「菊勇」 の関連商品を含む検索結果 20件

● 菊勇 純米大吟醸 三十六人衆 山田錦40 限定品 1800ml

山形の地酒ワイン特産品 木川屋

3,888

● 菊勇 純米大吟醸 三十六人衆 山田錦40 限定品 1800ml

着実に実力を高めつつある蔵元 菊勇から山田錦を40%まで精白した純米大吟醸が新発売となりました。近年、限定品を中心に精力的に新商品を世に出す菊勇。 社長自ら造りに携わり、造りを一から見直しているのは、簡単にできそうで意外にそうではないもの。今後が注目される蔵元です。 純米の三十六人衆同様、こちらもたいへんコストパフォーマンスのよい酒です。 最高級の酒米「山田錦」を贅沢に使った酒 グラスに鼻を近づけて香ってくる上立ち香(うわだちか)、大吟醸に多く用いられる山田錦だけあって、非常に華やかで甘味をともなった香りが漂います。 一口含むとやさしい口当たり。 菊勇は全般的に酒の味は辛口にふってありますが、このお酒の日本酒度は+1。やや甘く感じる方が多いと思います。 飲みごたえは淡麗。単純な言葉で表現してしまえば「スッキリと軽い」ですが、それよりも「澄み切った味わい」と表現したほうが適切な清涼感のあるお酒です。 価格も山田錦を40%まで高精白したとは思えないほど抑えられています。日本酒が苦手な方や、飲み始めの方にも全く無理なくお楽しみ頂けます。 三十六人衆シリーズの幅を広げる、お薦めの新商品です。 このお酒の成分 原料米 山田錦 精米歩合 40% 酵母 山形KA・1801 日本酒度 +2 酸度 1.6 アルコール 15.0% 補足情報 飲み頃温度 保管方法 冷暗所 化粧箱 なし箱入れ希望の場合720ml 別途108円1800ml 別途162円 在庫 限定品につき無くなり次第終了華やかで甘味をともなった香りと澄み切った味わい 三十六人衆 純米大吟醸 山田錦40 限定品

山形県 菊勇三十六人衆【限定品】純米吟醸 1800ml 要低温 瓶詰2016年03月【純米大吟醸6割ブレンド】

お酒の総合館・シマヤ酒店

2,835

山形県 菊勇三十六人衆【限定品】純米吟醸 1800ml 要低温 瓶詰2016年03月【純米大吟醸6割ブレンド】

菊勇/きくいさみ 三十六人衆 純米吟醸 限定品 純米大吟醸 6割ブレンド   三十六人衆銘柄は特約店限定流通商品です。品質の劣化を防ぐために蔵元さんから当店に直送されます。年一回の限定酒です。およそ一年分を一度に仕入れ、当店にて低温管理しています。 4月頃のフレッシュな味わい、夏を過ぎた頃の落ち着いた味わい・・・。時期による味わいの違いを季節の料理とお楽しみください。 吟醸香はやや控えめ、辛口で広がりのある味わいが人気です。 冷やしすぎると香り、味わいが広がりません。10度~15度位がおすすめです。 ブレンド比率 純米大吟醸 三十六人衆(山田錦 精米歩合50%) 6割 純米吟醸 三十六人衆(山田錦 精米歩合55%) 4割 アルコール度数 15度 日本酒度 +2 酸度 1.5 三十六人衆とは・・・   三十六人衆の碑   文治5年(1189)、4代泰衡が倒され、平泉藤原氏は滅亡を迎えます。伝承によれば、この時、秀衡の妹、徳の前、あるいは後室、泉の方とも言われる女性が、36騎の従臣たちを従えて、立谷沢に落ちのび、さらに酒田に逃れました彼女は泉流庵と名づけた尼寺を建て、藤原一門の冥福を祈り、90歳でなくなるまで静かな日々を送りました。そして、三十六人の遺臣達は地侍として住み着き、回船問屋を営んで港の繁栄を支えました。この三十六人がいわゆる三十六人衆の始まりであるといわれています。 そして、時代は戦国時代を迎えます。庄内地方でも豪族が入り乱れて、その興亡は激しいものでしたが、上方の堺や桑名のように、酒田は三人の月番で12ヵ月、町行事、町政を担当する三十六人衆を中心に、自由都市としての発展を続けてゆきました。戦国時代の末には、最上義光が庄内を治め、酒田の豪商池田惣左衛門に「鐙屋」の屋号を与えました...

● 菊勇 純米大吟醸 三十六人衆 山田錦40 限定品 【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】

山形の地酒ワイン特産品 木川屋

1,944

● 菊勇 純米大吟醸 三十六人衆 山田錦40 限定品 【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】

着実に実力を高めつつある蔵元 菊勇から山田錦を40%まで精白した純米大吟醸が新発売となりました。近年、限定品を中心に精力的に新商品を世に出す菊勇。 社長自ら造りに携わり、造りを一から見直しているのは、簡単にできそうで意外にそうではないもの。今後が注目される蔵元です。 純米の三十六人衆同様、こちらもたいへんコストパフォーマンスのよい酒です。 最高級の酒米「山田錦」を贅沢に使った酒 グラスに鼻を近づけて香ってくる上立ち香(うわだちか)、大吟醸に多く用いられる山田錦だけあって、非常に華やかで甘味をともなった香りが漂います。 一口含むとやさしい口当たり。 菊勇は全般的に酒の味は辛口にふってありますが、このお酒の日本酒度は+1。やや甘く感じる方が多いと思います。 飲みごたえは淡麗。単純な言葉で表現してしまえば「スッキリと軽い」ですが、それよりも「澄み切った味わい」と表現したほうが適切な清涼感のあるお酒です。 価格も山田錦を40%まで高精白したとは思えないほど抑えられています。日本酒が苦手な方や、飲み始めの方にも全く無理なくお楽しみ頂けます。 三十六人衆シリーズの幅を広げる、お薦めの新商品です。 このお酒の成分 原料米 山田錦 精米歩合 40% 酵母 山形KA・1801 日本酒度 +2 酸度 1.6 アルコール 15.0% 補足情報 飲み頃温度 保管方法 冷暗所 化粧箱 なし箱入れ希望の場合720ml 別途108円1800ml 別途162円 在庫 限定品につき無くなり次第終了華やかで甘味をともなった香りと澄み切った味わい 三十六人衆 純米大吟醸 山田錦40 限定品

送料無料
● 菊勇 大吟醸 秘伝 限定品 1800ml 菊勇を代表する究極の大吟醸。奥行きのある華やかでフルーティな香りとサラリとした飲み口の良さの中に1本筋が通った酒【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】...

山形の地酒ワイン特産品 木川屋

11,880

● 菊勇 大吟醸 秘伝 限定品 1800ml 菊勇を代表する究極の大吟醸。奥行きのある華やかでフルーティな香りとサラリとした飲み口の良さの中に1本筋が通った酒【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】...

