップデートを重ね展開されている隠れた名作。「シーズンを通して着用できる本当に便利なウェアを提案したい」という背景から生まれたジャケットは 随所に拘りを尽くしたアイテム。フロントジップの取り外しパネルで春秋はタイトに、秋や冬はインナーを着込めるようにサイズが2段階調節可能。パネルの着脱で約6cmのアジャストが可能となっています。生地には英国はスコットランドにて1864年創業の老舗ワックスコットンサプライヤーのハーレー・スティーブンソン/HALLEY STEVENSONSのオイルドコットンファブリックを採用。程よいウェット感がありながらもオイルド生地特有のベタつきやにおいが少なく、深く品のある色合いが特徴です。二つの大きな下のポケットのインナー、袖口と襟には、防寒性を高める為にライニングと同様の起毛素材で裏打ちされています。非常に手触りの良い滑らかな質感で着用性も考慮しつつ、起毛しているのでハンドウォーマーの代わりとしてもご使用頂けます。ジッパーにはミルスペックのririを採用。スイスメイドのこのジッパーはスライドの滑りがとても良く 高級感ある銅素材を使用する事で、デザインとしても存在感があり魅力的なアクセントとなっています。バイクに乗らない時でもユーティリティーに使えるアウター、ジャケットして活躍間違いなしの傑作モデルです。

SALE
TEATORA(テアトラ) 中綿ステンカラーコート【Wallet Coat - Dual Point】

TOKYOlife

84,240

TEATORA(テアトラ) 中綿ステンカラーコート【Wallet Coat - Dual Point】

ノマドワーカーや、各地へ飛び回るビジネスマンに向けたコンフォートワークウェアを提案するTEATORA(テアトラ)から、旅行者のために開発されたWallet Coatが中綿入りで届きました。貴重品のセキュリティーにフォーカスした、スマートセキュリティーラインに属するWallet Coat。そのため両脇には大容量ポケットが装備されており、ロングウォレットやエアーチケットなど普通のポケットに収まりにくいモノでもスッポリ飲み込んでくれます。また、そのロングウォレットポケットの内部には、シークレットファスナーポケットを内蔵しており、旅先の現地通貨やカード、スマートフォンなどなど、ポケットに手をいれたまま直接アクセスできるのでセキュリティ面も抜群です。シルエットもTEATORAのコートの中ではスリムに仕上がっており、着丈も日本人に合いやすいミドル丈。コンパクトな襟と、オリジナルのシリコンボタンも相まって、非常にミニマルな顔付のコートです。そんなWallet Coatが“dual point(デュアルポイント)"というシリーズに仲間りを果たしました。このdual pointというのは、冬の外気の寒さと、屋内の暖房の暑さの両方に対応すべく誕生した画期的なシリーズ。天気予報の気温を鵜呑みにして厚着で外出したけれど、電車の中やデパート中などは暖房で暑くてたまらない。そんなあるある、経験したことがありますよね!?TEATORA調べによれば・・・「JR東日本の車内温度は22℃設定とのこと。これは東京の平均気温で考えると6月の平均気温に相当します。東京で最も気温の下がる1月の平均的な最低気温は2.5℃。つまり、コートを着ているにも関わらず、最大で20℃近くも上昇した温度と接しなければなりません。」ということらしいのです。そこで、TEATORAが目を付けたのが...

