「吟香露」 の関連商品を含む検索結果 45件

吟醸粕取焼酎 杜の蔵 吟香露1800ml 粕取焼酎は福岡が発祥の地!【RCP】

酒シンドバッド楽天市場店

2,349

吟醸粕取焼酎 杜の蔵 吟香露1800ml 粕取焼酎は福岡が発祥の地!【RCP】

ギフト対応 ☆一体どんな焼酎?? 九州を代表する、全国的にも知られる銘醸蔵元【杜の蔵】さんの逸品! 創業明治31年の清酒造りと焼酎造りの最高の技術が出会って生まれる至福の味わい 【杜の蔵・吟香露】 ■こんな蔵元さんです■ ●福岡県・筑後地方 ゆったりと流れる筑後川と広大な穀倉地に豊かに実る稲に恵まれ古くから酒造りと共に時を刻んできた土地です。 原料となるのは蔵の地下を流れる豊富でやわらかな地下水と地元や県内で契約栽培をしている酒米です。 ●清酒は純米酒のみを醸しています 「一番贅沢に造ったはずの大吟醸酒にどうしてわざわざ他のものが入るのか?」 その問いに出された答えは、生産する全ての清酒に醸造アルコールなどを使わない純米酒のみを造ること。 そういったものを使う意味や歴史的背景もあり全てを否定するわけではありませんが、純米酒こそ本来の在るべき 姿だと信じて情熱を傾けていきたいと考えています。 (蔵元コメントより) そんな同蔵の逸品【杜氏の詩】や【大手門】等、人気の大吟醸の酒粕で造った吟醸粕焼酎です。 ●粕取り焼酎(酒粕焼酎)は福岡県の特産品でした。 日本酒のメーカーが多く原料が豊富であったためですが、酒粕をセイロで蒸すときに生じる独特の強い香りが 敬遠されたため、 いつしか麦焼酎にとって変わられ、今ではまったくといっていいほど姿を消してしまいました。 杜の蔵では、日本酒製造で生じる酒粕の有効利用法としてまた、 福岡の伝統品の復活と言う観点からも粕取り焼酎 の復活を試みました。 今までのイメージとは180℃変わった、 フルーティですっきりとした味わいの吟醸粕焼酎の誕生です。 ☆その味わいは?? 今までの粕取焼酎のイメージとは180℃変わった、 フルーティですっきりとした味わいの吟醸粕焼酎です。 あ~やっぱ、旨かねぇ!!(博多弁)...

鳥飼酒造 「吟香 鳥飼」720ml 12本

Amazon

25,920

鳥飼酒造 「吟香 鳥飼」720ml 12本

吟香 鳥飼「元祖吟香米焼酎」 皇太子妃・雅子さまご愛飲の焼酎として話題になった球磨焼酎 さらに、世界中の銘酒を集めたコンクール「1996年モンドセレクション国際食品コンクール」 で特別金賞(グランド メダイユ ドル)受賞 実店舗でも入荷するとすぐ売り切れてしまう人気商品です 鳥飼社長のもと、伝統の技術と自家培養の酵母によって生まれた、今までの球磨焼酎とは 違う豊かな吟醸香の米焼酎「鳥飼」 日本酒を造ったあとの酒粕を蒸留した粕取り焼酎とは違い、焼酎を造るために酒造用の「山 田錦」・「五百万石」を磨き、大吟醸酵母として知られる、熊本発祥の「協会9号(清酒・香露)」 というを使用、そのモロミを蒸留したなんとも手の込んだ贅沢な米焼酎 味わい 口に含むと「コレが焼酎?まるで吟醸酒を飲んでいるよう」と思わせる華やかな香りとフルー ティーで柔らかな味わい 臭みがなく、サッパリしているので、焼酎が苦手な外国人のお客様にも安心しておススメでき ます おすすめの飲み方 どのような飲み方でも美味しくお飲みいただけますが、是非、ロック・水割りでお楽しみ下さい 清酒のように冷やして飲んでいただいてもOKです 《商品データ》 産地:熊本県熊本県人吉市 製造元:鳥飼酒造 原材料:米 度数: 25度 内容量:720ml×12本 保存方法:冷暗所保存

