「カラーデニムメンズ」 の検索結果 14,396件

SIVIGLIA(シビリア) 反応染めライトオンス ストレッチインディゴデニム

TOKYOlife

31,320

SIVIGLIA(シビリア) 反応染めライトオンス ストレッチインディゴデニム

春夏の軽快なコーデの相棒にもSIVIGLIAライトオンスインディゴデニム。ライトオンスの素材感は春夏にもデニムを楽しませてくれる最良の一本。そしてリジット風の反応染加工が美しく、風合いを崩すことなく綺麗に履いて頂けます。ライトオンスの涼しい生地感は、真夏の暑い時期にもショーツに逃げずに履けるのが嬉しいポイント。リジット風の浅いインディゴカラーに対して、ステッチカラーも定番デニムより薄い色を使用し、全体の見た目もライトに仕上がったアイテムなのです。また、色落ちなどへの堅牢度が高い反応染加工で仕上げた、リジット風の色合いにも注目してほしいところ。通常のインディゴデニムやブラックデニムに見られる色合いではなく、生デニムの風合いを残した染め加工は、生地の柔らかな肌触りも一級品。全てのバランスが整った逸品は流石のデニムトップブランドといえるでしょう。●反応染めとは…。(反応性染料を用います。これは、アルカリ性の反応液を併用し、布上で化学反応を起こすことで固着します。堅牢度が高いのも特徴です。)そして、ストレッチの効いたノンストレスの履き心地は大人の我々には絶対に欠かせない必須項目。このストレッチが効いていなければ、ここまでの人気が出ていないのでは?と思わせる塩梅の良さは、いつ履いても着用者を嬉しくさせてくれるのです。さらには、オリジナルのブランド刻印リベットやボタンフライ、左ポケット刺繍の「SS」マークや革パッチなど、随所に見られるデザインはシンプルながら存在感抜群です。かくいう私も1本買い、2本買いと完全にSIVIGLIA中毒状態です(笑)。随所にみられる加工も惜しみなく拘り抜いている完成度は唯一無二なデニムに仕上がっています。気になる方はお早目のチェックをお願いいたします!・ストレッチデニム・ボタンフライ仕様・反応染

Finamore(フィナモレ) バンドカラー デニムシャツ 【ボディ /VERONA】

TOKYOlife

32,400

Finamore(フィナモレ) バンドカラー デニムシャツ 【ボディ /VERONA】

ナポリシャツの王道Finamoreらしいデニムの風合い楽しむバンドカラーシャツ。秀逸なシルエットに加え、柔らかい極上の着心地でその地位を確固たるものにしたFinamore(フィナモレ)のバンドカラーシャツをご紹介。使い込むほどに風合いを楽しめるデニム素材を採用しており、上品な佇まいながらも肩の力を抜いた存在感はナポリの息吹を感じるFinamore(フィナモレ)らしい一着。ボディにはタックアウトOKなVERONA(ヴェローナ)ボディをリクエストオーダー。VERONA(ヴェローナ)は着丈が短くなっており、タックアウトのシルエットがしっかりと決まります。また、袖丈も日本人に合うようにやや短く修正しています。Finamoreのシャツといえば、老舗のシャツメイカーらしい熟練したシャツ職人の手縫いによる、たっぷりとイセ込んだ肩と自然なカーブを描く立体的な袖付けも大きな特徴です。たかがシャツですが、コスパに優れるプライスのシャツブランドにはこのフィット感は実現出来ません。一度、袖を通すと、その魅力に取りつかれてしまうシャツは、多くのリピーターを生み出し続けているのです。万能なデニムシャツに遊びを加えた、Finamoreのバンドカラーシャツを是非お試し下さい。