SALE
elka(エルカ) フーデッド・レインコート【Balvand Ripple Print】

TOKYOlife

46,440

elka(エルカ) フーデッド・レインコート【Balvand Ripple Print】

2016年春夏コレクションよりTOKYO Wheelsに登場したデンマークのブランド“elka(エルカ)"。高い技術を要する素材を、伝統の職人技とウォータープルーウェアにテーラーリング要素を取り入れ、現代的に解釈したレインウェアに留まらないデイリーユースなアイテムを展開しています。そんなelka(エルカ)から届いたのは、伝統的な320gのPVC(塩化ビニル樹脂)を手作業でシームを溶接した、高いクラフトマンシップによって作られるレインコート。ブランド定番のレインコート“Blavand"をベースに、ジオメトリック(幾何学的)なプリント前面に施したスペシャル仕様です。基本的な作りは“Blavand"と変わりはなく、大き目のトグルフードと、比翼付きのフロントフラップなど、細かいディテールを盛り込んだ一着。もちろん100%ウォータープルーフで、“OEKO-TEX Standard100(エコテックススタンダード100)"と呼ばれる、人体にも自然にも無害で低アレルギーな国際規格をクリアした繊維素材を採用しています。ダークトーンでまとめられた一見地味なルックスですが、ブラックにダークグリーンで総柄プリントを入れることでモードな雰囲気も持っています。袖口はスナッボタンで調節することが出来、襟元も高い位置まで閉めることが出来るので、冷たい風もしっかりとシャットアウト。ラグランスリーブとPVC特有のナチュラルストレッチが動きやすさを確保。素材の特性上、どうしても蒸れやすいPVC素材を使っているので、背中と脇の下にはしっかりとベンチレーションホールを設け、暖かい季節でもレインウェアとして着れるよう作られています。

SALE
ELEVENTY(イレブンティ) コットンリネン ハウンドトゥース2Bシングルジャージージャケット

TOKYOlife

72,360

ELEVENTY(イレブンティ) コットンリネン ハウンドトゥース2Bシングルジャージージャケット

細かい千鳥格子が軽快な春夏ジャージージャケットがリリース。ELEVENTY(イレブンティ)の十八番であるジャージージャケットをベースにした同ブランドらしいクラシコモードな一着。ネイビー×ホワイトの相性の良い2色を千鳥格子柄で細かく編み込んで表現されたクラシカルな生地は、全体的にグレーの色味に近くなっています。コーディネートの邪魔をしない安心の2色で構成されているので、ドレススラックスやカジュアルなチノパンまでスタイルも幅広く対応して頂けます。そして、アンコン仕立ての副資材を省いた軽やかな作りは着心地が柔らかく、動きが多いアームホールには裏地が配置されているので安心してご着用頂けます。コットンとリネンをブレンドした素材は通気性と耐久性を丁度良いバランスで確保しています。やや厚みのあるしっかりとした素材感となっており、春夏シーズンを終えても秋シーズンまで着用頂ける3シーズンモデルとなっています。また、腰ポケットにはチェンジポケットを施しており、クラシカルな装いを演出するブランド魂が垣間見えるのです。シルエットは体にしっかりとフィットするややタイトめの仕上がりで、無駄なダボつきも無くスッキリとしています。そして、ストレッチもしっかりと効いており、窮屈さを感じずに楽しめるのも大きなポイントとなっています。※代えボタン付属 大ボタン×1 小ボタン×1※オリジナルハンガー付属

