「無濾過生原酒」 の検索結果 331件

【濃酵甘口】千曲錦酒造 純米大吟醸生酒 吉田屋治助(限定品)

プラザ佐久

4,180

【濃酵甘口】千曲錦酒造 純米大吟醸生酒 吉田屋治助(限定品)

*クール便でお届けします。 酒造好適米「山田錦」を39%まで精白し、蒸米は甑(こしき)・麹造りは麹蓋を使って行います。もろみに圧力をかけない「袋しぼり」という方法でしぼるので、香りと味をいためることなく、最良の状態で原酒を得ることが出来ます。 酵母は吟醸香・吟味共に特に優れた「長野酵母」を使用し、原酒をオリ引き濾過せずにそのまま生詰めした純米大吟醸酒です。火入れ(加熱殺菌)をしておりませんので、貯蔵・流通は低温で行っています。 ●濃酵甘口 ●商品情報: アルコール:15.9% 日本酒度:-6.0 酸度:1.1 原料:米・米麹 麹米:山田錦 掛米:山田錦 精米歩合:39% 酵母:長野酵母 内容量:720ml 要冷蔵 無濾過・無加水 ●蔵元おすすめの飲み方 冷蔵庫でキンキンに冷やして、お召し上がりください。 冷や◎/ロック○ 浅間山山系伏流水と蔵元千曲錦酒造で高精白(39%)した「山田錦」のみを原料に、極寒仕込みにて手造りした純米大吟醸生酒です。お米の旨みが凝縮された濃酵でフルボディーな味わいに、芳醇な吟醸香が特徴です。酒袋でもろみを搾り、オリ引き濾過をせずに生詰めしましたので、フレッシュな風味がお楽しみいただけます。 ※多少オリが出る事がありますが、品質には問題ございません。

日本酒 風の森 純米 無濾過生原酒 秋津穂720ml【油長酒造】

お酒の専門店 松仙

1,620

日本酒 風の森 純米 無濾過生原酒 秋津穂720ml【油長酒造】

.☆.・∴.・∵☆:*・∵.:*・☆.☆.。.:*,★ :*・∵.:☆.。.:*・:*・∵.☆:*・∵.゜ 日本酒 風の森 純米 無濾過生原酒 しぼり華 秋津穂720ml [商品説明] ■蔵元:油長酒造株式会社 ■都道府県:奈良県御所市 ■原料米: 全量 秋津穂使用 ■精米歩合:65% ■日本酒度:+3,5 ■アルコール度数:17、5% ■容量:720ml 「風の森」の醸造元である油長(ゆうちょう)酒造は、慶長年間より大和平野に産する菜種を以て製油業を営み、油屋長兵衛と名乗っていました。 そして享保四年(1719年)に酒造業に転じ、以来三百年近く酒造り一筋に生きてきた老舗の日本酒蔵。 蔵の所在地は大阪府と奈良県との県境に聳える金剛葛城山系の麓の奈良県御所市(ごせし)です。 奈良は邪馬台国の古より、飛鳥京~藤原京~平城京と幾度となく都が置かれた歴史があり、ご存知のように日本酒発祥の地でもあります。 この地は酒造りの最も大切な条件の一つといわれる優れた水を、自然の恵みから享受できる恵まれた立地で、油長酒造も葛城山麓一帯の地下の岩盤をくぐり抜けた清冽な水を仕込水として使用しています。 現蔵主の第十二代目・山本長兵衛さんは、伝統の技術を継承しながも、現代人の嗜好の変化にも対応した酒造りを行なっております。 ◆「風の森」は全量が無濾過&無加水のお酒。 酒造業界内では無濾過の定義は曖昧ですが、油長酒造ではモロミを搾った後にフィルターやメッシュなどを通した濾過処理を一切行なっておりません。 また、火入れ殺菌もせず加水処理もしない垂れ口そのままの、正真正銘の無濾過の生・原酒を瓶詰しております。 ◆「風の森」は全商品が"しぼり華"です。 どぶろく状のモロミを搾る作業を「上槽」と呼び、無加圧で自然に流出し始めてから徐々に圧力をかけて搾りきるまでの過程で...