Bagutta(バグッタ) セミワイドカラー ダンガリー インディゴデニムシャツ【BERLINO】

TOKYOlife

25,920

Bagutta(バグッタ) セミワイドカラー ダンガリー インディゴデニムシャツ【BERLINO】

オールシーズン使える汎用性高いカジュアルシャツといえば、デニムシャツではないでしょうか。Bagutta(バグッタ)はCit(チット)社が手掛ける最高峰シャツブランドの一つ。Cit(チット)社はその技術の高さから、多くのトップメゾンのシャツを一手に手掛けてきており、1978年のジョルジオアルマーニの台頭によって一躍メジャーな存在に。現在は、ラポ エルカンのディレクションのもと行われるGUCCIのオーダーシャツを請け負うなど、技術力の高さをもとに、新しい世界を開拓し続けている世界で最も注目のシャツファクトリーのプライベートブランド。そんなBagutta(バグッタ)よりご紹介するのは、シルエットが美しいセミワイドカラーのダンガリーシャツ。最高級のシャツファクトリーで知られる同ブランドのシャツは、シルエットが非常に美しいことでも有名ですが、それがオールシーズン使えるダンガリーシャツということであれば見逃せません。そして、小さな変化ですが、注目は襟型。今回ご用意したのは、今までの流れを踏襲したワイドカラーやカッタウェイカラーではなく、襟の開きをやや抑えた「セミワイドカラー」でのご提案です。ここ最近のカジュアル化への反動からか、一昔前にドレスシーンで重宝されていたレギュラーカラーに近しいクラシカルな襟型が、今とても新鮮に映るのです。ただ、シャツに関しては精通しているBagutta(バグッタ)ですから、あくまでもドレスの要素を取り入れた「カジュアルシャツ」というコンセプトは崩しません。色落ちを楽しめるオトコらしいインディゴのダンガリー生地に、前立てを付けてカジュアルな要素をトッピング。イタリアンシャツでありながらも、アメリカの息吹を感じる要素をセレクトすることで、手持ちのシャツとはまた違ったスタイリングを楽しんで頂きたいところ。また...

Finamore(フィナモレ) DENIMライン ホリゾンタルカラー ヘリンボーン インディゴデニムシャツ【襟型SIMONE/ボディVERONA】

TOKYOlife

35,640

Finamore(フィナモレ) DENIMライン ホリゾンタルカラー ヘリンボーン インディゴデニムシャツ【襟型SIMONE/ボディVERONA】

ナポリシャツの王道Finamoreで嗜む大人のデニムシャツ。秀逸なシルエットに加え、柔らかい極上の着心地でその地位を確固たるものにしたFinamoreのご紹介。襟型は人気定番のホリゾンタルカラー「SIMONE(シモーネ)」を採用。そして、ボディにはタックアウトOKなVERONA(ヴェローナ)ボディをリクエストオーダー。VERONA(ヴェローナ)は着丈が短くなっており、タックアウトのシルエットがしっかりと決まります。また、袖丈も日本人に合うようにやや短く修正しています。そして、定番の襟型であるSIMONE(シモーネ)の特徴であるカッタウェイカラーは第2ボタンを開けた時のシルエットが絶妙に美しい仕上がりとなって紳士の胸元に色気を与えてくれます。また、今作はFinamore(フィナモレ)から初展開となるDENIMライン。小ぶりな前立てに、随所にアタリがついたヴィンテージ調の加工が特徴の一つで、シーズンを問わず着て頂ける生地感となっています。また、ヘリンボーン柄もデニムの表情をより一層豊かにしており、着こんでいくうちにフェードしていくボディの色落ちも一緒に楽める遊び甲斐のあるデニムシャツとなっています。Finamoreのシャツといえば、老舗のシャツメイカーらしい熟練したシャツ職人の手縫いによる、たっぷりとイセ込んだ肩と自然なカーブを描く立体的な袖付けも大きな特徴です。たかがシャツですが、コスパに優れるプライスのシャツブランドにはこのフィット感は実現出来ません。一度、袖を通すと、その魅力に取りつかれてしまうシャツは、多くのリピーターを生み出し続けています。トレンドのキーアイテムとしても重要項目である【デニムシャツ】はナポリ最高峰のFinamoreで美しく決めましょう。↓↓関連記事も合わせてご覧下さい↓↓

CIT LUXURY(チットラグジュアリー) バンドカラージャガードデニムシャツ

TOKYOlife

18,900

CIT LUXURY(チットラグジュアリー) バンドカラージャガードデニムシャツ

使えるデニムシャツもバンドカラーで変化を楽しむ。カジュアルに上品にこなせる魅惑のバンドカラーはコスパ高いCIT LUXURY(チットラグジュアリー)で決まりです。密かにファンが多いことで有名なチットラグジュアリー。バンドカラーって随分と変化球じゃない?と感じられる方も多いかと思いますが、良い意味で期待を裏切ってくれるのがコチラの「バンドカラーシャツ」で御座います。デニムシャツはオールシーズンで使い回せて長くお付き合出来る一着。ボディにはジャガード織りによって生まれた、美しい模様がデザインアクセントになっています。カジュアルなベースを持ちながら上品な佇まいも魅力の一つ。チットラグジュアリーのフィッティングは日本人の体形に非常に相性が良く、脇の下からウェストにかけてもたつく印象がありません。身体にフィットし易いパターンセンスも大手ブランドのOEMで培ってきた確かな技術があってこそ。このプライスゾーンも魅力の一つで、値段高騰が続くインポート市場に置いて、見事なコスパを維持しています。バンドカラーシャツといえば、襟元をスッキリとさせたリラックス感あるスタイルが印象的。普通の襟付きのシャツに慣れ親しんでいますと、このシャツの出で立ちはかなりトリッキーに見える方々もいらっしゃるのではと感じます。しかし、食わず嫌いはいけません。バンドカラーシャツを制してこそ、大人の魅力が垣間見えるというものです。バンドカラーシャツは、リラックス感を演出するだけではなく、カジュアルとドレスの架け橋となる存在。コーディネートに加えるだけで手持ちのワードロープが新鮮に蘇るはずです。何時もと違う違和感を、一度受け入れてみるとコーディネートの幅が一気に広がり楽しくなるのです。古くから存在する非常にクラシックなモデルが新鮮に映ること間違いなし...