菊勇を代表する究極の大吟醸 菊勇が国税庁主催全国新酒鑑評会出品用に醸した大吟醸の原酒です。 地場杜氏、高橋氏が山形酵母で醸す酒造りの芸術品です。 鑑評会出品酒の例に漏れず、この酒も醪(もろみ)の搾り方は最高級の雫採りです。 出来上がった醪(もろみ)を酒袋に入れて吊るし、滴り落ちた雫だけを集めた搾り方です。 通常、鑑評会出品酒クラスの大吟醸の仕込みは750kgの小さなタンクで行いますが、そのタンクを使って仕込んでも雫採りの酒は僅か10~15%程度しか採れません。 銘柄通りに秘伝の技と知恵が凝縮された大吟醸です。奥行きのある華やかでフルーティな香りとサラリとした飲み口の良さの中に1本筋が通った贅沢な大吟醸です。 近年、酒質向上が著しい菊勇。 香り、味わい、そして品格と三拍子揃った大吟醸のお手本のような美しい酒で、きっとご満足いただけると思います。 御贈答にもピッタリの銘酒です。 ※クール便の場合は250円のクール料金がかかります このお酒の成分 原料米 山田錦 精米歩合 35% 酵母 山形酵母+1801 日本酒度 +2 酸度 1.4 アルコール 17.5% 補足情報 飲み頃温度 保管方法 冷蔵 化粧箱 なし 在庫 ほぼ常時 発送 クール便

● 菊勇 大吟醸 秘伝 限定品 720ml 【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】

山形の地酒ワイン特産品 木川屋

4,752

● 菊勇 大吟醸 秘伝 限定品 720ml 【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】

菊勇を代表する究極の大吟醸 菊勇が国税庁主催全国新酒鑑評会出品用に醸した大吟醸の原酒です。 地場杜氏、高橋氏が山形酵母で醸す酒造りの芸術品です。 鑑評会出品酒の例に漏れず、この酒も醪(もろみ)の搾り方は最高級の雫採りです。 出来上がった醪(もろみ)を酒袋に入れて吊るし、滴り落ちた雫だけを集めた搾り方です。 通常、鑑評会出品酒クラスの大吟醸の仕込みは750kgの小さなタンクで行いますが、そのタンクを使って仕込んでも雫採りの酒は僅か10~15%程度しか採れません。 銘柄通りに秘伝の技と知恵が凝縮された大吟醸です。奥行きのある華やかでフルーティな香りとサラリとした飲み口の良さの中に1本筋が通った贅沢な大吟醸です。 近年、酒質向上が著しい菊勇。 香り、味わい、そして品格と三拍子揃った大吟醸のお手本のような美しい酒で、きっとご満足いただけると思います。 御贈答にもピッタリの銘酒です。 このお酒の成分 原料米 山田錦 精米歩合 35% 酵母 山形酵母+1801 日本酒度 +2 酸度 1.4 アルコール 17.5% 補足情報 飲み頃温度 保管方法 冷蔵 化粧箱 あり(1800mlは桐箱) 在庫 ほぼ常時 発送 クール便

● 三十六人衆 純米吟醸 ひやおろし 限定品 1800ml 【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】 伝統の美山錦を使用した、やわらかくフルーティな純米吟醸。

山形の地酒ワイン特産品 木川屋

2,835

● 三十六人衆 純米吟醸 ひやおろし 限定品 1800ml 【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】 伝統の美山錦を使用した、やわらかくフルーティな純米吟醸。

定番人気のひやおろし 通常、清酒は火入れを二度行いますが、瓶詰め時の火入れを行わない生詰のお酒をこの時期に出荷していました。外気温が低くなってきて火落ちの 危険性が少なくなるからです。 これを「ひやおろし」と言います。ひやおろし は冷蔵設備による現代の冷蔵施設から考えると、あまり意味がなくなってしま っているかもしれませんが、いずれにしてもこの時期のお酒は旨みののった味わい豊かな酒であることに違いはありません。 伝統の美山錦を使用した純米吟醸 使用する酒米は、かつて山形県を代表する酒米だった美山錦。 この米で仕込んだ酒はやわらく、膨らみがある味わいが特長です。 香りは華やかでフルーティ。近年に吟醸造りに力を注いでいる菊勇の技術が光ります。味わいは一夏超えて旨味も乗ってきています。 また、酸度も1.7と従来の菊勇の酒よりも高めでピリッと酸がきいた味わいです。 保管は冷たいところが望ましいですが、飲む際は冷やし過ぎに注意して酒本来の味や香りをお楽しみ下さい。 このお酒の成分 原料米 美山錦 精米歩合 55% 酵母 山形酵母 日本酒度 +3 酸度 1.7 アルコール 15.0% 補足情報 飲み頃温度 保管方法 冷暗所 化粧箱 なし箱入れ希望の場合720ml 別途108円1800ml 別途162円 在庫 限定品につき無くなり次第終了 発送 普通便伝統の美山錦を使用した、やわらかくフルーティな純米吟醸。 三十六人衆 純米吟醸 ひやおろし 限定品

● 菊勇 純米大吟醸 三十六人衆 山田錦50 720ml 軽く飲みやすい山田錦を使ったお得な純米大吟醸。山田錦100%の純米大吟醸をこの価格で!。厳選された販売店にのみ出荷される酒。【楽ギフ...

山形の地酒ワイン特産品 木川屋

1,701

● 菊勇 純米大吟醸 三十六人衆 山田錦50 720ml 軽く飲みやすい山田錦を使ったお得な純米大吟醸。山田錦100%の純米大吟醸をこの価格で!。厳選された販売店にのみ出荷される酒。【楽ギフ...

厳選された販売店にのみ出荷される酒 三十六人衆は、菊勇の銘柄の一つで真剣に酒販経営を行い、また商品の品質維持に協力をおしまない店とのみ特約契約を行い、供給している酒です。 その三十六人衆シリーズの中でも最もお薦めなのが、この純米大吟醸です。 山田錦100%の純米大吟醸をこの価格で! 酒米の王様、山田錦を100%使用し純米大吟醸です。なんといっても驚きなのが、この価格、1,800mlの純米大吟醸、しかも山田錦を使って3,150円というのは驚異的です。 では酒質がその程度なのかといえば、そうではなく、淡麗でサラリとした中にも山田錦特有の美しく澄んだ味と香りが楽しめます。 清酒を飲み始めの方にも無理なくお楽しみ頂けます。 このお酒の成分 原料米 山田錦 精米歩合 50% 酵母 山形酵母+1801 日本酒度 +3 酸度 1.4 アルコール 15.5% 補足情報 飲み頃温度 保管方法 冷蔵 化粧箱 なし (720mlはあり) 在庫 常時 発送 夏季クール便軽く飲みやすい山田錦を使ったお得な純米大吟醸 三十六人衆 純米大吟醸 山田錦

こちらの関連商品はいかがですか?

石川県 菊姫 加陽菊酒 吟醸酒 1800ml 要低温化粧箱入 2014年12月以降瓶詰

お酒の総合館・シマヤ酒店

5,142

石川県 菊姫 加陽菊酒 吟醸酒 1800ml 要低温化粧箱入 2014年12月以降瓶詰

『加陽菊酒』(かよう・きくざけ) 古くは菊姫大吟醸が世に生を受けること約15年後... 大吟醸同様の仕込による大吟醸タイプの吟醸酒として誕生したのが「加陽菊酒」です 「菊姫」の名が新酒鑑評会に無かった理由 中身が変わってしまった新酒鑑評会 今年から国税庁主催の全国新酒鑑評会が無くなり、その代わりに独立行政法人・酒類総合研究所主催の鑑評会が始まりました。 一番大きく変わったのは「出品料を払えば、自由に出品できるようになった」という点にあります。 昨年までのように、各地区で熾烈な予選を勝ち抜くことで得られた「出品資格」はありません。 また、従来の「金賞」は、選抜されて出品された酒の中でも、特に優れた酒だけに与えられた栄誉でした。 しかし、今年からは、名称は同じでも玉石混淆の出品酒の中で上位の約4分の1に入れば与えられるという、全く重みのない物になってしまいました。 そもそも評議会の目的は、酒造技術者の技術練磨にほかなりません。だからこそ、苦労して得られた「金賞」には価値があったのではないでしょうか。新酒鑑評会は、一見すると同じようでも、中身が変わってしまったのです。菊姫は、現状のような鑑評会には、出品する意義を見出せません。  妥協を排し、手本なき究極を求めて。 菊姫は酒造りを子育てと同じように考えています。 愛情を注ぎ、慈しみ育ててこそ、納得がいく酒が造れると考えています。 そのための必要条件とは最上質の原料米の吟味、買い付け、そして蔵の設備などです。 十分条件とは杜氏以下、蔵人の高い技術とチームワークです。 そして、その中心にあるのは本物の旨い酒を毎年造り続けたいという情熱です。 日本酒は一千年を超える試行錯誤の歴史を経て、世界で類のない独創的でかつ、合理的な醸造法を確立してきました。...

