「カーゴパンツ太め」 の関連商品を含む検索結果 5件

こちらの関連商品はいかがですか?

<グラミチ>リネンコットン・ナローリブパンツ ボトムス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

12,744

<グラミチ>リネンコットン・ナローリブパンツ ボトムス

肌触りの良いリネン×コットン素材を用いた〈グラミチ〉の新作リブパンツが登場しました。すっきり見えるナローシルエットなので、街ばきがしやすくなっています。裾がリブ仕様になっているのでサンダルやローカットのスニーカーにマッチし、自転車に乗るときなどにも裾まわりが邪魔になりません。リネン特有のシャリッとした肌触りを持ちつつ、コットン素材を混紡しているので取り扱いやすくなっています。フロントは片手でサイズ調整ができるウェービングベルトがつき、前立てがファスナー仕様になっているので実際に開けることも可能。背面は右サイドに便利なポケットがつき、面ファスナー(ベルクロ)仕様になっているので安心です。生地には製品洗い加工をかけてあるので、風合い豊かな表情に仕上がっています。 リネン素材とクライミングパンツという珍しい組み合わせの新作パンツ。ベルトを使わずにはけるので、旅行やアウトドアにおすすめです。リネン素材の風合いを生かした「グレージュ」、さまざまなコーディネートに使いやすい「ネイビー」と「ブラック」の3色をご用意しています。

<グラミチ>クールマックスニット・ナローリブパンツ ボトムス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

12,744

<グラミチ>クールマックスニット・ナローリブパンツ ボトムス

吸汗・速乾性に優れたクールマックス®を使った〈グラミチ〉の新作リブパンツが登場しました。さらっとドライな肌触りの機能性素材をニットにすることで、柔らかいはき心地に仕上がっています。スタイリングがしやすいナローシルエットにすることで野暮ったさをなくし、裾リブにすることで足もとがすっきりと見えるようになっています。ウエストは片手でサイズ調整ができるウェービングベルトがつき、フロントはファスナー仕様なので実際に開くことが可能。ウェービングベルトは爽やかなホワイト色をチョイスしています。背面は右サイドに便利なポケットがつき、面ファスナー(ベルクロ)になっているので安心です。180度まで開脚できるガゼットクロッチの切り返しが、さり気ないアクセントにもなっています。 ニット素材なのでシワにもなりにくく、長時間の移動やカバンの中に折り畳んで持ち歩くのにも便利なリブパンツ。盛夏でもさらっとしたはき心地なので、快適な夏シーズンを過ごせます。落ち着いた印象の「グレー」と「ネイビー」をご用意しました。ジャケットやドレスシャツとのコーディネートにもおすすめです。

<KURO>Graphite One Wash ボトムス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

15,120

<KURO>Graphite One Wash ボトムス

世界的にもその優れたクオリティで知られるMADE IN JAPANのデニム。素材、染色、そして色ムラを出す仕上げ加工など、多岐に渡る複雑な工程を重ねて生まれるデニムは、さながら工芸品の如き上質な雰囲気を備えています。そんな日本デニムにこだわるのが、素材や縫製といった工程すべてを日本で行なっている〈KURO〉。今回お届けするのは、インディゴの深い色合いが魅力のベーシックなワンウォッシュ。シルエットはブランド定番の「Graphite」と呼ばれるスリムフィット。吉河織物製のセルビッジデニムを使用、縫製は宮城の及川デニムで行なわれるという、〈KURO〉ならではのこだわりを採用しています。 ローライズながらも穿いたときの腰まわりの落ち着きが良く、日本人の体型でも足を長くスマートに見せるような穿きこなしが可能。ワンウォッシュはテーラードジャケットやドレスシャツと組み合わせてもマッチし、穿き込んで縦落ちの表情が生まれるまで“生地を育てる”愉しみも味わえます。フロントはブラック仕上げの釦フライ、背面パッチには、ランダムな糸使いが魅力的なステッチ使いがあしらわれています。ヒップポケットは珍しいラウンドカット、上部の口には赤いステッチの入るセルビッジデニム特有のディテールが表現されています。ベルトループのステッチには山ができる縫製をあしらい、ステッチ糸の太さやピッチ(間隔)まで細かく計算されるなど、デニムパンツに対する情熱が細部に宿る渾身の一本です。

