「雲南茶」 の関連商品を含む検索結果 2件

送料無料
健康茶 緑茶 仲善の緑茶70g ×5個セット 沖縄 仲善

めじゃポン

2,916

健康茶 緑茶 仲善の緑茶70g ×5個セット 沖縄 仲善

緑茶は古くから健胃、解毒、虫歯予防、利尿といった働きが知られております。カテキン類は緑茶の渋味、苦味成分で茶の中では緑茶に最も多く含まれております。本品は、国産(鹿児島産)で栽培された原料(煎茶)だけを使用しています。毎日の健康づくりのためにお召し上がりください。 中国雲南省が原産といわれるお茶の木は、ツバキ科の永年性常緑樹です。主に温帯から熱帯地方に分布し、日本でも製茶用として各地で栽培しています。花穂は可憐な小さい白い花をつけます。お茶の木は大きくわけて、アッサム種と中国種があり、紅茶に適しているのはアッサム種、中国種は緑茶向きとされています。現在では、品種の交配などがなされ、それぞれの土地に適した品種のものが植えられているようです。 【お召し上がり方】 急須に1から2g(大さじ1杯程度)の緑茶を入れて、熱湯を約200cc注いでお召し上がりください。緑茶は古くから健胃、解毒、虫歯予防、利尿といった働きが知られております。カテキン類は緑茶の渋味、苦味成分で茶の中では緑茶に最も多く含まれております。本品は、国産(鹿児島産)で栽培された原料(煎茶)だけを使用しています。毎日の健康づくりのためにお召し上がりください。 中国雲南省が原産といわれるお茶の木は、ツバキ科の永年性常緑樹です。主に温帯から熱帯地方に分布し、日本でも製茶用として各地で栽培しています。花穂は可憐な小さい白い花をつけます。お茶の木は大きくわけて、アッサム種と中国種があり、紅茶に適しているのはアッサム種、中国種は緑茶向きとされています。現在では、品種の交配などがなされ、それぞれの土地に適した品種のものが植えられているようです。 【お召し上がり方】 急須に1から2g(大さじ1杯程度)の緑茶を入れて、熱湯を約200cc注いでお召し上がりください。

送料無料
緑茶 健康茶 仲善の緑茶ティーバッグ2g×15包×5個セット 沖縄 仲善

めじゃポン

2,916

緑茶 健康茶 仲善の緑茶ティーバッグ2g×15包×5個セット 沖縄 仲善

緑茶は古くから健胃、解毒、虫歯予防、利尿といった働きが知られております。カテキン類は緑茶の渋味、苦味成分で茶の中では緑茶に最も多く含まれております。本品は、国産(鹿児島産)で栽培された原料(煎茶)だけを使用しています。毎日の健康づくりのためにお召し上がりください。 中国雲南省が原産といわれるお茶の木は、ツバキ科の永年性常緑樹です。主に温帯から熱帯地方に分布し、日本でも製茶用として各地で栽培しています。花穂は可憐な小さい白い花をつけます。お茶の木は大きくわけて、アッサム種と中国種があり、紅茶に適しているのはアッサム種、中国種は緑茶向きとされています。現在では、品種の交配などがなされ、それぞれの土地に適した品種のものが植えられているようです。 【お召し上がり方】 ティーバッグ1包を急須に入れて熱湯を注いで、お好みの濃さになりましたら取り出してお召し上がりください。緑茶は古くから健胃、解毒、虫歯予防、利尿といった働きが知られております。カテキン類は緑茶の渋味、苦味成分で茶の中では緑茶に最も多く含まれております。本品は、国産(鹿児島産)で栽培された原料(煎茶)だけを使用しています。毎日の健康づくりのためにお召し上がりください。 中国雲南省が原産といわれるお茶の木は、ツバキ科の永年性常緑樹です。主に温帯から熱帯地方に分布し、日本でも製茶用として各地で栽培しています。花穂は可憐な小さい白い花をつけます。お茶の木は大きくわけて、アッサム種と中国種があり、紅茶に適しているのはアッサム種、中国種は緑茶向きとされています。現在では、品種の交配などがなされ、それぞれの土地に適した品種のものが植えられているようです。 【お召し上がり方】 ティーバッグ1包を急須に入れて熱湯を注いで、お好みの濃さになりましたら取り出してお召し上がりください。