千葉県 東薫酒造 杜氏 及川 純米大吟醸生原酒 1800ml 要冷蔵瓶詰2017年02月以降

お酒の総合館・シマヤ酒店

3,024

千葉県 東薫酒造 杜氏 及川 純米大吟醸生原酒 1800ml 要冷蔵瓶詰2017年02月以降

杜氏 及川 純米大吟醸生原酒 27B.Y. 蔵元さんの商品リストに載っていないお酒です。少しだけ当店用に詰めていただきました。 27B.Y.は酒造年度です。 平成28年の冬に仕込まれ、およそ1年冷蔵熟成後、当店入荷です。当店入荷(製造年月)は平成29年02月です。 生酒です。クール便(別途有料)でお届けです。 お届け後も冷蔵保管お願いします。 --酒造年度とは?-- 酒造年度 Brewing Year /Brewery Year(B.Y.) 7月1日から翌年6月30日までの1年間を酒造年度(B.Y.)といいます。 平成27年12月に醸造されたお酒と平成28年01月に醸造されたお酒の酒造年度は、ともに平成27年度となります。 ラベルに印字されている日付(製造年月)や蔵出し日とは異なります。 --製造年月とは?-- 製造年月は、原則として製品容器に詰めた年月を「製造年月」として表示しています。 ほとんどの蔵元さんがこの表示です。 色は透明ではありません。ほんの少し山吹色です。 グラスに若干、粘着します。 香りはフルーツのような吟醸香ではなく熟成香です。 味わいはとろりとした舌触り、甘いかな?と思ったら辛いです! 角のとれたアルコールがお酒にボリューム感、透明感、辛さを与えている印象でした。 フルーティでお米の甘さを感じさせるお酒がお好みの方には向きません。 お酒は嗜好品です。 お好みのお酒が見つかれば幸いです。 原料米 吟ぎんが100% ・精米歩合 50% 日本酒度 +2 ・酸度 1.4 ・アルコール 17度   ▲蔵元HP.より抜粋

山形県 出羽桜 出羽桜 ML醗酵 特別純米酒 1800ml 要低温 瓶詰2016年07月以降

お酒の総合館・シマヤ酒店

3,888

山形県 出羽桜 出羽桜 ML醗酵 特別純米酒 1800ml 要低温 瓶詰2016年07月以降

ML醗酵 MLとは「マロラクティク」のことで、日本酒に含まれるリンゴ酸(Malic acid)を、乳酸菌の力で乳酸(Lactic acid)に変えることを意味します。 リンゴ酸の特徴は「爽快感のある酸味」ですが、多すぎると角が立ち、柔らかさに欠けてしまいがちです。そこで、乳酸菌の力を借りて、リンゴ酸を「まろやかで優しい酸味」の乳酸に変えます。山形県工業技術センターが、ワイン醸造の技術を取り入れ、特許を取得し、県と酒蔵が一体となって、製品化に取り組んでいます。 甘味と酸味の調和がとれ、後味のキレが良く、いつまでも飲み続けられる、そんな新しい味わいの日本酒が誕生しました。 日本酒度 -10 酸度 2.2 アルコール分 14度 原料米 山形県産米 精米歩合 55% 使用酵母 山形酵母YK-2408 高リンゴ酸生成酵母  ▲蔵元商品説明より抜粋 食中酒としておすすめ  日本酒度 -10 甘いかな~、酸度 2.2 山廃みたいに酸っぱいかな~、アルコール14度 水っぽいかな~、ワイン醸造の技術を・・・ ドイツ白ワインみたいかな~ 以下、開栓2日後(2016年07月)、冷やして飲んだ印象です。 ドイツ白ワインはマロラクティク醗酵を行っていないので、リンゴ酸です。甘味と酸味のバランスはドイツ白ワインのようではなかったです。 日本酒度-10は一般に甘口です。酸度2.2が高い数値なので、実際そんなに甘く感じません。 日本酒度が-10なので水っぽく感じないのでしょうか? 米由来の旨味や甘みで旨いと言わせるタイプではありません。 いつまでも飲み続けられる理由は、乳酸による酸味が、爽やかで軽い印象を酒質にあたえ、またアルコールが14度と低めによるものだと思います。 このお酒、もう少し甘いと酸味がおさまりますが...

石川県 松浦酒造 季節限定酒獅子の里 純米大吟醸 愛山 1800ml 要低温蔵元オリジナル化粧箱入【瓶詰2017年01月以降】

お酒の総合館・シマヤ酒店

6,480

石川県 松浦酒造 季節限定酒獅子の里 純米大吟醸 愛山 1800ml 要低温蔵元オリジナル化粧箱入【瓶詰2017年01月以降】

獅子の里 / 純米大吟醸 愛山あいやま 獅子の里 / 純米大吟醸 愛山 松浦さんコメント 酒造好適米「愛山」は兵庫県吉川町で大手酒造メーカーと数件の農家の間でひっそりと契約栽培されていた幻の酒米でありました。その後、震災の影響でその契約がなくなり、「十四代」の高木顕統専務さんが「愛山」を用いたのがきっかけで有名となりました。 愛山の品質向上に向け、高木専務さんの呼びかけで全国十数蔵の集まり『日本酒道會』が2003年10月より発足されました。高木専務さんの友情のおかげで、この『日本酒道會』に参加させて頂いております。 愛山は心白がとても大きく厚みも充実しており、まるでダイヤモンドの如く光り輝いております。千粒重は山田錦の26.9gを越える27.5gであり、理想的な酒造好適米であります。また、精白をはじめ原料処理が大変むずかしく、酒造りの難しさも教えてくれるという自然の魅力が毎年楽しみであります。 獅子の里では、酒作りの厳しさに敢えて挑戦させていただき、北陸を代表しまして地元の金沢酵母(協会1401号)を使用し、自然で繊細な味わいを表現させていただきました。おだやかで、やわらかく、身体にやさしく、口中でいつまでも味わっていたい・・・そんな愛山になりますよう、愛情を込めて愛山と真剣に向き合っております。 ※加熱処理済みですが、デリケートなお酒ですので、クール便をお勧めします。 ■原料米 愛山■精米歩合 50%■日本酒度 +3■酸度 1.3■アミノ酸度 0.5 ■アルコール度 16.5度■使用酵母 協会1401(金沢酵母) *スペックは醸造年度等により若干変わります。    

