「鍋島大吟醸」 の関連商品を含む検索結果 44件

送料無料
【有田焼、第十四代今泉今右衛門窯作の壷に★最高級の大吟醸酒を詰めて!】 これは、ひとつの芸術品です。 広島県呉市:三宅本店謹製 錦花千福 730ml K-500

なに酒・菓子・食るん 酒のにしだ

86,400

【有田焼、第十四代今泉今右衛門窯作の壷に★最高級の大吟醸酒を詰めて!】 これは、ひとつの芸術品です。 広島県呉市:三宅本店謹製 錦花千福 730ml K-500

ギフト対応について 内容量: 730ml 製造元: 三宅本店(広島県) アルコール度数: 17.5度 原材米/精米歩合: 山田錦/35% 日本酒度: +5広島県呉市 三宅本店謹製 高級感と存在感は、比類なきものです! 有田焼、第十四代今泉今右衛門窯作の壷に、 最高級の大吟醸を詰めた、芸術品 ! ↓ 「錦花千福」の逸品たる理由は、こちら。 ↓ 今泉今右衛門とは・・・ 佐賀県有田町(有田皿山の赤絵町)の窯元です。 江戸時代中期の寛文年間(1661〜73)以降、創始された有田赤絵屋十六軒の内の一軒で、 代々赤絵付を専業としてきました。五代目で鍋島藩御用となり、十代目で明治維新による御用窯廃止となりますが、 鍋島藩窯の民間移管とともに、鍋島焼再興に力を尽くしてこられました。 十二代目は、色鍋島磁器復活により、主宰の色鍋島技術保存会が、国の重要無形文化財総合指定の認定を受け、 十三代目は、これを継承すると同時に、人間国宝の個人指定の認定も受け、鍋島様式中興の名匠といわれています。 十二代目 今泉今右衛門(いまいずみ いまえもん) 色鍋島の復活再興に努め、また伊万里陶器も制作した人間国宝。(1975年歿) 十三代目 今泉今右衛門(いまいずみ いまえもん) 1975年(昭和50年)十三代を襲名し、草花文様を動的に表現し、古典文様の現代化にも努めた。 吹墨(ふきずみ)や薄墨(うすずみ)技法などを開発し、色絵の効果を豊かにした人物とされています。(2001年歿) 十四代目 今泉今右衛門(いまいずみ いまえもん) 2002年(平成14年)に十四代を襲名し、「色鍋島今右衛門技術保存会」の会長となり、鍋島の代々の仕事を継承。 赤絵 (あかえ)とは・・・ 不透明で層の薄い、赤絵具による赤色を主体とし、藍、緑、黄など、多才なガラス質透明上絵具で、...

石川県 菊姫 鶴乃里 山廃純米酒 バックヴィンテージ 720ml 5本セット要低温

お酒の総合館・シマヤ酒店

10,800

石川県 菊姫 鶴乃里 山廃純米酒 バックヴィンテージ 720ml 5本セット要低温

世界が認めた鶴乃里  世界最大級の規模を誇る国際ワインコンクール「インターナショナル・ワイン・チャレンジ( I.W.C.)に2007年初めて日本酒を対象とする「SAKE部門」が設けられ、初代最優秀賞として鶴乃里17B.Y.が「チャンピオン・サケ」として世界一の称号を与えられました。 ちなみに2008年「出羽桜 一路」、2009年「山吹 1995古酒」、2010年「梵・吟撰」「nechi 2008]他3銘柄、2011年「鍋島 大吟醸」、2012年「福小町 大吟醸」、2013年「喜多屋 大吟醸 極醸」、2014年「飛騨の華 酔翁 熟成古酒」、2015年「会津ほまれ 純米大吟醸」、2016年「出羽桜 出羽の里 純米」です。   ▲鶴乃里 5ヴィンテージセット     鶴乃里は、原料米に兵庫県三木市吉川町(特A地区)産特上クラスの山田錦を100%使用。純米酒らしい旨みを追求するため、精米歩合はあえて65%です。 麹蓋で丁寧に仕上げられた麹と、じっくり手間を掛けた山廃酒母を使用し、菊姫仕様の特注醗酵タンクにより総米1t仕込みで「超吟」レベルのきめ細かい温度管理のもと、醸し出されます。 製品中に「オリ」が沈殿することがありますが、これは旨み成分の一つであり品質には影響ございません。 ラベルに若干のキズ・汚れがある商品があります。ご了承ください。   酒造年度 Brewing Year / Brewery Year (B.Y.) 07月01日から翌年06月30日までの一年間を酒造年度(B.Y.)といいます。 平成23年07月から平成24年06月までに醸造されたお酒の酒造年度は平成23年度となります。ラベルに印字されている日付(製造年月)や蔵出し日とは異なります。 製造年月 製造年月は、原則として製品容器に詰めた年月を「製造年月...

窓の梅(佐賀県佐賀市)、大吟醸 香梅 720ml/カートン入り

Amazon

3,100

窓の梅(佐賀県佐賀市)、大吟醸 香梅 720ml/カートン入り

●窓の梅、大吟醸 香梅 720ml 酒米の最高峰「山田錦」を35%まで精米して仕込んだ大吟醸酒。 福岡国税局新酒鑑評会で最多連続金賞記録をもつ。 酒名のエピソード 時は安政七年(1860年)三月。 酒倉の横にいまを盛りと咲き誇っていた白梅の花が、さっと吹き過ぎた一陣の風にすくい上げられ空に舞った。 つぎの瞬間、それらの花吹雪は酒倉の窓に吸われるように消えて行った。あっという間の出来ごとである。 仕込みの桶は、時ならぬ落花にまたたく間に雪をかぶったようになった 驚いたのは杜氏である、桶にかけ寄ったものの何ら手のほどこしようもなく、 呆然と突然変異に見舞われた桶の前で手をこまねくだけであった。 しかし、その杜氏をはじめ全員の不安のまなざしを尻目に一つの奇跡が起こったのである。 梅の花びらの浮かぶ桶の中から、かってない芳醇な香りが漂よいはじめたではないか。 驚き、喜んだ杜氏はこの旨を告げに八代、文左衛門のもとにかけこんだ。 ・・・中略・・・ 早速この酒を時の藩主、鍋島直正公に献上した 。腹にしみわたるまろやかな味。酌めどもつきない芳醇な香り。公は喜び、筆を取るとさらさらと一筆その場でしたためた。 年々にさかえさかえて名さえ世に香りみちたる窓乃梅が香 「窓乃梅」の名称がここから出たものである事は言うまでもない。 ------窓の梅HPより転載

こちらの関連商品はいかがですか?

こだわりのお酒・ドリンクの鍋島大吟醸、発売中!当社自慢の一品。世界各国・全国各地のお酒・ドリンク。種類豊富な鍋島大吟醸をカンタン検索・比較できます。贈り物にも、まとめ買いにもどうぞ。

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、お酒・ドリンクをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいお酒・ドリンクが充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「鍋島大吟醸」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