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
比嘉製茶 沖縄緑茶 15P入り×1袋

めじゃポン

540

比嘉製茶 沖縄緑茶 15P入り×1袋

☆良質な茶葉からできた比嘉製茶の緑茶☆ 緑茶は古くから健胃、解毒、虫歯予防、利尿といった働きが知られております。カテキン類は緑茶の渋味、苦味成分で茶の中では緑茶に最も多く含まれております。本品は、国産(沖縄産)で栽培された原料(煎茶)だけを使用しています。毎日の健康づくりのためにお召し上がりください。 商品説明 茶葉の生産から加工まですべて沖縄産。沖縄産緑茶の特徴は、収穫が全国一早いことですが、それよりも特徴的で嬉しいのは沖縄産緑茶にはカテキンがたっぷ含まれていることです。それもそのはず、サンサンと降り注ぐ太陽の光を浴びて育った茶葉だからこそカテキンが豊富に含まれています。 ☆良質な茶葉からできた比嘉製茶の緑茶☆ 緑茶は古くから健胃、解毒、虫歯予防、利尿といった働きが知られております。カテキン類は緑茶の渋味、苦味成分で茶の中では緑茶に最も多く含まれております。本品は、国産(沖縄産)で栽培された原料(煎茶)だけを使用しています。毎日の健康づくりのためにお召し上がりください。 商品説明 茶葉の生産から加工まですべて沖縄産。沖縄産緑茶の特徴は、収穫が全国一早いことですが、それよりも特徴的で嬉しいのは沖縄産緑茶にはカテキンがたっぷ含まれていることです。それもそのはず、サンサンと降り注ぐ太陽の光を浴びて育った茶葉だからこそカテキンが豊富に含まれています。

送料無料
比嘉製茶 やんばるティー 15g×1個

めじゃポン

510

比嘉製茶 やんばるティー 15g×1個

☆良質な茶葉からできた比嘉製茶のやんばるティー☆ 緑茶は古くから健胃、解毒、虫歯予防、利尿といった働きが知られております。カテキン類は緑茶の渋味、苦味成分で茶の中では緑茶に最も多く含まれております。本品は、国産(沖縄産)で栽培された原料(煎茶)だけを使用しています。毎日の健康づくりのためにお召し上がりください。 商品説明 茶葉の生産から加工まですべて沖縄産。沖縄産緑茶の特徴は、収穫が全国一早いことですが、それよりも特徴的で嬉しいのは沖縄産緑茶にはカテキンがたっぷ含まれていることです。それもそのはず、サンサンと降り注ぐ太陽の光を浴びて育った茶葉だからこそカテキンが豊富に含まれています。 内容量:15g 商品サイズ(高さ×奥行×幅):144mm×54mm×109mm 原材料:緑茶(沖縄県産) ☆良質な茶葉からできた比嘉製茶のやんばるティー☆ 緑茶は古くから健胃、解毒、虫歯予防、利尿といった働きが知られております。カテキン類は緑茶の渋味、苦味成分で茶の中では緑茶に最も多く含まれております。本品は、国産(沖縄産)で栽培された原料(煎茶)だけを使用しています。毎日の健康づくりのためにお召し上がりください。 商品説明 茶葉の生産から加工まですべて沖縄産。沖縄産緑茶の特徴は、収穫が全国一早いことですが、それよりも特徴的で嬉しいのは沖縄産緑茶にはカテキンがたっぷ含まれていることです。それもそのはず、サンサンと降り注ぐ太陽の光を浴びて育った茶葉だからこそカテキンが豊富に含まれています。 内容量:15g 商品サイズ(高さ×奥行×幅):144mm×54mm×109mm 原材料:緑茶(沖縄県産)

古越龍山 善醸仕込み 600ml (中国酒)

サカツコーポレーション楽天市場店

1,050

古越龍山 善醸仕込み 600ml (中国酒)

善醸仕込み製法由来の深い味わいと華やかな香り、濃厚で上質な甘さが特徴です。 ●こちらの商品は通常在庫商品ですが、業務用でも併売しております関係上、まれに品切れやヴィンテージ変更があります。その場合はこちらよりご連絡差し上げます。予めご了承ください。●写真はイメージとなり、ラベルデザインやヴィンテージが異なる場合がございます古越龍山 ●紹興酒とは● 中国浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」を一般的に紹興酒と呼んでおり、その質の良さから中国を代表するお酒になりました。紹興は上海の南西方に位置し、中国では、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名で、この良質なもち米と、鑒湖の水が紹興酒づくりによい影響を与えています。 紹興酒は若干の製法の違いにより下の4種類に分けられます。 ◆元紅酒(げんこうしゅ): 基本とされる紹興酒 ◆加飯酒(かはんしゅ): 元紅酒よりもち米を多く使用する。現在この加飯酒が紹興酒の主流。 ◆善醸酒(ぜんじょうしゅ): 仕込み水の代わりに元紅酒を用いる。製法としては最も古い。甘みがある。 ◆香雪酒(こうせつしゅ): 元紅酒を造る過程で、麦麹、アルコールを添加してつくる。甘みの強い酒。 (参考資料:講談社「世界の名酒辞典」、宝酒造HP、永昌源HP)

古越龍山 善醸仕込み 1.8L (中国酒)

サカツコーポレーション楽天市場店

2,800

古越龍山 善醸仕込み 1.8L (中国酒)