新潟県 八海山 八海山 浩和蔵仕込 純米大吟醸 720ml 要低温オリジナル化粧箱入瓶詰2017年03月以降

お酒の総合館・シマヤ酒店

6,480

新潟県 八海山 八海山 浩和蔵仕込 純米大吟醸 720ml 要低温オリジナル化粧箱入瓶詰2017年03月以降

    最高級品質を追求したプレミアムな日本酒 販売店限定 2016年 新発売   創業は大正11年(1923年)。二代目の南雲和雄氏が28歳で社長に就任して間も無く昭和34年に建設した「浩和蔵」。三代目、南雲二郎氏は、2004年、第二浩和蔵を新設。2014年には先代の「浩和蔵」は最新の設備を取り入れて700kg仕込みの蔵へと変わりました。    市場に出回らない特別な清酒。 蔵では、いつの頃からか、一年に一度、厳冬季がくると「特別な清酒」を一心不乱に仕込む、ということを重ね続けてきました。来る年も、来る年も、その年に持てる素材、技術、時間のすべてを注いでつくる特別な清酒。商品化する事が目的ではないその清酒はいつでも蔵人たちの目標となり、その品質を指標としてレギュラー酒、また全ての製品の品質の向上となりました。 蔵人の杜氏制度(マイスター制度)。 それはまた、蔵人たちにとって最良の学びの場としても機能してきました。「蔵人の杜氏制度」の導入は、酒つくりの知識の習熟や技術の習得など、蔵人自身のさらなる技術の向上を目指すことの体系化です。高い能力と技術を身につけた熟練の蔵人と、学びたい若い蔵人との浩和蔵での酒つくり。言葉では教えることのできない感覚的な酒つくりの神髄、コツそして勘。そこでは技術を体得し、感覚、感性をみがきます。 感覚と感性。 多くの部分を数値や機械設備に頼ることで、安定した品質の日本酒をつくることができるようになりました。八海山でも最新設備や機械の導入には積極的に取り組んでいますが、それは人手を減らしたり、製造をスピードアップするためのものではありません。「質」の確保が基準です。より高品質の清酒をめざして導入されたものばかりです。機械や数値を管理するのは人であり人間の五感と体...

石川 菊姫 山廃仕込吟醸 1800ml 要低温瓶詰2014年06月以降

お酒の総合館・シマヤ酒店

6,264

石川 菊姫 山廃仕込吟醸 1800ml 要低温瓶詰2014年06月以降

山廃吟醸 やまはいぎんじょう 吟醸酒 山廃らしい腰の強い味に加え、熟成によって厚みのある味わいを引き出しました。 冷やしてもぬる燗でも、いろんな温度でお楽しみいただけます。 清酒中に麹の酵素が残っています。時間の経過とともに、これがかたまりとなって沈殿しオリとなります。これは旨み成分の一つであり品質には影響ございません。 原料米 山田錦(兵庫県三木市吉川町・特A地区産) 精米歩合 55% 酒母 山廃 熟成年数 2年以上 アルコール度 17度以上18度未満 味わい 熟成タイプ   妥協を排し、手本なき究極を求めて。 菊姫は酒造りを子育てと同じように考えています。 愛情を注ぎ、慈しみ育ててこそ、納得がいく酒が造れると考えています。 そのための必要条件とは最上質の原料米の吟味、買い付け、そして蔵の設備などです。 十分条件とは杜氏以下、蔵人の高い技術とチームワークです。 そして、その中心にあるのは本物の旨い酒を毎年造り続けたいという情熱です。 日本酒は一千年を超える試行錯誤の歴史を経て、世界で類のない独創的でかつ、合理的な醸造法を確立してきました。 この先人達が築き上げた技術と精神を基本としながら、新しい技術を積極的に導入してきた菊姫の酒造り。 こだわり過ぎるという方もおられるかもしれません。 しかし、一の妥協がすべての妥協に連なる危険性を孕んでいます。 元もと「日本酒は無形文化財である」と菊姫は思っています。 だからこそ、これからも時代に流されることなく、極上のこだわりを持ち、限界のない酒造りへの挑戦を続けてまいります。

広島県 中尾醸造 幻(まぼろし)白箱 大吟醸酒 1800ml 要低温瓶詰2016年12月以降【オリジナル化粧箱入】

お酒の総合館・シマヤ酒店

5,368

広島県 中尾醸造 幻(まぼろし)白箱 大吟醸酒 1800ml 要低温瓶詰2016年12月以降【オリジナル化粧箱入】

大吟醸 まぼろし白箱 DAIGINJO MABOROSI-SHIROBAKO 蔵伝承のリンゴ酵母で醸した、香りと味が高いレベルで調和した味切れの良いお酒。「幻白箱」は昭和53年に「幻赤箱」の弟分として誕生した、香り高い芳醇なお酒です。 「幻赤箱」は皇室新年御用酒の栄に輝いたときのお酒を今に再現したお酒ですが、「幻白箱」は米の品種を山田錦から広島産八反錦とし、それに合わせて精米歩合、仕込方法などを見直した高いレベルで香味が調和した当蔵吟醸酒の標準的存在です。 高度に精白されたお米で丁寧に醸されたお酒は、栓を開けないまま冷暗所で保存すると、一年、二年と、まろやかに熟成がすすみます。本品は、程良く熟成させて蔵出しをしておりますが、時間が経過しても、その時々で異なった趣の風味が楽しめます。 日本酒度 +5 酸度 1.3 精米歩合 50% アルコール 16度 蔵元H.P.より一部抜粋 地元の素材と気候風土を生かした旨口の酒造り 平安の昔より、京都・下鴨神社の荘園として栄えた竹原は、広島県瀬戸内海沿岸のほぼ中央に位置し、広く「安芸の小京都」と称され親しまれています。 海運が盛んだった時代には、「安芸の小灘」ともいわれ、早くから酒造りが盛んな地でもありました。江戸時代には15軒、最盛期の大正時代には26軒も造り酒屋があったという記録が残っています。 中尾醸造の創業は明治4年。「廣島屋」という屋号で地酒を醸したことに始まります。 その後、「杯に注いだ酒の表情を鏡にたとえ、蔵人の誠の心を(味に反映させ)映し出してほしい」という願いを込めて、「誠鏡」の酒銘柄が誕生しました。以来、初代の「誠心誠意」の精神を受け継ぎ丹精込めて酒造りを行っております。 そして、「誠鏡の酒...

群馬県 永井酒造 水芭蕉 純米大吟醸3本 飲みくらべセット 180ml×3本化粧箱入 要低温 瓶詰2017年10月以降

お酒の総合館・シマヤ酒店

2,592

群馬県 永井酒造 水芭蕉 純米大吟醸3本 飲みくらべセット 180ml×3本化粧箱入 要低温 瓶詰2017年10月以降

  水芭蕉 純米大吟醸 3本セットです。 180ml 各1本 合計3本セット箱入です。 化粧箱サイズ 縦 約18.7センチ・横 約20.5センチ・高さ 約6センチ・重さ 約1.2kg 瓶詰日付は3本の内、一番古い日付を商品名に併記しています。 3本ともに同じ日付とは限りません。 純米大吟醸 2016 IWC GOLD受賞 尾瀬の自然と風土と米のうまみが優雅に重なりました。山田錦のふくよかで優しい味わいに純米大吟醸らしい可憐な吟醸香が際立つ逸品です。10度から15度位でお楽しみ下さい。 原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)原料米 兵庫県三木市三木別所産山田錦100% 精米歩合 50% 日本酒度 +2 アルコール度 17度 純米大吟醸 プレミアム 究極の純米大吟醸を目指し、最高スペックで醸し上げる逸品。永年伝承して来た技と水と米のハーモニーをお楽しみください。華やかな香りはライチやパッションフルーツを思わせ、エレガントな味わいが特徴です 原材料名 米(国産)・米麹(国産米)原料米 兵庫県三木市三木別所産山田錦100% 精米歩合 35% 日本酒度 +1 アルコール度 16度 純米大吟醸 翠 柔らかで優しい白桃や洋梨のような香味は、飲む人の心を包みこんでいきます。ワイングラス等でお楽しみください。 原材料名 米(国産)・米麹(国産米)原料米 兵庫県三木市三木別所産山田錦100%精米歩合 60% 日本酒度 +2 アルコール度 15度 スペックは醸造年度等により若干変わります。 商品説明は蔵元H.P.より抜粋