SALE
m's braque(エムズブラック) メッシュジャージーサファリジャケット【mesh jersey SAFARI JACKET】

TOKYOlife

74,520

m's braque(エムズブラック) メッシュジャージーサファリジャケット【mesh jersey SAFARI JACKET】

素材使いの面白さ、その素材の活かし方、完成されたシルエット、エムズブラックなら、大人が着たいモードテイストが絶妙。ブランドを代表する、定番ジャケットとして人気の高いポリエステルメッシュジャージー素材のショールジャケット。僕らも、最初の展示会でコロリと、その良さにやられてしまい、すっかり定番アイテムとしてオーダー。その絶妙なモード感、クラシックなムード、スポーティーかつ、快適な素材選定という完成度はシーズンを迎え、袖を通すたびに、改めて感動してしまうアイテムなのです。今シーズン提案されていた、今回ご紹介のサファリジャケットも、定番ショールカラーメッシュジャケットと同じアプローチで作られています。素材感がしっかり分かる、独特の表情を持ったポリエステルメッシュと、ゴールドライクなベージュカラー(ベースカラーはブラウンでその上に格子状にベージュカラーがのっています)が打ち出し強く(展示会でも光ってました!)、ややもすれば、使いづらいんではないか?と、例のごとく試しに袖を通したら、やっぱりエムズブラックらしいバランスで、あるね!となってしまった本作。着心地も非常に軽く、タッチもメッシュらしいドライなタッチ。これは、シーズン通して使えるアイテムだ、となり、極小ですが、展開となりました。小衿の上品なカラー(フンチですね)、肩についたエポレット(サファリらしいディテールですね)、シーズンでもトレンドである“サファリ"なキーワードをエムズブラックらしい表現でこなす本作。あくまで、フレンチな気分で、サラッと使いたくなるジャケットです。エムズブラックなればこそ、気になる大人のジャケット(多分、他ブランドで、この提案であればやってません)、ファッションの楽しさを改めて教えてくれる一着です。

SALE
EMMETI(エンメティ) ニットスリーブ ムートンダウン【ALFIERO/アルフィエロ】

TOKYOlife

205,200

EMMETI(エンメティ) ニットスリーブ ムートンダウン【ALFIERO/アルフィエロ】

最高級素材を贅沢にMIXしたラグジュアリーダウン「エレガンテ・スポルティーヴォ」をコンセプトにする、イタリアはフィレンツエの「EMMETI(エンメティ)」からラグジュアリーでセクシーなダウンジャケットをご紹介です。レザーとファー、レザーとファブリックなど、高級素材を巧みに組み合わせることを得意とするEMMETI(エンメティ)から登場したのはニット×ムートン×レザーのラグジュアリーダウン【ALFIERO/アルフィエロ】。【ALFIERO/アルフィエロ】はEMMETIが得意とする異素材ミックスを施したセクシーなダウンジャケット。定番ムートンダウンをベースに袖をニットで切り替えた贅を惜しまない究極のラグジュアリ―ダウンとなっています。まずは気になるフィッティング&シルエットバランス。取り外し可能なフーデットを採用した【ALFIERO/アルフィエロ】は、スリム&タイトなフィッティングでダウン特有のモコモコっとしたアウトドアな雰囲気は一切ありません。タイトフィットのラインを描く綺麗なシルエットは、随所にブレンドされた高級素材の魅力と相まって非常にエレガンスな表情を魅せてくれます。着丈は丁度ベルトが隠れる位の絶妙な長さのショート丈となっています。そして随所に見られる異素材にもご注目。ボディにはダウン×フェザーを採用した軽量で暖かいマットなナイロンダウンをベースにしています。身体を優しく包み込む高品質のダウンは、ムートンの重量も加味して軽量に作られています。また、一番の特徴である贅沢に使われた例の「アレ」にも注目していきましょう。デザインの全てを左右すると言っても過言ではない凛々しい佇まいと、ラグジュアリーな色気を醸し出すのはEMMETIの真骨頂でもある上質なラムムートン。ラムムートンといえば羊革。あの毛並みそのままのくるくるっとしてふわふわっとし...

