「越後杜氏」 の検索結果 485件

吉乃川 越後純米 1800ml

贈り物本舗じざけや

1,947

吉乃川 越後純米 1800ml

吉乃川 越後純米 1800ml 味わいの特徴 豊かな自然の恵みと越後杜氏の技で醸し出す本格派純米酒。なめらかで米の風味のしっかりとした本物の味わい。 製造元 吉乃川(株) 産地 [新潟県] 種別 純米酒 主要原料米 五百万石 精米歩合65% アルコール度数14% 容量1800ml その他日本酒度/+2 酸度/1.1 アミノ酸度/- ○○●○○ 甘 口やや甘口普 通やや辛口辛 口酒つくり一筋 その光に美酒あり 新潟の銘酒 吉乃川酒造株式会社 吉乃川は越後(新潟県)長岡市にある醸造元です。 四国に同じ名前の川があって間違えられがちですが、そもそも名前の由来は15代当主が母「よし」の功績をたたえて母なる川「信濃川」とあわせたことに始まります。 創業は1548年(天文17年)と古く、蔵元は上杉氏のゆかり。450年もの間酒造りを行ってきた老舗です 杜氏 高橋 敬 さま 香りだけでも、味だけでも、吟醸酒とは呼べません。 爽やかな吟醸香と、ふくらみのある味わいが離しがたく解け合ってはじめて、本当の吟醸酒が生まれるのです。 杜氏はこれを「香味一体」と言い、香味一体の酒は飲みあきしない、飲んでいるうちに次の手が伸びてくる、と言葉を続けます。 「吟醸酒 極上吉乃川」は、オレンジや木蓮の花のような華やかでやさしい果実香と、ふくよかな透明感のある味わいの酒です。

越後鶴亀 大吟醸(720ml桐箱入)

山崎酒店

5,400

越後鶴亀 大吟醸(720ml桐箱入)

■内容量 720ml(桐箱付) ■種別 大吟醸酒 ■精米歩合 40% ■アルコール分 17〜18 ■日本酒度 +4 ■使用米 山田錦 ■アミノ酸 0.9 ■酸度 1.7初代上原武七は、紺屋の三男坊として生まれる。腕っぷし強く、十代の頃より角田、弥彦山麓の酒造場で蔵人として働き、明治23年、峰岡村竹の町に酒造場を開設する。 二代目若冶の弟、廉平(れんぺい)は兄を助け、帳場から蔵まで細やかに仕事を仕切る。その酒造日誌は「廉平の記」としてまとまっており、明治期の新潟の酒蔵誌資料として貴重かつ興味深いものである。 三代武司の後、四代上原誠(明治45年生)は、初代に劣らず酒造りに熱心で、国税庁の滝の川醸造試験所に所長山田正一博士を訪ね、親しく御教授を受ける。殊に山田博士の専門分野である酵母菌に興味を持ち、幅広く使用酵母を使い分けた。また、杜氏高浜音吉と寝食を共にし、ろ過機の考案開発、麹室の改良等、アイディアマンであると同時に、麹室に入りっきりの職人肌でもあった。 四代目誠と40年以上のパートナーである高浜杜氏は、越後杜氏の発祥の地、野積出身である。高浜杜氏時代の清酒は、酒造杜氏組合連合会においては昭和27年より昭和37年まで連続10回受賞、そして連続受賞を記念し特選名誉賞受賞する。またその温厚な性格と豊富な経験を慕い、教えを乞う若者が後を絶たなかった名杜氏でもあった。(なお高浜氏の御子息春男氏は、20歳代で八海醸造(株)に入り、現在同社の杜氏の責にある)高浜杜氏の後、同じ野積杜氏の力石重忠が杜氏を継いだが、現在は高橋、藤田の若い両杜氏体制で、酒造りが続けられている。なお、藤田は若干26歳、県内最年少杜氏である。 平成2年2月17日上原誠永眠により、現在は誠の長男誠一郎が五代目を継承している。 「農醸一致」を掲げる自然派 日本の地ビール第1号...

こだわりのお酒・ドリンクの越後杜氏、発売中!当社自慢の一品。世界各国・全国各地のお酒・ドリンク。種類豊富な越後杜氏をカンタン検索・比較できます。贈り物にも、まとめ買いにもどうぞ。

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、お酒・ドリンクをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいお酒・ドリンクが充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「越後杜氏」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