広島県 中尾醸造 幻(まぼろし)黒箱 純米大吟醸原酒 火入酒 要低温 720ml 化粧箱入【瓶詰2016年11月以降】

お酒の総合館・シマヤ酒店

7,560

広島県 中尾醸造 幻(まぼろし)黒箱 純米大吟醸原酒 火入酒 要低温 720ml 化粧箱入【瓶詰2016年11月以降】

11月のみ限定蔵出し 蔵伝承のリンゴから採取した酵母を使い手作業で丁寧に醸した当蔵最高峰。。 皇室新年御用酒の栄に輝いたときのお酒を再現した「幻赤箱」の造りを更に極めたお酒。 最適な仕込量(総米600キログラム)、全て袋吊りで搾るなど、小さなことから全てを見直した当蔵の最高峰。 リンゴ酵母による芳醇で華やかな香り、山田錦の濃醇な味を持ちながら、 口の中からサッと消える味切れの良さがあり、飲み頃の温度は5度~15度くらいが最適。 程よく熟成させて出荷しますが、一本芯の通ったしっかりとした酒質は、 例えば冷暗所で保存すれば5年経っても衰えを感じさせず、 芳醇な香味と熟成による「まろやかなコク」がお楽しみいただけます。 ■日本酒度 ±0■精米歩合 45%■アルコール 16~16.9度 蔵元H.P.より一部抜粋地元の素材と気候風土を生かした旨口の酒造り 平安の昔より、京都・下鴨神社の荘園として栄えた竹原は、広島県瀬戸内海沿岸のほぼ中央に位置し、広く「安芸の小京都」と称され親しまれています。 海運が盛んだった時代には、「安芸の小灘」ともいわれ、早くから酒造りが盛んな地でもありました。江戸時代には15軒、最盛期の大正時代には26軒も造り酒屋があったという記録が残っています。 中尾醸造の創業は明治4年。「廣島屋」という屋号で地酒を醸したことに始まります。 その後、「杯に注いだ酒の表情を鏡にたとえ、蔵人の誠の心を(味に反映させ)映し出してほしい」という願いを込めて、「誠鏡」の酒銘柄が誕生しました。以来、初代の「誠心誠意」の精神を受け継ぎ丹精込めて酒造りを行っております。 そして、「誠鏡の酒」を最も特徴づけたのは、独自の酵母開発です。 ...

石川県 松浦酒造 特約店限定酒 獅子の里 純米吟醸 720ml 要低温【瓶詰2017年05月以降】

お酒の総合館・シマヤ酒店

1,747

石川県 松浦酒造 特約店限定酒 獅子の里 純米吟醸 720ml 要低温【瓶詰2017年05月以降】

  酒を食べてゐる  地元の金沢酵母を用いた瑞々しい味わいの食中酒。10度前後に冷やして、透明感をお楽しみください。 このお酒は2月の上旬頃に出来上がり蔵元より販売されます。 1年を通して販売できるよう販売量を予想して仕込みますが 年末の頃は品薄となることがあります。 売切れの際はご容赦ください。 ~25B.Y.スペック~ ■原料米 全量八反錦■精米歩合 60% ■日本酒度 +1■酸度 1.6■アミノ酸度1.0 ■使用酵母 金沢■アルコール 16 ~22B.Y.スペック~ ■原料米 雄町/山田■精米歩合 60% ■日本酒度 -3■酸度 1.6■アミノ酸度0.6 ■使用酵母 金沢■アルコール 16.3 ~21B.Y.スペック~ ●原料米 麹米:雄町(21.6%) 掛米:山田錦(78.4%) ●精米歩合 55% ●日本酒度 +1●アルコール度 16.3●酸度 1.8 ●アミノ酸 0.9●モロミ日数 28日 ●使用酵母 金沢14号(泡あり酵母) (金沢酵母KZ118株で仕込んだお酒は2010年夏以降の出荷予定) ~20B.Y.スペック~ ■原料米 雄町/山田■精米歩合 55% ■日本酒度 +5■酸度 1.7■アミノ酸度0.5 ■使用酵母 金沢■アルコール 15.9 スペックは醸造年度により若干変わります。 生バージョンはこちら 1800ml 720ml (↑季節限定酒です。)     全工程手造りで手間を惜しまず仕込まれます。 「麹室の温度変化が、松浦さんの携帯に送信される」 以前、そんな装置を蔵元さんで見かけました。 「24時間体制ですが、便利になりました!。 花の栽培で使用されているセンサーの応用です」 ということです。

広島県 中尾醸造(誠鏡蔵元)幻(まぼろし)赤箱 純米大吟醸 720ml 要低温【化粧箱入】瓶詰2017年03月以降

お酒の総合館・シマヤ酒店

4,402

広島県 中尾醸造(誠鏡蔵元)幻(まぼろし)赤箱 純米大吟醸 720ml 要低温【化粧箱入】瓶詰2017年03月以降

純米大吟醸 まぼろし赤箱 JUNMAIDAIGINJO MABOROSI-AKABAKO 春と秋のみ限定蔵出し 蔵伝承のリンゴ酵母を使い、ほとんどを手作業で醸した香り高いお酒。昭和49年の発売以来30年以上当蔵ナンバーワンの定評を持つ。春と秋の限定出荷です。 昭和20年代まで皇室新年の御用酒という制度がありました。それは全国品評会で第1位から第3位に入賞した酒屋が、一升瓶2本を絹でつつみ、桐の箱に入れて皇室に献上できるというものです。 そのお酒は、正月の神事に御神酒として使われるのですが、酒屋にとってこれほど栄誉なことはなく、経費と労力を全くかえり見ずにこの品評会に出品するお酒を造ることになります。 当蔵でも、粟粒くらいまで高精白した米と、リンゴから採った高い芳香性を持つ酵母、そして、その酵母をを純粋に育てるための高温糖化酒母法など、独自に開発した技を駆使してお酒を醸しました。 そして、幾度も試行錯誤を繰り返した末、昭和23年から25年までの3年間、皇室新年御用酒の栄を賜ることができました。 この「幻」は、その時の造り方を忠実に再現して、一つ一つ手作業で醸した当蔵究極の逸品です。 この「幻」は、リンゴ酵母による芳醇で華やかな香り、山田錦の濃醇な味を持ちながら、口の中からサッと消える味切れの良さがあります。飲み頃の温度は5~15℃くらいが最適です。 一本芯の通ったしっかりとした酒質は、例えば冷暗所で保存すれば5年経っても衰えを感じさせず、芳醇な香味と熟成による「まろやかなコク」がお楽しみいただけます。 日本酒度 ±0 酸度 1.4 精米歩合 45%■ 原料米 山田錦 アルコール 16度 蔵元H.P.より一部抜粋