<KURO>Graphite Vintage Wash 16 ボトムス

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

24,840

<KURO>Graphite Vintage Wash 16 ボトムス

デニム開発において世界最高峰と謳われる日本のものづくり。デニムブランド〈KURO〉は、その技術と感性に基づき、「メイド・イン・ジャパン」にこだわったコレクションを送り出し注目を集めています。今回は人気の最細モデル「Graphite」から、強めのアタリ感が味わい深い雰囲気を演出する「Vintage Wash 16」をご紹介します。穿き始めから、まるで長年穿き込んできたかのようなリアルなヴィンテージ感。そして最大の特徴は美しいタテ落ちで表現されたブルーの色味。澄んだ印象のブルーカラーは品の良い色味なのでジャケットスタイルとも好相性。コインポケット部などにハンドメイド風のステッチがあしらわれていたり、洗いをかけた際にパッカリングを出やすくする仕掛けが施されていたり、デニムの奥深さを感じられる演出も満載。生地は吉河織物製のセルビッジデニムを使用。随所に顔をのぞかせる“耳”の表情も、デニム好きの琴線に触れるポイントでしょう。 穿いたときに脚を長く美しくみせてくれるシルエットの妙も〈KURO〉の魅力。ヒップ周りと股上のバランスなど、計算され尽くしたパターンが足をより長くみせ、見事なシルエットを描き出します。お尻のポケット位置を高くとるなど、細かな工夫はそこかしこに窺うことができます。さらに、ベルトループのステッチ間に山ができるような縫製を採用したり、糸の太さやステッチ幅を要所で変えることで立体的に見えるようにするなど、デニムならではの個性と味をさらに引き上げる仕掛けが。そのデニムに捧げる徹底した美学は、穿く度にきっとご体感いただけるでしょう。

Finamore(フィナモレ) DENIMライン ホリゾンタルカラー ブルーインディゴデニムシャツ【襟型SIMONE/ボディTRIESTE】

TOKYOlife

34,560

Finamore(フィナモレ) DENIMライン ホリゾンタルカラー ブルーインディゴデニムシャツ【襟型SIMONE/ボディTRIESTE】

ナポリシャツの王道Finamoreで嗜む大人のデニムシャツ。秀逸なシルエットに加え、柔らかい極上の着心地でその地位を確固たるものにしたFinamoreのご紹介。襟型は人気定番のホリゾンタルカラー「SIMONE(シモーネ)」を採用。そして、ボディにはタックインOKなTRIESTE(トリエステ)ボディをリクエストオーダー。また、袖丈も日本人に合うようにやや短く修正しています。そして、定番の襟型であるSIMONE(シモーネ)の特徴であるカッタウェイカラーは第2ボタンを開けた時のシルエットが絶妙に美しい仕上がりとなって紳士の胸元に色気を与えてくれます。また、今作はFinamore(フィナモレ)から初展開となるDENIMライン。小ぶりな前立てに、随所にアタリがついたヴィンテージ調の加工が特徴の一つで、シーズンを問わず着て頂ける生地感となっています。着こんでいくうちにフェードしていく、ボディの色落ちも一緒に楽しんでみて下さい。Finamoreのシャツといえば、老舗のシャツメイカーらしい熟練したシャツ職人の手縫いによる、たっぷりとイセ込んだ肩と自然なカーブを描く立体的な袖付けも大きな特徴です。たかがシャツですが、コスパに優れるプライスのシャツブランドにはこのフィット感は実現出来ません。一度、袖を通すと、その魅力に取りつかれてしまうシャツは、多くのリピーターを生み出し続けています。トレンドのキーアイテムとしても重要項目である【デニムシャツ】はナポリ最高峰のFinamoreで美しく決めましょう。↓↓関連記事も合わせてご覧下さい↓↓

