「カラーデニムメンズ」 の検索結果 10,572件

<KURO>Graphite Vintage Wash 16 ボトムス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

14,904

<KURO>Graphite Vintage Wash 16 ボトムス

デニム開発において世界最高峰と謳われる日本のものづくり。デニムブランド〈KURO〉は、その技術と感性に基づき、「メイド・イン・ジャパン」にこだわったコレクションを送り出し注目を集めています。今回は人気の最細モデル「Graphite」から、強めのアタリ感が味わい深い雰囲気を演出する「Vintage Wash 16」をご紹介します。穿き始めから、まるで長年穿き込んできたかのようなリアルなヴィンテージ感。そして最大の特徴は美しいタテ落ちで表現されたブルーの色味。澄んだ印象のブルーカラーは品の良い色味なのでジャケットスタイルとも好相性。コインポケット部などにハンドメイド風のステッチがあしらわれていたり、洗いをかけた際にパッカリングを出やすくする仕掛けが施されていたり、デニムの奥深さを感じられる演出も満載。生地は吉河織物製のセルビッジデニムを使用。随所に顔をのぞかせる“耳”の表情も、デニム好きの琴線に触れるポイントでしょう。 穿いたときに脚を長く美しくみせてくれるシルエットの妙も〈KURO〉の魅力。ヒップ周りと股上のバランスなど、計算され尽くしたパターンが足をより長くみせ、見事なシルエットを描き出します。お尻のポケット位置を高くとるなど、細かな工夫はそこかしこに窺うことができます。さらに、ベルトループのステッチ間に山ができるような縫製を採用したり、糸の太さやステッチ幅を要所で変えることで立体的に見えるようにするなど、デニムならではの個性と味をさらに引き上げる仕掛けが。そのデニムに捧げる徹底した美学は、穿く度にきっとご体感いただけるでしょう。

<KURO>Western Shirts Vintage Wash 05 トップス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

15,120

<KURO>Western Shirts Vintage Wash 05 トップス

ジャパンメイドのデニムといえば、そのクオリティの高さで世界的にも有名。中でも2010年に登場し、たちまち人気に火がついたのが〈KURO〉。生地生産から、縫製、加工、管理すべてを日本国内で行ない、完成度の高いコレクションを毎シーズン展開。同ブランドのすでにフェイスモデルとなった感のあるデニムウエスタンシャツ。吉河織物製の10オンスのセルビッジデニムを使用、経糸にムラ糸が使われているので、美しい色落ちが楽しめます。さらに美東のシェービングによる自然なヴィンテージ加工、オイカワデニムの優れた縫製技術による仕上げなど、日本の高い技術を詰め込んだ〈KURO〉らしさを感じさせる作り。 両胸に付くウエスタンシャツではお馴染みのポケットは、着たときのラインを計算した結果の菱形デザインを採用。また、前立てに並ぶ釦には、黒蝶貝を使ったパールドット釦を組み合わせ、クールな表情を醸し出しています。細身のスラックスや仕立ての良いテーラードジャケットと合わせてもサマになる、都会的な印象の強い一枚。カラーは、自然に着込んで生まれたシワやアタリを見事に表現した「フェーデッドインディゴ」をセレクト。この“自然”なフェード感を出すのにも徹底してこだわっているので、見た目の印象もナチュラルそのもの。ジャケットに合わせたドレスダウン、ニットやカーディガンにさらりと合わせても、雰囲気のあるスタイルが完成します。

<ヤコブ・コーエン>ジャージーGジャン アウター

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

41,580

<ヤコブ・コーエン>ジャージーGジャン アウター

「仕立ての良いテーラードジャケットにも似合うデニムパンツ」をコンセプトに製品作りを展開する〈ヤコブ・コーエン〉。ワークウェアに出自をもつジーンズに、ドレスパンツのような美しいシルエットと豪華な仕立てを大胆に取り入れ、「テーラードジーンズ」というジャンルを確立しました。そしてそのクリエイティビティは、決してジーンズだけにとどまりません。こちらは、当ブランドが得意とする上質デニムを使ったGジャン……にも見えますが、実はジャージー素材でつくられています。ヤコブ・コーエンらしい細身の美シルエットを備えているため、カジュアルなイメージの強いGジャンにして見た目はあくまでスタイリッシュ。そのうえソフトで伸縮性に富むジャージー生地なので、着心地は楽らく。そんな欲張りな一着となっています。 Tシャツやカットソーの上に着るのも良いですが、ぜひおすすめしたいのが、Gジャンを“インナー使い”したレイヤードスタイルです。たとえばトレンチやステンカラーコートのインに着たり、ウールのジャケットの下に合わせたり、あるいはレザージャケットのインナーとしたり…。インにGジャンが加わるだけで非常にこなれた装いへと昇華します。そんな際にもジャージー生地のこちらであれば、たとえタイトめでもデニムほど動きが制限されず、ゴワつきもありません。インディゴ染めが施された生地には洗いがかかっていて既に良い具合の色落ちやアタリが出ていますが、着こむことでさらなる経年変化もお楽しみいただけます。

新作ファッションアイテムのカラーデニムメンズ、発売中!有名ブランドからカジュアルまで♪いま大流行りのファッションアイテム。豊富なサイズ・カラー・デザインから、ぴったりのカラーデニムメンズが見つかる!流行ものから定番ものまで、自分だけのお気に入りを選ぼう。

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、ファッション関連商品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいファッションアイテムが充実品揃え。

関連キーワード

エドウインジーンズ
スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「カラーデニムメンズ」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