SALE
TAGLIATORE(タリアトーレ) アルパカ混 ポロコート【CFBLMOW】

TOKYOlife

113,400

TAGLIATORE(タリアトーレ) アルパカ混 ポロコート【CFBLMOW】

上質素材がスポーティーなポロコートに上品さを付与します。TAGLIATORE(タリアトーレ)は、1960年代に創業したLERARIO(レラリオ)社が母体となり二代目のピーノ・レラリオ氏が立ち上げました。TAGLIATORE(タリアトーレ)はイタリア語で「裁断士」を意味し、卓越したカッティング技術によるウエストを絞った立体的なフォルムが特徴。イタリアらしいファッションを楽しむ気質が感じられるブランドです。今回ご紹介するのは、アルパカ混 ポロコート【CFBLMOW】。ポロコートは、19世紀後半に英国のポロ競技選手が試合の合間に着用していた厚手のウールロングコート。そんなクラシカルなアウターをTAGLIATORE(タリアトーレ)らしくスリムでセクシーにアレンジ。核となるディティールはしっかりと網羅されており、ダブルブレストのアルスターカラーにバックベルトを備えたオリジナルに敬意を表した仕様となっています。袖口は敢えてのプレーンな仕上げ。折り返しを付けないことでスポーティーさを和らげエレガントなイメージを高めています。そして、デザインで重厚感を演出しながらもパターンメーキングに工夫を凝らし、もたつきのないスマートなフォルムを作り上げています。ジャケットの上からでもスッと袖通しが良く、快適な着心地が特徴。スタイリッシュでありながらストレスを感じさせない絶妙なバランスです。また、素材にはふんわりとした上質なアルパカを贅沢な混率で使用。短く毛羽立たせたモッサ調の仕上げがエアリーさを高めています。羽織ればすぐにとにかく軽く柔らかいことに驚かされるはずです。見た目の重厚感とのギャップをお楽しみ下さい。アルパカは毛の内側に空洞があり、暖かい空気が溜まりやすく保温性に優れているのも特徴です。きっと冬場には手放せない存在となることでしょう...

SALE
CAPE HEIGHTS(ケープハイツ) ダウンモッズコート【EASTFORD Jacket】

TOKYOlife

69,120

CAPE HEIGHTS(ケープハイツ) ダウンモッズコート【EASTFORD Jacket】

今シーズンよりHUMIDiTに仲間入りした、アメリカはニューイングランド州からライフスタイルプロダクトお届けする“Cape Heights(ケープハイツ)"より、ブランド立ち上げ当初から続く代表的なダウンコートがいよいよ登場です。“Cape Heights(ケープハイツ)"のコレクションの中でも一番着丈が長く設定されているEASTFORD(イーストフォード)。モッズコートを彷彿とさせるフィッシュテールに、アウトドアウェアらしい機能性を掛け合わせた都市型ダウンコートです。コットン80%、ナイロン20%の80/20クロスを使用し、表面には撥水性の高いテフロンコーディングを施しています。襟元も高めに設定され、袖口も隠しリブが施されているので防風性も非常に高く、その暖かさはバッチリ保証します。さらにフロントファスナーに加え、スナップボタンで留められるウィンドフラップも装備しているので、冷たい風に限らずちょっとした雨も侵入を許しません。また、そのファスナーは上下から開閉が可能なので、着座姿勢の時や動くシーンなどでは下部からファスナーを開けてあげると苦しさがありません。両脇には中身の落下を防ぐファスナー付きの大型ポケットがあり、冷たくなった手を温めるハンドウォーマーポケットとしても活躍します。シルエットはスッキリとしたスリム目な作りで、一見するとダウンコートとは思えないスマートさが魅力的。でも、裏側を見るとしっかりとダウンパックが入っており、ちゃんと保温してくれます。カジュアルにデニムスタイルや、ジョガーパンツと合わせたワンマイルコーデ、キレイ目コーデのアウターとしても重宝すること間違いなし。今年の冬はEASTFORD(イーストフォード)で乗り切りましょう。