<オリアン>ギンガムチェックパンツ ボトムス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

18,144

<オリアン>ギンガムチェックパンツ ボトムス

仕立ての良さとコストパフォーマンスの高さで人気の〈オリアン〉。最近ではシャツづくりの経験を活かしたシャツ生地のジャケットも展開。シャツのように羽織れてかっちりとした雰囲気がつくれることからこちらも大人気となっています。今回お届けするのは、そんな〈オリアン〉のシャツジャケットと合わせて欲しいパンツ。シャツジャケットと同じ生地を使っていますが、ウールを主繊維にした3者混の素材なので、程よくしっかりとした生地感となっています。ナイロンをブレンドすることでシワにもなりにくく、旅行に持っていくのにもおすすめです。ウエストバンド内側にはドローコードを内蔵し、背面部がゴムギャザーになっているのでリラックスした気分ではくことができます。フロントはジップフライで開閉ができ、背面にはドレススラックスのようなボタンポケットが付いています。 シャツ生地を使った斬新なパンツ。シャツづくりを長年手がけてきた〈オリアン〉らしいアイテムです。同じギンガムチェック柄のシャツ生地を使ったジャケットもご用意していますのでセットアップにすることもできます。

<インコテックス>チノリーノスラックス/J35 ボトムス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

23,328

<インコテックス>チノリーノスラックス/J35 ボトムス

人体の膨大な研究データを基にミリ単位の黄金値を設定し、幾度もの改良を経て生み出されたシルエットをもち〝パンツの完成形〟へと辿り着いた〈インコテックス〉のマスターピース「J35」。2年前に廃番となりましたが、美しいスタイルと格別のはき心地を惜しむ声にお応えするためにスローウエア社と何度も交渉を重ね、当社限定で復活。その特別企画の今季モデルをご紹介します。「J35」のエレガントなシルエットはそのままに、〈インコテックス〉の春夏用素材のベストセラーのひとつである“チノリーノ”を使用。リネン特有のドライタッチ感を引き出しつつ、コットンのソフトな風合いを絶妙なバランスでブレンドした傑作素材です。滑らかな肌ざわりと軽やかなはき心地は垂涎の的。製品染めによる独特の色合いにも魅了される一本です。 はいた瞬間から心地よいフィット感に包まれる「J35」。股上を浅めにすることで脚を長くすっきりと見せながらも、計算されたつくりにより安心感のあるはき心地が得られます。ウエスト左右の動きに対応して窮屈感を軽減するバックスリット、ウエストのフィット感を高めるテング鼻と三点留めボタン、ベルトを外した際のバックルの脱落を防止するベルトピンループをはじめ、快適性を高める工夫も満載。細部まで〈インコテックス〉の妥協なきパンツづくりの魂が宿っています。

<KURO>Graphite Black One Wash ボトムス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

9,720

<KURO>Graphite Black One Wash ボトムス

メイド・イン・ジャパンのデニムづくりに徹底してこだわり続ける〈KURO〉。デニムの生地はもちろん、縫製やヴィンテージ加工など、いずれの工程においても日本国内で行なうことで、高いクオリティを保つデニム製品を生み出し続けています。数あるラインナップの中でも〈KURO〉を代表するモデルといえば「Graphite」が有名ですが、今回お届けするのは、よりシャープな雰囲気に仕上がったブラックデニム版のグラファイト。吉河織物製のセルビッジ付きブラックデニムを使用した、クールな雰囲気あふれる一本になっています。縫製には及川デニム、洗いは岡山にある美東の手で施されました。“やりすぎない”ワンウォッシュなので、クリーンなスタイリングも楽しめます。 細身のシルエットで定評のあるグラファイトによく似合うブラックデニム。ホワイトシャツやカットソーでモノトーンのスタイリングにまとめたり、春先に良く映えるペールトーンの春ニットに合わせることで、着こなしを引き締めたりと自在な穿きまわしが楽しめます。こちらも穿き込み続けることでインディゴブルーと同じように色合いが褪せてゆくので、色落ちを作り出す楽しみもあります。ステッチの糸にはグレーを使い、セルビッジの赤耳やヒップポケットの赤ステッチとともに、クールなブラックデニムのアクセントにもなっています。