千葉県 鍋店 不動 山廃純米長期熟成酒 1800ml 要低温【瓶詰2017年05月以降】

お酒の総合館・シマヤ酒店

2,982

千葉県 鍋店 不動 山廃純米長期熟成酒 1800ml 要低温【瓶詰2017年05月以降】

年間約600本限定酒* 不動 無炭素濾過 山廃純米長期熟成 不動シリーズの中で唯一、二度火入れです。 平均4~5年の熟成期間を経て醸しだされた味わいは、色合いも濃く 独特の風味とまろやかさです。お燗、冷やしてもどちらでも 楽しめます。 熟成酒ならではの風味です。熟成酒の入門酒としてもおすすめです。 不動シリーズの基本コンセプトは「日本酒本来の豊かな味わい。」 蔵元直送特約店限定酒です。 ■使用米 秋田県産有機米 豊錦■精米歩合 60% ■日本酒度 +3前後■酸度 1.8前後■Alc 15度以上16度未満 スペックは醸造年度等により変わります。 *長期熟成の為、年間約600本/1800ml の数量限定品です。 *酒造年度 Brewing Year/Breweruy Year (B.Y.) 7月1日から翌年6月30日までの1年間を酒造年度(B.Y.)といいます。 平成26年12月に醸造されたお酒と平成27年01月に醸造されたお酒の酒造年度は、ともに平成26年度となります。ラベルに印字されている日付(製造年月)や蔵出し日とは異なります。 製造年月製造年月は、原則として製品容器に詰めた年月を「製造年月」として表示しています。ほとんどの蔵元さんがこの表示です。

広島県 中尾醸造 誠鏡(せいきょう)特別本醸造 超辛口 1800ml 要低温瓶詰2014年12月以降

お酒の総合館・シマヤ酒店

2,107

広島県 中尾醸造 誠鏡(せいきょう)特別本醸造 超辛口 1800ml 要低温瓶詰2014年12月以降

広島特産米の新千本(しんせんぼん)で造った当蔵で一番端麗な辛口酒です。 冷やすとキレが冴えわたり、お燗では辛口を感じさせない、 ふくよかで柔らかなお酒となります。また、料理との相性も抜群です。 原料米の新千本(しんせんぼん)は、ねばり強いので高度精米でも割れが少なく、 雑味の原因となるタンパク質も少ない広島を代表するお米です。 ■日本酒度 +8■精米歩合 58%■アルコール 15度~15.9度地元の素材と気候風土を生かした旨口の酒造り 平安の昔より、京都・下鴨神社の荘園として栄えた竹原は、広島県瀬戸内海沿岸のほぼ中央に位置し、広く「安芸の小京都」と称され親しまれています。 海運が盛んだった時代には、「安芸の小灘」ともいわれ、早くから酒造りが盛んな地でもありました。江戸時代には15軒、最盛期の大正時代には26軒も造り酒屋があったという記録が残っています。 中尾醸造の創業は明治4年。「廣島屋」という屋号で地酒を醸したことに始まります。 その後、「杯に注いだ酒の表情を鏡にたとえ、蔵人の誠の心を(味に反映させ)映し出してほしい」という願いを込めて、「誠鏡」の酒銘柄が誕生しました。以来、初代の「誠心誠意」の精神を受け継ぎ丹精込めて酒造りを行っております。 そして、「誠鏡の酒」を最も特徴づけたのは、独自の酵母開発です。 「酒の味を決める一番大きな要素は酵母である」と考えた4代目当主の中尾清磨は、若い頃から酵母の研究を重ねておりました。 発酵学の大家で、当時の東京帝国大学教授であった坂口謹一郎氏とともに日本全国を訪ね歩いて2000以上もの酵母を収集し、一つ一つ慎重に発酵試験を繰り返しました。 その結果、昭和15年、抜群の芳香と爽やかな味を醸し出す酵母に出会ったのです。 フルーツのような品のある香り、控えめで爽やかな酸味、アルコール発酵力の強さ...

送料無料
●【全国送料無料!】年に二回だけのお客様感謝企画、ついに第40回! 地酒頒布会1800mlコース 超限定の特注品のみでラインナップしたお酒を送料無料でお届けいたします

山形の地酒ワイン特産品 木川屋

17,657

●【全国送料無料!】年に二回だけのお客様感謝企画、ついに第40回! 地酒頒布会1800mlコース 超限定の特注品のみでラインナップしたお酒を送料無料でお届けいたします

■ 1800mlコース 10月 ・出羽桜 豊吟醸 限定品 名前のとおりふくよかで甘みのある吟醸。木川屋に登場するのは2013年以来四年ぶりとなり、通常は出羽桜で市販していないお酒です。 上立ち香は出羽桜にしては少し穏やか、味わいはこの時期らしい熟成感があり、ふくらみと旨味が感じられる、文字通り豊かな吟醸です。 11月 ・三十六人衆 純米大吟醸 美山錦50 六号プラス 限定品 美山錦で酸度が1.7、日本酒度が+6、そして協会六号の仕込み...となれば、普通に考えればガツンと来る重さを想像しますが、この酒は本当にその数値なのだろうか?と思えるほど超淡麗。山形県というよりもどちらかといえばお隣の新潟県の酒に多いタイプの酒質です。スッキリと淡麗で数値ほど辛さを感じさせない清涼感のある純米大吟醸。三十六人衆シリーズには今までにない味の酒です。 12月 ・楯野川 純米大吟醸 出羽燦々50 荒走り 限定品 ・杉勇 純米大吟醸 雪女神40 原酒 特注品 最終回は毎年のことながら完全に予算オーバーな内容です。 人気上昇中の楯野川からは定番人気の季節限定品の出羽燦々荒走り。フレッシュなしぼりたての純米大吟醸です。飲み手を選ばずに清酒な苦手な方でも無理なく楽しめるお酒です。 そしてアンカーは山形県を代表する酒米として、県をあげて開発を行った新しい酒米「雪女神」を40%まで精米した純米大吟醸の原酒です。造り手は杉勇。繊細で美しい香りとやさしく透明感のある味わい。山田錦を超えることを目標に各蔵が取り組んでいる注目の酒米です。

群馬県 聖酒造 聖 山田錦35 大吟醸 無濾過・無加水 720ml 要低温オリジナル木箱入 瓶詰2017年09月以降

お酒の総合館・シマヤ酒店

3,780

群馬県 聖酒造 聖 山田錦35 大吟醸 無濾過・無加水 720ml 要低温オリジナル木箱入 瓶詰2017年09月以降

    鑑評会出品用に仕込まれたタンクのお酒を「槽搾り」で販売用に詰めたお酒です。ちなみに仕込みタンクは1本、出品酒は「袋搾り」です。 「鑑評会出品用と同じ仕込み」だと出品酒との違いがわかりません。蔵元さんに確認したところ「搾り方の違いだけ」ということでした。 芳醇な香りと山田錦ならではの味わいを「冷や」でお楽しみ下さい。 数量限定酒です。売切れの際はご容赦ください。 原材料 米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール 原料米 兵庫県産特A山田錦 100% 精米歩合 35% 日本酒度 +3 酸度 1.3 アルコール分 17度以上18度未満 酒の名を 聖と負ほせし いにしへの 大き聖の 言の宣しさ さけのなを ひじりとおほせし いにしへの おほきひじりの ことのよろしさ 酒の名を聖(ひじり)と仰せになった昔の大聖人のお言葉、なんと的を射た良い言葉だ。 (酒を聖と呼んだ大陸の昔の人の言葉、よろしいね!) 奈良時代の歌人「大伴旅人(おおとものたびと)」の酒を誉める歌として詠んだ十三首のうちの一首です。 中国三国志の時代、禁酒令を破り清酒を「聖」、濁り酒を「賢者」と呼んで飲んだ中国の故事がもとになっています。酔人=聖人のようです。 

