「黒松白鹿」 の検索結果 65件

超特撰 黒松白鹿 特別純米 山田錦 1800ml [兵庫県]

Amazon

2,499

超特撰 黒松白鹿 特別純米 山田錦 1800ml [兵庫県]

契約栽培をお願いしている農家さんの水田 銘酒米・山田錦 酒は造るものではなく育てるもの 宮水、良質の米、摂海、六甲おろし。自然の恵み豊かな風土なくして、白鹿の酒は生まれませんでした。酒造りの主役は自然の恵みと微生物です。愛情を込めて、麹や酵母のたくましい成長を見守り育てていくのが白鹿の酒造り。愛情をかければかけるほど微生物は見事に応えてくれ、おいしい酒に成長する。「酒は造るものではなく育てるもの」、それが白鹿の信念です。 酒米の王者、山田錦 酒造りの米といえば、山田錦を連想する人が多いのではないでしょうか。兵庫県で銘酒米・山田錦が生まれた背景には、灘の酒造家たちが村を支援し、それに応えて農家が優れた米をつくり出す、そんな酒造りにかける一途な情熱があったのです。 兵庫県東播地区の「白鹿会」加盟農家に契約栽培をお願いし、白鹿が酒造りに使用する山田錦は大粒で、ほどよい大きさの心白(米の中心の白いところ)を持つ、白鹿の酒に欠かせない酒米です。 灘の名水「宮水」 初代辰馬吉左衛門が西宮の邸内に井戸を掘ると清冽甘美な水が湧き、その良質の水を活かして酒造りを始めたのが白鹿の始まり。室町時代にはすでに、西宮で造られる酒は「西宮の旨酒」として評判を取っていたといいます。しかし、「宮水」が名酒造水であることが判明したのは白鹿が酒造りを始めた寛文二年(1662)からさらに178年後の天保十一年(1840)のことです。 すべて宮水で仕込む白鹿の酒は、発酵が旺盛で丈夫な“秋晴れ”のする酒。馥郁とした香気が漂いハリのあるすっきりとした酒質は、宮水によって得られるものなのです。 黒松白鹿 特別純米山田錦と、黒松白鹿 特別本醸造山田錦は、兵庫県産山田錦100%使用が認められ、清酒業界では初めて県産食品の安全・安心を確認・認証する「兵庫県認証食品」に認証されました。...

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「黒松白鹿」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