「麻原酒造」 の検索結果 145件

麻原酒造 奥武蔵 黒糖梅酒【1800ml】

カガヤ

2,700

麻原酒造 奥武蔵 黒糖梅酒【1800ml】

■奥武蔵 黒糖梅酒 奥武蔵の厳選された梅と、国内産の黒糖を使用。梅の香りが高くブランデーを思わせる豊かな味わい。ボリュームある黒糖ならではのコクを持ちながらも、その甘さは後に爽やか。ロックで飲むのをオススメ致します。 【アルコール度数】:14度 【原材料名】:梅・糖類・醸造アルコール「近江やに名高き松の一本木、先から先へと開くさざ浪」心をこめて人に喜ばれる酒造りをしていれば、人から人へ「さざ浪」の如く、世の中に伝わっていくだろう。そんな思いを持ち、初代、麻原善次郎が明治15年(1882年)、埼玉県入間郡毛呂山町に創業した麻原酒造。麻原善次郎は琵琶湖の畔に生まれで、九歳で東京青梅の酒蔵へ奉公に入り、二十九歳の時に会社を設立。「寝ないでつくった酒は、寝ていても売れる」これは4代目の言葉。現在5代目まで続く蔵元ですが、口に含んだとき、飲み手の顔に思わず笑みがこぼれる、そんな情景を思い描きながら酒造りを行っています。 5代目社長の麻原健一さんは、清酒蔵の社長でありながら、早くからリキュール類などの生産を手掛け、リキュールやワインなどを生産する、新たな蔵、越生ブリュワリーも設立。グローバル感覚から引き出される、新たな清酒蔵像を作り上げた人物です。販売は国内だけに止まらず、アジアを拠点に欧州、そしてフランスの著名なレストランとの提携など、5代目社長麻原健一さんのフットワークの軽さには驚かされます。現在、清酒、梅酒などの果実リキュール、ワインなどなど数多くの酒を生産。清酒蔵としては異例な程のラインアップを持ち、その面白さは(もちろん味の内容も)、他の清酒蔵には無いものです。清酒だけに止まらず、新しい商品開発と市場開拓。種類の多さは、熱い日本酒ファンの方には誤解されやすいと思いますが、麻原酒造さんは、日本の物作り(造り...

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「麻原酒造」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