☆【粕取り焼酎】吟香露(ぎんこうろ) 20度 1800ml

焼酎・日本酒の「酒の勝鬨」

2,548

☆【粕取り焼酎】吟香露(ぎんこうろ) 20度 1800ml

酒データ 産地 福岡県 容量 1800ml 蔵元 杜の蔵 度数 20度 麹 非公開 蒸留 - 原料 酒粕 商品詳細 福岡県 杜の蔵さんより吟香露(ぎんこうろ) 20度 酒粕を原料に、独自の蒸留法から生まれた酒粕焼酎。 フルーティーな吟醸香と すっきりとした味わい! ■酒粕焼酎って!? 間違われることがありますが、米焼酎とは製法だけでなく香りや味も結構違うのが「酒粕焼酎」。 「杜の蔵」がある福岡・筑後地方は、古くから日本酒の酒蔵がたくさんあり、地方の農家の方々は酒蔵から出た酒粕からアルコールをとばしたものを田んぼの肥料につかっていたのです。 更に、とばしたアルコールの湯気を冷やして液体にしたものは(=つまり蒸留と同じ)「早苗饗(さなぶり)焼酎」と呼ばれ、田植えの後の骨休めに楽しんだと言われています。 ただ、この焼酎はあまりに強烈な個性のため、大部分の飲み手にとっては親しみにくいものとなってしまいました。 そこで「地元の焼酎文化を守る!」の思いから、現代の嗜好に合う「吟香露」が生み出されたのです。 ■うまいが、香る。吟の酎。 なぜ、「吟香露」はフルーティーな香りが楽しめるのでしょう? 吟醸づくりの日本酒を造るとき、醗酵中のもろみは果物にも似たとても良い香りがします。 ところが、お酒を搾るとその良い香りはお酒ではなく、ほとんどが酒粕の方に残ってしまうのです。 吟醸づくりの酒粕が原料の「吟香露」は、酒粕に残った香りを焼酎の中に再現したというわけです。 ■スッキリしたい夜に! 暑い日やジメジメする日はもちろん、そうでなくても現代社会はストレスがたくさんですよね。 そんな頑張った一日の終わりに(いろんな意味で)スッキリしたい!ときに、爽やかな飲み口の「吟香露」がお手伝いできそうです。 ■おすすめの楽しみ方は? 「吟香露...

☆【粕取り焼酎】吟香露(ぎんこうろ) 20度 720ml

焼酎・日本酒の「酒の勝鬨」

1,274

☆【粕取り焼酎】吟香露(ぎんこうろ) 20度 720ml

酒データ 産地 福岡県 容量 720ml 蔵元 杜の蔵 度数 20度 麹 非公開 蒸留 - 原料 酒粕 商品詳細 福岡県 杜の蔵さんより吟香露(ぎんこうろ) 20度 酒粕を原料に、独自の蒸留法から生まれた酒粕焼酎。 フルーティーな吟醸香と すっきりとした味わい! ■酒粕焼酎って!? 間違われることがありますが、米焼酎とは製法だけでなく香りや味も結構違うのが「酒粕焼酎」。 「杜の蔵」がある福岡・筑後地方は、古くから日本酒の酒蔵がたくさんあり、地方の農家の方々は酒蔵から出た酒粕からアルコールをとばしたものを田んぼの肥料につかっていたのです。 更に、とばしたアルコールの湯気を冷やして液体にしたものは(=つまり蒸留と同じ)「早苗饗(さなぶり)焼酎」と呼ばれ、田植えの後の骨休めに楽しんだと言われています。 ただ、この焼酎はあまりに強烈な個性のため、大部分の飲み手にとっては親しみにくいものとなってしまいました。 そこで「地元の焼酎文化を守る!」の思いから、現代の嗜好に合う「吟香露」が生み出されたのです。 ■うまいが、香る。吟の酎。 なぜ、「吟香露」はフルーティーな香りが楽しめるのでしょう? 吟醸づくりの日本酒を造るとき、醗酵中のもろみは果物にも似たとても良い香りがします。 ところが、お酒を搾るとその良い香りはお酒ではなく、ほとんどが酒粕の方に残ってしまうのです。 吟醸づくりの酒粕が原料の「吟香露」は、酒粕に残った香りを焼酎の中に再現したというわけです。 ■スッキリしたい夜に! 暑い日やジメジメする日はもちろん、そうでなくても現代社会はストレスがたくさんですよね。 そんな頑張った一日の終わりに(いろんな意味で)スッキリしたい!ときに、爽やかな飲み口の「吟香露」がお手伝いできそうです。 ■おすすめの楽しみ方は? 「吟香露」の香味の特徴は何といっても...

こちらの関連商品はいかがですか?