SALE
BANKS(バンクス) フェードウォッシュ加工ボンバージャケット【TRAP JACKET】

TOKYOlife

21,384

BANKS(バンクス) フェードウォッシュ加工ボンバージャケット【TRAP JACKET】

BANKS2014年、日本・オーストラリア・アメリカの3カ国の共同プロジェクトとして誕生。 全てのブランドネームタグは100%リサイクルポリエステルを使用する等、BANKSは地球環境に負荷を掛けないように守り、機能性も追求しながら継続可能な社会を目指したブランド。新鮮味を感じる人、懐かしさを感じる人それぞれでしょう。90年代、カートコバーンが火付け役となり爆発的に世界へと拡がったグランジファッション。そのニュアンスをBANKS流に落とし込み再構築したのが、このTRAP JACKET。サーファー、デザイナー、ミュージシャン、フォトグラファー等、あらゆるプロフェッショナルが賛同するプロジョクトを発信できるBANKSならではのデザイン力があってこそ成し得たモノ。左胸と背面にはエッジの効いたデザインを、刺繍で表現することでクラシックな色気が醸し出されています。表地には強めの洗い加工を施すことで、随所にエイジングが感じられる見栄えを楽しんでいただけます。それは、さながら古着屋で出会えるほんのり日焼けしつつも、コンディション良好な往年のヴィンテージ品といっても過言ではない仕上がりっぷり。さらに裏地はポリエステルの中綿仕様となっており、キルティングも相まって確かな保温性をキープ。鮮やかな配色に目がいきがちですが、見た目だけではない機能面もしっかりとアピールしてくれます。ルーズ過ぎず、現代版へとモディファイされたタイトフィッテイングはスタイリッシュの極みであり、細目から太目まで様々なデニムや、チノと合わせを楽しんでいただきたいところ。BANKSのアートワークが魅せるグランジカルチャーをこの一着で是非体感してください。

SALE
Soundman(サウンドマン) ファイヤーマンコート【Fedora】

TOKYOlife

52,920

Soundman(サウンドマン) ファイヤーマンコート【Fedora】

膨大なヴィンテージウェアをコレクションするSoundman(サウンドマン)のデザイナー“今井千尋"氏のアーカイブから生み出された、今シーズン初お披露目の新作アウター。ブリティッシュをベースにテーラードやワーク、ミリタリーを得意とするブランドらしく、本モデルはファイヤーマンコートをモチーフに現代版にアップデート。合わせるボトムスを選ばないフィンガーチップレングス(指先丈)は、その日のコーディネートに頭を悩ませることなく、着るだけで雰囲気を作り上げてくれる逸品です。このモデルの最大の特徴は、何といってもウィンッドフラップをフックで留めるファイヤーマンコートらしいディテール。フックの爪を立てるだけでフロントが開くので、暑くなった時や、手袋をした手でも、片手で簡単に開けることが出来ます。経糸にコットン、緯糸にポリエステル・ナイロンを高密度に織り上げた生地は、独特のシャリ感と光沢感があります。さらにラバーの様な質感を持たせる加工を施し、撥水性も非常に高いので、ちょっとした雨なら凌げそう。気持ちゆったりとした身幅に、可動域を確保したラグランスリーブが肩ひじ張らないホリデーシーンに活躍します。また、そのゆとりがある分だけレイヤリングしても窮屈感が少なく、コーディネート次第で冬時季でも出番が増えること間違いなし。そんな秋冬な気分をさらに高めてくれるのが、襟やポケットにポイント使いされたコーデュロイ生地。この手のコートには珍しく、フラップポケット部分にハンドウォーマーポケットも備えているので、ポケットに手を入れる派の方には特に嬉しい仕様です。ポリ素材の裏地が配されているので、安心感があって袖通りも抜群。袖口の裏地がシャーリング仕様となっており、冷たい風の侵入も防いでくれます。スタンダードウェアを基軸にデザイナーの遊びを効かせたSoundman...