<KURO>Graphite Vintage Wash 16 ボトムス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

14,904

<KURO>Graphite Vintage Wash 16 ボトムス

デニム開発において世界最高峰と謳われる日本のものづくり。デニムブランド〈KURO〉は、その技術と感性に基づき、「メイド・イン・ジャパン」にこだわったコレクションを送り出し注目を集めています。今回は人気の最細モデル「Graphite」から、強めのアタリ感が味わい深い雰囲気を演出する「Vintage Wash 16」をご紹介します。穿き始めから、まるで長年穿き込んできたかのようなリアルなヴィンテージ感。そして最大の特徴は美しいタテ落ちで表現されたブルーの色味。澄んだ印象のブルーカラーは品の良い色味なのでジャケットスタイルとも好相性。コインポケット部などにハンドメイド風のステッチがあしらわれていたり、洗いをかけた際にパッカリングを出やすくする仕掛けが施されていたり、デニムの奥深さを感じられる演出も満載。生地は吉河織物製のセルビッジデニムを使用。随所に顔をのぞかせる“耳”の表情も、デニム好きの琴線に触れるポイントでしょう。 穿いたときに脚を長く美しくみせてくれるシルエットの妙も〈KURO〉の魅力。ヒップ周りと股上のバランスなど、計算され尽くしたパターンが足をより長くみせ、見事なシルエットを描き出します。お尻のポケット位置を高くとるなど、細かな工夫はそこかしこに窺うことができます。さらに、ベルトループのステッチ間に山ができるような縫製を採用したり、糸の太さやステッチ幅を要所で変えることで立体的に見えるようにするなど、デニムならではの個性と味をさらに引き上げる仕掛けが。そのデニムに捧げる徹底した美学は、穿く度にきっとご体感いただけるでしょう。

<ヤコブ・コーエン>ジャージーパンツ ボトムス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

37,044

<ヤコブ・コーエン>ジャージーパンツ ボトムス

1985年にイタリアで立ち上げられたブランド〈ヤコブ・コーエン〉。「仕立ての良いテーラードジャケットにも似合うデニムパンツを」というコンセプトのもと、ドレスパンツの美しいシルエットや仕立てを大胆に取り入れたラグジュアリーなジーンズで、感度の高い大人たちから絶大な支持を得ています。まさに、ファッション界に「テーラードジーンズ」という新しい概念をもたらした立役者といえます。そんな〈ヤコブ・コーエン〉より、非常に活躍頻度の高いパンツが登場しました。一見すると、当ブランドが得意とする上質デニムを使った美シルエットのジーンズに見えますが、実はこちら、ジャージー生地でできています。そのためデニム特有の窮屈さやゴワつきはなく、あくまでもリラックス感のある柔らかなはき心地を堪能できます。 シルエットは「696」。昨今の主流であるテーパードラインを備えつつ、人気の622や688よりもさらに細身で、よりスタイリッシュなシルエットとなっています。生地にはワンウォッシュがかかっていて程よく味が出ていますが、色落ちはあくまでも控えめです。そんなカジュアルバランスの一本だけに、合わせの幅広さは特筆もの。たとえばカッチリしたジャケットやシャツであっても、このシルエットと生地の表情なら無理なく合わせられ、装いに絶妙のこなれ感をもたらしてくれます。カジュアルな装いにももちろんOK。非常に洗練された大人のカジュアルスタイルが完成します。それでいてはき心地はあくまで楽らく。決して手頃な価格ではありませんが、プライスを上回る価値があります。

<REMI RELIEF>デニムイージーパンツ/リペア ボトムス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