広島県 中尾醸造幻(まぼろし)白箱 大吟醸酒 720ml 要低温 化粧箱入【瓶詰2016年12月以降】

お酒の総合館・シマヤ酒店

2,462

広島県 中尾醸造幻(まぼろし)白箱 大吟醸酒 720ml 要低温 化粧箱入【瓶詰2016年12月以降】

大吟醸 まぼろし白箱 DAIGINJO MABOROSI-SHIROBAKO 蔵伝承のリンゴ酵母で醸した、香りと味が高いレベルで調和した味切れの良いお酒。「幻白箱」は昭和53年に「幻赤箱」の弟分として誕生した、香り高い芳醇なお酒です。 「幻赤箱」は皇室新年御用酒の栄に輝いたときのお酒を今に再現したお酒ですが、「幻白箱」は米の品種を山田錦から広島産八反錦とし、それに合わせて精米歩合、仕込方法などを見直した高いレベルで香味が調和した当蔵吟醸酒の標準的存在です。 高度に精白されたお米で丁寧に醸されたお酒は、栓を開けないまま冷暗所で保存すると、一年、二年と、まろやかに熟成がすすみます。本品は、程良く熟成させて蔵出しをしておりますが、時間が経過しても、その時々で異なった趣の風味が楽しめます。 日本酒度 +5 酸度 1.3 精米歩合 50% アルコール 16度 蔵元H.P.より一部抜粋 地元の素材と気候風土を生かした旨口の酒造り 平安の昔より、京都・下鴨神社の荘園として栄えた竹原は、広島県瀬戸内海沿岸のほぼ中央に位置し、広く「安芸の小京都」と称され親しまれています。 海運が盛んだった時代には、「安芸の小灘」ともいわれ、早くから酒造りが盛んな地でもありました。江戸時代には15軒、最盛期の大正時代には26軒も造り酒屋があったという記録が残っています。 中尾醸造の創業は明治4年。「廣島屋」という屋号で地酒を醸したことに始まります。 その後、「杯に注いだ酒の表情を鏡にたとえ、蔵人の誠の心を(味に反映させ)映し出してほしい」という願いを込めて、「誠鏡」の酒銘柄が誕生しました。以来、初代の「誠心誠意」の精神を受け継ぎ丹精込めて酒造りを行っております。 そして、「誠鏡の酒」を最も特徴づけたのは、独自の酵母開発です。 「酒の味を決める一番大きな要素は酵母である...

石川県 菊姫 山廃仕込吟醸酒 720ml 要低温瓶詰2016年08月以降

お酒の総合館・シマヤ酒店

3,132

石川県 菊姫 山廃仕込吟醸酒 720ml 要低温瓶詰2016年08月以降

山廃吟醸 やまはいぎんじょう 吟醸酒 山廃らしい腰の強い味に加え、熟成によって厚みのある味わいを引き出しました。 冷やしてもぬる燗でも、いろんな温度でお楽しみいただけます。 清酒中に麹の酵素が残っています。時間の経過とともに、これがかたまりとなって沈殿しオリとなります。これは旨み成分の一つであり品質には影響ございません。 原料米 山田錦(兵庫県三木市吉川町・特A地区産) 精米歩合 55% 酒母 山廃 熟成年数 2年以上 アルコール度 17度以上18度未満 味わい 熟成タイプ   妥協を排し、手本なき究極を求めて。 菊姫は酒造りを子育てと同じように考えています。 愛情を注ぎ、慈しみ育ててこそ、納得がいく酒が造れると考えています。 そのための必要条件とは最上質の原料米の吟味、買い付け、そして蔵の設備などです。 十分条件とは杜氏以下、蔵人の高い技術とチームワークです。 そして、その中心にあるのは本物の旨い酒を毎年造り続けたいという情熱です。 日本酒は一千年を超える試行錯誤の歴史を経て、世界で類のない独創的でかつ、合理的な醸造法を確立してきました。 この先人達が築き上げた技術と精神を基本としながら、新しい技術を積極的に導入してきた菊姫の酒造り。 こだわり過ぎるという方もおられるかもしれません。 しかし、一の妥協がすべての妥協に連なる危険性を孕んでいます。 元もと「日本酒は無形文化財である」と菊姫は思っています。 だからこそ、これからも時代に流されることなく、極上のこだわりを持ち、限界のない酒造りへの挑戦を続けてまいります。

広島県 中尾醸造 瓶詰2017年02月以降誠鏡 竹原 吟醸生あらばしり1800ml 要冷蔵 シマヤ限定酒

全2商品

1,491

広島県 中尾醸造 瓶詰2017年02月以降誠鏡 竹原 吟醸生あらばしり1800ml 要冷蔵 シマヤ限定酒

蔵元さんにお願いしてあらばしり(搾りの際、最初にでてくる部分)を 生のまま特別に瓶詰していただきました。 蔵元さんでも飲めない限定酒です。 ほどよい吟醸香と軽快な味わいが料理をひきたてます。 生酒です。クール便(別途有料)にてお届けです。 お届け後も冷蔵保管お願いします。 ■日本酒度 +5■酸度1.5 ■使用米 八反錦/新千本 ■精米歩合 60% ■使用酵母 協会10号 ■アルコール度 15度以上16度未満 スペックは醸造年度により若干変わります。地元の素材と気候風土を生かした旨口の酒造り 平安の昔より、京都・下鴨神社の荘園として栄えた竹原は、広島県瀬戸内海沿岸のほぼ中央に位置し、広く「安芸の小京都」と称され親しまれています。 海運が盛んだった時代には、「安芸の小灘」ともいわれ、早くから酒造りが盛んな地でもありました。江戸時代には15軒、最盛期の大正時代には26軒も造り酒屋があったという記録が残っています。 中尾醸造の創業は明治4年。「廣島屋」という屋号で地酒を醸したことに始まります。 その後、「杯に注いだ酒の表情を鏡にたとえ、蔵人の誠の心を(味に反映させ)映し出してほしい」という願いを込めて、「誠鏡」の酒銘柄が誕生しました。以来、初代の「誠心誠意」の精神を受け継ぎ丹精込めて酒造りを行っております。 そして、「誠鏡の酒」を最も特徴づけたのは、独自の酵母開発です。 「酒の味を決める一番大きな要素は酵母である」と考えた4代目当主の中尾清磨は、若い頃から酵母の研究を重ねておりました。 発酵学の大家で、当時の東京帝国大学教授であった坂口謹一郎氏とともに日本全国を訪ね歩いて2000以上もの酵母を収集し、一つ一つ慎重に発酵試験を繰り返しました。 その結果、昭和15年、抜群の芳香と爽やかな味を醸し出す酵母に出会ったのです。...

楯野川 純米大吟醸 三十三 720ml 箱入【山形県酒田市 楯の川酒造】

酒専門店 知多繁 楽天市場店

2,700

楯野川 純米大吟醸 三十三 720ml 箱入【山形県酒田市 楯の川酒造】

■ 商品説明 ■ 山形県酒田市 楯の川酒家 自社酒米研究会で栽培した山形県オリジナル酒造好適米「出羽燦々」の可能性を引き出すため、精米歩合33%まで磨き仕込みました。 穏やかながら完熟した果実のような豊かな香り、甘味、旨味、酸味、辛味、あらゆる味わいの要素が、きめ細やかに膨らんで、綺麗な余韻を残します。 原料米:庄内産出羽燦々(契約栽培米)33%精米 日本酒度:-2 酸度:1.3 アミノ酸:1.1 アルコール:15~16% 楯野川は2010年より全量が精米歩合50%以上の純米大吟醸となりました。 多様化するお酒業界の中で、他の酒蔵との差別化を図るべく、日本酒の最高カテゴリーに特化するというあえて困難な道にシフトしたのです。 ねらいは2つ 1、わかりやすさ 日本酒のカテゴリーには原材料や造り方などで「本醸造、純米、吟醸、純米吟醸、大吟醸、純米大吟醸」などに分類されますが、日本酒をあまり知らない人にとっては分かりにくい、とっつきにくくしている要因である。入門者はもちろん海外の方にも分かりやすくしたいとの考えです。 2、品質重視 今後100年の蔵元の方針である「品質重視・本物志向」を目指すために最高のカテゴリーのみを造ることに決めたのです。 商品代金の合計が15000円(税別)以上で送料無料! 品質保持に万全を期す為7月頃~9月頃はクール便での発送をおすすめ致します。 万一、クール便をお使い頂かなかった場合の品質劣化につきましては、当店では責任を負いかねますので、ご了承願います。 クール便代といたしまして、330円別途追加させて頂きます。