大切なあの方へ。ギフトラッピングはこちらから ≫≫≫ 善醸仕込み製法由来の深い味わいと華やかな香り、濃厚で上質な甘さが特徴です。 ●こちらの商品は通常在庫商品ですが、業務用でも併売しております関係上、まれに品切れやヴィンテージ変更があります。その場合はこちらよりご連絡差し上げます。予めご了承ください。●写真はイメージとなり、ラベルデザインやヴィンテージが異なる場合がございます古越龍山 ●紹興酒とは● 中国浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」を一般的に紹興酒と呼んでおり、その質の良さから中国を代表するお酒になりました。紹興は上海の南西方に位置し、中国では、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名で、この良質なもち米と、鑒湖の水が紹興酒づくりによい影響を与えています。 紹興酒は若干の製法の違いにより下の4種類に分けられます。 ◆元紅酒(げんこうしゅ): 基本とされる紹興酒 ◆加飯酒(かはんしゅ): 元紅酒よりもち米を多く使用する。現在この加飯酒が紹興酒の主流。 ◆善醸酒(ぜんじょうしゅ): 仕込み水の代わりに元紅酒を用いる。製法としては最も古い。甘みがある。 ◆香雪酒(こうせつしゅ): 元紅酒を造る過程で、麦麹、アルコールを添加してつくる。甘みの強い酒。 (参考資料:講談社「世界の名酒辞典」、宝酒造HP、永昌源HP)

紀州 緑茶梅酒 1.8L

楽天24

2,138

紀州 緑茶梅酒 1.8L

これはお酒です。20歳未満のお客様は購入いただけません。本商品は在庫限りの商品です。ご注文後にキャンセルさせていただく場合がございます。※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります。商品説明「紀州 緑茶梅酒 1.8L」は、本場紀州の伝統の技と新しい技術でこそできた、新しい緑茶入りの梅酒です。オンザロックか、このまま冷やしてストレートで水割り、又はソーダ割りでお飲みください。アルコールアルコール分12度ご注意●お酒は20歳になってから。保存は冷暗所にお願いします。梅の成分の一部が沈殿することがありますが、品質に問題ありません。●未成年者の飲酒は法律で禁じられています。●妊娠中・授乳期の飲酒はお控えください。原材料名・栄養成分等●原材料:梅、砂糖、醸造アルコール、緑茶、緑茶エキス、香料、くちなし色素、紅花色素●栄養成分表示:(100gあたり)エネルギー 129kcal、たんぱく質 0.1g未満、炭水化物 15.5g、脂質 0.1g未満、ナトリウム 1.4mg未満ブランド:中野BC楽天24 フード お酒 混成酒 リキュール 紀州 緑茶梅酒 1.8L製造元:中野BC原産国 日本内容量:1.8LJANコード: 4904250214049広告文責:Rakuten Direct株式会社TEL:050-5577-5043[中野BC]お酒/混成酒/リキュール

紀州鶯屋 ばばあの梅酒 『ロゼ梅酒・紅茶梅酒・緑茶梅酒』 梅酒飲み比べセット 300ml×3本セット

Amazon

3,140

紀州鶯屋 ばばあの梅酒 『ロゼ梅酒・紅茶梅酒・緑茶梅酒』 梅酒飲み比べセット 300ml×3本セット

■ ロゼ梅酒 小粒の梅、パープルクィーンから誕生したロゼ色の珍しい梅酒です! 紫色の小さな新星小梅、パープルクィーンからピンク色の可愛い梅酒が生まれました。 勿論、仕込に使う水は、他のばばあシリーズ同様に、モンドセレクション最高金賞「富田の水」。透き通ったロゼ色で心まで癒されそうですね。 すっきりとしたフレッシュな仕上がりになっています。限定梅酒です。売切れの際はお許し下さい。 ・容量 300ml×1本 ・原材料 梅(紀州産パープルクィーン)・糖類・醸造用アルコール・野菜色素 ・アルコール度数 12度 ■ 紅茶梅酒 紀州産完熟南高梅を原材料に、モンドセレクション国際高品質賞を連続受賞した紀州熊野の銘水「富田の水」で仕込み、時を重ね熟成貯蔵した梅酒に世界の3大紅茶と称されるセイロンティーをほどよくブレンドさせた紅茶梅酒です。やや甘口でありながら、後味すっきりに仕上げました。紅茶の香りと共に、梅の酸味と旨味を心ゆくまでご堪能ください。 ・容量 300ml×1本 ・原材料 梅(紀州産南高梅)・糖類・醸造用アルコール・紅茶・グリセリン(パーム・ヤシ等)・香料 ・アルコール度数 12度 ■ 緑茶梅酒 黄色く熟した紀州南高梅を原料にモンドセレクション大金賞受賞の「富田の水」で仕込み、熟成した芳醇な梅酒に緑茶エキスをブレンドさせました。緑茶の香りとカテキンの渋さが程よく合わさった少し甘口の梅酒です。 ・容量 300ml×1本 ・原材料 梅・糖類・醸造用アルコール・緑茶・紅茶色素・クチナシ色素・ビタミンC・香料 ・アルコール度数 12度

こだわりのお酒の雲南茶、発売中!当社自慢の一品。世界各国・全国各地のお洒落なお酒。種類豊富な雲南茶をカンタン検索・比較できます。贈り物にも、まとめ買いにもどうぞ。

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、お酒・ドリンクをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいお酒が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「雲南茶」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

関連カテゴリ