26,784

<REMI RELIEF>デニムイージーパンツ/リペア ボトムス

色落ち加工やヴィンテージ加工で、本物の古着のような味わいが愉しめる〈REMI RELIEF〉から、定番のデニムイージーパンツにリペア加工を施したモデルが到着しました。長年はき込んだような表情はこだわりの加工によって生み出されたもの。さらに膝まわりなどにリペア加工をかけることで、よりリアルなユーズド感を生み出しています。職人たちが丁寧に手作業で色落ち加工をかける〈REMI RELIEF〉のデニムは、本当にはき古したかのような自然の色合いを生み出します。薬品に頼ることも機械を使って短時間で仕上げることもなく、今なお時間をかけて加工されています。リペア加工も職人の手作業によるもので、1点ずつ仕上がりが異なるのも味わいです。 ウエストはゴムギャザーを入れてドローコードを内蔵したベルトレス仕様で、フロントは実際に開くようになっています。また前後ポケットがスラックスと同じ仕様になっているので、5ポケットよりも使いやすいのも嬉しいポイントです。イージーパンツながらシルエットにも妥協を許さず、日本人の体型にフィットする細身のテーパードを採用しています。

<PT01>コンセプトチノ/CAPITAL ボトムス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

36,720

<PT01>コンセプトチノ/CAPITAL ボトムス

良質なコットンのチノ生地を使ってつくられる〈PT01〉のコンセプトチノシリーズ。過去に実在したチノパンをベースにして、〈PT01〉流にアレンジを加えています。こちらは「CAPITAL」というモデルで、アメリカ軍が使用していたオーセンティックなチノパンをベースにしています。フロントはボタンフライ、フラップ付きのコインポケット、タブ付きのヒップポケット、フロントには1プリーツを取り入れて太ももにゆとりを持たせたシルエットを採用しています。テーパードが強すぎないため、無骨な雰囲気の着こなしができるのも特徴です。内側は持ち出しや天狗のような変形ストラップで腰まわりをホールドし、マーベルトや背面のV字スリットといったドレススラックスのディテールも盛り込まれています。 ポリウレタンを混紡したストレッチ素材とは違い、コットン100%の風合いも大きな魅力のコンセプトチノ。ミリタリー風のデザインを取り入れつつも、イタリアの名門スラックスブランドらしい仕上がりで、きれいめの着こなしにも合わせやすくなっています。カラーはミリタリーを意識した「オリーブ」をご用意しました。ほかにもコンセプトチノを数多く取り揃えていますので、そちらもチェックしてみてください。

<ベルウィッチ>シアサッカーショーツ/バミューダ ボトムス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

11,664

<ベルウィッチ>シアサッカーショーツ/バミューダ ボトムス

今なおMade in ITALYにこだわり、一流ブランドのスーツのパンツなども多く生産する、南イタリアのパンツ専業ブランド〈ベルウィッチ〉。日本ではまだそれほど知名度は高くありませんが、地元イタリアではミラノの有名セレクトショップにも置かれるなど、かなりメジャーな存在になりつつあります。そんなベルウィッチから、旬なシアサッカー生地を使ったショーツが到着しました。シアサッカーといえば、ドライな質感が特徴の夏向け高級素材。そこにイタリアらしいシャープな美脚シルエットが相まって、なかなかにエレガントな面持ちのショーツに仕上がっています。またこのような、シルエットや細部の仕立てにまでこだわったイタリアものにして1万円台というのは、コストパフォーマンスの面でもかなりのスグレモノです。 ディテール面では、フロントポケットとヒップポケットの中ほど下にミニポケットを配置しているのも特徴的。装いのちょっとしたアクセントとなってくれつつ、何より効果を発揮するのが、座っている場面です。運転中あるいは電車や飛行機に乗っている際、携帯電話などをズボンのポケットに入れていると、前ポケットでも後ろポケットでもいまいち取り出しにくいもの。でもこのポケットなら、ストレスなく中身を取り出すことができます。

<KURO>Graphite Vintage Wash 13 ボトムス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