SALE
HAND ROOM(ハンドルーム) 3rdタイプGジャケット【3rd type G-Jacket】

TOKYOlife

37,800

HAND ROOM(ハンドルーム) 3rdタイプGジャケット【3rd type G-Jacket】

2016年春夏コレクションよりデビューした、注目のドメスティックブランド“HAND ROOM(ハンドルーム)"。厳選した上質な素材と、こだわりの洗練されたパターンメイキングを駆使したコレクションは、デビューしたてのブランドとは思えないほどの完成度の高さです。そんな“HAND ROOM(ハンドルーム)"から届いた究極のスタンダードウェアは、スーピマコットンと上質な米綿を使った13.5ozのセルビッチデニムを使用した3rdタイプのGジャケット。この2種類の綿を混紡した糸は、独特のムラ感がランダムに出るようコダワッたHAND ROOM(ハンドルーム)別注の糸なんです。赤みを押さえたインディゴ色を表現するために、ロープ染めのピュアインディゴに草木のタンニンを加えることで、他にはないリアルな色落ちを実現。ワンウォッシュで仕上げた中肉の13.5ozデニムが、どのように育っていくのか楽しみな一着です。オリジナルにありがちな大きな肩まわりやアームは、本格的なチェーンステッチの巻き縫いを施しながらも、現代的にスリムに仕上げたスッキリ顔に。着丈も少し長めにとり、キレイ目コーデでも着こなしやすい、大人っぽいシルエットにモディファイしています。襟元部分だけネオバ釦を使用せず、真鍮のホルダーフックにしているところにデザイン性とブランドコダワリが感じられます。パッと見は気が付きませんが、実は前身頃のウェスト位置に3mm巾で仕上げたクラフト感ある両玉縁ポケットをオン。これが非常に美しく、また実用性も高いんです。さらにそのポケットの内袋を利用して、裏地側には内ポケットとしても機能しています。少し深めに、そして幅広くとられた内ポケットは、文庫本や新聞などを差し込むのに丁度良く、手ぶらで歩きたいメンズには嬉しい仕様。また、旧式の力織機で経糸(たて糸...

SALE
KHONOROGICA(コノロジカ) ウールツイル中綿ロングコート【T/W TWILL HUGE CT】

TOKYOlife

63,720

KHONOROGICA(コノロジカ) ウールツイル中綿ロングコート【T/W TWILL HUGE CT】

シャツをコレクションのメインに据える“KICS DOCUMENT.(キクスドキュメント)"から、派生したよりファッションを追求する“KHONOROGICA(コノロジカ)"より、ブランド定番シルエットのロングコートが登場。ガバッとした印象のコチラのコートは、着てみると意外やスッキリまとまる不思議なシルエット。トレンドのドロップショルダーかと思いきや、実は袖付けはかなり内側に設定されており、ラグランスリーブの様な肩位置を決めない作りに。そのパターンもふっくらとしたシルエットとは対照的に、直線的なエッジーなカッティングで、モード感あふれるデザインが格好良い。腹部まわりにゆとりを持たせたコクーンシルエットは、一つあしらわれたボタンを留めると大きなラペルが現れます。ボタンを留めずに羽織れば、その合わせのドレープ感が強調されセクシーな顔付に様変わり。そのふっくらとした落ち感を表現しているのは、柔らかくもしっかりと肉厚なポリエステルとウールのツイル素材のおかげ。裏側を見ていただくとお分かりになる通り、ひょうたん型のミリタリーキルトが施されており、その中には保温性を高める為に中綿がインサレートされています。その分量も必要最低限にとどめることで重くなり過ぎず、ドレープ感や落ち感を残しています。本モデルはサイズが2サイズ展開となっておりまして、ジャケットや厚手のセーターの上からでも窮屈感なく羽織れるように配慮されたもの。とはいえ先述の通り、決してルーズな見た目になることはなく、上品なコートに仕上がっています。冬の定番である、チェスターコートやダッフルコートに飽きてしまった方。次は、KHONOROGICA(コノロジカ)のコートはいかがでしょうか。