ZANONE(ザノーネ) クルーネック コットンニット【ジーンズメランジ】

TOKYOlife

29,160

ZANONE(ザノーネ) クルーネック コットンニット【ジーンズメランジ】

プレーンなルックスのコットンニット。何の変哲もなさそうなアイテムだからこそ、ザノーネが良いのです。ニットカテゴリーのブランドの中で頭一つ抜けているブランド、それがザノーネ。秋冬シーズンにとどまらず傑作ボタンカーデのKYOTOをはじめとするヒットプロダクトが満載のイタリア、スローウェアグループのニットブランドですが、アイコニックなモデル(またはシーズン)に限らず、ニットブランドとしての信頼は間違いありません。上質なコットン素材も心地良いプレーンなルックスのクルーネックニット。サイズバランスは他のザノーネの傑作モデル同様にコンパクトでコーディネートも、一枚使いも美しくまとまります。本モデルの最大の特徴はカラー。一見すると明るいトーンのネイビーブルーですが、ジーンズメランジというカラー名の通り、メランジ(フランス語で「混合する」という意味で、2色以上の霜降り糸)されたインディゴカラーが表情ある美しいカラーニット。デニムとの相性は言うまでもなく、シーズンらしいホワイトパンツ(デニム)やドレススタイルのカジュアルでクリーンなアクセント使いにも効果を発揮します。何でもないアイテムだからこそ、その強みあるブランドさんが手掛けるアイテムに間違いはないのです。

BARBA(バルバ) ワイドカラー インディゴ シャンブレーシャツ【襟型NEW BRUNO / DANDYLIFE DENIM】

TOKYOlife

32,400

BARBA(バルバ) ワイドカラー インディゴ シャンブレーシャツ【襟型NEW BRUNO / DANDYLIFE DENIM】

上品でありながら、オトコ臭いタフなイメージを連想させるDANDYLIFEのDENIMライン。BARBAの【ダンディライフ】シリーズから共に歩み、その変化も楽めるシャンブレーシャツをご紹介致します。デニムの王道、インディゴカラーをベースにしたワードローブには欠かせない一着。着ていくうちに徐々に変化する色落ちや、アタリを楽しみながら共に歩めるデニムシャツは、是非ともコーディネートに取り入れてほしいところ。BARBAのダンディライフといえば、一度洗いをかけた絶妙な風合いが特徴の一つ。同ブランドでも人気の高いシリーズですが、今回は【DENIMライン】からインディゴカラーのシャンブレーシャツをセレクトしています。一度洗いをかける事で、肌触りが非常に柔らかくなった極上の着心地は、シャツ本来の肌着としての側面を思い起こさせるには十分な魅力を発揮してくれます。また、日本人の体形にもピッタリとフィットする絶妙なシルエットはどんな方でも「イイ身体」に魅せてくれる秀逸なパターンが特徴なのです。襟型にはワイドカラーのNEW BRUNO型を採用。ワイドカラーの襟型はネクタイを締める際も丁度良い収まりと、ボタンを開けた時のシルエットが絶妙に決まるのが大きなポイント。ベーシックでありながらも、上質な一着を楽しめるBARBA(バルバ)を是非ともお楽しみください。・DANDY LIFE DENIMコレクション・襟型NEW BRUNO

<ヤコブ・コーエン>ジャージーGジャン アウター

JACKET REQUIRED/ジャケットリクワイヤード

59,400

<ヤコブ・コーエン>ジャージーGジャン アウター

「仕立ての良いテーラードジャケットにも似合うデニムパンツ」をコンセプトに製品作りを展開する〈ヤコブ・コーエン〉。ワークウェアに出自をもつジーンズに、ドレスパンツのような美しいシルエットと豪華な仕立てを大胆に取り入れ、「テーラードジーンズ」というジャンルを確立しました。そしてそのクリエイティビティは、決してジーンズだけにとどまりません。こちらは、当ブランドが得意とする上質デニムを使ったGジャン……にも見えますが、実はジャージー素材でつくられています。ヤコブ・コーエンらしい細身の美シルエットを備えているため、カジュアルなイメージの強いGジャンにして見た目はあくまでスタイリッシュ。そのうえソフトで伸縮性に富むジャージー生地なので、着心地は楽らく。そんな欲張りな一着となっています。 Tシャツやカットソーの上に着るのも良いですが、ぜひおすすめしたいのが、Gジャンを“インナー使い”したレイヤードスタイルです。たとえばトレンチやステンカラーコートのインに着たり、ウールのジャケットの下に合わせたり、あるいはレザージャケットのインナーとしたり…。インにGジャンが加わるだけで非常にこなれた装いへと昇華します。そんな際にもジャージー生地のこちらであれば、たとえタイトめでもデニムほど動きが制限されず、ゴワつきもありません。インディゴ染めが施された生地には洗いがかかっていて既に良い具合の色落ちやアタリが出ていますが、着こむことでさらなる経年変化もお楽しみいただけます。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「カラーデニムメンズ」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