15,876

<KURO>Graphite Vintage Wash 13 ボトムス

デニム開発において世界最高峰と謳われる日本のものづくり。その技術と感性に基づき、「メイド・イン・ジャパン」にこだわったコレクションを送りだすのが〈KURO〉です。今回、ブランド中もっとも細いシルエットの「Graphite」から、奥深いヴィンテージ感が光る加工「Vintage Wash 13」をご紹介。生地は吉河織物製のセルビッジデニムを使用。長年穿きこんできたかのようなリアルなヒゲやアタリが特徴で、使い始めから他にない存在感を主張します。ヒップ周りと股上のバランスなど、足を長くみせるべく計算されたパターンも絶妙。日本人の体型に美しくフィットするシルエットはまさしく圧巻です。また、コインポケット部などにハンドメイド風のステッチを施したり、洗いをかけた際にパッカリングを出やすくするなど、とことん手の込んだ一本です。 長年穿いたことによって自然に生まれたような立体的なヒゲが内股部分にも入るこだわり様の新加工。小さなクラッシュも数箇所に入りヴィンテージ感が色濃く漂う一本に仕上がっています。吉河織物製の力織機で織られた13ozの生地は、オンスが軽く細身シルエットとの相性も抜群。縦方向の色落ちも綺麗に生まれます。さらに、ベルトループのステッチ間に山ができるような縫製を採用したり、糸の太さやステッチ幅を要所で変えることで立体的に見えるようにするなど、デニムのムードを高める巧みな演出が随所に。そのデニムに捧げる徹底した美学を、是非この機会に体感ください。

<PT01>コンセプトチノ/COLONIAL ボトムス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

37,800

<PT01>コンセプトチノ/COLONIAL ボトムス

良質なコットンのチノ生地を使用する〈PT01〉のコンセプトチノシリーズ。過去に実在したチノパンをベースにして、〈PT01〉流にアレンジを加えています。こちらは「COLONIAL」というモデルで、サイドアジャスターとフラップ付きのヒップボタンが特徴です。股上は深めでシルエットも少しワイドめなので、年齢を気にせずにはきこなせる1本。フロントはファスナー仕様になっており、トップボタンはフックになっています。持ち出しはつかず小さな天狗がつき、内側にはマーベルトとステッチが入り、背面には締め付けを低減するV字スリットが入ります。無骨でクラシカルなチノパンに、ドレススラックスのディテールが盛り込まれています。 ポリウレタンを混紡したストレッチ素材とは違い、コットン100%の風合いも大きな魅力のコンセプトチノ。ミリタリー風のデザインを取り入れつつも、イタリアの名門スラックスブランドらしい仕上がりで、きれいめの着こなしにも合わせやすくなっています。カラーはミリタリーを意識した「カーキ」をご用意しました。軍の上士官が着用していたような、きれいめのチノパンに仕上がっています。

<KURO>Graphite White One Wash ボトムス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

9,720

<KURO>Graphite White One Wash ボトムス

メイド・イン・ジャパンのデニムづくりに徹底してこだわり続ける〈KURO〉。デニムの生地はもちろん、縫製やヴィンテージ加工など、いずれの工程においても日本国内で行なうことで、高いクオリティを保つデニム製品を生み出し続けています。数あるラインナップの中でも代表的なデニムパンツといえば「Graphite」が有名ですが、今回お届けするのは、春夏向けに登場した爽やかな雰囲気を醸し出すホワイトデニムのグラファイトです。吉河織物製のセルビッジ付きホワイトデニムを使用。縫製には及川デニム、洗いは岡山にある美東の手で施されました。“やりすぎない”ワンウォッシュなので、クリーンなスタイリングも楽しめます。 細身のシルエットで定評のあるグラファイトの白デニム。今旬ボトムスとしてトレンドの兆しが高いホワイトデニムは、どんなアイテムに合わせてもそれだけで“こなれた”雰囲気になる便利な一本。ラフに着崩してもだらしなくならず、ジャケットに合わせれば洗練された佇まいが完成。さらにデニムパンツなので、白スラックスのような気恥ずかしさもありません。ヴィンテージデニムの延長線で穿きこなすことができるので、ドレススタイルが苦手な方でも自信を持ってトライすることができる一本になっています。シームにはセルビッジデニムらしい“赤耳”がつき、ヒップポケットにも同様の赤ステッチがアクセントに付けられています。

新作ファッションアイテムのカーゴパンツ太め、発売中!有名ブランドからカジュアルまで♪いま大流行りのファッションアイテム。豊富なサイズ・カラー・デザインから、ぴったりのカーゴパンツ太めが見つかる!流行ものから定番ものまで、自分だけのお気に入りを選ぼう。

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、ファッション関連商品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいファッションアイテムが充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「カーゴパンツ太め」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