【2017年12月14日入荷予定】初日の出 純米生原酒 あらばしりしぼりたて無濾過直詰 720ml【季節限定販売】【入荷次第出荷】

とみづや千本酒店

1,499

【2017年12月14日入荷予定】初日の出 純米生原酒 あらばしりしぼりたて無濾過直詰 720ml【季節限定販売】【入荷次第出荷】

初日の出純米生原酒あらばしりしぼりたて無濾過直詰 初日の出純米生原酒 初日の出あらばしりしぼりたて無濾過直詰 初日の出あらばしりしぼりたて 初日の出あらばしり 初日の出無濾過直詰 初日の出しぼりたて無濾過 初日の出しぼりたて無濾過 初日の出純米生原酒しぼりたて無濾過 嵐山 嵯峨 料亭 先斗町 しぼりたて・新酒・限定販売・限定発売・限定商品【羽田酒造】 京都嵯峨のから、周山街道(国道162号線)を一路北へ進み神護寺・高山寺で有名な高雄を過ぎますと北山杉の木立一色になります。 床柱(磨き丸太)を林立させた家並みが続く中、そこに桂川の上流と北山杉のふる里、周山があります。 清酒「初日の出」は、この京都北山の町周山で、ひっそりと地元の人々に愛飲されながら育まれて参りました。 粒よりの地元酒造米と伝統ある技術を結集した手造りの地酒です。 京都北山の自然と清澄な大気、そして、桂川上流の伏流水を利用して醸した「清酒初日の出」は、きめ細やかで喉ごしのよい香り高い地酒です。 桂川上流の伏流水を利用し、米と米麹のみで醸した新酒です。 しぼったそのままのフレッシュな味わいと“無ろ過"ならではの濃厚なのど越しが特徴です。 火入れせずに瓶詰めしましたので、よく冷やしてお飲みください。 日本酒度:+2 原料米:北山 五百万石 精米歩合:60% 飲み口 中口 アルコール度:17.5度 ・お買上げ後は冷蔵庫で保管してください。 ・開栓後はなるべく早くお飲みください。 ※この商品は通常クール便での配送になりますが冬季については通常便で配送いたします。 ↓↓ キブト希望はこちら ↓↓ ↓↓ 同梱におすすめ ↓↓

陸奥八仙 吟醸 あらばしり 無濾過生原酒 1800ml - 八戸酒造

銘酒しらい屋

3,024

陸奥八仙 吟醸 あらばしり 無濾過生原酒 1800ml - 八戸酒造

熟したメロンのような華やかな香りは大吟醸とも思えるインパクト とにかく香りの印象が強い吟醸酒です。 私が初めてこれを飲んだときには「大吟醸?」と思ったほどです。 「あらばしり」とは出来上がった日本酒のタンクの最初に出てくる部分をさします。 搾り口から最初に流れ出た最もフレッシュな部分をそのまま瓶詰めしたのが、この「あらばしり」 「あらばしり」という名がついていますが荒々しいわけではありません。 甘味を感じられるトロリとした芳醇な味わいは食中酒としても絶品です! これほどまでレベルの高い吟醸酒に出会ったのは久々です! 是非一度お楽しみ下さい。 絶品です! 【製造元】八戸酒造 青森県八戸 【特定名称】吟醸 あらばしり無ろ過生原酒 【容量】1800ml 【ALC度数】 17度 【日本酒度】 -1.4 【使用米】麹:華吹雪 掛米:まっしぐら 【精米歩合】麹 55% 掛 60% 【酸度】 1.4創業230年の歴史を有する八戸酒造は、初代駒井正三郎の「良酒一念」の思いを守り、「陸奥の地の酒」を造り続ける蔵元です。 現在の八代目正三郎は、初代から受け継いだ志に加え環境と健康に配慮した安全で美味い酒造りに挑戦しています。青森県産の有機自然米と八戸の大地から湧き出す清冽な水を用い、伝統の技と手法でじっくりと丁寧に醸された酒をじっくりとお楽しみください。

● 楯野川 純米大吟醸 清流 1800ml 【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】

山形の地酒ワイン特産品 木川屋

2,592

● 楯野川 純米大吟醸 清流 1800ml 【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】

コストパフォーマンス抜群。最も安価な純米大吟醸。 清流の名のとおり、透明感のある澄んだ軽いお酒に仕上がった純米大吟醸です。 酒質以上に驚きなのがその価格です。 山形県オリジナルで主力の酒米「出羽燦々」。契約栽培したこの米を50%まで精米し醸しました。 50%は純米大吟醸を名乗れる最低限の精米歩合ではありますが、出羽燦々を50%まで磨いた純米大吟醸が1800mlで2310円・720mlで1260円で購入できるのは、コストパフォーマンスが良いというよりも、もはや価格破壊に近い価格設定です。 アルコール度数は14%台と低めですが、軽く飲みやすいお酒です。 低価格ですので、普段飲みにもぴったりです。 季節限定の無濾過生原酒も登場 通常の清流の華やかな印象はそのままに、無濾過生原酒のフレッシュさと出羽燦々のやわらかい幅のある旨味を味わうことができます。 無濾過生原酒は季節限定品ですので完売の際はご容赦下さい。 このお酒の成分 原料米 出羽燦々 精米歩合 50% 酵母 山形KA 協会1801号 日本酒度 -2 酸度 1.4 アルコール 14〜15% 補足情報 飲み頃温度 保管方法 冷暗所 生原酒は要冷蔵 化粧箱 なし箱入れ希望の場合720ml 別途105円1800ml 別途158円 在庫 ほぼ常時 生原酒は無くなり次第終了 発送 普通便 生原酒はクール便当店取扱品で最も低価格な純米大吟醸です 楯野川 純米大吟醸 清流

こだわりの日本酒の無濾過生原酒、発売中!当社自慢の一品。全国各地特産の種類豊富な美味日本酒。種類豊富な無濾過生原酒をカンタン検索・比較できます。贈り物にも、まとめ買いにもどうぞ。

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、お酒・ドリンクをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい日本酒が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「無濾過生原酒」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

関連カテゴリ