SALE
m's braque(エムズブラック) ウールコットン ベルテッド トレンチコート 【タイロッケンver.】

TOKYOlife

74,520

m's braque(エムズブラック) ウールコットン ベルテッド トレンチコート 【タイロッケンver.】

ヴィンテージファブリックを採用したクラシカルなm's braque(エムズブラック)流タイロッケン。拘りが詰まりすぎた一着はどこから説明してよいやら・・・(笑)m's braque(エムズブラック)らしいヴィンテージファブリックを採用した一着は、上品だけどテクニカル?いやクラシック?ヴィンテージ?んん?ほんのりモード?全ての項目に当てはまりそうな本物のトレンチコートなのです。トレンチコート、もとい【タイロッケンコート】と名付けられたこの一着。もとはトレンチの元祖ともいえる【タイロッケンコート】をモチーフに仕立てたクラシカルなスタイルのコートなのです。その発祥はバーバリーがオリジナルで作ったものが本流ですが、m's braque(エムズブラック)が自分たちの観点から現代のスタイルへとアレンジしています。トレンチコート、もとい【タイロッケン】の説明が少し長くなりましたので早速アイテムをチェックしていきましょう。素材にはm's braque(エムズブラック)が得意とするデッドストックのヴィンテージファブリックを採用しています。ウール×コットンのギャバジンのような目の詰まったしっかりとした生地感ですが、その肌触りは非常にソフトな生地となっています。トレンドのカーキカラーでセレクトしたのもブランドらしい色合いで、デッドストックならではの他ブランドではお目に欠かれない本物のクラシカルカーキがお見事です。この手のカーキってミリタリーな風合いも感じるわけで、無性に男心を「ここぞっ!」とばかりにくすぐるんですよね。仕立ては一枚仕立ての裏地ナシ。軽い着心地が嬉しく、シルエットはややオーバーサイズのサイジングです。ゆったりめのスタイルで肩の力を抜いたラフなシルエットにも見えますが、ジャケットスタイルの上から軽く羽織るなどして上品にハズすアイテムとして非常に...

SALE
HAND ROOM(ハンドルーム) 3rdタイプ・ブラックGジャケット【3rd type Black G-Jacket】

TOKYOlife

37,800

HAND ROOM(ハンドルーム) 3rdタイプ・ブラックGジャケット【3rd type Black G-Jacket】

2016年春夏コレクションよりデビューした、注目のドメスティックブランド“HAND ROOM(ハンドルーム)"。厳選した上質な素材と、こだわりの洗練されたパターンメイキングを駆使したコレクションは、デビューしたてのブランドとは思えないほどの完成度の高さです。そんな“HAND ROOM(ハンドルーム)"から届いた究極のスタンダードウェアは、スーピマコットンと上質な米綿を使った13.5ozのセルビッチブラックデニムを使用した3rdタイプのGジャケット。この2種類の綿を混紡した糸は、独特のムラ感がランダムに出るようコダワッたHAND ROOM(ハンドルーム)別注の糸なんです。自然な色落ちを楽しめるよう経糸には黒流化染料でたロープ染めし、緯糸はチャコールグレーのチーズ染色をすることで、リアルな退色をしていきます。ワンウォッシュで仕上げた中肉の13.5ozデニムが、どのように育っていくのか楽しみな一着です。オリジナルにありがちな大きな肩まわりやアームは、本格的なチェーンステッチの巻き縫いを施しながらも、現代的にスリムに仕上げたスッキリ顔に。着丈も少し長めにとり、キレイ目コーデでも着こなしやすい、大人っぽいシルエットにモディファイしています。襟元部分だけネオバ釦を使用せず、真鍮のホルダーフックにしているところにデザイン性とブランドコダワリが感じられます。パッと見は気が付きませんが、実は前身頃のウェスト位置に3mm巾で仕上げたクラフト感ある両玉縁ポケットをオン。これが非常に美しく、また実用性も高いんです。さらにそのポケットの内袋を利用して、裏地側には内ポケットとしても機能しています。少し深めに、そして幅広くとられた内ポケットは、文庫本や新聞などを差し込むのに丁度良く、手ぶらで歩きたいメンズには嬉しい仕様。また、旧式の力織機で経糸(たて糸...

新作ファッションアイテムのチョ、発売中!有名ブランドからカジュアルまで♪いま大流行りのファッションアイテム。豊富なサイズ・カラー・デザインから、ぴったりのチョが見つかる!流行ものから定番ものまで、自分だけのお気に入りを選ぼう。

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、ファッション関連商品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいファッションアイテムが充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「チョ」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