富士高砂酒造 本格焼酎 富士の露 720ml/酒粕焼酎/25度/静岡/富士宮

伊豆のワイン蔵 なかじまや

1,188

富士高砂酒造 本格焼酎 富士の露 720ml/酒粕焼酎/25度/静岡/富士宮

ギフト対応 □商品説明 香り良し、味良しの焼酎。 日本酒で定評のある富士高砂酒造が焼酎を手掛けるとこうなります。 酒粕をベースに造られていて、更に3年の熟成期間を経て出荷される限定品です。 日本酒の延長線上に位置するかのようなこの焼酎は日本酒と焼酎の良い部分を備えた優れもの。軽く日本酒を飲み、この焼酎とジックリ向かい合う、こういうのもいいかもしれません。 アルコール度:25度 □商品詳細 商品名: 本格焼酎 富士の露 容量: 720ml 蔵元名: 富士高砂酒造(静岡県富士宮市) 原材料名: 米・酒粕 その他:  -富士高砂酒造- 富士高砂酒造は、富士宮浅間大社のすぐ西側に位置する蔵元です。 発祥は1820年(文政年間)あたりに滋賀県蒲生郡日野町の山中正吉が創業したと伝えられ、現在の地に「酒蔵」を構え酒造りを創めたのが、1831年(天保2年)と伝えられています。当時、駿河湾より駿東にかけて「ごうりき」という酒造に適した米がとれ、また富士山の伏流水が豊富に使えるというこの地に出会った縁により、「能登杜氏」とこの地で酒造を生業としたとのことです。 蔵の特徴は、仕込み水の富士の水(軟水)の素質より口当りの優しく少し甘く感じる酒質、そして代々「能登杜氏」による「山廃仕込」「再仕込」等の味口造りです。全体の造りは、約1500石(一升壜で約15万本)ほどで、主な原料米は1/3が兵庫県産山田錦、ほかに北長野の美山錦、北陸の五百万石です。上撰を含む75%程が特定名称の造りです。 -「高砂」の由来- 能の中には、「松は緑」を謡うものが多くあり(松は常緑樹で、いつでも緑色である事から長寿・天下泰平・夫婦和合のたとえとされます。)特に謡曲「高砂」の相生の松・松は緑に感した初代正吉が「高砂」の銘を戴いたと云われています。 謡曲「高砂...

誉の露 米焼酎 常圧蒸留25度 720ml

くまの焼酎屋

1,296

誉の露 米焼酎 常圧蒸留25度 720ml

ご購入合計数が2本以下は宅急便専用破損防止カートン代が追加になります。 創業200年の老舗蔵 当蔵の創業は、文政六年。初代の深野時次は元々福岡・久留米の出身。久留米ですから、当時の領主は筑前・黒田氏でしょうか、御用商人をしていたそうです。時次はお米の買い付けに人吉・球磨に出入りするうち、人吉盆地の豊富な米、良質な水、冬の冷涼な気候に目をつけ、 当時相良藩が藩をあげて焼酎・清酒の製造を奨励していたこともあり、一族でこの地に移ってきたのだそうです。蔵の裏手に流れる幅2mほどの水路。これは御溝(おみぞ)と呼ばれ、江戸時代に万江川の水を相良氏の下屋敷(別荘)へ送るために造られたものです。現在でも農業用水や近隣住民のちょっとした洗いものに利用され、当蔵でもこの水を蒸留の冷やし水に利用しています。昔はここに水車がしつらえてあり、蔵内での仕込みや洗い水にも利用していたのですが、残念ながらこの水車、今はもうありません。現在は道路の拡張とともに御溝沿いは裏通りとなりましたが、昔はこちら側が蔵の正面玄関。涼やかな風が抜けるこの通りは坂本・万江と人吉とを結ぶ街道であり、馬車やロバを曳いて街道を行き交う商人や農民の格好の憩いの場、そして近所の人たちが徳利片手に焼酎を買いに来る社交の場でもありました。御溝沿いの裏玄関には今もレンガ造りの煙突がそびえており、現役を退いた今も蔵のシンボルとして往時を偲ばせています。 昔ながらの手造りカメ仕込み常圧 誉の露 麹から手造りで行い、カメ仕込み・常圧蒸留・カメ貯蔵。50年前先代の代表銘柄であり、地元の方々に愛されていた当時のままのラベルを再現。ただの復刻ではなくさらに旨さを追求しました。呑めば呑むほどに旨さが分かります。焼酎ファン「一飲の価値あり」です。熊本県 人吉市 深野酒造 原材料/米、米麹(黒麹)常圧蒸留 仕込方法...

こだわりの焼酎の吟香露、発売中!当社自慢の一品。全国各地特産の種類豊富な美味焼酎。種類豊富な吟香露をカンタン検索・比較できます。贈り物にも、まとめ買いにもどうぞ。

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、お酒・ドリンクをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい焼酎が充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「吟香露」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

関連カテゴリ