羽根屋 純米吟醸生原酒 富の香 1800ml 【日本酒/富山県/富美菊酒造】【要冷蔵商品】

美好屋酒店

3,672

羽根屋 純米吟醸生原酒 富の香 1800ml 【日本酒/富山県/富美菊酒造】【要冷蔵商品】

ギフト対応 「羽根屋 純米吟醸生原酒 富の香」は山田錦と雄山錦の交配種として2010年に品種登録された 富山県の酒造好適米「富の香」を原料に造られた数量限定出荷のお酒となっております。 「富の香」は収量が非常に限られ、殆ど出回る事のない希少な米で 「羽根屋 純米吟醸生原酒 富の香」は2011年を最後に販売を終了していたのですが 今回契約栽培農家の協力により復活させる事が出来た貴重なお酒です。 当店の入荷本数も極少量で試飲が出来ない為、蔵からの味についての案内文を掲載させて頂きます。 ↓↓↓ 長い余韻と優しいまろやかな旨味。 心に染みるような優しい味わいです。 銘柄名 羽根屋 純米吟醸生原酒 富の香 【日本酒】 原料米 富の香(富山県産) 精米歩合 60% 日本酒度 ±0 酸度 1.3 アルコール度数 16度 スペック 純米吟醸 産地 富山県富山市 醸造元 富美菊酒造 「羽根屋」の商品一覧ページ(↓)羽根屋 純米吟醸生原酒 富の香 1800ml 【富山県/富美菊酒造】 「羽根屋」は富山県の富美菊酒造さんが、全てのお酒を大吟醸酒と同じように 一つ一つの工程を丁寧に、手間隙を惜しまず愛情を込めて造る蔵元渾身の日本酒です。 「羽根屋 純米吟醸生原酒 富の香」は山田錦と雄山錦の交配種として 2010年に品種登録された富山県の酒造好適米「富の香」を原料に造られた 数量限定出荷のお酒となっております。 「富の香」は収量が非常に限られ、殆ど出回る事のない希少な米で 「羽根屋 純米吟醸生原酒 富の香」は2011年を最後に販売を終了していたのですが 今回契約栽培農家の協力により復活させる事が出来た貴重なお酒です。 当店の入荷本数も極少量で試飲が出来ない為...

【クール便でお届け】山形県 亀の井酒造 くどき上手醸造元 超辛口+20 ばくれん 吟醸生詰(一度火入)要冷蔵 1800ml瓶詰2017年08月以降

お酒の総合館・シマヤ酒店

2,268

【クール便でお届け】山形県 亀の井酒造 くどき上手醸造元 超辛口+20 ばくれん 吟醸生詰(一度火入)要冷蔵 1800ml瓶詰2017年08月以降

特約店限定酒です。 全国でおよそ46店舗(2016年現在)ほどの特約店でのみ販売されています。 ●原料米 美山錦100% ●精米歩合 55% ●日本酒度 +20.0 ●酸度 1.0 ●アルコール度 17度以上18度未満 スペックは醸造年度により若干変わります。 生詰(一度火入)のお酒です。クール便(別途有料)にてお届けです。 またお届け後も冷蔵保管お願いします。 火入れ酒(火入れ回数と行うタイミングにより名称が変わります。) ●火入れ(二度火入) 火入れ回数は2回、蔵内貯蔵前と瓶詰(出荷)をする際に加熱殺菌。 ●生詰(一度火入) 火入れ回数は1回、蔵内貯蔵前に火入れして瓶詰(出荷)時には行いません。 ●生貯蔵(一度火入) 火入れ回数は1回、蔵内貯蔵前の火入れはしません。瓶詰(出荷)時に火入れします。 火入れとは、できた酒を加熱して微生物を殺菌し、かつ酒に含まれる酵素を破壊して活動を止めるために行う工程で、通常は蔵で原酒を貯蔵する前と、製品化のために瓶詰する時の二回行う作業です。 これにより酒の保存性を高め、品質をより安定化させることができます。加熱殺菌法は、1810年代にパスツールが発見しましたが、日本では室町時代に65度で加熱殺菌した記録が残されています。 生酒 火入れは一切しません。要冷蔵のお酒です。 生酒は特に香りがよりフルーティです。熟成による香味の変化は貯蔵温度によりますが火入れ酒とくらべて生酒の方が早いです。

秋田県 齋彌(サイヤ)酒造店 角太(カクタ)純米吟醸生原酒 1800ml要冷蔵 シマヤ限定酒【瓶詰2016年12月以降】

お酒の総合館・シマヤ酒店

3,600

秋田県 齋彌(サイヤ)酒造店 角太(カクタ)純米吟醸生原酒 1800ml要冷蔵 シマヤ限定酒【瓶詰2016年12月以降】

蔵の屋号を冠した限定酒 「雪の茅舎」蔵元 角太かくた 純米吟醸生原酒 齋彌酒造店さんの季節限定酒に「雪の茅舎 純米吟醸生」があります。 「角太 純米吟醸生原酒」と「雪の茅舎 純米吟醸生」の裏ラベルを比べると 原料米・精米歩合・アルコール度・日本酒度・酸度・使用酵母は同じです。 違いは、タンクです。蔵元さんでは、「雪の茅舎 純米吟醸生」を数十本仕込みます。 そのなかで「これは!」というタンクを選んで当店用に詰めてもらいます。 一年に一度の仕込みなので一年分を一度に仕入れます。 蔵元さんから当店に直送されます。いくつものパレットに積まれたお酒… 冷蔵庫に積み上げます。さすがに、私一人では無理なので、ワイン担当と 積み上げます。 氷点下の冷蔵庫もこの季節になるとそんなに寒く感じません。 この作業、もう10年以上になります。 蔵元さんとのお付き合いはもっとです。 この作業が終わって2日~3日後に筋肉痛になるようになりました・・・ スペックは醸造年度により若干変わります。 2015年12月詰スペック ●原材料 米(国産)・米麹(国産米) ●精米歩合 55% ●アルコール分 16度 ●日本酒度 +1.8 ●酸度 1.5 ●使用酵母 自社酵母 2014年12月詰スペック(完売) ●原材料 米(国産)・米麹(国産米) ●精米歩合 55% ●アルコール分 16度 ●日本酒度 +2.5 ●酸度 1.6 ●使用酵母 自社酵母 2013年12月詰スペック(完売) ●原材料 米(国産)・米麹(国産米) ●精米歩合 55% ●アルコール分 16度 ●日本酒度 ±0 ●酸度 1.6 ●使用酵母 自社酵母 *生酒です。クール便(別途300円)指定にてお届けです。   お届け後も冷蔵保管お願いします。

こだわりのお酒・ドリンクの菊勇、発売中!当社自慢の一品。世界各国・全国各地のお酒・ドリンク。種類豊富な菊勇をカンタン検索・比較できます。贈り物にも、まとめ買いにもどうぞ。

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、お酒・ドリンクをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいお酒・ドリンクが充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「菊勇」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